このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

令和元年(2019)7月号「広報とよなか」テキスト版

ページ番号:142796431

更新日:2019年6月27日

このページでは市民の皆さまにお届けしている「広報とよなか」のテキストを掲載しています。

表紙「豊島公園のワシントンヤシ」

くらし、もっと豊かに
広報とよなか

7 July Vol.831
令和元年(2019)

特集1 2~5ページ
地域共生社会の実現に向けて

特集2 42・43ページ
豊中市×米国サンマテオ市
少年野球交流40周年

リレーエッセー 44・45 ページ
絵本作家、イラストレーター 中川 洋典さん

目次
6 豊中のいま
7 7月のお知らせ
38 相談の窓口
40 クロスワードパズル
41 とよなかタイムスリップ
45 風物詩
46 まちかどスケッチ

豊島公園のワシントンヤシ(40ページ参照)

特集1「地域共生社会の実現に向けて」(2ページから5ページまで)

特集1
人と人とのつながりで今よりもっと幸せに暮らせるまち
地域共生社会の実現に向けて
 人生100年時代と言われる今日、個人の価値観やライフスタイルは今まで以上に多様化しています。このような状況の中、複合的な支援を必要とする人や、従来の公的制度だけでは支えることが困難な人も多くなってきています。こうしたさまざまな暮らしの課題に対して、身近な地域社会の重要性が見直されています。
 市は、これまで培われてきた「市民力」「地域力」とともに、誰もが役割と生きがいを持って暮らせる「地域共生社会」の実現に向けて、第4期地域福祉計画(平成31年(2019)3月策定)に基づき、取り組みを進めていきます。
(地域共生課)

大切な「居場所」、皆さんの「居場所」はどこですか?
人とのつながりの中で自分の存在を実感できる場「居場所」。
会社や学校など目的や立場が同じである人の集まりとは異なり、さまざまな世代・生活環境の人が暮らす地域は、役割や生きがいを持つことにつながる重要な場所です。
そこに暮らす人々が、地域を自分の「居場所」の一つとして感じられるようにしていくことが、地域共生社会を創っていく第一歩です。

認め合う人に頼り頼られる
ここが自分の「居場所」の一つに
 定年退職後は、趣味の日曜大工をして過ごしていました。また、花が好きだったので、自宅で育てたり名所に見に行ったり、それなりに充実した日々を送っていました。
 平成28年(2016)4月に友人から誘われて、野菜作りなどを行う豊中あぐり塾に参加するようになりました。自分では友人が多い方だと思っていましたが、参加すると、さまざまな個性を持った人と知り合うことができました。
 男性は、定年退職後は家に引きこもりがちだと言われています。あぐり塾の参加者にも、親族に背中を押されて参加し始めたという人がいますが、活動を通じて参加者同士のつながりができ、コミュニケーションを取っていくことで、あぐり塾にいるときだけではなく、生き生きと日常生活を送ることができています。
 昨年の災害の際には、あぐり塾を主催する社会福祉協議会からの依頼を受けて、被災した住宅の応急修繕なども行いました。あぐり塾にはいろいろな技能・特技を持った人がおり、一緒に活動することで新しい発見や学びもたくさんあります。人に期待されることや自分の力を発揮できること、それらを実感できることが、今の自分の生きがいになっています。
 今は支えられる側にいる人も、支える側になることができる可能性がある、さまざまな活動を通して改めて社会に貢献することができる、そんな自分の「居場所」があることの大切さを、日々実感しています。
豊中あぐり岡町菜園(岡町南)でこれまでを振り返る青木勝幸さん(74歳、岡町南)

地域共生社会の実現には、その人らしさを生かしながら、ときには支え、ときには支えられる関係を通じた「つながり」が必要不可欠です。
「みんなで創る あなたもわたしも 今よりもっと幸せに暮らせるまち」
を基本理念とした第4期地域福祉計画では、これまでの施策で形成されてきた基盤や課題を踏まえて4つの基本目標(4・5ページ)を定め、それぞれの取り組みを進めていきます。

(目標1)ひろげる
一人ひとりが地域や福祉をもっと身近に感じ、支え合いの輪を広げます
 支えられる側・支える側という一方通行の関係性にとらわれず、自分が暮らす地域や福祉について、一人ひとりが意識・関心を高め、「自分ごと」として捉えることができるよう、情報提供や場・機会づくり、福祉・人権に関する啓発の充実に取り組みます。そのために、社会福祉施設や空き店舗などの地域にある資源を生かして、人と人がつながる居場所や活動の場とするなど、多様な機会の提供やコーディネートなどの支援に取り組みます。
具体的な取り組み例
交流・支え合いの場づくり推進事業
 庄内西町にあるリノベーションされた空き店舗とUR北緑丘団地集会所の2カ所で、福祉・介護・医療に関わる取り組みと、コミュニティーやネットワーク形成に役立つ取り組みを、民間事業者と協働で行います。
写真キャプション:(Before)地域人材を育成する、とよなか地域創生塾が空き店舗をリノベーション
         (After)同事業は同塾の活動を引き継ぎ、地域の人々が集う場づくりに活用します

(目標2)つなげる
地域の中のネットワークを充実させ、分野を超えて連携します
 民生委員・児童委員、校区福祉委員会、ボランティア団体、事業者などが発見した地域の課題をCSW(コミュニティソーシャルワーカー)と専門機関などが連携し、解決を図るとともに、制度のはざまの課題に対する仕組みづくりを進めます。そのために、市全体や日常生活圏域、各小学校区のそれぞれで多様な活動を行う個人・団体同士のつながりを充実させていきます。
 また、分野を超えたつながりを促進するための場・機会づくりや相談・マッチング機能、連携・協働の支援に取り組みます。
具体的な取り組み例
地域共生推進員の配置
 さまざまな支援のネットワークが、対象者や制度によって分断されないよう、地域共生推進員を配置し、切れめのない支援体制の構築に取り組みます。また、複合的な生活課題の解決に必要な専門職や関係機関が連携して取り組む包括的な相談支援体制の構築など、地域包括ケアシステム・豊中モデルの推進により、地域共生社会の実現をめざします。
写真キャプション:地域共生推進員の活動の場を広げるため、関係機関で連携を図っていきます

(目標3)つながる
支援を必要とする人が孤立しないよう、一人ひとりに寄り添います
 課題や不安、生きづらさを抱える人や家族を孤立させないため、SOSを出しやすい環境づくりや地域の見守り活動を通じて、当事者が本当に必要としている支援に確実につなぐ体制を構築します。
 そして、実際に支援していく中では、個々の課題や不安に寄り添い、分野を超えたきめ細かな支援をめざします。専門職や地域が連携して、日常的な生活課題や生活困窮、住まいの確保、メンタルヘルスなどの支援体制を構築してセーフティーネットの一層の充実を図るほか、支援につながった後も、安心して自分らしく地域で暮らすことができる居場所や役割づくりを進めます。
 また、そのように地域で支え合う日頃のつながりを、災害が発生したときなどの緊急時に生かす仕組みを整えます。
具体的な取り組み例
成年後見サポートセンターを設置
 成年後見制度は、認知症や知的障害・精神障害などにより判断能力が低下している人も住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、家庭裁判所に選任された後見人などの意思決定支援のもと、必要なサービス契約や財産の管理を行う制度です。
 平成31年(2019)4月に同制度の拠点として、すこやかプラザ(岡上の町)に同センターを設置。同制度の周知・広報を進めること、市民後見人の養成など後見の担い手を支える仕組みをつくることなど、成年後見の利用を進めるための中核的な役割を担います。

(目標4)持続可能性
地域や人のつながりを、未来につなぎます
 古くは「お互いさま」と近所付き合いで協力し合ってきたことが市や事業者によるサービスに変わり、井戸端会議に代表される普段の何気ないコミュニケーションで得ていた情報もインターネットで簡単に知ることができるようになりました。
 一方、阪神・淡路大震災や東日本大震災などの大規模災害で生活基盤が機能しなくなったとき、地域での助け合いや人と人とのつながりが、復興に大きな役割を果たしました。今後、AIやIoTなど技術革新が進む中、地域コミュニティーはさらに変容していくことが予測され、そのような社会構造の変化に合った地域づくりを考えていく必要があります。
 地域では、身近で気軽に悩みの相談ができる場や祭り・イベントなど楽しく交流・親睦できる場の創出に取り組まれており、このような取り組みは、地域共生の第一歩として、とても大切だと感じます。
 市は、そういった取り組みが継続できるよう支援するとともに、新たな課題の解決やニーズの発掘に取り組んでいきたいと考えています。
 自分の住む地域に愛着を持つことができ、人と人とのつながりで今よりもっと幸せを感じてもらえるよう、地域との協働で取り組みを進めていきます。
地域共生課 主幹 島田直代
【問い合わせ】地域共生課 【電話】6858-2220

豊中のいま(6ページ)

豊中のいま
市政に関わる大きなニュースをお知らせします

スマートフォンアプリで禁煙を
禁煙支援事業を開始
 市は、喫煙者の禁煙による健康促進と、受動喫煙を生じさせない環境づくりをめざして制定された、改正健康増進法・大阪府受動喫煙防止条例の推進のため、禁煙支援事業を実施します。申し込み方法などの詳細は市ホームページをご覧ください。
【問い合わせ】健康政策課 【電話】6152・7309
禁煙プログラムの参加者を募集
【内容】スマートフォンアプリ、一般用医薬品、専門員による面談を組み合わせた禁煙プログラム 
【対象・定員】対禁煙を希望する①市在住の人②市在勤の人 
【費用・参加費】¥②3千円 
【申し込み】申し込み専用サイト(以下)からアプリをダウンロードし、個人登録 
【その他】パソコン・タブレットは不可 
【問い合わせ】〈アプリの使い方について〉キュア・アップ(火曜~土曜日12時~17時)  【電話】080・8046・7794、〈事業について〉同課
https://cureapp.co.jp/

精神疾患のある人や家族をサポート
多職種チームの訪問支援を始めます
 市は、精神疾患の疑いがある未治療の人や精神科での治療を中断した人とその家族を対象に、精神保健福祉士や看護師、作業療法士など複数の専門職による訪問支援を始めます。状態に応じて必要な治療や福祉サービスなどにつなぎ、誰もが住み慣れた地域で安心して生活ができるよう支援します。
【問い合わせ】保健予防課 【電話】6152・7315

市長が関連会社等報告書を作成
 長内繁樹市長は、「政治倫理の確立のための豊中市長の資産等の公開に関する条例」に基づいて、関連会社等報告書を作成しました。
 同報告書は、7月8日(月曜日)から市政情報コーナーでご覧になれます。
【問い合わせ】秘書課 【電話】6858・2010

防災情報 5段階の警戒レベルで避難情報をお伝えします
 水害・土砂災害の防災情報が、5段階の「警戒レベル」に整理されました。各警戒レベルに応じて、とるべき行動は右表をご覧ください。避難情報は、市ホームページ、緊急速報メールやテレビなどでお知らせします。
※ 広報とよなか5月号の特集1「災害への備え、命を守るために」をもう一度ご確認ください。

警戒レベル/とるべき行動/避難情報・防災気象情報
5 災害発生。命を守るための最善の行動を 
災害発生情報
4 全員避難。避難場所への移動が危険な場合は建物内や近くのより安全な場所へ移動
避難勧告 避難指示(緊急)
3 避難に時間のかかる高齢者などの要配慮者は避難を開始し、その他の人は準備
避難準備・高齢者等避難開始
2 避難に備え避難行動を確認
注意報
1 災害への心構えを高める
早期注意情報
※各種情報は警戒レベル1~5の順番で発表されるとは限りません。状況が急変することもあります。
※警戒レベル1~2は気象庁が発表し、警戒レベル3~5は市が発令します。
【問い合わせ】危機管理課 【電話】6858-2683

お知らせ「健康・福祉」(7ページから13ページまで)

7月のお知らせ

■子ども■このマークにご注目!!
未就学児に関わる制度や催しにマークをつけています
詳しい内容は市ホームページをご覧いただくか、各連絡先に問い合わせてください。
電話番号はお間違いのないよう、ご注意ください。

健康・福祉
健康に関する総合相談窓口
月曜~金曜日(祝・休日を除く)9時30分~12時
保健師、助産師、歯科衛生士、栄養士などが相談を受けます
〈成人〉健康政策課(保健所内・中桜塚) 【電話】6858‒2292
〈妊娠・出産・子育て〉中部母子保健係(岡上の町) 【電話】6858‒2293

〉〉〉妊婦・産婦
母子健康手帳・妊婦健康診査受診券の交付
【場所】中部(岡上の町)・庄内(島江町)・千里(新千里東町)の各保健センター
【内容】手帳・受診券の交付、母子保健サービスの説明、妊婦相談ほか
【その他】市外から転入し、豊中市の受診券と交換していない場合は中部母子保健係に問い合わせ
【問い合わせ】同係 【電話】6858‒2293
※交付時に個人番号(マイナンバー)の記入と本人確認書類の提示が必要です

ぷれまま&育児ママ相談室
【日時】【場所】8月6日(火曜日)中部保健センター(岡上の町)、8月15日(木曜日)庄内保健センター(島江町)、8月27日(火曜日)千里保健センター(新千里東町)。いずれも9時30分~15時
【内容】助産師による妊婦や授乳中の母と子の個別相談(乳腺炎は除く)
【対象・定員】各10人
【申し込み】電話で中部 【電話】6858‒2804・庄内 【電話】6332‒8555・千里 【電話】6873‒2721の各母子保健係。先着順

マタニティークラス
【日時】8月9日(金曜日)13時30分~15時30分
【場所】千里保健センター(新千里東町)
【内容】妊娠中の食事や歯について、歯磨き実習、妊娠中に知っておきたい授乳の話
【対象・定員】20人
【申し込み】電話で中部母子保健係【電話】6858‒2804。先着順

■子ども■乳幼児に関する教室・相談・健康診査
離乳食講習会
・ごっくんクラス
【日時】【場所】①8月6日(火曜日)千里保健センター(新千里東町)②8月26日(月曜日)中部保健センター(岡上の町)。いずれも13時45分~
【対象・定員】生後4カ月・5カ月ごろの子どもの保護者、①45人②60人
・かみかみクラス
【日時】【場所】①8月5日(月曜日)千里保健センター(新千里東町)②8月20日(火曜日)中部保健センター(岡上の町)。いずれも13時45分~
【対象・定員】生後8カ月・9カ月ごろの子どもの保護者、①45人②60人
幼児食講座
【日時】【場所】8月6日(火曜日)千里保健センター(新千里東町)、8月26日(月曜日)中部保健センター(岡上の町)。いずれも14時45分~
【対象・定員】1歳~おおむね3歳の子どもの保護者、各15人
【申し込み】7月1日(月曜日)9時30分から電話で中部母子保健係 【電話】6858‒2804。先着順

すくすくよい歯の教室
【日時】【場所】8月2日(金曜日)中部保健センター(岡上の町)、8月20日(火曜日)千里保健センター(新千里東町)。いずれも13時30分~
【内容】乳児の歯科健診と保護者の虫歯菌テスト、歯磨き準備と虫歯予防の話
【対象・定員】生後8カ月~10カ月ごろの子どもと保護者、各30組
【申し込み】7月1日(月曜日)9時30分から中部母子保健係 【電話】6858‒2804。先着順

産婦・新生児・低体重児訪問指導
【内容】乳房の手当てや母乳の与え方、赤ちゃんの発育などについて、保健師、助産師が家庭訪問し個別相談
【対象・定員】生後28日以内(過ぎても可)の新生児と産婦
【申し込み】母子健康手帳の「産婦・新生児訪問依頼票兼低体重児連絡票」を中部 【電話】6858‒2293・庄内 【電話】6332‒8555・千里 【電話】6873‒2721の各母子保健係へ郵送。電話可

乳幼児健康診査
【内容】4カ月児健診、1歳6カ月児健診、3歳6カ月児健診
【対象・定員】対象者には日程などを個別に送付
【その他】健診未受診の人には、保健師が家庭訪問を行う場合あり
【問い合わせ】中部母子保健係【電話】6858‒2804

■子ども■子どもの定期予防接種(一覧表は偶数月に掲載)
 詳しくは、予防接種手帳(出生届受付の約1カ月後に郵送)や母子健康手帳、市HPを確認してください。予防接種手帳や市ホームページに記載の医療機関で予約の上、接種してください。なお、ヒブと小児用肺炎球菌、B型肝炎ワクチンは、生後2カ月からが望ましい接種対象年齢です。定期予防接種の受け方(年齢・回数・間隔)が異なると、任意接種(有料)になるので注意してください。市外から転入し豊中市の予診票を持っていない人、特別な事情により市外で予防接種を希望する人(要事前申請)、予防接種についての相談は、保健予防課 【電話】6152‒7329に連絡してください。

〉〉〉成人健診 
平成31年4月~令和2年3月の間で1回、集団・個別のいずれかを選んで受診してください
申し込み方法
【集団健診】
【申し込み】健診受付専用ダイヤル 【ナビダイヤル】0570‒00‒2291(月曜~金曜日、9時~17時15分。毎月10日は土曜・日曜日、祝・休日も開設)
▶令和2年3月分まで随時受け付け可。各健診定員あり。先着順。定員を超えた場合は別日を案内
▶「広報とよなか」掲載以外にも日程あり。健診受付専用ダイヤルに問い合わせてください
▶受診決定者には受診日の1週間前までに詳細の案内を発送
▶健診結果は約1カ月後に郵送
【個別健診】
各取扱医療機関に直接申し込み。取扱医療機関は健康政策課 【電話】6858‒2291へ問い合わせ。結果のお知らせ方法は医療機関によって異なるため、受診の際に確認してください 

受診に当たっての必要書類ほか
▶資格確認のため下記の書類を持って、各会場
【特定健康診査・後期高齢者医療健康診査】
・受診券 ・受診票(はがき)
・健康保険証か後期高齢者医療保険証
【市民健康診査・がん検診ほか】
・受診票(はがき)
▶市民税非課税世帯や生活保護受給世帯、中国残留邦人等支援給付対象の人は無料になる制度あり(要申し込み)
【問い合わせ】健康政策課 【電話】6858‒2291
▶集団健診年間日程や個別健診取扱医療機関などは市ホームページでも閲覧可

健診の種類・対象・費用/集団健診の場所・日程、個別健診の有無/健診の内容ほか
市民健康診査
【対象・定員】事業所などで健診を受ける機会のない30歳~39歳の人(障害者手帳を持つ15歳以上の人)、40歳以上の生活保護受給者
特定健康診査
【対象・定員】市国民健康保険に加入する40歳~74歳の人
後期高齢者医療健康診査
【対象・定員】後期高齢者医療保険に加入している人 
▶8月は個別健診のみ 
問診、身体測定、血圧測定、血液検査、尿検査、医師の診断により貧血・心電図・眼底検査、便潜血反応検査2日法、血液検査(PSA検査)

乳がん検診
【対象・定員】30歳以上の、西暦で奇数年生まれの女性(平成30年度未受診の人は受診可)
【費用・参加費】500円 
▶8月は個別検診のみ 
問診、触診、マンモグラフィー。妊娠中(可能性のある人も含む)、授乳中、卒乳後6カ月以内、豊胸手術や脂肪注入をしている、またはペースメーカーを装着している、乳腺外科で治療中や経過観察中の人は受診不可

歯科健康診査
【対象・定員】30歳~74歳の人、75歳以上の生活保護受給者
【費用・参加費】200円(70歳以上の人は無料) 
▶個別健診のみ 
問診、歯周病・虫歯などの検査

〉〉〉検査・相談 ※祝・休日は休みます
HIV(エイズ)・梅毒即日セット検査と性感染症電話相談
【日時】【内容】〈HIV・梅毒即日セット検査〉8月6日(火曜日)・15日(木曜日)13時~14時。結果は15時~16時に本人へ手渡し 〈性感染症電話相談〉月曜~金曜日9時~17時15分。エイズや梅毒などの性感染症の予防・症状・感染・治療について、医師・保健師と相談
【場所】【問い合わせ】保健予防課(保健所内・中桜塚) 【電話】6152‒7316

結核の相談
【内容】医療費公費負担の申請、療養相談、日常生活について、医師や保健師などと相談
【場所】【問い合わせ】保健予防課(保健所内・中桜塚) 【電話】6152‒7316

〉〉〉急病電話相談
救急安心センターおおさか
【内容】救急医療相談を相談員や看護師が医師の支援体制のもと24時間、365日対応 
▶相談電話=携帯電話・PHS・プッシュ回線は 【電話】#7119、ダイヤル回線・IP電話は 【電話】06‒6582‒7119

■子ども■小児救急電話相談 
▶相談時間=20時~翌朝8時 
▶相談電話=携帯電話・PHS・プッシュ回線は【電話】#8000、ダイヤル回線・IP電話は 【電話】06‒6765‒3650
※誤飲に関する相談は、大阪中毒110番【電話】072‒727‒2499(24時間、365日対応)

〉〉〉休日・夜間急病診療 ◎受診の際は必ず健康保険証などを持参してください
内容/受付日時/場所・連絡先
休日急病診療(内科、小児科、歯科) 日曜日、祝・休日9時30分~16時30分(診療は10時から) 
医療保健センター(上野坂)【電話】6848‒1661
庄内保健センター(島江町)【電話】6332‒8558

■子ども■小児初期救急(小児科) 
月曜~金曜日(祝・休日を除く)18時30分~翌朝6時30分(診療は19時から) 土曜日(祝・休日を除く)14時30分~翌朝6時30分(同15時から) 日曜日、祝・休日8時30分~翌朝6時30分(同9時から) 
豊能広域こども急病センター(箕面市萱野) 【電話】072‒729‒1981
上記医療機関では、けが、骨折、やけど、異物の飲み込みは受診できません
※けが、骨折、やけど、異物の飲み込みは症状により、市立豊中病院(柴原町)〈内科・外科〉【電話】6843‒0101、上田病院(庄内幸町)〈内科・外科・整形外科〉【電話】6334‒0831、小西病院(曽根東町)〈外科〉【電話】6862‒1701、関西メディカル病院(新千里西町)〈内科・外科・整形外科〉【電話】6836‒1199、豊中若葉会病院(東豊中町)〈内科・整形外科〉 【電話】6856‒9550に相談してください
※救急診療日が決まっている科目もありますので、各病院に直接問い合わせてください
※適切な医療機関が分からない場合は、府救急医療情報センター 【電話】6693‒1199(24時間、365日対応)

■ニュース■避難行動要支援者名簿
地域支援者への提供にご協力を
 市は、災害時に自力で避難することが困難な避難行動要支援者の名簿を作成し、民生委員や校区福祉委員などの地域の支援者に提供しています。これは、災害時の安否確認や避難誘導に活用されます。災害時の迅速で安全な避難のため、名簿の提供にご協力をお願いします。
 名簿登録者には、災害時の安否確認、必要に応じた避難所への避難・誘導などの支援のほか、日常の見守りや避難訓練を行い災害に備えます。
 今年度新たに対象になる人には、7月下旬に避難行動要支援者名簿申請書兼同意書を送ります。必要事項を記入し、同封の返信用封筒で8月26日(月曜日)までに返送してください。
【問い合わせ】長寿安心課 【電話】6858・2237、障害福祉課 【電話】6858・3282

マンションサミット交流会
【日時】7月6日(土曜日)10時30分~12時
【場所】千里保健センター(新千里東町)
【内容】住民のつながりづくりに関する事例発表と交流会ほか
【対象・定員】80人
【申し込み】社会福祉協議会 【電話】6848・1279。先着順

地域の中で障害のある
子どもへの理解とサポート
【日時】7月10日(水曜日)13時30分~15時
【場所】中央公民館(曽根東町)
【内容】障害のある子どもを育てる地域の中での関係づくりや家庭への理解に関する講演
【出演・講師・指導】障害者の家族による「親なきあと」「親あるあいだ」の相談室主宰・藤井奈緒さん
【対象・定員】150人
【その他】手話通訳・要約筆記通訳あり
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】障害福祉課 【電話】6858・2266
【保育あり】7月2日(火曜日)までに申し込み

男性家族介護者交流の集い
【日時】7月12日(金曜日)10時~12時
【場所】すこやかプラザ(岡上の町)
【内容】男性介護者同士の交流、情報交換
【対象・定員】家族を介護中の男性、20人
【申し込み】社会福祉協議会 【電話】6848・1279。先着順

社会を明るくする運動
 全ての人が、犯罪・非行の防止と罪を犯した人の更生に理解を深め、力を合わせて犯罪・非行のない明るい地域社会を築くことをめざし、7月1日(月曜日)16時30分から市内各駅前で啓発活動などを行います。
【問い合わせ】地域共生課 【電話】6858・2219
市民のつどい
【日時】7月20日(土曜日)13時30分~16時
【場所】文化芸術センター(曽根東町)
【内容】作文コンテストの表彰、社会を明るくする運動大阪府PR大使・span!による立ち直り啓発ライブほか
刑務所作業製品 展示即売会
【日時】8月3日(土曜日)10時~16時、4日(日曜日)10時~15時
【場所】千里文化センター「コラボ」(新千里東町)
【内容】家具、工芸品、靴、生活物品など刑務所作業製品

原田介護予防センター
夏休みラジオ体操
【日時】7月20日(土曜日)~8月24日(土曜日)(日曜日、祝・休日を除く)9時~9時20分
【場所】【問い合わせ】同センター(原田元町) 【電話】6843・5225

ボランティアはじめま専科
【日時】7月21日(日曜日)10時~11時30分
【場所】蛍池公民館(蛍池中町)
【内容】いきいき歌体操グループ・さわやかの紹介、歌体操体験
【対象・定員】10人
【申し込み】電話でボランティアセンターぷらっと 【電話】6848・1000。ファクス可(催し名、住所、名前、電話番号を記入)
【FAX】6841・2388。先着順

とよなかがんサロン
【日時】7月22日(月曜日)13時30分~15時
【場所】市立豊中病院(柴原町)
【内容】在宅での緩和ケアについての講義、交流ほか
【対象・定員】がん患者や家族
【申し込み】同病院 【電話】6843・0101

障害者芸術作品展
ぼくたちわたしたちがつくっ展
【日時】7月①24日(水曜日)・25日(木曜日)・26日(金曜日)②29日(月曜日)・30日(火曜日)・31日(水曜日)。10時~15時30分(26日は12時まで、29日は13時から)
【場所】【問い合わせ】①北丘(新千里北町) 【電話】6835・2110②蛍池(蛍池中町) 【電話】6850・7001の各地域福祉活動支援センター

ひきこもりの家族交流会
【日時】7月26日(金曜日)14時~16時(初参加の人は13時からオリエンテーションあり)
【場所】障害福祉センターひまわり(稲津町)
【内容】同じ悩みを抱える家族同士で思いを語り、情報交換
【対象・定員】家族のひきこもりに悩んでいる人、15人
【申し込み】電話で保健予防課
【電話】6152・7315。先着順

健康講演会
肝がんにならないために
【日時】7月27日(土曜日)13時~14時
【場所】医療保健センター(上野坂)
【内容】肝がんの予防や最新治療の解説
【出演・講師・指導】市立豊中病院消化器内科部長・福井浩司
【対象・定員】50人
【申し込み】同センター 【電話】6848・1661。先着順

夏休み子ども
血液センター見学会
【日時】7月29日(月曜日)9時30分~13時。集合・解散は阪急岡町駅西側。往復貸し切りバス
【内容】近畿ブロック血液センター(茨木市)を見学し、献血について学ぶ
【対象・定員】小学3年~中学生と保護者、30人
【申し込み】7月1日(月曜日)~16日(火曜日)に市献血推進協議会事務局(社会福祉協議会内・岡上の町) 【電話】6841・7335。先着順

親子で学ぼう
夏休みお薬教室
【日時】7月30日(火曜日)12時~17時15分。集合・解散は保健所(中桜塚)。往復貸し切りバス
【内容】薬の正しい使い方に関する講習・実験と沢井製薬(兵庫県三田市)の工場見学
【対象・定員】小学3年~6年生、25人。保護者同伴
【申し込み】7月3日(水曜日)~10日(水曜日)に健康政策課 【電話】6152・7384。先着順

自由研究のテーマにいかがですか
キッズ感染予防セミナー
【日時】8月9日(金曜日)13時~16時
【場所】市立豊中病院(柴原町)
【内容】感染予防の学習、体験、見学
【出演・講師・指導】同病院感染対策チーム
【対象・定員】小学4年~6年生、15人(保護者同伴可)
【申し込み】往復はがきに、住所と名前(返信用も)、催し名、性別、学年、保護者の名前と同伴の有無、電話番号を書き、〒560–8565「市立豊中病院感染対策室」 【電話】6843・0101。7月28日(日曜日)消印有効。同病院ホームページからも申し込み可。抽選あり

ココカラ食堂で
一緒に食事をしませんか
【日時】①第2土曜・第4水曜日18時~20時30分②③第2土曜日17時~19時
【場所】①原田(原田元町)②庄内(三和町)③柴原(柴原町)の各介護予防センター
【内容】高齢者や子どもの孤食の防止、仲間づくり、多世代交流
【対象・定員】1人暮らしの高齢者や地域の子ども①50人②29人③15人
【費用・参加費】1食300円、小学生以下200円
【申し込み】①当日会場②③各開催日の前日までに電話で各センター(②庄内 【電話】6332・0051③柴原 【電話】6841・5949)。いずれも先着順
【問い合わせ】①原田介護予防センター 【電話】6843・5225

7月の献血
千成小学校(千成町)=7日(日曜日)
豊島北小学校(曽根南町)=13日(土曜日)
阪急曽根駅前=20日(土曜日)
※時間は10時~16時30分(千成小学校は16時まで)。12時~13時は休み。
※成分献血は実施していません
※輸血用血液の安全性向上のため、本人確認ができるものの提示をお願いする場合があります
【問い合わせ】市献血推進協議会(社会福祉協議会内・岡上の町) 【電話】6841-7335

ボランティア
体験プログラム
【日時】7月・8月・9月
【内容】市内の福祉施設や地域などでのボランティア活動。同一施設での活動は原則1日~3日程度
【申し込み】活動日程を問い合わせの上、ボランティアセンターぷらっと(岡上の町)で配布する申込用紙(府社会福祉協議会ホームページからも取り出し可)で、希望日の10日前までにぷらっと 【電話】6848・1000。先着順

薬と健康の週間
川柳・ポスター募集
【内容】医薬品を正しく使うことの大切さを表した①川柳②ポスター。1人1作品
【対象・定員】①府在住か在勤の人②府在住か在学の小・中学生
【その他】入賞作品は啓発のために活用。表彰あり
【申し込み】住所、名前(ふりがな)、年齢、電話番号を書き、①ファクスで府薬剤師会
【FAX】6947・5480。同会ホームページからも申し込み可②〒540–0019大阪市中央区和泉町1–3–8大阪府薬剤師会へ郵送。いずれも9月5日(木曜日)必着
【問い合わせ】同会 【電話】6947・5481

福祉の日ポスター募集
【内容】画材自由。大きさは四つ切り。テーマは「ふれあい福祉のまち・とよなか」。作品内に「毎月15日は豊中の福祉の日」の文字を入れる
【対象・定員】小・中学生
【その他】入選者に賞状と賞品、応募者全員に記念品あり
【申し込み】各学校や社会福祉協議会(すこやかプラザ内・岡上の町)で配布する申込用紙を添え、9月20日(金曜日)までに学校を通じて提出
【問い合わせ】同協議会 【電話】6848・1279

豊中地区更生保護女性会
会員を募集
【内容】女性の立場から地域の犯罪予防と、犯罪者や非行少年・少女の更生保護に協力し、犯罪のない明るい社会の実現をめざす
【対象・定員】同会の趣旨に賛同する女性
【申し込み】地域共生課 【電話】6858・2220

豊中地区BBS会
会員を募集
【内容】非行や罪を犯した少年・少女の相談、学習支援やレクリエーションの相手
【対象・定員】おおむね18歳~30歳の人(大学生・専門学校生可)
【申し込み】地域共生課 【電話】6858・2220

二種混合ワクチンを
接種しましょう
 二種混合(ジフテリア・破傷風)第2期定期接種は、11歳・12歳の人が対象です。
 小学6年生の人に、お知らせはがきを送付しますので、夏休みを利用するなどして、忘れずにワクチンを接種しましょう。
【問い合わせ】保健予防課 【電話】6152・7329

薬物乱用防止
ダメ。ゼッタイ。キャンペーン
 6月20日(木曜日)~7月19日(金曜日)は薬物乱用防止を目的とした「ダメ。ゼッタイ。普及月間」です。薬物乱用は、心身に重大な悪影響を及ぼし、時には死に至ることもあります。
市は薬物乱用防止をめざし、啓発ソングの動画を市ホームページで配信しています。
【問い合わせ】健康政策課 【電話】6152・7384

(高齢者)

高川介護予防センター
気軽に楽しい介護予防教室
【場所】【問い合わせ】同センター(豊南町東) 【電話】6335・1015
【対象・定員】65歳以上の人
はつらつ教室
【日時】月曜~金曜日11時30分~17時
【内容】脳を鍛える簡単なトレーニング
【費用・参加費】実費(コピー代)
のびのび教室
【日時】火曜・金曜日13時30分~14時30分
【内容】体を鍛える簡単なトレーニング
【費用・参加費】1回200円

ぬくもりサロンとよなか
【内容】市内の銭湯を会場に、健康の保持や増進を図る講座を開催(下記参照)
【対象・定員】満65歳以上、各30人
【その他】今年度初めて参加する人は、住所と年齢を証明できるものを持参し、申込書(緊急連絡先など)を記入。体操には動きやすい服装で来場。参加者は当日講座終了後に限り100円で会場の浴場に入浴可
【申し込み】各開催日の前日までにシルバー人材センター 【電話】6856・1777。定員に満たない場合は当日会場。いずれも先着順
【問い合わせ】長寿安心課 【電話】6858・2707
7月のぬくもりサロンとよなか(各回要申し込み)
講座名〈講師〉/日時・場所
ギター演奏を聴き歌おう〈ギターデュオ・エレベーターズ・沼田翔さんほか〉
8日(月曜日)13時~14時、七福温泉(大黒町) 【電話】6331-3192
チェリストと一緒に聴き歌い楽しもう〈Compact Alone・久山薫さん〉
10日(水曜日)13時30分~14時30分、幸福温泉(蛍池南町) 【電話】6855-4267
元気に過ごすための食事から健康づくり〈管理栄養士・上田嘉子さん〉
29日(月曜日)11時30分~12時30分、極楽温泉(服部寿町) 【電話】6866-1126
自力整体で筋肉を整え若返ろう〈自力整体ナビゲーター・秋山あゆみさん〉
31日(水曜日)13時30分~14時30分、幸福温泉(蛍池南町) 【電話】6855-4267

シルバー人材センター
地域入会説明会
【日時】7月①9日(火曜日)②10日(水曜日)。14時~
【場所】①千里(新千里東町)②中央(曽根東町)の各公民館
【内容】同センターで行っている家事援助、駐車場・施設などの管理、屋内外軽作業などの仕事の説明と入会手続き
【対象・定員】市在住の60歳以上で、働く意欲のある人
【費用・参加費】年会費2千500円、登録費500円
【持ち物】健康保険証などの本人確認書類
【問い合わせ】同センター 【電話】6856・1777、同センター庄内支所 【電話】6151・5100

地域教室
膝や腰に負担のかからない家事の仕方
【日時】7月10日(水曜日)14時30分~16時
【場所】淳風とよなか(二葉町)
【出演・講師・指導】えがおリハビリ訪問看護ステーション理学療法士・森貴大さん
【対象・定員】30人
【申し込み】庄内地域包括支援センターほっと 【電話】6335・0787。先着順
認知症予防体操
【日時】7月17日(水曜日)11時~12時
【場所】服部介護予防センター(服部本町)
【対象・定員】65歳以上、15人
【申し込み】服部地域包括支援センターほっと 【電話】6865・1278。先着順
健康寿命を延ばそう
【日時】7月①17日(水曜日)11時~12時30分②24日(水曜日)13時30分~15時③31日(水曜日)13時30分~15時
【場所】①豊南東センター(豊南町東)②③長興寺会館(長興寺南)
【内容】介護予防の話と体操。希望者は体力測定あり
【対象・定員】各15人
【申し込み】①緑地地域包括支援センター高川分室ほっと 【電話】7650・8513②③緑地地域包括支援センターほっと 【電話】6867・0577。いずれも先着順
歌って元気に
気持ちはいつも青春時代
【日時】7月17日(水曜日)14時~15時30分
【場所】シャレール東豊中集会所(東豊中町)
【内容】篤友会言語聴覚士による誤嚥性肺炎の予防や坂本病院音楽療法士による認知症の予防の話
【対象・定員】65歳以上、25人
【申し込み】少路地域包括支援センターほっと 【電話】6854・7878。先着順
体を支え続ける足を知ろう
足の痛みやしびれはどこからくるの
【日時】7月18日(木曜日)13時30分~14時30分
【場所】豊中倶楽部自治会館(玉井町)
【内容】正しい靴の選び方や簡単なトレーニング方法
【出演・講師・指導】フィジカルアルモニー芦屋・大脇毅さん
【対象・定員】25人
【申し込み】中央地域包括支援センターほっと 【電話】6841・9384。先着順
お口から始める介護予防の話
【日時】7月23日(火曜日)14時~15時30分
【場所】千里文化センター「コラボ」(新千里東町)
【出演・講師・指導】市歯科衛生士
【対象・定員】15人
【申し込み】千里地域包括支援センターほっと 【電話】6155・1030。先着順
エンディングノート 終活への備え
最期まで自分らしく暮らすために
【日時】7月25日(木曜日)14時~15時
【場所】すこやかプラザ(岡上の町)
【内容】自分の意思を残すノート作り
【対象・定員】30人
【申し込み】中央地域包括支援センターほっと 【電話】6841・9384。先着順

認知症サポーター養成講座
認知症を知り地域をつくる
【日時】7月①11日(木曜日)14時~15時30分②27日(土曜日)15時~16時30分
【場所】①岡町図書館(岡町北)②永寿園とよなか(新千里南町)
【内容】テキストやビデオで認知症について学ぶ。②は寸劇もあり
【対象・定員】各30人
【申し込み】①当日会場②永寿園とよなか 【電話】6840・2211。いずれも先着順
【問い合わせ】長寿安心課 【電話】6858・2866

シニア内職説明会
【日時】7月18日(木曜日)10時30分~12時
【場所】内職ひろば庄内(庄内西町)
【対象・定員】おおむね55歳以上、10人
【申し込み】シニアワークセンターとよなか 【電話】6836・9862。先着順

今日から始めよう
認知症予防
【日時】7月24日(水曜日)14時~16時
【場所】くらしかん(北桜塚)
【内容】和クリニック医師・徳山まどかさんによる講演と、予防に役立つ運動の体験
【対象・定員】65歳以上、40人
【申し込み】長寿安心課 【電話】6858・2865。先着順

高齢者ふれあい交流会
平和ってなあに 一緒に学ぼう
【日時】7月26日(金曜日)14時~15時30分
【場所】豊中人権まちづくりセンター老人憩の家(岡町北)
【内容】創作紙芝居で平和の大切さを子どもと共に学ぶ
【出演・講師・指導】紙芝居作家・菊地和美さんほか
【対象・定員】65歳以上、30人。世代間交流として40歳以上の人も可
【申し込み】7月3日(水曜日)9時から同センター 【電話】6841・1313。先着順

認知症高齢者 家族教室
【日時】8月5日(月曜日)13時30分~15時30分
【場所】くらしかん(北桜塚)
【内容】みのり薬局薬剤師による高齢者が服用する薬の話
【その他】本人を同伴の場合は、ボランティアが対応。要申し込み
【申し込み】長寿安心課 【電話】6858・2235、社会福祉協議会 【電話】6848・1279

100歳を迎える高齢者に
敬老の日のお祝いをします
 7月初旬に案内を送ります。国からの記念品などは9月から10月中に自宅へお届けします(施設に入所しているなど市外在住の場合は郵送)。
【対象・定員】大正8年4月1日〜大正9年3月31日に生まれた人
【問い合わせ】長寿安心課 【電話】6858・2865

老人医療の医療証を更新
 現在、老人医療(一部負担金相当額等一部助成)医療証を持っている人に、8月1日(木曜日)からの新しい医療証(水色)を、7月下旬に送ります。
 医療機関で受診するときには、窓口で新しい医療証を健康保険証に添えて提示してください。
【問い合わせ】保険給付課 【電話】6858・2295

(障害者)

発達障害で悩む人をサポート
専門相談窓口があります
 発達障害またはその疑いがあり、日常生活での不便やひきこもりなどの悩みを抱えるおおむね18歳以上の人や家族からの相談に専門職が対応します。必要に応じて、個別・集団・訪問などの支援を行います。
▼相談窓口ら・ぷらす(障害福祉センターひまわり内・稲津町) 【電話】6335・7677=月曜~金曜日(祝・休日、年末年始を除く)9時~17時15分

高次脳機能障害者
家族交流会
【日時】7月24日(水曜日)13時30分~15時30分
【場所】すこやかプラザ(岡上の町)
【内容】参加者同士の交流、情報交換ほか
【対象・定員】20人
【申し込み】社会福祉協議会 【電話】6848・1279。先着順

お知らせ「保険・年金・税」(13ページから15ページまで)

保険・年金・税

(税)

土地・家屋の用途変更の
際は申告を
 土地や家屋の用途を変更したときは、税額が変更される場合がありますので、速やかに申告してください。ただし、用途変更の登記をした場合は申告不要です。
【問い合わせ】固定資産税課〈土地〉 【電話】6858・2148〈家屋〉 【電話】6858・2142

私道および利用に制限の
ある土地の固定資産税
 土地の一部または全部が道路である場合は、道路の状況により税額が減額される場合がありますので、道路部分の面積が分かる図面を添えて申告してください。ただし、有償で貸している場合は減額されません。
 また、がけ地部分を含む土地や建築が困難な土地など、利用に制限のある土地は、申告により税額が減額される場合があります。
【問い合わせ】固定資産税課 【電話】6858・2148

今月の市税納期限
 固定資産税・都市計画税第2期分の納期限(口座振替の振替日)は、7月31日(水曜日)です。納付書に記載している金融機関、コンビニ、郵便局・ゆうちょ銀行、市役所、庄内(庄内幸町)・新千里(新千里東町)の各出張所で納めてください。
【問い合わせ】固定資産税課 【電話】6858・2152

(国民年金)

国民年金保険料の納付が
免除される場合があります
 経済的な理由で国民年金保険料の納付が困難なときは、保険料の全額または一部(4分の3、半額、4分の1)が免除される制度があります。また、50歳未満の人には納付が猶予される制度があります。
 これらの制度は、被保険者(申請者)、配偶者、世帯主(納付猶予の場合は除く)の所得審査が必要となり、所得が一定額以下の人が承認を受けられます。
 承認を受けるには毎年度の申請が必要です。ただし、保険料の納付が可能な過去2年1カ月分まで遡及(そきゅう)して申請できます。申請が遅れると障害年金などを受け取ることができない場合がありますので、早めに申請してください。
▼年金額の算定=免除などされた期間(一部免除の場合は納付すべき保険料を納めた期間)は、年金の受給資格期間に含まれます。老齢基礎年金の額は、保険料を全額納めた期間を1として、全額免除は2分の1になるほか、免除割合に応じて算定されます。納付猶予は、追納をしなければ年金額に反映されません。
 なお、大学・短大・高等専門学校などの学生には学生納付特例制度があります(対象外の学校あり。学生証などが必要)。
【申し込み】年金手帳かマイナンバーカード、認め印を持って保険資格課、庄内(庄内幸町)・新千里(新千里東町)の各出張所。失業による特例の免除または納付猶予の申請の場合は、雇用保険の離職票や受給資格者証など失業した日を証明できる公的機関の書類が必要
【問い合わせ】同課 【電話】6858・2264、豊中年金事務所 【電話】6848・6831

障害基礎年金に関する
手続きが変わります
 20歳になる前の障害による障害基礎年金受給者は、毎年7月末が提出期限となっていた所得状況届の提出が原則不要となり、障害状態確認届(診断書)の提出は、提出期限が誕生月の月末に変更されます。
 詳しくは、5月に日本年金機構から送られたお知らせをご確認ください。
【問い合わせ】豊中年金事務所 【電話】6848・6831

(保険)

■ニュース■後期高齢者医療制度保険料
軽減割合を見直します
 平成31年度から、保険料の均等割額の軽減割合を、世帯の所得状況に応じて段階的に見直します(左表参照)。今回の見直しの対象はこれまで9割軽減となっていた人で、年金生活者支援給付金の受給や介護保険料の軽減などの支援があります。ただし、住民税課税世帯の人は対象外です。また、年金生活者支援給付金の支給額は、年金保険料の納付実績などに応じて異なります。
【問い合わせ】保険資格課 【電話】6858・2301

後期高齢者医療制度保険料 均等割額軽減の基準
所得要件/均等割額の軽減割合(平成30年度・平成31年度)/平成31年度の軽減後の均等割額(年額)
総所得金額〈注1〉の合計が33万円以下の世帯 
8.5割・8.5割  7,723円
うち、被保険者全員の年金所得合計が80万円以下の世帯
9割・8割 10,298円
総所得金額の合計が33万円+(28万円〈注2〉×被保険者の数)以下の世帯
5割・5割 25,745円
総所得金額の合計が33万円+(51万円〈注3〉×被保険者の数)以下の世帯
2割・2割 41,192円
〈注1〉前年の総所得金額および山林所得金額ならびに他の所得と区分して計算される所得の金額の合計額から基礎控除額(33万円)を控除した額
〈注2〉平成30年度は27万5千円
〈注3〉平成30年度は50万円

高額療養費制度限度額適用認定証
手続きのご確認を
 70歳未満の人と70歳以上の一部(下表2※印の区分)の人は、限度額適用認定証があれば、医療機関に支払う金額(保険適用分)が下表1・表2の区分に応じた自己負担限度額までになります。
【問い合わせ】保険給付課 【電話】6858・2295
国民健康保険限度額適用認定証
 現在認定証を持っている人でも、自動的に更新はされません。70歳未満の人と70歳以上の下表2※印の区分の人で、8月からの認定証が必要な人は、手続きをしてください。なお、窓口での即日交付は7月8日(月曜日)以降です。
【申し込み】国民健康保険証と認め印を持って、同課か庄内(庄内幸町)・新千里(新千里東町)の各出張所。郵送可。申請書は市ホームページからも取り出し可
後期高齢者医療制度限度額適用認定証
 現在認定証を持っている人で、引き続き8月以降も該当する人には、7月下旬に新しい認定証を送ります。それ以外の下表2※印の区分の人で、8月からの認定証が必要な人は、手続きをしてください。
【申し込み】後期高齢者医療被保険者証と認め印を持って、同課か庄内(庄内幸町)・新千里(新千里東町)の各出張所。郵送可。申請書は府後期高齢者医療広域連合ホームページからも取り出し可

表1 高額療養費制度(70歳未満の人)
区分/所得要件/自己負担限度額(1カ月)
上位所得
ア所得合計額〈注1〉901万円超の世帯
252,600円+(総医療費-842,000円)×1%[140,100円]
イ所得合計額600万円超~901万円以下の世帯
167,400円+(総医療費-558,000円)×1%[93,000円]
一般
ウ所得合計額210万円超~600万円以下の世帯
80,100円+(総医療費-267,000円)×1%[44,400円]
エ所得合計額210万円以下の世帯
57,600円[44,400円]
低所得
オ市民税非課税世帯 
35,400円[24,600円]
[ ]は、年4回以上高額療養費を受けた場合の4回目以降の限度額
〈注1〉同一世帯の全ての国民健康保険被保険者の基礎控除後の所得の合計額

表2 高額療養費制度(70歳以上の人)
区分/所得要件/自己負担限度額(1カ月)[外来(個人)・外来+入院(世帯)〈 注1〉]
現役並み所得者(3割負担)
現役Ⅲ 課税所得690万円以上
252,600円+(総医療費-842,000円)×1%[140,100円]
現役Ⅱ ※ 課税所得380万円以上690万円未満
167,400円+(総医療費-558,000円)×1%[93,000円]
現役Ⅰ ※ 課税所得145万円以上380万円未満
80,100円+(総医療費-267,000円)×1%[44,400円]
一般(2割負担)
課税所得145万円未満
18,000円〈 注2〉・57,600円[44,400円]
低所得者(2割負担)
低Ⅱ ※ 市民税非課税世帯
8,000円・24,600円
低Ⅰ ※ 市民税非課税世帯で所得が一定基準未満
8,000円・15,000円
[ ]は、年4回以上高額医療費を受けた場合の4回目以降の限度額
〈注1〉同一保険に加入の70歳以上の人の自己負担額を合算
〈注2〉年間上限額144,000円

後期高齢者医療制度
保険料が決定
 平成31年度の保険料の決定通知書を7月中旬に送ります。なお、納付書での納付の場合、コンビニでも支払いができます。
 また、災害や大幅な収入減少などで支払いが困難なときは、保険料の減免ができる場合があります。
【問い合わせ】保険資格課 【電話】6858・2301

高齢受給者証などを送付
 市の国民健康保険に加入する70歳〜74歳の人に新しい高齢受給者証を、75歳以上の人(障害により認定された場合は65歳以上の人)に新しい後期高齢者医療被保険者証(だいだい色)を7月中旬に送ります。7月末までに届かない場合は、保険資格課に問い合わせてください。有効期限が切れた各証は、同課まで返却するか、破棄してください。
【問い合わせ】同課 【電話】6858・2301

お知らせ「教育・保育」(15ページ、16ページ)

教育・保育

原田・服部介護予防センター
放課後自習室を開放
【日時】①第2土曜・第4水曜日18時~21時②月曜日17時~20時
【場所】①原田(原田元町)②服部(服部本町)の各介護予防センター
【内容】各センターの1室を自習室として開放
【対象・定員】小学生~高校生、各20人
【申し込み】各開放日の①前日②2日前までに電話で各センター(①原田 【電話】6843・5225②服部 【電話】4866・1180)。先着順

夏休みの自由研究
自分でつくる遊び場マップ
【日時】7月25日(木曜日)9時~12時30分
【場所】原田小学校(原田元町)
【内容】まち歩きを通して子どもが安全に過ごせる居場所のマップを作成
【対象・定員】小学生、20人
【申し込み】電話でこども政策課 【電話】6858・2454。市ホームページからも申し込み可。先着順

夏休みの自由研究
【場所】保健所(中桜塚)
【対象・定員】小学5年・6年生、①30人②各30人
【申し込み】衛生管理課(保健所内・中桜塚)で配布する申込用紙(市ホームページからも取り出し可)で、7月①1日(月曜日)~10日(水曜日)②8日(月曜日)までに同課(① 【電話】6152・7321② 【電話】6152・7320)。ファクス可
【FAX】6152・7328。市ホームページからも申し込み可。抽選あり
①プロから学ぶ虫の教室
【日時】7月31日(水曜日)13時30分~16時
【内容】箕面公園昆虫館館長による身近な虫の話、大日本除虫菊研究員による害虫対策の実演ほか
②食品のふしぎを調べよう
【日時】8月1日(木曜日)・2日(金曜日)13時30分~15時30分
【内容】食品添加物の役割を実験しながら学ぶ

おいしく!楽しく!
夏休みは学校給食センターへ行こう!
 子どもたちの元気をつくる学校給食。どのような施設で、どのようにして作られているか知っていますか?
 走井学校給食センターで調理員と一緒に給食の献立を調理したり、普段は入れない調理場を探検したりして、安心・安全でおいしい給食を提供する工夫を楽しく学びましょう。
【場所】走井学校給食センター(走井)
【申し込み】往復はがきに、代表者の住所と名前(返信用も)、電話番号、催し名、①か②、希望日、参加者全員の名前、子どもの年齢・学校名・学年を書き、〒561-0891走井3-27-1走井学校給食センター。7月10日(水曜日)消印有効。市ホームページからも申し込み可。抽選あり。結果は7月18日(木曜日)までに通知
①親子クッキング
【日時】7月25日(木曜日)・26日(金曜日)・27日(土曜日)9時~12時30分 
【内容】米粉ビーフカレーライス、米粉マカロニサラダ、フルーツゼリーミックス 
【対象・定員】小学生と保護者、各10組(1組2人。未就学児同伴不可) 
【費用・参加費】500円
②探検ツアー
【日時】7月30日(火曜日)・31日(水曜日)9時15分~12時15分のうち1時間程度。
集合時間は当選者に通知。時間の選択不可 
【対象・定員】小学生と保護者、各日120人(未就学児同伴不可)
【問い合わせ】走井学校給食センター 【電話】6152-9501

子育て支援センターほっぺ
〒560‒0023岡上の町2‒1‒15
【電話】6852・5526
【FAX】6852・5422

■子ども■いきいき子育て講座
【日時】7月18日(木曜日)10時~11時30分
【場所】ほっぺ
【内容】梅花女子大学教授・伊丹昌一さんによる「子育て中に起こりやすいイライラ感情をコントロールする」
【対象・定員】未就学児の保護者、30人(子ども同伴可)
【申し込み】7月10日(水曜日)までに電話受付。抽選あり

■子ども■転勤者あーつまれ
楽しくあそんで友達つくろう
【日時】7月①19日(金曜日)②22日(月曜日)。10時30分~11時30分
【場所】①ほっぺ②てらうちこども園(寺内)
【内容】楽しい遊びとおしゃべり会
【対象・定員】1年以内に市外から転入してきた未就学児と保護者、各15組
【申し込み】7月10日(水曜日)までに電話受付。抽選あり

■子ども■手作りおやつ講座
【日時】7月30日(火曜日)10時~11時30分
【場所】ほっぺ
【内容】五平餅とバナナのお焼きほか
【対象・定員】2歳6カ月以上の未就園児と保護者、14組
【費用・参加費】300円
【申し込み】7月11日(木曜日)までに電話受付。抽選あり

(学校)

サマーブラスフェスティバル
音楽が溢(あふ)れる学校づくり
【日時】7月26日(金曜日)10時30分~16時15分
【場所】文化芸術センター(曽根東町)
【内容】大阪音楽大学と連携したサウンドスクール事業の成果発表の場としての、全市立中学校の生徒による吹奏楽演奏会
【問い合わせ】学校教育課 【電話】6858­・2846

夏季教職員研修会を公開
【日時】7月31日(水曜日)10時~11時30分
【場所】ローズ文化ホール(野田町)
【内容】「命の授業」講演家・腰塚勇人さんによる「命の授業 ドリー夢メーカーと今を生きる」
【対象・定員】50人
【申し込み】7月19日(金曜日)から電話で教育センター 【電話】6844・5290。同センターホームページからも申し込み可。先着順

夏休みの自由研究
まちについての新聞作り
【日時】7月31日(水曜日)13時~16時
【場所】千里図書館(新千里東町)
【内容】市役所の仕事紹介と町づくりについての新聞作り
【対象・定員】小学3年~6年生、12人
【申し込み】7月12日(金曜日)までに電話で経営計画課 【電話】6858・2773。市ホームページからも申し込み可。抽選あり

おとなも学(まな)べる第四中学校(だいよんちゅうがっこう)
夜間学級(やかんがっきゅう)の生徒募集(せいとぼしゅう)
 北摂(ほくせつ)で一(ひと)つだけの夜間学級(やかんがっきゅう)が、第四中学校(だいよんちゅうがっこう)にあります。大阪府内(おおさかふない)に住(す)み、義務教育(ぎむきょういく)の年齢(ねんれい)(満(まん)15歳(さい))を超(こ)えていて、小(しょう)・中学校(ちゅうがっこう)を卒業(そつぎょう)できなかった人(ひと)や実質的(じっしつてき)に十分(じゅうぶん)な教育(きょういく)を受(う)けられないまま中学校(ちゅうがっこう)を卒業(そつぎょう)した人(ひと)が入学(にゅうがく)できます(外国人(がいこくじん)も同(おな)じ)。授業料(じゅぎょうりょう)はいりません。大阪府外(おおさかふがい)に住(す)んでいる人(ひと)も相談(そうだん)してください。9月(がつ)入学(にゅうがく)の手続(てつづ)きは、8月(がつ)26日(にち)(月曜日げつようび)~9月6日(金曜日きんようび)(土曜どよう・日曜日にちようびを除のぞく)です。
 詳(くわ)しくは、第四中学校夜間学級(だいよんちゅうがっこうやかんがっきゅう) 【電話(でんわ)】6863・6744(問(と)い合(あ)わせは13時~21時。服部本町(はっとりほんまち)4–5–7、国道(こくどう)176号(ごう)沿(ぞ)い)。

(こども園・保育所・幼稚園)

■ニュース■保育所が新たに開設されます
 10月からシャイニーキッズ フォルテ(中桜塚)が開設される予定です。
【問い合わせ】子育て給付課 【電話】6858・2252

■子ども■1歳の育ちとかかわり方
【日時】7月①16日(火曜日)②29日(月曜日)。10時~11時
【場所】①豊南西(豊南町西)②東丘(新千里東町)の各こども園地域子育て支援センター
【対象・定員】1歳の子どもの保護者、各15人(子ども同伴可)
【申し込み】7月1日(月曜日)~①9日(火曜日)②11日(木曜日)に各センター(①豊南西 【電話】6331・1415②東丘 【電話】6872・6030)。抽選あり
【問い合わせ】こども事業課 【電話】6858・2257

■子ども■2歳の育ちとかかわり方
【日時】7月29日(月曜日)10時~11時
【場所】蛍池こども園地域子育て支援センター(蛍池西町)
【対象・定員】2歳の子どもの保護者、12人(子ども同伴可)
【申し込み】7月1日(月曜日)~10日(水曜日)に同センター 【電話】6843・6384。抽選あり
【問い合わせ】こども事業課 【電話】6858・2257

お知らせ「環境・ごみ」(17ページから19ページまで)

環境・ごみ

(ごみ・まちの美化)

クリーンランド
7月・8月の催し
【場所】クリーンランド(原田西町)
【問い合わせ】スリーR・センター 【電話】6841・8152
子ども服リユースコーナー
【日時】7月15日(祝日)10時~13時(時間ごとに入替制)
【内容】まだ使える子ども服(サイズは70㎝~100㎝のみ)を、1人10点まで無料で譲渡
【持ち物】マイバッグ
展望フロア 一般開放デー
【日時】7月15日(祝日)・21日(日曜日)10時~15時
【内容】積み木や絵本が楽しめるキッズコーナー。施設見学(10時15分~、10時30分~、13時30分~。各20人。当日会場、先着順)
家具リユースコーナー
【日時】7月21日(日曜日)10時~11時30分
【内容】クリーンランドにごみとして持ち込まれた、まだ使える家具を展示。希望者に無料で提供
【申し込み】11時30分まで同コーナーで配布する申込用紙で受け付け。11時45分に抽選。搬出は各自
キャップとコインでハンドスピナーを作ろう
【日時】7月21日(日曜日)13時~14時
【対象・定員】20人
【申し込み】7月5日(金曜日)10時~21日(日曜日)12時に同センター。定員に満たない場合は当日会場。いずれも先着順
クリーンランド施設見学とごみ収集車の乗車体験
【日時】7月23日(火曜日)・30日(火曜日)・8月6日(火曜日)10時10分~12時
【対象・定員】各50人。小学生以下は保護者同伴
【申し込み】7月5日(金曜日)10時から同センター。先着順

小型家電・水銀使用廃製品
などの回収拠点を増設
 7月から、すこやかプラザ(岡上の町)に回収ボックスを新たに設置します。回収できるものは、市内の家庭から排出されたものに限り、事業活動に伴って排出されたものは対象外です。
【問い合わせ】家庭ごみ事業課 【電話】6843・3512

イベントのごみも分別を
 市は、イベントで使用できる分別回収用ごみ箱の無料貸し出しを行っています。分別回収の工夫と参加者の協力で、ごみの減量・分別にご協力をお願いします。
【問い合わせ】事業ごみ指導課 【電話】6858・2278

(みどり・公園)

千の里 新田南夏祭りで
フードドライブ開催
【日時】7月14日(日曜日)15時~19時
【場所】新田南小学校(上新田)
【内容】食品ロスを削減するため、家庭などで余っている食品を持ち寄り、社会福祉協議会などを通じ必要としている人に提供 ▼受け取りできる食品=米、乾麺、缶詰、レトルト食品、調味料など ▼受け取りできない食品=消費・賞味期限が8月14日(水曜日)以前の食品、生鮮食品、開封されているもの、アルコールなど
【問い合わせ】減量計画課 【電話】6858・2279

チャレンジ 野菜くずの
堆肥化を始めませんか
【日時】7月20日(土曜日)10時~11時30分
【場所】くらしかん(北桜塚)
【内容】家庭の生ごみの堆肥化方法と助成制度の説明
【対象・定員】15人
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】花と緑のネットワークとよなか 【電話】080・5718・7651

■子ども■ファミリーファーム後期
冬野菜を育てよう
【日時】【連続講座】7月27日(土曜日)・8月24日(土曜日)・9月21日(土曜日)・11月23日(祝日)10時~11時30分
【場所】緑と食品のリサイクルプラザ(原田中)
【内容】ニンジン・ダイコンなどの種まきや収穫
【対象・定員】4歳~小学生と保護者、8組(1組5人まで)
【申し込み】はがきに、住所、電話番号、メールアドレス、参加者全員の名前・年齢を書き、〒561–0881中桜塚1–24–20eMIRAIE環境交流センター内花と緑のネットワークとよなか 【電話】080・5718・7651。7月13日(土曜日)消印有効。抽選あり

野菜塾 受講生募集
【日時】【連続講座】8月3日(土曜日)~令和2年1月28日(火曜日)の火曜・土曜日9時30分~12時
【場所】緑と食品のリサイクルプラザ(原田中)
【内容】無農薬・有機資材で野菜の栽培と収穫(初心者・家庭向き)
【対象・定員】3人
【申し込み】7月16日(火曜日)・20日(土曜日)10時30分から同プラザで詳細説明後に受け付け。選考あり
【問い合わせ】花と緑のネットワークとよなか 【電話】080・5718・7651

古木・大木の所有者に
管理費の一部を助成
 市は、町の景観に安らぎを与える古木や大木などについての保護樹等指定制度を設け、指定した樹木の所有者に管理費の一部を助成しています。指定条件は、高さ15m以上か幹の周囲1.5m以上などで、元気な美しい姿を保っていることです。
【問い合わせ】公園みどり推進課 【電話】6843・4141

花とみどりの相談所
〒561‒0804曽根南町1‒4‒1(豊島公園内)
【電話】6863・8439

テーブルアクアリウム
水草を楽しむ
【日時】7月13日(土曜日)10時~12時
【場所】同所
【内容】いろいろな水草やアカヒレなどを使い、ガラスの水槽を作る
【出演・講師・指導】園芸高校教諭・尾崎幸仁さん
【対象・定員】25人
【費用・参加費】千円
【申し込み】7月9日(火曜日)から来所・電話受付。先着順

風鈴を使った
つりしのぶ作り
【日時】7月27日(土曜日)10時~12時
【場所】同所
【出演・講師・指導】つりしのぶ園代表・市原誠さん
【対象・定員】20人
【費用・参加費】2千800円
【申し込み】7月23日(火曜日)から来所・電話受付。先着順

花いっぱい運動写真展の
写真を募集します
【内容】市内で育てたり、街中で見掛けたりした草花や花木を撮影した写真
【その他】写真は10月16日(水曜日)・17日(木曜日)・18日(金曜日)に市役所第二庁舎、10月23日(水曜日)~11月2日(土曜日)に同相談所、11月10日(日曜日)にすてっぷ(玉井町)で展示
【申し込み】同相談所や公園みどり推進課などで配布する申込用紙(市ホームページからも取り出し可)で、同相談所か同課へ持参か郵送。9月6日(金曜日)消印有効

(環境保全)

地球環境を守る市民行動計画
「豊中アジェンダ21」の活動
【問い合わせ】とよなか市民環境会議アジェンダ21(eMIRAIE環境交流センター内・中桜塚) 【電話】6844・8611
竹切り体験
【日時】7月8日(月曜日)9時30分~12時。雨天中止
【場所】千里中央公園(新千里東町)
【対象・定員】10人
【申し込み】7月6日(土曜日)まで来館・電話受付。先着順
ビジネスで貢献するSDGs
【日時】7月11日(木曜日)13時30分~16時
【場所】同センター
【内容】日本総研シニアマネージャー・村上芽さんによるSDGs(持続可能な開発目標)の事業者や団体の実践方法についての講演
【対象・定員】40人
【申し込み】7月9日(火曜日)まで来館・電話受付。先着順
とよっぴーの有料配布
【日時】7月13日(土曜日)10時~11時
【場所】緑と食品のリサイクルプラザ(原田中)
【費用・参加費】10㎏200円ほか(1人7袋まで)
とよっぴー地産地消採りたて野菜市
【日時】7月25日(木曜日)10時~売り切れ次第終了
【場所】さわ病院(城山町)
【その他】とよっぴー2.5㎏(100円)有料配布あり
森づくりの集い
【日時】7月28日(日曜日)8時~17時。集合・解散は豊中商工会議所前(岡町北)。往復貸し切りバス。小雨決行
【場所】滋賀県甲賀市
【内容】ヒノキの間伐体験ほか
【対象・定員】小学生以上の子どもと保護者、30人
【費用・参加費】2千円、子ども500円
【申し込み】7月4日(木曜日)10時から来館・電話受付。先着順
赤坂下池 ツバメのねぐら入り観察会
【日時】8月3日(土曜日)18時大阪モノレール柴原駅階段下集合~19時30分現地解散
【場所】同池(柴原町)
【対象・定員】30人
【申し込み】8月1日(木曜日)まで来館・電話受付。先着順

共同利用施設を
ご利用ください
 下記の同施設は、航空機騒音指定区域内の人が、集会・休養・学習などで利用することを目的に建設された施設です。原則として予約が必要ですが、当日でも部屋が空いていれば利用できます。施設ごとに利用できる区域が決まっているので、詳しくは各施設か空港課へ問い合わせてください。
【申し込み】各施設
【問い合わせ】同課 【電話】6858・2112

共同利用施設
施設名/所在地/電話番号
大島センター 大島町2-19-12 【電話】6334-6866
小曽根センター 小曽根1-18-30 【電話】6331-6823
勝部センター 勝部1-5-8 【電話】6843-6712
上津島センター 上津島2-14-36 【電話】6863-5885
島田センター 庄内栄町3-12-18 【電話】6331-6824
庄内幸センター 庄内幸町1-6-8 【電話】6334-0432
庄内市民センター 庄内幸町5-8-1 【電話】6333-5811
庄内宝センター 庄内宝町1-6-10 【電話】6332-0404
庄内東センター 庄内東町3-7-15 【電話】6332-5464
庄内南センター 大黒町3-13-18 【電話】6334-7400
庄本センター 庄本町3-1-17 【電話】6334-7411
千成センター 千成町2-4-28 【電話】6331-7776
曽根西センター 曽根西町4-5-1 【電話】6853-1255
曽根東センター 曽根東町5-13-12 【電話】6866-3831
高川センター 小曽根4-7-1 【電話】6336-1651
豊島北センター 曽根南町2-19-16 【電話】6863-0051
利倉センター 利倉1-5-6 【電話】6862-4320
利倉西センター 利倉西1-4-22 【電話】6863-1288
野田センター 野田町1-2 【電話】6332-7873
走井センター 走井1-21-9 【電話】6843-8101
服部寿センター 服部寿町2-19-9 【電話】6864-4330
服部南センター 服部南町4-1-15 【電話】6863-2300
浜センター 浜2-14-2 【電話】6334-1521
原田センター 原田元町3-14-33 【電話】6843-9141
日出センター 日出町1-2-18 【電話】6336-1501
豊南会館 豊南町西4-16-1 【電話】6332-1974
豊南西センター 豊南町西1-20-7 【電話】6334-7421
豊南東センター 豊南町東4-6-10 【電話】6334-1520
蛍池センター 蛍池中町1-1-1 【電話】6843-2299
穂積センター 服部西町4-1-15 【電話】6862-5100
穂積南センター 穂積1-9-1  【電話】6866-3777
三国センター 三国1-3-15 【電話】6332-2161
箕輪センター 箕輪1-20-1 【電話】6843-8102
山ノ上センター 宝山町7-5 【電話】6843-0099

ダイオキシン類の測定値
 昨年度の市内の測定結果は左表の通りで、全て国の環境基準を達成しています。
【問い合わせ】環境政策課 【電話】6858・2105

ダイオキシン類の測定値
大気(1立方メートル当たり)
市役所局0.006pg-TEQ
千成局0.009pg-TEQ
河川水質(1リットル当たり)
千里川流末0.14pg-TEQ
河川底質(1グラム当たり)
千里川流末0.62pg-TEQ
地下水質(1リットル当たり)
上新田0.062pg-TEQ
土壌(1グラム当たり)
玉井町0.059pg-TEQ
※TEQは毒性等価換算濃度。1pg(ピコグラム)は1兆分の1グラム

省エネ相談会
【日時】【場所】7月5日(金曜日)11時~16時コープ蛍池(蛍池中町)、7月10日(水曜日)10時~15時コープ桜塚(南桜塚)、7月17日(水曜日)10時~15時コープ東豊中(東豊中町)
【内容】家庭の省エネをチェック。参加者に所定の店舗で利用できるエコポイントチケット「とよか」200円分を進呈
【問い合わせ】eMIRAIE環境交流センター 【電話】6844・8611

クールチョイスを実践
省エネで夏を快適に
 夏はエアコンなどの使用でエネルギー消費量が増え、地球温暖化の原因となる温室効果ガス排出量が増加します。
 外出前にカーテンを閉める、時短レシピの導入、朝や夕方の打ち水、冷感グッズの活用など、快適に過ごす工夫で、省エネを意識して過ごしましょう。
【問い合わせ】環境政策課 【電話】6858・2106

eMIRAIE環境交流センター
〒561‒0881中桜塚1‒24‒20
【電話】6844・8611
【FAX】6844・8668

同センターの催し
地域のこだわり品と野菜市場
【日時】7月6日(土曜日)10時~11時30分
【場所】同センター
【その他】竹炭・竹製品の販売あり
■子ども■おはなし会「わにわに」
【日時】7月7日(日曜日)10時30分~11時30分
【場所】同センター
【内容】絵本の読み語りと手作りリサイクル工作
【対象・定員】未就学児と保護者
■子ども■親子ぐるぐるフェス
【日時】7月21日(日曜日)13時~15時30分
【場所】同センター
【内容】体験を通して環境について学ぶ。小学生によるフリーマーケット、制服や学用品のリユース、家庭で不用になった乳児~小学生向けの絵本の交換会(汚れや破損のあるもの・児童書・図鑑・月刊誌は除く。1人5冊まで)、おもちゃ病院(1世帯1点のみ、部品代実費)、リサイクル工作コーナー、お話し会(未就学児13時30分~、小学3年生以下14時30分~)
夏休み 自分で作る昼ごはん
【日時】7月26日(金曜日)10時~13時
【場所】蛍池人権まちづくりセンター(蛍池北町)
【内容】夏野菜を使ったメニュー、パフェほか
【出演・講師・指導】キッチンコミュニケーション協会理事・氏家直子さん
【対象・定員】小学生、15人
【費用・参加費】400円
【申し込み】7月2日(火曜日)10時~9日(火曜日)に来館・電話受付。抽選あり
■子ども■自然ふしぎ発見クラブ 公園でセミの羽化を見てみませんか
【日時】7月27日(土曜日)18時30分~20時30分
【場所】千里中央公園(新千里東町)
【対象・定員】5歳以上の子ども、30人。小学3年生以下は保護者同伴
【申し込み】7月25日(木曜日)まで来館・電話受付。先着順
■子ども■千里川の水生生物観察会
【日時】7月28日(日曜日)9時30分阪急豊中駅南改札口前集合~11時30分現地解散
【対象・定員】5歳以上、40人。小学3年生以下は保護者同伴
【申し込み】7月26日(金曜日)まで来館・電話受付。先着順
■子ども■自然工作 豊中の竹で作る水でっぽう
【日時】8月1日(木曜日)10時~11時30分
【場所】同センター
【対象・定員】5歳以上の子ども、25人。小学3年生以下は保護者同伴
【費用・参加費】200円
【申し込み】7月4日(木曜日)13時から電話受付。先着順
世界・自然・豊中を学ぼう ぴったんこ隊mini
【日時】【連続講座】8月10日(土曜日)・9月22日(日曜日)・10月6日(日曜日)14時~16時、8月22日(木曜日)9時~17時
【場所】同センターほか
【内容】大学生と一緒に秋の植物についての学習、エコに取り組む企業の施設見学
【出演・講師・指導】大阪大学環境サークルGECSほか
【対象・定員】小学1年~4年生、20人
【費用・参加費】千500円
【申し込み】7月9日(火曜日)10時~13日(土曜日)に電話受付。抽選あり
リサイクル工作展の作品募集・展示
【内容】ペットボトルや紙パックなどを利用した作品
【対象・定員】小学生
【その他】賞品・参加賞あり。作品は8月7日(水曜日)~20日(火曜日)に同センターで展示
【申し込み】7月23日(火曜日)~8月4日(日曜日)に同センターへ作品を持参
リユースバザー(8月3日(土曜日)開催)出店者募集
【対象・定員】市民・団体、13店(専門業者と3回連続出店者は除く)
【費用・参加費】500円
【申し込み】はがき(1世帯1枚)に、「8月3日バザー参加」、住所と名前(ふりがな)、電話番号、参加人数、同バザーのチラシの希望枚数を書き、同センター。7月12日(金曜日)必着。抽選あり。結果は当選者のみ通知

お知らせ「まち・安全」(20ページ)

まち・安全

(まちづくり)

地区計画の変更手続き
地区計画の都市計画案の縦覧
【日時】7月3日(水曜日)~16日(火曜日)
【場所】都市計画課(市ホームページでも閲覧可)
【内容】庄内・豊南町地区防災街区整備地区計画の変更
【その他】意見のある人や利害関係人は、市に対して同期間内に意見書の提出可
【問い合わせ】同課 【電話】6858・2090

千里中央地区活性化基本計画
説明会を行います
【日時】7月6日(土曜日)10時~11時、9日(火曜日)19時~20時
【場所】千里文化センター「コラボ」 (新千里東町)
【問い合わせ】千里ニュータウン再生推進課 【電話】6858・2674

住まいと暮らしの井戸端
カフェと住生活セミナー
【日時】7月①6日~27日の土曜日13時~16時②13日(土曜日)13時30分~15時
【場所】コミュニティスペース・ココカラ(蛍池東町)
【内容】①一級建築士や住生活コーディネーターとの語らいの場②住生活コーディネーターによる「住生活から考える子どもの健康と発達」
【対象・定員】②15人
【申し込み】②7月12日(金曜日)までに電話でユニバーサルデザイン推進協会 【電話】6840・0325。定員に満たない場合は当日会場。いずれも先着順

まちづくりセミナー
【日時】7月18日(木曜日)19時~21時
【場所】とよなか国際交流センター(玉井町)
【内容】場とコトLAB代表・中脇健児さんによる「関係人口を育む オモろい街のAtoZ」
【対象・定員】40人
【その他】手話通訳あり
【申し込み】7月17日(水曜日)までに都市計画課 【電話】6858・2197。ファクス可(催し名、住所、名前、電話番号、手話通訳の希望の有無を記入)
【FAX】6854・9534。市ホームページからも申し込み可。先着順
【保育あり】7月11日(木曜日)までに申し込み

住まいと暮らしの
お出かけ講座はじめました
 住生活コーディネーターが皆さんの地域へ出向き、選んでもらったテーマに応じて講演を行います。テーマ一覧や申し込みについては、住宅課で配布するリーフレットや市ホームページをご覧ください。
【申し込み】電話でユニバーサルデザイン推進協会 【電話】6840・0325。市ホームページからも申し込み可

(安全・防災)

応急手当講習会
【その他】申込者が10人未満の場合は開催中止。②修了証の郵送希望者は、82円切手を貼った返信用封筒を持参
【申し込み】7月①23日(火曜日)②26日(金曜日)までに救急救命課 【電話】6846・8438。先着順
①熱中症予防救急講習
【日時】7月24日(水曜日)10時~11時
【場所】新千里消防署(新千里西町)
【内容】熱中症の予防、応急手当て、救急車利用の注意点ほか
【対象・定員】30人
②普通救命講習Ⅰ
【日時】7月27日(土曜日)・28日(日曜日)9時30分~12時30分
【場所】南消防署(庄内幸町)
【内容】成人に対する心肺蘇生法(胸骨圧迫・人工呼吸)、止血法、異物除去、AEDの使用方法ほか
【対象・定員】各35人

青色回転灯パトロール車
活動団体を募集
【内容】地域の子どもを守る活動を推進するため、着脱式青色回転灯を付けた車両でパトロールを行う団体の募集
【対象・定員】各小学校区で車両による自主パトロール活動を行う団体
【その他】活動費の助成あり。回転灯などは貸与
【問い合わせ】危機管理課 【電話】6858・2683

セアカゴケグモにご注意を
 セアカゴケグモは体長が5mm~1㎝で色は黒く、背に赤い模様があります。おとなしいですが、毒を持っているので素手で触らないでください。排水溝のふたを外すなど生息しやすい場所で作業をするときは、軍手などを着用してください。
 発見したら、家庭用殺虫剤で駆除し、卵のうは完全に踏みつぶしてください。万一かまれたときは、医療機関を受診してください。
【問い合わせ】衛生管理課 【電話】6152・7321、維持修繕課 【電話】6843・3100

(上下水道)

上下水道親子見学会
つくって使って川へ戻すまで
【日時】7月①26日(金曜日)②30日(火曜日)。13時~17時。集合・解散は上下水道局(北桜塚)
【場所】①柴原浄水場(宮山町)②猪名川流域下水道原田処理場(原田西町)
【内容】①実験や施設見学をしながら浄水過程の学習ほか②施設見学と水をきれいにする微生物の観察ほか
【対象・定員】小学生と保護者、各20人
【申し込み】7月1日(月曜日)~12日(金曜日)に経営企画課 【電話】6858・2921。市ホームページからも申し込み可。抽選あり

水に関する作品募集
【内容】水彩画(四つ切り画用紙)、習字(半紙)
【対象・定員】市在住・在学の小学4年生
【その他】優秀作品に賞品、応募者全員に参加賞あり
【申し込み】8月26日(月曜日)~9月12日(木曜日)(必着)に、住所、名前、電話番号、学校名を記入した紙を添えて、〒560–0022北桜塚4–11–18上下水道局経営企画課 【電話】6858・2921へ持参か郵送

上下水道局へ転居の連絡を
 引っ越しをする際は、料金の精算が必要です。水道・下水道使用水量のお知らせ票か領収証書の使用者番号をお知らせください。
【問い合わせ】窓口課 【電話】6858・2931。夜間は 【電話】6858・2971

こよみ
1日(月曜日)~31日(水曜日)夏の交通事故防止運動

お知らせ「くらし・案内一般」(21ページから25ページまで)

くらし・案内一般

サマージャンボ
宝くじなどを発売
 同宝くじの当せん金は、1等と前後賞合わせて7億円。サマージャンボミニも同時発売。収益金は、市町村の明るく住みよいまちづくりに使われます。全国の宝くじ売り場で発売します。
▼発売期間=7月2日(火曜日)~8月2日(金曜日)
▼抽選日=8月14日(水曜日)
【問い合わせ】府市町村振興協会 【電話】6941・7441

大阪国際空港をもっと身近に
メールマガジンを配信
 同空港での催しや空港周辺・就航都市のお得な情報を伝えるメールマガジンをご利用ください。市ホームページのメール配信サービスから登録できます。
【問い合わせ】空港課 【電話】6858・2097

地籍調査にご協力を
 国土調査法に基づき、公有地と私有地の境界を調査測量する地籍調査を実施します。調査区域は庄内栄町5丁目です。調査には土地所有者の立ち会いが必要なため、ご協力をお願いします。調査に先立ち、対象者には調査内容を郵送で通知します。
【問い合わせ】資産管理課 【電話】6858・2373

審議会などへの女性の参画
 市は、審議会などの委員への女性の参画比率を令和3年度までに40%以上にすることを目標に、男女共同参画施策を進めています。なお、平成31年4月時点では30・3%です。
【問い合わせ】人権政策課 【電話】6858・2039

国の手続き、相談業務
職業紹介、職業相談、
雇用保険の手続き、求人受理など
【問い合わせ】ハローワーク池田 【電話】072・751・2595
労働基準法や労働安全衛生法などの相談
【問い合わせ】淀川労働基準監督署(大阪市淀川区) 【電話】7668・0268
労働保険に関する手続き、相談
【問い合わせ】同署 【電話】7668・0270
自衛官などの募集
▼種目=①一般曹候補生、自衛官候補生②航空学生③防衛大学校学生、防衛医科大学校学生(医学科、看護学科)
【対象・定員】①18歳~32歳②高校卒業以上~22歳③高校卒業以上~20歳。②③は令和2年3月卒業見込みを含む
【申し込み】①②7月1日(月曜日)~9月6日(金曜日)③9月5日(木曜日)~30日(月曜日)に自衛隊豊中募集案内所(玉井町) 【電話】6843・8400。募集要項は同案内所などで配布。自衛隊大阪地方協力本部ホームページからも取り出し可

ご寄付のお礼
 市の基金などへの温かい寄付が次のとおり寄せられました(敬称略)。ありがとうご
ざいました。
 寄付の方法などは財政課 【電話】6858-2799へ問い合わせてください。
社会福祉事業基金に
障害福祉=刀禰加津昌(北桜塚)1千円
市民公益活動の推進(とよなか夢基金)に
前田秋雄(門真市)1千円、前田君代(門真市)1千円、清水高子(東泉丘)1千円、山田英和
(大阪市北区)1千円、山田さえ子(日出町)1千円、ぐるぐるアート豊中世話人会(蛍池東町)1千円、ゆうゆう(有友・友遊)6千円、匿名(2件)4万円
公共施設等整備基金に
株式会社エイチエスケイ(東豊中町)10万円
緑化事業基金に
株式会社エイチエスケイ(東豊中町)10万円、日本らんちう協会西部本部(長興寺南)3万円、市の催しなどで集まった募金4万4千270円
スポーツ振興基金に
株式会社ダイエー(東京都江東区)5万4千210円、イオンリテール株式会社(千葉市美浜区)7万3千277円
消防・救急救命基金に
曽根南ハイツ(曽根南町)1万円、株式会社
エイチエスケイ(東豊中町)10万円、匿名(2件)4万円

阪急豊中駅北改札口出てすぐ
市民活動情報サロンの催し
【場所】【問い合わせ】市民活動情報サロン(本町) 【電話】6152・2212、
【FAX】6152・2213
おひとりさまの相続の備えセミナー
【日時】7月5日(金曜日)14時~16時
【対象・定員】15人
【その他】実施団体=障がい者・高齢者市民後見STEP
【申し込み】開催日前日までに同サロン。先着順
暮らしの中の夏の養生
【日時】7月6日(土曜日)16時~17時30分
【対象・定員】10人
【その他】実施団体=杏漢方セミナー
【申し込み】当日会場。先着順
野菜のルーツと食中毒
【日時】7月13日(土曜日)11時~12時10分
【対象・定員】12人
【費用・参加費】300円
【その他】実施団体=ムコリタ・コラボ・アカデミー
【申し込み】当日会場。先着順
感謝の気持ちを伝える
ぐるぐるアート教室
【日時】7月13日(土曜日)13時30分~15時30分
【対象・定員】5人
【費用・参加費】100円
【その他】実施団体=ぐるぐるアート豊中世話人会
【申し込み】開催日前日までに同サロン。先着順
10代の子どものタテマエとホンネ
【日時】7月17日(水曜日)19時~20時30分
【対象・定員】10人
【その他】実施団体=とよなかESDネットワーク
【申し込み】当日会場。先着順
くらしの井戸端会議
【日時】7月20日(土曜日)13時~16時
【対象・定員】高齢者と家族、10人
【費用・参加費】250円
【その他】実施団体=ワンネス
【申し込み】開催日前日までに同サロン。先着順
育児が強みになる働き方を考える会
【日時】7月24日(水曜日)10時30分~12時
【対象・定員】子育て中の母親か妊娠中の人、6人
【その他】実施団体=ママの働き方応援隊大阪池田校
【申し込み】開催日前日までに同サロン。先着順
■子ども■離乳食交流会
【日時】7月26日(金曜日)10時30分~11時30分
【対象・定員】0歳の子どもと保護者、7組
【費用・参加費】千円
【その他】実施団体=エイドミューズ
【申し込み】開催日前日までに同サロン。先着順
相続発生時に戸惑わない相続の手順
【日時】7月26日(金曜日)14時~16時30分
【対象・定員】15人
【その他】実施団体=空き家サポートセンター
【申し込み】当日会場。先着順
サロンでちゃぶだい集会
G20大阪市民サミット報告会
【日時】7月26日(金曜日)19時~20時30分
【対象・定員】15人
【申し込み】当日会場。先着順
親子望遠鏡工作教室
【日時】7月27日(土曜日)・8月2日(金曜日)14時~16時
【対象・定員】小学3年~6年生と保護者、各7組
【費用・参加費】3千円
【その他】実施団体=豊中天文協会
【申し込み】7月2日(火曜日)から同サロン。先着順

(労働)

働きたい若者を応援する
7月の就活プログラム
【日時】【内容】下記参照
【場所】とよの地域若者サポートステーション(服部西町)
【対象・定員】15歳~39歳、各10人
【その他】利用登録が必要
【申し込み】電話で同ステーション 【電話】6151・3017。先着順

働きたい若者を応援する7月の就活プログラム
講座名/日時
心と体を整えるマインドフルネス実践入門
2日~30日の火曜日10時15分~11時45分
言葉を使わず簡単な絵でコミュニケーション
2日~23日の火曜日13時30分~15時30分
職業興味・適性検査
5日(金曜日)・12日(金曜日)・19日(金曜日)・27日(土曜日)14時~16時
職場のコミュニケーション講座
11日(木曜日「)・25日(木曜日)13時30分~15時
就活実践セミナー①就職活動準備②応募書類③面接
①13日(土曜日)②20日(土曜日)③27日(土曜日)。13時~15時
職業理解セミナー
18日(木曜日)13時30分~15時
自己対処能力を高めるソーシャルスキルトレーニング
30日(火曜日)13時30分~15時30分

アラサー・アラフォー
女性の転職カフェ
【日時】7月11日(木曜日)・18日(木曜日)・25日(木曜日)19時~21時
【場所】すてっぷ(玉井町)
【内容】転職経験者や求職活動者とつながりをつくり、これからの働き方について考える
【対象・定員】求職中や転職を考えている女性、各25人
【費用・参加費】各500円
【申し込み】各開催日の前日までに、催し名、希望日、名前、電話番号、保育の有無を書き、ファクスで転職カフェ事務局
【FAX】6151・2728。先着順
【問い合わせ】くらし支援課 【電話】6858・6863
【保育あり】各開催日の7日前までに申し込み

豊中しごとセンターシニアの日
シニアの就職支援講座
【日時】7月18日(木曜日)14時~15時30分
【場所】同センター(庄内東町)
【内容】求職活動や応募書類の作成の方法を学ぶ
【対象・定員】15人
【申し込み】7月17日(水曜日)までに同センター 【電話】6398・7463。市ホームページからも申し込み可。先着順

シニアのための
おしごとカフェ
【日時】7月19日(金曜日)14時~15時30分
【場所】すてっぷ(玉井町)
【内容】飲食店のキッチン・ホールスタッフ、清掃・食器洗浄、福祉・介護・家事代行、マンションの管理・清掃などの仕事について事業所採用担当者による説明と質疑応答
【対象・定員】おおむね55歳以上の求職者、30人(未経験者可)
【申し込み】電話でとよなか生涯現役サポートセンター 【電話】6152・7662。先着順

市内の保育所などで働きませんか
就職相談会
【日時】7月23日(火曜日)~26日(金曜日)・30日(火曜日)10時~17時
【場所】市役所第二庁舎
【内容】保育士・保育所支援センター相談員による保育所などへの就職に関する相談や求人情報の紹介(1人60分程度)
【対象・定員】市内保育所などで勤務を希望する人、各6人
【申し込み】こども事業課 【電話】6858・2808。先着順

挑戦 シニアのための
飲食店の仕事説明会
【日時】7月31日(水曜日)14時~15時
【場所】千里公民館(新千里東町)
【内容】太鼓亭による仕事の説明、個別面談ほか
【対象・定員】おおむね55歳以上の求職者、30人(未経験者可)
【申し込み】電話でとよなか生涯現役サポートセンター 【電話】6152・7662。先着順

第2土曜日もしごとセンターで仕事探しができます
 月曜~金曜日(祝・休日を除く)9時~19時だけでなく、第2土曜日10時~13時も求人の検索や紹介状の発行などが可能です。
【場所】【問い合わせ】豊中しごとセンター(庄内東町) 【電話】6398・7463

(消費生活)

生活情報センターくらしかん
〒560‒0022北桜塚2‒2‒1
【電話】6858・5060
【FAX】6858・5095

リユースバザー
【日時】7月13日(土曜日)10時~11時30分
【場所】くらしかん
【内容】日用雑貨などの有料配布
【費用・参加費】実費

生活情報ひろばの催し
【場所】【問い合わせ】くらしかん
パネル展 豊中の自然展
ツバメ営巣調査 豊中2018
【日時】7月2日(火曜日)~30日(火曜日)(28日(日曜日)を除く)
地産地消イベント
【日時】7月10日(水曜日)10時~11時30分(売り切れ次第終了)
【内容】豊中とその近郊で作られたコメや卵・野菜・竹炭などの有料配布
【費用・参加費】実費
【持ち物】マイバッグ
補聴器について知ろう
【日時】7月10日(水曜日)13時~14時30分
【出演・講師・指導】認定補聴器技能者・園原裕将さん
【対象・定員】20人
【申し込み】7月3日(水曜日)13時~14時に電話で同ひろば 【電話】6858・6855。先着順
毛糸のモチーフを使って小物入れ作り
【日時】7月11日(木曜日)13時30分~15時
【出演・講師・指導】手芸アドバイザー・藤岡和江さん
【対象・定員】かぎ針編み経験者、10人
【費用・参加費】200円
【申し込み】7月4日(木曜日)10時~11時に電話で同ひろば 【電話】6858・6855。先着順
高齢者の住み替え相談会(1組30分)
【日時】7月14日(日曜日)13時30分~15時30分
【出演・講師・指導】ワンネス
【対象・定員】4組
【申し込み】7月1日(月曜日)~13日(土曜日)10時~17時に電話でワンネス 【電話】090・1900・7165。先着順
最近の民法改正と消費者
【日時】7月16日(火曜日)13時30分~15時
【出演・講師・指導】明治学院大学教授・圓山茂夫さん
【対象・定員】30人
【申し込み】当日13時から来館受付。先着順
やりくりの基本と支出削減の進め方
【日時】7月18日(木曜日)13時30分~15時
【出演・講師・指導】日本マネーバランスFP協会・団野修さん
【対象・定員】30人
【申し込み】当日13時から来館受付。先着順
キャッシュレス・スマホ決済の基礎知識
【日時】7月23日(火曜日)13時30分~15時
【出演・講師・指導】しにあスマホらぼ
【対象・定員】30人
【持ち物】スマートフォン
【申し込み】当日13時から来館受付。先着順
■子ども■竹で笛を作って遊ぼう
【日時】7月24日(水曜日)10時~12時
【出演・講師・指導】とよなか市民環境会議アジェンダ21
【対象・定員】5歳以上、20人。小学3年生以下は保護者同伴
【費用・参加費】100円
【申し込み】7月3日(水曜日)10時から電話でeMIRAIE環境交流センター 【電話】6844・8611。先着順
シニア向けスマートフォンを
使ってみよう
【日時】7月25日(木曜日)10時30分~12時30分
【出演・講師・指導】NTTドコモ
【対象・定員】スマートフォンを持っていない人、24人
【その他】当日会場で貸し出す端末を使用
【申し込み】7月9日(火曜日)10時~11時に電話で同ひろば 【電話】6858・6855。先着順

(選挙)

明るい選挙
標語・啓発ポスター募集
【その他】入選・佳作受賞者に賞状と副賞あり
【問い合わせ】選挙管理委員会 【電話】6858・2480
標語募集
【内容】投票率の向上や明るい選挙の啓発などに関するもので自作・未発表の作品。1人1点、20字程度
【対象・定員】市在住・在学の人
【申し込み】はがきに、標語、住所、名前(ふりがな)、年齢、電話番号、在学の場合は学校名を書き、〒561–8501「豊中市役所選挙管理委員会」。ファクス可
【FAX】6854・0496。9月4日(水曜日)必着。市ホームページからも応募可
啓発ポスター募集
【内容】画材自由。大きさは四つ切り、八つ切り、またはそれに準じる大きさ
【対象・定員】小学生~高校生
【申し込み】作品の裏面右下に、学校名・学年、名前(ふりがな)を書き、学校に提出するか、折りめが付かないようにして、〒561–8501「豊中市役所選挙管理委員会」へ持参か郵送。9月4日(水曜日)必着

傍聴
申し込みは、各会議の当日30分前から先着順。受付開始時に定員を超えた場合は抽選。途中入場不可の場合あり

教育委員会の権限に属する
事務の点検及び評価委員会
【日時】7月2日(火曜日)9時30分~11時30分、23日(火曜日)15時~17時、30日(火曜日)10時~12時
【場所】市役所第二庁舎
【内容】市教育委員会の権限に属する事務の点検および評価の審議
【対象・定員】各10人
【問い合わせ】教育総務課 【電話】6858・2568

病院運営審議会
【日時】7月3日(水曜日)13時30分~15時
【場所】市立豊中病院(柴原町)
【内容】業務状況の報告ほか
【対象・定員】10人
【申し込み】同病院総務企画課 【電話】6843・0101

こども審議会
【日時】7月5日(金曜日)13時~15時
【場所】市役所第一庁舎
【内容】第2期子育ち・子育て支援行動計画の策定についてほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】こども政策課 【電話】6858・2454

地域公共交通協議会
【日時】7月5日(金曜日)14時~16時
【場所】市役所別館(北桜塚)
【内容】公共交通改善実施計画についてほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】交通政策課 【電話】6858・2340

環境審議会
環境基本計画推進部会
【日時】7月8日(月曜日)10時~12時
【場所】市役所第一庁舎
【内容】第3次環境基本計画の進行管理についてほか
【対象・定員】5人
【問い合わせ】環境政策課 【電話】6858・2128

まち・ひと・しごと創生
総合戦略委員会
【日時】7月8日(月曜日)18時~20時
【場所】市役所第二庁舎
【内容】同戦略の重要事項に関する調査審議
【対象・定員】10人
【問い合わせ】経営計画課 【電話】6858・2508

図書館協議会
【日時】7月10日(水曜日)18時~20時
【場所】岡町図書館(岡町北)
【内容】豊中市立図書館における高齢者サービスについてほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】同館 【電話】6843・4553

廃棄物減量等推進審議会
【日時】7月11日(木曜日)16時30分~18時30分
【場所】青年の家いぶき(服部西町)
【内容】第4次ごみ減量計画の進行管理についてほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】減量計画課 【電話】6858・2279

文化芸術振興審議会
【日時】7月12日(金曜日)10時~12時
【場所】市役所第一庁舎
【内容】文化芸術推進プラン改訂版の進捗(しんちょく)管理ほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】文化芸術課 【電話】6858・2494

第一層豊中市地域
ささえあい推進協議体
【日時】7月16日(火曜日)10時~12時
【場所】すこやかプラザ(岡上の町)
【内容】介護予防・日常生活支援総合事業における地域での高齢者の生活支援体制について意見交換ほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】社会福祉協議会 【電話】6848・1279

社会福祉審議会
【日時】7月17日(水曜日)14時~16時
【場所】市役所別館(北桜塚)
【内容】各専門分科会の報告ほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】地域共生課 【電話】6858・2219

市民公益活動推進委員会
【日時】7月23日(火曜日)19時〜21時
【場所】市役所第二庁舎
【内容】市民公益活動推進施策の評価ほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】コミュニティ政策課 【電話】6858・2041

健康福祉審議会
【日時】7月24日(水曜日)14時~16時
【場所】市役所別館(北桜塚)
【内容】第4期地域福祉計画の進捗(しんちょく)管理についてほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】地域共生課 【電話】6858・2219

環境審議会
【日時】7月26日(金曜日)15時~17時
【場所】市役所第一庁舎
【内容】第3次環境基本計画の進行管理についてほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】環境政策課 【電話】6858・2128

公民館運営審議会
【日時】7月29日(月曜日)18時30分~20時
【場所】中央公民館(曽根東町)
【内容】公民館の管理運営についてほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】同館 【電話】6866・0555

介護保険事業 運営委員会
【日時】7月31日(水曜日)14時~16時
【場所】市役所第二庁舎
【内容】第7期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画の進行管理ほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】長寿社会政策課 【電話】6858・2837

市民委員募集
応募資格や選考方法などは担当課や市ホームページにある募集要項を参照。他の審議会などとの重複選任防止のため、住所、名前、年齢、性別の情報を行政総務課に提供

情報公開・個人情報保護運営委員会
【任期】8月~令和3年8月
【内容】情報公開・個人情報保護制度の運営についての審議。会議は平日の昼間に年3回程度
【対象・定員】市在住か在勤・在学の15歳以上(中学生は除く)、2人(うち1人以上は女性)
【報酬】1回9千700円
【申し込み】「これからの情報公開制度に求めること」か「これからの個人情報保護制度に求めること」をテーマに800字程度にまとめ、応募動機、住所(在勤・在学の人は勤務先・学校名と所在地も)、名前(フリガナ)、年齢、性別、電話番号を書き、〒561–8501「豊中市役所法務・コンプライアンス課情報管理係」 【電話】6858・2653へ持参か郵送。7月16日(火曜日)必着。市ホームページからも申し込み可

お知らせ「人権・平和」(25ページ)

人権・平和

■子ども■土曜日の朝はパパタイム
糸電話でおはなししよう
【日時】7月20日(土曜日)10時30分~11時30分
【場所】すてっぷ(玉井町)
【内容】紙コップにデコレーションをして糸電話作り
【対象・定員】1歳以上の未就学児と父親、10組
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】すてっぷ情報ライブラリー 【電話】6844・9735

蛍池納涼祭
【日時】7月20日(土曜日)16時30分~19時30分。雨天中止
【場所】第十八中学校(蛍池中町)
【内容】各団体による舞台発表や模擬店、ゲームコーナーほか
【その他】車での来場不可
【問い合わせ】蛍池人権まちづくりセンター 【電話】6841・5326

ひと まち であい
夏まつり
【日時】7月20日(土曜日)17時〜20時。雨天中止
【場所】轟木公園(岡町北)
【内容】吹奏楽の演奏、盆踊り、遊びコーナー、模擬店ほか
【その他】車での来場不可
【問い合わせ】豊中人権まちづくりセンター 【電話】6841・1313

■子ども■保育つきライブラリー
【日時】9月9日(月曜日)10時~12時
【場所】すてっぷ(玉井町)
【内容】図書室利用時に子どもを保育(1歳以上の未就学児、10人。新規優先枠あり)
【申し込み】7月8日(月曜日)~8月4日(日曜日)にすてっぷ情報ライブラリー 【電話】6844・9735。ファクス可(催し名、住所、名前、電話番号、保護者の年代、子どもの名前・年齢を記入)
【FAX】6844・9706。すてっぷホームページからも申し込み可。抽選あり

男性のための電話相談
【内容】男性カウンセラーによる電話相談。主に妻・交際相手との関係の悩みを受け付け ▼相談専用番号 【電話】6844・9111=7月9日(火曜日)18時~20時、27日(土曜日)13時~17時

とよなか国際交流センター
〒560‒0026玉井町1‒1‒1‒601
【電話】6843・4343
【FAX】6843・4375

中村地区パネル展
【日時】7月1日(月曜日)~16日(火曜日)
【場所】同センター
【内容】映画「焼肉ドラゴン」の舞台となった中村地区(兵庫県伊丹市)の歴史に関するパネル展示と同映画の紹介

来てなっトクまるわかりセミナー
多文化共生編
【日時】7月19日(金曜日)13時30分~15時
【場所】同センター
【内容】市内で生活している外国人の状況や交流の方法などの話を通じて、外国人と共生する地域づくりについて考える
【出演・講師・指導】とよなか国際交流協会事務局長・山野上隆史さん
【対象・定員】50人
【申し込み】当日会場。先着順

おまつり地球一周クラブ
チョアチョアコリア
【日時】7月20日(土曜日)10時~12時
【場所】同センター
【内容】韓国出身の講師から同国の話を聞き、ゲームや料理を体験
【対象・定員】小・中学生、15人(保護者同伴可)
【費用・参加費】300円
【申し込み】7月16日(火曜日)まで来館・電話受付。先着順

国流シネマカフェ
ズートピア
【日時】7月28日(日曜日)10時30分~12時30分、14時~16時
【場所】同センター
【内容】さまざまな動物が違いを越えて共に生きることを考える映画
【対象・定員】各30人
【申し込み】来館・電話受付。先着順

お知らせ「文化・にぎわい」(26ページから34ページまで)

文化・にぎわい

暮らしの安心・安全講座
【日時】7月5日(金曜日)10時~11時30分
【場所】すてっぷ(玉井町)
【内容】市職員による「2人に1人ががんになる。それってホント?」
【対象・定員】50人
【申し込み】7月1日(月曜日)から電話で社会教育課 【電話】6858・2582。先着順

ご近所発掘物語展
とよなかの遺跡に迫る
【日時】7月9日(火曜日)~10月27日(日曜日)
【場所】文化芸術センター(曽根東町)
【内容】市内で行われた発掘調査の成果報告と出土遺物の展示
【問い合わせ】社会教育課 【電話】6858・2581

手織りで作る小さな壁飾り
【日時】7月19日(金曜日)13時~16時
【場所】市民ギャラリー(阪急豊中駅南側高架下1階)
【出演・講師・指導】市美術協会工芸部
【対象・定員】8人
【費用・参加費】500円
【申し込み】7月12日(金曜日)10時から電話で同ギャラリー 【電話】6846・8621。先着順

せんちゅう
芝生ナイトシアター
【日時】7月20日(土曜日)12時~21時
【場所】せんちゅうパル北広場(新千里東町)
【内容】臨時芝生広場の開放(12時~)、物販コーナー(15時~)、映画「ジュラシック・ワールド」の上映(19時~)
【問い合わせ】千里ニュータウン再生推進課 【電話】6858・2674

地域ITリーダーによる
パソコン講習
【申し込み】往復はがき(1人1枚)に、住所と名前(返信用も)、㋑㋺㋩(第2希望まで)、電話番号を書き、〒560–0021本町1–1–1市民活動情報サロン気付パソコンプラザinとよなか。7月17日(水曜日)必着。抽選あり
【問い合わせ】エキスタとよなか運営協議会事務局 【電話】6858・2781
㋑ペイントとエクセルで簡単写真加工
【日時】【連続講座】7月24日(水曜日)・26日(金曜日)14時~17時
【場所】エキスタとよなか(阪急豊中駅舎内)
【対象・定員】文字入力ができる人、12人
【費用・参加費】千円
㋺ワードの基本(ワード2016)
【日時】7月25日(木曜日)13時30分~16時30分
【場所】原田介護予防センター(原田元町)
【対象・定員】60歳以上の文字入力ができる人、12人
【費用・参加費】500円
㋩エクセル関数の基本
(エクセル2016)
【日時】7月29日(月曜日)14時~17時
【場所】エキスタとよなか
【対象・定員】文字入力ができる人、12人
【費用・参加費】500円

世界の楽器と音楽
心を彩る響き インド古典音楽
【日時】7月27日(土曜日)14時~15時30分
【場所】伝統芸能館(岡町北)
【内容】大阪音楽大学講師・田中峰彦さんによるインド古典音楽にまつわる話と演奏
【対象・定員】80人
【申し込み】往復はがきに、住所と名前(返信用も)、電話番号、催し名、参加人数を書き、〒561–0884岡町北1–4–1伝統芸能館 【電話】6850・1313。7月13日(土曜日)必着。抽選あり。定員に満たない場合は7月14日(日曜日)から電話受付。先着順

市民ギャラリー 7月の展示
【場所】阪急豊中駅南側高架下1階 
【日時】10時~19時(日曜日は17時まで、展覧会により終了時間が異なる場合あり)。月曜日休館
【問い合わせ】同ギャラリー 【電話】6846-8621
催し名/日程
TOHAと書の仲間たち展
9日(火曜日)~14日(日曜日)
市美術協会 会員展 工芸部
16日(火曜日)~21日(日曜日)
ボトルシップ展示会
23日(火曜日)~28日(日曜日)
それぞれの作品展(写真)
23日(火曜日)~28日(日曜日)
企画展 とよなかの作家たち 第65回市美術展 審査員作品展
30日(火曜日)~8月4日(日曜日)

原田しろあと館 7月の公開と催し
【場所】同館(曽根西町) 
【日時】【内容】【費用・参加費】下記参照。各開催日の12時~15時30分に現地
公開を実施 
【その他】駐車場はありません 
【問い合わせ】とよなか・歴史と文化の会(同館内) 【電話】6841-3725(土曜・日曜日12時~16時
催し名・日時/内容ほか
縁側サロン 6日(土曜日)13時30分~15時
【内容】自由な語らいの場。囲碁・将棋あり
子ども広場 7日(日曜日)13時30分~15時
【内容】こま回し・けん玉・皿回しなどの昔遊び、元幼稚園教諭・佐保田真美子さんによる絵本の読み聞かせ、七夕笹(ささ)飾り作り
郷土史講座 13日(土曜日)13時30分~15時
【内容】市職員による「能勢街道南部(岡町~三国)のあれこれ」 
【対象・定員】30人 
【申し込み】当日会場。先着順
おもちゃ作り 14日(日曜日)13時30分~15時
【内容】SA19・どんぐりによる牛乳パックのボート、ブンブンちょうちん、折り紙コブラほか 
【対象・定員】30人 
【申し込み】当日会場。先着順
おもしろ講座 20日(土曜日)13時30分~15時
【内容】京都大学大学院教授・沼田英治さんによる「虫とわたしたち」 
【対象・定員】30人 
【申し込み】当日会場。先着順
ミニコンサート 21日(日曜日)13時30分~15時
【内容】松田淳一さんと柳浦香澄さんによるバイオリンの競演ほか 
【対象・定員】30人 
【費用・参加費】500円 
【申し込み】当日会場。先着順
のこぎり&ウクレレコンサート 27日(土曜日)13時30分~15時
【出演。講師・指導】オリーブの園 
【対象・定員】30人 
【申し込み】当日会場。先着順
伝統芸能 28日(日曜日)13時30分~15時
【内容】桂枝女太さんによる落語、三上亜弥さんによる三線 
【対象・定員】30人 
【費用・参加費¥500円 
【申し込み】当日会場。先着順

夏休み こども歴史講座
麻田藩陣屋跡探検
【日時】7月28日(日曜日)10時~12時
【場所】蛍池公民館(蛍池中町)ほか
【内容】市職員による麻田藩の話、同藩主ゆかりの歴史資料の見学、陣屋跡の探検、陣屋絵図の紙工作
【対象・定員】小学生、15人。小学3年生以下は保護者同伴
【申し込み】7月8日(月曜日)10時から電話で文書館 【電話】6862・5251。先着順

母子父子福祉センター
夏まつり
【日時】7月28日(日曜日)10時~13時
【場所】同センター(中桜塚)
【内容】焼きそばやホットドッグなどの屋台、マチカネくんやミニ消防車と記念撮影、歌遊びライブ、くじ引き、自然工作ほか
【問い合わせ】同センター 【電話】6852・5160

大阪国際空港
空港周辺こども見学ツアー
【日時】7月31日(水曜日)・8月2日(金曜日)・5日(月曜日)・7日(水曜日)①9時~12時30分②13時~16時30分。集合・解散は大阪モノレール大阪空港駅舎下
【内容】JAL大阪整備格納庫(池田市)ほかの見学
【対象・定員】小学3年~6年生と保護者、各40人(1グループ4人まで)
【申し込み】往復はがきに、代表者の住所と名前(返信用も)、催し名、希望日、①か②、電話番号、参加人数、参加者全員の名前・年齢(小学生は学年も)を書き、〒561–8501「豊中市役所空港課」。7月9日(火曜日)必着。抽選あり
【問い合わせ】大阪国際空港周辺地域活性化連絡会(同課内) 【電話】6858・2096

豊中まつり
ボランティア募集
【日時】8月3日(土曜日)・4日(日曜日)。時間は相談の上2時間程度
【場所】豊島公園(曽根南町)
【内容】ごみ分別ステーションの管理・指導、各ブース運営の当日のサポート、駐輪場の整理ほか
【対象・定員】高校生以上の人
【その他】参加希望者は7月27日(土曜日)のボランティア説明会に必ず出席
【申し込み】7月19日(金曜日)までに電話で豊中まつり事務局 【電話】6840・6888

「家族はつらいよ」を舞台化
豊中市民デーで舞台を鑑賞
【日時】9月11日(水曜日)11時~
【場所】大阪松竹座(大阪市中央区)
【内容】「家族はつらいよ」(映画監督・山田洋次さん演出)と、「黒蜥蜴」の2本立て公演
【出演・講師・指導】劇団新派
【対象・定員】市在住か在勤・在学の人、千33人
【費用・参加費】一等席5千500円ほか
【その他】市民優待あり
【申し込み】7月1日(月曜日)から電話でチケットぴあ 【電話】0570・02・9999。チケットぴあホームページからも申し込み可。先着順 ▼特別受付専用Pコード=599316
【問い合わせ】大阪松竹座 【電話】6214・2212、魅力創造課 【電話】6858・2872

市美術展の作品募集
【内容】〈前期〉11月7日(木曜日)~11日(月曜日)〈後期〉11月21日(木曜日)~25日(月曜日)に文化芸術センター(曽根東町)で開催する同展の出展作品の募集
【対象・定員】16歳以上の人
【費用・参加費】市ホームページ申し込みは千円、搬入当日受け付けは千500円
【その他】1部門1点のみ。出品規定は文化芸術課で配布する募集要項か市ホームページを参照
【申し込み】市ホームページか搬入当日会場。作品、費用、募集要項にある申込書(搬入当日申込者のみ)を持って左記の搬入日時に同センター。審査あり
【問い合わせ】同課 【電話】6858・2551
〈前期〉▼部門=洋画、工芸、デザイン ▼搬入日時=11月1日(金曜日)13時~18時・2日(土曜日)9時~12時 ▼市ホームページ申込締め切り日=10月25日(金曜日)
〈後期〉▼部門=日本画、彫塑・立体造形、書、写真 ▼搬入日時=11月15日(金曜日)13時~18時・16日(土曜日)9時~12時 ▼市ホームページ申込締め切り日=11月8日(金曜日)

■子ども■東京バレエ団 子どものためのバレエ
ドン・キホーテの夢
 スペインを舞台に繰り広げられる愛と冒険の物語「ドン・キホーテ」をバレエ鑑賞が初めての子どもにも楽しめるようにアレンジ。見どころを凝縮し、ファンタジー溢(あふ)れる演出と登場人物によるお話付きで物語が進みます。
 世界で活躍する東京バレエ団の、美しく華やかな演技をお楽しみください。
セリフ:解説があるから分かりやすいよ!
写真キャプション:子どもが集中して鑑賞できるよう、休憩を挟む約90分間の公演です
【日時】8月12日(振替休日)15時~16時30分 
【場所)文化芸術センター(曽根東町) 
【対象・定員】4歳以上、1,344人
【費用・参加費】5,000円ほか(中学生以下半額) 
【申し込み】同センター、ローソンチケットほか。先着順 
【保育あり】7月28日(日曜日)までに申し込み
あらすじ
 自分を本物の騎士だと思い込む夢見がちな老人のドン・キホーテは、ある日、キトリ(主人公)を見て、憧れの姫・ドゥルネシアだと信じ込む。一方、バジルと結婚したいキトリに、父・ロレンツォは大反対。キトリを街の貴族・ガマーシュと結婚させようとします。その結婚を巡り、ドン・キホーテが人々を巻き込んで大騒ぎ。二人の恋は実を結ぶのか?
【問い合わせ】文化芸術センター 【電話】6864-5000

文化芸術センター
〒561‒0802曽根東町3‒7‒2
【電話】6864・5000
【FAX】6863・0191

とよキネマ シェフ
【日時】7月5日(金曜日)11時~、14時30分~、19時~
【場所】同センター
【内容】ジョン・ファブローが監督・主演のフードトラック(移動販売)を題材にした物語の上映
【対象・定員】各490人
【費用・参加費】千円ほか
【申し込み】同センター、ローソンチケットほか。先着順

ロビーコンサート
【日時】7月30日(火曜日)14時~
【場所】同センター
【内容】日本センチュリー交響楽団楽団員によるオーボエ、ファゴット、ピアノの三重奏
【対象・定員】100人
【申し込み】当日会場。先着順

夏休みスペシャル とよなかおんがくファクトリー
【日時】8月8日(木曜日)11時~
【場所】同センター
【内容】作曲家・加藤昌則さんによるピアノの構造を知る解体講座
【対象・定員】小学生以上、100人
【費用・参加費】千円
【申し込み】同センターほか。先着順

■子ども■和太鼓とマリンバGONNA
夏だ 和太鼓 大作戦
【日時】8月10日(土曜日)①10時30分~②16時~
【場所】同センター
【内容】家族で楽しめる和太鼓とマリンバコンサート①0歳から入場可②未就学児入場不可。市内で活動する和太鼓団体も参加
【対象・定員】各490人
【費用・参加費】①大人千円ほか(3歳未満は膝上鑑賞無料)②2千円ほか
【申し込み】同センター、ローソンチケットほか。先着順

鑑賞イベントで湯田寛・
木村嘉子絵画展を楽しもう
【場所】同センター
【申し込み】往復はがきに、住所と名前(返信用も)、電話番号、年齢(小・中学生は学年も)、希望の催し(㋑㋺㋩)、①か②を書き、〒561–8501「豊中市役所文化芸術課市所蔵品展係」 【電話】6858・2551。7月25日(木曜日)必着。市ホームページからも申し込み可。㋺㋩は抽選あり
㋑同展の鑑賞講座とギャラリートーク
【日時】8月①16日(金曜日)②31日(土曜日)。14時~
【出演・講師・指導】府府民文化部研究員・中塚宏行さん
【対象・定員】中学生以上の人
■子ども■㋺体を使った鑑賞ワークショップ
【日時】8月17日(土曜日)①10時30分~②13時30分~
【出演・講師・指導】ダンサー・エメスズキさん
【対象・定員】①未就学児と保護者、15組②小学生以上、15人
■子ども■㋩所蔵品の鑑賞と抽象絵画ワークショップ
【日時】8月20日(火曜日)①10時30分~②14時~
【出演・講師・指導】美術家・小池一馬さん
【対象・定員】①未就学児(保護者同伴不可)②小学生以上、各10人

ドラゴンクエスト
スペシャルコンサート
【日時】8月17日(土曜日)14時~
【場所】同センター
【内容】指揮・渡邊一正さん、管弦楽・日本センチュリー交響楽団による交響組曲「ドラゴンクエスト」ほか
【対象・定員】千344人
【費用・参加費】5千円ほか
【申し込み】同センター、ローソンチケットほか。先着順

千里文化センター「コラボ」
〒560‒0082新千里東町1‒2‒2
【電話】6831・4133
【FAX】6832・4190

ボランティア応援コーナー
【日時】7月9日(火曜日)・23日(火曜日)14時~16時
【場所】コラボ
【内容】同センター市民実行委員が個別相談や活動先を紹介

元気なシニアの
認知症予防講座
【日時】【連続講座】7月11日~10月10日の木曜日(8月8日・15日を除く12回) ①9時40分~10時40分②10時50分~11時50分
【場所】コラボ
【内容】認知症予防のための、視覚を中心とした脳トレ
【出演・講師・指導】UKK・浦部順子さん
【対象・定員】心理検査に同意する65歳~80歳、①12人②38人
【その他】7月5日(金曜日)10時~11時30分にコラボで行う説明会と体験会に必ず参加
【申し込み】7月1日(月曜日)10時~17時に電話受付。抽選あり

コラボ談話室
【日時】7月13日(土曜日)10時~12時
【場所】コラボ
【内容】「大化から令和へ 万葉集の謎」をテーマに、豊中歴史の会代表・大下隆司さんの話題提供で語り合う

千里コラボ大学校
【日時】7月13日(土曜日)14時~16時15分
【場所】コラボ
【内容】お地蔵様愛好家・久木治男さんによる「豊中のお地蔵様を巡って」
【対象・定員】70人
【申し込み】7月12日(金曜日)まで来館・電話受付。先着順
【保育あり】7月10日(水曜日)までに申し込み

孤独や不安を和らげよう
もぐもぐ集会
【日時】7月14日(日曜日)14時~20時
【場所】コラボ
【内容】同じ時間と場所を共有し、調理や食事を楽しむ
【出演・講師・指導】元ひきこもり当事者団体・ウィークタイ
【対象・定員】ひきこもりなどで生きづらさを感じているおおむね30歳代までの人、12人
【費用・参加費】500円
【申し込み】7月12日(金曜日)まで電話受付。先着順

おとなの転勤族カフェ
【日時】7月18日(木曜日)10時30分~12時
【場所】コラボ
【内容】転勤族ならではの悩みを語り合い、地域の情報を共有

千里で文化TO出合う触れる遊ぶ
千里ミュージックフェスタ
【日時】7月20日(土曜日)14時~16時
【場所】SENRITOよみうりホール(新千里東町)
【内容】音楽サロンくつろぎの子どもやシニアグループによる音楽発表会、ハンドベルの体験コーナー、来場者が参加できる歌のプログラムあり
【対象・定員】80人
【申し込み】当日会場。先着順

夏休みキッズカフェ体験
【日時】【連続講座】7月23日(火曜日)~26日(金曜日)、7月30日(火曜日)~8月2日(金曜日)13時30分~15時30分
【場所】コラボ
【内容】接客などの体験
【対象・定員】小学4年~中学生、各2人
【申し込み】7月3日(水曜日)10時から来館・電話受付。先着順

千里地域懇談会
ラウンドテーブル
【日時】7月27日(土曜日)14時~16時
【場所】コラボ
【内容】SDGs(持続可能な開発目標)を身近な課題と結び付けるヒントをとよなかESDネットワークと共に考える
【対象・定員】15人
【申し込み】7月26日(金曜日)まで来館・電話受付。先着順

コラボおもしろ実験教室
偏光板を使った折り鶴の七変化
【日時】8月1日(木曜日)13時30分~15時
【場所】コラボ
【出演・講師・指導】コラボサポーター・赤井直さん
【対象・定員】小学3年~6年生、30人。小学3年生は保護者同伴
【申し込み】7月16日(火曜日)10時から来館・電話受付。先着順

「ぶらり千里」改訂版を配布
千里のまちの歴史や変遷、まちあるきのモデルコースを収録した、魅力発見ガイドブック「ぶらり千里」の改訂版(カラー54ページ)を7月1日(月曜日)から各公民館で配布します。数には限りがあります。

青年の家いぶき
〒561‒0858服部西町4‒13‒1
【電話】6866・3030
【FAX】6866・2798

市民星空観察会
【日時】7月6日(土曜日)19時30分~21時
【場所】轟木公園(岡町北)
【内容】月、木星、土星と夏の大三角の観察。雨天の場合は豊中人権まちづくりセンター(岡町北)で室内プログラムあり
【出演・講師・指導】豊中天文協会
【その他】中学生以下は保護者同伴

プラネタリウム寄席
【日時】7月28日(日曜日)13時30分~16時
【場所】いぶき
【内容】関西の大学落語会有志による落語5題(プラネタリウムの投映はなし)
【対象・定員】50人
【申し込み】当日会場。先着順

平和月間事業
パネル展とアニメ上映
【日時】8月1日(木曜日)~6日(火曜日)①9時~21時②10時~、11時30分~、14時30分~、16時~(各30分)
【場所】いぶき
【内容】①沖縄戦の写真パネル展示②アニメ映画「石の声 沖縄戦マラリア地獄の記憶」の上映

庄内少年文化館
〒561‒0834庄内栄町5‒4‒14
【電話】6336・6371
【FAX】6336・6375
申し込みは、往復はがきに、催し名、参加者の名前(フリガナ)、学校名と学年、郵便番号、住所、電話番号を書き、〒563–0023池田市井口堂1–10–18–30A北摂こども文化協会 【電話】072・761・9245(水曜~日曜日9時~17時)。ファクス可(返信先ファクス番号も記入)
【FAX】072・761・9244

■子ども■おはなしと折り紙を楽しむ会
【日時】7月13日(土曜日)14時30分~15時30分
【場所】同館
【内容】おはなしボランティアポケットによる絵本の読み聞かせと紙芝居、同館職員によるお化けなどの折り紙
【対象・定員】幼児~小学生(保護者同伴可)

カルチャー教室
【場所】同館
【申し込み】同協会。希望教室名も記入。7月15日(祝日)必着。抽選あり。結果は通知
①こどもアート教室
【日時】7月21日(日曜日)10時~11時30分
【内容】紙コップを使った立体造形、オリジナルシール作り
【対象・定員】小学生、15人
【費用・参加費】500円
②こどもマンガ教室
【日時】7月28日(日曜日)10時~11時30分
【内容】漫画の描き方を学ぶ
【対象・定員】小・中学生、15人
【費用・参加費】500円
③けん玉入門
【日時】【連続講座】7月28日(日曜日)・8月25日(日曜日)10時~11時30分
【対象・定員】小学生と保護者、20人
【費用・参加費】500円
④科学 魚の解剖
【日時】7月28日(日曜日)10時~12時
【対象・定員】小学4年~中学生、16人
【費用・参加費】500円
⑤ハロー 英語
【日時】【連続講座】7月28日~8月25日の日曜日(8月11日を除く4回)10時~12時
【対象・定員】小学4年~中学生、10人
【費用・参加費】500円
⑥親子でアクセサリー教室
【日時】8月4日(日曜日)10時~12時
【対象・定員】小学4年~中学生と保護者、8組
【費用・参加費】1作品800円

夏休みに自習室を開放
【日時】7月25日(木曜日)~8月18日(日曜日)(月曜日、祝・休日を除く)9時~12時、13時~17時
【場所】同館
【対象・定員】市在住の小学4年~中学生

(公民館)

各公民館 学習室の開放と
貸室の利用停止
【問い合わせ】各公民館(中央(曽根東町) 【電話】6866・0555、蛍池(蛍池中町) 【電話】6843・5561、庄内(三和町) 【電話】6334・1251、千里(新千里東町) 【電話】6833・8090)
夏休み期間に学習室を開放
【日時】【場所】〈蛍池公民館〉7月20日(土曜日)~8月25日(日曜日)〈庄内公民館〉7月22日(月曜日)~31日(水曜日)〈中央・千里の各公民館〉7月22日(月曜日)~8月23日(金曜日)。蛍池公民館のみ土曜・日曜日、祝・休日も開放。いずれも9時~17時
【対象・定員】小学生~高校生
公民館まつりのため部屋が利用できません
【内容】〈中央公民館〉10月21日(月曜日)~28日(月曜日)〈蛍池公民館〉11月5日(火曜日)~11日(月曜日)〈庄内・千里の各公民館〉11月12日(火曜日)~18日(月曜日)

中央公民館
〒561‒0802曽根東町3‒7‒3
【電話】6866・0555
【FAX】6863・4427

合唱の夕べ
【日時】7月6日(土曜日)13時30分~19時30分
【場所】アクア文化ホール(曽根東町)
【出演・講師・指導】市合唱協会加盟のアマチュアグループ

自分に似合う色を
見つけませんか
【日時】7月10日(水曜日)10時~11時30分
【場所】同館
【内容】その人に似合う色の傾向を知り、色の上手な使いこなし方を学ぶ
【出演・講師・指導】アトリエエクリュ代表・乾宏子さん
【対象・定員】20人
【費用・参加費】100円
【申し込み】7月3日(水曜日)10時から電話受付。先着順
【保育あり】要申し込み

外国人(がいこくじん)のための災害対策(さいがいたいさく)を考(かんが)える
【日時】7月(がつ)18日(にち)(木曜日)(もく曜日)14時(じ)~15時(じ)30分(ふん)
【場所】同館(どうかん)
【内容】自然災害(しぜんさいがい)への備(そな)えや災害発生時(さいがいはっせいじ)に外国人(がいこくじん)が身(み)を守(まも)る方法(ほうほう)を学(まな)ぶ
【対象・定員】外国人(がいこくじん)や外国人(がいこくじん)の支援(しえん)に携(たずさ)わる人(ひと)、30人(にん)
【申し込み】7月(がつ)4日(にち)(木曜日)(もくようび)14時(じ)から電話受付(でんわうけつけ)。先着順(せんちゃくじゅん)
【保育あり】7月(がつ)11日(にち)(木曜日)(もくようび)までに申(もう)し込(こ)み

豊中三曲協会 定期演奏会
【日時】7月21日(日曜日)11時~17時
【場所】アクア文化ホール(曽根東町)
【内容】同会による尺八、三味線、琴の演奏

曽根太極拳 体験講習会
【日時】7月23日(火曜日)14時~15時30分
【場所】同館
【内容】24式・42式太極拳の基本を学ぶ
【出演・講師・指導】同会指導者・河本久美子さん
【対象・定員】10人
【申し込み】7月9日(火曜日)14時から電話受付。先着順

夏休み親子料理教室
ルーから作る夏野菜カレー
【日時】7月28日(日曜日)10時~14時
【場所】同館
【対象・定員】小学1年~4年生と保護者、10組(1組2人)
【費用・参加費】千円
【その他】きょうだい参加可。1人追加ごとに500円
【申し込み】7月12日(金曜日)10時から電話受付。先着順
【保育あり】要申し込み

月の石から分かる
宇宙の秘密
【日時】7月30日(火曜日)10時~11時30分
【場所】同館
【内容】月の石を分析して石が形成された年代を調べる方法や宇宙について学ぶ
【出演・講師・指導】大阪大学大学院教授・寺田健太郎さん
【対象・定員】小学生以上、40人。小学3年生以下は保護者同伴
【申し込み】7月9日(火曜日)10時から電話受付。先着順
【保育あり】要申し込み

登録グループによる
夏休みこども体験講座
【場所】同館
めざせ 俳句名人(山茶花俳句会)
【日時】8月2日(金曜日)10時~12時
【対象・定員】小学4年~6年生、10人
【申し込み】7月19日(金曜日)10時から電話受付。先着順
■子ども■ゴスペルを歌ってみよう(ハッピー・デイ)
【日時】8月8日(木曜日)13時15分~14時15分
【対象・定員】5歳~中学生、50人(小学3年生以下は保護者同伴可)
【申し込み】7月25日(木曜日)13時30分から電話受付。先着順

大学生と一緒に楽しく勉強しよう
夏休み学習サポート
【日時】8月5日(月曜日)~9日(金曜日)10時~12時
【場所】同館
【対象・定員】小学生、各20人
【申し込み】7月22日(月曜日)10時から各開催日の前日まで電話受付。先着順

蛍池公民館
〒560‒0033蛍池中町3‒2‒1‒501
【電話】6843・5561
【FAX】6841・5094

弦楽アンサンブルを
楽しもう
【日時】【連続講座】7月10日(水曜日)・12日(金曜日)14時~15時30分。集合・解散は同館
【場所】イタリア生活文化交流協会(蛍池東町)
【内容】アンサンブル・サビーナによる弦楽器講座
【対象・定員】中学生以上、15人
【申し込み】7月3日(水曜日)14時から電話受付。先着順

■子ども■すくすくおはなしタイム
【日時】7月11日(木曜日)10時30分~11時30分
【場所】同館
【内容】市保育士ほかによる触れ合い遊び、絵本の読み聞かせほか
【対象・定員】0歳の子どもと保護者、15組
【その他】動きやすく汚れてもいい服装で参加
【申し込み】当日会場。先着順

ヒューマンライツ
コンサート
【日時】7月14日(日曜日)14時~15時30分
【場所】同館
【内容】イタリア生活文化交流協会代表・松本城洲夫さんとアンサンブル・サビーナによるクラシック音楽を通して人権を考えるコンサートと解説
【対象・定員】60人
【申し込み】7月4日(木曜日)14時から電話受付。先着順

グループロビー展
淡彩画コスモス(水彩画)
【日時】7月14日(日曜日)~26日(金曜日)
【場所】同館

子どもの貧困問題
地域でできること
【日時】7月19日(金曜日)18時30分~20時
【場所】同館
【出演・講師・指導】沖縄県子ども総合研究所所長・堀川愛さん
【対象・定員】40人
【申し込み】7月5日(金曜日)13時30分から電話受付。先着順

■子ども■夏休みファミリーワンデイ
手作りの集い
【日時】7月27日(土曜日)10時~14時
【場所】同館
【内容】おにぎり・みそ汁・フルーツ大福などの料理実習と小枝・木の実などを使った工作
【出演・講師・指導】家庭料理研究家・池田栄美さんほか
【対象・定員】小学生以下の子どもと保護者、20人
【費用・参加費】400円
【申し込み】7月8日(月曜日)10時30分から電話受付。先着順

夏休み親子陶芸教室
【日時】7月29日(月曜日)9時30分~12時、13時~15時30分
【場所】同館
【出演・講師・指導】豊中陶芸会会員
【対象・定員】小学生と保護者、各8組(1組2人)
【費用・参加費】2千円
【申し込み】往復はがき(1組1枚)に、保護者の住所と名前(返信用も)、電話番号、催し名、希望時間、子どもの名前・年齢を書き、同館。7月10日(水曜日)消印有効。抽選あり

ほたる寄席
【日時】8月3日(土曜日)13時~16時
【場所】同館
【内容】大阪大学落語研究部による落語
【対象・定員】60人
【申し込み】7月19日(金曜日)10時30分から電話受付。先着順

山田洋次監督 映画「たそがれ清兵衛」の魅力を探る
【日時】8月4日(日曜日)14時~16時
【場所】同館
【内容】同映画について映像を交えて解説
【出演・講師・指導】とよなか山田会元代表・能登宏之さんほか
【対象・定員】50人
【申し込み】7月12日(金曜日)13時30分から電話受付。先着順

千里公民館
〒560‒0082新千里東町1‒2‒2
【電話】6833・8090
【FAX】6832・4190

楽しく始める
パソコンライフ
【日時】7月①8日(月曜日)②22日(月曜日)。13時30分~16時30分
【場所】同館
【内容】パワーポイント①入門②応用・スライドショー作り
【出演・講師・指導】地域ITリーダー
【対象・定員】文字入力ができる人、各18人
【費用・参加費】500円
【申し込み】7月①2日(火曜日)②16日(火曜日)10時から来館・電話受付。受付日に定員を超えれば抽選

登録グループ体験講習会
【場所】同館
装いの会
【日時】7月10日(水曜日)10時~12時
【内容】浴衣の着付け
【出演・講師・指導】着物コンサルタント・杉本廣子さん
【対象・定員】10人
【申し込み】7月3日(水曜日)10時から電話受付。先着順
恒謡会
【日時】7月10日(水曜日)13時~17時
【内容】初心者~中級者向けの謡曲・仕舞の学習
【出演・講師・指導】元観世流師範・池原好昭さん
【対象・定員】5人
【申し込み】7月3日(水曜日)10時から電話受付。先着順
エッセイ 花かがり
【日時】7月11日(木曜日)10時~12時
【内容】エッセーを持ち寄り合評
【出演・講師・指導】同会会員
【対象・定員】5人
【申し込み】7月4日(木曜日)10時から電話受付。先着順
香梅会
【日時】7月11日(木曜日)13時~16時30分
【内容】ペン字・習字
【出演・講師・指導】小石会常任理事・藤吉香梅さん
【対象・定員】10人
【申し込み】7月3日(水曜日)10時から電話受付。先着順
北丘囲碁クラブ
【日時】7月13日(土曜日)9時30分~12時
【内容】囲碁講義と対局指導
【出演・講師・指導】関西棋院九段・牛窪義高さん
【対象・定員】入門者を除く初級者以上、5人
【申し込み】7月3日(水曜日)10時から電話受付。先着順
北斗写友会
【日時】7月21日(日曜日)13時~17時
【内容】会員作品の意見交換
【出演・講師・指導】同会会員
【対象・定員】5人
【申し込み】7月5日(金曜日)10時から電話受付。先着順

登録グループによる
子ども夏休み講座
【場所】同館
■子ども■夏休み子ども劇場
【日時】7月22日(月曜日)10時30分~11時40分
【内容】豊中紙芝居の会による紙芝居、影絵劇グループ・トロルによる影絵劇
【対象・定員】小学2年生以下の子どもと保護者、70人
【申し込み】当日会場。先着順
■子ども■わくわくおもしろ自然工作
競走自動車F1を作ろう
【日時】7月23日(火曜日)・29日(月曜日)13時30分~15時30分
【出演・講師・指導】千里ネイチャークラブ
【対象・定員】5歳~中学生、各40人。小学3年生以下は保護者同伴
【申し込み】7月3日(水曜日)10時から電話受付。先着順
陶芸教室 マグカップ作り
【日時】7月26日(金曜日)13時30分~15時30分
【出演・講師・指導】あけぼの会
【対象・定員】小学4年~6年生、20人
【費用・参加費】500円
【申し込み】7月12日(金曜日)10時から電話受付。先着順
中学生将棋大会
【日時】7月28日(日曜日)11時45分~17時
【出演・講師・指導】と金会
【対象・定員】中学生、32人
【申し込み】7月8日(月曜日)10時から電話受付。ファクス可(催し名、名前、学校名・学年、電話番号を記入)。先着順

夏休みこども理科教室
葉脈標本を作ろう
【日時】7月30日(火曜日)9時30分~11時30分
【場所】同館
【出演・講師・指導】豊中高校生物研究部部員
【対象・定員】小学4年~6年生、30人
【申し込み】7月10日(水曜日)10時から来館・電話受付。先着順

庄内公民館
〒561‒0828三和町3‒2‒1
【電話】6334・1251
【FAX】6336・9313

■子ども■7月の保育室イベント
セロハンで作った金魚を釣ろう
【日時】7月9日(火曜日)10時30分~11時30分
【場所】同館
【対象・定員】おおむね未就学児と保護者
【その他】7月2日~30日の火曜日10時~15時30分は自由開放あり

■子ども■おしゃべりママカフェ
ママとベビーの楽々抱っこ
【日時】7月17日(水曜日)10時~12時
【場所】同館
【内容】保護者の体形や子どもの大きさに合わせた抱っこひもの着け方と自分でできるストレッチ
【出演・講師・指導】整体師・松村まさこさんほか
【対象・定員】妊娠中の人かおおむね1歳までの子どもと母親、15組
【申し込み】7月3日(水曜日)から電話受付。先着順

こども科学教室
しゅわしゅわ入浴剤を作ろう
【日時】7月23日(火曜日)・24日(水曜日)10時~12時
【場所】同館
【内容】クエン酸と重曹を混ぜた入浴剤作り
【出演・講師・指導】産業技術総合研究所・安藤尚功さん
【対象・定員】小学生、各20人
【申し込み】往復はがき(1人1枚)に、住所と名前(返信用も)、電話番号、催し名、希望日、学校名・学年を書き、同館。市ホームページからも申し込み可。7月10日(水曜日)必着。抽選あり

太鼓亭が教える
こども手打ちうどん学校
【日時】7月25日(木曜日)・26日(金曜日)10時~13時
【場所】同館
【出演・講師・指導】太鼓亭・辻本朋子さんほか
【対象・定員】小学生、各16人
【費用・参加費】500円
【申し込み】往復はがき(1人1枚)に、住所と名前(返信用も)、電話番号、催し名、希望日、学校名・学年を書き、同館。市ホームページからも申し込み可。7月11日(木曜日)必着。抽選あり

登録グループ体験講習会
龍の会
【日時】7月27日(土曜日)10時~12時
【場所】同館
【内容】ろう者から日常会話で使える手話を学ぶ
【出演・講師・指導】同会会員
【対象・定員】手話初心者、15人
【申し込み】7月12日(金曜日)から電話受付。先着順

■子ども■パパのためのベビー
マッサージと育児の話
【日時】7月28日(日曜日)10時30分~12時
【場所】同館
【出演・講師・指導】ローリタッチケア協会認定講師・赤澤慶子さん
【対象・定員】2カ月~7カ月の子ども(ハイハイする前)と両親、10組
【費用・参加費】100円
【申し込み】往復はがき(子ども1人につき1枚)に、住所と名前(返信用も)、電話番号、催し名、子どもの名前・月齢を書き、同館。市ホームページからも申し込み可。7月12日(金曜日)必着。抽選あり。定員に満たない場合は7月17日(水曜日)から電話受付。先着順

こどもパステルアート教室
海の仲間たちを描こう
【日時】7月30日(火曜日)13時30分~14時30分
【場所】同館
【出演・講師・指導】パステルアート講師・堀田愛子さん
【対象・定員】小学生、16人
【費用・参加費】500円
【申し込み】往復はがき(1人1枚)に、住所と名前(返信用も)、電話番号、催し名、学校名・学年を書き、同館。市ホームページからも申し込み可。7月12日(金曜日)必着。抽選あり

ホネケシ恐竜復元模型に挑戦
【日時】7月31日(水曜日)14時~15時30分
【場所】同館
【内容】ティラノサウルスの頭蓋骨の形をした消しゴムと粘土で復元模型作り
【出演・講師・指導】ACTOW・徳川広和さん
【対象・定員】小学生、20人。小学3年生以下は保護者同伴
【費用・参加費】千円
【申し込み】往復はがき(1人1枚)に、住所と名前(返信用も)、電話番号、催し名、学校名・学年、保護者の名前(小学3年生以下のみ)を書き、同館。市ホームページからも申し込み可。7月17日(水曜日)必着。抽選あり

保育所入所に必要な
あれこれを知ろう
【日時】8月4日(日曜日)10時~11時30分
【場所】同館
【内容】市職員による保育所入所の選考方法や必要書類の書き方ほか
【対象・定員】30人
【申し込み】7月22日(月曜日)から電話受付。先着順
【保育あり】7月26日(金曜日)までに申し込み

親子で作ろう
こども木工ワークショップ
【日時】8月5日(月曜日)14時~16時
【場所】同館
【出演・講師・指導】コタキクリエイティブワークス・鈴木康宏さん
【対象・定員】小学生と保護者、15組
【費用・参加費】500円
【申し込み】往復はがき(1組1枚)に、保護者の住所と名前(返信用も)、電話番号、催し名、子どもの名前・学校名・学年を書き、同館。市ホームページからも申し込み可。7月17日(水曜日)必着。抽選あり

親子で楽しく学ぶ
小学生の株式投資体験講座
【日時】8月6日(火曜日)14時~15時30分
【場所】同館
【内容】紙芝居や株式投資ゲームなどを通して資産形成について学ぶ
【出演・講師・指導】近畿財務局職員
【対象・定員】小学生と保護者、20組
【申し込み】往復はがき(1組1枚)に、保護者の住所と名前(返信用も)、電話番号、講座名、子どもの名前・学校名・学年を書き、同館。市ホームページからも申し込み可。7月16日(火曜日)必着。抽選あり

■子ども■ママとベビーの
すくすくヨガ
【日時】【連続講座】8月7日(水曜日)・21日(水曜日)13時30分~14時45分
【場所】同館
【出演・講師・指導】ははこ助産院代表・岡本千加さん
【対象・定員】6カ月~1歳の子ども(歩く前)と母親、10組
【申し込み】往復はがき(1組1枚)に、住所と名前(返信用も)、電話番号、催し名、子どもの名前・月齢を書き、同館。市ホームページからも申し込み可。7月24日(水曜日)必着。抽選あり

こども絵画教室
水彩絵の具で楽しく絵を描こう
【日時】8月9日(金曜日)13時~16時
【場所】同館
【出演・講師・指導】水彩画青葉会
【対象・定員】小学生、20人
【申し込み】往復はがき(1人1枚)に、住所と名前(返信用も)、電話番号、催し名、学校名・学年を書き、同館。市ホームページからも申し込み可。7月19日(金曜日)必着。抽選あり

教員をめざす
大学生ボランティア募集
【場所】同館ほか
【内容】小学生夏休み学習サポート(7月29日(月曜日)~8月23日(金曜日)9時~12時。土曜・日曜日、祝・休日を除く)や10月から始まる中学生のための日曜学習指導。謝礼金あり
【対象・定員】大学生
【その他】終了後、大学講師による教職支援あり。一部の日程のみの参加可
【申し込み】7月8日(月曜日)までに市ホームページから申し込み

(図書館)

しょうないREK
相談会と夏休みプログラム
【問い合わせ】庄内(しょうない)図書館(としょかん) 【電話】6334・1261
外国人(がいこくじん)の親子(おやこ)に向(む)けた高校進学(こうこうしんがく)相談会(そうだんかい)
【日時】7月(がつ)13日(にち)(土曜日)(ど)13時(じ)~16時(じ)
【場所】庄内公民館(しょうないこうみんかん)(三和町(さんわちょう))
【対象・定員】外国人(がいこくじん)の保護者(ほごしゃ)ほか、15人(にん)
【その他】通訳(つうやく)あり
【申し込み】7月(がつ)2日(にち)(火曜日)(か)~10日(にち)(水曜日)(すい)に同図書館(どうとしょかん)(三和町(さんわちょう))。ファクス(ふぁくす)可(か)(催(もよお)し名(めい)、名前(なまえ)、電話番号(でんわばんごう)、学校名(がっこうめい)・学年(がくねん)、質問内容(しつもんないよう)、通訳希望(つうやくきぼう)の場合(ばあい)は希望言語(きぼうげんご)を記入(きにゅう))
【FAX】6336・9314。先着順(せんちゃくじゅん)
プリント宿題解決コーナー
【日時】7月23日(火曜日)・24日(水曜日)10時~16時。時間内出入り自由
【場所】同図書館
【対象・定員】小学生
夏休み工作教室 紙すきではがき作り
【日時】7月24日(水曜日)10時30分~12時、13時30分~15時
【場所】庄内公民館
【対象・定員】小学生、各10人
【申し込み】7月10日(水曜日)10時から同図書館で来館受付。先着順
子ども向け演劇入門ワークショップ
【日時】7月25日(木曜日)13時~15時30分
【場所】庄内公民館
【対象・定員】小・中学生、10人
【申し込み】7月10日(水曜日)10時から同図書館。先着順

創業のFirst Step
創業に向けた基礎知識を学ぼう
【日時】7月20日(土曜日)14時~15時30分
【場所】千里図書館(新千里東町)
【内容】創業を身近に感じられるような情報や、創業を考える際に知っておくべき基礎を事例を交えて解説
【出演・講師・指導】日本政策金融公庫大阪創業支援センター所長・石原達志さん
【対象・定員】30人
【申し込み】7月1日(月曜日)10時から同館 【電話】6831・0225。先着順

知的探究合戦
めざせ 図書館の達人
【日時】【場所】7月①26日(金曜日)岡町(岡町北)・千里(新千里東町)・野畑(春日町)・庄内(三和町)②28日(日曜日)高川(豊南町東)③29日(月曜日)岡町の各図書館。いずれも12時~16時30分
【内容】テーマについてグループで図書館の資料を使って調べたことを発表
【対象・定員】①②小学4年~6年生③中学生
【申し込み】7月2日(火曜日)までに2人~4人でグループを作って各図書館ほか。抽選あり
【問い合わせ】読書振興課 【電話】4865・3696

■子ども■おはなしプレゼント
なつやすみスペシャル
【日時】7月31日(水曜日)14時30分~15時、15時30分~16時
【場所】野畑図書館(春日町)
【内容】野畑おはなしの会による昔話の語りと絵本の読み聞かせ
【対象・定員】未就学児、小学生以上、いずれも各30人。保護者同伴可
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】同館 【電話】6845・2400

■子ども■夏休みおはなしワールド
【日時】8月7日(水曜日)①10時30分~11時②11時30分~12時③14時~14時30分④15時~15時40分
【場所】千里図書館(新千里東町)
【内容】エプロンシアター「はらぺこかいじゅうくん」、お話、紙芝居、絵本ほか
【出演・講師・指導】千里ストーリーテリングの会
【対象・定員】①2歳以下の子ども、20人②3歳の子ども、30人③4歳・5歳の子ども、40人④小学生、40人。いずれも保護者同伴可
【申し込み】7月16日(火曜日)10時から同館 【電話】6831・0225。先着順

7月の巡回日程 動く図書館
 住所などを確認できるもの(健康保険証など)を示して登録してください。市内各図書館の利用者カードを持っている人は、そのカードで借りられます。
 駐車場所などの問い合わせは、岡町図書館 【電話】6843-4553へ。
とき/駐車場所/駐車時間
2日(火曜日)アルビス旭ヶ丘(6-4号棟北側) 14:00 ~16:00
4日(木曜日)庄本町3(そんぽの家豊中庄本町横駐車場) 13:45 ~14:45
       大島町2(洲到止八幡宮) 15:15 ~16:00
6日(土曜日)二葉町1(二葉第二住宅) 13:30 ~14:30
       上津島2(上津島センター) 15:00 ~16:00
10日(水曜日)上野東1(豊松園ハイツB棟前) 13:30 ~14:30
       東泉丘4(ジオ緑地公園3番館) 15:00 ~16:00
12日(金曜日)西泉丘2(グランドールマンション) 13:30 ~14:30
       上新田4(桃山台グリーンマンション) 15:00 ~16:00
13日(土曜日)上新田4(朝日プラザ千里A棟前) 14:00 ~16:00
17日(水曜日)刀根山2(天理教会高香分教会) 13:30 ~14:30
       本町9(住友化学社宅4号棟前) 15:00 ~16:00
18日(木曜日)刀根山元町(ゴッツ下) 15:00 ~16:00
24日(水曜日)寺内2(日商岩井第1緑地公園マンション) 14:00 ~16:00
25日(木曜日)東寺内町(寺内南公園) 14:00 ~16:00
27日(土曜日)上野東2(堀田公園) 14:00 ~16:00

デイジー図書新着案内
 視覚障害者のための資料です。
 「そのノブは心の扉」劇団ひとり著、「東京カウガール」小路幸也著、「古都」川端康成著。

点訳図書 新着案内
 「こころの匙加減 100歳の精神科医が見つけた」高橋幸枝著、「地上の星」村木嵐著、「裏関ヶ原」吉川永青著。

岡町図書館
〒561‒0884 岡町北3‒4‒2
【電話】6843・4553
【FAX】6841・3493

活動10周年記念
北摂アーカイブス写真展
【日時】7月25日(木曜日)まで
【場所】同館
【内容】市民サポーター・地域フォトエディターによる市内の風景写真パネル展示。期間中、展示作品の入れ替えあり

とよ読書会
【日時】①7月12日(金曜日)②8月9日(金曜日)。10時~12時
【場所】同館
【内容】読後感想を語り合う集い。テキストは①萩原葉子著「蕁麻の家」②又吉直樹著「劇場」

■子ども■子どもと本のまつり
【日時】7月30日(火曜日)①10時30分~11時②13時~13時30分③13時~14時30分④14時~14時30分⑤14時~14時40分、14時50分~15時30分
【場所】同館
【内容】①②豊中子ども文庫連絡会ほかによるお話し会③絵本読み合いコーナー④多言語お話し会⑤手作り遊び
【対象・定員】①0歳・1歳の子どもと保護者、2歳・3歳の子どもと保護者、各30組②4歳・5歳の子ども、小学1年~3年生、小学4年~6年生、各40人④幼児~小学生、40人⑤4歳~小学生、各回50人
【申し込み】当日会場。先着順

(産業)

豊中ビジネスアップキャンプで経営について学ぼう
【日時】7月8日(月曜日)19時~21時
【場所】みつか坊主 蛍池本店(蛍池中町)
【内容】みつか坊主店主・斉藤光典さんから創業や経営に役立つ情報を聞き、事業展開に必要なことを学ぶ
【対象・定員】市内の事業者や市内で起業を考えている人、15人
【その他】交流会あり(希望者のみ。実費)
【申し込み】産業振興課 【電話】6858・2188。市ホームページからも申し込み可。先着順

とよなか産業フェア
出展事業者の募集と説明会
【問い合わせ】産業振興課 【電話】6858・2190、
【FAX】4865・2058
出展事業者の募集
【内容】〈とよなかマルシェ〉11月30日(土曜日)にせんちゅうパル南広場(新千里東町)で開催する同イベントで新商品を販売〈キッズおしごとフェスタ〉12月7日(土曜日)に文化芸術センター・中央公民館(いずれも曽根東町)で開催する同フェスタで、展示や体験コーナーなどで自社の強みや取り組みを発信
【申し込み】同課にある申込用紙(市ホームページからも取り出し可)で7月31日(水曜日)までに同課
出展希望者説明会
【日時】7月10日(水曜日)15時~16時30分
【場所】豊中商工会議所(岡町北)
【申し込み】ファクス(事業者名・住所、業種、出展者名、電話・ファクス番号を記入)で同課。市ホームページからも申し込み可

起業セミナー
【日時】7月20日(土曜日)14時~16時
【場所】とよなか起業・チャレンジセンター(蛍池中町)
【内容】事業計画作成のポイントを学ぶ
【出演・講師・指導】中小企業診断士・山本裕司さん
【対象・定員】市内で起業を考えている人、12人
【申し込み】電話で同センター 【電話】6840・1955。先着順

企業向け シニア活用セミナー
働き方改革はシニアから
【日時】7月24日(水曜日)14時~16時
【場所】くらしかん(北桜塚)
【内容】社会保険労務士・柿野元博さんによる「働き方改革とシニア人材活用のポイント」
【対象・定員】シニアの活用を検討している事業者、30人
【申し込み】電話でとよなか生涯現役サポートセンター 【電話】6152・7662。同センターホームページからも申し込み可。先着順

お知らせ「スポーツ」(34ページから37ページまで)

スポーツ

障害児スポーツイベント
ハッピーダンス
【日時】7月7日(日曜日)10時30分~12時
【場所】庄内体育館(野田町)
【内容】音楽に合わせて簡単な振り付けのダンスを楽しむ
【対象・定員】障害があるか支援の必要な子どもと家族(介助が必要な場合は介助者同伴)
【問い合わせ】スポーツ振興事業団 【電話】6865・6865

マリンフード豊中スイミングスタジアム臨時開館
【日時】7月15日(祝日)9時~17時(入館は16時まで)
【問い合わせ】同スタジアム(服部西町) 【電話】6865・3507

■子ども■せんりふぁみりーらんど
【日時】7月21日(日曜日)10時30分~12時
【場所】豊泉家千里体育館(新千里東町)
【内容】親子で参加する運動やゲームほか
【対象・定員】4歳~小学3年生と保護者、30組
【費用・参加費】500円
【申し込み】7月8日(月曜日)10時から電話で同館 【電話】6871・2233。先着順

水中運動会の出場者を募集
【日時】7月23日(火曜日)10時~15時
【場所】ニノ切温水プール(東豊中町)
【内容】プールでの球入れや騎馬戦、障害物競走ほか
【対象・定員】小・中学生、250人
【費用・参加費】500円(納入後の返金不可)
【その他】参加種目は同プールが決定。持病がある人や介助が必要な人は、医師の承諾や介助人の同伴が必要になる場合あり
【申し込み】同プールで配布する申込用紙(同プールホームページでも取り出し可)に費用を添えて7月6日(土曜日)10時~19時に同プール 【電話】6848・8781。先着順

オリックス・バファローズの試合に招待
【日時】8月2日(金曜日)18時・3日(土曜日)14時・4日(日曜日)13時試合開始
【場所】京セラドーム大阪(大阪市西区)
【内容】オリックス・バファローズ対埼玉西武ライオンズ戦
【対象・定員】市在住か在勤・在学の人、各10組(1組2人)
【申し込み】はがきに、希望日、住所、名前、年齢、電話番号を書き、〒550–0023大阪市西区千代崎3–北2–30バファローズ・ファーム事業G「豊中市民デー係」。7月16日(火曜日)必着。抽選あり
【問い合わせ】オリックス・バファローズ 【電話】0570・01・8862、スポーツ振興課 【電話】6858・2751

豊中市民応援デー
ガンバ大阪の試合を観戦
【日時】8月10日(土曜日)19時試合開始
【場所】パナソニックスタジアム吹田(吹田市)
【内容】ガンバ大阪対サンフレッチェ広島戦
【対象・定員】市在住か在勤・在学の人、4千人(1組6人まで)
【費用・参加費】千500円~2千100円、高校生以下は無料
【申し込み】7月24日(水曜日)までに、ガンバ大阪ホームページから申し込み。抽選あり
【問い合わせ】ガンバ大阪 【電話】6875・6880、スポーツ振興課 【電話】6858・2751

第2期タイ式ヨガ教室
追加募集
【日時】【連続講座】8月19日(月曜日)・26日(月曜日)13時45分~14時45分
【場所】豊中ローズ球場(曽根南町)
【出演・講師・指導】日本ルーシーダットン普及連盟認定インストラクター・川北昭子さん
【対象・定員】女性、5人
【費用・参加費】千円
【申し込み】7月1日(月曜日)から同球場 【電話】6862・0018で来場受付。先着順

市立温水プールのテラスでホッと一息
7月・8月は、二ノ切(東豊中町)・マリンフード豊中スイミングスタジアム(服部西町)の各温水プールのテラスで、飲食(アルコール類は禁止)ができます。
【問い合わせ】各プール(二ノ切 【電話】6848・8781、同スタジアム 【電話】6865・3507)

7月・8月は庄内体育館の個人使用を中止します
 7月・8月は、バレーボール・バスケットボールの個人使用はできません。再開日時は、バレーボールは9月4日(水曜日)18時から、バスケットボールは9月6日(金曜日)18時からです。
【問い合わせ】同館(野田町) 【電話】6331・7922

第2期(9月~12月)
水泳教室の参加者募集
▼教室名=〈①二ノ切〉幼児A・B、小・中学生(初級)、親子、女性A・B、一般、中・高齢者A・B〈②マリンフード豊中スイミングスタジアム〉幼児A・B、小・中学生(初級、中級)、親子、女性A・B、一般、中・高齢者、アクアエクササイズ ▼募集人数=若干名
【費用・参加費】9千100円~1万1千200円(納入後の返金不可)
【その他】開催日時・対象・年齢・費用・受講手続き日などは各施設へ問い合わせ。年齢基準日は、令和元年9月1日(幼児Bは令和元年①12月9日②12月7日)
【申し込み】往復はがきに、住所と名前(返信用も)、生年月日、電話番号、在勤の人は勤務先の名称と所在地、希望の教室名・曜日・時間(返信用の通信面も)を書き、①〒560–0003東豊中町5–37–1二ノ切温水プール 【電話】6848・8781②〒561–0858服部西町5–1–1マリンフード豊中スイミングスタジアム 【電話】6858・3507。1施設につき1人1枚1教室1つの曜日に限る。7月①5日(金曜日)②19日(金曜日)消印有効。抽選あり

短期スポーツ教室
【場所】【問い合わせ】各館

二ノ切温水プール
東豊中町5‒37‒1 【電話】6848・8781
■子ども■
①のびのび体育
②ニノ切幼児ダンススタジオ
【日時】【連続講座】7月①17日(水曜日)~20日(土曜日)②24日(水曜日)~27日(土曜日)。16時~17時
【内容】①運動の基本動作、マット運動ほか②ストリートダンスの基本動作
【対象・定員】平成25年4月2日~平成26年7月6日生まれの子ども、各15人
【費用・参加費】各2千円
【申し込み】7月8日(月曜日)16時に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
■子ども■短期水泳教室
【日時】【連続講座】7月22日(月曜日)~27日(土曜日)(23日(火曜日)を除く5回)①9時30分~10時30分②10時30分~11時30分③11時30分~12時30分④12時30分~13時30分
【対象・定員】①②5歳・6歳の子ども(12月9日までに5歳になる子ども可)、①50人②55人。③④クロール・背泳ぎを習得しようとする小・中学生、③55人④50人
【費用・参加費】各2千500円
【その他】持病がある人や介助が必要な人は、医師の承諾や介助人の同伴が必要になる場合あり
【申し込み】7月1日(月曜日)~6日(土曜日)に同プール。抽選あり
知的障害者ダンス
【日時】【連続講座】8月5日(月曜日)・19日(月曜日)・26日(月曜日)17時30分~18時30分
【内容】リズム運動などで基本動作を習得しダンスを行う
【対象・定員】療育手帳のある15歳以上(中学生は除く)、20人
【費用・参加費】千500円
【申し込み】7月29日(月曜日)に来館。先着順

マリンフード豊中スイミングスタジアム
服部西町5‒1‒1 【電話】6865・3507
アクアビクス
【日時】7月2日(火曜日)・9日(火曜日)・16日(火曜日)13時30分~14時、7月6日(土曜日)・13日(土曜日)・18日(木曜日)・20日(土曜日)10時~10時30分
【対象・定員】15歳以上(中学生は除く)、各20人
【費用・参加費】各400円
【申し込み】当日15分前に来館。先着順
■子ども■短期水泳教室
【日時】【連続講座】7月23日(火曜日)~27日(土曜日)①9時30分~10時30分②10時30分~11時30分③11時30分~12時30分④12時30分~13時30分
【対象・定員】①5歳・6歳の子ども(12月7日までに5歳になる子ども可)、50人②③④クロール・背泳ぎを習得しようとする小・中学生、各50人
【費用・参加費】各2千500円
【その他】持病がある人や介助が必要な人は、医師の承諾や介助人の同伴が必要になる場合あり
【申し込み】7月2日(火曜日)~7日(日曜日)に同スタジアム。抽選あり

柴原体育館
柴原町4-4-18 【電話】6843・7877
夏短期フラエクササイズ
【日時】【連続講座】7月23日~9月3日の火曜日(8月13日を除く6回)13時30分~14時30分
【対象・定員】15歳以上(中学生は除く)、55人 
【費用・参加費】千800円 
【申し込み】7月9日(火曜日)14時50分に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
夏短期太極拳
【日時】【連続講座】7月26日~9月6日の金曜日(8月16日を除く6回)13時15分~14時45分
【対象・定員】15歳以上(中学生は除く)、55人
【費用・参加費】千800円 
【申し込み】7月12日(金曜日)15時に来館。同時刻に定員を超えれば抽選

庄内体育館
野田町4‒1 【電話】6331・7922
■子ども■やってみよう さかあがり教室
【日時】7月22日(月曜日)・23日(火曜日)・24日(水曜日)①9時10分~10時10分②10時20分~11時20分③11時30分~12時30分、7月25日(木曜日)・26日(金曜日)④9時10分~10時10分⑤10時20分~11時20分
【対象・定員】①④5歳・6歳の未就学児②⑤小学1年・2年生③小学3年~6年生、各15人
【費用・参加費】各日500円
【申し込み】7月5日(金曜日)①④9時30分②⑤11時③13時から電話受付。1人3日間まで。いずれも先着順
■子ども■親子トランポリン
【日時】7月26日(金曜日)・8月2日(金曜日)・9日(金曜日)10時~11時、11時15分~12時15分
【対象・定員】4歳~小学3年生と保護者、各20組
【費用・参加費】各組500円
【申し込み】7月16日(火曜日)10時から電話受付。先着順
いきいき体操教室
【日時】【連続講座】7月26日~8月23日の金曜日(8月16日を除く4回)13時30分~15時
【内容】卓球、バスケットボール、風船バレーなどの球技
【対象・定員】中・高齢者、40人
【費用・参加費】千200円
【申し込み】7月19日(金曜日)15時10分に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
カラテでエクササイズ
【日時】8月2日(金曜日)・30日(金曜日)10時15分~11時30分
【内容】空手の動作を取り入れた運動
【対象・定員】15歳以上(生徒・学生は除く)、各10人
【費用・参加費】各500円
【申し込み】7月5日(金曜日)10時から電話受付。先着順
■子ども■夏短期 跳び箱
【日時】【連続講座】8月5日(月曜日)・6日(火曜日)・7日(水曜日)①9時10分~10時10分②10時20分~11時20分③11時30分~12時30分
【対象・定員】①5歳・6歳の未就学児②小学1年・2年生③小学3年~6年生、各15人
【費用・参加費】千500円
【申し込み】7月29日(月曜日)①9時30分②10時③10時30分に来館。同時刻に定員を超えれば抽選

武道館ひびき
服部西町4‒13‒2 【電話】6864・2288
夏短期子ども剣道教室
【日時】【連続講座】7月26日~8月23日の金曜日(5回)18時~19時30分
【対象・定員】6歳~中学生、30人
【費用・参加費】千500円
【申し込み】7月16日(火曜日)18時に来館。同時刻に定員を超えれば抽選

豊泉家千里体育館
新千里東町3‒8‒1 【電話】6871・2233
■子ども■さかあがり教室
【日時】【連続講座】7月11日~8月8日の木曜日(5回)①15時30分~16時30分②16時40分~17時40分
【対象・定員】①平成25年4月2日~平成27年4月1日生まれの子ども②小学1年~3年生、各25人
【費用・参加費】各2千500円
【申し込み】7月4日(木曜日)①16時②17時に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
夏短期エアロビクスB
【日時】【連続講座】7月26日~8月30日の金曜日(8月16日を除く5回)19時20分~20時30分
【対象・定員】15歳以上(中学生は除く)、50人
【費用・参加費】千500円
【申し込み】7月19日(金曜日)19時に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
■子ども■夏短期トランポリン(A・B・C)
【日時】8月7日(水曜日)・8日(木曜日)・9日(金曜日)①〈A〉9時10分~10時10分②〈B〉10時20分~11時20分③〈C〉11時30分~12時30分
【連続講座】①平成25年4月2日~平成27年4月1日生まれの子ども、26人②小学1年・2年生、26人③小学3年~6年生、28人
【対象・定員】各千500円
【費用・参加費】7月24日(水曜日)①10時②10時30分③11時に来館。同時刻に定員を超えれば抽選

スポーツ教室・大会・講習会ほか
【問い合わせ】表中に問い合わせ先がある場合は各問い合わせ先へ、ない場合はスポーツ振興事業団 【電話】6864-3325
▶表中の「申込用紙」「募集案内」は、市役所・体育施設に置いています
▶万一の傷害事故に備えてスポーツ保険などに加入してください 
▶各施設・会場への車での来場はご遠慮ください

武道館ひびき(服部西町)
夏季柔道形講習会
【日時】【連続講座】7月26日(金曜日)・27日(土曜日)18時30分~20時50分、7月28日(日曜日)9時~12時 
【内容】形講習(初段、二段の形) 
【対象・定員】中学生以上で受け身が完全にできる人 
【費用・参加費】250円 
【持ち物】柔道着 
【申し込み】7月26日(金曜日)17時30分に会場
夏季剣道講習会
【日時】8月26日(月曜日)~30日(金曜日)。小・中学生18時30分~19時40分、一般20時~20時40分 
【対象・定員】小学生以上で防具が着用できる人 
【申し込み】小・中学生は、はがきに講習会名、住所、名前、学校名・学年、電話番号を書き、保護者が署名・押印の上、〒561-0858服部西町4-13-2武道館ひびき。8月11日(祝日)必着。一般は当日会場

ハイキング月例会
【日時)7月21日(日曜日)8時30分阪急庄内駅梅田行ホーム集合~15時30分ごろJR津田駅付近解散。雨天中止(集合場所で判断) ▶行き先=交野山(交野市)一般向けコース 
【対象・定員】市在住・在勤・在学の人 
【費用・参加費】実費(交通費) 
【持ち物】帽子、弁当、水筒、雨具、健康保険証ほか 
【問い合わせ】豊中市民ハイキングの会・田中 【電話】6862-8738

フィットネスフェスタ
【日時】7月26日(金曜日)10時~11時45分 
【場所】豊泉家千里体育館(新千里東町) 
【内容】楽しいリズムダンス 
【出演・講師・指導】ダンスインストラクター・MAYUKAさん 
【対象・定員】市在住か在勤の15歳以上の人(中学生は除く) 
【費用・参加費】500円。市フィットネス協会加盟者は無料 
【持ち物】運動のできる服、上靴、タオル、水筒 
【申し込み】当日30分前に会場

市民テニス大会(ジュニアの部)
【日時】【連続講座】8月5日(月曜日)・6日(火曜日)・7日(水曜日)9時~。雨天の場合は会場で判断。予備日は8月8日(木曜日)・9日(金曜日) 
【場所】マリンフード豊中テニスコート(服部寿町) 
【対象・定員】小学4年生~高校生 
【申し込み】申込用紙で、スポーツ振興事業団。小・中学生は保護者の参加承諾書(印)が必要。7月9日(火曜日)必着

市民水泳大会
【日時】8月25日(日曜日)9時~ 
【場所】マリンフード豊中スイミングスタジアム(服部西町) 
【申し込み】申込用紙で、スポーツ振興事業団。小・中学生は保護者の参加承諾書(印)が必要。7月19日(金曜日)必着

お知らせ「募集」(37ページ)

募集

職員募集

【対象・定員】記載のないものは昭和29年4月2日以降に生まれた人。ただし、臨時については年齢の上限なし
▶募集案内=各担当課などで配布。市ホームページからも取り出し可 
【申し込み】募集案内を参照。記載のないものは随時受け付け
職種/採用予定数/内容※国籍は問いません
<非常勤>
保育教諭 40人
【対象・定員】保育士資格か幼稚園教諭免許がある人
技能員(調理・用務) 8人
【対象・定員】要件なし
看護師 1人
【対象・定員】看護師免許か准看護師免許がある人
【申し込み】7月18日(木曜日)(消印有効)までにこども事業課 【電話】6858-2808へ郵送(市ホームページ)からも申し込み可)。募集案内は同課で配布。市ホームページからも取り出し可
<臨時>
保育教諭 15人
【対象・定員】対保育士資格か幼稚園教諭免許がある人
短時間保育教諭 20人
【対象・定員】対保育士資格か幼稚園教諭免許がある人
短時間技能職員(調理・用務) 5人
【対象・定員】要件なし
看護師または准看護師 1人
【対象・定員】看護師免許か准看護師免許がある人
【問い合わせ】こども事業課 【電話】6858-2808
<市立豊中病院非常勤>
看護師 10人
【対象・定員】昭和29年4月2日以降に生まれ、看護師免許があり、10月1日(火曜日)から勤務可能な人
病棟補助員 10人
【対象・定員】昭和29年4月2日以降に生まれ、10月1日(火曜日)から勤務可能な人
病棟補助員(事務) 8人
【対象・定員】昭和29年4月2日以降に生まれ、10月1日(火曜日)から勤務可能な人
【申し込み】7月1日(月曜日)~22日(月曜日)(消印有効)に同病院へ郵送。募集案内は同病院 【電話】6843-0101、人事課、庄内(庄内幸町)・新千里(新千里東町)の各出張所で配布。同病院ホームページからも取り出し可
<パート>
温水プール監視員 各プール 5人
【対象・定員】高校生は不可
温水プール水泳指導員 各プール5人 
【対象・定員】泳げる人。高校生は不可
【問い合わせ】各プール(二ノ切 【電話】6848-8781、マリンフード豊中スイミングスタジアム 【電話】6865-3507)

お知らせ「相談の窓口」(38ページ、39ページ)

相談の窓口
祝・休日と年末年始は実施しません。
★の相談は、原則として事前に来庁か電話での申し込みが必要です(先着順)。
各相談は表中の■を除き、2カ月に1回掲載。表に掲載以外の相談の窓口もあります。
総合コールセンター 【電話】6858‒5050へ問い合わせてください。
※電話番号をお確かめの上、お間違いのないよう、ご注意ください。

相談名/内容・対象・定員/日時/場所/問い合わせ・申込先
■弁護士相談 ★
【内容】相続・離婚・金銭貸借ほか
【対象・定員】①16人②8人 
①水曜日・金曜日(7月31日を除く)②木曜日。13時~17時 広聴係
■交通事故相談 ★
【内容】弁護士による交通事故相談
【対象・定員】5人 火曜日(7月30日を除く)、13時~15時30分 広聴係
【申し込み】相談日の前日(祝日・休日の場合はその前の平日)9時から同係 【電話】6858‒2034

■人権擁護委員による人権相談
【内容】人権に関する困りごと・心配ごと 第1・3木曜日、13時~15時 広聴係
【問い合わせ】人権政策課 【電話】6858‒2586

■障害者基幹相談支援センター
【内容】障害福祉に関する全般的な相談 月曜日~金曜日、9時~17時15分 同センター(稲津町)
【問い合わせ】同センター 【電話】6862‒0095

■こども総合相談窓口
【内容】【対象・定員】18歳未満の子どもと家庭の相談 24時間365日受け付け(電話のみ)。来所は月曜日~金曜日、9時~17時15分 こども相談課(すこやかプラザ内・岡上の町)
【問い合わせ】同課 【電話】6852‒5172

■とよなかっ子ダイヤル(こども専用フリーダイヤル)
【内容】【対象・定員】18歳未満の子ども本人を対象とした電話相談 24時間365日受け付け 電話相談のみ 電話相談 【フリーダイヤル】0120‒307‒874

子育て相談(ほっぺ)
【内容】乳幼児の育児ほか 月曜日~金曜日、9時~17時 ほっぺ(すこやかプラザ内・岡上の町)
【問い合わせ】ほっぺ 【電話】6852‒4141

子育て心の悩み相談 ★
【内容】子育ての悩みや不安、子どもとの関係ほか 月曜日~金曜日、9時~17時15分 こども相談課(すこやかプラザ内・岡上の町)
【申し込み】同課 【電話】6852‒5172

母子父子福祉・離婚前相談 ★
【内容】①生活全般の悩みほか②弁護士相談③専門員による相談
【対象・定員】ひとり親家庭、離婚前の人 ①月曜日~金曜日、10時~16時
②第2・4水曜日、18時~20時。第1・3土曜日、9時30分~11時30分③第3木、13時~16時 
母子父子福祉センター(中桜塚)
【申し込み】同センター 【電話】6852‒5160

進路選択支援相談 ★
【内容】奨学金の活用や進学に関する相談 ①月曜日・水曜日・金曜日、17時~19時②火曜日・金曜日、15時~17時③木曜日、16時~18時 
①豊中人権まちづくりセンター(岡町北)②蛍池人権まちづくりセンター(蛍池北町)③青年の家いぶき(服部西町)
【申し込み】各センター(①豊中 【電話】6841‒1313②蛍池 【電話】6841‒5326)③3日前までに電話で学校教育課 【電話】6858‒2573

帰国(きこく)・渡日児童生徒相談(とにちじどうせいとそうだん)
【内容】通訳派遣(つうやくはけん)、日本語教室(にほんごきょうしつ)の案内(あんない)、帰国(きこく)・渡日(とにち)に伴(ともな)う学校生活(がっこうせいかつ) 月曜日(げつようび)~金曜日(きんようび)、8時(じ)45分(ふん)~17時(じ) 学校教育課(がっこうきょういくか)(電話相談可(でんわそうだんか))
【問い合わせ】渡日児童生徒相談室(とにちじどうせいとそうだんしつ)(同課内(どうかない))
【電話でんわ】6858‒2375

若者支援総合相談窓口 ★
【内容】社会的支援を必要とする若者に関する相談
【対象・定員】おおむね15歳~39歳の人とその家族、支援者 火曜日~土曜日(いぶき休館日を除く)11時30分~18時。電話相談は11時45分~18時 青年の家いぶき(服部西町。電話相談可)
【申し込み】いぶき 【電話】6866‒3032

教育相談 ★
【内容】子どもの心理、行動、言葉(発音など)などに関する悩み
【対象・定員】3歳6カ月の子ども~中学生と保護者 月曜日~金曜日、9時~17時。第2土曜日、9時~12時 教育センター(蛍池中町)
【申し込み】児童生徒課 【電話】6844‒5231

就学相談 ★
【内容】障害のある幼児・児童の就学 月曜日~金曜日、9時~17時 教育センター(蛍池中町)
【申し込み】児童生徒課 【電話】6844‒5293

市民活動に関する相談
【内容】市民公益活動やボランティアの情報提供ほか 火曜日・木曜日・土曜日、10時~19時。水曜日・金曜日、10時~21時 市民活動情報サロン(阪急豊中駅舎内)
【問い合わせ】同サロン 【電話】6152‒2212

就労支援相談 ★
【内容】就労の相談・職業紹介ほか 月曜日~金曜日、9時~17時 
地域就労支援センター庄内(労働会館内・三和町)、同センター豊中(くらしかん内・北桜塚)
【申し込み】同センター豊中 【電話】6858‒6861

労働相談
【対象・定員】労働者、事業者 月曜日・水曜日・金曜日、10時~12時・13時~16時 くらしかん(北桜塚)
【問い合わせ】くらし支援課 【電話】6858‒6863

保育所など就職相談
【内容】市内の保育所、こども園ほかの就職相談ほか 月曜日~金曜日、9時~17時 保育士・保育所支援センター(こども事業課内)
【問い合わせ】同課 【電話】6858‒2808

親族後見よろず相談 ★
【対象・定員】8人 第3木曜日、10時~12時 千里文化センター「コラボ」(新千里東町)
【申し込み】千里地域連携センター 【電話】6831‒4133

働く女性のための生き方総合相談
【内容】仕事、家族関係など 第1~4月・木曜日、18時~20時。第1土曜日、10時~15時 電話相談のみ 電話相談 【電話】6844‒9820

女性のための労働相談 ★
【内容】労働問題、ワークライフカウンセリング(第3土曜日のみ) 第2土曜日、10時~12時。第3土曜日、15時~17時。第4火曜日、18時~20時 すてっぷ(玉井町。電話相談可)
【申し込み】すてっぷ 【電話】6844‒9739 9時~12時・13時~17時・18時~20時。(土曜日は17時まで。水曜日・日曜日は休み)

女性のためのしごと活動相談 ★
【内容】就労相談
【対象・定員】市在住か在勤の女性 金曜日、10時~13時 すてっぷ(玉井町)
【申し込み】すてっぷ 【電話】6844‒9739 9時~12時・13時~17時・18時~20時。(土曜日は17時まで。水曜日・日曜日は休み)

女性弁護士による女性のための法律相談 ★
【内容】離婚に関する法的な相談ほか
【その他】1人1回限り 第1・2金曜日、10時~12時。第3金曜日、18時~20時 すてっぷ(玉井町)
【申し込み】すてっぷ 【電話】6844‒9739 9時~12時・13時~17時・18時~20時。(土曜日は17時まで。水曜日・日曜日は休み)

女性のからだと心と性の相談 ★
【内容】からだの専門家による相談 第3土曜日、10時~12時 すてっぷ(玉井町。電話相談可)
【申し込み】すてっぷ 【電話】6844‒9739 9時~12時・13時~17時・18時~20時。(土曜日は17時まで。水曜日・日曜日は休み)

外国人(がいこくじん)向(む)け市政案内(しせいあんない)・相談(そうだん)
【内容】英語(えいご)、中国語(ちゅうごくご)。ほかの言語(げんご)も対応可(たいおうか) 英語(えいご)は月曜日(げつようび)・火曜日(かようび)・木曜日(もくようび)・金曜日(きんようび)、中国語(ちゅうごくご)は水曜日(すいようび)。いずれも10時(じ)~12時(じ)、13時(じ)~16時(じ) 人権政策課(じんけんせいさくか)
【問い合わせ】人権政策課(じんけんせいさくか) 【電話】6858‒2730(ほかの言語(げんご)は1週間(しゅうかん)前(まえ)までに問(と)い合(あ)わせ)

総合生活相談
【内容】人権、福祉、保健、就労など身近な生活の困りごと・悩みごと 
月曜日~土曜日、9時~17時 
①豊中人権まちづくりセンター(岡町北)②蛍池人権まちづくりセンター(蛍池北町)
【問い合わせ】各センター(①豊中 【電話】6841‒1313②蛍池 【電話】6841‒5326)

配偶者暴力相談支援センター
【内容】配偶者やパートナーからの暴力ほか 月曜日~金曜日、9時~17時 電話相談
【問い合わせ】同センター 【電話】6152‒9893

スポーツ健康相談 ★
【内容】専門医による健康状態に応じたスポーツ活動の相談 7月16日(火曜日)14時~16時 
屋内体育施設
【申し込み】1週間前までにスポーツ振興事業団 【電話】6864‒3325

公的な融資制度相談 ★
【対象・定員】市内で起業を考えている人や市内事業者 月曜日~金曜日、9時~17時15分 
産業振興課
【申し込み】同課 【電話】6858‒2189

日本政策金融公庫担当者による金融相談 ★ 
【対象・定員】市内で起業を考えている人や市内事業者
第2・4水曜日、10時~12時
【申し込み】2日前までに同課 【電話】6858‒2189

起業相談・経営相談 ★ 
【対象・定員】市内で起業を考えている人や市内事業者
月曜日~金曜日、10時~18時 とよなか起業・チャレンジセンター(蛍池中町)
【申し込み】同センター 【電話】6840‒1955

大阪府よろず支援拠点コーディネーターによる経営相談 ★
【対象・定員】市内の中小企業・小規模事業者ほか 第1水曜日、10時~16時50分 産業振興課
【申し込み】前日までに同課 【電話】6858‒2187

住まいと暮らしの相談会 ★
【内容】住宅の改修・改造、長期優良住宅化リフォーム推進事業の説明ほか 水曜日、13時~16時 コミュニティスペースCoCoKara(蛍池東町)
【申し込み】前日までにユニバーサルデザイン推進協会 【電話】6840‒0325

都市景観デザイン相談 ★
【内容】建築物(改修を含む)などのデザインや色彩ほか 第3火曜日、9時30分~12時 都市計画課
【申し込み】14日前までに同課 【電話】6858‒2419

住宅確保要配慮者向け相談窓口 ★
【内容】低額所得者・高齢者・障害者などの民間賃貸住宅への入居相談 月曜日~金曜日、9時~17時 居住支援協議会事務局(市役所第二庁舎)
【申し込み】同事務局 【電話】6858‒2742

保健・福祉・子育てサービス「話して安心、困りごと相談」
【内容】サービスや契約の内容、事業者の対応への苦情ほか 月曜日~金曜日、9時~17時15分。専門家相談は要予約 地域共生課
【問い合わせ】健康福祉サービス苦情調整委員会 【電話】6858‒2815

自死遺族相談
【対象・定員】大切な人を自死で亡くした人 月曜日~金曜日、9時~17時15分 保健所(中桜塚。電話相談可)
【問い合わせ】保健予防課 【電話】6152‒7315

難病療養生活相談
【対象・定員】難病患者、家族など周囲の人 月曜日~金曜日、9時~17時15分 保健所(中桜塚。電話相談可)
【その他】家庭訪問可
【問い合わせ】保健予防課 【電話】6152‒7346

性感染症相談
【内容】エイズ・梅毒など性感染症の予防、症状、治療 月曜日~金曜日、9時~17時15分 保健所(中桜塚。電話相談可)
【問い合わせ】保健予防課 【電話】6152‒7316

健康相談
【内容】健康全般 月曜日~金曜日、9時30分~12時 保健所(中桜塚)
【問い合わせ】健康政策課 【電話】6152‒7352

福祉なんでも相談
【内容】福祉全般 月曜日~金曜日、9時~17時15分 社会福祉協議会(すこやかプラザ内・岡上の町)
【問い合わせ】同協議会 【電話】6848‒1279

年金・保険相談
【内容】各種年金、社会保険など 第2・4木曜日、13時~15時 社会福祉協議会(すこやかプラザ内・岡上の町)
【問い合わせ】同協議会 【電話】6841‒9389

介護相談
【内容】老人介護者(家族)の会による相談 水曜日、13時30分~15時30分 社会福祉協議会(すこやかプラザ内・岡上の町)
【問い合わせ】同協議会 【電話】6841‒9388

精神障害者生活相談
【内容】当事者団体による日常生活に関する悩みなど 第4火曜日、13時~15時30分 社会福祉協議会(すこやかプラザ内・岡上の町)
【問い合わせ】同協議会 【電話】6841‒9388

クロスワードパズル(40ページ)

クロスワードパズル

タテのカギ
①燃料にする細い枝や割り木。まき。
②シカの頭に生えている。
③豆腐やゆばの原料になる飲料。
④○○成。○○全。
⑥市公式の○○○○○メディア(46ページ)。
⑧○○勝。○○先。
⑨手先や道具を使って物を作る職人。○○○の技。
⑩淡水と海水が混ざり合った水。
⑪風呂場。
⑫○○○厳守で集まってください。
⑮この店は○○ぞろえがいい。

ヨコのカギ
①○○○○跡を濁さず。
④草などを刈るのに用いる道具。
⑤○○○、今日、明日。
⑥○○敬。○○重。
⑦英語で「新しい」。
⑩ 学校○○○○○○センター探検ツアー(15ページ)。
⑫ 文字の数。
⑬ ネギ、ショウガなど、味を引き立てる香辛料や香辛野菜。
⑭ アサリ、シジミなど。
⑮ ほかと紛れないために○○○をつける。
⑯ ○○とみどりの相談所(18ページ)。
⑰ 地球の衛星。

□の5文字を並べ替えて言葉を作ってください。
今月号の中に出てくる言葉が答えです。

パズルの応募方法
・市在住・在勤・在学の正解者から抽選で10人に図書カード(500円分)を差し上げます。
・はがきに、パズルの解答、住所、名前、電話番号、今月号で印象に残った記事を3つ、好きな豊中の風景、広報誌のご感想があれば記入し、広報戦略課へ。
・市ホームページからも応募可。           
締め切り/7月15日(祝日)。消印有効

応募の宛先 〒561- 8501 豊中市役所 広報戦略課

前回の答
前回の正解は、「ショウエネ」。応募総数282通で281通が正解。正解者の中から抽選で10人に景品を送りました。

【今月の表紙】
豊島公園のワシントンヤシ(曽根南町)
 昭和42年(1967)に植えられたワシントンヤシの高さは約18メートル。
 南国の風情が味わえる通りは、同公園のジョギングコースや散歩道として親しまれています。また、毎年8月に行われる豊中まつりでは、屋台などが立ち並び訪れた人でにぎわいます。

編集室から
◎「あなたの居場所はどこですか?」特集1で紹介した地域共生社会は、地域で暮らすみんなが自分自身の居場所を実感でき、お互いに支え支えられて自分らしく暮らせる社会のこと。皆さんに「私にとって地域って?」と少し思いを巡らせてもら
うきっかけになれば、うれしいです。 (酒)
◎まちかどスケッチではニュースポーツデーを紹介。私もペタンクに挑戦。目標に向かってボールを投げますが、なかなか思ったところに止まりません。うまい人によると、ボールが転がらないようにバックスピンをかけるのが基本で、上級者は左右の回転も使い分けるのだとか。うーん、奥が深い。
 8月号では、SDGsについて紹介します。 (大)

人口と世帯数 〈6月1日現在・推計〉( )は前月の増減
男 ▶188,845人(+209人)
女 ▶210,899人(+188人)
計 ▶399,744人(+397人)
世帯▶176,409(+316)

パソコンやスマホ、タブレットでも! 広報とよなか デジタルブック
◦スマホ、タブレットでも読める
◦文字サイズを調整できる
◦音声読み上げもできる
◦多言語で読める【日本語、英語、中国語(簡体・繁体)、韓国・朝鮮語、ポルトガル語、タイ語】
デジタルブックアプリ
Catalog Pocket
→https://www.catapoke.com/

とよなかタイムスリップ「勝部第3号線の緑道(勝部)」(41ページ)

とよなかタイムスリップ
第28回 勝部第3号線の緑道
 昭和50年(1975)に完成した同緑道。元は、勝部地区を蛇行しながら流れる千里川でした。
 昭和42年7月8日から9日にかけて降り続いた大雨で同川の堤防が決壊し、市に大きな被害をもたらしました。このため、蛇行を解消し、川の流れを真っすぐにすることで水害を防ぐ工事を実施。川を埋め立てた跡地に緑道が造られました。
 現在はサザンカのほか、クスやケヤキといったさまざまな木々が茂り、野鳥のさえずりを聞きながら、木陰を散策できる場所として親しまれています。
写真キャプション:昭和50年ごろの勝部第3号線の緑道
         現在の勝部第3号線の緑道

思い出コラム
 子どもの頃、千里川に入って魚を捕まえたり、そりで堤防を滑り降りたりしてよく遊びました。
 大雨や台風の日は消防団の皆さんが土のうを積んで氾濫に備えていましたが、昭和42年の豪雨では堤防が決壊してしまいました。浸水した地域の人がボートで移動する姿を覚えています。改修され、緑道になった今では、水害の心配がなくなり安心して暮らせるようになりました。自然を身近に感じられる場所として、ゆったり散歩を楽しんでほしいですね。
石橋成一さん(69歳、勝部)

昭和42年7月豪雨については、『新修 豊中市史 第3巻・自然』などに記載されています。関連資料については各図書館に問い合わせてください。
ホームページの「北摂アーカイブス」では、市所蔵の写真だけでなく、市民の皆さんの提供写真も見ることができます。より充実した資料とするため、皆さんがお持ちの昔の写真も募集しています。

【問い合わせ】岡町図書館 【電話】6843-4553
北摂アーカイブス→http://e-library2.gprime.jp/lib_city_toyonaka/cms/

特集2ひゅうまん通信「豊中市×米国サンマテオ市 少年野球交流40周年」(42ページ、43ページ)

特集2

豊中市×姉妹都市 米国サンマテオ市
少年野球交流40周年
 豊中市と姉妹都市・米国サンマテオ市の少年野球チームが、お互いの市を訪問し合う少年野球交流。この交流が始まって今年で40周年を迎えます。
 そこで、今回は少年野球交流や姉妹都市交流の歴史を振り返ります。
(魅力創造課)

少年野球交流の歴史
 昭和54年(1979)7月に豊中市親善少年野球団がサンマテオ市を初めて訪問。以来、2年ごとに少年野球チームの代表が両市を交互に訪問し、親善試合を行っています。
 豊中市の代表は市内にある少年野球チームからの希望者で構成。両市の子どもたちは言葉や文化の違いを超えて、野球やホームステイなどを通じ、交流しています。
 40周年を迎える今夏は、サンマテオ市から少年野球チームを迎え、親善試合を行います。
写真キャプション:平成29年(2017)、親善少年野球団は記念すべき1 0回目のサンマテオ市訪問を果たしました

姉妹都市提携は今年で56年
 両市の交流の始まりは、昭和37年(1962)にさかのぼります。サンマテオ市の高校生が交換留学生として日本に滞在中、立ち寄った豊中市で、住宅が続く街並みや空港が近いことなど、サンマテオ市との共通点を感じました。帰国後、市議会議員であった父親にそのことを話したことをきっかけに、話は急速に進展。昭和38年10月8日、豊中市役所にサンマテオ市長を迎え、姉妹都市提携の調印式が行われました。
 提携の翌年に設立された「豊中・サンマテオ姉妹都市協会」を中心に、使節団や高校生英語弁論大会の成績優秀者の派遣、少年野球交流など、さまざまな交流が続いています。平成25年(2013)には姉妹都市交流50周年を迎え、記念訪問団がサンマテオ市を訪問。両市の変わらぬ友好を確認し合いました。

サンマテオ市はどんなところ?
 米国の西部、太平洋岸のカリフォルニア州中部にあります。サンフランシスコ市から約30キロメートルと交通の便が良く、サンフランシスコ湾に面し、温暖で湿度が低くカラリとした地中海性気候なので、一年を通じて過ごしやすい地域です。

昭和54年(1979)第1回親善少年野球団のメンバーに話を聞きました
基山和徳さん(51歳、大阪市西淀川区)
 40年前は、アメリカ本土まで旅行することが珍しく、親善少年野球団に参加することが決まると、近所の人などが壮行会を開いてお祝いしてくれました。
 親善試合は、サンマテオ市内の少年野球チームと全5試合行いました。ナイターで行われた第3試合は、スタンドいっぱいの観客が日米関係なく応援してくれて盛り上がり、町全体で歓迎してくれていることが感じられてうれしかったですね。最後の日にホストファミリーのお母さんが抱きしめてくれた時、これでお別れなんだなと寂しい気持ちになりました。
 不慣れな外国で過ごした体験は、子どものころの自分にとって自信になりました。
 今後参加する子どもたちにも、サンマテオで貴重な経験をしてきてほしいですね。

常行伸嘉さん(51歳、服部西町)
 当時は少年野球が盛んで、市内に132チームがありました。その中から20人の代表に選抜されたことや、他チームからの選抜メンバーと野球ができることはうれしかったですね。代表として練習をするうちに、海外遠征の実感が湧いていきました。
 現地では、親善試合の合間に、テーマパークへ行ったり、メジャーリーグ観戦をしたりと、初めて体験することばかりで親元を離れた不安を感じる暇もないほど楽しく過ごせました。試合前にホストファミリーの家のプールで遊び、監督たちに「肩を冷やすな」と怒られたのも今となっては良い思い出です。
 初めての少年野球交流に参加でき、感謝しています。両市の関係と交流が今後も続いてほしいです。

写真キャプション:子どもたちが現地の家庭でホームステイする伝統は今も続いています
         第1回訪問での親善試合の勝敗は豊中代表の3勝2敗でした

4年前に少年野球団として来豊したパブロ・オッシオさん(15歳、米サンマテオ市)からのメッセージ
 私が少年野球交流に参加したのは、歴史ある伝統文化や日本の野球を体験したかったからです。
 豊中で一番印象深かったのは、皆さんが心から歓迎してくれたこと、そして街が清潔で美しいことでした。
 お互いの国や文化に違いがあっても、野球に対する熱い思いは同じでした。親善試合の相手チームと夕食をともにし、ボウリングで対戦したのは最高に楽しかったです。今はメジャーリーグの野球選手をめざして頑張っています。
写真キャプション:4年前のサンマテオ親善少年野球団のメンバー。左端が11歳のパブロ・オッシオさんで、豊中をとても気に入り、昨年7月、サンマテオ学生親善使節としても来豊してくれました

サンマテオ市親善少年野球団が8月に来豊します
 40周年の記念の年、豊中市少年野球チームとの交流試合をみんなで応援して盛り上げましょう。
少年野球親善交流40周年セレモニー
(日時)8月1日(木曜日)10時~11時
(場所)市役所第二庁舎ロビー(中桜塚)
親善試合
(日時)
第1戦 8月1日(木曜日)14時15分~15時45分
第2戦 8月2日(金曜日)10時15分~11時45分
第3戦 8月4日(日曜日)10時15分~11時45分
第4戦 8月4日(日曜日)15時~16時30分
第5戦 8月5日(月曜日)10時15分~11時45分
(場所)豊中ローズ球場(曽根南町)
【問い合わせ】魅力創造課 【電話】6858-2872

リレーエッセー「住んで 作って 出会う街」 (中川洋典さん・絵本作家)(44ページ、45ページ)

とよなか ゆめ・まち・ひと リレーエッセー

住んで 作って 出会う街
 豊中で暮らし始めて22年、絵本を作る仕事をしています。絵本作りの面白いところは、宝物(読者に伝えたいこと)を探して掘り進んでゆくうちに、全く別な宝物を見つけてしまう時。一筋縄ではいかないですが、もの作りの楽しさがいっぱい詰まった仕事だと思います。
 昨年出版された『ミカちゃんのひだりて』(ひかりのくに)という絵本は、編集者さんもデザイナーさんも豊中在住者で、私を含めた豊中トライアングルでできた絵本です。編集の方は阪急の駅二つ隣だったので、朝一番に喫茶店で二人してミーティング、終わると彼はそのまま出社してゆきました。お互いに時間の無駄がなく効率的でしたね。
 私の絵本は小学校低学年向けの作品が多いため、豊中市内の小学校で自作絵本を読む機会をいただくことがあります。子どもたちは真剣なまなざしで聞き入り、遠慮のない反応をくれます。時には痛~い感想も(笑)。豊中に住んで、豊中で絵本を作り、豊中の元気一杯の読者に出会える。それは理想的な循環だと思えます。
 昨年の11月に、この街に住んで絵本を作ることの意味を教わる機会がありました。岡町図書館で、子どもの読書を地域で見守ることをテーマにした集いがあったのです。
 参加されたのは豊中で主に子どもの読書に関する活動をしている方々、それに本屋さんや絵本作家さん(←私の他にもう一人!)といった子どもの読書を根っこから支えたいと思う人たち。約2時間の情報交換などが行われたのですが、子どもと子どもの本に対して情熱を持って地道に活動されている人が、かくもたくさんいらっしゃる事に驚きました。
 
 思えば初めて絵本を出版してから、ずっとこの豊中で絵本を作ってきたんだった。そんなことすら、私は忘れていた。自分が生活をしている場所で、絵本と子どもについて、私はもっと人と出会うべきであり、言葉を交わすべきだ。
 そう思ったら、この街の見え方が少し変わりました。私が探している宝物を伝えたい人って、すぐそばにいるのかもしれない。

Q何を描く時が一番楽しい?
A人物やモノが密集している絵を描くのが、最高に好きです。ごちゃごちゃと押し合うような様は、熱や匂いを感じられるから。オシャレでシャープなビジュアルセンスは、全く持ち合わせていないです(笑)。

中川洋典(なかがわ・ひろのり)[絵本作家、イラストレーター]
 昭和36年(1961)、京都府舞鶴市生まれ。平成9年(1997)から豊中市在住。同14年から創作絵本を中心に、知識絵本や教材となる学習絵本を制作。
 主な作品に『きいてるかい オルタ』(童心社)、『ピオポのバスりょこう』(岩崎書店)、『デデとひこうき』( 文研出版)などの絵本のほか、『焼き肉を食べる前に。』(解放出版社)などの読み物がある。

とよなか風物詩「シオカラトンボ」(45ページ)

とよなか風物詩

シオカラトンボ
【トンボ科シオカラトンボ属】
 夏空を映したような青い目に、名前の由来でもある塩を吹いたような粉に覆われた灰青色の体は、成熟したオスの姿。メスと若いオスの体は、黄色に黒い斑紋があり「ムギワラトンボ」とも呼ばれています。
 流れの緩い川などの水辺のほか市街地でもよく見られ、なじみのあるトンボの一種です。

5月~ 10月、二ノ切池公園(東豊中町)や豊島公園(曽根南町)などで見ることができます。

まちかどスケッチ「ニュースポーツデー」 ほか(46ページ、47ページ)

まちかどスケッチ

あんな競技こんな競技で楽しむ
ニュースポーツデー
 6月1日に豊島体育館(服部西町)でニュースポーツデーを開催。テニスなどおなじみの競技のほか、ペタンクや囲碁ボールなど珍しい競技も楽しめました。

囲碁ボールとは?
 白黒のボールをスティックで打ち合い、直線に並べていく五目並べのような競技。
ペタンクとは?
 標的球に近づくように球を投げ合う競技。相手の球にぶつけるなどカーリングのような駆け引きが楽しめます。

水気をまとい
アジサイ 色鮮やかに
市内のアジサイが見頃
 梅雨の風物詩・アジサイが見頃を迎えました。青紫に色付き咲くのは、服部緑地の日本民家集落博物館のもの。この他、こぼれび通り(新千里東町)など市内各所でも、色とりどりのアジサイが道行く人を楽しませていました。

日々の訓練を積み重ね
人を、まちを 守ります
G20大阪サミットや災害に備える
 市消防局は、G20大阪サミットの開催を前に、期間中の安全・安心を守るため、大阪国際空港(蛍池西町)で空港従業員との連携訓練や消防設備の点検を実施しました。また、災害に備えた震災警防本部の立ち上げ訓練も行いました。

淡き光
豊中のホタル 宵闇に舞う
ほたるの夕べ 蛍の里で開催
 新豊島川の蛍の里(原田南)を一般公開する「ほたるの夕べ」が6月7日~ 9日に開催されました。
 飛び交うホタルは、市職員が育て放流したもの。ヘイケボタルとゲンジボタルの織りなす幻想的な光が、訪れた人たちを魅了しました。 

私たちの見た描いた
伝えたい まちの風景
中高生景観スケッチ原画展を開催
 市内の魅力的な景観を紹介する冊子「発見!とよなか景観スケッチブック」と「とよなか景観まちあるきブック」。これらの冊子に掲載された、第一中学校と梅花高校の美術部員がまち歩きをして心に残った風景を描いた作品25点が、市役所第二庁舎ロビーで6月5日~ 7日に展示されました。

市公式のソーシャルメディアで市の魅力を発信中!
ぜひご覧ください。
フェイスブックページ
https://www.city.toyonaka.osaka.jp/joho/kouhou/facebook.html
広報ツイッター
https://www.city.toyonaka.osaka.jp/joho/kouhou/twitter.html

まちのいいとこ教え隊「西丘小学校区」(裏表紙)

まちのいいとこ教え隊
西丘小学校区28

千里緑地(新千里西町2丁目・3丁目)
千里丘陵の一部で、緑地として整備され、タヌキやウグイス、コゲラなどが生息する昔ながらの里山の姿を残しています。
ボランティアの皆さんと自然観察に行ったよ

千里西町公園(新千里西町2丁目)
遊具のある広場と、さまざまな樹木が生い茂る丘があります。ボランティアの皆さんによって管理されており、地域活動が盛んな校区の特色が表れています。
石造りの円形ステージもあるよ

つながりのひろば(新千里西町1丁目)
パナソニック ホームズ本社ビルに設けられた広場。在来種を中心とした植栽のほか、ビオトープには千里生まれのメダカを放流しています。風力・太陽光発電機や防災ベンチも整備され、災害時には避難者・帰宅困難者のために活用されます。
千里丘陵のため池で発見されたメダカなんだって

どんな校区?
 とよなか百景にも選出されている千里緑地や道路沿いのユリノキ並木、広い公園など、豊かな自然環境に恵まれた校区です。
 住民の少子高齢化が課題となった時期もありましたが、近年は再開発が進み、子育て世帯が多く移り住んでいます。

学校の特徴は?
 昭和42年(1967)に千里ニュータウン地区の開発に伴う児童の急増に対応するため東丘小学校内(新千里東町)で開校。同年8月に現在の場所に移りました。
 平成29年(2017)に完成した新校舎は、中央にある吹き抜けの図書館や地域活動の拠点となっている「学校・地域連携棟」が特徴です。
 地域住民の皆さんによる学校支援ボランティアの活動が盛んで、昔遊びや田植えなどの体験、お話し会、餅つきなどさまざまな活動が行われています。 



広報とよなか7月号
令和元年(2019)7月1日発行
発行:豊中市 〒561-8501 豊中市中桜塚3-1-1
       (開庁時間:平日9時~17時15分)
編集:都市経営部 広報戦略課

市への問い合わせは、総合コールセンターへ
※おかけ間違いのないよう、ご注意ください
専用電話:6858-5050 月曜~金曜日は8時~21時
土曜・日曜日、祝・休日、年末年始は9時~17時
専用 FAX:6858-8686 24時間受信
市役所へはバスか電車で 市役所の駐車場は有料です。駐車台数に限りがあるため、駐車待ちの時間が長くかかることがあります。

お問合せ

都市経営部 広報戦略課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎3階
電話:06-6858-2028
ファクス:06-6842-2810

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで