このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

上野地域連絡会(共同事業検討会)

更新日:2018年12月6日

目的

上野校区の地域住民が主体となって現在の上野地域連絡会で行っている防災などの事業を協働(共同)で取り組むことを基軸とし、地域連携のために将来的に何が上野校区全体として取り組むことが出来るかを検討することを目的とする。

設立

平成29年(2017年)4月9日(地域自治組織の検討開始)

構成

16団体の代表者ほか
※構成団体・・・3自治会、社会福祉協議会、公民分館、上野小学校、上野小学校PTA、老人会、青少年健全育成会、人権教育推進委員協議会、婦人会、民生児童委員会、子どもを犯罪から守る連絡協議会、女性防火クラブ、ボーイスカウト、ガールスカウト

市の支援

地域自治助成金 平成30年度交付決定額231,000円(限度額231,000円)
取組みに対する助言、専門家の派遣、地域に関わる市政情報の提供など

活動の内容

(1)防災や防犯など上野校区の現状や課題の調査・把握
(2)すべての住民の情報発信システムの検討
(3)上野校区の将来像づくりのための学習会や意見交換

地域づくりフォーラム

日時:平成30年(2018年)7月8日(日曜) 13時30分から15時30分
場所:堀田会館
参加者:51人

 上野地域連絡会のこれまでの取組みを参加者同士で共有し、上野校区が抱える課題や問題点を踏まえて、今後どのような取組みがあったら良いか話し合い、そうした取組みができる上野校区のスローガン(上野校区の未来)を作り上げることを目的に「地域づくりフォーラム」を実施しました。

 直近で発生した大阪府北部の地震や西日本豪雨では、「いつ、どこに、どのように避難したら良いかわからなかった」、「日中は、仕事などで地域内にいる人が少ない中でどのように安否確認をするか」などの意見が多く挙げられ、避難マップやマニュアルの作成や日頃からの近所付き合い、挨拶によるつながりづくりの重要性を再認識しました。

平成30年度 上野校区防災訓練

主催:上野地域連絡会
日時:平成30年(2018年)11月25(日曜)午前9時30分から午前11時30分まで
場所:上野小学校体育館
内容:シェイクアウト、防災〇×クイズ、防災ビデオ視聴、救助訓練、防災グッズ作り体験、応急給水体験、煙体験
    ※シェイクアウトとは…一斉防災訓練と訳され、地震の際の身の安全を確保する方法
              「まず低く、頭を守り、動かない」を身につける訓練
              「Drop(まず低く)」「Cover(頭を守り)」「Hold on(動かない)」

 防災訓練後に上野小学校区青少年健全育成会が主催する自転車安全教室が実施されることもあり、子どもの参加が目立ちました。200人を超え去年よりも多くの皆さんが参加されました。来年度は、避難所開設訓練を企画したいと渡邊美代子会長は話しておられました。

お問合せ

市民協働部 コミュニティ政策課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎5階
電話:06-6858-2727
ファクス:06-6846-6003

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ