このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

歴史的文化的文書の取組み

更新日:2018年8月2日

 地域の歴史と文化への理解を深め、わがまちへの愛着や誇りを培うことは、市民文化の創造や市民が主体となったまちづくりを進めることにつながります。このことから、本市では「豊中市歴史的文化的文書の保存及び利用等に関する規則」を定め、保存期間が満了した行政文書や地域に伝わる歴史資料等、歴史的文化的価値を有する文書の保存と活用を図るための取組みを進めています。
 豊中市文書館では、歴史や文化を記した古文書や貴重な資料を改めて歴史的文化的文書と位置付け、これらの収集・保存に努めるとともに、順次一般の利用に供することにしています。

豊中市文書館の利用案内・地図

夏休み こども歴史講座(終了)

小学生を対象に豊中の歴史を紹介しました。
7月28日開催 「古墳時代の豊中」(小学生12人、保護者7人参加)
 ・古墳時代の話
 ・御獅子塚古墳から出土したよろい・かぶとの見学
 ・古墳時代のよろい・かぶとのペーパークラフト
 

平成30年こども歴史講座
7月28日講座の様子

過去の歴史講座内容

 歴史的文化的文書の取り組みの一環として、地域に伝わる様々な古文書や古記録等を紹介しながら市の歴史や文化をたどることで、郷土に対する愛着や誇りを培う機会にしていただきたいと考えています。平成27年度からは「近世村シリーズ」として、地域資料を踏まえながら、江戸期における市内旧村落の成り立ちや歴史について講座を開催しています。
平成29年度講座内容
テーマ:近世村シリーズ(3)原田村
     第1回「江戸幕府の元禄国絵図作製事業と原田郷」 (参加者48人)
        大阪大学大学院文学研究科教授 村田路人さん
     第2回「原田村~幕府を支える運命の村 原田郷中倉村文書を中心に」 (参加者50人)
        元新修豊中市史編さん担当職員 清水喜美子さん 
     第3回「岡町と原田神社」 (参加者38人)
        NPO法人とよなか・歴史と文化の会 大下隆司さん、出原敏さん  元新修豊中市史編さん担当職員 清水喜美子さん

平成28年度開催内容
テーマ:近世村シリーズ(2)麻田村
     第1回 大庄屋日記から見える麻田村とその周辺
     第2回 豊嶋地域における住吉信仰

平成27年度開催内容
テーマ:近世村シリーズ(1)上新田村
     第1回 上新田村の成り立ち
     第2回 藤蔵祭と史実

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

総務部 行政総務課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎4階
電話:06-6858-2047
ファクス:06-6858-2676

このページの作成担当にメールを送る

総務部行政総務課 豊中市文書館
〒561-0874 豊中市長興寺南3-5-2
電話(FAX共通)06-6862-5251

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ