このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 人権・文化・スポーツ
  • まちづくり・環境
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

就労準備支援事業「パソコンコース」業務

更新日:2017年7月25日

随意契約理由

契約担当課名

くらし支援課

契約名称

就労準備支援事業「パソコンコース」業務

契約内容

就労準備支援事業「パソコンコース」業務一式

契約締結日

平成29年5月1日

契約期間

平成29年5月1日から平成30年3月31日まで

契約の相手方

一般財団法人とよなか男女共同参画推進財団

契約金額

1,967,012円

随意契約理由

本事業は、生活自立支援・対人能力、社会適応能力等に問題を抱え、雇用による就業が著しく困難な生活困窮者に対して、一般就労に従事する準備として基礎能力の形成を計画的かつ一貫して支援するもので、パソコンを活用した事務での就労に対する意欲喚起や、適応能力等の自覚を促すものである。
 本事業では、求職・転職活動中の方のうち、無職、ひとり親家庭や非正規雇用の方など直ちに就労することが困難な方を対象として、パソコン技能およびパソコン関連検定資格の取得などを、一般就労に向けた基礎能力を養いながら、自立相談支援機関と連携し、就労に向けた支援を行うことを目的とするものである。
 この事業においては、支援対象は、本市に居住する生活困窮者であるため、事業実施場所としては本市内が最も望ましく、また支援の実施に当たっては、自立相談支援事業を行う本市の支援方針等に沿った支援実施を行う能力及び経験が必要不可欠であり、一般財団法人とよなか男女共同参画推進財団が実施しているエクセル検定対策講座が上記の訓練の場として最適であり、他の同等の事業を実施している団体は存在しない。
また、同法人は、とよなか男女共同参画推進センターすてっぷの指定管理者として、女性の就労支援をはじめとした女性の支援を行っていることに加え、緊急雇用基金創出事業においては、ひとり親家庭の親や結婚、出産等で離職した女性のためにITC技術を得させるための人材育成事業など、今回の事業で求められる資源やノウハウ、経験を有している。
今回、見積金額も妥当であると判断できることから、その性質上競争に適さないので、当該法人を委託事業者に選定するものである。

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

市民協働部 くらし支援課
〒560-0022 豊中市北桜塚2丁目2番1号
電話:06-6858-5060
ファクス:06-6858-5095

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市民協働部

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

豊中市役所

 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号 
市へのお問合せは総合コールセンターへ 電話:06-6858-5050
市役所のご案内
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る