このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

ポリエチレン管の採用に伴う使用材料の変更について

更新日:2017年3月2日

  本市では、水道施設の耐震化の推進を図っており、今回、給水管につきましても耐震化を進めていくこととなりました。
  つきましては、配水管の取付口から水道メーターまでの使用材料を下記のとおり変更しますのでよろしくお願いします。
  また、見積もり等については十分注意して頂きますようお願いします。


 採用口径及び管種 】
●引込管(口径20ミリメートルから口径50ミリメートルまで)・ ・ ・水道用ポリエチレン1種2層管
 現在、HIVP管にて施工を行っている配水管の取付口から水道メーターまでの口径50ミリメートル以下の給水管については、水道用ポリエチレン1種2層管(金属継手)にて施工を行うものとします。
 口径75ミリメートル以上の引込管については、従来通りダクタイル鋳鉄管(GX継手)です。

縦断埋設管(口径50ミリメートル)・ ・ ・水道配水用ポリエチレン管
 現在、開発行為等でHIVP管にて施工を行っている口径50ミリメートルの縦断埋設管(単独の給水装置は除く)については、水道配水用ポリエチレン管(融着接合)にて施工を行うものとします。


【 採用日 】
平成29年(2017年)4月1日以降の給水装置工事申込み分より

継手材料等詳細につきましては、給排水サービス課までお問い合わせください。

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

上下水道局 経営部 お客さまセンター給排水サービス課
〒560-0022 大阪府豊中市北桜塚4丁目11番18号 豊中市上下水道局1階
電話:06-6858-2961
ファクス:06-6858-0447

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市上下水道局

 〒560-0022 大阪府豊中市北桜塚4-11-18 
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る