このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金の支給について

更新日:2016年9月6日

戦没者等のご遺族の皆様へ「戦没者等の遺族に対する特別弔慰金支給法」の公布に伴い、第十回特別弔慰金が支給されます。

制度趣旨

戦後70周年に当たり、今日の我が国の平和と繁栄の礎となった戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔慰の意を表すため、戦没者等のご遺族に特別弔慰金(記名国債)が支給されます。
第十回特別弔慰金については、ご遺族に一層の弔慰の意を表すことから、償還額をこれまでの年4万円から年5万円に増額するとともに、5年ごとに国債が交付されます。

国債交付が遅れています

請求件数が集中したことにより、国債の交付が大幅に遅れています。豊中市で受付しました書類は大阪府での内容審査を経て裁定都道府県(戦没者等が除籍された当時の本籍地)での裁定処理を行っておりますが、早期にご請求手続きを済まされた方につきましては、国債交付まで1年6か月ほどお待ちいただく見込みとなっています。
国債交付準備が整い次第、順次ご案内を送付させていただきますので、もうしばらくお待ちください。
なお、第1回償還日は平成28年4月15日ですが、国債の交付が遅れても弔慰金の受け取りに支障はありませんので、ご安心ください。
また、受給資格を有する戦没者のご遺族で、請求手続きがお済みでない方は、請求期間が平成30年4月2日(月曜日)までとなっております。請求期間を過ぎると第十回特別弔慰金を受けることができなくなりますので、お早めにご請求ください。

支給対象者

戦没者等の死亡当時のご遺族で、平成27年4月1日(基準日)において、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける方(戦没者等の妻や父母等)がいない場合に、次の順番による最先順位のご遺族お一人に支給されます。

  1. 平成27年4月1日までに「戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金」の受給権を取得された方
  2. 戦没者等の子
  3. 戦没者等の(1)父母 (2)孫 (3)祖父母 (4)兄弟姉妹
  4. 上記1から3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪等)

※3.の(1)から(4)は戦没者等の死亡当時、生計関係を有していること等の要件を満たしているがどうかにより、順番が入れ替わります。
※4.の三親等内親族は、戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた方に限ります。

支給内容

額面25万円 5年償還の記名国債

請求期間

平成27年4月1日(水曜日)から平成30年4月2日(月曜日)
なお、この期間を過ぎると時効失権により受給できませんのでお早めにご請求ください。

請求に必要な主な書類等

請求書類等(地域福祉課に備え付けています)

  1. 戦没者等の遺族に対する特別弔慰金請求書 
  2. 第十回特別弔慰金国庫債券印鑑等届出書 
  3. 戦没者等の遺族の現況等についての申立書
  4. 特別弔慰金請求同意書(同順位者がいる場合)

戸籍書類等

「平成27年4月1日(基準日)時点の請求者の戸籍抄本」等、必要な書類がありますが、請求者が過去に特別弔慰金の請求をしたことがあるか等の状況により、提出していただく書類が異なります。

その他

ご印鑑をご持参ください。
ご請求にはマイナンバーの記入が必要のため、マイナンバーが確認できるものと身分証明書をご持参ください。
※身分証明書:顔写真入りの場合は1つ、顔写真なしの場合は2つ以上必要

請求窓口

健康福祉部地域福祉課(第二庁舎3階 301窓口)

請求手続きなど詳しくは、地域福祉課までお問い合わせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

健康福祉部 地域福祉課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第二庁舎3階
電話:06-6858-2219
ファクス:06-6854-4344

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ