このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

轟レインボークラブ 2018年度前期講座の様子

更新日:2018年8月27日

キッズエアロ教室

キッズエアロ教室では「笑顔」「失敗OK!」「やってみよう!」をキーワードに活動してきました。エアロだけでなく、パラバルーンやグループでのじゃんけんゲーム等のあそびを通して、講座の仲間たちと知り合うきっかけが持てました。その結果、子ども同士で動きを教え合ったり、みんなで振り付けを考えたり、ひとつのチームとしての仲間関係が育っていきました。最終回には、保護者の方を招いて4階のホールで発表会を行いました。スポットライトを浴びてみんなキラキラと笑顔が輝いた素敵な舞台となりました。また、7月には「ひと・まち・であい夏まつり」に出演し、たくさんのお客さんの前で日頃の成果を発表し、とても満足した様子の子どもたちでした。

トライ!スポーツ教室

トライ!スポーツ教室では、「やってみる」「あきらめない」「本気」「楽しむ」の4つのキーワードとともに、「友だちとチカラを合わせる」という気持ちも大切にしながら取り組みました。今回は「キックベース」を中心に活動しました。ルールが分からない1、2年生に「蹴ったら走るねんで」「一緒に走ったるわ!」と優しく教えてくれる4年生の頼もしい姿が見られ、練習を重ねるごとにどんどん上達し、キックベースを楽しめるようになりました。ルールが分かると、チームで蹴る順番を話し合って決めたり、同じチームの友だちを応援する姿も見られました。最終回では「親子キックベース大会」をし、保護者の方と白熱の試合を繰り広げ、汗を流して楽しみました。

楽書(書道)教室

楽書教室では、筆の使い方に慣れ親しみ、基本を大切に、楽しんで書くことを大切にしています。今期は前半に「永久」の字を丁寧に練習しました。講師にたくさん褒めてもらい、花まるをもらうと、やる気と自信がつき、回を重ねるごとに上達していく様子が見られました。後半は、筆以外の素材で書いてみようと段ボールの切れ端を利用し創作文字を表現したり、半紙以外の画用紙に筆を使って文字や絵を書くことで、一人ひとりの個性があふれたオリジナルの作品作りとなりました。最終回では、大筆を使い一文字ずつ丁寧に書き、みんなで一つの作品作りに取り組みました。とても伸び伸びとした子どもたちの姿が見えた教室になりました。

子どもチャレンジ教室

子どもチャレンジ教室では、「やってみる」「あきらめない」「本気」「楽しむ」を合言葉に、仲間との協力や繋がりを大切にしています。毎年恒例の「やりたいことシート」作りでは、みんなの叶えたい夢を小さな紙にたくさん書きだしました。今年度は、豊中市青少年野外活動協会の講師の方々を迎え、様々な楽しい遊びを教えてもらっています。寝袋や木の枝など児童館にはないものを使ったバラエティリレーでは、見たことのないものに目を輝かせ、大声で仲間を応援する姿がありました。前期後半は、おうちの方とサッカーゲームをしたり、万博記念公園へ遠足に行き、秘密基地作りをしたり、屋外ならではの遊びを楽しみました。

お問合せ

豊中市立豊中人権まちづくりセンター児童館
〒561-0884 豊中市岡町北3丁目13番7号
電話:06-6841-1315
ファクス:06-6841-1310

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ