このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

麻しん(はしか)及び風しん(MR)予防接種

更新日:2018年4月16日

麻しん・風しん(MR)予防接種について

  • 麻しん(はしか)・風しんともに、唯一の予防方法は予防接種です。
  • 麻しんは特に感染力が強く、空気感染もするため、手洗い、マスクのみでは予防できません。麻しんにかかると約3割の人が肺炎や脳炎などの合併症をおこし、精神発達遅滞や麻痺などの後遺症が残ることもあります。先進国でも麻しん患者1000人に1人が死亡しています。
  • 風しんは免疫がない女性が妊娠初期に風しんにかかると、出生児に先天性心疾患・難聴・白内障等の病気を起こす(先天性風しん症候群:CRS)可能性があります。
  • 予防接種により十分な免疫を獲得することが重要になります。

   麻しんについて(厚生労働省ホームページ)
   麻しんについて(国立感染症研究所ホームページ)
   風しんについて(厚生労働省ホームページ)

  • 麻しん・風しん混合ワクチン(MR)は、第1期、第2期の2回接種します。
  • 2回の接種により、ほぼ99%の人が免疫を獲得できます。十分な免疫を獲得するためには2回接種が必要です。
  • 過去に麻しん(はしか)、風しんを別々のワクチンで接種した人や、どちらかに罹った人も混合ワクチンを接種できます。混合ワクチンの接種を希望しない人は、単独ワクチンでも接種できます。
  • 定期の予防接種は全て個別接種となりますので下記の取扱医療機関にご予約のうえ接種してください。

  ※予診票は取扱医療機関および保健所、庄内・千里の各保健センターに設置しています。ご希望の方は市担当までご連絡ください。

接種対象年齢及び回数

第1期

生後12か月~24か月未満(1歳中)に1回接種
※1歳になったらできるだけ早く接種しましょう。

第2期

5歳以上7歳未満で小学校就学前の1年間(幼稚園、保育所・園の年長児)に1回接種

◆平成30年度(2018年度)対象者
  平成24年(2012年)4月2日~平成25年(2013年)4月1日生まれの人
◆接種期間
  平成31年(2019年)3月31日まで
  ※期間を過ぎると有料(実費)となりますのでご注意ください。

接種方法

!!接種の際は母子健康手帳を忘れずに持参してください

  • かかりつけ医または麻しん・風しん(MR)予防接種取扱医療機関に事前に予約をして受けてください。

 ※豊中市外(吹田市・箕面市・池田市・摂津市・茨木市・豊能町・能勢町・島本町以外)で接種を希望される場合は、豊中市が発行する接種先の市町村(または医療機関)あての「市外予防接種実施依頼書」が必要ですので、事前に市担当までご連絡ください。

  • 接種当日は、朝からお子さんの状態をよく観察し、普段と変わったところがないことを確認するようにしてください。予防接種を受ける予定であっても、体調が悪いと思ったらかかりつけ医とよく相談して接種をするかどうか判断してください。
  • 朝の体温を測り、予診票を記入してください。

 ※37.5度以上の明らかな発熱がある場合は接種できません。

  • 予診票は豊中市予防接種手帳の中に入っています。また、市内取扱医療機関にも置いてあります。
  • ガンマグロブリン製剤の注射を受けたことがあるお子さんの接種時期については、かかりつけ医と相談してください。

留意事項

予防接種を受けた後の注意

  • 接種後、副反応と思われる症状が発生した場合は、接種した医療機関に連絡のうえ、ただちに受診してください。
  • 母子健康手帳は、予防接種を受けた大切な記録となります。今後接種歴を確認する機会も多くありますので、大切に保管してください。

副反応について

  • 副反応の主なものは、発熱と発疹です。
  • 発熱は、観察期間中(0日~28日)に初発した発熱は第1期で約16.6%、第2期で約6.0%にみられ、そのうち最高体温が38.5度以上であったものは、第1期で約10.6%、第2期で約3.4%にみられます。
  • 発疹は、第1期で約4.3%、第2期で約1.0%にみられます。
  • 他の副反応として、注射部位の発赤・腫脹(はれ)・硬結(しこり)などの局所反応、じんましん、リンパ節腫脹、関節痛、熱性けいれんなどがみられます。アナフィラキシー、血小板減少性紫斑病、脳炎、けいれんなどの副反応がまれに生じる可能性もあります。
  • 予防接種によって健康被害(入院が必要な程度の障害など)が生じた場合は、その健康被害が予防接種によって引き起こされたものと認定されると、予防接種法に基づく補償を受けることができる健康被害救済制度があります。

厚生労働省リーフレット

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

健康福祉部 保健所 保健予防課 事業推進係
〒561-0881 豊中市中桜塚4丁目11番1号 豊中市保健所
電話:06-6152-7329
ファクス:06-6152-7328

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ