このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 人権・文化・スポーツ
  • まちづくり・環境
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年12月12日開催豊中食品ロス・ゼロフォーラム

更新日:2016年3月11日

豊中食品ロス・ゼロフォーラム開催しました

 平成27年(2015年)12月12日(土曜日)「豊中食品ロス・ゼロフォーラム」を豊中市立生活情報センターくらしかんイベントホールで開催しました。(参加者87名)
 当日は冒頭の市長あいさつの後、第1部にて「豊中エコレシピコンテスト」の表彰式を行いました。 第2部では、「弁当の日」提唱者竹下和男さんに「『もったいない』のこころでつくる循環型社会について」ご講演いただき、第3部では大阪ガス(株)大石ひとみさんより「はじめませんか『エコ・クッキング』」についてお話いただきました。当日の様子は以下のとおりです。

第1部 豊中エコレシピコンテスト受賞者表彰式

 平成27年11月21日(土曜日)に梅花高等学校調理室にて実施した最終審査の結果、各賞を決定し、表彰式を行いました。
 グランプリ、準グランプリ、特別賞2名、入賞の順にそれぞれの受賞者に市長から賞状、提供事業者・部局より副賞を授与しました。
 ※入賞の2名は表彰式欠席
 表彰後、グランプリ受賞者のSMILE編集部の和光さんより受賞の喜びについて、また審査員の(株)太鼓亭執行役員の福本さんより審査の講評についてお話いただきました。

各賞受賞者

グランプリ 

「みんなでワイワイ エコパエリア」 和光ともこさん(SMILE編集部)
  副賞:豊中市提供「エコポイントチケット とよか」

準グランプリ 

「ごみゼロランチBOXでピクニック」 松浦みさきさん
  副賞:大阪ガス(株)提供「炊飯鍋」

特別賞

「ボーノイタリアンしいたけ&ちくわ」 光武厚子さん(チームMT)
  副賞:(株)太鼓亭提供「太鼓亭ギフトセット」
「根菜とエビのかき揚げ」 須本聡美さん
  副賞:(株)阪食提供「阪急オアシスギフトセット」

入賞(50音順)

  副賞:豊中市提供 社会福祉法人あさひ会 あさひ会作業所製作「豊中市キャラクター、マチカネくん入り商品」
「エコ大根餅」 井上美音子さん
「豆腐とポテトサラダの重ね焼き」 浜田真理さん(あけぼのドロップス)
「皮付イモのかき揚げ・ヘタ付きナスのソテー添え」 福島さん

市ホームページ「豊中エコレシピコンテスト」へはこちらから移動できます。
コンテストの詳細や受賞作品について等掲載しています。

第2部 講演 もったいないのこころでつくる循環型社会

 弁当の日提唱者竹下和男さんにご講演いただきました。講演内容は、子どもだけで作る「弁当の日」を説明いただいた後、自ら作る経験により好き嫌いは変わらなくても、食べ残すことが無くなるということや環境がひとを育てるという食育の大切さのお話をいただきました。スライドショーに効果的な音楽を使い、90分という長時間にもかかわらず、参加者が時間を忘れ、引き込まれる内容でした。

第3部 はじめませんか?「エコ・クッキング」

 大阪ガス(株)大石ひとみさんより、大阪ガスの事業やエコ・クッキング講座の紹介がありました。また「エコ・クッキング」では、環境のことを考えて、「買い物」「料理」「片づけ」することが重要という話がありました。
 ※エコ・クッキングは東京ガス(株)の登録商標です。

フォーラム参加者の声

 フォーラムにご参加頂いた方のアンケートから抜粋

表彰式について

  • (受賞者のレシピが)環境・食・エコについて、よく考えたレシピで参考になり、とてもよかった。
  • エコレシピを家で作ってみようと思う。
  • 市長や審査員、被表彰者のコメント等、和やかな雰囲気も良い感じだった。
  • 受賞者に若い方が多く、若い方が関心を持つきっかけになったのは良かった。
  • 企業を巻き込んで一体感のあるいい企画だった。
  • 受賞者に男性がいなかったのが残念だった。

講演について

  • 食生活の大切さとそれを子どもに伝えることの大切さを改めて感じた。
  • 豊中でも「弁当の日」に取り組む学校が増えれば良いと思う。
  • 子どもを台所に立たせようと思った。
  • 人は置かれた環境に適応する、子どもの育つ環境で心や考え方が決まるという話に共感できた。子どもを良いように巻き込んで今後取り組んでいきたいと思った。
  • 料理をしない大学生の事例があったが、そういう人にどのようにアプローチすべきか考える必要があると感じた。
  • 毎日の食事について、講師の指摘することの多くが当てはまっているので、家に帰ったら家族に伝え、改善していきたい。

はじめませんか?「エコ・クッキング」について

  • 普段はなかなか考えないエネルギーがたくさん使われているということを改めて考える機会になった。
  • 多くの小学校でエコ・クッキングが行われていることを知った。子どもたちやその親、本フォーラムやエコレシピコンテストの参加者の働きかけで、エコ・クッキングが広まってほしい。
  • エコ・クッキングで水道量、ガス量が分かるので、ぜひ一度体験してみたいと思った。
  • 食育の中で、エネルギー、ごみ等でエコなクッキングを実施しようと思った。

フォーラムについて・その他

  • ごみ減量・下水を汚さない・省電力・省ガスで生活するために家庭で取り組める方法があったら知らせてほしい。
  • エコ・クッキングや食について考え直す貴重な機会になった。
  • 表彰だけでなく、貴重な話が聞けて良かった。
  • 参加前は(時間が)長いかなと思ったが、興味深くてあっという間に時間が過ぎた。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

環境部 減量推進課
〒561-0891 豊中市走井2丁目5番5号
電話:06-6858-2279
ファクス:06-6846-6390

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市役所

 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号 
市へのお問合せは総合コールセンターへ 電話:06-6858-5050
市役所のご案内
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る