このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

1月17日(水曜) 永楽荘3丁目でアライグマの目撃情報がありました

更新日:2018年1月19日

1月17日(水曜)の午後7時30分ごろに永楽荘3丁目でアライグマの目撃情報がありました。
下記の注意事項を参考にして、十分注意してください。

最近の目撃情報など

  • 1月17日(水曜)の午後7時30分ごろに永楽荘3丁目でアライグマの目撃情報がありました。(本件)
  • 1月16日(火曜)の午後5時と午後8時ごろに寺内2丁目で3から4頭のアライグマの目撃情報がありました。
  • 1月8日(月曜)の午後8時10分ごろに春日町2丁目でアライグマ1頭の目撃情報がありました。

注意事項

もしアライグマを見かけたり、出会ったりした場合は、被害を受けないために、次のことを守ってください。

  • 近寄らない!
  • 食べ物をあたえない!

 注記:アライグマは野生動物ですので、食べ物をあたえたり、さわろうとして近づくと危険ですので、絶対にしないで下さい。

  • 特にお子さまの行動には、家庭などで十分注意してください。
  • 見かけた場合は、豊中市公園みどり推進課(電話:06-6843-4141)までご連絡ください。

参考

アライグマとはどんな動物か

  • 北米原産の動物で日本には生息していませんでしたが、ペットとしての人気が高まり、多くの個体が輸入されました。しかし、野生動物なので飼いきれなくなって野外に放されたり、また飼育檻から逃げ出すなどにより、野生化しています。
  • 環境省は「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」(以下、「外来生物法」という。)において、アライグマを「特定外来生物」(生態系、人の生命・身体、農林水産業に悪影響を与えるもの、与えるおそれのある侵略的な外来生物)に指定し、飼育・運搬などを規制し、また、一定の地域に住み着いている場合は、積極的な捕獲をすることとしています。
  • 大阪府では外来生物法に基づくアライグマ防除実施計画を策定し、市町村と連携して積極的な捕獲に努めています。
  • 夜行性ですが、昼間に目撃されることもあります。学習能力が高く、手先が器用です。成獣になると力が強くなります。

アライグマのイラスト

関連サイト

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

政策企画部 広報広聴課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎3階
電話:06-6858-2028
ファクス:06-6842-2810

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ