このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年12月 中学校給食の紹介

更新日:2017年12月20日


実際に手元に届いた給食を写真で紹介します。

12月20日(水曜)

メニュー

さわらの照焼、白菜のごま和え、おでん(大根・ちくわ・うずら卵)、野菜炒め、みかんゼリー、ごはん、牛乳

今日の一言

おでんのルーツは、室町時代に豆腐を串に刺して焼き、みそなどを塗った「田楽」といわれています。宮中言葉でこれを「御田(おでん)」と呼んだことに由来します。江戸時代末期、煮込んでからみそをつける「みそおでん」ができ、さらにしょうゆ味で長時間煮る「煮込みおでん」となったそうです。

12月19日(火曜)

メニュー

チキン南蛮、タルタルソース小袋、ボイルブロッコリー、ペペロンチーノ、しろ菜のおかか和え、マッシュポテト、ごはん、牛乳

今日の一言

しろ菜はアブラナ科の結球しない白菜の仲間です。江戸時代から大阪で作られてきたことから「大阪しろ菜」とも呼ばれています。クセがなく、火を通すとしんなりと柔らかくなり、お浸しや煮浸しなどに向いています。

12月18日(月曜)

メニュー

青椒肉絲、ツナマヨポテトサラダ、いかナゲット、白菜キムチ、ごはん、牛乳

今日の一言

マヨネーズは、植物油、酢、卵黄を基本材料とし、塩、コショウなどの調味料で味付けされています。油が主成分ですが、ドレッシングと比べて油のしつこさを感じません。これはマヨネーズに含まれる油のつぶが酢に取り囲まれるような形で安定し、「乳化」という状態になっているからです。

12月15日(金曜)

メニュー

みそかつ、小松菜のお浸し、高野豆腐の煮物、もやしの和え物、ミックスフルーツ缶、ごはん、牛乳

今日の一言

高野豆腐は、木綿豆腐を凍らせて熟成させたあとに乾燥させた保存食で、たんぱく質をはじめ、各種の栄養成分が凝縮されています。凍らせることによって性質が変わったたんぱく質は、血中のコレステロールを抑制する作用が強く、消化吸収にもすぐれています。

12月14日(木曜)

メニュー

天津飯、ほたて風味フライ、オイスター炒め、大根の中華風漬け、ごはん、牛乳

今日の一言

大根は日本生まれの野菜のように思われますが、原産地はヨーロッパ地中海から中央アジアといわれています。日本には稲作と共に中国から伝わり、2000年以上前から栽培されていたそうですが、広く栽培され出したのは江戸時代になってからです。現在一番多く作られているのは「青首大根」とよばれる品種です。

12月13日(水曜)

メニュー

白身魚フライトマトソースかけ、ほうれん草とベーコンのスパゲッティ 、和風ごぼうサラダ、ブロッコリーのチーズソテー、ごはん、牛乳

今日の一言

イタリア料理でおなじみのパスタは、小麦粉を原料とした麺類の総称です。さまざまな太さや形のものがあり、300種類以上あるといわれます。日本では、細長いめん状のロングパスタを「スパゲッティ」、3~5cm程度の筒状やツイスト状のショートパスタを「マカロニ」とよびます。

12月12日(火曜)

メニュー

ハンバーグおろしソース、白菜のお浸し、星型コロッケ、水菜とひじきのサラダ、ごま団子、ごはん、牛乳

今日の一言

水菜は、古くから関西の京都を中心に栽培され、伝統的な京野菜としておなじみです。肥料を使わず水と土だけで栽培されていたので、水菜という名前がついたそうです。葉が萎びれていなく、根本の切り口が小さいものを選びましょう。

12月11日(月曜)

メニュー

ヤンニョムチキン、ほうれん草のソテー、焼きビーフン、甘夏みかん缶、エリンギのバター炒め、ごはん、牛乳

今日の一言

ビーフンは、中国から伝わった食べ物です。中国には小麦粉より米の方が豊富にあったことから、米粉を使った麺「ビーフン」が生まれたそうです。米粉を使った麺は、他にもベトナム料理でおなじみの「フォー」が有名です。

12月8日(金曜)

メニュー

鮭のから揚げ、枝豆、キャベツと厚揚げの炒め物、のりしおポテト、チンゲンサイのお浸し、ごはん、牛乳

今日の一言

鮭は赤みのある色をしていますが、実は白身魚です。この色は、えびやかにも持つアスタキサンチンという色素によるものです。良質なたんぱく質が豊富で、カリウムやリン、ビタミンDやEなどもバランスよく含まれています。

12月7日(木曜)

メニュー

スパイシーチキン、ピザポテト春巻き、ブロッコリーのコンソメ煮、焼プリンタルト、コールスローサラダ、人参のグラッセ、コーンピラフ、牛乳

今日の一言

グラッセは煮汁を煮詰めるなどして材料につやを付けるフランス料理の調理法です。野菜などにバターを入れて甘く煮詰めてつやを出すのが一般的です。またマロングラッセのようにシロップで煮た菓子の意味もあります。

12月6日(水曜)

メニュー

カマンベールチーズコロッケ、小松菜のソテー、バジルスパゲッティ、牛肉とこんにゃくのみそ煮、白菜の柚子の香漬け、ごはん、牛乳

今日の一言

ゆずは、疲労回復効果のあるクエン酸や、皮膚や血管を丈夫にし、美肌効果のあるビタミンCを多く含みます。果汁は調味料として利用し、皮は香辛料や薬味に使われます。

12月5日(火曜)

メニュー

豚肉のごまみそ炒め、卵とじ、えびシューマイ、じゃことわかめのあっさり煮、ごはん、牛乳

今日の一言

私たちがごはんとした食べているお米のことを「うるち米」といいます。おもちにしたり、おこわにして食べる粘り気の強いお米は「もち米」といい、それぞれに含まれるでんぷんの成分が少し違います。もち米が「アミロペクチン」のみで構成されるのに対し、うるち米は「アミロペクチン」と「アミロース」の2種類で構成されており「アミロペクチン」が多いほど、モチモチとした粘り気のあるお米になります。

12月4日(月曜)

メニュー

キャベツメンチカツ、もやしのソテー、麻婆春雨、レンコンのきんぴら、お芋のプチタルト、ごはん、牛乳

今日の一言

さつまいもには、食物繊維やビタミンC、カリウムが豊富に含まれ、便秘解消や高血圧予防に効果があります。焼き芋やふかしいもなど、そのままの味はもちろん、天ぷらや大学芋、お菓子などにしてもおいしくいただけます。また、お酒(焼酎)に加工されたり、水あめや春雨の原料にもなっています。

12月1日(金曜)

メニュー

オムレツハヤシ、キャベツのサラダ、りんご、枝豆、ごはん、牛乳

今日の一言

卵は、良質なたんぱく質をはじめ、ビタミンやミネラルが豊富で栄養価の高い食品です。ビタミンC以外のすべての栄養素をバランスよく含むため「完全栄養食品」ともいわれます。

お問合せ

教育委員会事務局 学校給食課
〒561-0891 豊中市走井3丁目27番地の1
電話:06-6843-9101
ファクス:06-4307-5610

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ