このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 人権・文化・スポーツ
  • まちづくり・環境
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

まちづくりセミナー

更新日:2017年7月25日

市民のみなさんと行政が一緒になって取り組むまちづくりについてのセミナーを開催します。市民のみなさんの身近な課題をテーマとすることで、地域への関心を高め、まちづくり活動に関わっていただくきっかけになれば幸いです。

第22回まちづくりセミナー開催のお知らせ

テーマ

絆とルールでまちを楽しく強くする
~神戸市駒ヶ林地区の路地と空地を活かしたまちづくりを中心に~

  • 入場無料
  • 手話通訳あり 
  • 1歳から小学3年生まで1人につき200円で保育あり
      (保育は7月13日(木曜)までに申込みをしてください)

 阪神大震災の経験をきっかけに、身の回りのまちの課題を再認識し、改善することから始まった、神戸市長田区駒ヶ林地区のまちづくり。地区の特徴である、魅力である路地や空き地を活かしつつ、災害時の課題の解決をめざしたまちづくりを行っています。当地区では、これらの活動が長く続いてきた結果、まちの安全と活性化に繋がっています。今回のセミナーでは、当地区の活動に長年携わられてきた専門家を講師に招き、神戸市における防災まちづくり活動の事例を中心に、継続した住民主体のまちづくり活動におけるポイントをご講演いただきます。

 駒ヶ林地区は、住宅地を中心に工業・商業が共存する地域で、古くからの木造住宅や路地が多く残る下町レトロ感あふれる地域です。そんな、当地区では、地区内の路地や空地を活かした住民によるまちづくり活動が15年以上取り組まれています。

 まちなかの路地について、阪神淡路大震災の経験をふまえ住民による話し合いで安全性を高めるために路地幅員の検討を行いました。その結果、防災性を担保しながら、地域にふさわしい幅員が決まりました。また、住民による初期消火に関する協定で、より一層の防災性を確保しています。また、空地をまちなか防災空地として整備を行い、地域の憩いの場としてさまざまなイベントを開催するなど、コミュニティ活動や地域のにぎわいづくりに活用しています。

日時

平成29年(2017年)7月20日(木曜) ※終了しました。
午後2時から午後4時まで

場所

豊中市立文化芸術センター 1階 多目的室

豊中市曽根東町3丁目7番2号
(阪急宝塚線「曽根駅」から東へ300m)

講師

有限会社 スタヂオ・カタリスト
    代表取締役 松原(まつばら) 永季(えいき) さん
        

申込

都市計画課地区まちづくり係へ、7月19日(水曜)までに電話、ファクス(お名前・フリガナ・電話番号・ご所属・保育の有無を記載)、下記URLの申込フォームのいずれかにてお申込みください。

(別ウィンドで開きます)

記録DVDについて

過去に開催したフォーラムやセミナーの記録DVDを貸し出しています。

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

都市計画推進部 都市計画課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第二庁舎4階
電話:06-6858-2089
ファクス:06-6854-9534

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

まちづくり講座・セミナー

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

豊中市役所

 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号 
市へのお問合せは総合コールセンターへ 電話:06-6858-5050
市役所のご案内
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る