このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

退院後のフォロー

ページ番号:529753575

更新日:2020年3月24日

退院後のお母さんの不安、疑問を少しでも解消して、楽しく育児が出来るようにお手伝いします。

2週間健診

産後2週間頃のお母さんと赤ちゃんの健診です。助産師が担当します。お母さんとゆっくりお話する時間を設けるため、家族の同伴をお願いします。

日時 火曜、水曜および金曜(午後)の1時間程度
受診方法
  1. お母さんの受診券を自動再来機に通す→尿検査(中央検査室6番)
    →産婦人科受付の順でお越し下さい。
  2. 産婦人科受付後は血圧・体重を測定し母子手帳に記入して下さい。
赤ちゃんの授乳は済ませてお越しください。
持参する物
  • お母さんの診察券、母子健康手帳
  • 産婦健康診査の受診券(助成がある自治体の方)
    ※受診券がない方は、産婦人科受付で問診票をお渡しします。
  • 産婦健康診査問診票(赤ちゃん)…入院中にお渡しします
  • 赤ちゃんに必要な物(おむつ、おむつ用ゴミ袋、ミルク、お湯等)

※受診券、赤ちゃんの問診票は前日に記入してご持参下さい。
※予約変更を希望される場合は速やかに産婦人科外来までご連絡下さい。

産婦健康診査

お母さんの1ヶ月健診です。産科医師、助産師が担当します。お母さんとお話する時間がありますので、家族の同伴または、お母さんだけで来院ください。

受診方法
  1. お母さんの受診券を自動再来機に通す→尿検査(中央検査室6番)
    →産婦人科受付の順でお越し下さい。
  2. 産婦人科受付後は血圧・体重を測定し母子手帳に記入して下さい。
  3. 助産師の問診後、医師の診察となります。
持参する物
  • お母さんの診察券、母子健康手帳
  • 産婦健康診査の受診券(助成がある自治体の方)
    ※受診券がない方は、産婦人科受付で問診票をお渡しします。

※受診券は前日に記入してご持参下さい。
※予約変更を希望される場合は速やかに産婦人科外来までご連絡下さい。

乳児健診

赤ちゃんの1ヶ月健診です。小児科医師が担当します。病棟助産師が相談室を設置しています。育児の不安や悩み事があれば、お気軽に声をかけてください。

受診方法 赤ちゃんの受診券を自動再来機に通したあと健診センター(管理棟3階)にお越しください
持参する物
  • 乳児健診申込書
  • 赤ちゃんの診察券、母子手帳
  • 乳児一般健康診査受診券(大阪府内の方のみ妊婦受診券に添付)
  • 健康保険証
  • 乳幼児医療証(大阪府内に在住の方)

授乳相談外来

退院してから、「オッパイがすごく張って痛い」・「オッパイが赤い」・「オッパイが足りているのか不安」といった授乳に関する不安や悩みを助産師がサポートします。
ご心配なことがあればお気軽にご相談ください。他院でご出産された方の受診も受け付けています。

※ゆっくりと関わらせていただくため、予約制となっています。産婦人科外来あるいは、産科病棟にお電話ください。

日時 月・火・水の午後(13時~・14時~・15時~)1時間程度
場所 産科婦人科外来
予約
  • 入院中 :産科病棟で直接お申し込み下さい。
  • 退院後 :産婦人科外来に電話でお申し込み下さい。
    TEL:06-6843-0101
料金 3,288円(令和元年12月現在)
持ち物 お母さんの診察券、母子手帳、タオル1枚、おむつ、おむつ用ゴミ袋、ミルク、お湯等

※当日は、授乳の時間を調整して赤ちゃんと一緒にお越し下さい。
※当日はお母さんの診察券を自動再来受付に通して、産婦人科外来にお越し下さい。
※キャンセルの場合は必ずご連絡下さい。

産後ケア事業

自治体からの委託を受け産後ケア事業を開始しました。
当院にて助産師による心身のケアや育児相談、母乳栄養のサポートを提供いたします。利用できる方は、令和2年3月現在、当院で出産される豊中市・箕面市居住の方です。各自治体に申込みが必要で、利用資格があります。自治体のホームページをご覧ください。

本文ここまで

以下フッターです。
ページの先頭に戻る

市立豊中病院

〒560-8565 大阪府豊中市柴原町4丁目14番1号
電話番号
06-6843-0101(代表)

受付時間

8時30分~11時

休診日

土曜・日曜・祝日および年末年始
(12月29日~1月3日)

SDGs
日本医療機能評価機構認定病院
卒後臨床研修評価機構認定病院
病院敷地内の全面禁煙にご協力をお願いします
Copyright © Toyonaka Municipal Hospital all rights reserved.