このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

平成31年3月24日開催 第18回ごみ減量フォーラム

更新日:2019年4月15日

第18回ごみ減量フォーラムを開催しました

 平成31年(2019年)3月24日(日曜日)「第18回ごみ減量フォーラム」を
文化芸術センター多目的室(曽根東町3-7-2)で開催しました。

 当日は、103名もの市民・事業者の方々にご参加いただき、ありがとうございました。
冒頭の市長あいさつのあと、若者世代から発信~これからの食品ロス削減をテーマとして、
活動発表・パネルディスカッションによる意見交換を行いました。

第1部 「豊中市マイバッグ推進協議会の軌跡」

豊中市マイバッグ推進協議会の取組みの経過

感謝状贈呈

 平成15年(2003年)8月の準備会組織発足後、マイバッグの普及やレジ袋の無料配布中止の啓発・PR活動にご尽力いただきました。
 市政の推進に積極的にご協力いただいたことから、長内市長から感謝状の贈呈を行いました。

第2部 高校生の活動発表

 少年少女国連大使 佐竹 真菜子さん(神戸女学院高等学部1年)
  テーマ:Let’s 地球改革
  内 容:食品ロスとSDGs
      日々の食品ロス対策
      フードバンクの拡大

 佐竹さんは、豊中市在住の神戸女学院高等学部1年で、一般社団法人豊中青年会議所の推薦を受け、平成30年度の少年少女国連大使に選ばれました。今回の発表ではニューヨークの国連本部でも発表されました国際的に課題となっている食品ロスについてのご自身の考えや取組みについてお話をしていただきました。

 大阪成蹊女子高等学校 竹原 楓さん・久田 楓さん(キャリア特進コース2年)
  テーマ:食品ロス対策プロジェクト
  内 容:食品ロス対策のアプリの検討
      高齢者向けワークショップ
      幼稚園での環境学習
      親子向け料理教室

 竹原さん・久田さんは、アサヒグループホールディングス株式会社が主催する第13期目となるアサヒ若武者育成塾に応募し採用され、昨年12月「食品ロス改善プロジェクト」を提案し、「今回限りではなく、今後の継続、さらなる発展が期待できる活動をしたチーム」としてサステナビリティ賞を受賞されています。今回の発表では、その内容について詳しくお話をしていただきました。

第3部 パネルディスカッション

コーディネーター 花嶋 温子さん(大阪産業大学デザイン工学部環境理工学科 講師)
パネリスト    竹原 楓さん・久田 楓さん(大阪成蹊女子高等学校) 
         佐竹 真菜子さん(少年少女国連大使) 
         中山 大輔さん(株式会社 ダイエー総務・お客様サービス部リーダー)
         吉村 光章  (豊中市環境部減量計画課)

 大阪産業大学講師の花嶋温子さんをコーディネーターとして招き、活動発表を行った高校生二組に加え、本市と協働でフードドライブを実施している株式会社ダイエーの担当者、行政の担当者をパネリストとして、これからの食品ロス削減をテーマにディスカッションを行いました。

アンケートを実施しました

アンケートへのご協力ありがとうございました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

環境部 減量計画課
〒561-0891 豊中市走井2丁目5番5号
電話:06-6858-2279
ファクス:06-6843-3501

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ