このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

地域周産期母子医療センター

ページ番号:608552970

更新日:2020年3月24日

平成19年11月に北摂地域の中核病院として、地域周産期母子医療センターを認定されました。各診療科と連携し、ハイリスク妊娠・多胎妊娠などを受け入れています。また、妊娠期からの入院や分娩・手術を取り扱い、無事に出産が終了出来るように妊婦さんや赤ちゃん達のケアを行っています。

産科病棟(3階南)は、産科のみの単科病棟です。同じフロアーにNICU(新生児集中治療室)があります。NICUでは、出生前訪問やカンガルーケアなどを行っています。

出生前訪問

切迫早産などで入院治療が必要になった妊婦さんとそのご主人を対象に、出産前にNICU病棟の見学や紹介をしています。見学した妊婦さんからは、NICU・GCU病棟の様子を知ったことで安心できた、赤ちゃんが生まれてきたときのイメージできてよかった、などの感想をいただいています。

カンガルーケアとは

保育器に入っている赤ちゃんでも、呼吸や体温など安定した時期より、心電図モニターを装着して、安全管理のもとでカンガルーケアを行っています。おむつ1枚で、お父さんやお母さんの肌に直接触れるように抱っこするので、体温も保たれます。肌と肌が触れ合うことで、親子の愛着形成、呼吸の安定、児の免疫力獲得や母乳分泌の促進につながるといわれています。

おしゃべり会

臨床心理士とNICU・GCU看護師、入院中の赤ちゃんのご両親とNICU・GCUを退院した親子を対象に、年4回交流会を開催しています。
入院中のご両親は、現在の思いを話したり、退院後の赤ちゃんの様子を聞き今後の参考にされています。また、退院後のご両親は、同じ時期に入院していた赤ちゃん達との同窓会や育児相談などの場になっています。

おしゃべり会

本文ここまで

以下フッターです。
ページの先頭に戻る

市立豊中病院

〒560-8565 大阪府豊中市柴原町4丁目14番1号
電話番号
06-6843-0101(代表)

受付時間

8時30分~11時

休診日

土曜・日曜・祝日および年末年始
(12月29日~1月3日)

SDGs
日本医療機能評価機構認定病院
卒後臨床研修評価機構認定病院
病院敷地内の全面禁煙にご協力をお願いします
Copyright © Toyonaka Municipal Hospital all rights reserved.