このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 人権・文化・スポーツ
  • まちづくり・環境
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年9月1日から危険ごみ(スプレー缶類)のごみ出しルールを変更

更新日:2016年4月1日

穴を開けずに、完全に中身を使い切って出してください。

 スプレー缶類の中身が残ったまま排出されると、収集車の火災などの原因となるため、中身を使い切るか、穴を開けてガスを抜いてから排出するようにこれまではお願いしてきました。
 しかし、不適切な方法で穴を開けると、ガスコンロやストーブ等の火に引火してやけどを負うなど、かえって危険な事態を招くおそれもあるため、平成27年9月1日から、「穴を開けず」に「完全に中身を使い切って」から排出するよう、ごみ出しルールを変更します。
 中身が残った状態で、やむなく廃棄する場合は、自分で穴を開けずに収集担当課へ連絡してください。

スプレー缶類は空き缶・危険ごみの日に

 豊中伊丹スリーR・センター(原田西町2)では、中身が残った状態のスプレー缶類が、「不燃ごみに混入」されたことが原因と見られる火災事故が多発し、爆発等により設備が変形するなどの被害が出ています。 
 安心・安全・安定的に適正処理を行うためにも、スプレー缶類は、完全に中身を使い切ってから「空き缶・危険ごみ」の日に排出して下さい。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

環境部 減量推進課
走井2丁目5番5号
電話:06-6858-2275
ファクス:06-6846-6390

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市役所

 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号 
市へのお問合せは総合コールセンターへ 電話:06-6858-5050
市役所のご案内
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る