このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

市外への転出・他市からの転入・市内転居の場合の原動機付自転車の手続きについて

更新日:2017年11月16日

【市外への転出】
転出先の市町村により豊中市での廃車申告が省略できる場合があります。
登録手続き(申告)に必要なものと併せて、転出される市町村へお問合せください。

【他市からの転入】 
「軽自動車税申告書兼標識交付申請書」(窓口に備え付け)のほか、場合に応じて次のものが必要です。
・廃車手続きが完了している場合
1.  廃車証明書
2.  所有者の印鑑(認印)
3.  窓口に来られる人の本人確認ができる書類

・廃車手続きが完了していない場合
1.  ナンバープレート
2.  標識交付証明書など(他市での登録書類)※
3.  所有者の印鑑(認印)
4.  窓口に来られる人の本人確認ができる書類

※標識交付証明書など(他市での登録書類)については、市町村から送付された転出者通知(原付の登録状況が記載されたもの)で代替できます。
※標識交付証明書などを紛失している場合、登録している市町村で再発行していただく必要があります。

【市内転居】
市内で転居した場合は、原動機付自転車等標識交付証明書(旧:原動機付自転車申告済証 平成26年4月1日変更)の住所変更をします。原動機付自転車等標識交付証明書(旧:原動機付自転車申告済証 平成26年4月1日変更)、窓口に来られる人の本人確認ができる書類をもって、税務企画課にお越しください。

※原動機付自転車等標識交付証明書を紛失している場合 
原動機付自転車等標識交付証明書の再発行をしていただく必要があります。再発行には次のものが必要です。
1.  車体番号の石刷(いしずり)※
2.  名義人の印鑑
3.  届出人の運転免許証、もしくは健康保険証など

※石刷はバイク本体に刻印されている車台番号の上に紙を当て、車台番号が確認できるように鉛筆などで擦り拓本していただくものをさします。
 車台番号は石刷の変わりに写真撮影しプリントアウトしたものをお持ちいただいても結構です。
 なお、誤ってエンジン番号等を石刷りされると標識交付証明書の再発行ができません。あらかじめ車台番号を確認のうえ石刷をお願いします。
 車台番号の刻印されている部分は車種によって異なりますので、位置がわからない場合は販売店等にお問い合わせください。ただし、本体を店頭に持ち込むと手数料がかかる恐れがありますのでご注意ください。

お問合せ

財務部 税務企画課 軽自動車税担当
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎2階
電話:06-6858-2153
ファクス:06-6842-2797

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ