このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

とよなか夢基金(市民公益活動基金) 愛称決定までの経緯

更新日:2013年3月8日

 市民公益活動基金は、市民公益活動(市民の自主的・自発的な社会貢献活動)を地域社会で支え推進するために、平成20年(2008年)12月に市が創設しました。市民や企業のみなさんの善意による寄附金を積み立てて、ボランティア団体などのNPO、自治会、事業者等が行う公共・公益的な事業(社会貢献活動)への助成金「市民公益活動推進助成金」として活用させていただきます。
 この基金を一人でも多くの方々に知っていただき、親しみをもって応援していただけるように、愛称を募集しました。

◎愛称のイメージ◎

  • 市民公益活動基金の設置趣旨を分かりやすく表現しているもの。
  • 親しみやすく覚えやすいもの。

応募内容

応募資格

 どなたでも応募可能。

応募方法

 はがき、FAX、またはメールに、 
 1.基金の愛称
 2.その意味・理由
 3.住所・名前・電話番号

 以上を記入し、応募。
 おひとり様何点でも応募可能。ただし、1回応募につき1点のみ。

注意事項

 ※応募作品は、自作・未発表のものに限る。
 ※採用された作品(愛称)に関する一切の権利は、豊中市に帰属する。

募集期間

平成20年(2008年)12月25日(木曜)~平成21年(2009年)2月27日(金曜) 必着

選考方法

 豊中市市民公益活動推進委員会(平成21年(2009年)3月開催)において、選考基準(※)に基づいて同委員会委員が採点し、もっとも評価点の高い作品を愛称として選定する。

 ※選考基準(15点満点)

  1. 的確さ(基金の趣旨を的確に表現しているか) 5点
  2. 分かりやすさ(基金の趣旨を分かりやすく表現しているか) 5点
  3. 親しみやすさ(覚えやすく、親しみを感じる表現であるか) 5点

応募結果

応募総数・総人数 226作品・174人

 住所地別 
 市内( 14作品・ 7人)
 市外(212作品・167人)
 応募手段別 
 はがき(135作品)
 ファックス( 26作品)
 メール( 57作品)
 持参( 8作品)

決定した愛称

「とよなか夢基金」
 赤羽和親さん(神奈川県川崎市)の作品

 作品に込められた意味  
 「夢」は市民公益活動への夢をイメージしています。
 豊中市の皆さんからの善意の寄付金を積み立てて、NPO、自治会、事業者等が行う公共・公益的な事業への助成金としての市民公益活動基金の愛称であり、豊中市の市民公益活動を活発にするための基金、市民公益活動への様々な実現する基金という意味を込めて、この名前を考えました。

決定した愛称の意味

 豊中の市民公益活動を活発にし、市民公益活動へのさまざまな夢を実現する基金

結果発表

選考後、速やかにホームページ等で発表。
応募者全員に直接通知。

賞品

  • 採用者(1人)には、最優秀賞として、5,000円分の図書カードを贈呈。(ただし、同一の愛称が複数寄せられた場合は抽選。)
  • 参加賞として、最優秀賞受賞者を除く応募者全員の中から抽選で10人の方に、豊中市街地図(とよなかまっぷ、販売価格200円)を贈呈。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

市民協働部 コミュニティ政策課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎5階
電話:06-6858-2041
ファクス:06-6846-6003

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ