このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

市立障害福祉センターひまわり

更新日:2019年3月5日

『ひまわり』は・・・
障害者の地域における「完全参加と平等」が保障される社会の実現と、「共に生きる」社会の創造に向けて障害者の社会参加を促進し、あわせて健常者との交流を促す施設です。
このような視点にたって、地域福祉の拠点施設として在宅障害者の福祉サービスを中心に各種サービスを展開しています。

ひまわりからのお知らせ

ひまわり(稲津町)の事業再開について

昨年の大阪府北部地震及び台風21号の影響で、職人不足ならびに物流の停滞により工期が延長になっています。改修工事終了後の稲津町での事業再開は、相談事業は4月22日月曜より、貸館事業・入浴事業などは4月23日火曜より、実施します。

「障害福祉センターありかた方針及び障害者福祉施設ネットワークの考え方」

平成28年8月「障害福祉センターありかた方針及び障害者福祉施設ネットワークの考え方」を策定し、ひまわりはこの方針に基づき事業を展開しています。

各種事業

各種講座

障害者の自立と社会参加を促進し、すべての人々との交流の場となることを目的として、各種講座を実施しています。

平成31年度前期講座の参加を募集をします。
対象:18歳以上の方で、身体障害、知的障害、精神障害、難病などのいずれかに該当する人(手帳などの証明書が必要)。定員を超える場合は、未受講者などが優先。抽選あり。定員に満たない場合は要介護認定者と健常者も受講可。
その他:介助・手話通訳あり。送迎は要申し込み。
申込期間:3月11日(月曜)~15日(金曜)にひまわり(島江町)に来館、電話、FAXで申し込み。(FAXの場合、講座申込、講座名、住所、名前、電話番号かFAX番号を記入)

土曜日講座

平成31年度の音楽レクリエーションの参加を募集します。
対象:18歳以上の障害者30人。定員を超える場合は、未受講者優先。抽選あり。
開催日時:4月~2020年3月までの第2土曜日。いずれも10時30分~12時。
場所:4月すこやかプラザ(岡上の町) 5月~2020年3月障害福祉センターひまわり(稲津町)
講師:音楽サロンくつろぎ
その他:介助の必要な人は介助者同伴のこと。
申込期間:3月4日(月曜)~8日(金曜)にひまわり(島江町)に来館、電話、FAX。(FAXの場合は、講座申込、講座名、住所、名前、電話番号かFAX番号を記入)抽選あり。

平日のひまわり講座は都合がつかないけれど、土曜日ならば行けそう・・・というあなた。
月に一度音楽のリズムに乗って、身体を動かしてみませんか。
月に一度 土曜日に講座を開講しています。

難聴者向けの手話講習会 

耳が聞こえづらくなった方、コミュニケーション手段のひとつとして、手話を始めませんか。ゆっくりとしたペースで開催します。

地域交流事業~ひまわりひろば~

障害のある方と地域住民が、地域で活動するサークルの活動内容ををいっしょに楽しんだり、
近隣の学校にご協力をいただき、音楽などを鑑賞することで交流を図ります。
どなたでも参加できます!!「なかまの店」も出店します。

※改修工事のため、しばらくお休みさせていただきます。

障害者団体支援

豊中市身体障害者福祉会、豊中市身体障害児者父母の会、豊中市手をつなぐ育成会、ピープルウォークの各四障害者団体の支援をひまわりが事務局を担って行っています。なお、この欄は、これら団体に関する情報を掲載します。

在宅サービス

機能訓練

身体に障害のある方に、日常生活動作の維持向上を促すため、作業療法士等が指導を行います。また、器具・装具や介助方法などについての相談に応じます。

発達障害者支援

発達障害を起因とする日常生活に問題を抱える概ね18歳以上の方に、個別支援及び集団支援を行います。また、ご家族・関係機関からのご相談に応じます。

◎ひきこもり家族交流会
 "ひきこもり"という同じ悩みを抱える家族が集い、不安や悩みを共有したり、おしゃべりで息抜きをすることで、元気を取り戻していただく場です。
 こんなことがしんどい、こういう時どうしてる?など、日々感じておられることを交流会で話してみませんか。

 具体的な解決策を提供する場ではありません。ご家族の交流の場としてご理解ください。
 別途、相談をご希望の方は予約制で個別相談も行っています。

 ※保健所 保健予防課 精神保健係と共催で実施します。日程、申し込みなど詳しくは、保健所のホームページをご覧下さい。

視覚障害者日常生活及び歩行訓練

視覚障害者(1・2級)の方を対象に行っています。歩行訓練士が訪問し、手引きの受け方や白杖の使い方、日常生活技術、交通機関の利用方法など個別指導を行います。

手話通訳・要約筆記通訳者派遣

聴覚・言語障害者のコミュニケーションを円滑にし、社会参加を促進するために、手話・要約筆記通訳者の派遣をします。

一般入浴

家庭での入浴が困難な障害のある方(車いすの利用者等)に、入浴の機会の提供を図ります。
入浴日:毎週 月曜・水曜・金曜(休館日、祝日は除く)
受付時間:午前11時から午後4時30分まで
利用時間:午前11時から午後5時まで
対象:市内在住の障害児者と介護される方

入浴サービス(施設入浴)

居宅において家族やヘルパーなどの介助のみでは入浴困難な重度身体障害者に対し、センター内での入浴サービスを実施しています。
(※ただし、事前にサービスの申し込みが必要です。障害福祉課または障害福祉センターひまわりにお問い合わせ下さい)

ボランティア 

「ひまわり」ではボランティア活動を希望される方、また地域で活動できる方を養成するために各種講習会を開催しています。
募集につきましては「広報とよなか」にてお知らせします。
この講習会は大阪大学アクセシビリティリーダー育成プログラムと連携しています。

手話通訳奉仕員養成講習会

入門編(簡単な挨拶や指文字など基礎知識)や中級編(日常会話)を学びます。

要約筆記通訳ボランティア養成講習会

中途失聴者や難聴者の方のために、講演会などで通訳筆記をする知識や技術を学びます。

音訳ボランティア養成講習会

視覚障害者のために、文章などを音訳(音声化)するための知識や技術を学びます。

点訳ボランティア養成講習会

視覚障害者のために、文章などを点訳(点字化)するための知識や技術を学びます。

福祉バス

障害者の団体などが、社会参加活動に利用できます。
申込みなど詳しくはお問い合わせください。

ひまわりの各種事業については、市在住か在勤・在学の方が対象です。

総合相談

在宅の障害者、ご家族、そしてその人達を支えるみなさんが地域で安心し生活できるよう、悩みごとや心配ごとなどの相談に各種スタッフが助言・提案を行います。

豊中市障害者基幹相談支援センター  電話 06-6862-0095

障害のある方やそのご家族・関係機関からの相談に応じます。地域に根ざした総合的な支援を提供します。

障害者虐待防止センター 電話 06-6863-7060

障害者虐待の通報、届出の受理、虐待があった場合の対応を行います。

施設の情報

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

市立障害福祉センターひまわり
〒561-0854豊中市稲津町1丁目1番20号
電話:06-6866-1011
ファクス:06-6866-0811

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ