このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

公演7 松の寺で楽しむ古楽アンサンブル~300年前への旅路~

更新日:2017年9月21日

日程 2017年12月9日(土曜)
時間 午後2時から午後3時まで
会場 西福寺
定員 70人
演奏 三窪毅[テナー・サックバット]
    笠野望[テナー・サックバット、バス・サックバット]
    内藤謙一[ヴィオラ・ダ・ガンバ]
曲目 J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第2番 BWV1008より
    D.オルティス:変奏曲(1553)より
    C.モンテヴェルディ:「西風が戻り」
    他

演奏者からひと言
この演奏会で、お聞きいただく楽器は、私たちが普段センチュリーで演奏しているものではなく、いわゆる古楽器(オリジナル楽器、ピリオド楽器などとも呼ばれます)で、サックバットは現在のトロンボーンの先祖です。ヴォイオラダガンバはコントラバスの先祖にあたり、実はヴァイオリン・ヴィオラ・チェロとは別のファミリーの楽器です。古楽器を用いて、歴史や音楽史・当時の演奏慣習などを調べたり想像したりしながら、ルネサンス期やバロック期の音楽を演奏することは、ある種のタイムスリップ体験を与えてくれます。また、現在の楽器を使うオーケストラの演奏にも何らかのプラスになるのでは、と考えています。現代の楽器との響きの違いを楽しみながら、遠い時空の彼方に思いを馳せていただければ、たいへん嬉しく思います。(ヴィオラ・ダ・ガンバ/内藤)

会場紹介
開創は1308年に遡ると伝わり、江戸時代中期の画家・伊藤若沖の作品でも、つとに知られます。(今年は生誕300年を迎え、各方面で脚光を浴びています。)境内いっぱいに広がる「扇松」と称されるクロマツは300年近くも前に植えられたものといわれ、その見事なたたずまいに、『松の寺』とも呼ばれてきました。

住所
小曽根1-6-38

左上の+でズームイン、-でズームアウト
画面をドラッグすると地図が移動します

お問合せ

都市活力部 文化芸術課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎5階
電話:06-6858-2503
ファクス:06-6858-3864

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ