このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

配偶者からの暴力(DV)を理由に避難されている方の特別定額給付金の手続きについて

配偶者からの暴力(DV)を理由に避難されている方へ

配偶者からの暴力を理由に避難されている方で、事情により令和2年(2020年)4月27日(月曜)以前に本市(豊中市)へ住民票を移すことができない方は、必要な手続きをしていただくと、以下の措置を受けることができます。

(1)世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。

(2)手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。

給付対象となる配偶者からの暴力を理由に避難されている方の要件

次の(1)~(3)のいずれかに該当される方

(1)配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けている。

(2)婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書や市町村が発行するDV被害申出確認書を持っている。

(3)令和2年(2020年)4月28日(火曜)以降に本市(豊中市)へ住民票を移され、住民基本台帳の閲覧制限などの「支援措置」の対象と
   なっている。

申出方法

特別定額給付金の申請手続きを行う前に、まずは「特別定額給付金受給に係る配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書」(下記関連資料欄参照)に必要事項を記入し、以下のいずれかの書類を添えて郵送または持参にて提出してください。

(1)婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書や市町村が発行するDV被害申出確認書

(2)保護命令決定書の謄本または正本

【注意】 
同伴者がいる場合は、同伴者についても記載されていることなどが必要です。
※申し出には、本人及び同伴者を証する書類(運転免許証、パスポートなど)が必要になります。
※市町村が発行するDV被害申出確認書については下記関連資料欄を参照してください。

※まずは、人権政策課(電話:06-6858-2502)までご相談ください。



申出期間

令和2年(2020年)4月24日(金曜)~4月30日(木曜)

※5月1日更新
  申出書は、事前申出期間後も随時受付することになりました。申出書の提出について早急にご相談ください。
  配偶者等に申出者の給付金支給後も、申出者に給付金を支給できることとなりました。

※5月9日(土曜)、16日(土曜)、23日(土曜)、30日(土曜)は午前9時から午後5時15分まで手続きの相談を行います。

受付場所及び受付時間

【受付場所】〒561-8501 
      豊中市中桜塚3丁目1番1号
      人権政策課(第一庁舎5階) 電話:06-6858-2502
【受付時間】平日の午前9時~午後5時15分

関連資料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ