このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 人権・文化・スポーツ
  • まちづくり・環境
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

特定保健指導

更新日:2016年4月1日

メタボのリスクが高い人は特定保健指導を無料で受けられます

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪が蓄積し、高血圧・高血糖・脂質異常を引き起こした状態をいいます。この状態が続くと、血流を妨げたり血管が詰まったりして、日本人の死因の3割を占める心筋こうそくや脳こうそくの原因になります。
また、特に自覚症状が無いまま身体をむしばみ続けることもメタボリックシンドロームの怖いところです。
動脈硬化が進んで病気になる前に、特定保健指導を利用してメタボリックシンドロームを予防・解消しましょう。

特定保健指導を受けるための2ステップ

1 特定保健指導利用券がご自宅に届きます

特定健康診査を受診された方で、健診の結果により該当する方に「特定保健指導利用券」を送付します。
特定保健指導の対象者は、腹囲、血液検査(血糖・脂質の数値)、血圧、たばこの喫煙習慣の有無で選定します。特定保健指導には、「積極的支援」「動機付け支援」の2つのコースがあり、健診の結果と年齢により受けるコースが決まります。

2 電話で特定保健指導の予約をしましょう

生活習慣の改善に向けて保健師と一緒に改善計画を立案します。
保健師のアドバイスをもとに、無理のない計画プランをたてて、正しい生活習慣を身につけていきましょう。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

健康福祉部 保健所 健康増進課
〒560-0023 豊中市岡上の町2丁目1番15号 豊中市すこやかプラザ1階
電話:06-6858-2292
ファクス:06-6846-6080

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市役所

 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号 
市へのお問合せは総合コールセンターへ 電話:06-6858-5050
市役所のご案内
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る