このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

更生保護活動

更新日:2016年8月5日

更生保護とは

 犯してしまった罪をつぐない,社会の一員として立ち直ろうとするには,本人の強い意志や行政機関の働き掛けのみならず,地域社会の理解と協力が不可欠です。
我が国では,保護司,更生保護施設を始めとする更生保護ボランティアと呼ばれる人たちの他,更生保護への理解と協力の下,関係機関・団体との幅広い連携によって更生保護は推進されています。
更生保護の内容については法務省「更生保護とは」をご覧ください。

更生保護活動団体

豊中地区保護司会

 保護司は、犯罪や非行をした人の立ち直りを、地域で支える民間ボランティアです。保護司法に基づき地域社会から選ばれ、法務大臣から委嘱された非常勤の国家公務員となりますが、給与は支給されません。全国で約48,000人が活動しており、各地域の保護司会に所属します。
 犯罪や非行をした人が更生し、再び社会の一員として生活していくためには、地域の実情に合った支援が必要となります。保護司は、地域の事情に詳しいという特性を活かして、専門的知識をもつ保護観察官と協働して更生保護の仕事を行ったり、地域住民への犯罪予防活動を行ったりします。

豊中地区更生保護女性会

 地域社会の犯罪・非行の未然防止のための啓発活動を行うとともに、青少年の健全な育成を助け、犯罪をした人や非行のある少年の改善更生に協力することを目的とするボランティア団体です。全国で約18万5,000人おり、地域の公民館、学校等に地域住民の参集を求めて、その地域の実情に即した非行問題等を話し合うブロック会のほか、親子ふれあい行事や子育て支援の活動などに取り組んでいます。
会の趣旨に賛同する女性であれば、どなたでも参加できます。

豊中地区BBS会

 BBS(Big Brothers and Sisters Movementの略)は、様々な問題を抱える少年と、兄や姉のような身近な存在として接しながら、少年が自分自身で問題を解決したり、健全に成長していくのを支援するとともに、犯罪や非行のない地域社会の実現を目指す青年ボランティア団体で、全国で約4,700人の会員が参加しています。BBSの趣旨に賛同し、誠意と熱意のある方ならどなたでも参加できます。

豊中地区更生保護協会

 更生保護協会は、“社会を明るくする運動”の推進に協力するとともに、豊中地区での更生保護事業を発展させ、次代を担う青少年の健全育成を目指して、豊中地区保護司会をはじめとする各更生保護団体に活動資金を助成しています。また、受刑者に対する安定的な作業の確保並びに受刑者の更生に寄与するため「刑務所作業製品展示即売会」を開催し、売り上げについては、製品の原材料費や即売会の運搬費等の諸経費、犯罪被害者の支援活動助成費等に配分されています。会の趣旨賛同される方ならどなたでも参加できます。

豊中地区協力雇用主会

 協力雇用主は、犯罪・非行の前歴のために定職に就くことが容易でない刑務所出所者等を、その事情を理解した上で雇用し、改善更生に協力する民間の事業主です。全国で約9,300の協力雇用主が協力しています。
犯罪や非行をした人の就労支援を推進していくため、豊中地区保護司会は協力雇用主を募集しています。

社会を明るくする運動

 “社会を明るくする運動”はすべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動です。7月を強化月間として小中学生の作文コンテストを中心とした「市民のつどい」や駅頭啓発活動などを行っています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

健康福祉部 地域福祉課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第二庁舎3階
電話:06-6858-2219
ファクス:06-6854-4344

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ