このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

平和月間

更新日:2018年7月18日

豊中市では、毎年8月を平和月間として、市民の皆さんに平和について考える機会を持っていただくためのさまざまな催しを行っています。

(1)展示「戦争と平和の本」

市内8図書館において、近代から現在までの戦争と平和に関する本を幅広く集め、展示・貸出を実施します。

日時・場所

(1)7月1日(日曜)~8月31日(金曜)
  高川図書館 【豊南町東 電話:6336-6901】
  野畑図書館 【春日町 電話:6845-2400】
(2)7月3日(火曜)~8月30日(木曜)
  千里図書館 【新千里東町 電話:6831-0225】
(3)8月1日(水曜)~8月29日(水曜)
  螢池図書館 【螢池中町 電話:6840-8000】
(4)8月1日(水曜)~8月31日(金曜)
  岡町図書館 【岡町北 電話:6843-4553】
  服部図書館 【服部本町 電話:6862-0800】
  庄内図書館 【三和町 電話:6334-1261】
  東豊中図書館 【東豊中町 電話:6856-4660】

(2)高齢者ふれあい交流会「朗読と創作紙芝居で平和を学ぶ」

地域の高齢者や子どもたちと、詩の朗読や創作紙芝居を通して
「平和」について共に学び考え、平和の大切さを再確認する機会とします。
(1)朗読:朗読グループ草の実会さん
   内容:峠三吉「原爆詩集」より「序」、今西祐行「すみれ島」他
(2)創作紙芝居:菊池 和美さん
   内容:「あした・・・」他

場所

豊中人権まちづくりセンター憩の家(岡町北)【電話:6841-1313】

日時

7月27日(金曜)13時30分~15時

(3)大阪空襲の体験画パネル展

戦争を知る人が少なくなった今、大阪空襲を体験した人が描いた絵のパネル展示を通して、
その悲惨な事実を知ることにより、戦争の恐ろしさを語り継ぎ、命の尊さ、平和の大切さを
未来へ繋いでいく機会とします。

場所

螢池公民館(螢池中町)【電話:6843-5561】

日時

7月28日(土曜)~8月2日(木曜) 9時~21時

(4)展示 原田小学校6年生平和学習の作品

原田小学校6年生の児童が、平和学習の取り組みを通してそれぞれが選んだテーマについて調べ、
まとめたものを展示。

場所

岡町図書館(岡町北)【電話:6843-4553】

日時

8月1日(水曜)~8月24日(金曜)

(5)「平和と学び」巡回パネル展

戦争と被爆の実態を知り、平和の大切さについて親しみやすく学べるパネルの展示。
パネル内のクイズ正解者に景品あり、先着順。
(1)は毎日2回、絵本の読み聞かせあり。

日時・場所

(1)岡町図書館(岡町北) 8月1日(水曜)~8月5日(日曜)
(2)野畑図書館(春日町) 8月7日(火曜)~8月10日(金曜)
(3)千里公民館(新千里東町) 8月23日(木曜)~8月29日(水曜)

問い合わせ

人権政策課【電話:6858-2586】

(6)パネル展とDVD上映

大阪国際平和センター所蔵の写真パネル「ヒロシマ・ナガサキ」を展示すると共に、
平和づくりへ自ら参加することの大切さを訴えたアニメ映画「つるにのって」を上映。

場所

青年の家いぶき(服部西町)【電話:6866-3030】

日時

8月2日(木曜)~8月7日(火曜)

(7)パネル展「原爆の絵」

広島市立基町高等学校生徒と被爆体験者が原爆投下直後の様子を描いた絵画を展示。

場所

豊中人権まちづくりセンター(岡町北)【電話:6841-1313】

日時

8月2日(木曜)~8月18日(土曜)9時~17時(日曜日を除く)

(8)パネル展「ヒロシマ・ナガサキの原爆被害から考える平和」

核兵器と平和をテーマに、広島・長崎の原爆被害についての豊富な写真資料を含むパネルの展示。

場所

市役所第二庁舎(中桜塚)

日時

8月7日(火曜)~8月9日(木曜)

問い合わせ

人権政策課【電話:6858-2586】

(9)パネル展「ユニセフってなあに」

ユニセフの歴史や活動内容・現在子どもたちが置かれている厳しい状況について学べるパネルの展示。

場所

中央公民館(曽根東町)

日時

8月11日(土曜)~8月18日(土曜)

問い合わせ

人権政策課【電話:6858-2586】

(10)ほたる平和映画会「希望 テルエルの山々」

場所

螢池公民館第2集会場(螢池中町)

日時

8月15日(水曜)(1)10時30分~(2)13時30分~

問い合わせ

螢池公民館【電話:6843-5561】、螢池図書館【電話:6840-8000】

(11)「へいわとじんけん」ロビー展

平和に関する絵本コーナー・パネル展示など
8月16日(木曜)11時~は図書館職員による絵本タイムあり

場所

螢池人権まちづくりセンター(螢池北町)【電話:6841-5326】

日時

8月15日(水曜)~8月31日(金曜)9時00分~17時00分

(12)「私たちの街が燃えた~今、平和を考える~」

身近な街の戦争の写真や映像を見てもらい、戦争体験の継承と平和の大切さを考える。

場所

庄内公民館(三和町)【電話:6334-1251】

日時

8月17日(金曜)~8月22日(水曜)

(13)平和な世界を子どもたちのために 国連の現場から

国連職員(ユニセフ)として、東ティモールなどに派遣された講師の体験から平和について考える。

講師

関西学院大学教授 久木田 純さん

場所

中央公民館(曽根東町)【電話:6866-0555】

日時

8月18日(土曜)13時30分~15時

(14)旭堂南北一人語り「ひ・ろ・し・ま」

平和の大切さについて考える機会として広島に纏わる被爆者の思いをテーマとした講談、一人芸を上映します。

演者

旭堂南北さん

場所

伝統芸能館(岡町北)【電話:6850-1313】

日時

8月18日(土曜)14時~15時30分

(15)語り継ぐ戦争体験

元ひめゆり部隊員の新川初さんを講師にお迎えし、沖縄での戦争体験をお話しいただきます。
関連図書の貸出もあり。

講師

元ひめゆり部隊員 新川 初さん

場所

千里公民館集会場(新千里東町)【電話:6333-8090】

日時

8月29日(水曜)14時~15時30分

定員

100人

申込

8月6日(月曜)10時から来館・電話受付。先着順

(16)人権文化のまちづくり講座「一緒に考えよう 日本の難民問題」

関西を中心に難民と一緒に暮らせる街をめざし、活動を行っている在日難民との共生ネットワーク(RAFIQ)
の田中恵子さんによる、日本における難民支援の現状についての講演。

講師

RAFIQ・共同代表 田中 恵子さん

場所

豊中人権まちづくりセンター(岡町北)【電話:6841-1313】

日時

8月29日(水曜)18時30分~20時30分

(17)第67回 戦没者並びに空爆犠牲者追悼式

戦没者並びに空爆犠牲者の方々の冥福をお祈りし、平和を祈念します。
ご遺族をはじめ市民を対象に、無宗教・献花方式で追悼式を行います。

場所

とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ(玉井町)

日時

10月1日(月曜)13時~

問合せ先

地域福祉課【電話:6858-2219】

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

人権政策課 企画係
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎5階
電話:06-6858-2586
ファクス:06-6846-6003

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ