このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

轟レインボークラブ 2019年度前期講座の様子

更新日:2019年8月1日

キッズエアロ教室

 キッズエアロ教室では「笑顔」「やってみよう!」「失敗OK!」をキーワードに元気に活動してきました。前期は7月の「ひと・まち・であい 夏まつり」の出演に向けて、みんなで気持ちを合わせて練習してきました。エアロだけでなく、パラバルーンやジャンケンリレーなどのあそびも取り入れながら、仲間たちと楽しみ知り合うことができました。また振付の一部や最後のポーズをみんなで考えたり教え合ったりしながら練習する中で、ひとつのチームとしての仲間関係が育っていきました。最終回には、保護者の方を招いて4階のホールで発表会をおこないました。スポットライトを浴びてみんなキラキラと笑顔が輝いた素敵な舞台となりました。

トライ!スポーツ教室

 トライ!スポーツ教室では、「やってみる」「あきらめない」「本気」「楽しむ」の4つのキーワードとともに、「友だちとチカラを合わせる」という気持ちも大切にしながら取り組みました。今回は「ドッジボール」を中心に活動しました。1,2年生に「ギュって受けるねんで」「こうすると投げやすいで!」とキャッチボールをしながらやさしく教えてくれる5年生の頼もしい姿が見られました。また、味方の動きを見て「ナイス!」と声をかけたり、相手の思わぬ動きに「すごいなぁ」と言えたりと、良いところを素直に認め合える素敵な場面も多く見られました。講座7回目には「ドッジボール大会」をし、保護者の方と白熱の試合を繰り広げ、汗を流して楽しみました。

楽書(書道)教室

 楽書教室では、筆の使い方に慣れ親しみ、基本を大切に楽しんで書くことを大切にしています。今期は前半に「令和」の字を丁寧に練習しました。講師が一人ひとりのいいところを見つけて、毎回たくさん褒めてくれるので、子どもたちは講師に見てもらうことを楽しみに、やる気を出して練習していました。後半の作品づくりでは、半紙以外の物に書いたり、絵の具を使って書いたりしました。仲間とお互いの作品を見て真似したり、教え合ったりして会話が弾んでいました。最終回では、みんなで考えた言葉を一人二文字ずつ担当して、みんなが見守る中、一人ずつ書いて作品作りをしました。どの子も自信がついて堂々とした字を書きあげ素敵な作品ができました。

子どもチャレンジ教室

 子どもチャレンジ教室では「やってみる」「あきらめない」「本気」「楽しむ」を合言葉に、仲間との協力や繋がりを大切にしています。毎年恒例の「やりたいことシート」作りで、みんなの叶えたい夢を小さな紙にたくさん書き出し、その中から隠れ鬼ごっこや、ボール遊び、けいどろなど、様々な遊びを楽しみました。前期後半は、豊中市野外活動協会の講師の方々を迎え、児童館に隣接する公園の森で、秘密基地づくりをしました。滑り台、トンネル、お家、それぞれ創作チームに分かれて、設計図を描いて話し合い、協力しながら段ボールや木を使って、森の中に素敵な秘密基地が完成しました。また、初めての木のはしご登りに挑戦して、大満足の子どもたちでした。

お問合せ

豊中市立豊中人権まちづくりセンター児童館
〒561-0884 豊中市岡町北3丁目13番7号
電話:06-6841-1315
ファクス:06-6841-1310

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ