豊中市

精神疾患等に関する知識の普及啓発

更新日:2018年10月18日
こころの健康を守るため、また、こころの病気の治療や社会復帰を促すため、正しい知識の普及や啓発、人材養成に取り組んでいます。

出前講座や講演会

市民一人ひとりが、生涯を通じて自分らしく、いきいきと暮らしていただくため、こころの健康にかかわる出前講座や講演会を実施しています。
また、ご自身のこころをしなやかにする為の参加型のプロジェクトもあります。

出前講座のテーマ

こころのスキルアップ・トレーニング
さまざまなストレスによって生じる悲観的な考え方は、ひきこもりやうつ病、自殺につながることもあります。ストレスに上手に対応できる「こころのスキル」を身につけ、前向きな生活を送りましょう。

心のSOSに気づくために〜「ゲートキーパー」になりませんか〜
「ゲートキーパー」とは、悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ見守る人のことです。あなたの周りの大切な人の悩みに気づいてあげてください。

上手なお酒の飲み方〜お酒を飲む人、飲まれる人〜
アルコールは飲み方を誤ると「百薬の長」が変じて「毒薬」となり、病気や自殺、事故など大きな不幸を招きます。アルコールについて正しい知識を持つことで、病気の予防、早期発見・早期治療につなげましょう。

こころの病について
うつ病や認知症などの精神疾患の患者数が増加していることから、「五大疾病」に位置付けられ、今後重点的に対策を進めていくことになりました。こころの病は誰でもかかりうる身近な病気です。正しい知識が早期発見と早期治療に役立ちます。

ひきこもりの理解と対応方法について
「ひきこもり」とは、さまざまな要因から社会参加を避け、6か月以上家庭にとどまり続けている状態です。全国に約70万人いると言われ、決して珍しいことではありません。ひきこもりからの回復を促すためには、家族や周囲の人がそのメカニズムや経過を理解し適切な対応をすることが効果的です。

薬物依存の理解と支援
薬物依存は、違法薬物だけではなく市販薬や処方薬の依存も増え、身近な問題となっています。薬物依存は、薬物の使用によって起きる脳のコントロール障害(病気)ですが、依存の背景にある生きづらさへの支援を行うことで回復が可能です。薬物依存の知識と基本的なかかわり方についてお話します。

メンタルヘルスはみんなのしごと〜豊中市メンタルヘルス計画〜
今、こころの不調やうつ病などが急増しています。こころの健康あってこそ、一人ひとりが持てる力を発揮し、毎日を自分らしく生き生きと暮らすことができます。自分自身のために、家族のために、周囲のために、今できることを皆で一緒に取り組みましょう。

※出前講座の申込みについては、次のリンク先ページでご確認ください。

体験を生かしたプロジェクト

「こころの病を体験した自分を生かしてみたい」という方のために、体験の役立て方を学び、活躍の場を仲間とともに探すプロジェクトを実施しています。

ご家族や身近にこころの病をもつ人がいる人向けの講座

治療や社会復帰を促すため、病気についての正しい理解や周囲の適切な関わり方、利用できるサービス等社会資源について学習や、家族等の気持ちを分かちあう場を提供しています。

主な教室

うつ病、統合失調症、ひきこもり、発達障害等の家族教室など
※各教室の日程や詳細は「広報とよなか」または下記にてご案内します。

【女性のためのメンタルヘルス講演会】意外と身近な「拒食症」・「過食症」


 近年、拒食症や過食症などの摂食障害は、若い女性だけでなく、小学生から中高年まで誰でもかかる身近な病気で、生涯のうちに女性の約10人に1人(男性の約100人に1人)がかかるといわれています。
 発症には、心理的要因や社会・環境要因などが複雑にかかわっており、回復のためには本人だけでなく、家族や周囲の人の正しい理解が大切です。

日時

平成30年(2018年)10月27日(土曜) 午後1時30分から午後3時30分
※受付は、午後1時から

講師

大阪大学附属病院オンコロジーセンター特任助教 精神科医 三好紀子さん

会場

とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ セミナー室1
(玉井町1丁目1番1号 エトレ豊中5階)

※お車の場合、地下駐車場または近隣の有料駐車場をご利用ください。
駐車券サービスはございません。

対象

豊中市民か在勤・在学の人

定員

50人 ※先着順

一時保育について

1歳から小学3年生までを対象に一時保育を受付けます(要申込)。

費用
子どもひとりにつき540円(税込)

保育の申込締切
平成30年(2018年)10月19日(金曜)

応募

9月3日(月曜)から、とよなか男女共同参画推進センターすてっぷで、電話・FAX・来館にて受付。
電話:06-6844-9773
FAX:06-6844-9706
※水曜は休館日

その他

当日は出張図書館がきます。
関連図書の貸出しができますので、図書カードをお持ちの方はご持参ください。
※カードをお持ちでない方は、当日作ることができます。

問合せ

豊中市保健所保健予防課精神保健係 電話:06-6152-7315
(月曜〜金曜 午前9時から午後5時15分 ※祝日を除く)

【女性のためのメンタルヘルス講演会】知っておきたい…わたしのからだ、わたしのこころ


 
女性のからだとこころはホルモンの変化に大きな影響を受けます。
また、女性特有の心身の不調に対する考え方や治療法も、時代とともに大きく変化しています。
自分のからだとこころは自分のもの。正しい知識をもち、適切な解決方法をみつけることで、生涯を通じて自分らしく生き生きとした暮らしを手に入れましょう。

※中高生や若い女性には是非知っておいてほしい内容です。親御さんや学校の先生も最新の知識をもっておいてください。

日時

平成30年(2018年)10月31日(水曜)午後6時30分から午後8時
(受付は午後6時から)

会場

千里公民館 第1講座室
(新千里東町1丁目2番2号 千里文化センター「コラボ」3階)

講師

田坂クリニック 産婦人科・内科 院長 田坂慶一さん

対象

豊中市民か在勤・在学の人

定員

100人 ※先着順

応募・問合せ

平成30年(2018年)9月3日(月曜)から電話で、保健予防課精神保健係まで。
電話:06-6152-7315
(月曜〜金曜 午前9時から午後5時15分 ※祝日を除く)

【思春期メンタルヘルス講演会】子のこころ・おとな知らず…

思春期のこころはむずかしい!


 
 子どもたちのこことろ身体が大きく成長する思春期。子ども自身がその変化についていけず、精神的に不安定になるため、非行や犯罪を起こすこともあれば精神的な病にかかることもあります。
 また「いつもイライラしているみたい…」「思春期ってこんなもの?」など、どのように対応すればよいかわからず、大人も不安になります。子ども自身も大きく揺れている時期に、周囲の大人が『思春期のこころ』を理解し、対応方法を知ることが大切です。
 『親の心 子知らず』だけで過ごすのではなく、子どもたちのこころについて学んでみませんか。

日時

平成30年(2018年)11月25日(日曜) 午後2時から午後4時
※受付は、午後1時30分から

会場

とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ内 すてっぷホール(玉井町1丁目1番1号 エトレ豊中5階)
※阪急豊中駅、改札口より徒歩約2分
※お車の場合、地下駐車場または近隣の有料駐車場をご利用ください。駐車券サービスはございません。

講師

大久保クリニック 院長 大久保圭策さん

対象

豊中市民か在勤・在学の人

定員

100人 ※先着順

応募・問合せ

電話で、保健予防課精神保健係まで。
電話:06-6152-7315
(月曜〜金曜 午前9時から午後5時15分 ※祝日を除く)

その他

当日は出張図書館がきます。
関連図書の貸出しができますので、図書カードをお持ちの方はご持参ください。
※カードをお持ちでない方は、当日作ることができます。

【男性のためのメンタルヘルス講演会】定年後では遅い?今からでも間に合う!男のメンタルヘルス対策


男はつらいよ・・・
「男はこうあるべき!」なんていう思い込みやプライドで、いつのまにか自分自身を追い込んではいませんか?
アルコールなどの依存症、うつ病や自殺は、決して他人ごとではありません。
これからの社会を、しなやかな心で、自分らしく生きていくためのヒントを、男性のこころのケアの第一人者がお話しします。

日時

平成31年(2019年)2月23日(土曜)午後2時から午後4時
(受付は午後1時30分から)

会場

とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ すてっぷホール
(玉井町1丁目1番1号 エトレ豊中5階)

※お車の場合、地下駐車場または近隣の有料駐車場をご利用ください。駐車券サービスはございません。

講師

大阪大学人間科学研究科未来共創センター招聘教授 循環器内科・心療内科医 石蔵文信さん

石蔵さんのホームページはこちら(外部リンク)
※上記リンクまたは、「男性更年期 夫源病 石蔵文信」で検索も可能です。

対象

豊中市民か在勤・在学のひと

定員

120人 ※先着順

応募・問合せ

平成31年(2019年)1月4日(金曜)から電話で、保健予防課精神保健係まで。
電話:06-6152-7315
(月曜〜金曜 午前9時から午後5時15分 ※祝日を除く)

その他

当日は出張図書館がきます。
関連図書の貸出しができますので、図書カードをお持ちの方はご持参ください。
※カードをお持ちでない方は、当日作ることができます。

ご自身やご家族・身近な人のこころの体温をチェックしてみませんか?


 体調が悪いと体の体温を測るように、こころがちょっと疲れていると感じたら、「こころの体温計」で体温を測りましょう。
 「こころの体温計」は、気軽にいつでも、どこでも、あなたやあなたの家族、大切な人の心の状態をチェックできるシステムです。
※「睡眠障害を確認するチェックリスト」もあります

「こころの体温計」を試してみませんか?

お問合せ

健康福祉部 保健所 保健予防課(精神保健係)
〒561-0881 豊中市中桜塚4丁目11番1号

[0]戻る
[9]トップページ
豊中市役所
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話(代表)06-6858-2525
法人番号6000020272035
Copyright Toyonaka City, All rights reserved.