このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

児童虐待に関する相談や通報

更新日:2017年11月1日

11月は「児童虐待防止推進月間」です

児童虐待において、虐待の発生予防、早期発見・早期対応など総合的な対策が必要とされ、そのためには市民一人ひとりが児童虐待に対する理解を深めていくことが求められます。
そこで、厚生労働省は平成16年度から児童虐待の防止等に関する法律が施行された11月を「児童虐待防止推進月間」と定め、期間中に児童虐待防止のための広報・啓発活動など種々な取組を集中的に実施しています。豊中市においても、この趣旨に則った啓発活動を実施します。

画像

こどもは幸せに生きる権利をもっています

こどもは一人の人間として、しあわせに生きる権利を持っています。
その一方で、全国の児童相談所に寄せられる児童虐待の相談件数は年々増加し、児童虐待問題は大きな社会問題となっています。
児童虐待は、こどもの健全な成長を妨げる重大な人権侵害です。
多くはこどもの心と体に深い傷あとを残し、人格形成に大きな影響を与え、時には生命までもおびやかします。

● 児童虐待とは?
親または親に代わる保護者などが、こどもに次の行為をすることをいいます。なお、これらの行為はこどもの視点で判断します。

身体的虐待 心理的虐待 ネグレクト 性的虐待
なぐる、蹴るなど、こどもの身体に外傷が生じ、または生じるおそれのある暴力を加える。 こどもに著しい心理的外傷を与える。(言葉による脅かしや、こどもの心を傷つけること) 保護者としての養育を著しく怠ること。(こどもの心身の正常な発達を妨げるような著しい減食や、長時間の放置など。) こどもにわいせつな行為をしたり、させたりする。

みんなで子育てを
こどもを虐待してしまう人は、子育てや親族間のトラブル、経済的な苦しさなど、たくさんの問題を一人で抱え込み、地域や親族から孤立していることが多く、心に大きな傷をもっているケースがあります。
つらい気持ちを身近な人に聞いてもらったり、困っていることについてちょっとした助言や援助があったりすれば、保護者の不安や悩みが少しでも解消され、児童虐待を防止する大きな力になります。
市や地域の人たちが協力しあいながら援助の手をさしのべることが大切です。

虐待に気づいたら
虐待されているこどもや、 その保護者は援助を必要としています。虐待の「早期発見」は、こどもと保護者が必要な援助やサービスにつながるための第一歩となります。児童虐待や、虐待と疑われる行為を発見した場合には、次のところへ連絡してください。

連絡された方の個人情報や、内容は堅く守ります

こども相談課 こども家庭相談係
月曜~金曜9時~17時15分 電話:06-6852‐8448

児童虐待110番
(大阪府池田子ども家庭センター 虐待通告専用電話)
月曜~金曜 9時~17時45分 電話:072-751-1800

土曜・休日・夜間等
子ども家庭センター夜間休日虐待通告専用 電話:072-295-8737

お問合せ

こども未来部 こども相談課
〒560-0023 豊中市岡上の町2丁目1番15号 豊中市すこやかプラザ2階
電話:06-6852-8448
ファクス:06-6852-5422

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ