このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

人権教育課

業務概要

人権教育の総合企画、推進及び指導

・同和教育、男女平等教育、在日外国人教育、渡日・帰国児童生徒教育等の人権教育の企画推進及び指導。
・人権教育カリキュラムの研究やプログラムの開発、「子どもの実態に学ぶ」ことを基盤とする教育実践を踏まえ、人権を視点にすえた先進的な取組みを進めていこうとする学校園を支援し学校や地域における諸活動を活性化させるとともに、取組み情報を豊中市全小・中学校に発信する。
・渡日児童生徒相談室を設置し、通訳者の派遣を行うとともに、帰国・渡日児童生徒相のための国際教室やこども日本語教室の運営を行う。
・進路選択支援相談員を豊中人権まちづくりセンター・蛍池人権まちづくりセンター・青年の家いぶきに派遣し、窓口相談を行う。

学校教職員及び事務局員の人権研修

人権教育教職員研修、人権学習・人権教育研修会、人権教育啓発推進事業研修、同和教育推進委員会研修、在日外国人教育研修、男女平等教育研修、教育委員会人権研修推進研修、豊中市人権教育推進委員協議会の「市民の集い」のほか、様々な人権集会・研究大会等への学校教職員及び事務局職員の派遣。

人権教育についての関係団体との連絡調整

豊中市人権教育推進委員協議会事務局として協議会の運営、豊中市在日外国人教育推進協議会の運営、豊中市人権教育研究協議会の育成、一般財団法人とよなか人権文化まちづくり協会、一般財団法人とよなか国際交流協会、とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ等との連携。

人権教育の調査

各部署、府、国からの依頼による学校等への人権教育関係調査。

人権教育関係予算

各部署・国・府等からの依頼による人権教育関係予算・決算の集計・報告業務。

人権教育行政に関する相談に関する事務及び連絡調査

人権教育課としては、同和問題をはじめあらゆる差別の解決に向けての総合的取組みが必要であり、「学校における人権教育」、「学校・家庭・地域の連携」、「地域における人権教育」等、人権を基盤にすえた施策や取組みが推進されることが大切だと考えています。また、時代の変化とともに生じた新たな人権課題も含め、人権教育のいっそうの充実が必要であると認識しています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ