このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

「あすの地域福祉を考える市民のつどい」開催報告(平成29年2月18日)

更新日:2017年3月3日

 平成29年2月18日(土曜)「あすの地域福祉を考える市民のつどい」を豊中市立文化芸術センター小ホールにて開催しました。
当日はホール内満員となり、多くの市民の方々にご参加いただきました。ありがとうございました。
 地域で支え合うまちづくりに向けて、来年度からはじまる介護予防・日常生活支援総合事業の概要と、これからの地域福祉活動についてご講演いただきました。
 当日のシンポジウムの様子は以下のとおりです。

第1部 講演会

介護予防・日常生活支援事業とこれからの地域福祉活動について

講師:厚生労働省 老健局 振興課 地域包括ケア推進係長 櫻井琢磨さん

内容

介護予防・日常生活支援総合事業の趣旨は、給付サービスだけでは対応できないちょっとした困りごとに対して柔軟に幅広く対応していくことと、高齢者の社会参加である。地域をつくっていくためには住民をはじめ民間企業・NPO・社会福祉法人等さまざまな人が参画する必要がある。高齢者の社会参加は、高齢者自身が地域の中で役割を持ち、生きがいづくり、ひいては介護予防につながることが期待できる。また、地域で起こる困りごとに対する要望等の地域ニーズを汲み取り、方向性を調整するのがコーディネーターであり、どこがどのように対応していくべきかを協議していくところが協議体である等、具体的な事例を交えながら、丁寧にわかりやすくご講演いただきました。

助け合いから始まる地域のささえあいについて~生活支援コーディネーターと地域ささえあい推進協議体~

報告者:健康福祉部 高齢施策課 佐津川 晋

内容

介護予防・日常生活支援総合事業開始後の介護予防・生活支援サービス事業の概要についての話と、その中の住民主体サービス(ささえあい活動)について詳しく説明しました。また、助け合いから始まる地域のささえあいについてQ&A形式の資料を使って市民からの質問が多い事項を中心に報告しました。

第2部 地域福祉活動の報告

地域における支えあいの取り組みについて報告をしていただきました。


コーディネーター:関西学院大学 人間福祉学部 教授 牧里毎治さん

 冒頭に牧里さんから「PPK(ぴんぴんころり)」と介護いらずの一生を過ごすには、すべきことや役割、予防が必要とお話があり、その後、介護予防や地域における支え合いの取り組みについて4つの事例報告をしていただきました。事例報告ではそれぞれの地域の活動についてわかりやすくお話をしていただきました。

千里福祉便利屋モデル事業の取り組み  報告者:滝下勇次さん

 仕事をするのは難しくてもちょっとした手伝いであればできるといった高齢者の方や、引きこもり等の若者が就労支援の一環として活動している。また、困りごとがある家に訪問することで顔つなぎができ、地域づくりにも繋がっている。

マンションサミットの取り組み  報告者:森島徹さん

 泉丘校区での取り組みについて。高齢化が進み孤独死が深刻な問題となっていること、地域との関わりが希薄になっていることをうけ、ふれあいサロンの立ち上げや集合ポストの溜まり状況チェック等さまざまな活動に取り組み、マンション内でのコミュニティづくりに力を入れている。

介護予防体操の取り組み  報告者:前川恒子さん

 介護予防としてパワーアップ体操を昨年10月頃から始めており、体力だけではなく脳の活性化も大切であることから声を出す体操についても取り組んでいる。また毎週顔を合わせることが非常に大切であり、人とつながること、地域で支えることが介護予防であると感じている。

豊中あぐりの取り組み  報告者:戸谷友隆さん

 豊中あぐりを始めるまでの経緯、やりがい等について。高齢者でも元気にいきいきと活動して楽しんでおり、共同作業を行うことで人と人とのつながりを感じている。農園の周囲とのつながりもできた。今後については高齢者が多いことから熱中症等にも気遣いながら、年々若くなるような気分になる場所として持続的・発展的に運営していきたい。

アンケートには「自分の地域でどのように貢献できるのか考えていた。」、「楽しそうにやり始めることが輪を広げ、また参加意欲を高め、介護予防にもつながるものと考えました。」、「地域でのボランティア活動の大切さ、それを活かすように努力したい。」等、たくさんのご意見・ご感想をいただき、参加していただきました方も地域福祉について考える機会になったのではないかと感じています。

 ご来場いただいた皆様、出演者の皆様、ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。来年度も実施をする予定をしておりますので、ぜひご来場ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

健康福祉部 地域福祉課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第二庁舎3階
電話:06-6858-2219
ファクス:06-6854-4344

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ