このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

平成30年度(2018年度)豊中市住宅の窓断熱リフォーム支援補助金のご案内

更新日:2018年6月1日

既存住宅の窓断熱リフォームに係る費用を補助

開口部(窓)から出入りする熱は家全体の5~7割と言われています。窓の断熱対策をすることで、健康で快適に過ごせるだけでなく、冷暖房の効きがよくなり、省エネで光熱費の節約になります。
豊中市では、こうした住宅の省エネルギー化を図るため、既存住宅の窓断熱リフォームを支援する補助を実施します。

着工前にお申込みください

【募集期間】

平成30年(2018年)6月1日(金曜)から平成30年(2018年)11月30日(金曜)まで
・先着順で受付
・申込みが予算額に達した時点で終了

【補助額】

補助対象経費の3分の1
上限6万円
(予算額:60万円)

【対象となるリフォーム】

市内の既存住宅における以下の1から3いずれかの窓断熱リフォームが対象です。

  1. ガラス交換 既存のガラスを中央部の熱貫流率が2.33以下であるガラスに交換すること。
  2. 内窓設置 既存窓の内側に、新たにガラス中央部の熱貫流率が2.33以下である窓を設置すること。
  3. 外窓交換 既存窓を取り除き、同位置においてガラス中央部の熱貫流率が2.33以下である窓に交換すること。(カバー工法を含む。)

【補助の対象となる方】

以下のいずれにも該当する方が対象となります。

  1. 自らが居住する市内の既存住宅(店舗等との併用住宅にあっては、住居部分)において、窓断熱リフォームを実施すること。
  2. 施工する窓は未使用品であること。
  3. 居室等(居室、食堂、台所、寝室、書斎、子供室、応援室、家事室、浴室、洗面所等)において施工すること。
  4. 一部屋単位の施工とすること。
  5. 対象となる窓が外気と直接接していること。(ただし、吹き抜けの窓や天窓などの採光を主目的とした窓、換気を目的としたジャロジー窓等を除く。)
  6. この補助金の交付を本人または同一世帯の方が受けていないこと。
  7. 集合住宅の共用部分※において施工する場合は、当該集合住宅の管理規約等で認められていること。

 ※集合住宅の共用部分とは、個人の住戸部分における共用部分をさします。(例:ベランダに接している窓のガラス交換や外窓交換など)個人の住戸部分以外の共用部分(例:マンションの廊下やロビーの窓など)は対象外となります。

【応募方法】

申込書類は、6月より環境政策課(第一庁舎5階)の窓口で配布するほか、市ホームページにも掲載します。
必要書類を添付のうえ、直接窓口でお申込みください。平日の午前8時45分から午後5時15分まで受付します。
郵送、FAX等での受付は行っておりません。

案内(申込の際に必ずお読みください)

要綱

補助金交付申込み(着工前)に必要な様式等

申込書・記入例

承諾書

手続代行者選任届

実績報告(施工後)に必要な様式等

実績報告書・記入例

その他(必要に応じて参考にしてください)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

環境部 環境政策課 環境企画係
〒561-8501
豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎5階
電話:06-6858-2106
ファクス:06-6842-2802

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ