このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 人権・文化・スポーツ
  • まちづくり・環境
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

被保護者就労準備支援事業「とよっぴーボランティア等就労体験」業務の随意契約結果について

更新日:2016年9月15日

随意契約理由

契約担当課名

くらし支援課

契約名称

被保護者就労準備支援事業「とよっぴーボランティア等就労体験」

契約内容

被保護者就労準備支援事業「とよっぴーボランティア等就労体験」業務一式

契約締結日

平成28年4月1日

契約期間

平成28年4月1日から平成29年3月31日まで

契約の相手方

特定非営利活動法人 花と緑のネットワークとよなか

契約金額

1,083,700円

随意契約理由

本業務は、生活困窮者自立支援相談支援等事業に係る被保護者就労準備支援事業業であり、生活保護受給者等のうち、ただちに就労に結びつきにくい就職困難者層をボランティア実習生として受入れ、個別の課題発見・整理、就労意識・能力の向上を図り、その後の継続した就労支援へつなげることを目的として平成23年度から実施している。
実習生となりえる就職困難者層は、就業生活から長期間離れていて、自尊感情を維持するのが難しい、または体力面で不安を抱えている人が多いと想定される。本業務では、人とのコミュニケーションに苦悩を抱えた実習生でも農作業に関わり精神面での立ち直りや体力の向上、社会との接点づくりのきっかけをめざしていくものであるため、事業の円滑な実施には、ボランティアとして数名の実習生を受入れることができる体制と年間通しての継続した農業作業があるという条件が必要不可欠であるが、豊中市内においてはこれらの条件を満たす団体は、NPO法人花と緑のネットワークしか存在しないので、その性質上競争に適さないことから、当該NPO法人を委託事業者に選定するものである。
なお、NPO法人花と緑のネットワークは、NPO法人とよなか市民環境会議アジェンダ21とともに、本市の環境政策および環境に配慮した農業等にかかるさまざまな事業を牽引してきた実績があるとともに、本市において、平成25年度以降適切に上記目的に則して同事業を実施した実績をあげている。
さらに、契約金額においても、提出された見積書の積算から妥当な金額であると判断される。

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

市民協働部 くらし支援課
〒560-0022 豊中市北桜塚2丁目2番1号
電話:06-6858-5060
ファクス:06-6858-5095

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市民協働部

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

豊中市役所

 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号 
市へのお問合せは総合コールセンターへ 電話:06-6858-5050
市役所のご案内
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る