このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年(2015年)4月から、サービス等利用計画案の提出が必須となります

更新日:2015年4月7日

平成27年(2015年)4月から、障害福祉サービス受給者証の発行には、サービス等利用計画案の提出が必要です。

 平成24年4月の障害者自立支援法(現障害者総合支援法)の一部改正により、障害福祉サービスを利用するに当たり、「サービス等利用計画」の作成が必要となりました。
 平成27年3月までは経過措置期間として、サービス等利用計画案の提出がなくても障害福祉サービス受給者証を発行していましたが、4月以降は経過措置期間が終了するため、「サービス等利用計画案」の提出がないと受給者証を発行することができず、障害福祉サービスの利用ができなくなります。
 引き続き障害福祉サービスの利用を希望される方につきましては、サービス等利用計画案の提出をお願いします。

サービス等利用計画案が必要となる方は?

 平成27年(2015年)4月1日(水曜)以降に、障害福祉サービスの利用の申請があった方、サービス量の変更をされる方、障害福祉サービスの有効期間が満了をむかえ、受給者証を更新する方。
※利用者負担上限月額のみの更新の方につきましては、サービス等利用計画案の作成は必要ありませんが、障害福祉サービスの有効期間が満了となる時期には必ず必要となります。
 また、地域生活支援事業(移動支援事業・日中一時支援・訪問入浴/施設入浴サービス)のみの利用の方は、サービス等利用計画案の作成は必要ありません。

サービス等利用計画とはどんなもの?

 サービス等利用計画は、サービス利用者を支援するための総合計画(トータルプラン)です。
 市がサービスを決定する上で必要なサービス等利用計画案は、市が指定している「指定特定相談支援事業所」にて相談員が作成するものと、本人や家族、支援者が作成するもの(セルフプラン)の2種類があります。

指定特定相談支援事業所が作成する場合

 この場合は、「計画相談支援」を利用することとなります。「計画相談支援」は、本人の希望する生活を実現するために指定特定相談支援事業所の相談員と相談をし、サービス等利用計画を作りあげていくものとなります。

セルフプランを作成する場合

 セルフプランは、本人が作成を希望し、自分自身(家族・支援者を含む)でサービスの利用調整ができる方を作成対象者としています。本人本位で作成することが大切で、家族や支援者本位のものではありません。

障害福祉サービスを利用するまでに、サービス等利用計画案の作成が間に合わなければどうなるの?

 サービス等利用計画案をもとに受給者証を発行しますので、サービスの利用開始までにサービス等利用計画の提出がない場合は、障害福祉サービスの利用ができなくなります。障害福祉サービスの有効期間内であれば、これまでどおり障害福祉サービスをご利用いただけます。

手続きの仕方は変わるの?

 障害福祉サービスの申請手続きは、計画相談支援を利用する場合は、申請書が2枚増えます。
 申請後には、指定特定相談支援事業所でサービス等利用計画案を作成していただき、市役所へ提出する必要があります。
 サービス等利用計画案が提出されましたら、サービスの決定後、市役所から受給者証が届きます。

サービス等利用計画についてのお問い合わせはこちらまで

豊中市障害福祉課 相談支援係

電話:06-6858-2224
FAX:06-6858-1122

市立障害福祉センターひまわり 相談支援擁護係

電話:06-6863-7061
FAX:06-6866-0811

豊中市障害者基幹相談支援センター

電話:06-6862-0095
FAX:06-6863-7063

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

豊中市 健康福祉部 障害福祉課 相談支援係
〒561-8501 豊中市中桜塚3-1-1 第二庁舎1階
電話:06-6858-2224
ファクス:06-6858-1122

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ