このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

平成31年(2019)1月号「広報とよなか」テキスト版

ページ番号:667953054

更新日:2019年1月11日

このページでは市民の皆さまにお届けしている「広報とよなか」のテキストを掲載しています。

訂正とお詫び

裏表紙 まちのいいとこ教え隊 刀根山小学校区

「どんな校区?」に誤りがありました。
(正)平安時代の和歌などに登場した
(誤)万葉集でも詠まれた
万葉集で詠まれたのは島熊山でした。待兼山は、枕草子、古今和歌六帖、新古今和歌集などに登場します。
お詫びして、訂正します。

表紙「大門公園での消防出初式」

くらし、もっと豊かに
広報とよなか

1 January Vol.825
平成31年(2019)


特集1 3~7ページ
新春市長対談
「これまで」と「これから」
豊中の未来を創る

特集2 ひゅうまん通信 42・43ページ
学びたかったことがここにある

リレーエッセー 44・45ページ
理論物理学者 橋本幸士さん

目次
2新年のごあいさつ
8豊中のいま
91月のお知らせ
38相談の窓口
40クロスワードパズル
41とよなかタイムスリップ
45風物詩
46まちかどスケッチ

大門公園「消防出初式」(40ページ参照)

新年のごあいさつ(2ページ)

新年のごあいさつ

豊中市長
長内繁樹
 明けましておめでとうございます。
 皆様には、よき新春をお迎えのこととお慶(よろこ)び申しあげます。
 平素は市政の推進にひとかたならぬご厚情を賜り、厚くお礼申しあげます。
 市長に就任して初めての新年を迎え、身も心も引き締まる思いでございます。
 昨年は、夏の全国高等学校野球選手権大会が第100回記念大会を迎えました。高校野球発祥の地である本市におきましても、高校野球の歴史を振り返る写真パネルや歴代優勝校のユニホームを展示した記念展の開催など、高校野球の歴史と魅力を発信してまいりました。
 一方で、国内外共に災害が多い一年でもあり、特に6月の大阪北部地震、9月の台風により、本市も大きな被害を受けました。被災を教訓とし、いつ起こるか分からない自然災害に対して、さらなる安心・安全の確保に努めてまいります。
 本年は、元号が新しくなるなど、変化に富む年となります。私も基本理念である「未来につなぐ創る改革~人と地域が活きるまちづくり~」に全力で取り組んでまいりますので、皆様には変わらぬご支援とご鞭撻(べんたつ)をお願い申しあげますとともに、新しい年が充実した素晴らしい年となりますようお祈りいたします。

豊中市議会議長
喜多正顕
 明けましておめでとうございます。
 皆様方には、心も新たに新春をお迎えのこととお慶び申しあげます。
 旧年中は、市議会活動に温かいご理解とご協力を賜り、厚くお礼申しあげます。
 昨年は、京都大学特別教授である本庶佑さんのノーベル医学・生理学賞受賞をはじめ、大坂なおみ選手が全米オープンテニスにおいて日本人で史上初めて優勝するなど、明るい話題に日本中が沸き立ちました。
 一方で、大阪北部地震や台風第21号などの自然災害が相次ぎ、あらためて日頃からの災害への備えなど、災害対策の重要性について再認識したところです。
 さて、市議会では、これまでの本会議のインターネット中継に加え、昨年から常任委員会のインターネット中継を開始しました。また、市議会のしくみや活動内容などを分かりやすくお知らせするため、議会報「とよなか市議会のうごき」を「広報とよなか」と別冊化するなど、さらなる情報発信の充実にも力を入れております。今後も、市民の皆様から、より信頼される議会づくりに努めてまいります。
 本年が皆様方にとりまして、健やかで実り多い年となりますことを心よりお祈りいたします。

特集1「新春市長対談」(3ページから7ページ)

特集1
新春市長対談

「これまで」と「これから」豊中の未来を創(つく)る
 ずっと豊中市に暮らし続けている毎日放送アナウンサーの古川圭子さんを迎え、子育てや人生100年の充実、そして豊中の「これまで」と「これから」について長内繁樹市長と語り合っていただきました。

毎日放送アナウンサー
古川圭子
 克明小学校、第五中学校、豊中高校出身。大学卒業後、日本航空のグランドスタッフとして大阪国際空港に勤務し、平成5年(1993)に毎日放送に入社。2児の母。同20年5月から同24年5月まで豊中市教育委員会委員、同30年6月から、豊中市まち・ひと・しごと創生総合戦略委員を務める。
 テレビ「医のココロ」、ラジオ「子守康範 朝からてんコモリ! 」月・火曜日などを担当。

豊中市長
長内繁樹

居心地が良くてずっと豊中に
長内繁樹市長(以下:市長) これまでも広報とよなかへのご寄稿や、市の委員を務めていただくなど、古川さんにはいろいろな機会で市政にご協力いただいております。
 実は、生まれてからずっと豊中にお住まいなのですね。
古川圭子(以下:古川) 両親が偶然に岡町駅近くの社宅に住み始めたことがきっかけで、結婚するまでずっと岡町に。結婚後も豊中を選びました。
市長 生まれ育った豊中でずっと暮らしておられる理由は何ですか。
古川 一つは、交通がとても便利なこと。そして何より、日々の暮らしの安心感です。とても居心地が良くて、市外に引っ越す理由がなかったですね。
市長 電車やモノレール、バス、高速道路、空港という交通利便性は、豊中の大きな魅力の一つですが、安心して生活ができるまちというのはとても大事なことです。
古川 そうですね。子どもが生まれ、ベビーカーを押して商店街を歩いていると、なじみのお店で「出産のお祝いだから持って行って!」と商品をいただいたことも。
 自分が育ったまちで、見知った人が声を掛けてくれると何だかほっと和みます。長年住んでいるので、ご近所さんが親戚のようで。子どもたちも見守られて成長しました。
市長 声を掛け合える人と人のつながりがあることはうれしいですね。市はこれまで培われてきた地域のつながりを大切に、誰もが住み慣れた地域で安全で安心して暮らすことができる、福祉先進都市をめざしています。
 ずっと住んでいると、まちの変化にもいろいろな思い出があるのではないでしょうか。
古川 印象に残っているのは、阪急宝塚線が高架になったこと。工事の様子を眺めながら、「高架が完成するころ、私はどんなまちで暮らしているのだろう」と考えていました。そのころは、まさかずっと豊中で暮らし続けているとは思ってもいませんでした。
 高架化され、電車から見える景色も変わり、生まれ育ったまちを新鮮に感じました。
市長 高架化により踏切がなくなり、安全で便利に通行でき、道路渋滞も緩和されました。
 そうした、時代に応じた変化を進める一方で、継承していくべき歴史や文化、自然、昔ながらの雰囲気や風情といった豊中の財産も大切にしていきたいと考えています。
古川 変わらない街並みも良いものですね。子どものころは近所の神社の境内で遊び、ちょっとした冒険気分でした。地域の日常に溶け込んだ場所で、文化や歴史に触れられたことは良かったと思います。

子育てにうれしいまち
市長 生まれ育ったまちで今度はご自身が子育てをする中で、豊中の子育て環境はどのように思われますか。
古川 身近に公園や図書館があり、良かったです。ふれあい緑地や服部緑地にも遊びに行きましたし、公民分館の運動会にも参加しました。また、地域で子育てを支援してくれるファミリー・サポート・センターも利用し、会員同士のつながりにずいぶん助けられました。私の場合、援助会員さんと子ども同士の年齢も近く、親子ともに友達ができたような感覚で利用できました。
市長 育児に関するさまざまな事業や施設を利用されたのですね。これまでもさまざまな子育て支援を進めてきました。昨年4月には待機児童ゼロを達成できましたが、今後も維持していくために民間保育所などの整備を進め、保育の受け皿を確保していきます。また、子ども医療費助成の拡充や子どもが安心・安全に過ごせる居場所づくりなど、妊娠・出産・子育てと切れめないサポートを強化していきたいと思っています。
 古川さんも子育てと仕事の両立は本当に苦労が多かったのではないですか。
古川 私が勤めている放送局は24時間365日営業なので、夜や泊まりの勤務、また遠方への出張などもあります。そのため、私より上の世代の女性は、結婚や出産を機に退職する人が多く、仕事と家庭の両立という面では相談できる先輩が少なく手探りでした。だからこそ今は、それぞれの家庭の子育て事情を職場のみんながお互いに認め合い、できる範囲で業務を分担して助け合えるようにしています。
市長 私もずっと共働きで、二人の子どもを豊中で育てました。今では、積極的に育児に関わる男性も増えています。子どもとの時間は男性も大切にしてほしいですね。子育てに関わることができる時間は、ほんの短い期間です。私自身、子どもたちと同じ時間を共有し、子育ての楽しさを実感しています。
 男性も女性も子育てしながら社会で活躍してもらうためには、女性の視点をより取り入れていく必要があると考えました。そこで、副市長に市で初となる女性を任命し、より多くの皆さんが活躍することができるよう、市の応援体制も整えていこうと思います。また、内閣府が進める「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の行動宣言にも賛同しました。
古川 男性も女性も働きやすい環境を築くことが大切ですね。最近は、平日の学校行事で父親の姿を多く見るようになりました。父親の会ができたりもしていますね。家庭とは違った子どもの様子を知ることも親子関係を築くためには大切なことだと思います。

人生100年の充実 共に支え合っていくまち
市長 人生100年時代といわれています。豊中市も「人生100年充実プロジェクト」を掲げ、誰もが生涯にわたって活躍できる環境を整えることや地域でお互いが支え合っていけるまちをめざしています。古川さんご自身が、これから仕事を通じて実現したいことや退職後に挑戦したいことはありますか。
古川 昔と比べ、視聴者の皆さんから、私たちが普段感じたことを生かした番組へのニーズが高まってきたと思います。これからも番組作りに参加して、共感してもらえる情報をしっかりとお伝えしていきたいです。
 また、最近は、大学のキャリア講座で講師を務める機会もあり、これまで働いてきた中で学んだことを次の世代へ伝えていくことに力を入れていきたいと思っています。
市長 放送の業界で活躍され、キャリアを重ねてこられた古川さんのように、女性がさまざまな場で活躍し、輝くまちづくりに取り組んでいきたいと考えています。
古川 さらにもっと先々を見据えると、地域での催しや活動にも参加して貢献していきたいです。そうやって社会とのつながりを保っていけたらいいな、と思います。
市長 健康寿命が延びて、社会で活躍する高齢者も増えていくと思います。退職後は、よりいっそう人生が輝くとき。充実した人生100年を送るためにも、健康の増進や地域で共に支え合えるよう力を入れていきます。

豊中の未来を創る
市長 市は、暮らしの場として選んでもらうための「豊中ブランド戦略」を策定し、豊中の魅力を発信するシティプロモーションにもいっそう力を入れていこうとしています。
古川 大切なことですよね。市のPRに、市民の皆さんにも積極的に参加してもらってはいかがでしょうか。テレビやラジオでも情報やアイデアを視聴者の皆さんから募ることは多々あり、私たちが調べたり考えたりするよりも、ずっと面白いものがあります。
市長 行政だけではなく、市民の皆さんと共に市の魅力を発信し共有していくことが大切です。それが豊中のブランド力を高め、未来を創る原動力の一つになるのでしょうね。
古川 今では、ツイッターやフェイスブックなどインターネットを利用して、情報の発信を誰もが気軽にできるようになりました。一緒に魅力を発信していくことで、皆さんの豊中に対する愛着や誇りもいっそう強くなると思います。
市長 市も昨年、公式ツイッターを始めたところです。そうした媒体の積極的な活用に取り組み、皆さんと一緒に豊中を盛り上げていきます。最後に、豊中の未来に期待することをお聞かせいただけますか。
古川 豊中には、このまちが本当に好きで住んでいる人が多いと感じます。そうした、市民の皆さんで力を合わせて行動する豊中らしさを大切にしながらも、未来に向かって時代に合わせて変わるべきところは変わりながら、いつまでもにぎわいのあるまちであってほしいです。
市長 今後、たくさんの市民の皆さんと関わりながら、豊中らしさを大切に、「住み続けたい」、そして「住んでみたい」と思ってもらえるような活気のあるまちづくりを進めていきます。 
これからも住み慣れたまち、豊中を応援してください。本日は、ありがとうございました。

昔ながらの雰囲気を大切に。
ぬくもりがうれしいまち 豊中(古川)
すべての世代が活躍でき、
活気ある憧れのまち 豊中に(長内)
動画で見られます
https://www.youtube.com/user/kouhoutoyonaka/videos?disable_polymer=1

豊中のいま(8ページ)

豊中のいま
市政に関わる大きなニュースをお知らせします

教育及び文化の振興に関する総合的な施策の大綱を策定
 市は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律に基づき、教育の目標や施策の根本的な方針である「教育及び文化の振興に関する総合的な施策の大綱」を策定しました。基本理念を「子どもを真ん中に、誰もが輝き、夢と希望にあふれる未来を創造します」と定め、「すべての子ども、若者が自分の人生を切り拓く力を育む」「誰もが豊かな人生を送ることができる環境をつくる」の2つの方針に基づき、市民や地域団体、事業者などの皆さんとともに教育文化先進都市をめざした取り組みを進めます。
 同大綱は、企画調整課や市政情報コーナー、市ホームページでご覧になれます。
【問い合わせ】同課 【電話】6858・2675

税の手続きや制度改正、役立つ豆知識を発信
税担当課が公式SNSを1月から開始
 1月4日(金曜日)から、税業務を行う5課(固定資産税課・債権管理課・市民税課・税務企画課・納税管理課)が公式ツイッターと公式フェイスブック(いずれもアカウント名は「豊中市【公式】市税なるほど情報」)を始めます。多くの皆さんのフォローをお待ちしています。
【問い合わせ】市民税課 【電話】6858・2131
フェイスブック
https://www.facebook.com/toyonakazei/
ツイッター
https://twitter.com/toyonaka_zei

あなたの大切な一票を住みよいまちづくりのために
今年は統一地方選挙
 任期満了に伴って4月に行われる府議会・市議会の議員選挙の日程が、下記のとおり決まりました。
告示日・立候補届け出日投票日・開票日
府議会議員選挙3月29日(金曜日)/4月7日(日曜日)
市議会議員選挙4月14日(日曜日)/4月21日(日曜日)

有権者になったら投票を
 18歳になると選挙人名簿に登録され、選挙を通じて国や地方の政治に参加できるようになります。投票日には、入場整理券を持参の上、投票に行きましょう。仕事や旅行、冠婚葬祭などで投票日当日に投票できない場合は、期日前投票ができます。
市議会議員選挙立候補予定者説明会を開催
【日時】2月8日(金曜日)13時30分~16時
【場所】福祉会館(中桜塚)
【内容】市議会議員選挙立候補予定者に必要書類を配布。立候補予定者1人につき3人まで出席可
【その他】立候補予定者は必ず出席

投票事務従事者を募集しています
 投票所で選挙事務に従事する人の登録を、随時受け付けています。
【申し込み】選挙管理委員会で配布の「豊中市投票事務従事者(臨時職員)登録申込書」(市ホームページからも取り出し可)を記入し、写真を貼付の上、〒561-8501「豊中市役所選挙管理委員会事務局」へ持参か郵送
【問い合わせ】選挙管理委員会 【電話】6858-2480

お知らせ「健康・福祉」(9ページから15ページまで)

1月のお知らせ
\このマークにご注目!!/
未就学児に関わる制度や催しに■子ども■マークをつけています
詳しい内容は市ホームページをご覧いただくか、各連絡先に問い合わせてください。
電話番号はお間違いのないよう、ご注意ください。

健康・福祉

健康に関する総合相談窓口 
中部保健センター(岡上の町)【電話】6858‒2292
(妊娠・出産・子育て相談窓口は【電話】6858‒2293)
月曜~金曜日(祝・休日を除く)9時30分~12時
保健師、助産師、歯科衛生士、栄養士などが相談を受けます

〉〉〉妊婦・産婦
母子健康手帳・妊婦健康診査受診券の交付
【場所】中部(岡上の町)・庄内(島江町)・千里(新千里東町)の各保健センター
【内容】手帳・受診券の交付、母子保健サービスの説明、妊婦相談ほか
【問い合わせ】中部保健センター【電話】6858‒2293
※市外から転入し、豊中市の受診券と交換していない場合は中部保健センターに問い合わせ

マタニティークラス
【日時】2月13日(水曜日)13時30分~15時30分
【場所】庄内保健センター(島江町)
【内容】妊娠中の食事や歯について、歯磨き実習、妊娠中に知っておきたい授乳の話
【対象・定員】20人
【申し込み】電話で中部保健センター【電話】6858‒2804。先着順

ぷれまま&育児ママ相談室
【日時】【場所】2月19日(火曜日)中部保健センター(岡上の町)・千里保健センター(新千里東町)、2月21日(木曜日)庄内保健センター(島江町)。いずれも9時30分~15時
【内容】助産師による妊婦や授乳中の母と子の個別相談(乳腺炎は除く)
【対象・定員】各10人
【申し込み】電話で中部【電話】6858‒2804・千里【電話】6873‒2721・庄内【電話】6332‒8555の各保健センター。先着順

■子ども■乳幼児に関する教室・相談・健康診査
離乳食講習会
・ごっくんクラス
【日時】【場所】①2月4日(月曜日)中部保健センター(岡上の町)②2月8日(金曜日)千里保健センター(新千里東町)。いずれも13時45分~
【対象・定員】生後4カ月・5カ月ごろの子どもの保護者、①60人②45人
・かみかみクラス
【日時】【場所】①2月5日(火曜日)中部保健センター(岡上の町)②2月6日(水曜日)千里保健センター(新千里東町)。いずれも13時45分~
【対象・定員】生後8カ月・9カ月ごろの子どもの保護者、①60人②45人
幼児食講座
【日時】【場所】2月4日(月曜日)中部保健センター(岡上の町)、2月8日(金曜日)千里保健センター(新千里東町)。いずれも14時45分~
【対象・定員】1歳~おおむね3歳の子どもの保護者、各15人
【申し込み】1月9日(水曜日)9時30分から電話で中部保健センター【電話】6858‒2804。先着順

すくすくよい歯の教室
【日時】【場所】2月12日(火曜日)千里保健センター(新千里東町)、2月22日(金曜日)中部保健センター(岡上の町)。いずれも13時30分~
【内容】乳児の歯科健診と保護者の虫歯菌テスト、歯磨き準備と虫歯予防の話
【対象・定員】生後8カ月~10カ月ごろの子どもと保護者、各30組
【申し込み】1月8日(火曜日)9時30分から中部保健センター【電話】6858‒2804。先着順

子どもアレルギー専門相談(初回優先)
【日時】2月27日(水曜日)13時30分~16時
【場所】中部保健センター(岡上の町)
【内容】医師による診察、看護師・栄養士による個別相談(10分程度)
【対象・定員】ぜんそくや湿疹、食物アレルギーなどアレルギーの病気で困っている15歳未満の子どもと保護者、8組
【申し込み】1月10日(木曜日)10時から電話で同センター【電話】6858‒2804。先着順

産婦・新生児・低体重児訪問指導
【内容】乳房の手当てや母乳の与え方、赤ちゃんの発育などについて、保健師、助産師が家庭訪問し個別相談
【対象・定員】生後28日以内(過ぎても可)の新生児と産婦
【申し込み】母子健康手帳の「産婦・新生児訪問依頼票兼低体重児連絡票」を中部【電話】6858‒2293・庄内【電話】6332‒8555・千里【電話】6873‒2721の各保健センターへ郵送。電話可

乳幼児健康診査
【内容】4カ月児健診、1歳6カ月児健診、3歳6カ月児健診
【対象・定員】対象者には日程などを個別に送付
【その他】健診未受診の人には、保健師が家庭訪問を行う場合あり
【問い合わせ】中部保健センター【電話】6858‒2804

■子ども■定期予防接種(一覧表は偶数月に掲載)
 詳しくは、予防接種手帳(出生届受付の約1カ月後に郵送)や母子健康手帳、市HPを確認してください。予防接種手帳に記載の医療機関で予約の上、接種してください。なお、ヒブと小児用肺炎球菌、B型肝炎ワクチンは、生後2カ月からが望ましい接種対象年齢です。定期予防接種の受け方(年齢・回数・間隔)が異なると、任意接種(有料)になる場合があるため注意してください。市外から転入し豊中市の予診票を持っていない人、特別な事情により市外で予防接種を希望する人(要事前申請)、予防接種についての相談は、保健所(中桜塚) 【電話】6152‒7329に連絡してください。

〉〉〉成人健診 平成30年4月~平成31年3月の間で1回、集団・一括・個別のいずれかを選んで受診してください
申し込み方法 
【集団健診】
【申し込み】健診受付専用ダイヤル 【ナビダイヤル】0570‒00‒2291(月曜~金曜日、9時~17時15分。毎月10日は土曜・日曜日、祝・休日も開設)
▶平成31年3月分まで随時受け付け可。各健診定員あり。先着順。定員を超えた場合は別日を案内
▶「広報とよなか」掲載以外にも日程あり。健診受付専用ダイヤルに問い合わせてください
▶受診決定者には受診日の1週間前までに詳細の案内を発送
▶健診結果は約1カ月後に郵送
【個別健診】
各取扱医療機関に直接申し込み。取扱医療機関は中部保健センター【電話】6858‒2291へ問い合わせ。結果のお知らせ方法は医療機関によって異なるため、受診の際に確認してください 

受診に当たっての必要書類ほか
▶資格確認のため下記の書類を持って、各会場
【特定健康診査・後期高齢者医療健康診査】
・受診券 ・受診票(ピンク色)
・健康保険証か後期高齢者医療保険証
【市民健康診査・がん検診ほか】
・受診票(ピンク色)
▶市民税非課税世帯や生活保護受給世帯、中国残留邦人等支援給付対象の人は無料になる制度あり(要申し込み)
【問い合わせ】中部保健センター【電話】6858‒2291
▶集団健診年間日程や個別健診取扱医療機関などは市ホームページでも閲覧可

健診の種類・対象・定員・費用/集団健診・一括検診の日程/個別健診の有無ほか
市民健康診査
事業所などで健診を受ける機会のない30歳~39歳の人(障害者手帳を持つ15歳以上の人)、40歳以上の生活保護受給者
特定健康診査
市国民健康保険に加入する40歳~74歳の人
後期高齢者医療健康診査
後期高齢者医療保険に加入している人
【対象・定員】各70人 
医療保健センター(上野坂) 2月4日(月曜日)・21日(木曜日) 9時~11時 
千里保健センター(新千里東町) 2月5日(火曜日) 13時~15時
庄内保健センター(島江町) 2月7日(木曜日)  13時~15時
▶個別健診あり
▶問診、身体測定、血圧測定、血液検査、尿検査、医師の判断により貧血・心電図・眼底検査

肝炎ウイルス検査
【対象・定員】B型・C型肝炎検査を過去に受診したことのない、20歳以上の人 
上記の特定健康診査などと同時実施 
▶個別検診あり
▶血液検査

大腸がん検診
【対象・定員】40歳以上、各70人
【費用・参加費】300円(大腸がん検診単独受診者) 
上記の特定健康診査などと同時実施 
▶個別検診あり(ただし、大腸がん検診の単独受診は不可)
▶問診、便潜血反応検査2日法

前立腺がん検診
【対象・定員】50歳以上の男性、各70人
【費用・参加費】500円 
上記の特定健康診査などと同時実施 
▶個別検診あり(ただし、前立腺がん検診の単独受診は不可)
▶血液検査(PSA検査)

肺がん・結核検診
【対象・定員】40歳以上、各70人
【費用・参加費】無料。問診後、必要な人に、たん検査200円 
上記の特定健康診査などと同時実施 
刀根山病院(刀根山) 2月16日(土曜日) 9時~11時
▶個別検診なし
▶問診、胸部エックス線撮影

胃がん検診(選択制) 
胃エックス線検査
【対象・定員】40歳以上、各40人
【費用・参加費】800円 
千里保健センター(新千里東町) 2月1日(金曜日) 9時~11時 
庄内保健センター(島江町) 2月20日(水曜日) 9時~11時 
医療保健センター(上野坂) 2月21日(木曜日) 9時~11時 
▶個別検診あり
▶問診、胃部エックス線撮影

胃内視鏡検査
【対象・定員】50歳以上の、西暦で偶数年生まれの人
【費用・参加費】1,000円  
▶個別検診のみ
▶問診、胃カメラ検査
▶抗血栓薬服用中の人など既往症によっては受診できません

乳がん集団検診
【対象・定員】30歳以上の、西暦で偶数年生まれの女性。ただし、平成29年度未受診の人は受診可。午前・午後各40人
【費用・参加費】500円 
庄内保健センター(島江町) 2月8日(金曜日) 9時30分~11時、13時30分~15時 
医療保健センター(上野坂) 2月15日(金曜日) 9時30分~11時、13時30分~15時
中部保健センター(岡上の町) 2月17日(日曜日)・20日(水曜日) 9時30分~11時、13時30分~15時
乳がん一括検診
上記乳がん集団検診を参照。300人程度
【対象・定員】500円
【費用・参加費】2月受診分は1月10日(木曜日)9時から健診受付専用ダイヤル 【ナビダイヤル】0570‒00‒2291。先着順
■あおき・まるやまクリニック(新千里東町)月曜~土曜日(午前。火曜・木曜日は午後も実施)■千里LC健診センター(新千里東町)月曜~金曜日(午後)、土曜日(午前)■阪本胃腸・外科クリニック(新千里東町)木曜日(午前)、金曜日(午後)■関西メディカル病院(新千里西町)月曜~金曜日(午前・午後)、土曜日(午前)■momウィメンズクリニックおおさこ(緑丘)木曜・土曜日(午前)■MIクリニック(少路)木曜日(午後。月1回)■豊中渡辺クリニック(服部西町)火曜・水曜・金曜・土曜日(午前)■上田病院(庄内幸町)水曜日(午後)
▶個別検診なし
▶問診、触診、マンモグラフィー
▶妊娠中(妊娠の可能性のある人も含む)、授乳中、卒乳後6カ月以内、豊胸手術や脂肪注入をしている、またはペースメーカーを装着している人、乳腺外科で治療中や経過観察中の人は受診できません
▶しこりや痛み、乳頭からの分泌など自覚症状がある人は乳腺外科のある医療機関を受診してください

子宮がん検診
【対象・定員】20歳以上の、西暦で偶数年生まれの女性。ただし、平成29年度未受診の人は受診可。各60人
【費用・参加費】600円。個別検診のみ頸・体部1,000円 
医療保健センター(上野坂) 2月1日(金曜日) 13時30分~15時 
庄内保健センター(島江町) 2月12日(火曜日) 13時30分~15時
▶個別検診あり
▶子宮頸部細胞診(個別検診のみ、医師の判断により体部検診も受診可)

歯科健康診査
【対象・定員】30歳~74歳の人、75歳以上の生活保護受給者
【費用・参加費】200円(70歳以上の人は無料)  
▶個別健診のみ
▶問診、歯周病・虫歯などの検査

〉〉〉検査・相談 ※祝・休日は休みます
HIV(エイズ)・梅毒即日セット検査と性感染症電話相談
【日時】【内容】〈HIV・梅毒即日セット検査〉1月17日(木曜日)・2月5日(火曜日)・21日(木曜日)・3月5日(火曜日)13時~14時。結果は15時~16時に本人へ手渡し 
〈性感染症電話相談〉月曜~金曜日9時~17時15分。エイズや梅毒などの性感染症の予防・症状・感染・治療について、医師・保健師と相談
【場所】【問い合わせ】保健所(中桜塚)【電話】6152‒7316

風しん抗体検査
【日時】2月12日(火曜日)・26日(火曜日)13時30分~15時
【場所】保健所(中桜塚)
【対象・定員】妊娠を希望する女性とそのパートナー(抗体検査や予防接種を受けた人、風しんと診断された人は除く)ほか、各40人
【その他】検査結果で抗体価が低いと判定された人には予防接種の費用助成あり(条件あり)
【申し込み】1月4日(金曜日)9時30分から同所。先着順
【問い合わせ】同所 【電話】6152‒7316

結核の相談
【内容】医療費公費負担の申請、療養相談、日常生活について、医師や保健師などと相談
【場所】【問い合わせ】保健所(中桜塚)【電話】6152‒7316

〉〉〉急病電話相談
救急安心センターおおさか
【内容】救急医療相談を相談員や看護師が医師の支援体制のもと24時間、365日対応 
▶相談電話=携帯電話・PHS・プッシュ回線は【電話】#7119、ダイヤル回線・IP電話は【電話】06‒6582‒7119

■子ども■小児救急電話相談 
▶相談時間=20時~翌朝8時 
▶相談電話=携帯電話・PHS・プッシュ回線は【電話】#8000、ダイヤル回線・IP電話は【電話】06‒6765‒3650
※誤飲に関する相談は、大阪中毒110番【電話】072‒727‒2499(24時間、365日対応)

〉〉〉休日・夜間急病診療 ◎受診の際は必ず健康保険証などを持参してください
内容/受付日時/場所・連絡先
休日急病診療(内科、小児科、歯科) 
日曜日、祝・休日、年末年始(12月29日(土曜日)~1月3日(木曜日))9時30分~16時30分(診療は10時から) 
医療保健センター(上野坂)【電話】6848‒1661
庄内保健センター(島江町)【電話】6332‒8558

■子ども■小児初期救急(小児科) 
月曜~金曜日(祝・休日、年末年始を除く)18時30分~翌朝6時30分(診療は19時から)
土曜日(祝・休日、年末年始を除く)14時30分~翌朝6時30分(同15時から) 
日曜日、祝・休日、年末年始(12月29日(土曜日)~1月3日(木曜日))8時30分~翌朝6時30分(同9時から) 
豊能広域こども急病センター(箕面市萱野) 【電話】072‒729‒1981

眼科・耳鼻咽喉科の急病診療 
月曜~金曜日(祝・休日、年末年始を除く)22時~翌朝0時30分 
土曜日(祝・休日、年末年始を除く)15時~21時30分 
日曜日、祝・休日、年末年始(12月30日(日曜日)~1月4日(金曜日))10時~21時30分
中央急病診療所(大阪市西区) 【電話】6534‒0321

休日・夜間緊急歯科診療
日曜日、祝・休日、年末年始(12月29日(土曜日)~1月4日(金曜日))の休日診療時間10時~16時(受け付け開始9時30分) 
夜間の診療時間(毎日)21時~翌朝3時。要事前連絡 
大阪府歯科医師会館(大阪市天王寺区)【電話】6772‒8886、夜間専用【電話】6774‒2600

緊急歯科口腔外科診療
【内容】外傷、骨折、顔や歯肉・歯・唇・舌の重篤な炎症など口腔(こうくう)の緊急事態の応急処置
【その他】月曜~金曜日の診療時間外、土曜・日曜日・祝日・休日24時間対応 
大阪大学歯学部付属病院(吹田市山田丘)【電話】6879‒2848

上記医療機関では、けが、骨折、やけど、異物の飲み込みは受診できません
※けが、骨折、やけど、異物の飲み込みは症状により、下記の救急病院に相談してください

〉〉〉救急病院
■市立豊中病院(柴原町4‒14‒1)〈内科、外科〉【電話】6843‒0101■上田病院(庄内幸町4‒28‒12)〈内科、外科、整形外科〉【電話】6334‒0831■大阪脳神経外科病院(庄内宝町2‒6‒23)〈脳神経外科〉【電話】6333‒0080■小西病院(曽根東町2‒9‒14)〈外科〉【電話】6862‒1701■関西メディカル病院(新千里西町1‒1‒7‒2)〈内科、外科、整形外科〉【電話】6836‒1199■豊中若葉会病院(東豊中町5‒13‒18)〈内科、整形外科〉【電話】6856‒9550■豊中緑ヶ丘病院(少路1‒8‒12)〈消化器内科、消化器外科〉【電話】6853‒1700■千里山病院(庄内東町2‒7‒13)〈内科〉【電話】6385‒2395
※救急診療日が決まっている科目もありますので、各病院に直接問い合わせてください
※適切な医療機関が分からない場合は、府救急医療情報センター【電話】6693‒1199(24時間、365日対応)

医療介護福祉の地域学習会
白熱道場forキッズ
【日時】①1月12日(土曜日)②1月26日(土曜日)③2月9日(土曜日)。13時~15時
【場所】とよなか起業・チャレンジセンター(蛍池中町)
【内容】医療・介護・福祉について思考力と対応力を学ぶ講座。①医療に対するアイデアをシステム・デザイン思考で形にするワークショップ②漏れのない考え方・ミッシーを学び実践③災害時に病気の人や介護が必要な人に、自分が何をすべきか考える
【対象・定員】小学4年~6年生、各30人
【申し込み】地域福祉課 【電話】6858・2219。先着順

地域福祉活動支援センター1月の催し
復興支援デー
【日時】①1月16日(水曜日)②1月25日(金曜日)③2月4日(月曜日)。13時30分~15時
【場所】①庄本(庄本町)②北丘(新千里北町)③蛍池(蛍池中町)の各地域福祉活動支援センター
【内容】物産展、ポスター展、支援の歩み紹介、ストレッチ体操ほか
【問い合わせ】①社会福祉協議会 【電話】6848・1279②③各センター(②北丘 【電話】6835・2110③蛍池 【電話】6850・7001)
おれんじカフェ
認知症本人・家族・関係機関の集い
【日時】1月31日(木曜日)13時~14時30分
【場所】東豊中地域福祉活動支援センター(東豊中町)
【費用・参加費】100円
【問い合わせ】同センター 【電話】6850・8038

健康講演会
脳卒中の予防と治療
【日時】1月19日(土曜日)13時~14時
【場所】医療保健センター(上野坂)
【出演・講師・指導】市立豊中病院神経内科医長・森谷真之さん
【対象・定員】50人
【申し込み】同センター 【電話】6848・1661。先着順

暮らしの情報を受発信
SNS活用講座
【日時】1月25日(金曜日)①10時~12時②13時30分~15時30分
【場所】①とよなか地域創生塾庄内拠点(庄内西町)②北緑丘団地7号棟集会所(北緑丘)
【内容】ツイッターを活用した健康や災害などの情報の受発信方法を学ぶ
【対象・定員】各15人
【申し込み】地域福祉課 【電話】6852・2217。先着順

ひきこもりの家族交流会
【日時】1月25日(金曜日)14時~16時(初参加の人は13時からオリエンテーションあり)
【場所】保健所(中桜塚)
【内容】同じ悩みを抱える家族同士で思いを語り、情報交換
【対象・定員】家族のひきこもりに悩んでいる人、20人
【申し込み】電話で保健予防課 【電話】6152・7315。先着順

とよなかがんサロン
ケア用品展示会を同時開催
【日時】1月28日(月曜日)13時30分~15時(展示会は13時~15時)
【場所】市立豊中病院(柴原町)
【内容】がんとスキンケアについての講義・体験・交流ほか、ケア用品の展示・試着
【対象・定員】がん患者や家族
【申し込み】同病院 【電話】6843・0101。展示会は申し込み不要

今からでも間に合う
男のメンタルヘルス対策
【日時】2月23日(土曜日)14時~16時
【場所】すてっぷ(玉井町)
【内容】退職後に増えるうつ病やアルコール依存を防ぐため、男性の心の危機と対応策を学ぶ
【出演・講師・指導】大阪大学人間科学研究科未来共創センター招聘(しょうへい)教授・石蔵文信さん
【対象・定員】120人
【申し込み】電話で保健予防課  【電話】6152・7315。先着順

漢方の軟こうの
作り方と解説
【日時】1月29日(火曜日)14時~15時30分
【場所】千里公民館(新千里東町)
【出演・講師・指導】市薬剤師会副会長・濱中力さん
【対象・定員】40人
【申し込み】1月4日(金曜日)~28日(月曜日)10時~17時に電話で同会 【電話】6848・0563。先着順

かがやきの民営化に伴う
運営事業者を募集
【内容】民営化する介護老人保健施設かがやきなどの管理運営 ▼運営開始日=平成32年4月1日(水曜日) ▼募集要項の公示=1月31日(木曜日)~2月21日(木曜日)
【対象・定員】介護老人保健施設などの運営資格を有し、医療・介護・福祉の人材育成などの協働事業に応募(下記参照)する法人
【申し込み】保健医療課(中桜塚) 【電話】6152・7307で配布する募集要項(市ホームページからも取り出し可)で同課。選考あり

医療・介護・福祉の人材育成などの協働事業者を募集
【内容】医療保健センター(上野坂)と協働で、旧豊中看護専門学校校舎を活用した事業の運営 ▼運営開始日=平成32年4月1日(水曜日) ▼募集要項の公示=1月31日(木曜日)~2月21日(木曜日)
【対象・定員】介護老人保健施設かがやきなどの管理運営に応募(上記参照)する法人
【申し込み】同センター 【電話】6848・1661、保健医療課(中桜塚)で配布する募集要項(市ホームページからも取り出し可)で同センター。選考あり

1月の献血
大阪大学(待兼山町)=10日(木曜日)・11日(金曜日)10時30分~16時30分
阪急曽根駅前=19日(土曜日)10時~16時30分
※12時~13時は休み。成分献血は実施していません
※輸血用血液の安全性向上のため、本人確認ができるものの提示をお願いする場合があります
【問い合わせ】市献血推進協議会(社会福祉協議会内・岡上の町) 【電話】6841‒7335

こどもアレルギー講演会
【日時】2月27日(水曜日)14時~16時
【場所】中部保健センター(岡上の町)
【内容】日本アレルギー学会専門医・海老島優子さんによる「これだけは知っておきたい こどものアレルギーのウソ・ホント」。スキンケア実演あり
【対象・定員】50人
【申し込み】1月10日(木曜日)10時から健康増進課 【電話】6858・2804。先着順
【保育あり】要申し込み

(高齢者)

ぬくもりサロンとよなか
【内容】市内の銭湯を会場に、健康の保持や増進を図る講座を開催(以下参照)
【対象・定員】満65歳以上の人
【その他】今年度初めて参加する人は、住所と年齢を証明できるものを持参し、申込書(緊急連絡先など)を記入。体操には動きやすい服装で来場。参加者は当日講座終了後に限り100円で会場の浴場に入浴可
【申し込み】シルバー人材センター 【電話】6856・1777
【問い合わせ】高齢者支援課 【電話】6858・2707

1月のぬくもりサロンとよなか
講座名〈講師〉/日時・場所
ベーシックピラティスで元気よく過ごそう〈自力整体ナビゲーター・金子史奈子さん〉 
7日(月曜日)11時30分~12時30分、極楽温泉(服部寿町)【電話】6866‒1126
自力整体で筋肉を整え若返ろう〈自力整体ナビゲーター・秋山あゆみさん〉 
8日(火曜日)13時30分~14時30分、豊中温泉(本町)【電話】6849‒8117
ゆったりとした楽々気功で心も体も爽やかに〈気楽・白田雅子さん〉 
21日(月曜日)11時30分~12時30分、極楽温泉(服部寿町)【電話】6866‒1126
フルートデュオの演奏を聴き歌い楽しもう〈フルートカルテットエミココ・福島京さんほか〉 
22日(火曜日)13時30分~14時30分、豊中温泉(本町)【電話】6849‒8117
尺八とギターの合奏を聴き歌い楽しもう〈ギタリスト・野口弘さんほか〉 
30日(水曜日)13時30分~14時30分、幸福温泉(蛍池南町)【電話】6855‒4267

シニアのための
スマホ・タブレット講習会
【場所】くらしかん(北桜塚)
【対象・定員】おおむね60歳以上
【申し込み】シニアワークセンターとよなか 【電話】6836・9862。先着順
中級脱初心者講座
【日時】1月8日~29日の火曜日13時30分~15時
【対象・定員】文字入力のできる人、各15人
【費用・参加費】千円
初級連続講習会
【日時】【連続講座】1月11日(金曜日)・18日(金曜日)13時30分~15時
【対象・定員】15人
【費用・参加費】2千円
個別講習会
【日時】1月11日(金曜日)・18日(金曜日)15時30分~16時30分
【対象・定員】各5人
【費用・参加費】千500円
買う前に知っておきたいスマホの知識
【日時】1月25日(金曜日)13時30分~15時
【対象・定員】30人
【費用・参加費】500円

原田介護予防センター
OSJカルチャーアカデミア
【日時】いずれも13時~14時30分
【場所】同センター(原田元町)
【対象・定員】65歳以上の人と家族
【申し込み】同センター 【電話】6843・5225。先着順
楽しく学べる初心者パソコン講座
【日時】【連続講座】1月8日(火曜日)・22日(火曜日)・2月12日(火曜日)・26日(火曜日)・3月12日(火曜日)・26日(火曜日)
【対象・定員】10人
【費用・参加費】3千円
カラダのゆがみとバランスを改善
予防体操講座
【日時】【連続講座】1月17日(木曜日)・31日(木曜日)・2月14日(木曜日)・28日(木曜日)・3月7日(木曜日)・14日(木曜日)
【出演・講師・指導】ニッタイ・コンディショニングアドバイザー
【対象・定員】10人
【費用・参加費】4千200円
認知症予防に効果あり アロマ講座
【日時】【連続講座】1月25日(金曜日)・2月8日(金曜日)・22日(金曜日)・3月8日(金曜日)・22日(金曜日)
【出演・講師・指導】福祉アロマサロン心香・芳崎欣子さん
【対象・定員】20人
【費用・参加費】6千円

スマホふれあいサロン
みんなでスマホを覚えよう
【日時】【連続講座】1月10日(木曜日)・24日(木曜日)13時30分~15時
【場所】豊中人権まちづくりセンター(岡町北)
【内容】スマートフォンの使い方を学びながら友達づくり
【出演・講師・指導】シニアワークセンターとよなか
【対象・定員】60歳以上、15人
【費用・参加費】500円
【申し込み】1月7日(月曜日)9時30分から電話でシニアワークセンターとよなか 【電話】6836・9862。先着順

地域教室
認知症予防体操
【日時】1月16日(水曜日)11時~12時
【場所】服部介護予防センター(服部本町)
【対象・定員】65歳以上、15人
【申し込み】服部地域包括支援センターほっと 【電話】6865・1278。先着順
シニアヨガ
【日時】1月17日(木曜日)13時30分~14時30分
【場所】豊中倶楽部自治会館(玉井町)
【対象・定員】20人
【申し込み】中央地域包括支援センターほっと 【電話】6841・9384。先着順
みんなで楽しく
とよなかパワーアップ体操
【日時】1月18日(金曜日)13時30分~15時
【場所】介護老人保健施設かがやき(刀根山元町)
【内容】介護予防の講座と、とよなかパワーアップ体操の説明・実施
【対象・定員】65歳以上、30人
【申し込み】1月4日(金曜日)9時30分から柴原地域包括支援センターほっと 【電話】6850・3451。先着順
頭と体を使って
楽しく認知症予防をしよう
【日時】1月21日(月曜日)10時~11時30分
【場所】URシャレール東豊中集会所(東豊中町)
【出演・講師・指導】市理学療法士
【対象・定員】65歳以上、25人
【申し込み】少路地域包括支援センターほっと 【電話】6854・7878。先着順
おいしい話には気をつけて
【日時】1月23日(水曜日)13時30分~15時
【場所】高川図書館(豊南町東)
【内容】特殊詐欺・悪質商法の最近の相談事例などを学ぶ
【対象・定員】30人
【申し込み】緑地地域包括支援センター高川分室ほっと 【電話】7650・8513。先着順
お化粧のチカラで介護予防
いきいき美容教室
【日時】1月23日(水曜日)14時~15時30分
【場所】庄内公民館(三和町)
【内容】化粧療法の講話、スキンケア・メーキャップ体験
【出演・講師・指導】資生堂ビューティーセラピスト・前田治美さん
【対象・定員】30人
【費用・参加費】540円(用具代)
【申し込み】庄内地域包括支援センターほっと 【電話】6335・0787。先着順
知っておきたい かかりつけ薬剤師
【日時】1月31日(木曜日)14時~15時30分
【場所】千里文化センター「コラボ」(新千里東町)
【出演・講師・指導】あしだ薬局管理薬剤師・芦田康宏さん
【対象・定員】30人
【申し込み】千里地域包括支援センターほっと 【電話】6155・1030。先着順

集まって楽しく内職をする会
会員募集 説明・見学会
【日時】1月18日(金曜日)①10時30分~12時②14時~15時30分
【場所】①内職ひろば庄内(庄内東町)②内職ひろば蛍池(蛍池中町)
【対象・定員】各10人
【申し込み】シニアワークセンターとよなか 【電話】6836・9862。先着順

認知症サポーター養成講座
認知症を知り地域をつくる
【日時】①1月25日(金曜日)15時~16時30分②2月9日(土曜日)10時30分~12時
【場所】①永寿園とよなか(新千里南町)②シニアスクールポプラ服部天神(服部元町)
【内容】テキストやビデオで認知症について学ぶ。①は寸劇もあり
【対象・定員】各30人
【申し込み】①永寿園とよなか 【電話】6840・2211②ケアプランセンターポプラ豊中庄内 【電話】6151・3948。いずれも先着順
【問い合わせ】高齢者支援課 【電話】6858・2867

認知症高齢者 家族教室
【日時】2月4日(月曜日)13時30分~15時30分
【場所】福祉会館(中桜塚)
【内容】精神科医師による講座「認知症の周辺症状について」
【その他】本人を同伴の場合は要申し込み。ボランティアが対応
【申し込み】高齢者支援課 【電話】6858・2235、社会福祉協議会 【電話】6848・1279

中級講座
楽しく手話コミュニケーション
【日時】【連続講座】2月5日(火曜日)・12日(火曜日)・19日(火曜日)14時~16時
【場所】豊中人権まちづくりセンター(岡町北)
【内容】簡単な日常会話や気持ちを伝える表現を習得する
【出演・講師・指導】障害福祉センターひまわり職員
【対象・定員】あいさつ・指文字程度の手話ができる65歳以上、5人
【申し込み】1月7日(月曜日)から同センター 【電話】6841・1313。先着順

元気に介護予防運動教室
【日時】【連続講座】2月7日~3月14日の木曜日(2月28日を除く5回)10時~11時
【場所】豊島体育館(服部西町)
【内容】歩行に必要な筋肉のバランス改善体操やストレッチほか
【対象・定員】おおむね50歳以上、10人
【費用・参加費】2千500円
【申し込み】1月24日(木曜日)から同館 【電話】6862・5121。先着順

ひとり暮らし高齢者の
登録はお済みですか
65歳以上の人を対象に、地域の民生委員を通じてひとり暮らし登録を無料で行っています。民生委員が相談に応じるとともに、登録者には緊急時の連絡先や持病などの情報を保管する「とよなか安心キット」を配布します。
【申し込み】高齢者支援課 【電話】6858・2237

(障害者)

高次脳機能障害者
家族交流会
【日時】1月23日(水曜日)13時30分~15時30分
【場所】すこやかプラザ(岡上の町)
【内容】参加者同士の交流、情報交換ほか
【対象・定員】20人
【申し込み】社会福祉協議会 【電話】6848・1279。先着順

お知らせ「保険・年金・税」(16ページ、17ページ)

保険・年金・税

(保険)

保険料の納入済額確認書を
送ります
 平成30年中に国民健康保険料・介護保険料・後期高齢者医療保険料を納めた人に、納入済額確認書を1月下旬に送ります。
【問い合わせ】保険資格課 【電話】6858・2301

介護保険による
住宅改修は事前に申請を
 介護保険の要介護や要支援の認定を受け、自宅で生活している人が、手すりの取り付けや段差の解消などの住宅改修工事を行う場合、20万円を限度に、介護保険の負担割合に応じて工事費の9割(18万円)・8割(16万円)・7割(14万円)まで支給されます。市の承認が必要ですので、工事前に必ずケアマネジャー(介護支援専門員)などに相談し、市に事前に申請してください。なお、対象は介護保険証に記載の住所の家屋に限られます。
【問い合わせ】保険給付課 【電話】6858・2295

人間ドック・脳ドックの
実施機関を募集します
【内容】市国民健康保険の被保険者が人間ドック、脳ドック検診を受診した際に、被保険者の自己負担額の7割分を市が助成 
▼委託期間=4月~平成32年3月
【対象・定員】人間ドック、脳ドック検診を行っている市内の医療機関か健診機関
【その他】業務委託契約の締結が必要
【問い合わせ】保険給付課 【電話】6858・2768

(国民年金)

20歳になったら国民年金
 日本に住む20歳から60歳未満の全ての人は、年金に加入し保険料を納めなければなりません。
 20歳になった人で国民年金に加入しなければならない人には、基礎年金番号を記入した青色の年金手帳を、日本年金機構から送付しています。手帳は生涯を通じて使用しますので、大切に保管してください。
 保険料を納めていないと、老後の年金や、病気・けがなどで一定の障害の状態になったときの障害基礎年金が受けられなくなります。経済的な事情で保険料が納められない場合は、納付が免除される制度(学生納付特例など)がありますので相談してください。
【問い合わせ】国民年金係 【電話】6858・2264、豊中年金事務所 【電話】6848・6831

国民年金保険料
2年分前納も可能です
 保険料を口座振替(前納(6カ月・1年・2年分)・早割)で納めると、納付書で納付するよりも割引になります。納付した保険料は全額が社会保険料控除の対象となります。
 なお、口座振替での前納は、年金事務所への事前登録が必要ですので、早めに申し込んでください(4月分の保険料から前納を希望する場合は、2月中に登録が完了している必要があります)。年金手帳、通帳、通帳に使用している印鑑を持って、口座がある金融機関で申込用紙に証明を受けてから、豊中年金事務所(岡上の町)へ提出してください。
【問い合わせ】同事務所 【電話】6848・6831

(税)

源泉徴収票などの法定調書の提出は1月31日(木曜日)までに
 給与、報酬、料金などの支払者は、支払先の住所、名称、支払金額などを記載した法定調書を、同日までに豊能税務署(池田市)や市へ提出してください。いずれも書面の提出のほか、電子システムでの手続きができます。
税務署へ提出するもの
▽平成30年分給与所得の源泉徴収票などの法定調書合計表▽平成30年分法定調書
【問い合わせ】豊能税務署 【電話】072・751・2441
市へ提出するもの
▽給与支払報告書(総括表)▽給与支払報告書の個人別明細書▽公的年金等支払報告書(総括表)▽公的年金等支払報告書の個人別明細書
 給与支払報告書は、給与の支払いを受ける人の平成31年1月1日現在の住所地の市町村に提出してください。
【問い合わせ】市民税課 【電話】6858・2131

償却資産の申告
 事業用資産のうち、土地・家屋を除く構築物、機械、器具、備品などの償却資産は固定資産税の対象となります。
 所有者は、資産の所在する市町村に毎年1月1日現在の所有状況(資産の種類、名称、数量、取得価額、取得年月、耐用年数など)の申告が必要です。申告期限は1月31日(木曜日)です。申告用紙は12月中旬に発送しています。申告が必要な人で届いていない場合は、連絡してください。
【問い合わせ】固定資産税課 【電話】6858・2144

ホームページ「確定申告書等
作成コーナー」の利用を
 2月18日(月曜日)から所得税などの確定申告が始まります。書類作成には、パソコン・スマートフォンから作成できる、国税庁ホームページにある同コーナーをご利用ください。納期限は、所得税及び復興特別所得税と贈与税は3月15日(金曜日)、消費税及び地方消費税は4月1日(月曜日)です。
 また、マイナンバーカードやICカードリーダライタがなくても、ID・パスワードを取得することで、e–Taxでの申告ができます。なお、取得には税務署で対面での本人確認が必要です。
【問い合わせ】豊能税務署 【電話】072・751・2441

医療費控除は明細書の
添付が必要です
 平成29年分の確定申告と市府民税申告から、医療費控除には明細書の添付が必要になりました。医療費の領収書は、税務署や市役所から求められたときに提示や提出が必要ですので、自宅で5年間の保管をお願いします。
 医療保険者から交付を受けた医療費通知を添付すると、明細の記入を省略できます。
【問い合わせ】市民税課 【電話】6858・2131、豊能税務署 【電話】072・751・2441

おむつ代が医療費控除
できる場合があります
 紙おむつの購入費と貸おむつの賃借料は、確定申告で医療費控除が受けられる場合があります。
【対象・定員】傷病のため、おおむね6カ月以上寝たきりの人(医師の証明書が必要)
【その他】証明用紙は高齢者支援課にもあり
【問い合わせ】豊能税務署 【電話】072・751・2441
昨年申告して控除を受けている場合
 介護保険の要介護認定を受け、寝たきりの状態で尿失禁があることが確認できる人は、医師の証明書に代えて市が発行する確認書で代用できます。
【申し込み】高齢者支援課 【電話】6858・2237

所得税などの確定申告が
不要になる場合があります
 公的年金などの収入の合計金額が400万円以下で、かつ公的年金などに関する雑所得以外の所得金額が20万円以下の場合は、所得税などの確定申告は不要です。
 なお、所得税の還付を受ける場合や、株式などの損失を翌年以降に繰り越す場合には、確定申告が必要になります。
【問い合わせ】豊能税務署 【電話】072・751・2441

所得税・住民税の
障害者控除の手続きを
 身体障害者手帳などを持っていない、65歳以上の寝たきりや認知症の高齢者で一定の基準を満たす人は、所得税・住民税の障害者控除の適用が受けられる場合がありますので、問い合わせてください。
【問い合わせ】高齢者支援課 【電話】6858・2237

お知らせ「教育・保育」(17ページ、18ページ)

教育・保育

子どものつぶやき展
【日時】1月18日(金曜日)~25日(金曜日)(25日は16時まで)
【場所】市役所第二庁舎
【内容】市内のこども園、民間保育所、児童発達支援センターなどの子どものさまざまな「つぶやき」を展示
【問い合わせ】こども事業課 【電話】6858・2257

ファミリー・サポート・センター
子育てセミナー
【日時】1月25日(金曜日)13時30分~15時30分
【場所】すこやかプラザ(岡上の町)
【内容】市社会福祉協議会福祉推進室室長・勝部麗子さんによる「子どもたちのために、地域で私たちができること」
【対象・定員】30人
【申し込み】1月22日(火曜日)までに電話で同センター 【電話】6841・9383。先着順
【保育あり】要申し込み

とよなか地域教育
コミュニティフォーラム
【日時】2月2日(土曜日)13時30分~16時
【場所】福祉会館(中桜塚)
【内容】「地域・学校・家庭のつながり」をテーマに、地域教育活動の在り方を考える講演・ワークショップ
【対象・定員】100人
【申し込み】1月7日(月曜日)から電話で生涯学習課 【電話】6858・2576。ファクス可(催し名、名前、電話番号を記入)
【FAX】6846・9649。先着順
【保育あり】1月25日(金曜日)までに申し込み

調剤事務管理士
資格取得講座
【日時】【連続講座】2月3日~3月17日の日曜日(7回)10時~16時
【場所】母子父子福祉センター(中桜塚)
【対象・定員】ひとり親家庭の母・父か寡婦、20人
【費用・参加費】1万2千円(教材費5千500円・受験料)
【その他】認定試験あり
【申し込み】はがきに、講座名、住所、名前、年齢、職業、電話番号、母子か父子か寡婦か、受講動機、保育希望の有(子どもの名前・年齢・性別)・無を書き、〒561–0881中桜塚2–29–31母子父子福祉センター 【電話】6852・5160。1月15日(火曜日)必着。抽選あり。結果は通知
【保育あり】要申し込み

子育て支援センターほっぺ
〒560‒0023岡上の町2‒1‒15
【電話】6852・5526
【FAX】6852・5422

■子ども■ふたごちゃん よっといで
【日時】1月22日(火曜日)10時~11時
【場所】野田センター(野田町)
【内容】触れ合い遊びや保護者同士の交流など
【対象・定員】双子を育てている保護者と子ども、10組
【申し込み】1月16日(水曜日)までに野田こども園地域子育て支援センター 【電話】6333・0730。抽選あり

■子ども■1歳の育ちとかかわり方
【日時】1月①23日(水曜日)②25日(金曜日)。10時~11時
【場所】①本町こども園地域子育て支援センター(本町)②原田こども園(原田元町)
【対象・定員】1歳の子どもの保護者、各15人(子ども同伴可)
【申し込み】1月①7日(月曜日)~16日(水曜日)②15日(火曜日)までに電話で各こども園地域子育て支援センター(①本町 【電話】6848・3020②てしま 【電話】6864・3204)。抽選あり

■子ども■いきいき子育て講座
【日時】1月24日(木曜日)10時~11時30分
【場所】服部介護予防センター(服部本町)
【内容】大阪多様性教育ネットワーク共同代表・沖本和子さんによる「一人ひとりのもちあじはみんなのたからもの」
【対象・定員】未就学児の保護者、30人(子ども同伴可)
【申し込み】1月4日(金曜日)~16日(水曜日)に電話で服部こども園地域子育て支援センター 【電話】6862・5020。抽選あり

■子ども■絵本講座
【日時】1月31日(木曜日)10時30分~11時30分
【場所】ほっぺ
【内容】図書館司書による絵本についての講座と読み聞かせ
【対象・定員】1歳の子どもと保護者、20組
【申し込み】1月18日(金曜日)までに電話でほっぺ。抽選あり

(こども園・保育所・幼稚園)

■子ども■子育ち・子育て支援講座
就学前相談
【日時】1月10日(木曜日)9時50分~10時50分
【場所】とねやまこども園(刀根山)
【出演・講師・指導】刀根山小学校校長・藤田哲也さん
【対象・定員】未就学児の保護者
【申し込み】1月4日(金曜日)から同園 【電話】6843・4700
体を動かして遊ぼう
【日時】1月15日(火曜日)10時~11時
【場所】せんなりこども園(千成町)
【出演・講師・指導】HATスポーツクラブ・竹村恵さん
【対象・定員】2歳以上の未就学児と保護者、20組
【申し込み】1月4日(金曜日)~11日(金曜日)に同園 【電話】6331・0820。先着順
リトミックとふれあい遊び
【日時】1月17日(木曜日)10時~10時40分
【場所】庄内こども園(大黒町)
【出演・講師・指導】ハッピースマイル・松村恵理さんほか
【対象・定員】1歳6カ月以上の未就学児と保護者、20組
【申し込み】1月7日(月曜日)~16日(水曜日)に同園 【電話】6331・0975。先着順
絵本を楽しもう
【日時】1月17日(木曜日)10時30分~11時30分
【場所】ゆたかこども園(東豊中町)
【出演・講師・指導】図書館司書
【対象・定員】2歳以上の未就学児と保護者、20組
【申し込み】1月16日(水曜日)までに同園 【電話】6848・0500。先着順

子育ち・子育て懇談会
【日時】【場所】1月19日(土曜日)千里公民館(新千里東町)、1月26日(土曜日)すこやかプラザ(岡上の町)、2月23日(土曜日)庄内公民館(三和町)。いずれも14時~16時30分
【内容】市子育ち・子育て支援行動計画の次期計画策定に当たり、子どもの育ちや子育て支援に関する課題、今後の在り方を話し合う
【対象・定員】各30人
【申し込み】各開催日の8日前までに電話でこども政策課 【電話】6858・2454。市ホームページからも申し込み可。先着順
【保育あり】各開催日の8日前までに申し込み

(学校)
■ニュース■■子ども■
新入学児童学用品費を援助します(就学援助)
【対象・定員】平成31年4月に小学1年生になる児童の保護者(生活保護世帯は除く)
【その他】所得制限あり。平成29年分所得が未申告の人は必ず申告
【申し込み】保護者名義の金融機関の口座番号が確認できるもの、印鑑、児童扶養手当受給者は証書・障害者のいる世帯は障害者手帳(いずれも写し可)を持って、1月15日(火曜日)~2月1日(金曜日)市役所第二庁舎、1月19日(土曜日)・20日(日曜日)9時~13時くらしかん(北桜塚)、2月4日(月曜日)~28日(木曜日)学校教育課。申込用紙は受付時に各会場で配布
【問い合わせ】同課 【電話】6858・2553

豊中市教育美術展
【日時】①1月18日(金曜日)~22日(火曜日)9時~17時(22日は16時まで)②1月19日(土曜日)・20日(日曜日)10時~11時、14時~15時
【場所】文化芸術センター(曽根東町)
【内容】①市立中学校生徒による絵画・彫刻・デザインなどの美術作品展②市立中学校美術科教員による制作体験(19日午前=版画、午後=ミニ木彫。20日午前・午後=モダンテクニック)
【対象・定員】②小学生以上、各10人
【申し込み】②当日会場。先着順
【問い合わせ】学校教育課 【電話】6858・2846

科学の街とよなか
サイエンスフェスティバル
【日時】1月26日(土曜日)13時~16時
【場所】教育センター(蛍池中町)ほか
【内容】市立中学校と近隣の中学校・高校・大学の科学部などによる実験や展示ほか
【その他】市内小・中学校から作品を募集した理科展の表彰作品の展示あり
【問い合わせ】同センター 【電話】6844・5290

お知らせ「環境・ごみ」(19ページ、20ページまで)

環境・ごみ

(みどり・公園)

ふれあい緑地 自然学習教室
【日時】①1月10日(木曜日)②1月20日(日曜日)③1月26日(土曜日)④2月2日(土曜日)。①③10時~12時②④13時~15時
【場所】とよなか四季彩園(服部西町)
【内容】①デジカメの現像を学ぶ②布草履作り③生き物の冬越し観察④竹や木を使ったおもちゃ作り
【対象・定員】①③25人②小学生以上、15人④小学生以下、25人
【申し込み】各開催日の前日までに電話で同園 【電話】6866・3288。先着順

チャレンジ 野菜くずの
堆肥化を始めませんか
【日時】1月19日(土曜日)10時~11時30分
【場所】くらしかん(北桜塚)
【内容】家庭の生ごみの堆肥化方法と助成制度を学ぶ
【問い合わせ】花と緑のネットワークとよなか 【電話】080・5718・7651

バラの剪定(せんてい)と植え替え
【日時】1月26日(土曜日)10時~12時
【場所】花とみどりの相談所(曽根南町)
【出演・講師・指導】同所相談員
【対象・定員】30人
【費用・参加費】600円
【申し込み】1月22日(火曜日)から同所 【電話】6863・8439。先着順

(ごみ・まちの美化)

■ニュース■地域で行う美化活動を支援
 地域で行う清掃や啓発などの美化活動について、まち美化活動協定を市と締結する地域を募集しています。同協定を結び市が認定した活動に対し、次の支援を行います。
▼支援内容=美化活動費用の2分の1(上限10万円)の助成、用具の貸し出し、清掃後のごみの回収 ▼締結期間=3年以上 ▼認定条件=おおむね町か丁目以上の単位で、地域内の市民・事業者の過半数の賛同があること
【問い合わせ】美化推進課 【電話】6858・2276

新春上野フェスタで
フードドライブを開催
【日時】1月13日(日曜日)11時~13時
【場所】上野小学校(上野東)
【内容】家庭などで余っている食品を持ち寄り、社会福祉協議会などを通じ必要としている人に提供 ▼受け取りできる食品=米、乾麺、缶詰、レトルト食品、調味料など ▼受け取りできない食品=消費・賞味期限が2月13日(水曜日)以前の食品、生鮮食品、開封されているもの、アルコールなど
【問い合わせ】減量計画課 【電話】6858・2279

展望フロア一般開放デー
【場所】クリーンランド(原田西町)
【問い合わせ】スリーR・センター 【電話】6841・8152
■子ども■一般開放
【日時】1月20日(日曜日)10時~15時
【内容】積み木や絵本が楽しめるキッズコーナー、施設見学(10時15分~・10時30分~・13時30分~。各20人。当日会場。先着順)
リユースコーナー
【日時】1月20日(日曜日)10時~11時45分
【内容】クリーンランドにごみとして持ち込まれた、まだ使える家具などを展示。希望者に無料で提供
【申し込み】同コーナーにある申込用紙で受け付け。当日12時に抽選。搬出は各自
市民講座
【日時】1月20日(日曜日)13時~14時30分
【内容】木の枝やどんぐりを使った鬼の人形作り
【対象・定員】20人
【申し込み】1月6日(日曜日)10時~18日(金曜日)16時に同センター。先着順

犬のふんは飼い主が
責任をもって処理を
 犬のふんを道路や公園などに放置することは条例で禁止しています。必ず持ち帰り、飼い主が責任を持って処理してください。市は、ふんの適切な処理を啓発する看板を貸し出しています。また、放置されたふんの周囲に、チョークでマークを付ける対策も効果的です。
【問い合わせ】美化推進課 【電話】6858・2276

スプレー缶類・ライターのごみ出しにご注意を
 スプレー缶類・ライターは、完全に使い切ってから、スプレー缶類は穴を開けずに空き缶・危険ごみの日に、ライターは不燃ごみの日に出してください。
【問い合わせ】家庭ごみ事業課 【電話】6843・3513

(環境保全)

省エネ活動をもっと多くの人に
エコシェア 省エネSNS
【日時】1月5日(土曜日)~25日(金曜日)
【内容】ツイッターかインスタグラムで、期間中に実施した省エネの取り組みが分かる画像1点にハッシュタグ「#豊中市」と「#豊中エコシェア」を付けて投稿。より多くの人に紹介したい取り組みを投稿した人に、所定の店舗で利用できるエコポイントチケット「とよか」2千円分を進呈
【対象・定員】13歳以上の人
【その他】投稿条件は市ホームページを参照
【問い合わせ】eMIRAIE環境交流センター 【電話】6844・8611

浄化槽は定期的な
清掃が必要です
 浄化槽を長く使用していると汚泥がたまり、悪臭や流した水の水質悪化につな がります。市の許可を受けた業者へ依頼し、適正に管理をしてください。
【問い合わせ】事業ごみ指導課 【電話】6858・2278

浄化槽の適正な維持管理を
 浄化槽管理者には、保守点検や清掃、定期検査が浄化槽法で義務付けられています。また、浄化槽の使用廃止には届け出が必要です。
【問い合わせ】衛生管理課 【電話】6152・7321

地球環境を守る市民行動計画
「豊中アジェンダ21」の活動
【問い合わせ】とよなか市民環境会議アジェンダ21(eMIRAIE環境交流センター内・中桜塚) 【電話】6844・8611
とよっぴー 地産地消採りたて野菜市
【日時】1月24日(木曜日)10時~売り切れ次第終了
【場所】さわ病院(城山町)
【その他】とよっぴー2.5㎏(100円)有料配布あり
ものづくりスピリッツに触れる パナソニックミュージアム(門真市)見学会
【日時】1月25日(金曜日)13時30分~16時45分。集合・解散は市役所第二庁舎(往復マイクロバス)
【対象・定員】13人
【費用・参加費】100円
【申し込み】1月4日(金曜日)13時から電話受付。先着順
竹炭焼き体験
【日時】〈火入れ〉1月30日(水曜日)9時~12時〈窯出し〉1月31日(木曜日)9時30分~12時。雨天の場合は翌日
【場所】千里中央公園野外炊さん場(新千里東町)
【対象・定員】10人
【申し込み】1月27日(日曜日)まで来館・電話受付。先着順

eMIRAIE環境交流センター
〒561‒0881中桜塚1‒24‒20
【電話】6844・8611
【FAX】6844・8668

同センターの催し
【場所】同センター
地域こだわり品と野菜市場
【日時】1月5日(土曜日)・2月2日(土曜日)10時~11時30分
【その他】竹炭・竹製品、図書館リサイクル本(2月2日のみ)の販売あり
■子ども■体験を通して環境について学ぶ
親子ぐるぐるフェス
【日時】1月20日(日曜日)13時~15時30分
【内容】小学生によるフリーマーケット、制服や学用品のリユース、家庭で不用になった乳児~小学生向けの絵本の交換会(汚れや破損のあるもの・児童書・図鑑・月刊誌は除く。1人5冊まで)、おもちゃ病院(1世帯1点のみ、部品代実費)、リサイクル工作コーナー、おはなし会(未就学児13時30分~13時50分、小学3年生以下14時30分~14時50分)
リユースバザー出店者募集
【日時】2月2日(土曜日)に開催するリユースバザー(左記参照)の出店者を募集
【対象・定員】市民・団体、13店(専門業者と3回連続出店者は除く)
【費用・参加費】500円
【申し込み】はがき(1世帯1枚)に、「2月2日バザー参加」、住所、名前(ふりがな)、電話番号、参加人数、同バザーのチラシの希望枚数を書き、同センター。1月11日(金曜日)必着。抽選あり。結果は当選者のみ通知
リユースバザー
【日時】2月2日(土曜日)10時15分~13時
【内容】家庭で不用になった衣類や小物などのバザー
【その他】エコバッグ持参

お知らせ「まち・安全」(20ページ、21ページ)

まち・安全

(まちづくり)

■ニュース■空き家をリフォームして
活用する提案の募集と助成
【内容】高齢者や子育て中の人が利用できたり、地域のにぎわいを生んだりするなど公益性があり、他地域のモデルとなるような提案に改修費の一部(上限は一戸建て住宅200万円、集合住宅500万円)を助成
【その他】書類審査と審査会での質疑応答あり。詳細は住宅課で配布の応募要領を参照
【申し込み】3月1日(金曜日)までに同課へ事前相談の上、3月4日(月曜日)~22日(金曜日)に同課にある申込用紙(市ホームページからも取り出し可)で同課 【電話】6858・2741

健康で快適に暮らすための窓周りのウラ技教えます
【日時】1月12日(土曜日)13時30分~15時
【場所】市民活動情報サロン(阪急豊中駅舎内)
【内容】住生活コーディネーターによる窓周りの結露・騒音対策、省エネ、防犯などについてのセミナー、住宅改造相談会(15時~17時)
【問い合わせ】ユニバーサルデザイン推進協会 【電話】6840・0325

住まいと暮らしのセミナー
【日時】1月26日(土曜日)13時30分~15時
【場所】堀田会館(上野西)
【内容】一級建築士と住生活コーディネーターによる中古住宅の建物状況調査と不動産の売却、賃貸依頼の方法に関するセミナー、相談会(15時~16時)
【問い合わせ】ユニバーサルデザイン推進協会 【電話】6840・0325

住まいと空き家の利活用・相続セミナーと個別相談会
【日時】2月2日(土曜日)①13時30分~15時55分②16時~16時40分
【場所】くらしかん(北桜塚)
【内容】①市の空き家の現状、空き家の貸し方、住宅の相続について②個別相談会
【対象・定員】①60人②8組(1組3人まで)
【申し込み】1月4日(金曜日)~23日(水曜日)に住宅課 【電話】6858・2741。ファクス可(催し名、住所、名前、個別相談希望の有無、電話番号を記入)
【FAX】6854・9534。先着順

道路を歩きやすくする
ための意見交換会
【日時】2月6日(水曜日)14時~16時
【場所】福祉会館(中桜塚)
【内容】大池・桜井谷・桜井谷東・刀根山・蛍池小学校区の歩道の段差や傾きに関する意見交換と事業計画案の説明
【申し込み】道路建設課にある申込用紙(市ホームページからも取り出し可)で1月23日(水曜日)までに同課 【電話】6858・2363

(安全・防災)

■子ども■消防出初式
こども消防隊参加者募集
【内容】1月6日(日曜日)に大門公園(北桜塚)で開催する同式で、防火衣を着て入場行進に参加
【対象・定員】1人で行進に参加できるおおむね4歳~10歳の子ども、40人
【申し込み】当日9時から会場。先着順
【問い合わせ】消防総務課 【電話】6853・2345

防災パネル展
【日時】1月16日(水曜日)~18日(金曜日)(18日は14時まで)
【場所】市役所第二庁舎
【内容】阪神・淡路大震災当時の写真や、防災に関するパネル・グッズを展示
【問い合わせ】危機管理課 【電話】6858・2683

防災用スピーカーの
試験放送をします
 1月17日(木曜日)は防災とボランティアの日です。当日12時30分から約1分間、市立小学校など62カ所に設置している防災用スピーカーの作動確認のため、市からのお知らせを放送します(音声の届く範囲は半径約250m)。この機会に、家庭でも災害への備えや点検をお願いします。
【問い合わせ】危機管理課 【電話】6858・2683

応急手当講習会
普通救命講習
【日時】1月19日(土曜日)・20日(日曜日)9時30分~12時30分
【場所】北消防署新千里出張所(新千里西町)
【内容】心肺蘇生法(胸骨圧迫・人工呼吸)、止血法、異物除去、AEDの使用方法ほか
【対象・定員】各35人
【その他】申込者が10人未満の場合は開催中止。修了証の郵送希望者は、82円切手を貼った返信用封筒を持参
【申し込み】1月18日(金曜日)までに救急救命課 【電話】6846・8438。先着順

防災市民講座
【日時】2月9日(土曜日)14時~16時30分
【場所】くらしかん(北桜塚)
【内容】大阪管区気象台職員による講演「気象・地震災害から身を守る」
【対象・定員】65人
【申し込み】1月4日(金曜日)から危機管理課で配布する申込用紙(市ホームページからも取り出し可)で1月18日(金曜日)までに同課 【電話】6858・2683。ファクス可(催し名、住所、名前、電話番号を記入)
【FAX】6858・2667。先着順

甲種防火管理新規講習
【日時】【連続講座】2月26日(火曜日)・27日(水曜日)10時~16時50分
【場所】千里阪急ホテル(新千里東町)
【対象・定員】200人
【費用・参加費】7千500円
【申し込み】各消防署・消防出張所で配布する申込用紙(豊中防火安全協会ホームページからも取り出し可)に払込証明書を添えて、1月30日(水曜日)~2月1日(金曜日)にファクスで同協会
【FAX】6843・0119。同協会(消防局内・岡上の町) 【電話】6846・8444へ持参可。先着順

(上下水道)

周年記念フォーラム
【日時】2月16日(土曜日)13時~15時30分
【場所】文化芸術センター(曽根東町)
【内容】水道通水90年・上下水道組織統合10年記念事業。気象予報士・正木明さんによる自然災害や気象予報に関する講演、パネルディスカッションほか
【対象・定員】100人
【申し込み】往復はがき(1枚につき1人に限る)に、住所と名前(返信用も)、電話番号を書き、〒560–0022北桜塚4–11–18上下水道局経営企画課「周年記念フォーラム申込み」 【電話】6858・2921。1月31日(木曜日)必着。抽選あり

水道管の凍結にご注意を
 強い冷え込みが予想されるときは、屋外で露出している水道管や、家の北側など日陰にある水道管を保温材やタオルなどで覆ってください。
 水道管が凍結した場合は、蛇口を閉めたまま自然に解けるのを待ってください。破裂する恐れがあるので、熱湯を直接水道管に掛けないでください。
【問い合わせ】水道維持課 【電話】6858・2971

ディスポーザーの設置には事前申請が必要です
 市は、台所などから発生する生ごみを細かく砕いて、水と一緒に排水するディスポーザー(生ごみ粉砕機)を単体で設置・使用しないようお願いしています。ただし、排水処理機能を持ち、性能基準の適合評価書のあるディスポーザーは、市の許可を受けた上で設置できます。
【問い合わせ】給排水サービス課 【電話】6858・2961

お知らせ「くらし・案内一般」(22ページから25ページまで)

くらし・案内一般

■ニュース■市民公益活動助成金(とよなか夢基金)募集説明会
【内容】NPOやボランティア団体、自治会、事業者などが行う社会貢献活動の経費の一部を助成 ▼対象・助成額=〈活動を始めようとするまたは取り組んで3年以内の団体〉事業費の4分の3以内、上限10万円〈活動に1年以上取り組んでいる団体〉事業費の2分の1以内、上限50万円
【その他】申し込みには左記説明会への出席が必要
助成金(とよなか夢基金)募集説明会
申込用紙の配布・個別相談
【日時】1月①10日(木曜日)19時~20時30分②11日(金曜日)14時~15時30分③12日(土曜日)10時~11時30分
【場所】①千里公民館(新千里東町)②庄内公民館(三和町)③すてっぷ(玉井町)
【その他】助成金についての意見交換会もあり
【申し込み】1月8日(火曜日)までにコミュニティ政策課 【電話】6858・2041。市ホームページからも申し込み可
【保育あり】1月4日(金曜日)までに申し込み
(関連記事23ページ)

無添加のみそ作り
【日時】〈①講習会〉1月24日(木曜日)13時30分~14時30分〈②実習〉2月2日(土曜日)・3日(日曜日)10時~12時、13時~15時のいずれか1回。②のみの参加不可
【場所】とよなか国際交流センター(玉井町)
【出演・講師・指導】市婦人団体連絡協議会
【対象・定員】①40人②各10人
【費用・参加費】3千500円
【申し込み】1月15日(火曜日)10時~11時30分に費用を持って、すてっぷ(玉井町)。先着順
【問い合わせ】生涯学習課 【電話】6858・2582

証明書のコンビニ交付と
自動交付機を一時休止
1月28日(月曜日)17時15分~30日(水曜日)は、システム作業のため、全ての証明書のコンビニ交付サービスと自動交付機を休止します。
【問い合わせ】市民課 【電話】6858・2211

とよなか地域創生塾
公開プレゼンテーション
【日時】2月2日(土曜日)14時~17時
【場所】とよなか国際交流センター(玉井町)
【内容】同塾生による事業計画の発表、甲南大学教授・石川路子さんほかによる講評
【対象・定員】50人
【申し込み】2月1日(金曜日)までに協働研究所 【電話】4866・6165。ファクス可(催し名、住所、名前(ふりがな)、電話番号を記入)
【FAX】6840・1922。先着順
【問い合わせ】とよなか都市創造研究所 【電話】6858・8811
【保育あり】1月18日(金曜日)までに申し込み

ご寄付のお礼
 市の基金などへの温かい寄付が次のとおり寄せられました(敬称略)。ありがとうございました。
 寄付の方法などは財政課 【電話】6858‒2799へ問い合わせてください。
社会福祉事業基金に
社会福祉=匿名(2件)10万円 障害福祉=刀禰加津昌(北桜塚)1千円
障害福祉に関する事業に
中山繁(庄内宝町)20万円
障害福祉啓発事業に
グリーングループ(庄内栄町)10万円
市民公益活動の推進(とよなか夢基金)に
前田秋雄(門真市)1千円、前田君代(門真市)1千円、清水高子(東泉丘)2千円、山田英和(大阪市北区)1千円、山田さえ子(日出町)1千円、ぐるぐるアート豊中世話人会(蛍池東町)1千円、特定非営利活動法人ハニー・ビー(熊野町)1万円、シビックジャズコミュニティ(上新田)金額非公表、催しで集まった募金1千537円、匿名(1件)2千円
豊中市まちづくり応援基金に
中村喜幸(千葉県市川市)1万円、匿名(3件)9万1千円
教育振興基金に
豊中新舞踊協会(岡町北)5万円、輝きグループ(服部西町)5万円、匿名(2件)1万1千円
奨学金の貸し付けに
黒田佐貴(蛍池西町)3万1千円、北之坊皓司(岡町)2万円、匿名(1件)1万円
文化芸術振興基金に
豊中新舞踊協会(岡町北)5万円、匿名(1件)金額非公表
スポーツ振興基金に
山根伸一(桜の町)2千円、市の催しで集まった募金1万2千242円、匿名(1件)100円
共同利用施設に
島田センター=グリーングループ(庄内栄町)音響機器一式
庄内宝センター=グリーングループ(庄内栄町)液晶テレビ・ブルーレイディスクプレーヤー各1台

住民票・戸籍発行時の本人通知制度をご利用ください
 同制度は、不正請求の早期発見と抑止のため、住民票の写しや戸籍などの発行時にその事実を本人に知らせる制度です。事前登録が必要で、登録期間は3年間です。
【対象・定員】市の住民基本台帳か戸籍に記載されている人
【申し込み】市民課などにある事前登録申込用紙(市ホームページからも取り出し可)と本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカードほか)を持って、同課 【電話】6858・2211、各出張所(庄内(庄内幸町) 【電話】6334・3531・新千里(新千里東町) 【電話】6872・0573)。郵送可(本人確認書類のコピー同封)。代理人による申し込み可(要委任状)

阪急豊中駅北改札口出てすぐ
市民活動情報サロンの催し
【場所】【問い合わせ】市民活動情報サロン(本町) 【電話】6152・2212、【FAX】6152・2213
交流サロン 新年交流会
【日時】1月10日(木曜日)14時~15時30分
【対象・定員】15人
【申し込み】当日会場。先着順
マンスリーサロン
とよなか夢基金助成 作戦会議
【日時】1月18日(金曜日)15時~17時
【内容】同助成の申し込みに向けての意見交換
【対象・定員】助成金(とよなか夢基金)募集説明会に参加した人、15人
【申し込み】1月12日(土曜日)10時から来館・電話受付。先着順(関連記事22ページ)
健康寿命を延ばしたい
転ばないための靴選び
【日時】1月22日(火曜日)10時30分~12時
【対象・定員】おおむね60歳以上の人や家族、10人
【費用・参加費】千円
【その他】実施団体=ほくせつマメの木
【申し込み】1月8日(火曜日)10時から来館・電話受付。先着順
■子ども■子育てと働くを考える ママの
キャリアドリームマップを描こう
【日時】2月5日(火曜日)10時30分~12時
【内容】子どもを預けずに働く事例紹介から働き方を考える
【対象・定員】3歳以下の子どもの母親か妊婦、6人(子ども同伴可)
【その他】実施団体=ママの働き方応援隊大阪池田校
【申し込み】1月15日(火曜日)10時から来館・電話受付。先着順
市民活動に生かせる
スマートフォンアプリの活用方法を紹介
【日時】2月6日(水曜日)14時~15時30分
【出演・講師・指導】パソコンプラザinとよなかITリーダー
【対象・定員】12人
【申し込み】1月16日(水曜日)10時から来館・電話受付。先着順
一生歩けるからだをめざして
【日時】2月7日(木曜日)10時30分~12時
【内容】椅子やヨガマットの上で体を動かす
【対象・定員】おおむね60歳以上の人や家族、7人
【費用・参加費】千円
【その他】実施団体=ほくせつマメの木
【申し込み】1月15日(火曜日)10時から来館・電話受付。先着順

(労働)

豊中しごとセンターのシニアの日
コンビニの仕事説明会
【日時】1月17日(木曜日)14時~15時
【場所】同センター(庄内東町)
【内容】セブン–イレブン・ジャパンによる仕事の説明、レジ打ち体験ほか
【対象・定員】おおむね55歳以上の求職者、30人(未経験者可)
【申し込み】電話でとよなか生涯現役サポートセンター 【電話】6152・7662。先着順

アラサー・アラフォー
女性の転職カフェ
【日時】1月17日(木曜日)・24日(木曜日)・31日(木曜日)19時~21時
【場所】すてっぷ(玉井町)
【内容】転職経験者や求職活動者と一緒に、これからの働き方について考える
【対象・定員】求職中や転職を考えている女性、各30人
【費用・参加費】各500円
【申し込み】各開催日の前日までに、催し名、名前、電話番号、保育希望の有無を書き、ファクスで転職カフェ事務局
【FAX】6151・2728。先着順
【問い合わせ】くらし支援課 【電話】6858・6863
【保育あり】各開催日の7日前までに申し込み

労働に関する知識で自分を守ろう
働くための基礎知識講座
【日時】1月22日(火曜日)14時~16時
【場所】豊中しごとセンター(庄内東町)
【内容】雇用契約書や労働条件通知書など労働契約に関する法律や制度を学ぶ。講座終了後に個別相談あり
【出演・講師・指導】社会保険労務士・大東郁希朗さん
【対象・定員】15人
【その他】くらしかん(北桜塚)でも相談を実施(関連記事39ページ)
【申し込み】1月21日(月曜日)までに電話で同センター 【電話】6398・7463。市ホームページからも申し込み可。先着順

清掃の仕事体験講座
(就労支援付き)
【日時】【連続講座】1月24日(木曜日)・25日(金曜日)・31日(木曜日)・2月1日(金曜日)13時30分~16時30分
【場所】労働会館(三和町)
【内容】清掃道具の使い方を学ぶ。希望者には就労相談、事業所内体験あり
【対象・定員】求職者、8人
【申し込み】1月8日(火曜日)~16日(水曜日)に電話で地域就労支援センター 【電話】6858・6861。先着順

シニアのための
おしごとカフェ
【日時】1月25日(金曜日)14時~15時30分
【場所】すてっぷ(玉井町)
【内容】放課後デイサービス、調理補助、寮の居室清掃・調理、福祉・介護、マンション管理などの仕事について、事業所採用担当者との交流会
【対象・定員】おおむね55歳以上の求職者、20人(未経験者可)
【申し込み】電話でとよなか生涯現役サポートセンター 【電話】6152・7662。先着順

挑戦 シニアのための
子育て支援の仕事説明会
【日時】1月31日(木曜日)14時~15時30分
【場所】すてっぷ(玉井町)
【内容】学童保育の仕事の募集内容説明と、子育て支援関連団体の情報提供
【対象・定員】おおむね55歳以上で子育て支援の仕事を希望する人、30人(無資格でも可)
【申し込み】電話でとよなか生涯現役サポートセンター 【電話】6152・7662。先着順

ミドルシニアからの
おしごと説明会・面接会
【日時】2月7日(木曜日)①14時~15時②15時~16時30分
【場所】くらしかん(北桜塚)
【対象・定員】おおむね55歳以上の求職者。①50人
①事業所による説明会
【申し込み】とよなか生涯現役サポートセンター 【電話】6152・7662。先着順
②事業所との面接会
【持ち物】写真付き履歴書(複数枚)
【その他】地域就労支援センター、シルバー人材センターによる相談コーナーあり
【問い合わせ】無料職業紹介所 【電話】6858・6862

働きたい若者を応援する
1月の就活プログラム
【日時】【内容】下記参照
【場所】とよの地域若者サポートステーション(服部西町)
【対象・定員】15歳~39歳、各10人
【その他】利用登録が必要
【申し込み】電話で同ステーション 【電話】6151・3017。先着順

働きたい若者を応援する
1月の就活プログラム
講座名/日時
心と体を整えるマインドフルネス実践入門 
8日~29日の火曜日10時15分~11時45分
言葉を使わず簡単な絵でコミュニケーション 
8日(火曜日)・15日(火曜日)・22日(火曜日)13時30分~15時30分
職業興味・適性検査 
11日(金曜日)・18日(金曜日)・26日(土曜日)14時~16時
就活実践セミナー①就職活動準備②応募書類③面接 
①12日(土曜日)②19日(土曜日)③26日(土曜日)。13時~15時
職場のコミュニケーション講座 
17日(木曜日)・24日(木曜日)13時30分~15時
自己対処能力を高めるソーシャルスキルトレーニング 
29日(火曜日)13時30分~15時

今の保育が分かる・相談できる
保育の復職支援セミナー
【日時】1月24日(木曜日)9時45分~17時
【場所】すてっぷ(玉井町)
【内容】保育現場への復帰に不安がある人や、これから復帰を考えたい人に向けた、遊びや救急救命法など保育の最新事情が学べるセミナー。ベテラン保育士による相談会あり
【対象・定員】保育士資格、保母資格または子育て支援員の資格があり現在保育の仕事をしていない人、38人
【費用・参加費】3千円
【申し込み】こども事業課ほかにある申込用紙(市ホームページからも取り出し可)を1月17日(木曜日)(消印有効)までにポピンズ 【電話】080・5975・5952へ郵送。先着順
【問い合わせ】同課 【電話】6858・2808

乳幼児健診ほかに従事する
有資格者の募集
【対象・定員】昭和29年4月2日以降に生まれ、▽歯科衛生士免許がある人▽臨床心理士・臨床発達心理士・公認心理師資格があり、新版K式発達検査ができる人。いずれも若干名
【その他】謝礼あり
【申し込み】中部保健センター(岡上の町)にある申込用紙(市ホームページからも取り出し可)で1月31日(木曜日)(消印有効)までに健康増進課 【電話】6858・2801

(消費生活)

生活情報センターくらしかん
〒560‒0022北桜塚2‒2‒1
【電話】6858・5060
【FAX】6858・5095

生活情報ひろばの催し
【場所】【問い合わせ】くらしかん
春の七草展示と豊中の自然パネル展
【日時】1月4日(金曜日)~30日(水曜日)(26日(土曜日)・27日(日曜日)を除く)
地産地消イベント
【日時】1月9日(水曜日)10時~11時30分(売り切れ次第終了)
【内容】豊中とその近郊で作られたコメや卵・野菜・竹炭などの有料配布
【費用・参加費】実費
お金に関する詐欺の話と
投資口座開設時の注意点
【日時】1月17日(木曜日)13時30分~15時
【出演・講師・指導】日本マネーバランスFP協会・団野修さん
【対象・定員】30人
【申し込み】当日13時から来館受付。先着順
帯の結び方教室
【日時】1月21日(月曜日)13時30分~15時
【出演・講師・指導】着物着付け講師・内麻久美子さん
【対象・定員】10人
【申し込み】1月7日(月曜日)10時~11時に電話で同ひろば 【電話】6858・6855。先着順
無添加のみそ作り
【日時】〈①講習会〉1月24日(木曜日)10時~11時〈②実習〉1月28日(月曜日)・29日(火曜日)10時~12時、13時~15時のいずれか1回。②のみの参加不可
【出演・講師・指導】市婦人団体連絡協議会
【対象・定員】①40人②各10人
【費用・参加費】3千500円
【申し込み】1月15日(火曜日)13時30分~15時に費用を持って来館受付。先着順

1月26日(土曜日)は
臨時休館します
 館内工事のため、貸室のほか、1階のフリースペースも利用できませんので、ご注意ください。

(選挙)

明るい選挙標語と
明るい選挙啓発ポスター展
【問い合わせ】選挙管理委員会 【電話】6858・2480
明るい選挙標語
応募作品25点の中から、入賞作品を選びました。入賞作品は、啓発ポスターなどに使用されます。入賞者は次の皆さんです(敬称略・順不同)。
▼入選=「投票は あなたの希望 あなたの責任」中尾浩己(城山町) ▼佳作=「一票で 暮らしが変わる 未来が決まる」安藤知明(北桜塚)、「幸せは 貴方と私の 一票から」小川譲次(蛍池中町)、「一票が 未来を創る 投票日」中山紗絵(立花町)、「生かそう! わたしの一票 あなたの一票 豊中のために!」稲葉美知子(岡町南)、「18さい 行こう選挙 明るい未来へ!!」犬伏莉子(西丘小)
明るい選挙啓発ポスター
 小学生97点、中学生700点の応募がありました。入選者は次の皆さんです(敬称略・順不同)。
▼最優秀賞=高城翔太(少路小)、永田和紗(第八中) ▼入選=〈小学生の部〉島田真知・穀澤未久(少路小)、櫻井十和子・角田有矢(桜井谷東小)〈中学生の部〉佐野綾香・木下友希(第二中)、廣瀬朗子・岡本理彩子・永田真尋(第八中)、山口理央・木全晋二郎・谷承子(第九中)、大久保璃星(第十三中) ▼学校奨励賞=少路小、第九中
標語とポスター展
【日時】【場所】①1月21日(月曜日)~23日(水曜日)庄内文化センター(三和町)②1月25日(金曜日)~27日(日曜日)9時30分~17時千里文化センター「コラボ」(新千里東町)③1月30日(水曜日)~2月5日(火曜日)市役所第二庁舎。初日は①11時③9時30分から、最終日は①③15時まで
写真キャプション:高城翔太さんの作品
         永田和紗さんの作品

傍聴
申し込みは、各会議の当日30分前から先着順。受付開始時に定員を超えた場合は抽選。途中入場不可の場合あり

環境審議会
環境基本計画推進部会
【日時】1月10日(木曜日)18時~20時
【場所】市役所第一庁舎
【内容】とよなかの環境(平成29年度評価と今後に向けて)についてほか
【対象・定員】5人
【問い合わせ】環境政策課 【電話】6858・2128

健康福祉審議会
【日時】1月17日(木曜日)14時~16時
【場所】市役所別館(北桜塚)
【内容】第4期地域福祉計画の素案検討ほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】地域福祉課 【電話】6858・2220

図書館協議会
【日時】1月22日(火曜日)18時~20時
【場所】岡町図書館(岡町北)
【内容】中央館構想と施設配置の在り方についてほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】同館 【電話】6843・4553

環境審議会
【日時】1月24日(木曜日)15時~17時
【場所】市役所別館(北桜塚)
【内容】とよなかの環境(平成29年度評価と今後に向けて)についてほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】環境政策課 【電話】6858・2128

国民健康保険運営協議会
【日時】1月28日(月曜日)14時~16時
【場所】市役所第一庁舎
【内容】国民健康保険特別会計事業運営についてほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】保険給付課 【電話】6858・2313

介護保険事業運営委員会
生活支援サービス部会
【日時】1月29日(火曜日)10時~12時
【場所】市役所第二庁舎
【内容】同サービスについてほか
【対象・定員】5人
【問い合わせ】高齢施策課 【電話】6858・2837

同和問題解決推進協議会
【日時】1月29日(火曜日)19時~21時
【場所】市役所第二庁舎
【内容】今後の教育・啓発の進め方についてほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】人権政策課 【電話】6858・2586

府北摂ブロック
福祉有償運送 運営協議会
【日時】2月5日(火曜日)14時~16時
【場所】市役所第二庁舎
【内容】福祉有償運送実施に関する申請内容の審査ほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】高齢者支援課 【電話】6858・2235

意見募集
対象は、市在住か在勤・在学の人、市内の事務所、納税義務者、利害関係者。素案の内容と応募用紙は、市政情報コーナー、庄内(庄内幸町)・新千里(新千里東町)の各出張所、担当課にあります。市ホームページでも内容の閲覧・意見の提出可

自転車ネットワーク計画素案
【内容】市が実施する自転車通行空間整備の基本的な考え方と主な整備路線の予定について
【申し込み】1月18日(金曜日)~2月7日(木曜日)に道路建設課 【電話】6858・2886

公共交通改善計画素案
【内容】市内の公共交通についての計画素案
【申し込み】1月31日(木曜日)~2月21日(木曜日)に交通政策課 【電話】6858・2340

お知らせ「人権・平和」(26ページ)

人権・平和

人権・平和の集い
はばたけ豊中の子どもたち
【日時】1月26日(土曜日)10時~12時30分
【場所】文化芸術センター(曽根東町)
【内容】市立学校園の園児・児童・生徒による人権・平和についての発表
【問い合わせ】人権教育課 【電話】6858・2573

拉致問題啓発舞台劇公演
めぐみへの誓い 奪還
【日時】2月20日(水曜日)14時~16時30分
【場所】文化芸術センター(曽根東町)
【内容】シンガーソングライター・山口采希さんによるミニコンサート「空と海の向こう」、劇団夜想会による劇「めぐみへの誓い 奪還」、拉致問題啓発パネル展示
【対象・定員】650人
【申し込み】往復はがきに、催し名、代表者の住所と名前(返信用も)、電話番号、参加者全員の名前、配慮事項(手話通訳や車椅子使用など)を書き、2月6日(水曜日)(消印有効)までに〒559–8555大阪市住之江区南港北1–14–16「大阪府府民文化部人権局人権企画課」 【電話】6210・9280。ファクス可
【FAX】6210・9286。府ホームページからも申し込み可。先着順
【問い合わせ】人権政策課 【電話】6858・2586

とよなか男女共同参画
推進センターすてっぷ
〒560‒0026玉井町1‒1‒1‒501
【電話】6844・9773
【FAX】6844・9706

女性起業家のお店が勢ぞろい
ワンテーブルショップ
【日時】1月20日(日曜日)10時30分~16時
【場所】すてっぷ
【内容】起業をめざす、または起業したばかりの女性による顔ほぐしやハンドマッサージなどのリラクセーション、手作りアクセサリーや雑貨販売、地域の活動紹介ほか
【費用・参加費】実費

トキドキすてっぷ ブックトーク
本にまつわるおしゃべり会
【日時】1月26日(土曜日)14時~15時
【場所】すてっぷ
【内容】「母と娘」のテーマに沿った本を参加者が持ち寄り、互いに紹介しながら情報交換
【対象・定員】10人
【申し込み】当日会場。先着順
【保育あり】1月19日(土曜日)までに申し込み

■子ども■土曜日の朝はパパタイム
【日時】2月2日(土曜日)10時30分~11時30分
【場所】すてっぷ
【内容】鬼の面作り
【対象・定員】未就学児と父親、10組
【申し込み】当日会場。先着順

アラフォー・アラフィフ
シングル女性の住宅事情
【日時】2月3日(日曜日)14時~16時
【場所】すてっぷ
【内容】シングル女性が心豊かに生きていくための基盤となる住まいについて学ぶ
【出演・講師・指導】オフィスVER代表・春田美砂子さん
【対象・定員】女性、30人
【申し込み】来館・電話受付。ファクス可(催し名、住所、名前、電話番号、年代、保育希望の有無を記入)。すてっぷホームページからも申し込み可。先着順
【保育あり】1月26日(土曜日)までに申し込み

グループ相談会
夫は発達障害かもしれない
【日時】2月①5日(火曜日)②12日(火曜日)③19日(火曜日)。13時30分~15時30分
【場所】すてっぷ
【内容】臨床心理士・本多晶子さんによる①夫は発達障害かもしれない②ひとりで悩んでいませんか③どう向き合う 夫の発達障害
【対象・定員】平成30年2月に開催された同相談会に参加しておらず、夫の言動に悩んでいる配偶者、8人(3回連続参加できる人優先)
【申し込み】1月4日(金曜日)から来館・電話受付。ファクス可(催し名、住所、名前、電話番号、年代、保育希望の有無を記入)。先着順
【保育あり】1月29日(火曜日)までに申し込み

■子ども■
保育つきライブラリー
【日時】3月11日(月曜日)10時~12時
【場所】すてっぷ
【内容】図書室利用時に子どもを保育(1歳以上の未就学児、10人。新規優先枠あり)
【申し込み】2月11日(祝日)までにすてっぷホームページかファクス(催し名、住所、名前、電話番号、保護者の年代、子どもの名前・年齢を記入)。抽選あり
【保育あり】要申し込み

誰かに読んでほしい
リサイクル本募集
【内容】家庭で不用になった本(全集・大型本・雑誌は除く)を、1月4日(金曜日)~2月15日(金曜日)にすてっぷ情報ライブラリーカウンターへ持ち込み。持ち込まれた本は、3月2日(土曜日)開催のすてっぷフェスタで無料配布

お知らせ「文化・にぎわい」(27ページから34ページまで)

文化・にぎわい

市民星空観察会
【日時】1月12日(土曜日)18時30分~20時。雨天中止
【場所】野畑南公園(向丘)
【内容】月と冬の星座、星雲、星団の観察
【出演・講師・指導】豊中天文協会
【その他】中学生以下は保護者同伴
【問い合わせ】青年の家いぶき 【電話】6866・3030

地域ITリーダーによる
パソコン講習
【申し込み】往復はがき(1人1枚)に、㋑~㊁(第2希望まで)、住所と名前(返信用も)、電話番号を書き、〒560–0021本町1–1–1市民活動情報サロン気付パソコンプラザinとよなか。1月9日(水曜日)必着。抽選あり
【問い合わせ】エキスタとよなか運営協議会事務局 【電話】6858・2781
㋑家計簿の作成と応用
(エクセル2016)
【日時】【連続講座】1月17日(木曜日)・24日(木曜日)13時30分~16時30分
【場所】原田介護予防センター(原田元町)
【対象・定員】60歳以上でエクセルを使っている人、12人
【費用・参加費】千円
㋺往復はがきで同窓会案内を作成
(ワード2016)
【日時】1月23日(水曜日)14時~17時
【場所】エキスタとよなか(阪急豊中駅舎内)
【対象・定員】文字入力ができる人、12人
【費用・参加費】500円
㋩エクセルで住所録を作成
【日時】1月25日(金曜日)14時~17時
【場所】エキスタとよなか
【対象・定員】エクセルを使っている人、12人
【費用・参加費】500円
㊁楽々写真の加工法
【日時】1月28日(月曜日)14時~17時
【場所】エキスタとよなか
【対象・定員】文字入力ができる人、12人
【費用・参加費】500円

市民ギャラリー1月の展示
【場所】阪急豊中駅南側高架下1階
【日時】10時~19時(日曜日は17時まで、展覧会により最終日の終了時間が異なる場合あり)。月曜日休館
【問い合わせ】同ギャラリー 【電話】6846‒8621
催し名/日時
市美術協会 会員展 書部 
8日(火曜日)~13日(日曜日)
市美術協会 会員展 洋画部 
15日(火曜日)~20日(日曜日)
市美術協会 会員展 日本画部 
22日(火曜日)~27日(日曜日)
出谷書道教室 書初め展 
29日(火曜日)~2月3日(日曜日)

読む・知る・伝える
子ども読書活動フォーラム
 小・中学生が図書館での調べ学習を発表したり中学生が薦めたい本を紹介したりする催しです。また、子どもたちに人気の本の監修者による講演会も開催。子どもたちの読書活動の充実を図り、自ら学ぶ力を育んでもらおうという取り組みです。
 本の魅力を発見し、読書の大切さや楽しさをあらためて感じてみませんか。
【日時】2月2日(土曜日)13時30分~16時10分
【場所】アクア文化ホール(曽根東町)
【対象・定員】400人
【申し込み】当日12時45分から来館受付。先着順
13時35分~「ざんねんだけど、がんばって生きている動物たちの進化のはなし」
「おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典」の監修を務めた動物学者・今泉忠明さんによる、同書の解説や紹介できなかった話、質問コーナーほか。
写真キャプション:平成30年(2018)の「こどもの本総選挙」で第1位に選ばれました
14時50分~図書館の達人 発表と表彰
 決められたテーマについて、グループで図書館の資料を使い調べて発表する知的探究合戦「めざせ!図書館の達人」。
 昨年7月・9月に行った同催しで選ばれた市内の小・中学生優勝グループによる発表と表彰を行います。
写真キャプション:昨年の様子。図書館でどのようにして調べたかなどを含め5分間で発表します
15時20分~ビブリオバトルチャンピオンシップ 中学生決勝大会
 自分の薦める1冊の本を3分間で紹介する「ビブリオバトル」。エントリーした市立中学校6校の各校代表者がスピーチを行います。来場者が最も読みたいと思った本に投票し、最も投票の多かった本を「グランドチャンプ本」に決定します。
【問い合わせ】読書振興課 【電話】4865‒3696

就航都市・島根県益田市交流事業
石見地方の伝統芸能を豊中で
石見神楽の舞
 伝統を受け継ぎながら時代と共に進化している石見神楽。豪華な衣装と表情豊かな面を着け舞う、大太鼓・小太鼓・手拍子・笛のお囃子(はやし)に合わせた豪快な舞をお楽しみください。
【日時】2月3日(日曜日)14時~16時30分
【場所】アクア文化ホール(曽根東町)
【内容】石見神楽上吉田保存会による「道返し」「天神」「大蛇」
【対象・定員】490人
【申し込み】往復はがきに、催し名、参加人数(4人まで)・全員の名前(ふりがな)、代表者の住所と名前(返信用も)、電話番号、車椅子席希望の有無と席数、保育希望の有無と人数を書き、〒561‒8501「豊中市役所空港課」。1月9日(水曜日)必着。抽選あり
写真キャプション:石見神楽の代表的な演目「大蛇」
石見神楽ってなあに?
 島根県西部・石見地方に古くから伝わる伝統芸能。神職による神事が、明治初期から大衆芸能として楽しまれるようになりました。演目は古事記や日本書紀を基にしており、神事でありながらもエンターテインメント性が強く、明解なストーリーとリズミカルな動きが特徴です。
【問い合わせ】空港課 【電話】6858‒2097

大阪国際空港雪まつり
かまくらとなまはげがやって来る
【日時】1月19日(土曜日)・20日(日曜日)10時~18時
【場所】大阪モノレール大阪空港駅舎下
【内容】秋田県横手市のかまくらと同県男鹿市のなまはげの見学・撮影会、同空港周辺市のマスコットキャラクター出演、ミニかまくら作り体験ほか
【問い合わせ】同空港雪まつり実行委員会 【電話】6352・8186、空港課 【電話】6858・2097

プラネタリウム寄席
【日時】1月20日(日曜日)13時30分~16時
【場所】青年の家いぶき(服部西町)
【内容】関西の大学落語会有志による落語5題(プラネタリウムの投映はなし)
【対象・定員】50人
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】いぶき 【電話】6866・3030

考古学のものさし展
考古学者はどう年代を計るのか
【日時】1月22日(火曜日)~4月14日(日曜日)
【場所】文化芸術センター(曽根東町)
【内容】考古学における遺跡の年代測定の物差しとして使われている須恵器について、その形の変遷を豊中で実際に出土した実物で解説展示
【問い合わせ】生涯学習課 【電話】6858・2581

豊中芸人倶楽部(くらぶ)寄席
【日時】1月26日(土曜日)14時~16時
【場所】伝統芸能館(岡町北)
【内容】桂枝女太さんほかによる落語、講談
【対象・定員】100人
【申し込み】往復はがきに、催し名、住所と名前(返信用も)、電話番号、参加人数(2人まで)を書き、〒561–0884岡町北1–4–1伝統芸能館 【電話】6850・1313。1月12日(土曜日)必着。抽選あり

大阪国際空港 写真展
【日時】1月26日(土曜日)~2月21日(木曜日)
【場所】同空港北ターミナルビル(蛍池西町)
【内容】「わがまち再発見」をテーマに、同空港周辺7市で撮影された写真60点を展示。期間中、展示作品の入れ替えあり
【問い合わせ】空港課 【電話】6858・2097

「創造都市」豊中に湧く泉
邦楽演奏とともに 足もとを掘る
【日時】1月27日(日曜日)14時~16時10分
【場所】ヒロカズ モリグチ ウェアハウス(寺内)
【内容】文化庁地域文化創生本部主任研究官・佐々木雅幸さんによる文化芸術の創造性で社会や地域の課題を解決に導く創造都市の可能性についての講演と美術家・森口ゆたかさんとの対談、大阪音楽大学講師・星田一山さんによる尺八演奏、同大学卒業生・原茉里さんによる筝(こと)演奏
【対象・定員】26人
【申し込み】1月7日(月曜日)から電話で魅力創造課 【電話】6858・3208。先着順

文書館歴史講座
豊中の古墳文化と東アジア
【日時】2月2日(土曜日)14時~16時
【場所】文書館(長興寺南)
【内容】古墳時代における東アジアとの関わりを通じて市の古墳文化を探る
【出演・講師・指導】元韓国東洋大学校教授・柳本照男さん
【対象・定員】40人
【申し込み】1月7日(月曜日)10時から電話で同館 【電話】6862・5251。先着順

伝統芸能館まつり
【日時】2月3日(日曜日)10時30分~16時30分
【場所】伝統芸能館(岡町北)
【内容】和太鼓・郷土芸能・日本舞踊・詩吟・邦楽・江戸芸かっぽれ踊りなどのグループ発表、喫茶コーナー、古墳の解説(12時40分~、14時~)
【問い合わせ】同館 【電話】6850・1313
写真キャプション:同館で活動する10グループが日頃の成果を発表します

原田しろあと館 1月の公開と催し
【場所】同館(曽根西町)
【日時】【内容】【費用・参加費】下表参照。各開催日の12時~15時30分に現地公開を実施
【その他】駐車場はありません
【問い合わせ】とよなか・歴史と文化の会(同館内) 【電話】6841‒3725(12月29日・30日を除く土曜・日曜日12時~16時)
催し名・日時/ 内容ほか
縁側サロン 5日(土曜日)・20日(日曜日)・26日(土曜日)13時30分~15時
【内容】自由な語らいの場
子ども広場 6日(日曜日)13時30分~15時
【内容】こま回し・けん玉・皿回しなどの昔遊び、元幼稚園教諭・佐保田真美子さんによる絵本の読み聞かせ
古文書講座 12日(土曜日)13時30分~15時
【内容】元新修豊中市史編さん担当職員・清水喜美子さんによる「近世史料を読む」
【対象・定員】25人
【費用・参加費】200円
【申し込み】当日会場。先着順
新春お餅つき 13日(日曜日)10時~12時
【内容】餅つき・福笑い・すごろく・かるた・こま回しなどの正月遊び
おもちゃ作り 13日(日曜日)13時30分~15時
【内容】SA19・どんぐりによる餅つき人形、折り紙一文字たこ、ストロー飛行機ほか
弾き語りライブ 19日(土曜日)13時30分~15時
【内容】コボリリョウさんと宮内裕隆さんほかによるギターの弾き語り
【対象・定員】30人
【申し込み】当日会場。先着順
たまちゃんとケンタローのうきうきイラストの世界 19日(土曜日)・20日(日曜日)13時30分~15時
【内容】イラストレーター・てらどたまみさんによるイラスト展示
伝統芸能 27日(日曜日)13時30分~15時
【内容】桂枝女太さんによる落語、和奏伎による邦楽、大升獅子神楽団による獅子舞
【対象・定員】25人
【費用・参加費】500円
【申し込み】当日会場。先着順

文化芸術センター
〒561‒0802曽根東町3‒7‒2
【電話】6864・5000
【FAX】6863・0191

ロビーコンサート
【日時】1月9日(水曜日)14時~
【場所】同センター
【内容】プロオーケストラ奏者によるトロンボーン四重奏曲の協演
【対象・定員】100人
【申し込み】当日会場。先着順

とよキネマ
ディア・ドクター
【日時】1月18日(金曜日)11時~、14時30分~、19時~
【場所】同センター
【内容】無医村での人間模様を描いた作品の上映
【対象・定員】各150人
【費用・参加費】千円ほか
【申し込み】同センター、ローソンチケットほか。先着順

お茶の間オーケストラ
【日時】【連続講座】①1月23日(水曜日)・2月1日(金曜日)・14日(木曜日)・3月7日(木曜日)10時15分~11時30分②3月13日(水曜日)10時30分~12時
【場所】①同センター②原田しろあと館(曽根西町)
【内容】日本センチュリー交響楽団と①オリジナル曲の共作②発表会
【対象・定員】60歳以上、20人(経験不問)
【申し込み】同センターで配布する申込用紙(同センターホームページからも取り出し可)で同センター。ファクス可。定員に満たない場合は当日会場。いずれも先着順

はて?サテ?サティ!?
声優が語る とある作曲家の一日
【日時】1月31日(木曜日)19時~
【場所】同センター
【内容】大阪音楽大学ミュージックコミュニケーション専攻プロデュース公演。ピアニスト・藤井快哉さんの演奏で声優・石川英郎さんが作曲家・エリック・サティについて語る
【対象・定員】202人
【費用・参加費】3千800円
【申し込み】同大学コンサート・センター(庄内幸町)で来館受付。先着順
【問い合わせ】同大学ミュージックコミュニケーション専攻 【電話】080・4181・8158

センチュリー
豊中名曲シリーズ
【日時】2月2日(土曜日)15時~
【場所】同センター
【内容】指揮・大友直人さんとチェロ・山崎伸子さんによるイギリスの楽曲の演奏
【対象・定員】千344人
【費用・参加費】4千500円ほか
【申し込み】同センターほか。先着順

TOYONAKA
LIVE SQUARE
【日時】2月9日(土曜日)17時~
【場所】同センター
【出演・講師・指導】シンガーソングライター・馬場俊英さんほか
【対象・定員】千344人
【費用・参加費】6千円ほか
【申し込み】同センター、ローソンチケットほか。先着順

セルゲイ・カスプロフ
ピアノリサイタル
【日時】2月17日(日曜日)15時~
【場所】同センター
【内容】ピアニスト・セルゲイ・カスプロフによるムソルグスキー作曲「展覧会の絵」ほか
【対象・定員】490人
【費用・参加費】2千500円ほか
【申し込み】同センター、ローソンチケットほか。先着順

針山愛美
ダンスプロジェクト発表会
【日時】2月24日(日曜日)15時~
【場所】同センター
【内容】11月から開催しているワークショップの参加者によるバレエやダンスの発表
【対象・定員】490人
【費用・参加費】千500円ほか
【申し込み】同センター。先着順

千里文化センター「コラボ」
〒560‒0082新千里東町1‒2‒2
【電話】6831・4133
【FAX】6832・4190

孤独や不安を和らげよう
もぐもぐ集会
【日時】1月6日(日曜日)14時~20時
【場所】コラボ
【内容】同じ時間と場所を共有し、調理や食事を楽しむ
【出演・講師・指導】元ひきこもり当事者団体・ウィークタイ
【対象・定員】ひきこもりなどで生きづらさを感じているおおむね30歳代までの人、12人
【費用・参加費】500円
【申し込み】当日会場。先着順

コラボ談話室
【日時】1月12日(土曜日)10時~12時
【場所】コラボ
【内容】「普段着も共有する時代・どこまで広がるシェアリングエコノミー」をテーマに、同センター市民実行委員・堤律子さんの話題提供で語り合う

千里コラボ大学校
【日時】1月12日(土曜日)14時~16時15分
【場所】コラボ
【内容】豊中歴史の会主宰・大下隆司さんによる「よみがえる古代の真実 日本国年号が始まる以前の姿
【対象・定員】70人
【申し込み】1月11日(金曜日)まで来館・電話受付。先着順
【保育あり】1月9日(水曜日)までに申し込み

心理学を使おう・楽しもう
【日時】1月15日(火曜日)14時~16時
【場所】コラボ
【内容】「振り回されない心理学」をテーマに、心理セラピスト・八木満夫さんと学び合う
【対象・定員】70人
【申し込み】1月8日(火曜日)10時から電話受付。先着順

おとなの転勤族カフェ
【日時】1月17日(木曜日)10時30分~12時
【場所】コラボ
【内容】転勤族ならではの悩みを語り合い、地域の情報を共有

ボランティア応援コーナー
【日時】1月22日(火曜日)14時~16時
【場所】コラボ
【内容】同センター市民実行委員が個別相談や活動先を紹介

コラボ地域懇談会
ラウンドテーブル
【日時】1月26日(土曜日)14時~16時
【場所】コラボ
【内容】地域でアピールしたいことや課題を語り合い、情報を共有
【対象・定員】15人
【申し込み】1月24日(木曜日)まで来館・電話受付。先着順

第1ブロック
高校美術・工芸展
【日時】2月2日(土曜日)~4日(月曜日)9時~21時(4日は15時30分まで)
【場所】コラボ
【内容】府立高校第1ブロックの高校14校の生徒が制作した絵画や工芸作品の展示
バルーンアートを一緒に作ろう
【日時】2月2日(土曜日)10時~12時
【対象・定員】30人
【申し込み】当日会場。先着順

千里にほんごボランティア募集
【内容】コラボで開催する「千里にほんご 外国人のための居場所づくり」で外国人同士の交流や学習の支援
【対象・定員】千里地域在住で毎週木曜日10時~12時にボランティアとして活動できるボランティア活動初心者、2人
【申し込み】コラボで配布する申込用紙(市ホームページからも取り出し可)で、1月11日(金曜日)までにコラボ。抽選あり

SENRITOよみうりホール
イベント企画メンバー募集
【内容】同ホール(新千里東町)を活用して月1回行う演劇・古典芸能・音楽・映像など市民の表現活動の企画立案と運営。2カ月に1回程度の企画会議あり ▼期間=4月~平成32年3月
【対象・定員】18歳以上、4人程度
【申し込み】コラボで配布する申込用紙(市ホームページからも取り出し可)で、1月28日(月曜日)までにコラボ。選考あり。結果は2月中旬に通知

千里文化センター「コラボ」
市民実行委員会委員募集
【内容】コラボひろばと屋上庭園で行う事業の企画立案と実施。毎月1回程度の企画会議あり ▼期間=4月~平成32年3月
【対象・定員】18歳以上、若干名
【その他】謝礼あり
【申し込み】コラボで配布する申込用紙(市ホームページからも取り出し可)で、2月5日(火曜日)までにコラボ。選考あり。結果は3月上旬に通知

庄内少年文化館
〒561‒0834庄内栄町5‒4‒14
【電話】6336・6371
【FAX】6336・6375
申し込みは、往復はがきに、催し名、参加者の名前(フリガナ)、学校名と学年、郵便番号、住所、電話番号を書き、〒563–0024池田市鉢塚3–4–13北摂こども文化協会 【電話】072・761・9245(水曜~日曜日9時~17時)。ファクス可(返信先ファクス番号も記入)【FAX】072・761・9244

わくわく講座 お菓子作り
【日時】1月27日(日曜日)13時30分~15時30分
【場所】同館
【内容】花びら餅、もなかクッキー、デザートスープ
【対象・定員】小学4年~中学生、14人
【費用・参加費】300円
【申し込み】同協会。1月20日(日曜日)必着。抽選あり。結果は通知

小・中学生 百人一首大会
【日時】2月3日(日曜日)13時30分~16時30分
【場所】同館
【内容】団体戦(1チーム3人。2人でも可)。上位表彰あり
【対象・定員】小・中学生、16チーム
【申し込み】同協会。チーム名と参加者全員の名前(フリガナ)、学校名と学年も記入。1月22日(火曜日)必着。抽選あり。結果は通知

子どもの居場所づくり
企画・実施団体を募集
【内容】同館における子どもたちの居場所となる各種催しなどの企画・運営・実施。市に提案された事業案を基に公開プレゼンテーションを行い決定 ▼委託期間=4月~平成32年3月 ▼募集説明会=1月18日(金曜日)14時~15時同館。応募団体は必ず参加 ▼公開審査会=2月7日(木曜日)14時~15時30分同館
【対象・定員】市民公益活動を主目的とする団体。法人格の有無は不問
【申し込み】説明会で配布する申込用紙で、1月31日(木曜日)までに同館

(公民館)

中央公民館
〒561‒0802曽根東町3‒7‒3
【電話】6866・0555
【FAX】6863・4427

吹奏楽フェスティバル
【日時】1月13日(日曜日)9時30分~16時30分
【場所】文化芸術センター(曽根東町)
【出演・講師・指導】市吹奏楽連盟加盟団体

素粒子ミュオンで
考古学資料を透視する
【日時】1月19日(土曜日)14時~15時30分
【場所】同館
【内容】最先端の物理学研究で使われる素粒子ミュオンを資料分析に利用した新しい研究について紹介
【出演・講師・指導】大阪大学助教・二宮和彦さん
【対象・定員】高校生以上、30人
【申し込み】1月8日(火曜日)14時から電話受付。先着順

新春短歌大会
【日時】1月27日(日曜日)12時30分~16時30分
【場所】同館
【内容】白珠代表・安田純生さんによる「蛙が歌う・蛙を歌う」と作品批評ほか
【費用・参加費】500円
【その他】出詠受け付けは終了

顔の筋肉の鍛練やストレッチ
顔ヨガで表情豊かになろう
【日時】【連続講座】2月2日(土曜日)・16日(土曜日)・3月2日(土曜日)10時~11時30分
【場所】同館
【出演・講師・指導】顔ヨガ協会アドバンスインストラクター・佐々野綾子さん
【対象・定員】20人
【費用・参加費】540円
【申し込み】1月19日(土曜日)11時に来館受付。同時刻に定員を超えれば抽選。定員に満たない場合は1月21日(月曜日)10時から電話受付。先着順

豊中市民バラの会
冬バラの剪定(せんてい)と育て方
【日時】2月3日(日曜日)13時30分~15時30分
【場所】同館
【出演・講師・指導】確実園・前野義博さん
【対象・定員】20人
【費用・参加費】500円
【申し込み】当日13時から来館受付。先着順

吸着 私たちの生活を支える古くて新しい科学技術
【日時】2月9日(土曜日)14時~15時30分
【場所】同館
【内容】空気や水の浄化、空調などさまざまな場面で使われる吸着の科学と技術を紹介
【出演・講師・指導】大阪大学社学共創本部教授・上田貴洋さん
【対象・定員】高校生以上、30人
【申し込み】1月25日(金曜日)14時から電話受付。先着順

アメリカを変えた
ブラックカルチャー
【日時】【連続講座】2月9日(土曜日)・16日(土曜日)14時~15時30分
【場所】同館
【内容】モハメド・アリとマイケル・ジャクソンの生涯から、アメリカ社会における人種問題の変遷を学ぶ
【出演・講師・指導】奈良女子大学准教授・鈴木康史さん
【対象・定員】30人
【申し込み】1月25日(金曜日)14時から電話受付。先着順

サイエンスカフェ@待兼山
グローバルな人の移動の経済学
【日時】3月2日(土曜日)14時~15時30分
【場所】大阪大学総合学術博物館(待兼山町)
【出演・講師・指導】同大学社学共創本部特任助教・佐伯康考さん
【対象・定員】高校生以上、30人
【申し込み】往復はがきに、講座名、住所と名前(返信用も)、年齢、電話番号を書き、〒560–0043待兼山町1–13大阪大学総合学術博物館。同博物館ホームページからも申し込み可。2月2日(土曜日)必着。抽選あり

庄内公民館
〒561‒0828三和町3‒2‒1
【電話】6334・1251
【FAX】6336・9313

■子ども■1月の保育室イベント
プラ板でキーホルダー作り
【日時】1月22日(火曜日)10時30分~11時30分
【場所】同館
【対象・定員】おおむね未就学児と保護者
【その他】1月8日~29日の火曜日10時~15時30分は自由開放あり

寒い季節に固まった筋肉をほぐす
簡単リズムダンス
【日時】1月24日(木曜日)13時30分~15時
【場所】同館
【出演・講師・指導】市フィットネス協会指導員・菊島豊子さん
【対象・定員】20歳以上、20人
【申し込み】1月10日(木曜日)13時30分から電話受付。先着順

大人かわいい バレンタイン・アイシングクッキー
【日時】1月27日(日曜日)12時~14時30分
【場所】同館
【内容】アイシングクッキーの基礎を学びながら、バレンタイン用のクッキー作り
【出演・講師・指導】アイシングクッキークリエイター・中川一衣さん
【対象・定員】高校生以上、12人
【費用・参加費】500円
【申し込み】1月7日(月曜日)13時から電話受付。先着順

あつまれ 子ども店長
模擬店の店員体験 参加者募集
【内容】2月17日(日曜日)11時~14時に同館で行われるキッズランドしょうないで出店する模擬店の店員体験
【対象・定員】小学生、10人
【申し込み】1月15日(火曜日)10時~31日(木曜日)17時に電話受付。市ホームページからも申し込み可。先着順

千里公民館
〒560‒0082新千里東町1‒2‒2
【電話】6833・8090
【FAX】6832・4190

バリアのない
社会をめざして
【日時】1月20日(日曜日)14時~15時
【場所】同館
【内容】当事者の体験や手話コント、手話歌ほか
【出演・講師・指導】手話エンターテイメント発信団oioi代表・岡崎伸彦さんほか
【対象・定員】70人
【申し込み】1月4日(金曜日)10時から来館・電話受付。先着順

ランチタイム
ロビーコンサート
【日時】1月21日(月曜日)12時~12時45分
【場所】千里文化センター「コラボ」(新千里東町)
【内容】チェロ奏者・瀬涛康江さんほかの弦楽二重奏によるバッハ作曲「G線上のアリア」ほか

楽しく始める
パソコンライフ
【日時】1月①21日(月曜日)②28日(月曜日)。13時30分~16時30分
【場所】同館
【内容】地域ITリーダーによる①エクセルで作る手帳②エクセル応用・関数を使ってみよう
【対象・定員】文字入力ができる人、各18人
【費用・参加費】500円
【申し込み】1月①10日(木曜日)②21日(月曜日)10時から電話受付。受付日に定員を超えれば抽選

わくわく千里自然工房
ヒマラヤスギ人形
【日時】1月26日(土曜日)10時~12時
【場所】同館
【出演・講師・指導】登録グループ・千里ネイチャークラブ
【対象・定員】40人。小学3年生以下は保護者同伴
【申し込み】当日会場。先着順

蛍池公民館
〒560‒0033蛍池中町3‒2‒1‒501
【電話】6843・5561
【FAX】6841・5094

グループロビー展
【場所】同館
螢彩会(水彩画)
【日時】1月12日(土曜日)~24日(木曜日)
スケッチを楽しむ会(水彩画)
【日時】1月27日(日曜日)~2月8日(金曜日)

日本語ボランティア募集
【日時】【連続講座】〈説明会・見学〉1月15日(火曜日)〈体験〉1月22日(火曜日)・29日(火曜日)(いずれか1日)。いずれも14時~15時30分
【場所】同館
【内容】火曜日14時~15時30分に開催する日本語よみかき教室での日本語指導
【対象・定員】18歳以上、5人
【申し込み】1月7日(月曜日)14時から電話受付。先着順

おしえて
子どもの歯の矯正
【日時】1月20日(日曜日)10時30分~12時
【場所】同館
【内容】子どもの歯の矯正を実例から学ぶ
【出演・講師・指導】高橋矯正歯科クリニック歯学博士・高橋啓さん
【対象・定員】20人(子ども同伴可)
【申し込み】1月7日(月曜日)11時から電話受付。先着順

■子ども■じょうずに歯みがきできるかな
【日時】1月26日(土曜日)10時30分~12時
【場所】同館
【内容】市歯科衛生士による子どもの虫歯の予防、歯磨きの仕方
【対象・定員】未就学児の保護者、20人(子ども同伴可)
【申し込み】1月7日(月曜日)11時から電話受付。先着順

震災を風化させないために
人と防災未来センター見学会
【日時】1月27日(日曜日)9時〜16時30分。集合・解散は同館(往復貸切バス)
【場所】同センター、神戸港震災メモリアルパーク(いずれも神戸市中央区)
【対象・定員】20人。小学生以下は保護者同伴
【費用・参加費】実費(同センター入館料ほか)
【申し込み】1月11日(金曜日)10時30分から電話受付。先着順

介護を本気で考える
はじめての介護 入門編
【日時】1月27日(日曜日)14時~16時
【場所】同館
【内容】介護認定の申請方法や流れ、判定の基準、介護施設を選ぶ際の注意点を学ぶ
【出演・講師・指導】柴原地域包括支援センター介護支援専門員ほか
【対象・定員】20歳以上、30人
【申し込み】1月11日(金曜日)14時から電話受付。先着順

■子ども■すくすくおはなしタイム
【日時】1月29日(火曜日)10時30分~12時
【場所】同館
【内容】アトリオとねやま保育園保育士ほかによる触れ合い遊び、絵本の読み聞かせほか
【対象・定員】0歳の子どもと保護者、15組
【申し込み】当日会場。先着順

(図書館)

資料点検のため休館します
 次のとおり各図書館を休館します。
▼1月28日(月曜日)~2月1日(金曜日)=岡町(岡町北) 【電話】6843・4553 ▼2月4日(月曜日)~7日(木曜日)=庄内(三和町) 【電話】6334・1261 ▼2月4日(月曜日)~8日(金曜日)=千里(新千里東町) 【電話】6831・0225 ▼2月11日(祝日)~14日(木曜日)=服部(服部本町) 【電話】6862・0800、東豊中(東豊中町) 【電話】6856・4660 ▼2月18日(月曜日)~22日(金曜日)=高川(豊南町東) 【電話】6336・6901、蛍池(蛍池中町) 【電話】6840・8000 ▼2月25日(月曜日)~3月1日(金曜日)=野畑(春日町) 【電話】6845・2400

とよ読書会
【日時】①1月11日(金曜日)②2月8日(金曜日)。10時~12時
【場所】岡町図書館(岡町北)
【内容】①次年度のテーマについて話し合う②シャーロット・ブロンテ著「ジェイン・エア」について読後感想を語り合う
【問い合わせ】同館 【電話】6843・4553

山田洋次ライブラリー講読会
【日時】1月18日(金曜日)14時~15時
【場所】岡町図書館(岡町北)
【内容】同ライブラリーに所蔵する資料を、エピソードを交えて紹介。テーマは山田洋次著「映画館(こや)がはねて」より「ズームレンズ」
【出演・講師・指導】とよなか山田会元代表・能登宏之さん
【問い合わせ】同館 【電話】6843・4553

開館20周年記念行事
はっとり寄席
【日時】1月26日(土曜日)14時~15時30分
【場所】服部図書館(服部本町)
【内容】千里家一福さんほかによる落語
【対象・定員】40人
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】同館 【電話】6862・0800

落語会 野畑寄席
【日時】1月26日(土曜日)14時~16時
【場所】野畑図書館(春日町)
【出演・講師・指導】噺の会じゅげむ
【対象・定員】80人
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】同館 【電話】6845・2400

デイジー図書新着案内
 視覚障害者のための資料です。
 「世界一美しいふるまいとマナー」諏内えみ著、「明治乙女物語」滝沢志郎著、「うたうとは小さないのちひろいあげ」村上しいこ著、「3つ数えて走りだせ」エリック・ペッサン著。

1月の巡回日程
動く図書館
 住所などを確認できるもの(健康保険証など)を示して登録してください。市内各図書館の利用者カードを持っている人は、そのカードで借りられます。
 駐車場所などの問い合わせは、岡町図書館 【電話】6843‒4553へ。
とき 駐車場所 駐車時間
8日(火曜日) アルビス旭ヶ丘(6‒4号棟北側) 14:00~16:00
9日(水曜日) 上野東1(豊松園ハイツB棟前) 13:30~14:30
        東泉丘4(ジオ緑地公園3番館) 15:00~16:00
10日(木曜日) 庄本町3(そんぽの家豊中庄本町横駐車場) 13:45~14:45
        大島町2(洲到止八幡宮) 15:15~16:00
12日(土曜日) 上新田4(朝日プラザ千里A棟前) 14:00~16:00
16日(水曜日) 刀根山2(天理教会高香分教会) 13:30~14:30
        本町9(住友化学社宅4号棟前) 15:00~16:00
17日(木曜日) 刀根山元町(ゴッツ下) 15:00~16:00
18日(金曜日) 西泉丘2(グランドールマンション) 13:30~14:30
        上新田4(桃山台グリーンマンション) 15:00~16:00
19日(土曜日) 上野東2(堀田公園) 14:00~16:00
23日(水曜日) 寺内2(日商岩井第1緑地公園マンション) 14:00~16:00
24日(木曜日) 東寺内町(寺内南公園) 14:00~16:00
26日(土曜日) 二葉町1(二葉第二住宅) 13:30~14:30
        上津島2(上津島センター) 15:00~16:00

(産業)

中小企業のためのサイバーセキュリティーセミナー
【日時】1月23日(水曜日)19時~21時
【場所】池田市役所
【内容】サイバーセキュリティーの考え方などを学ぶ
【出演・講師・指導】府警察職員ほか
【対象・定員】豊中市・池田市・箕面市・豊能町・能勢町内の事業者、100人
【申し込み】1月18日(金曜日)までに大阪産業技術研究所 【電話】0725・51・2512。先着順
【問い合わせ】産業振興課 【電話】6858・2199

とよなか おしごと部
【日時】1月31日(木曜日)19時~21時
【場所】豊中緑ヶ丘病院(少路)
【内容】豊中ロマンチック街道での取り組み事例を基に、社会環境の変化に対応したビジネス展開のために必要なことを考える
【出演・講師・指導】リ・ライフ代表取締役社長・稲見育大さん
【対象・定員】市内の事業者や市内で起業を考えている人、20人
【申し込み】地域環境計画研究所 【電話】6438・1852。市ホームページからも申し込み可。先着順
【問い合わせ】産業振興課 【電話】6858・2188

やっぱり地元でお買い物
暮らし応援キャンペーン
【日時】1月25日(金曜日)~2月25日(月曜日)
【内容】市内の店の魅力を知ってもらうため、商店街や個人商店が実施。同キャンペーン参加店で買い物をしてスタンプを2つ集めると、景品の抽選に応募可
【その他】詳しくは産業振興課ほかにあるチラシや市ホームページを参照
【問い合わせ】同課 【電話】6858・2188

好きと共感の
マーケティング研究会
【日時】1月30日(水曜日)19時~21時
【場所】とよなか起業・チャレンジセンター(蛍池中町)
【内容】大切なぬいぐるみのケアをするぬいぐるみ病院の事例を基に、顧客に寄り添うビジネスの在り方を考える
【出演・講師・指導】こころ代表・堀口こみちさん
【対象・定員】市内の事業者や市内で起業を考えている人、15人
【申し込み】電話で同センター 【電話】6840・1955。先着順

時間外労働を行わせるには36(サブロク)協定の締結を
 労働基準法では、労働時間は原則1日8時間・1週40時間以内とされており、これを超えて従業員に時間外労働をさせる場合には、同法第36条に基づく労使協定の締結と労働基準監督署への届け出が必要です。
 また、同法の改正により、大企業は平成31年4月1日から、中小企業は平成32年4月1日から残業時間の上限規制が適用されます。
【問い合わせ】くらし支援課 【電話】6858・6863

お知らせ「スポーツ」(34ページから36ページまで)

スポーツ

マリンフード豊中スイミングスタジアム臨時開館
【日時】1月14日(祝日)9時~17時(入館は16時まで)
【問い合わせ】同スタジアム(服部西町) 【電話】6865・3507

にのきりプールフェスタ
【日時】1月20日(日曜日)10時~15時
【場所】ニノ切温水プール(東豊中町)
【内容】教室体験会、室内アスレチック、アクアボール、バルーンスライダーほか
【費用・参加費】100円(3歳以下無料)
【問い合わせ】同プール 【電話】6848・8781

冬のカラダをほぐすヨガ
新規募集
【日時】【連続講座】1月23日~2月27日の水曜日(6回)10時~11時
【場所】豊中ローズ球場(曽根南町)
【出演・講師・指導】日本ルーシーダットン普及連盟認定インストラクター・山口明子さん
【対象・定員】女性、15人
【費用・参加費】3千円
【申し込み】1月7日(月曜日)から同球場 【電話】6862・0018で来場受付。先着順

第5期タイ式ヨガ教室
追加募集
【日時】【連続講座】2月4日~3月25日の月曜日(2月11日を除く7回)13時45分~14時45分
【場所】豊中ローズ球場(曽根南町)
【出演・講師・指導】日本ルーシーダットン普及連盟認定インストラクター・川北昭子さん
【対象・定員】女性、若干名
【費用・参加費】3千500円
【申し込み】1月7日(月曜日)から同球場 【電話】6862・0018で来場受付。先着順

チアフェスタ出場団体募集
【内容】3月24日(日曜日)に豊泉家千里体育館(新千里東町)で開催する同フェスタで演技発表
【対象・定員】チア団体、15組
【申し込み】同館 【電話】6871・2233で来館受付。先着順

市スポーツ推進審議会が
答申書を提出
 市スポーツ推進審議会(会長=奈良女子大学名誉教授・丹羽劭昭さん、10人)は10月25日、市スポーツ推進計画の進行管理について、長内繁樹市長に答申書を提出しました。同書では、同計画に基づくスポーツ施策の現状と課題を踏まえ、今後の方向性が述べられています。
答申書は、スポーツ振興課や市政情報コーナー、市ホームページでご覧になれます。
【問い合わせ】同課 【電話】6858・3212

短期スポーツ教室
①ピラティス②ZUMBA
【日時】1月8日~3月19日の火曜日(2月19日を除く)①10時30分~11時15分②11時30分~12時15分
【場所】マリンフード豊中スイミングスタジアム(服部西町)
【対象・定員】15歳以上(生徒・学生は除く)、各20人
【費用・参加費】各500円
【申し込み】当日15分前に来館。先着順
【問い合わせ】同館 【電話】6865・3507
ヨガ
【日時】1月8日~3月19日の火曜日(2月19日を除く)13時~14時・18時45分~19時45分、1月12日(土曜日)・19日(土曜日)・2月2日(土曜日)・16日(土曜日)・3月2日(土曜日)・16日(土曜日)9時30分~10時30分
【場所】マリンフード豊中スイミングスタジアム
【対象・定員】15歳以上(生徒・学生は除く)、各20人
【費用・参加費】各500円
【申し込み】当日15分前に来館。先着順
【問い合わせ】同館 【電話】6865・3507
腰痛予防教室
【日時】1月9日~3月27日の水曜日(2月20日・3月20日を除く)11時~12時
【場所】マリンフード豊中スイミングスタジアム
【内容】軽い運動と水の特性を利用した運動
【対象・定員】15歳以上(生徒・学生は除く)、各20人
【費用・参加費】各600円
【持ち物】水着、運動のできる服
【申し込み】当日15分前に来館。先着順
【問い合わせ】同館 【電話】6865・3507
■子ども■
①ベビーダンス
②キッズベビーダンス
【日時】1月10日~3月14日の木曜日(2月21日を除く)①9時50分~10時50分②11時~12時
【場所】マリンフード豊中スイミングスタジアム
【対象・定員】保護者と①3カ月~1歳の子ども、各15組②1歳~3歳の子ども、各20組
【費用・参加費】各千円
【申し込み】各日4日前の12時までに来館。先着順
【問い合わせ】同館 【電話】6865・3507
ワンポイントレッスン
【日時】1月10日~3月28日の木曜日(2月21日を除く)11時~12時
【場所】マリンフード豊中スイミングスタジアム
【内容】希望の泳ぎ方がうまくなるための練習
【対象・定員】15歳以上(生徒・学生は除く)、各10人
【費用・参加費】各千円
【申し込み】当日15分前に来館。先着順
【問い合わせ】同館 【電話】6865・3507
①パワーヨガ②ゆるヨガ
【日時】1月11日~3月22日の金曜日(2月22日を除く)①13時~14時②14時15分~15時15分
【場所】マリンフード豊中スイミングスタジアム
【対象・定員】15歳以上(生徒・学生は除く)、各20人
【費用・参加費】各500円
【申し込み】当日15分前に来館。先着順
【問い合わせ】同館 【電話】6865・3507
アクアビクス
(マリンフード豊中スイミングスタジアム)
【日時】1月12日~3月30日の土曜日10時~10時30分、1月6日~3月31日の日曜日10時~10時30分・10時40分~11時10分
【場所】同館
【内容】水の抵抗を利用して筋力アップ
【対象・定員】15歳以上(中学生は除く)、各20人
【費用・参加費】各400円
【申し込み】当日15分前に来館。先着順
【問い合わせ】同館 【電話】6865・3507
アクアビクス(ニノ切温水プール)
【日時】1月13日(日曜日)・27日(日曜日)・2月10日(日曜日)・24日(日曜日)・3月10日(日曜日)・24日(日曜日)10時~10時30分、10時30分~11時
【場所】同館(東豊中町)
【内容】水の抵抗を利用して筋力アップ
【対象・定員】15歳以上(中学生は除く)、各20人
【費用・参加費】各400円
【申し込み】当日30分前に来館。先着順
【問い合わせ】同館 【電話】6848・8781
はじめてのからだづくり
【日時】【連続講座】1月15日~2月19日の火曜日(6回)10時~11時
【場所】庄内体育館(野田町)
【内容】椅子・タオル・ボールなどを使った簡単な運動
【対象・定員】中・高齢者、15人
【費用・参加費】3千円
【申し込み】1月8日(火曜日)10時に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】同館 【電話】6331・7922
■子ども■ベビーマッサージ
【日時】1月16日(水曜日)・2月13日(水曜日)・3月13日(水曜日)9時50分~10時50分
【場所】マリンフード豊中スイミングスタジアム
【対象・定員】2カ月~1歳の子どもと保護者、各10組
【費用・参加費】各千円
【申し込み】各日3日前の12時までに来館。先着順
【問い合わせ】同館 【電話】6865・3507
■子ども■すくすくきっずスポーツ
【日時】【連続講座】1月16日~2月6日の水曜日(4回)14時15分~15時15分
【場所】庄内体育館
【内容】走る、跳ぶ、転がるなどの運動の基本動作
【対象・定員】平成26年4月2日~平成27年4月1日生まれの子ども、20人
【費用・参加費】2千円
【申し込み】1月9日(水曜日)14時30分に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】同館 【電話】6331・7922
■子ども■きっずフィット
【日時】【連続講座】1月16日~2月6日の水曜日(4回)15時~16時
【場所】武道館ひびき(服部西町)
【内容】畳の上ではだしで跳んだり転がったり、ボールを投げる運動
【対象・定員】平成24年4月2日~平成26年4月1日生まれの子ども、20人
【費用・参加費】2千円
【申し込み】1月9日(水曜日)15時に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】同館 【電話】6864・2288
こども体育
【日時】【連続講座】1月16日~2月6日の水曜日(4回)16時45分~17時45分
【場所】庄内体育館
【内容】マット運動、ボール運動ほか
【対象・定員】小学1年~3年生、20人
【費用・参加費】2千円
【申し込み】1月9日(水曜日)16時45分に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】同館 【電話】6331・7922
■子ども■ひよこっこ体操
【日時】【連続講座】1月18日~2月8日の金曜日(4回)①9時30分~10時30分②10時45分~11時45分
【場所】柴原体育館(柴原町)
【内容】親子の触れ合い体操ほか
【対象・定員】平成28年4月2日~平成29年4月1日生まれの子どもと保護者、各25組
【費用・参加費】各2千円
【申し込み】1月11日(金曜日)12時15分に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】同館 【電話】6843・7877
■子ども■庄内体育館 こどもトランポリン
【日時】【連続講座】1月21日~2月25日の月曜日(2月11日を除く5回)①15時30分~16時30分②16時40分~17時40分
【場所】同館
【対象・定員】①平成24年4月2日~平成26年4月1日生まれの子ども②小学1年~3年生、各20人
【費用・参加費】2千500円
【申し込み】1月7日(月曜日)①15時30分②16時30分に来館。いずれも同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】同館 【電話】6331・7922
■子ども■たいそう教室
【日時】【連続講座】1月21日~2月25日の月曜日(2月11日を除く5回)①15時30分~16時30分②16時40分~17時40分
【場所】庄内体育館
【対象・定員】①平成24年4月2日~平成26年4月1日生まれの子ども②小学1年~3年生、各20人
【費用・参加費】2千500円
【申し込み】1月7日(月曜日)①16時②17時に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】同館 【電話】6331・7922
はじめてヨガ
【日時】【連続講座】1月22日~2月12日の火曜日(4回)10時~11時
【場所】豊泉家千里体育館(新千里東町)
【対象・定員】15歳以上(生徒・学生は除く)、25人
【費用・参加費】2千円
【申し込み】1月15日(火曜日)10時に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】同館 【電話】6871・2233
中・高齢者のためのタイ式ヨガ
(ルーシーダットン)
【日時】【連続講座】1月22日~2月19日の火曜日(5回)10時~11時
【場所】豊島体育館(服部西町)
【対象・定員】中・高齢者、14人
【費用・参加費】2千500円
【申し込み】1月15日(火曜日)11時15分に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】同館 【電話】6862・5121
かんたんストレッチ教室
【日時】【連続講座】1月29日~3月5日の火曜日(6回)12時15分~13時
【場所】柴原体育館(柴原町)
【対象・定員】中・高齢者、40人
【費用・参加費】千800円
【申し込み】1月22日(火曜日)11時50分に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】同館 【電話】6843・7877
■子ども■はだしでショートテニス教室
【日時】【連続講座】1月29日~3月5日の火曜日(6回)15時30分~16時30分
【場所】柴原体育館
【内容】スポンジボールテニスと体遊び運動ほか
【対象・定員】平成25年4月2日~平成26年4月1日生まれの子ども、20人
【費用・参加費】3千円
【申し込み】1月22日(火曜日)16時45分に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】同館 【電話】6843・7877
■子ども■豊島体育館 こどもトランポリン
【日時】【連続講座】1月30日~2月27日の水曜日(5回)①15時30分~16時30分②16時45分~17時45分
【場所】同館(服部西町)
【対象・定員】①平成24年4月2日~平成26年4月1日生まれの子ども②小学1年~3年生、各24人
【費用・参加費】2千500円
【申し込み】1月23日(水曜日)①15時30分②16時30分に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】同館 【電話】6862・5121
ニノ切ダンスフィット
【日時】【連続講座】2月1日~22日の金曜日(4回)19時~20時
【場所】ニノ切温水プール(東豊中町)
【内容】リズム運動などでストリートダンスを学ぶ
【対象・定員】15歳以上(中学生は除く)、8人
【費用・参加費】3千円
【申し込み】1月25日(金曜日)から来館。先着順
【問い合わせ】同館 【電話】6848・8781
知的障害者ダンス
【日時】【連続講座】2月4日~25日の月曜日(4回)17時30分~18時30分
【場所】ニノ切温水プール
【内容】リズム運動などで基本動作を習得しダンスを行う
【対象・定員】療育手帳のある15歳以上(中学生は除く)、20人
【費用・参加費】2千円
【申し込み】1月28日(月曜日)に来館。先着順
【問い合わせ】同館 【電話】6848・8781
①パワーヨガ②リラックスヨガ
③ベーシックヨガ
【日時】【連続講座】2月6日~3月13日の水曜日(6回)①10時~11時②11時30分~12時30分③13時~14時
【場所】柴原体育館
【対象・定員】15歳以上(生徒・学生は除く)、各40人
【費用・参加費】各3千円
【申し込み】1月30日(水曜日)①9時30分②12時40分③14時10分に来館(①②③いずれか1つ)。同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】同館 【電話】6843・7877
■子ども■とびばこ教室
【日時】【連続講座】2月7日~3月14日の木曜日(2月28日を除く5回)①15時30分~16時30分②16時40分~17時40分
【場所】豊泉家千里体育館(新千里東町)
【対象・定員】①平成24年4月2日~平成26年4月1日生まれの子ども②小学1年~3年生、各25人
【費用・参加費】2千500円
【申し込み】1月24日(木曜日)①16時②17時に来館。いずれも同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】同館 【電話】6871・2233

スポーツ教室・大会・講習会ほか
【問い合わせ】表中に問い合わせ先がある場合は各問い合わせ先へ、ない場合はスポーツ振興事業団【電話】6864‒3325
▶表中の「申込用紙」「募集案内」は、市役所、体育施設に置いています
▶万一の傷害事故に備えてスポーツ保険などに加入してください 
▶各施設・会場への車での来場はご遠慮ください
豊泉家千里体育館(新千里東町) 
市民少年バレーボール大会
【日時】2月3日(日曜日)・11日(祝日)9時~
【対象・定員】小学3年~中学生。保護者の参加承諾書(印)が必要 ▶抽選会=1月17日(木曜日)19時豊島体育館(服部西町)。チーム代表者は必ず出席。欠席の場合は出場不可。参加承諾書を取りまとめて持参
【申し込み】申込用紙で、スポーツ振興事業団。1月12日(土曜日)必着

庄内体育館(野田町) 
豊中卓球選手権大会(個人戦)
【日時】2月24日(日曜日)9時~
【対象・定員】市卓球協会加盟者(新規加盟可) ▶種別=一般・40歳以上・50歳以上・60歳以上・70歳以上の各部男女別シングルス戦
【費用・参加費】〈参加費(1人)〉800円、中学生以下400円〈加盟金(1人)〉300円。当日納入
【申し込み】はがきか申込用紙に、大会名、種別、住所、名前、所属、年齢、電話番号を書き、〒560‒0085上新田2‒21‒1‒208豊中市卓球協会・亀慶初美。2月4日(月曜日)必着

市民ハイキング月例会
【日時】1月20日(日曜日)8時阪急庄内駅梅田行ホーム集合~17時ごろ阪急宝塚駅付近解散。雨天中止(集合場所で判断) ▶行き先=六甲山最高峰(神戸市北区)
【対象・定員】市在住か在勤・在学の人
【費用・参加費】実費(交通費)
【持ち物】弁当、水筒、雨具、軽アイゼン、ヘッドライト、健康保険証ほか
【問い合わせ】豊中市民ハイキングの会・田中 【電話】6862‒8738

グラウンド・ゴルフ親睦大会(個人戦)
【日時】3月6日(水曜日)9時~。雨天の場合は会場で判断。延期の場合は3月13日(水曜日)
【場所】マリンフード豊中少年野球場(服部寿町)
【対象・定員】市在住か在勤で、市グラウンド・ゴルフ協会加盟団体に所属する人(新規加盟可)
【費用・参加費】〈参加費(1人)〉500円〈加盟金(1団体)〉5,000円(チーム登録が必要)。申込時に郵便振替で納入
【申し込み】申込用紙で、豊中市グラウンド・ゴルフ協会。1月28日(月曜日)必着

お知らせ「募集」(37ページ)

募集

住宅入居者募集
下記住宅の申込用紙・案内書の配布場所は、市営住宅 募集・管理センター(市役所第二庁舎)、庄内(庄内幸町)・新千里(新千里東町)の各出張所、庄内公民館(三和町)。時間は、各配布期間中の月曜~金曜日(祝・休日を除く)9時~17時15分
【その他】所得制限あり
市営住宅 ▶配布期間=1月7日(月曜日)~21日(月曜日) 
▶応募要件=市在住・在勤の人。詳細は申込案内書を参照
【問い合わせ】市営住宅 募集・管理センター【電話】6858‒2395

職員募集
【対象・定員】記載のないものは昭和28年4月2日以降に生まれた人。ただし〈臨時〉については年齢の上限なし 
▶募集案内=各担当課などで配布。市ホームページからも取り出し可
【申し込み】募集案内を参照。記載のないものは随時受け付け

職種/採用予定数/内容※国籍は問いません
事務職(就労支援付き)〈臨時〉 4人
【対象・定員】学校などを出てからおおむね10年以内の人で、就業経験がない人または離職経験者などで正規雇用での就業を希望する人
【その他】就労支援あり
【申し込み】1月7日(月曜日)~21日(月曜日)にくらし支援課 【電話】6858‒6863へ持参か郵送。1月21日(月曜日)必着。募集案内は1月4日(金曜日)から同課(北桜塚)、人事課で配布。市ホームページからも取り出し可

保育教諭〈臨時〉 20人
【対象・定員】保育士資格か幼稚園教諭免許がある人
短時間保育教諭〈臨時〉 5人
【対象・定員】保育士資格か幼稚園教諭免許がある人
短時間技能職員(調理・用務)〈臨時〉 5人
【対象・定員】要件なし
看護師〈臨時〉 2人
【対象・定員】看護師免許がある人
【問い合わせ】こども事業課 【電話】6858‒2808

放課後こどもクラブ指導員〈臨時〉 5人
【対象・定員】要件なし
【問い合わせ】こども事業課 【電話】6858‒2578

保健師〈臨時〉 2人
【対象・定員】保健師免許がある人
【問い合わせ】健康増進課 【電話】6858‒2801

保健師〈臨時〉 1人
【対象・定員】保健師免許がある人
【問い合わせ】保健予防課 【電話】6152‒7346

介護認定調査員〈臨時〉 3人
【対象・定員】介護支援専門員資格がある人
【問い合わせ】高齢者支援課 【電話】6858‒2833

市立豊中病院 
薬剤師〈臨時〉 3人
【対象・定員】薬剤師免許がある人
診療放射線技師〈臨時〉 1人
【対象・定員】診療放射線技師免許がある人
診療情報管理士〈臨時〉 1人
【対象・定員】診療情報管理士資格がある人
医師事務作業補助者〈臨時〉 3人
【対象・定員】各種団体で実施する医療秘書・医師事務作業補助業務に関する技能・実務能力認定試験に合格している人
管理栄養士〈臨時〉 1人
【対象・定員】管理栄養士免許がある人
臨床検査技師〈臨時〉
(身体障害者対象) 1人
【対象・定員】臨床検査技師免許があり、身体障害者手帳の交付を受けている人
診療放射線技師〈臨時〉
(身体障害者対象) 1人
【対象・定員】診療放射線技師免許があり、身体障害者手帳の交付を受けている人
【問い合わせ】同病院 【電話】6843‒0101

お知らせ「相談の窓口」(38ページ、39ページ)

相談の窓口

祝・休日と12月29日(土曜日)~1月3日(木曜日)は実施しません。
★の相談は、原則として事前に申し込みが必要です(先着順)。
各相談は表中の■を除き、2カ月に1回掲載。表に掲載以外の相談の窓口もあります。
総合コールセンター 【電話】6858‒5050へ問い合わせてください。
※電話番号をお確かめの上、お間違いのないよう、ご注意ください。

相談名/内容・対象・定員/場所/日時/問い合わせ・申込先
■弁護士相談 ★
【内容】相続・離婚・金銭貸借ほか
【対象・定員】①16人②8人 広聴係 ①水曜日・金曜日(1月4日を除く)②木曜日。13時~17時
【申し込み】相談日の前日(祝・休日の場合はその前の平日)9時から同係 【電話】6858‒2034

■交通事故相談 ★
【内容】弁護士による交通事故相談
【対象・定員】5人 公聴係 火曜日、13時~15時30分
申し込み】相談日の前日(祝・休日の場合はその前の平日)9時から同係 【電話】6858‒2034

■人権擁護委員による人権相談
【内容】人権に関する困りごと・心配ごと 公聴係 第1・3木曜日、13時~15時
【問い合わせ】人権政策課 【電話】6858‒2586

■障害者基幹相談支援センター
【内容】障害福祉に関する全般的な相談 同センター(島江町) 月曜日~金曜日、9時~17時15分
【問い合わせ】同センター 【電話】6862‒0095

■こども総合相談窓口
【内容】【対象・定員】18歳未満の子どもと家庭の相談 こども相談課(すこやかプラザ内・岡上の町) 24時間365日受け付け(電話のみ)。来所は月曜日~金曜日、9時~17時15分
【問い合わせ】同課 【電話】6852‒5172

■こども専用フリーダイヤル【内容】【対象・定員】18歳未満の子ども本人を対象とした電話相談 電話相談のみ 24時間365日受け付け 電話相談 【フリーダイヤル】0120‒307‒874

子育て相談(ほっぺ)
【内容】乳幼児の育児ほか ほっぺ(すこやかプラザ内・岡上の町) 月曜日~金曜日、9時~17時
【問い合わせ】ほっぺ 【電話】6852‒4141

子育て心の悩み相談 ★
【内容】子育ての悩みや不安、子どもとの関係ほか こども相談課(すこやかプラザ内・岡上の町) 月曜日~金曜日、9時~17時15分
【申し込み】同課 【電話】6852‒5172

母子父子福祉・離婚前相談 ★
【内容】①生活全般の悩みほか②弁護士相談③専門員による相談
【対象・定員】ひとり親家庭、離婚前の人 母子父子福祉センター(中桜塚) ①月曜日~金曜日、10時~16時
②第2・4水曜日、18時~20時。第1・3土曜日、9時30分~11時30分③第3木曜日、13時~16時
【申し込み】同センター 【電話】6852‒5160

進路選択支援相談 ★
【内容】奨学金の活用や進学に関する相談 ①豊中人権まちづくりセンター(岡町北)②蛍池人権まちづくりセンター(蛍池北町)③青年の家いぶき(服部西町) ①月曜日・水曜日・金曜日、17時~19時②火曜日・金曜日、15時~17時③木曜日、16時~18時
【申し込み】各センター(①豊中 【電話】6841‒1313②蛍池 【電話】6841‒5326)③3日前までに電話で人権教育課 【電話】6858‒2573

帰国・渡日児童生徒相談
【内容】通訳派遣、日本語教室の案内、帰国・渡日に伴う学校生活 人権教育課(電話相談可) 月曜日~金曜日、8時45分~17時
【問い合わせ】同課 【電話】6858‒2375

若者支援総合相談窓口 ★
【内容】社会的支援を必要とする若者に関する相談
【対象・定員】おおむね15歳~39歳の人とその家族、支援者 青年の家いぶき(服部西町。電話相談可) 火曜日~土曜日(いぶき休館日を除く)11時30分~18時。電話相談は11時45分~18時
【申し込み】いぶき 【電話】6866‒3032

教育相談 ★
【内容】子どもの心理、行動、言葉(発音など)などに関する悩み
【対象・定員】3歳6カ月の子ども~中学生と保護者 教育センター(蛍池中町) 月曜日~金曜日、9時~17時。第2土曜日、9時~12時
【申し込み】児童生徒課 【電話】6844‒5231

就学相談 ★
【内容】障害のある幼児・児童の就学 教育センター(蛍池中町) 月曜日~金曜日、9時~17時
【申し込み】児童生徒課 【電話】6844‒5293

市民活動に関する相談
【内容】市民公益活動やボランティアの情報提供ほか 市民活動情報サロン(阪急豊中駅舎内) 火曜日~土曜日、10時~19時
【問い合わせ】同サロン 【電話】6152‒2212

就労支援相談 ★
【内容】就労の相談・職業紹介ほか 地域就労支援センター庄内(労働会館内・三和町)、同センター豊中(くらしかん内・北桜塚) 月曜日~金曜日、9時~17時
【申し込み】同センター豊中 【電話】6858‒6861

労働相談(関連記事23ページ)
【対象・定員】労働者、事業者 くらしかん(北桜塚) 月曜日・水曜日・金曜日、10時~12時・13時~16時
【問い合わせ】くらし支援課 【電話】6858‒6863

保育所など就職相談
【内容】市内の保育所、こども園ほかの就職相談ほか 保育士・保育所支援センター(こども事業課内) 月曜日~金曜日、9時~17時
【問い合わせ】同課 【電話】6858‒2808

親族後見よろず相談 ★
【対象・定員】8人 千里文化センター「コラボ」(新千里東町) 第3木曜日、10時~12時
【申し込み】千里地域連携センター 【電話】6831‒4133

働く女性のための生き方総合相談
【内容】仕事、家族関係など 電話相談のみ 第1~4月曜日・木曜日、18時~20時。第1土曜日、10時~15時 電話相談 【電話】6844‒9820

女性のための労働相談 ★
【内容】労働問題 すてっぷ(玉井町。電話相談可) 第2土曜日、10時~12時。第4火曜日、18時~20時
女性のためのしごと活動相談 ★
【内容】就労相談
【対象・定員】市在住か在勤の女性 すてっぷ(玉井町) 金曜日、10時~13時
女性弁護士による女性のための法律相談 ★
【内容】離婚に関する法的な相談ほか
【その他】1人1回限り すてっぷ(玉井町) 第1・2金曜日、10時~12時。第3金曜日、18時~20時
女性のからだと心と性の相談 ★
【内容】からだの専門家による相談 すてっぷ(玉井町。電話相談可) 第3土曜日、10時~12時
【申し込み】すてっぷ 【電話】6844‒9739
9時~12時・13時~17時・18時~20時。(土曜日は17時まで。水曜日・日曜日は休み)

外国人(がいこくじん)向(む)け市政案内(しせいあんない)・相談(そうだん)
【内容】英語(えいご)、中国語(ちゅうごくご)。ほかの言語(げんご)も対応可(そうだんか) 人権政策課(じんけんせいさくか) 
英語(えいご)は月曜日(げつようび)・火曜日(かようび)・木曜日(もくようび)・金曜日(きんようび)、中国語(ちゅごくご)は水曜日(すいようび)。いずれも10時(じ)~12時(じ)、13時(じ)~16時(じ)
【問(と)い合(あ)わせ】人権政策課(じんけんせいさくか) 【電話(でんわ)】6858‒2730(ほかの言語(げんご)は1週間前(しゅうかんまえ)までに問(と)い合(あ)わせ)

総合生活相談
【内容】福祉、保健、就労、住宅など ①豊中人権まちづくりセンター(岡町北)②蛍池人権まちづくりセンター(蛍池北町) 月曜日~土曜日、9時~17時
【問い合わせ】各センター(①豊中 【電話】6841‒1313②蛍池 【電話】6841‒5326)

配偶者暴力相談支援センター
【内容】配偶者やパートナーからの暴力ほか 電話相談 月曜日~金曜日、9時~17時
【問い合わせ】同センター 【電話】6152‒9893

スポーツ健康相談 ★
【内容】専門医による健康状態に応じたスポーツ活動の相談 屋内体育施設 1月15日(火曜日)10時~12時
【申し込み】1週間前までにスポーツ振興事業団 【電話】6864‒3325

公的な融資制度相談 ★
【対象・定員】市内で起業を考えている人や市内事業者 産業振興課 月曜日~金曜日、8時45分~17時15分
【申し込み】同課 【電話】6858‒2189

日本政策金融公庫担当者による金融相談 ★ 
【対象・定員】市内で起業を考えている人や市内事業者 産業振興課 第2・4水曜日、10時~12時
【申し込み】2日前までに同課 【電話】6858‒2189

起業相談・経営相談 ★ 
【対象・定員】市内で起業を考えている人や市内事業者
とよなか起業・チャレンジセンター(蛍池中町) 月曜日~金曜日、10時~18時
【申し込み】同センター 【電話】6840‒1955

大阪府よろず支援拠点コーディネーターによる経営相談 ★
【対象・定員】市内の中小企業・小規模事業者ほか 産業振興課 第2・4水曜日、10時~16時50分
【申し込み】前日までに同課 【電話】6858‒2187

住生活コーディネーターによる住宅改修・改造相談
【内容】住宅の改修・改造ほか ①市民活動情報サロン(阪急豊中駅舎内)②くらしかん(北桜塚) ①1月12日(土曜日)②2月16日(土曜日)。15時~17時
【問い合わせ】ユニバーサルデザイン推進協会 【電話】6840‒0325

都市景観デザイン相談 ★
【内容】建築物(改修を含む)などのデザインや色彩ほか 都市計画課 第3水曜日、9時30分~12時
【申し込み】14日前までに同課 【電話】6858‒2419

保健・福祉・子育てサービス「話して安心、困りごと相談」
【内容】サービスや契約の内容、事業者の対応への苦情ほか 地域福祉課 月曜日~金曜日、9時~17時15分。専門家相談は要予約
【問い合わせ】健康福祉サービス苦情調整委員会 【電話】6858‒2815

自死遺族相談
【対象・定員】大切な人を自死で亡くした人 保健所(中桜塚。電話相談可) 月曜日~金曜日、9時~17時15分
【問い合わせ】保健予防課 【電話】6152‒7315

難病療養生活相談
【対象・定員】難病患者、家族など周囲の人
【その他】家庭訪問可 保健所(中桜塚。電話相談可) 月曜日~金曜日、9時~17時15分
【問い合わせ】保健予防課 【電話】6152‒7346

性感染症相談
【内容】エイズ・梅毒など性感染症の予防、症状、治療 保健所(中桜塚。電話相談可) 月曜日~金曜日、9時~17時15分
【問い合わせ】保健予防課 【電話】6152‒7316

健康相談
【内容】健康全般 中部保健センター(すこやかプラザ内・岡上の町) 月曜日~金曜日、9時30分~12時
【問い合わせ】健康増進課 【電話】6858‒2292

福祉なんでも相談
【内容】福祉全般 社会福祉協議会(すこやかプラザ内・岡上の町) 月曜日~金曜日、9時~17時15分
【問い合わせ】同協議会 【電話】6848‒1279

年金・保険相談
【内容】各種年金、社会保険など 社会福祉協議会(すこやかプラザ内・岡上の町) 第2・4木曜日、13時~15時
【問い合わせ】同協議会 【電話】6841‒9389

介護相談
【内容】老人介護者(家族)の会による相談 社会福祉協議会(すこやかプラザ内・岡上の町) 水曜日、13時30分~15時30分
【問い合わせ】同協議会 【電話】6841‒9388

精神障害者生活相談
【内容】当事者団体による日常生活に関する悩みなど 社会福祉協議会(すこやかプラザ内・岡上の町) 第4火曜日、13時~15時30分
【問い合わせ】同協議会 【電話】6841‒9388

がん相談 ★
【内容】がんに関する相談 がん相談支援センター(市立豊中病院内・柴原町) 月曜日~金曜日、9時~16時30分
【申し込み】同病院 【電話】6843‒0101

花とみどりの相談
【内容】花とみどりに関する相談 花とみどりの相談所(曽根南町) 火曜日~土曜日、13時~16時30分
【問い合わせ】同所 【電話】6863‒8439

クロスワードパズル(40ページ)

クロスワードパズル
タテのカギ
① 災害時にも役立つレトルト○○○○○。
② 天井と屋根の間。
③ 量より○○。
④ 針の穴に○○を通して布を縫う。
⑥ ○○みそ。○○の他人。
⑧ 紙や金属を再び資源として利用すること。
⑨ 子ども読書活動○○○○○(27ページ)。
⑪ 物の端。枝の○○○○。
⑫ 縁の○○の力持ち。
⑭ この問題は彼が頼みの○○だ。
⑮ 寝る時に蚊や害虫を防ぐための覆い

ヨコのカギ
① カメラで撮ります。
④ 青年の○○いぶき(28ページ)。
⑤ 火を止めて○○○でさらに温めます。
⑥ 立つ鳥○○を濁さず。
⑦ バットがボールに当たらず○○を切る。
⑧ 植物の観察や化学実験などを行う教科。
⑩ ブリに似た、黄色の帯が特徴的な魚。
⑫ 敵に○○を送る。
⑬ 税の情報を発信する公式○○○○○などを開始(8ページ)。
⑮ 意地を張って自分の主張を変えない○○○○な態度。
⑯ 芸術作品などの分類。
⑰ 水をせき止めてためる施設。

□の6文字を並べ替えて言葉を作ってください。
今月号の中に出てくる言葉が答えです。

パズルの応募方法
市在住・在勤・在学の正解者の中から抽選で10人に図書カード(500円分)を差し上げます。
はがきに、パズルの解答、住所、名前、電話番号、今月号で印象に残った記事を3つ、好きな豊中の風景、広報誌のご感想などがあれば記入し、広報広聴課へ。市ホームページからも応募可。
締め切り/1月15日(火曜日)。消印有効

応募とお便りの宛先
〒561- 8501
豊中市役所 広報広聴課

前回の答
前回の正解は、「キュウメイ」。応募総数273通で267通が正解。正解者の中から抽選で10人に景品を送りました。

【今月の表紙】
大門公園「消防出初式」(北桜塚)
 毎年1月に開催。市民の皆さんに防火・防災意識を高めてもらうとともに、消防職員や消防団員の士気や技術の向上を図るため、こども消防隊や女性防火クラブなどの行進、消防職員の訓練を披露。最後は消防団14分団による一斉放水で締めくくります。(関連記事21ページ)

編集室から
◎ 新春対談の扉の写真は岡町・桜塚商店街で撮影しました。お店や買い物に訪れた皆さんが古川圭子さんに声を掛け、中には同級生の姿も。こんな温かいつながりが、古川さんが豊中に住み続けている理由なのかもと感じました。 (梅)
◎ 特集2は第四中学校夜間学級を紹介。生徒の皆さんへの取材では、勉強ができる喜びや、共に学ぶ仲間がいる喜び、そして仲間との交流を通じて成長できる喜びが語られ、年齢を重ねても学び続けることの大切さをあらためて感じました。
 2月号では、産業と共にまちを活性化する取り組みについて紹介します。 (大)

誌面の中で下のマークが付いている写真にスマートフォンをかざすと、動画が流れます。
今月号は7ページにあります。動画を見るにはAR(拡張現実)アプリケーションのダウンロードと、豊中市チャンネルの登録が必要です。
詳しくはこちら→https://www.city.toyonaka.osaka.jp/joho/kouhou/AR.html

パソコンやスマホ、タブレットでも! 広報とよなか デジタルブック
◦スマホ、タブレットでも読める
◦文字サイズを調整できる
◦音声読み上げもできる
◦多言語で読める【日本語、英語、中国語(簡体・繁体)、韓国・朝鮮語、ポルトガル語、タイ語】
デジタルブックアプリ
Catalog Pocket
→https://www.catapoke.com/

人口と世帯数〈12月1日現在・推計〉( )は前月の増減
男▶188, 345人(+41人) 女▶210,519人(+62人) 計▶398,864人(+103人)
世帯▶174, 977(+137)

とよなかタイムスリップ「こどもの楽園(緑地公園)」(41ページ)

とよなかタイムスリップ
第22回こどもの楽園
 面積約126ヘクタールある服部緑地の西側に、子どもたちが遊べる遊戯場が造られたのは、昭和30年代。ブランコや円形の滑り台があったほか、大きなサクラの木が植えられ、春の花見シーズンには多くの人でにぎわいました。
 平成4年(1992)、名称がこどもの楽園に変更されるとともに、長さ20メートルのローラー滑り台やクライミング遊具などが一体となった大きな複合遊具が登場。家族連れを中心に人気のスポットです。
写真キャプション:昭和40年の児童遊戯場
         現在のこどもの楽園

思い出コラム
 子どもの頃、遊びに行く場所といえば服部緑地でした。中でも、今はこどもの楽園になっている場所は思い出深いです。遊具で遊んだほか、春にはきれいに咲くサクラを見に行ったり、正月には家族と訪れて、たこ揚げをしたりしたものです。
 早朝には地域の人が集まって、ラジオ体操を行っていて、私も昭和39年(1964)から参加しています。多いときには約200人が集まり、ヨガ体操も取り入れた健康づくりに取り組んでいます。これからも、子どもが遊び、高齢者も楽しめる多世代が集う場であり続けてほしいと願っています。
森廣一さん(76歳、長興寺南)

こどもの楽園については、『府営公園の今昔』(大阪府土木部公園課)などに記載されています。関連資料については各図書館に問い合わせてください。
ホームページの「北摂アーカイブス」では、市所蔵の写真だけでなく、市民の皆さんの提供写真も見ることができます。より充実した資料とするため、皆さんがお持ちの昔の写真も募集しています。
【問い合わせ】岡町図書館  【電話】6843-4553
北摂アーカイブス→http://e-library2.gprime.jp/lib_city_toyonaka/cms/

特集2ひゅうまん通信「学びたかったことがここにある」(42ページ、43ページ)

特集(とくしゅう)2
ひゅうまん通信(つうしん)

「学(まな)びたかったことがここにある」
あなたの勉強(べんきょう)への熱(あつ)い気持(きも)ちを応援(おうえん)します
 豊中市(とよなかし)には、戦争(せんそう)の影響(えいきょう)やさまざまな事情(じじょう)で学(まな)びたくても学(まな)べなかった人(ひと)が通(かよ)うことができる場(ば)「第四中学校夜間学級(だいよんちゅうがっこうやかんがっきゅう)」(服部本町(はっとりほんまち))があります。10歳代後半(さいだいこうはん)から80歳代(さいだい)までの年齢(ねんれい)も国籍(こくせき)も多様(たよう)な37人(にん)(平成(へいせい)30年(ねん)(2018)11月(がつ)30日現在(にちげんざい))が市内外(しないがい)から通(かよ)う同校(どうこう)。生徒(せいと)の声(こえ)を通(とお)して、学(まな)びについてあらためて考(かんが)えてみませんか。(学校教育課(がっこうきょういくか))

人(ひと)とのつながりの大切(たいせつ)さも学(まな)ぶ
伊藤壽勝(いとう・としかつ)さん(48歳(さい)、三国(みくに))
 小学生(しょうがくせい)のとき、家庭(かてい)の経済(けいざい)状況(じょうきょう)などが理由(りゆう)で学校(がっこう)を休(やす)みがちになりました。休(やす)めば休(やす)むほどますます勉強(べんきょう)が分(わ)からなくなり、教科書(きょうかしょ)を開(ひら)いても漢字(かんじ)が読(よ)めず、「学力(がくりょく)が足(た)りないから高校(こうこう)へも行(い)けない」「早(はや)く中学校(ちゅうがっこう)を卒業(そつぎょう)して働(はたら)こう」と思(おも)っていました。
 中学校(ちゅうがっこう)卒業(そつぎょう)後(ご)に受(う)けた会社(かいしゃ)の面接(めんせつ)で、母(はは)に代筆(だいひつ)してもらった履歴書(りれきしょ)を提出(ていしゅつ)すると、「履歴書(りれきしょ)は自分(じぶん)で書(か)くものだ」と指摘(してき)されました。このとき、字(じ)を書(か)けないことへの悔(くや)しい気持(きも)ちが込(こ)み上(あ)げました。その後(ご)は、本(ほん)を買(か)って独学(どくがく)で勉強(べんきょう)しようと頑張(がんば)ってみましたが、思(おも)うようにできませんでした。
 37歳(さい)のときに庄内公民館(しょうないこうみんかん)の「学(まな)びの場(ば)」を知(し)り、通(かよ)いました。漢字(かんじ)や九九(くく)、分数(ぶんすう)などをあらためて学(まな)ぶことができ、「もっと勉強(べんきょう)したい」という気持(きも)ちが湧(わ)いてきました。そんなとき、「学(まな)びの場(ば)」の先生(せんせい)に第四中学校(だいよんちゅうがっこう)の夜間学級(やかんがっきゅう)を紹介(しょうかい)されましたが、中学校(ちゅうがっこう)を卒業(そつぎょう)していた私(わたし)は、そのときは入学(にゅうがく)条件(じょうけん)を満(み)たしていませんでした。その後(ご)も学(まな)びたいという気持(きも)ちが薄(うす)れることはないまま45歳(さい)になったとき、中学校(ちゅうがっこう)を卒業(そつぎょう)していても状況(じょうきょう)に応(おう)じて入学(にゅうがく)できる制度(せいど)に変(か)わり、夜間学級(やかんがっきゅう)の生徒(せいと)になることができました。待(ま)ち焦(こ)がれていた学校(がっこう)の雰囲気(ふんいき)を味(あじ)わうことができる喜(よろこ)びとともに、学(まな)びたいという気持(きも)ちがさらに高(たか)まりました。
 入学後(にゅうがくご)は、仕事(しごと)をしながらも勉強(べんきょう)に打(う)ち込(こ)むことができましたが、人(ひと)との接(せっ)し方(かた)に難(むずか)しさを感(かん)じていました。しかし、親身(しんみ)になって自分(じぶん)の話(はなし)を聞(き)いてくれる先輩(せんぱい)や仲間(なかま)がいて、次第(しだい)に自分(じぶん)から話(はな)し掛(か)けたり、話(はなし)を聞(き)いたりすることで人間関係(にんげんかんけい)を築(きず)く大切(たいせつ)さに気付(きづ)きました。これからも、夜間学級(やかんがっきゅう)でのさまざまな出会(であ)いを大切(たいせつ)にしながら仲間(なかま)と一緒(いっしょ)に、もっと勉強(べんきょう)を頑張(がんば)り定時制高校(ていじせいこうこう)の入学(にゅうがく)をめざします。
写真キャプション(しゃしんきゃぷしょん):
美術(びじゅつ)の授業(じゅぎょう)ではステンドグラス(すてんどぐらす)を作(つく)りました

いくつになっても学(まな)ぶ喜(よろこ)び
山杉(やますぎ)はるよさん(79歳(さい)、庄内東町(しょうないひがしまち))
 子(こ)どものころは戦時(せんじ)中(ちゅう)で、食(た)べる物(もの)もないほど貧(まず)しい暮(く)らしをしていました。勉強(べんきょう)は好(す)きでしたが、子(こ)どもながらに「早(はや)く働(はたら)かないと」と思(おも)っていたので、中学校(ちゅうがっこう)を途中(とちゅう)で辞(や)め、働(はたら)くことにしました。
 70歳(さい)で仕事(しごと)を辞(や)めてからは、勉強(べんきょう)したい気持(きも)ちが日(ひ)に日(ひ)に強(つよ)くなり、きっかけを探(さが)していました。あるとき、バス(ばす)を待(ま)っていると、私(わたし)よりも年上(としうえ)の女性(じょせい)がやってきました。普段(ふだん)は知(し)らない人(ひと)に自分(じぶん)から話(はな)し掛(か)けることはしないのですが、そのときは自然(しぜん)に「どこに行(い)くのですか」と言葉(ことば)を掛(か)けていました。「庄内公民館(しょうないこうみんかん)の『学(まな)びの場(ば)』へ勉強(べんきょう)しに行(い)きます」とのこと。聞(き)けば、年齢(ねんれい)は89歳(さい)。びっくりするとともに、感心(かんしん)しました。
 このときの出会(であ)いをきっかけに私(わたし)も「学(まな)びの場(ば)」へ通(かよ)うように。5カ月(かげつ)くらい通(かよ)ったある日(ひ)、一緒(いっしょ)に学(まな)んでいた人(ひと)に「第四中学校(だいよんちゅうがっこう)の夜間学級(やかんがっきゅう)に行(い)きませんか」と誘(さそ)われました。もっといろいろなことを学(まな)びたいと思(おも)っていた私(わたし)は、二(ふた)つ返事(へんじ)で「行(い)きます」と答(こた)えました。
 そして、平成(へいせい)27年(ねん)(2015)4月(がつ)に入学(にゅうがく)。夜間学級(やかんがっきゅう)には、ネパール(ねぱーる)やベトナム(べとなむ)などさまざまな国籍(こくせき)の人(ひと)や私(わたし)のような高齢(こうれい)の人(ひと)もいます。とても明(あか)るい人(ひと)が多(おお)く、教室(きょうしつ)に入(はい)ると嫌(いや)なことを忘(わす)れるくらい楽(たの)しく勉強(べんきょう)できる場所(ばしょ)です。
 入学(にゅうがく)したことで、小・中学校(しょう・ちゅうがっこう)に幼(おさな)いころの戦争(せんそう)の体験談(たいけんだん)を語(かた)りに行(い)く機会(きかい)に恵(めぐ)まれ、真剣(しんけん)に聞(き)いてくれた子(こ)どもたちから宝物(たからもの)のような感想文(かんそうぶん)をもらえました。また、夜間学級(やかんがっきゅう)の友人(ゆうじん)たちと広島県(ひろしまけん)の原爆ドーム(げんばくどーむ)へ行(い)き平和(へいわ)の大切(たいせつ)さやありがたさをあらためて感(かん)じられるなど、たくさんの貴重(きちょう)な経験(けいけん)ができています。
 これからは、苦手(にがて)なパソコン(ぱそこん)などいろいろなことにもチャレンジ(ちゃれんじ)していきたいです。そして、一緒(いっしょ)に学(まな)べる仲間(なかま)がもっと増(ふ)えればいいなと願(ねが)っています。
写真キャプション(しゃしんきゃぷしょん):
書写(しょしゃ)の授業(じゅぎょう)で書(か)いた作品(さくひん)
理科(りか)の実験(じっけん)ではたくさんの驚(おどろ)きや発見(はっけん)があります

北摂(ほくせつ)で唯一(ゆいいつ)の夜間学級(やかんがっきゅう)で学(まな)んでみませんか
平成(へいせい)31年度(ねんど)(2019)の生徒(せいと)を募集(ぼしゅう)!
府内(ふない)に住(す)む平成(へいせい)16年(ねん)(2004)4月(がつ)1日(にち)以前(いぜん)に生(う)まれた人(ひと)で小・中学校(しょう・ちゅうがっこう)を卒業(そつぎょう)できなかった人(ひと)や十分(じゅうぶん)な教育(きょういく)を受(う)けられないまま中学校(ちゅうがっこう)を卒業(そつぎょう)した人(ひと)が入学(にゅうがく)できます(外国人(がいこくじん)も同(おな)じ)。原則(げんそく)として入学(にゅうがく)は毎年(まいとし)4月(がつ)です。授業料(じゅぎょうりょう)は要(い)りません。府外(ふがい)の人(ひと)も相談(そうだん)してください。
【問い合わせ】第四中学校夜間学級(だいよんちゅうがっこうやかんがっきゅう)  【電話】6863‒6744(月曜(げつよう)~金曜日(きんようび)(祝(しゅく)・休日(きゅうじつ)を除(のぞ)く)13時(じ)~21時(じ))

リレーエッセー「科学と緑道 橋本幸士さん(大阪大学教授・理論物理学者)」(44ページ、45ページ)

とよなか ゆめ・まち・ひと リレーエッセー

科学と緑道
 私の好きな時間の一つに、緑道をゆっくり歩く、というものがあります。周りの木々の緑を眺めたり、行き交う子どもたちのジグザグな動きに驚いたり、道の表面の模様をたどったり。そうしているうちに、普段から考えている問題の答えが、頭に浮かんできます。
 私の職業は「理論物理学者」というもので、大阪大学豊中キャンパスに勤めています。物理学は、世の中のさまざまな現象の仕組みを調べ、明らかにしていくものです。理論というのは、数式を使って、頭の中で現象を整理し、そこから予測することです。
 例えば、緑道の一つの木が枯れかかっていたとしましょう。私はこう思います。「先週は葉が結構付いていたのに、今日は葉が白っぽくなっている。このままだと来週には、葉の病気が木の半分まで広がってしまうだろう」。これは科学の考え方です。観察して、数を数え、予測するのです。
 私は普段、家の周囲の緑道をウロウロしています。清々(すがすが)しい緑に囲まれた道を30分ほど歩くと、どんどん頭の中が整理されていきます。そして、難しいなと思っていたことが、実は簡単に解決できてしまうことがあります。
 私の研究の対象は物理学の問題ですが、無理にそれを解こうと、緑道に出かけるのではありません。いつも頭の中に問題を蓄えて過ごしていますが、問題の解決が、なぜか緑道を歩いているときにやってくるのです。
 旅行に行って見知らぬ街で同じことを試しても、うまくいきません。私が6年前に越してきた豊中市の緑道では、とてもうまくいきます。普段の観察から始まる科学には、豊中の緑道は良い環境なのです。
 大阪大学は、緑豊かな待兼山にあります。ノーベル賞を受賞した湯川秀樹や南部陽一郎が研究をしていた伝統ある大学であり、今もその伝統を受け継いで、たくさんの科学者が研究をしています。
 皆さんは、科学者に会って話をすることは、あまりないかもしれません。科学者は、実は豊中市のそこらじゅうにいます。私のように、ジーパンにTシャツで、緑道をふらふら、ウロウロ、歩いているかもしれません。

科学に興味を持ったきっかけは?
 小学生のときに、数字にとても興味を持ちました。算数が、まるで積み木のように「カチャカチャ」と美しくはまっていくのが不思議で、心から楽しかったのをよく覚えています。

橋本幸士(はしもと・こうじ)
[大阪大学教授・理論物理学者]
 豊中市在住。昭和48年(1973)生まれ。平成12年(2000)京都大学大学院理学研究科博士課程修了。カリフォルニア大学、東京大学、理化学研究所などを経て平成24年から現職。専門は理論物理学、超弦理論。著書に『超ひも理論をパパに習ってみた 天才物理学者・浪速阪教授の70分講義』(講談社サイエンティフィク)、など。舞台芸術、造形展示、映画、漫画などアートの分野でも活躍中。
【奇数月は「リレーエッセー」、偶数月は「豊中っ子」を掲載します】

とよなか風物詩「キンカン」(45ページ)

とよなか風物詩
キンカン【ミカン科ミカン属/常緑低木】
 正月料理を彩る黄金色の果実。
 夏、芳香のある白色の花を咲かせ、冬には橙黄色(とうこうしょく)の小さな実をたくさん実らせます。14世紀頃に中国から渡来。果樹として暖地で多く栽培されます。せき止めに効くとされ、生食のほか砂糖漬けや甘露煮などで親しまれ、正月のおせち料理では「金冠」は富をもたらす縁起物とされています。
実の見頃は1月~3月。
ふれあい緑地(服部西町)、豊南町東第7号線(豊南町東)などで見られます。

まちかどスケッチ「コラボまつり」ほか(46ページ、47ページ)

まちかどスケッチ

子どもから大人まで
みんなが輝く コラボまつり
 千里公民館(新千里東町)で活動する登録グループが活動発表などを行うコラボまつりを11月16日~18日に千里文化センター「コラボ」(新千里東町)などで開催。
 俳句や陶芸などの作品が並び、コーラスや舞踊などが披露されました。また、紙芝居や自然工作のコーナーなども設けられました。

陶芸・お抹茶屋台で
すてきな時間
世界に一つだけの茶わんでお茶を
 寿町公園(服部寿町)で11月25日、芸術家・きむらとしろうじんじんさんの「野点(のだて)in服部」が開かれました。素焼きの茶わんに好きな色で絵付けをして焼き上げ、その茶わんでお茶を楽しむ催しで、参加者たちは、自作の茶わんで飲む抹茶の味を堪能していました。

見て、触れて、楽しく考える
環境のこと
未来により良い環境を継ぐために
 豊島体育館(服部西町)で11月16日・17日、「とよなか市民環境展」を開催しました。楽しみながら環境への理解を深めてもらおうと、展示・体験・自然工作のコーナーのほか、ステージイベントやスタンプラリーなども行われ、延べ3,812人の来場者でにぎわいました。

安全、確実、迅速に
救助のチカラ磨く
実際の鉄道車両で災害時の救出訓練
 北大阪急行電鉄の桃山台車庫(吹田市)で12月4日、「鉄道災害時の安全対策研修会」を実施。同電鉄職員と豊中市などの消防職員が連携し、約37トンの車両のジャッキアップ、車両を動かす送電の仕組みや手動でドアを開ける方法の確認などの訓練を行いました。

車いすの舞台芸術
華麗に風切るダンス
誰もが尊重し合える社会をめざして
 障害のある人とない人が共に踊る車いすダンス。文化芸術センター(曽根東町)で12月8日、車いすダンスなどを通して障害者理解の推進をめざす「ジェネシスオブエンターテイメント」によるステージと講演会が開催され、躍動感あふれる華やかなダンスが観客を魅了しました。

市公式のソーシャルメディアで市の魅力を発信中!
ぜひご覧ください。
フェイスブックページ
https://www.city.toyonaka.osaka.jp/joho/kouhou/facebook.html
広報ツイッター
https://www.city.toyonaka.osaka.jp/joho/kouhou/twitter.html

まちのいいとこ教え隊「刀根山小学校区」(裏表紙)

まちのいいとこ教え隊22
刀根山小学校区 

大阪大学(待兼山町)
昭和6年(1931)に、日本で第6番めの帝国大学として創設されました。春のいちょう祭や秋のまちかね祭など、地域の人も参加して楽しめる大学祭はたくさんの人で盛り上がります。
いちょう祭でプラネタリウムを楽しんだんだ

阪急宝塚線蛍池駅(蛍池東町1丁目)
明治43年(1910)に箕面有馬電気軌道・蛍ヶ池駅として開業されました。大阪国際空港や千里中央などへつながる大阪モノレールとも接続するなど、利便性が高い駅です。
買い物や習い事に行くのに便利だよ

刀根山公園(刀根山元町)
池を埋め立て、昭和46年に児童公園として開設しました。水害を防ぐため、大雨が降ったときには、地下で雨水をためて、徐々に排水しています。
散歩コースとして立ち寄る人も多いよ

どんな校区?
 万葉集でも詠まれた待兼山や、豊かな自然が残る刀根山がある校区です。
 子ども教室協力員やPTA、おやじの会などの皆さんの協力により毎月開催されている、とねやま地域子ども教室。工作や料理、スポーツ、あそびの広場など7~8のプログラムでさまざまな催しが行われ、多くの児童が参加してにぎわいます。

学校の特徴は?
 昭和44年に、大池・桜井谷・蛍池小学校の校区から分離して開校しました。
 児童による委員会活動では、20分休みに飼育小屋「ふれあいパーク」の掃除をしたり、学校で飼っているカメをみんなに見てもらったりするほか、サッカーボールの貸し出しチェックを行うなどを実施。より良い学校生活となるように積極的に活動しています。

広報とよなか1月号
平成31年(2019)1月1日発行
発行:豊中市 〒561-8501 豊中市中桜塚3-1-1
       (開庁時間:平日9時~17時15分)
編集:政策企画部 広報広聴課

市への問い合わせは、総合コールセンターへ
※おかけ間違いのないよう、ご注意ください
専用電話:6858-5050 月曜~金曜日は8時~21時
土曜・日曜日、祝・休日、年末年始は9時~17時
専用 FAX:6858-8686 24時間受信
市役所へはバスか電車で 市役所の駐車場は有料です。駐車台数に限りがあるため、駐車待ちの時間が長くかかることがあります。

お問合せ

都市経営部 広報戦略課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎3階
電話:06-6858-2028
ファクス:06-6842-2810

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで