このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

平成31年(2019)2月号「広報とよなか」テキスト版

ページ番号:337074913

更新日:2019年3月25日

このページでは市民の皆さまにお届けしている「広報とよなか」のテキストを掲載しています。

表紙「青池」

くらし、もっと豊かに
広報とよなか

2 February Vol.826
平成31年(2019)


特集1 2~7ページ
魅力あふれる産業のまち


特集2 ひゅうまん通信 42・43ページ
若者と共に考える
同和問題の今・これから

目次
8豊中のいま
92月のお知らせ
38相談の窓口
40クロスワードパズル
41とよなかタイムスリップ
44夢・きらめき 豊中っ子
45風物詩
46まちかどスケッチ

青池(40ページ参照)

特集1「魅力あふれる産業のまち」(2ページから7ページまで)

<特集1>
魅力あふれる産業のまち
起業家・事業者を応援します
 良好な住宅都市として発展してきた豊中市。
 一方で、府内4番めに多い約1万3千もの事業所があり、市内で働く人は12万7千496人(平成28年経済センサス)と、多彩な企業や店舗、農地などの産業がまちの活力を生み出しています。
 こうした産業のまち・働くまちとしての魅力をさらに高めるため、市はさまざまな取り組みを進めています。
(産業振興課)

写真の事業所
1 贈る目的に合わせて花をアレンジ「花の部屋」(本町) 
2 こだわりのオリジナルテーブル「graf labo」(穂積) 
3 抱っこひもカバーを製造「ルカコ」(豊南町西) 
4 豊中市産野菜を収穫「中尾さん」(東泉丘) 
5 交通インフラの要「阪急バス」(庄内西町) 
6 9000形9003号車ポールスター2「北大阪急行電鉄」(寺内) 
7 包装前のパンのチェック「敷島製パン」(名神口) 
8 さまざまな国からの輸入雑貨や商品が並ぶ「マーケットバスケット」(蛍池中町) 
9 ゲーム作りを通したプログラミング教室「アクセルブーン」(本町) 
10素材を生かした和菓子作り「御菓子司 富貴屋」(服部西町)

ここがすごい!
産業都市 とよなか
各地へのアクセス抜群の立地
 大阪国際空港の玄関口で、阪急電鉄、北大阪急行電鉄、大阪モノレール、阪急バス、中国縦貫自動車道などさまざまな交通網が整備されており、仕事をするにも便利です。
豊かな自然。農業も元気
 広がる緑と都会的な街並みを楽しめる住宅地でありながら、地域の人の食を支える農業も元気です。豊中市産の野菜を販売する農業祭や朝市も定期的に開催されています。
多種多様な業種が立地
 市内の西部・南部にはものづくり企業、千里中央駅周辺には情報通信業や商業施設などさまざまな業種が立地しており、地域ごとに特色があります。

中小企業の新たなチャレンジをサポート
~中小企業チャレンジ事業補助金~
 市内の中小企業の商品や技術の開発、販路開拓などの新たな取り組みを支援する補助金です。 (関連記事34ページ)
ミズノマリン(名神口)代表 水野茂さん
新規商品開発を後押し
 私が事業を始めるに当たり、この地を選んだのは何といっても交通の利便性です。高速道路が通り、空港が近くにあって、取引先からの急な発注にも対応することができます。
 創業後は、主に船舶用エンジンや大型船に搭載している救命艇の整備を行ってきましたが、東日本大震災をきっかけに津波発生時の避難に救命艇を応用できないかと考え、定員25人の津波シェルターを開発。横転しても自然復帰するセルフライディング構造や完全に浸水しても沈まない不沈構造が大きな反響を呼びました。その一方で「もっと小型のものがほしい」との要望が多く寄せられたことから開発のために中小企業チャレンジ事業補助金を活用。
 そのニーズに応える小型津波シェルターを開発することができたとともに、海洋学に精通している東海大学(静岡市)との産学連携により、災害時の使用を想定した海洋実験を行うことができました。同補助金を活用するメリットは大きかったと感じています。
写真キャプション:開発した小型津波シェルター

起業家・中小企業の支援拠点
~とよなか起業・チャレンジセンター~
 起業を考えている人や中小企業の新たなチャレンジを支援するため、起業相談やセミナーなどを開催しています。 (関連記事34ページ)
音楽サロン くつろぎ(蛍池中町)代表 吉田寛子さん
起業への第一歩を支援
 自宅でピアノ講師をしているうちに、「音楽でもっと人をつなぎたい」と思ったことが起業のきっかけでした。しかし、経営に関する知識はなかったので、とよなか起業・チャレンジセンター(蛍池中町)を訪問。事業計画の立て方や資金について相談したところ、さまざまな観点からアドバイスをもらいました。複数の起業家で利用する同センターの共有オフィスを利用している間は、起業家や市内事業者と意見交換をしながら、チラシの作り方や集客方法など具体的な悩みについても相談することができ、とても充実していました。
 現在も相談事があるときは、同センターでアドバイスをもらっています。同センターでできたつながりを生かして、音楽教室事業だけでなく、さまざまなイベントの企画運営などに携わることもでき、起業当初の目標を少しずつ実現しています。何か実現したい思いを持っているのであれば、まずは同センターに相談してみることが新たな一歩を踏み出すきっかけとなるのではないでしょうか。
写真キャプション:ピアノのほか歌やハンドベルのレッスンも行っています

豊中らしい都市農業を応援
~守り伝える農業~
 宅地化が進む中、農地を守り、安心安全な野菜や米を作り続ける農業を支援しています。
光久とし子さん、修平さん、正幸さん(浜)
満足できる作物づくりを応援
 代々、農業を営む家に生まれ、祖父の作る農作物を食べて育ちました。おかげで新鮮な農作物を食べられることが当たり前でした。祖父を亡くしてそのありがたさに初めて気付き、7年前、23歳のときに自分も農業を継ぐことを決意。今は両親と約3千㎡の田畑を守っています。鮮度が命の野菜は、近郊での販売にこだわっています。また、販売店舗を訪れ、お客さんと接することで反応をじかに感じることができ、それが励みになっています。
 市内では農業を営む人が高齢化しており、まとまって出荷するほどの収穫量がない人も多くいます。豊中まつりや農業祭などでは販売額に応じて補助金が交付されたり、農機具などの購入の際に補助が受けられたり、市の支援制度があります。これらを利用して豊中の農家がもっと活性化してほしいですね。
 現在は、地産地消イベントや朝市にも野菜を提供しています。今は少なくなった豊中の農業をこれからも守りながら、市民の皆さんにとって身近な存在であり続けたいです。
写真キャプション:田の裏作で野菜も作っています

市内事業者の連携と地域産業の活性化のために
~とよなかおしごと部~
 新たなビジネスや事業展開を考えるため、市内の魅力的な場所を会場に毎回異なるテーマで情報提供と意見交換を行います。(関連記事34ページ)
小池製作所(今在家町)小池繁子さん、清さん
ビジネスの可能性を広げる
 家族だけで操業している工場ですが、縁あって若者の就労支援の一環として夜間学級に通う学生を一時的に受け入れたことがありました。学生の皆さんが仕事に取り組む姿勢から私たちも学ぶことが多く、交流の幅を広げることの大切さを感じました。
 そんなとき、市から「とよなかおしごと部」を工場で開催できないかとの相談があり、ちょうど良い機会だと思い、協力できることがあるならと引き受けました。参加した皆さんの業種はさまざまですが、工場の機械や技術にも興味を持ってもらえました。違う業種の皆さんとビジネスに関するテーマで話し合う中でさまざまな意見が出てこれまでとは違った見方や考え方ができるようになり、私たちにとっても大きな刺激がありました。
 「とよなかおしごと部」が、市内で起業を考えている人や事業者の皆さんの可能性を広げるきっかけになればと思います。
写真キャプション:主に工場向けの部品を製造しています

企業立地促進計画の策定と企業立地促進条例の改正
企業が立地しやすい環境を整備
 事業所が安定して操業できるように企業立地促進計画を平成30年(2018)1月に策定しました。また、企業立地促進条例を10月に改正し、産業誘導区域(※)を設定。同区域内で、新たに事業所を建てる(増設・建て替えを含む)企業に奨励金を交付する立地促進奨励金制度を拡充しました。
(※地図あり)
※産業誘導区域 市内西部・南部における準工業地域・工業地域において、事業所が集積し住宅立地が進んでいない地域で、今後も事業所を集積し、住工混在の進行を防止することで安定した操業環境の維持・形成を図る区域

産業の力でまちを元気に
豊中商工会議所(岡町北)会頭 水上英雄さん
 豊中といえば緑が多く、住宅地が広がるまちという印象を持っている人は多いと思いますが、実は大阪府内で有数の事業所数を誇るまちでもあります。「住」と「工」が近接していることにより雇用創出や通勤至便などのメリットがある一方、トラブルが起きることもあり、事業所側としては安定した操業環境の確保に苦慮する要因にもなっていました。
 新たに策定された同計画では、事業所と住宅の混在を緩和し、安定した操業環境と住環境の形成を図ることも目的の一つとされています。
 今回の計画策定をきっかけに、市内産業がさらに元気になることで、まちが活性化することを期待します。

市内での企業の立地を支援
~企業立地促進奨励金~
精研大阪支店(勝部)取締役支店長 堀田保昭さん
地の利を生かして発展を
 茨木市の工場が老朽化してきたことや周辺環境への配慮から、移転先を探していました。流通に欠かせない大きな道路沿いの立地や高速道路、さらには空港が近いという交通の利便性の高さなど、条件を満たした豊中市のこの地に決めました。
 当社は冷熱技術を核として、空調設備やトンネル工事の地盤凍結工法、クレーンの設計・製作などを手掛けており、これらの研究開発を行う施設に奨励金を活用しました。今後も、事業を通じてまちの活性化のお役に立てればと考えています。

新しい計画に基づく制度の疑問点に お答えします!
産業振興課 主事 多田悠加
Q準工業地域・工業地域内に転入を希望する人へのお知らせは?
A宅地建物取引業者に対し、住宅売買などの仲介をする場合は、居住希望者が「工業系用途地域の趣旨や特性」について把握できるよう、その説明や情報提供の協力をお願いしています。
Q産業誘導区域内での住宅建築について、建築主に協力など依頼していることは?
A住宅を建築しようと考えている建築主に対し、近隣の事業所への事前説明や、二重サッシを設置する防音の自主的対策についての協力をお願いしています。
Q準工業地域・工業地域内の工場が、近くにある住宅から騒音や振動などの苦情が寄せられ、苦慮しているという話を聞いたことがあります。このような状況を改善するための制度はありますか?
A騒音や振動、臭気に関して、防音壁や消臭装置の設置など事業所が実施する改善対策に対して補助金を交付する制度を創設しました。
Q産業誘導区域内の土地所有者や建物を対象とした制度はありますか?
A所有地を事業用地として売却する場合や貸工場などを新設・増設する場合に補助金を交付します。

産業と共に地域の活性化を図る
産業振興課 課長 高島健司
 中小企業や起業家を応援するため、市は「中小企業チャレンジ促進プラン」を平成24年に策定。平成29年に改定を行い、経営基盤の強化や創業の段階に応じた支援など、市内産業の活性化につながる施策を実施してきました。また昨年、新たに企業立地促進計画を策定。地域特性に沿った土地利用の誘導策や支援施策を実施し、安定した操業環境の維持・形成に努めています。
 市を支える大切な産業の一つである農業は、高齢化や後継者不足により平成10年から20年間で農家の戸数が約3割減、農地面積は半減。農地は生産機能のほか、環境保全や防災、食育などの多面的な役割を担っています。農業も重要な産業として、活性化につながる取り組みを進めています。
 これからも、元気で活力あるまちとしてあり続けるために魅力ある産業の振興に努めていきます。
写真キャプション:市内の産業をPRする産業フェアには毎年多くの人が訪れます
【問い合わせ】産業振興課 【電話】6858-2187

豊中のいま(8ページ)

豊中のいま
市政に関わる大きなニュースをお知らせします
災害など緊急時の情報発信を強化
ヤフーと災害時の情報発信協定を締結
 市は、災害など緊急時に、市ホームページをより安定的に見ることができるようにするとともに、情報発信の方法を充実させるため、ヤフー株式会社と「災害に係る情報発信等に関する協定」を締結し、2月1日(金曜日)から次のとおり運用を開始します。
【問い合わせ】広報広聴課 【電話】6858・2028
市ホームページのコピーサイトを公開
アクセス集中を軽減し閲覧しやすく
 災害時は市ホームページにアクセスが集中し、閲覧しにくくなる場合があります。このような状況になったとき、同社が市ホームページと同内容のコピーサイト(キャッシュサイト)を公開します。
 ヤフーでの検索結果などから同サイトを案内することで、市ホームページのアクセスを分散し、閲覧しづらい状況になることを防ぎ、より安定的に情報を発信します。
プッシュ通知で緊急情報を配信
少しでも早く情報を発信
 地震情報や避難情報など緊急性の高い情報を同社の「Yahoo!防災速報」アプリでもスマートフォンなどにお知らせします。アプリを起動しなくても情報が届いたことを知らせる「プッシュ通知」で配信します。受信するには、アプリのダウンロードのほか、必要な設定がありますので、詳しくは同社ホームページ(以下)をご覧ください
https://yahoo.jp/tBOLPG
アプリをダウンロード
Android版
https://yahoo.jp/MvX6kC
iPhone版
https://yahoo.jp/DtgKEC
※アプリの利用料は無料ですが、ダウンロードや利用時にかかる通信料は利用者負担となります

シニアいきいき通信
【問い合わせ】高齢者支援課 【電話】6858-2865
何歳からでも新しいことを始められる
「とよなか健康大学」で学び、生きがいづくり
健康の維持・向上や生きがいづくりのための取り組み「とよなか健康大学」。平成28年度(2016)に開校し、専門家による栄養学の講座や介護予防体操など、日常生活に役立つ約50の講座を実施。これまでに305人が受講しました。
〈とよなか健康大学の概要〉
【日時】【連続講座】〈前期〉4月~9月〈後期〉10月~3月 
【場所】柴原介護予防センター(柴原町)
    高川介護予防センター(豊南町東)
    服部介護予防センター(服部本町)
    原田介護予防センター(原田元町)
【対象・定員】介護保険サービスを利用していない65歳以上の人
【費用・参加費】3,000円 (関連記事15ページ)
受講者の声
平成30年度に受講した上田善二良さん(74歳、長興寺北)
 退職後、人の役に立てることに継続して取り組みたいと思っていたところ、妻のケアマネジャーさんから紹介され通い始めました。私の年代に合ったことを学べたことはもちろん、同世代の受講生との交流が、大学に通う活力でした。毎日の予定を意識することや体を動かすことなど、学んだことを日々の生活で実践するように心掛けています。
 受講後、昨年10月から原田介護予防センターの食堂で働いています。皆さんから「ごちそうさま」の一言をもらうたびに、人の役に立つことが自分の生きがいになっていると実感しています。70歳を超えてからでしたが、思い切って挑戦して本当に良かったです。
写真キャプション:週2回程度、調理や盛り付けなどを行います

お知らせ「健康・福祉」(9ページから16ページまで)

2月のお知らせ
このマークにご注目!!
■子ども■未就学児に関わる制度や催しにマークをつけています
詳しい内容は市HPをご覧いただくか、各連絡先に問い合わせてください。
電話番号はお間違いのないよう、ご注意ください。

健康・福祉

健康に関する
総合相談窓口 中部保健センター(岡上の町)【電話】6858‒2292
(妊娠・出産・子育て相談窓口は【電話】6858‒2293)
月曜~金曜日(祝・休日を除く)9時30分~12時
保健師、助産師、歯科衛生士、栄養士などが相談を受けます

〉〉〉妊婦・産婦
母子健康手帳・妊婦健康診査受診券の交付
【場所】中部(岡上の町)・庄内(島江町)・千里(新千里東町)の各保健センター
【内容】手帳・受診券の交付、母子保健サービスの説明、妊婦相談ほか
【問い合わせ】中部保健センター【電話】6858‒2293
※市外から転入し、豊中市の受診券と交換していない場合は中部保健センターに問い合わせ

両親教室
【日時】2月23日(土曜日)9時45分~11時45分、13時15分~15時15分
【場所】中部保健センター(岡上の町)
【内容】沐浴(もくよく)体験、妊婦の疑似体験、ビデオ上映ほか
【対象・定員】初めての出産を迎える妊娠5カ月以降の妊婦とパートナー、各60組
【申し込み】2月8日(金曜日)9時30分から電話で同センター【電話】6858‒2293。先着順

マタニティークラス
【日時】3月11日(月曜日)13時30分~15時30分
【場所】中部保健センター(岡上の町)
【内容】妊娠中の食事や歯について、歯磨き実習、妊娠中に知っておきたい授乳の話
【対象・定員】20人
【申し込み】電話で同センター【電話】6858‒2804。先着順

ぷれまま&育児ママ相談室
【日時】【場所】3月14日(木曜日)庄内保健センター(島江町)、3月19日(火曜日)中部保健センター(岡上の町)・千里保健センター(新千里東町)。いずれも9時30分~15時
【内容】助産師による妊婦や授乳中の母と子の個別相談(乳腺炎は除く)
【対象・定員】各10人
【申し込み】電話で庄内【電話】6332‒8555・中部【電話】6858‒2804・千里【電話】6873‒2721の各保健センター。先着順

マタニティークッキング
【日時】3月18日(月曜日)13時45分~15時30分
【場所】中部保健センター(岡上の町)
【内容】妊娠中の食事と離乳食についての簡単な調理実習
【対象・定員】16人
【費用・参加費】200円
【申し込み】電話で同センター【電話】6858‒2293。先着順
【保育あり】5人。要申し込み。先着順

■子ども■乳幼児に関する教室・相談・健康診査
離乳食講習会 
・ごっくんクラス
【日時】【場所】①3月5日(火曜日)中部保健センター(岡上の町)②3月12日(火曜日)庄内保健センター(島江町)。いずれも13時45分~
【対象・定員】生後4カ月・5カ月ごろの子どもの保護者、①60人②30人
・かみかみクラス
【日時】【場所】①3月6日(水曜日)中部保健センター(岡上の町)②3月13日(水曜日)庄内保健センター(島江町)。いずれも13時45分~
【対象・定員】生後8カ月・9カ月ごろの子どもの保護者、①60人②30人
幼児食講座
【日時】【場所】3月5日(火曜日)中部保健センター(岡上の町)、3月12日(火曜日)庄内保健センター(島江町)。いずれも14時45分~
【対象・定員】1歳~おおむね3歳の子どもの保護者、各15人
【申し込み】2月6日(水曜日)9時30分から電話で中部保健センター【電話】6858‒2804。先着順

すくすくよい歯の教室
【日時】【場所】3月6日(水曜日)千里保健センター(新千里東町)、3月12日(火曜日)中部保健センター(岡上の町)、3月15日(金曜日)庄内保健センター(島江町)。いずれも13時30分~
【内容】乳児の歯科健診と保護者の虫歯菌テスト、歯磨き準備と虫歯予防の話
【対象・定員】生後8カ月~10カ月ごろの子どもと保護者、各30組
【申し込み】2月5日(火曜日)9時30分から中部保健センター【電話】6858‒2804。先着順

産婦・新生児・低体重児訪問指導
【内容】乳房の手当てや母乳の与え方、赤ちゃんの発育などについて、保健師、助産師が家庭訪問し個別相談
【対象・定員】生後28日以内(過ぎても可)の新生児と産婦
【申し込み】母子健康手帳の「産婦・新生児訪問依頼票兼低体重児連絡票」を中部【電話】6858‒2293・庄内【電話】6332‒8555・千里【電話】6873‒2721の各保健センターへ郵送。電話可

乳幼児健康診査
【内容】4カ月児健診、1歳6カ月児健診、3歳6カ月児健診
【対象・定員】対象者には日程などを個別に送付
【その他】健診未受診の人には、保健師が家庭訪問を行う場合あり
【問い合わせ】中部保健センター【電話】6858‒2804

■子ども■定期予防接種
予防接種手帳(出生届受付の約1カ月後に郵送)などと併せて確認してください。予防接種手帳に記載の医療機関で予約のうえ接種してください。定期予防接種の受け方(年齢・回数・間隔)が異なると、原則任意接種(有料)になるので注意してください。豊中市の予診票を持っていない人、市外で予防接種を希望する人(要事前申請)、予防接種の相談は、保健所(中桜塚) 【電話】6152‒7329に連絡してください。

ワクチン(対象疾病)/対象年齢/望ましい接種時期ほか
ヒブ(ヒブ感染症)  
2カ月~5歳 /初回接種開始は生後2カ月~7カ月未満
開始年齢により回数は異なります

小児用肺炎球菌(小児の肺炎球菌感染症)
2カ月~5歳 /初回接種開始は生後2カ月~7カ月未満
開始年齢により回数は異なります

B型肝炎
2カ月前~1歳の間に3回接種
2回目は1回目から27日以上の間隔を空けて接種
3回目は1回目から139日以上の間隔を空けて接種/生後2カ月~9カ月未満

四種混合(ジフテリア・破傷風・百日せき・ポリオ)
3カ月~7歳6カ月
初回接種として20日以上(標準的には20日~56日)の間隔を空けて3回接種
3回接種後、6カ月以上(標準的には12カ月~18カ月)の間隔を空けて1回追加接種
/初回接種開始は生後3カ月~12カ月未満
 
BCG(結核)
2カ月前~1歳の間に1回接種
/生後5カ月~8カ月未満

麻しん風しん混合(MR)
麻しん単独
風しん単独
1歳~2歳の間に1回接種⇒第1期
5歳~7歳の間に1回接種⇒第2期※
※平成30年度は平成24年4月2日~平成25年4月1日生まれが対象で、平成31年3月31日までに接種

水痘(水ぼうそう)
1歳~3歳の間に2回接種
初回接種から3カ月以上(標準的には6カ月~12カ月)の間隔を空けて2回接種
/初回接種は生後12カ月~15カ月未満

日本脳炎
6カ月~7歳6カ月
第1期は生後6カ月~7歳6カ月未満に計3回接種
初回接種として6日以上(標準的には6日~28日)の間隔を空けて2回接種
追加接種として6カ月以上(標準的にはおおむね1年)経過した時期に1回接種
第2期は9歳~13歳未満に1回接種
/初回接種は3歳、追加接種は4歳
◦特例対象者(①平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれ②平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれ)は、①20歳になるまで接種可②第1期不足分を第2期対象年齢時に接種可

二種混合(ジフテリア・破傷風)  
乳幼児期に接種したジフテリア・破傷風の免疫が低下するため11歳~13歳未満で1回接種
/11歳

子宮頸(けい)がん予防(ヒトパピローマウイルス感染症)
小学6年~高校1年生相当年齢の女子で3回接種 
現在、積極的な勧奨を見合わせています
/中学1年生◦ワクチンの種類により接種間隔が異なります

単独不活化ポリオ(急性灰白髄炎)
3カ月頃~7歳6カ月
初回接種として20日以上(標準的には20日~56日)の間隔を空けて3回接種
3回接種後、6カ月以上(標準的には12カ月~18カ月)の間隔を空けて1回追加接種
/ ◦四種混合で開始した人は接種不要
  ◦生ポリオ2回または不活化ポリオ4回を終了していない人は要相談

▶長期にわたり療養を必要とする疾病などのため、定期予防接種の対象年齢時に接種できなかった人は、条件により接種が可能となる場合があります(要相談)

〉〉〉成人健診 平成30年4月~平成31年3月の間で1回、集団・一括・個別のいずれかを選んで受診してください
申し込み方法 
【集団健診】
【申し込み】健診受付専用ダイヤル 【ナビダイヤル】0570‒00‒2291(月曜~金曜日、9時~17時15分。毎月10日は土曜・日曜日、祝・休日も開設)
▶平成31年3月分まで随時受け付け可。各健診定員あり。先着順。定員を超えた場合は別日を案内
▶「広報とよなか」掲載以外にも日程あり。健診受付専用ダイヤルに問い合わせてください
▶受診決定者には受診日の1週間前までに詳細の案内を発送
▶健診結果は約1カ月後に郵送
【個別健診】
各取扱医療機関に直接申し込み。取扱医療機関は中部保健センター【電話】6858‒2291へ問い合わせ。結果のお知らせ方法は医療機関によって異なるため、受診の際に確認してください 

受診に当たっての必要書類ほか
▶資格確認のため下記の書類を持って、各会場
【特定健康診査・後期高齢者医療健康診査】
・受診券 ・受診票(ピンク色)
・健康保険証か後期高齢者医療保険証
【市民健康診査・がん検診ほか】
・受診票(ピンク色)
▶市民税非課税世帯や生活保護受給世帯、中国残留邦人等支援給付対象の人は無料になる制度あり(要申し込み)
【問い合わせ】中部保健センター【電話】6858‒2291
▶集団健診年間日程や個別健診取扱医療機関などは市ホームページでも閲覧可

健診の種類・対象・定員・費用/集団健診・一括検診の日程/個別健診の有無ほか
市民健康診査
事業所などで健診を受ける機会のない30歳~39歳の人(障害者手帳を持つ15歳以上の人)、40歳以上の生活保護受給者
特定健康診査
市国民健康保険に加入する40歳~74歳の人
後期高齢者医療健康診査
後期高齢者医療保険に加入している人
【対象・定員】各70人 
千里保健センター(新千里東町) 3月5日(火曜日) 13時~15時 
庄内保健センター(島江町) 3月7日(木曜日) 9時~11時
中部保健センター(岡上の町) 3月8日(金曜日) 13時~15時
医療保健センター(上野坂) 3月12日(火曜日) 9時~11時

▶個別健診あり
▶問診、身体測定、血圧測定、血液検査、尿検査、医師の判断により貧血・心電図・眼底検査

肝炎ウイルス検査
【対象・定員】B型・C型肝炎検査を過去に受診したことのない、20歳以上の人 
上記の特定健康診査などと同時実施 
▶個別検診あり
▶血液検査

大腸がん検診
【対象・定員】40歳以上、各70人
【費用・参加費】300円(大腸がん検診単独受診者) 
上記の特定健康診査などと同時実施 
▶個別検診あり(ただし、大腸がん検診の単独受診は不可)
▶問診、便潜血反応検査2日法

前立腺がん検診
【対象・定員】50歳以上の男性、各70人
【費用・参加費】500円 
上記の特定健康診査などと同時実施 
▶個別検診あり(ただし、前立腺がん検診の単独受診は不可)
▶血液検査(PSA検査)

肺がん・結核検診
【対象・定員】40歳以上、各70人
【費用・参加費】無料。問診後、必要な人に、たん検査200円 
上記の特定健康診査などと同時実施 
中部保健センター(岡上の町) 3月12日(火曜日) 9時~11時
刀根山病院(刀根山) 3月16日(土曜日) 9時~11時
▶個別検診なし
▶問診、胸部エックス線撮影

乳がん集団検診
【対象・定員】30歳以上の、西暦で偶数年生まれの女性。ただし、平成29年度未受診の人は受診可。午前・午後各40人
【費用・参加費】500円 
中部保健センター(岡上の町) 3月1日(金曜日)・11日(月曜日) 9時30分~11時、13時30分~15時 
庄内保健センター(島江町) 3月5日(火曜日) 9時30分~11時、13時30分~15時
医療保健センター(上野坂) 3月8日(金曜日) 9時30分~11時、13時30分~15時
千里保健センター(新千里東町) 3月12日(火曜日) 9時30分~11時、13時30分~15時
乳がん一括検診
上記乳がん集団検診を参照。300人程度
【対象・定員】500円
【費用・参加費】3月受診分は2月10日(日曜日)9時から健診受付専用ダイヤル 【ナビダイヤル】0570‒00‒2291。先着順 
■あおき・まるやまクリニック(新千里東町)月曜~土曜日(午前。火曜・木曜日は午後も実施)■千里LC健診センター(新千里東町)月曜~金曜日(午後)、土曜日(午前)■阪本胃腸・外科クリニック(新千里東町)木曜日(午前)、金曜日(午後)■関西メディカル病院(新千里西町)月曜~金曜日(午前・午後)、土曜日(午前)■momウィメンズクリニックおおさこ(緑丘)木曜・土曜日(午前)■MIクリニック(少路)木曜日(午後。月1回)■豊中渡辺クリニック(服部西町)火曜・水曜・金曜・土曜日(午前)■上田病院(庄内幸町)水曜日(午後)
▶個別検診なし
▶問診、触診、マンモグラフィー
▶妊娠中(妊娠の可能性のある人も含む)、授乳中、卒乳後6カ月以内、豊胸手術や脂肪注入をしている、またはペースメーカーを装着している人、乳腺外科で治療中や経過観察中の人は受診できません
▶しこりや痛み、乳頭からの分泌など自覚症状がある人は乳腺外科のある医療機関を受診してください

胃がん検診(選択制) 
・胃エックス線検査
【対象・定員】40歳以上、各40人
【費用・参加費】800円 
庄内保健センター(島江町) 3月7日(木曜日) 9時~11時 
中部保健センター(岡上の町) 3月12日(火曜日) 9時~11時
医療保健センター(上野坂) 3月12日(火曜日)・25日(月曜日) 9時~11時
▶個別検診あり
▶問診、胃部エックス線撮影
・胃内視鏡検査
【対象・定員】50歳以上の、西暦で偶数年生まれの人
【費用・参加費】1,000円  
▶個別検診のみ
▶問診、胃カメラ検査
▶抗血栓薬服用中の人など既往症によっては受診できません

子宮がん検診
【対象・定員】20歳以上の、西暦で偶数年生まれの女性。ただし、平成29年度未受診の人は受診可。各60人
【費用・参加費】600円。個別検診のみ頸(けい)・体部1,000円 
千里保健センター(新千里東町) 3月4日(月曜日) 13時30分~15時 
中部保健センター(岡上の町) 3月26日(火曜日) 13時30分~15時
▶個別検診あり
▶子宮頸部細胞診(個別検診のみ、医師の判断により体部検診も受診可)

歯科健康診査
【対象・定員】30歳~74歳の人、75歳以上の生活保護受給者
【費用・参加費】200円(70歳以上の人は無料)  
▶個別健診のみ
▶問診、歯周病・虫歯などの検査

骨密度測定
【対象・定員】18歳以上の女性、午前・午後各20人
【費用・参加費】400円 
千里保健センター(新千里東町) 3月18日(月曜日) 9時~11時、13時~14時30分 
▶個別検診なし
▶超音波による骨量検査(はだしになって測定)

〉〉〉検査・相談
電話・面接健康相談(8科目)
【日時】2月20日(水曜日)14時~15時30分
【場所】医療保健センター(上野坂)
【内容】医師、歯科医師、薬剤師と相談。相談専用電話【電話】6848‒1665 
▶科目=内科、整形外科、精神科、眼科、耳鼻咽喉科、産婦人科、歯科、薬科
【問い合わせ】同センター【電話】6848‒1661

風しん抗体検査(関連記事14ページ)
【日時】3月12日(火曜日)・26日(火曜日)13時30分~15時
【場所】保健所(中桜塚)
【対象・定員】妊娠を希望する女性とそのパートナー(抗体検査や予防接種を受けた人、風しんと診断された人は除く)ほか、各40人
【その他】検査結果で抗体価が低いと判定された人には予防接種の費用助成あり(条件あり)
【申し込み】2月1日(金曜日)9時30分から同所。先着順
【問い合わせ】同所【電話】6152‒7316

〉〉〉急病電話相談
救急安心センターおおさか
【内容】救急医療相談を相談員や看護師が医師の支援体制のもと24時間、365日対応 
▶相談電話=携帯電話・PHS・プッシュ回線は【電話】#7119、ダイヤル回線・IP電話は【電話】06‒6582‒7119

■子ども■小児救急電話相談 
▶相談時間=20時~翌朝8時 
▶相談電話=携帯電話・PHS・プッシュ回線は【電話】#8000、ダイヤル回線・IP電話は【電話】06‒6765‒3650
※誤飲に関する相談は、大阪中毒110番【電話】072‒727‒2499(24時間、365日対応)

〉〉〉休日・夜間急病診療 ◎受診の際は必ず健康保険証などを持参してください
内容/受付日時/場所・連絡先
休日急病診療(内科、小児科、歯科) 
日曜日、祝・休日9時30分~16時30分(診療は10時から) 
医療保健センター(上野坂)【電話】6848‒1661
庄内保健センター(島江町)【電話】6332‒8558

■子ども■小児初期救急(小児科) 
月曜~金曜日(祝・休日を除く)18時30分~翌朝6時30分(診療は19時から) 土曜日(祝・休日を除く)14時30分~翌朝6時30分(同15時から) 日曜日、祝・休日8時30分~翌朝6時30分(同9時から) 
豊能広域こども急病センター(箕面市萱野)【電話】072‒729‒1981
上記医療機関では、けが、骨折、やけど、異物の飲み込みは受診できません
※けが、骨折、やけど、異物の飲み込みは症状により、市立豊中病院(柴原町)〈内科・外科〉【電話】6843‒0101、上田病院(庄内幸町)〈内科・外科・整形外科〉【電話】6334‒0831、小西病院(曽根東町)〈外科〉【電話】6862‒1701、関西メディカル病院(新千里西町)〈内科・外科・整形外科〉【電話】6836‒1199、豊中若葉会病院(東豊中町)〈内科・整形外科〉【電話】6856‒9550に相談してください
※救急診療日が決まっている科目もありますので、各病院に直接問い合わせてください
※適切な医療機関が分からない場合は、府救急医療情報センター【電話】6693‒1199(24時間、365日対応)

■子ども■孫子老サロン
絵本読み聞かせ会
【日時】2月①2日(土曜日)10時30分~11時②9日(土曜日)11時~11時30分
【場所】①原田(原田元町)②服部(服部本町)の各介護予防センター
【出演・講師・指導】おはなしポケット
【対象・定員】未就学児と保護者、各15組
【問い合わせ】各センター(①原田 【電話】6843・5225②服部 【電話】4866・1180)

地域福祉活動支援センター2月の催し
復興支援DAY
【日時】2月①4日(月曜日)②12日(火曜日)③15日(金曜日)④20日(水曜日)。10時~15時30分
【場所】①蛍池(蛍池中町)②高川(豊南町東)③服部(服部本町)④東豊中(東豊中町)の各地域福祉活動支援センター
【内容】支援活動ほかパネル展示や東北物産展など
【問い合わせ】各センター(①蛍池 【電話】6850・7001②高川 【電話】6335・1560③服部 【電話】4866・1183④東豊中 【電話】6850・8038)
介護予防講座
【日時】①2月7日~3月14日の木曜日(2月14日・21日を除く)13時30分~15時②2月14日(木曜日)13時30分~15時・21日(木曜日)10時~13時・28日(木曜日)13時30分~14時30分
【場所】①庄本地域福祉活動支援センター野田ブランチ(野田町)②東豊中地域福祉活動支援センター
【対象・定員】①各15人②各10人
【費用・参加費】100円。②の21日は400円
【申し込み】①庄本地域福祉活動支援センター野田ブランチ 【電話】6848・1279②東豊中地域福祉活動支援センター 【電話】6850・8038。いずれも先着順
おれんじカフェ
認知症本人・家族・関係機関の集い
【日時】2月22日(金曜日)13時~14時30分
【場所】蛍池地域福祉活動支援センター
【費用・参加費】100円
【問い合わせ】同センター 【電話】6850・7001

医療介護福祉の地域学習会
白熱道場forキッズ
【日時】①2月9日(土曜日)②2月16日(土曜日)③
【連続講座】3月9日(土曜日)・3月23日(土曜日)・4月13日(土曜日)。13時~15時
【場所】とよなか起業・チャレンジセンター(蛍池中町)
【内容】医療・介護・福祉について思考力と対応力を学ぶ講座。①災害時に自分が何をすべきか考える②お金の使い方を学ぶ③プログラミングを学ぶ
【対象・定員】小学4年~6年生、各30人
【申し込み】地域福祉課 【電話】6858・2219。先着順

原田・服部介護予防センター
放課後自習室
【日時】①2月9日(土曜日)②毎週月曜・金曜日。18時~21時
【場所】①原田(原田元町)②服部(服部本町)の各介護予防センター
【内容】各センターの1室を自習室として開放
【対象・定員】小学生~高校生、各20人
【問い合わせ】各センター(①原田 【電話】6843・5225②服部 【電話】4866・1180)

マンションサミット交流会
【日時】2月10日(日曜日)10時~12時
【場所】すこやかプラザ(岡上の町)
【内容】マンション住民の防災の取り組みについての講演、交流会
【対象・定員】120人
【その他】マンションの管理組合などで希望する団体には、玄関に張る安否確認マグネットシートを配布
【申し込み】社会福祉協議会 【電話】6848・1279。先着順

生活支援サービス
従事者研修
【日時】【連続講座】2月12日(火曜日)・13日(水曜日)9時30分~16時30分
【場所】中央公民館(曽根東町)
【内容】介護予防・日常生活支援総合事業で高齢者の生活支援サービスに従事するための養成研修
【対象・定員】30人
【申し込み】高齢施策課にある申込用紙(市ホームページからも取り出し可)で府社会福祉事業団 【電話】072・724・8167。2月8日(金曜日)必着。先着順

暮らしの情報を受発信
SNS活用講座
【日時】2月18日(月曜日)①10時~12時②13時30分~15時30分
【場所】①とよなか地域創生塾庄内拠点(庄内西町)②北緑丘団地7号棟集会所(北緑丘)
【内容】ツイッターを活用した健康や災害などの情報の受発信方法を学ぶ
【対象・定員】各15人
【申し込み】地域福祉課 【電話】6858・2217。先着順

ももの会
若年認知症本人・家族の集い
【日時】2月19日(火曜日)13時30分~15時30分
【場所】すこやかプラザ(岡上の町)
【内容】卓球、歌、体操などで交流。家族は別室で情報交換
【対象・定員】若年認知症の人や家族ほか、30人
【申し込み】中央地域包括支援センター熊野田分室ほっと 【電話】4865・5160

オリパラ・万博に備えて学ぼう
サービスに生かす障害理解
【日時】2月19日(火曜日)14時~16時30分
【場所】豊中商工会議所(岡町北)
【出演・講師・指導】障害平等研修フォーラム・常瑠里子さんほか
【対象・定員】市内事業者、30人
【申し込み】2月18日(月曜日)までに障害福祉課 【電話】6858・3354。先着順

とよなかがんサロン
【日時】2月25日(月曜日)13時30分~15時
【場所】市立豊中病院(柴原町)
【内容】患者・家族の情報交換、交流ほか
【対象・定員】がん患者や家族
【申し込み】同病院 【電話】6843・0101

2月の献血
千里阪急西側(新千里東町)=23日(土曜日)・24日(日曜日)10時~16時
※成分献血は実施していません。400ml献血のみ
※輸血用血液の安全性向上のため、本人確認ができるものの提示をお願いする場合があります
【問い合わせ】市献血推進協議会(社会福祉協議会内・岡上の町) 【電話】6841‒7335

糖尿病予防のヘルシークッキング
メタボ撃退 料理教室
【日時】2月27日(水曜日)10時30分~13時
【場所】千里公民館(新千里東町)
【内容】食事の話、カブの和風クリームシチューなどの調理実習・試食
【対象・定員】20人
【費用・参加費】400円
【申し込み】電話で健康増進課 【電話】6858・2292。先着順

Vネットとよなか
子ども食堂フォーラム
【日時】2月27日(水曜日)18時~20時
【場所】すこやかプラザ(岡上の町)
【内容】豊島子どもWAKUWAKUネットワーク理事長・栗林知絵子さんによる、子どもの居場所づくりの取り組みの話ほか
【対象・定員】100人
【申し込み】社会福祉協議会 【電話】6848・1313。先着順

ひきこもり女子会
【日時】3月2日(土曜日)14時~16時30分
【場所】千里文化センター「コラボ」(新千里東町)
【内容】テーマトークと交流会ほか
【対象・定員】ひきこもり状態にある女性、50人(テーマトークのみ家族や支援者も可。女性のみ)
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】くらし支援課 【電話】6858・6863
【保育あり】2月21日(木曜日)までに申し込み

心のSOSに気付くため
あなたもゲートキーパー
【日時】3月15日(金曜日)14時~16時
【場所】すてっぷ(玉井町)
【内容】自殺についての正しい知識と自殺の防止につながる声掛けや話の聞き方、相談機関へのつなぎ方について学ぶ、初心者向け講座
【対象・定員】40人
【申し込み】電話で保健予防課 【電話】6152・7315。先着順

2月4日は風しんの日
風しんにご注意を
 感染症である風しんの患者数が、全国的に急増しています。
妊娠初期の女性が風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんが先天性風しん症候群(難聴・白内障・心臓の病気など)になる可能性があります。市は、妊娠を希望する女性やパートナーなどに対し、抗体検査や予防接種費用助成(条件あり)を行っています。抗体検査を受け、抗体価が低い場合は予防接種を受けましょう。
【問い合わせ】保健予防課 【電話】6152・7316
(関連記事12ページ)

不妊に悩む人への
特定治療支援事業の申請
 平成30年度内に行った治療の申請は、3月29日(金曜日)までです(ただし、治療終了日が3月16日から3月31日の場合は4月15日(月曜日)まで受け付け可)。年度末は申請が集中するため、早めに健康増進課へ申請してください。
【問い合わせ】同課 【電話】6858・2800

社会福祉協議会
賛助会員を募集
【内容】校区福祉委員会活動やボランティアセンター事業などの地域福祉を充実させるため、同協議会の活動財源に協力 ▼会費=賛助会員(個人・世帯)1口500円、特別賛助会員(個人・法人・事業所・団体など)1口5千円。何口でも可
【申し込み】3月31日(日曜日)までに各校区福祉委員会(校区により募集期間が異なる場合あり)
【問い合わせ】同協議会 【電話】6841・9393

(高齢者)

シニアのための
スマホ・タブレット講習会
【場所】くらしかん(北桜塚)
【対象・定員】おおむね60歳以上
【申し込み】シニアワークセンターとよなか 【電話】6836・9862。先着順
中級 脱初心者講座
【日時】2月12日(火曜日)・19日(火曜日)13時30分~15時
【対象・定員】文字入力のできる人、各15人
【費用・参加費】千円
初級連続講習会
【日時】【連続講座】2月18日(月曜日)・25日(月曜日)13時30分~15時
【対象・定員】15人
【費用・参加費】2千円
個別講習会
【日時】2月18日(月曜日)・25日(月曜日)15時30分~16時30分
【対象・定員】各5人
【費用・参加費】千500円

ぬくもりサロンとよなか
【内容】市内の銭湯を会場に、健康の保持や増進を図る講座を開催(下記参照)
【対象・定員】満65歳以上の人
【その他】今年度初めて参加する人は、住所と年齢を証明できるものを持参し、申込書(緊急連絡先など)を記入。体操には動きやすい服装で来場。参加者は当日講座終了後に限り100円で会場の浴場に入浴可
【申し込み】シルバー人材センター 【電話】6856・1777
【問い合わせ】高齢者支援課 【電話】6858・2707
2月のぬくもりサロンとよなか
講座名〈講師〉/日時・場所
自力整体で筋肉を整え若返ろう〈自力整体ナビゲーター・秋山あゆみさん〉 
4日(月曜日)13時30分~14時30分、七福温泉(大黒町)【電話】6331‒3192
ベーシックピラティスで元気よく過ごそう〈自力整体ナビゲーター・金子史奈子さん〉 
6日(水曜日)13時30分~14時30分、露天風呂たこ湯(曽根東町)【電話】6862‒0655
三味線とギターの珍しい合奏を聴き歌おう〈ギタリスト・野口弘さんほか〉 
12日(火曜日)13時30分~14時30分、豊中温泉(本町)【電話】6849‒8117
自力整体で体の痛みを楽にしよう〈自力整体ナビゲーター・佐倉裕美さん〉 
13日(水曜日)13時30分~14時30分、幸福温泉(蛍池南町)【電話】6855‒4267
ギター演奏を聴き歌おう〈ギターデュオ・エレベーターズ・沼田翔さんほか〉 
18日(月曜日)11時30分~12時30分、極楽温泉(服部寿町)【電話】6866‒1126
ロコモ体操で運動機能を高めよう〈リフレッシュ健康体操講師・泉久美子さん〉 
25日(月曜日)11時30分~12時30分、極楽温泉(服部寿町)【電話】6866‒1126
相撲部屋の日常生活について〈荒汐部屋おかみ・鈴木ゆかさん〉 
26日(火曜日)13時30分~14時30分、豊中温泉(本町)【電話】6849‒8117
椅子に座って無理のないストレッチと筋トレ〈ヨガ講師・末永悦子さん〉 
27日(水曜日)13時30分~14時30分、幸福温泉(蛍池南町)【電話】6855‒4267

地域ささえ愛ポイント事業
活動登録者 募集説明会
【日時】2月4日(月曜日)・2月26日(火曜日)・3月4日(月曜日)・3月26日(火曜日)10時~12時
【場所】すこやかプラザ(岡上の町)
【内容】高齢者が介護施設などで高齢者支援などの社会貢献活動を行い、活動実績に対して換金できるポイントを付与
【対象・定員】65歳以上の介護保険第1号被保険者、各30人
【申し込み】社会福祉協議会 【電話】6848・1000。先着順

高齢者ふれあい世代間交流
【その他】世代間交流として40歳以上の人も可
【問い合わせ】豊中人権まちづくりセンター 【電話】6841・1313
笑う門には福来る
【日時】2月8日(金曜日)13時30分~15時
【場所】同センター老人憩の家(岡町北)
【内容】とよなかパワーアップ体操、創作紙芝居作家・菊地和美さんによる紙芝居ほか
【対象・定員】65歳以上、20人
【申し込み】2月1日(金曜日)9時から同センター。先着順
お笑い宝船
【日時】2月18日(月曜日)13時15分~15時
【場所】同センター(岡町北)
【内容】豊中和太鼓サークル鼓舞子の演奏と体験、千里家圓九さんによる落語
【対象・定員】65歳以上、200人
【申し込み】当日会場。先着順

司法書士による高齢者の
お悩み相談会in熊野田分室
【日時】2月12日(火曜日)・3月12日(火曜日)13時~16時
【場所】中央地域包括支援センター熊野田分室ほっと(中桜塚)
【内容】リーガルサポート大阪支部司法書士による成年後見制度などの個別相談。1組50分
【対象・定員】各3組
【申し込み】同分室ほっと 【電話】4865・5160。先着順

元気なセカンドライフのために
とよなか健康大学
【場所】【申し込み】柴原(柴原町) 【電話】6841・5949、高川(豊南町東) 【電話】6845・8485、服部(服部本町) 【電話】4866・1180、原田(原田元町) 【電話】6843・5225の各介護予防センター
【問い合わせ】高齢者支援課 【電話】6858・2865(関連記事8㌻)
オープンキャンパス
【日時】〈柴原〉2月13日(水曜日)10時~11時30分〈服部〉2月20日(水曜日)14時~15時〈原田〉2月22日(金曜日)13時~15時
【内容】同大学で実施の健康体操や在校生・卒業生との交流会
【出演・講師・指導】機能訓練指導員ほか
【対象・定員】65歳以上の介護保険を利用していない人、各30人
【申し込み】参加を希望する各センター。先着順
平成31年度前期 学生募集
【日時】【連続講座】4月~9月の開催日
【内容】健康体操や栄養、食事についての講義ほか、健康維持のための取り組み
【出演・講師・指導】機能訓練指導員ほか
【対象・定員】65歳以上の介護保険を利用していない人、〈柴原〉〈高川〉〈服部〉各30人〈原田〉60人
【費用・参加費】3千円
【申し込み】各センターにある申込用紙で受講を希望する各センター。先着順

スマホふれあいサロン
みんなでスマホを覚えよう
【日時】【連続講座】2月14日(木曜日)・28日(木曜日)13時30分~15時
【場所】豊中人権まちづくりセンター(岡町北)
【内容】スマートフォンの使い方を学びながら友達づくり
【出演・講師・指導】シニアワークセンターとよなか
【対象・定員】60歳以上、15人
【費用・参加費】500円
【申し込み】2月4日(月曜日)9時30分から電話でシニアワークセンターとよなか 【電話】6836・9862。先着順

地域教室
寒さに負けない体をつくろう
【日時】2月15日(金曜日)13時30分~15時
【場所】蛍池公民館(蛍池中町)
【内容】体を温めたり脳を活性化したりする体操を学ぶ
【出演・講師・指導】ビーナス・柏木優子さん
【対象・定員】65歳以上、30人
【申し込み】2月4日(月曜日)9時30分から柴原地域包括支援センター蛍池分室ほっと 【電話】6836・9764。先着順
悩まないで老人ホームの選び方教えます
【日時】2月16日(土曜日)10時~12時
【場所】小規模多機能ホーム淳風きたじょう(北条町)
【出演・講師・指導】老人ホーム紹介センター・看舎桂太さん
【対象・定員】30人
【申し込み】緑地地域包括支援センターほっと 【電話】6867・0577。先着順
健康寿命を延ばすカラダづくり
【日時】2月19日(火曜日)10時~11時
【場所】るりホール(桜塚ショッピングセンター内・中桜塚)
【内容】介護予防の話と、とよなかパワーアップ体操の体験ほか
【対象・定員】20人
【申し込み】中央地域包括支援センターほっと 【電話】6841・9384。先着順
認知症予防体操
【日時】2月20日(水曜日)11時~12時
【場所】服部介護予防センター(服部本町)
【対象・定員】65歳以上、15人
【申し込み】服部地域包括支援センターほっと 【電話】6865・1278。先着順
骨折しない体づくり
【日時】2月20日(水曜日)14時~15時
【場所】栗ケ丘会館(栗ケ丘町)
【内容】骨粗しょう症予防の話と座ってできる楽楽体操
【対象・定員】30人
【申し込み】中央地域包括支援センター熊野田分室ほっと 【電話】4865・5160。先着順
歩きづらくなったら何使う
【日時】2月21日(木曜日)13時30分~14時30分
【場所】豊中倶楽部自治会館(玉井町)
【内容】歩行を補助する道具の紹介
【対象・定員】20人
【申し込み】中央地域包括支援センターほっと 【電話】6841・9384。先着順
自宅でできる腰痛予防体操
【日時】2月22日(金曜日)14時~15時30分
【場所】千里緑丘住宅(北緑丘)
【出演・講師・指導】かとう整形在宅クリニック理学療法士・藤原正史さん
【対象・定員】65歳以上、15人
【申し込み】少路地域包括支援センターほっと 【電話】6854・7878。先着順
心も体もメリハリつけて はつらつと
【日時】2月25日(月曜日)14時~15時30分
【場所】千里文化センター「コラボ」(新千里東町)
【出演・講師・指導】かとう整形在宅クリニック理学療法士・藤原正史さん
【対象・定員】40人
【申し込み】千里地域包括支援センターほっと 【電話】6155・1030。先着順
健康寿命を延ばす食生活
【日時】2月27日(水曜日)14時~15時
【場所】すこやかプラザ(岡上の町)
【内容】日常の食生活と取り組みを紹介
【出演・講師・指導】はーと&はあとライフサポート管理栄養士・大都宏子さん
【対象・定員】30人
【申し込み】中央地域包括支援センターほっと 【電話】6841・9384。先着順

集まって楽しく内職をする会
会員募集 説明・見学会
【日時】2月21日(木曜日)①10時30分~12時②14時~15時30分
【場所】①内職ひろば庄内(庄内東町)②内職ひろば蛍池(蛍池中町)
【対象・定員】各10人
【申し込み】シニアワークセンターとよなか 【電話】6836・9862。先着順

認知症高齢者 家族交流会
【日時】3月4日(月曜日)13時30分~15時30分
【場所】福祉会館(中桜塚)
【その他】本人を同伴の場合は要申し込み。ボランティアが対応
【申し込み】高齢者支援課 【電話】6858・2235、社会福祉協議会 【電話】6848・1279

ますます元気に 専門職に学ぶ介護予防大作戦
【日時】3月18日(月曜日)10時~11時30分
【場所】すてっぷ(玉井町)
【内容】ライフリー代表取締役・佐藤孝臣さんによる介護予防・自立支援についての講演と市の取り組み報告
【対象・定員】120人
【申し込み】3月11日(月曜日)まで高齢者支援課 【電話】6858・2866。先着順

(障害者)

■ニュース■障害者の医療費助成制度
【内容】重度障害のある人などに、各種医療保険の自己負担額から一部自己負担額を除く医療費を助成。所得制限あり
【対象・定員】医療保険に加入し、次のいずれかに該当する人▽身体障害者手帳1・2級または療育手帳Aを持っている人▽身体障害者手帳3~6級と療育手帳B1の両方を持っている人▽精神障害者保健福祉手帳1級を持っている人▽特定医療費(指定難病)受給者証または特定疾患医療受給者証を持っていて、障害年金(特別児童扶養手当)1級に該当している人または市が指定する障害認定医より障害年金1級相当の認定を受けた人
【問い合わせ】保険給付課 【電話】6858・2295

障害福祉センターひまわり
改修工事の工期延長
ひまわり(稲津町)の改修工事は3月31日(日曜日)までを予定していましたが、大阪府北部地震および台風第21号の影響で工期が延長になるため、貸室の利用再開は4月23日(火曜日)からとなります。
なお、貸室の予約はひまわりに電話またはファクス【FAX】6866・0811(「貸室予約希望」、団体名、代表者の名前、電話番号、利用希望日時を記入)で受け付けています。
【問い合わせ】ひまわり 【電話】6866・1011

お知らせ「保険・年金・税」(16ページ、17ページ)

保険・年金・税

(税)

市・府民税の申告書
書き方説明会
【日時】2月6日(水曜日)10時~12時、14時~16時
【場所】千里公民館(新千里東町)
【対象・定員】各30人
【持ち物】▽平成31年度市・府民税申告書▽本人確認書類か印鑑▽前年中の所得金額が分かる書類(公的年金などの源泉徴収票など)▽各種控除に必要な書類(医療費の明細書、生命保険料の控除証明書など)
【その他】作成した平成31年度の申告書は当日提出可
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】市民税課 【電話】6858・2131

市・府民税の申告と所得税・消費税の確定申告
市・府民税の申告は、市民税課 【電話】6858・2131で2月18日(月曜日)~3月15日(金曜日)(土曜・日曜日を除く)に受け付けます。また、下表の確定申告会場に併設の窓口でも受け付けます。なお、市ホームページでも申告書の作成と個人市・府民税の税額計算ができます。
所得税の確定申告の相談と申告書は、確定申告会場(下表)、豊能税務署(池田市) 【電話】072・751・2441では2月18日(月曜日)~3月15日(金曜日)(同署の相談受け付けは16時まで。2月24日(日曜日)・3月3日(日曜日)に休日開庁あり)に受け付けます。なお、申告書は国税庁ホームページでも作成できます。

確定申告会場
場所/日時
ローズ文化ホール(野田町) 
2月4日(月曜日)~7日(木曜日)9時30分~15時
A&Hホール(千里朝日阪急ビル内・新千里東町) 
2月8日(金曜日)・12日(火曜日)・13日(水曜日)・14日(木曜日)9時30分~15時
※各会場とも、土地・建物・株式などの譲渡所得、住宅借入金等特別控除、相続税および贈与税の相談はできません
※混雑した場合、早めに受け付けを終了することがあります

(国民年金)

年金給付手続き窓口
受付時間の延長と休日開設
【日時】〈延長〉2月4日~3月25日の月曜日(2月11日(祝日)は12日(火曜日)に振り替え)8時30分~19時〈休日開設〉2月9日(土曜日)・3月9日(土曜日)9時30分~16時
【場所】豊中年金事務所(岡上の町)
【持ち物】年金手帳か年金証書、本人確認書類(委任する場合は委任状と代理人の本人確認書類が必要)
【問い合わせ】同事務所 【電話】6848・6831

(保険)

各種保険料を
所得から控除します
 平成30年中に納めた国民健康保険料・介護保険料・後期高齢者医療保険料と国民年金保険料は、社会保険料控除の対象となります。
国民健康保険料・介護保険料・後期高齢者医療保険料の控除
 確定申告の際、1月に送付した保険料の納入済額確認書で確認してください。
国民年金保険料控除証明書
 確定申告の際には、保険料納付額を証明する書類の添付が必要です。平成30年1月1日〜10月1日に保険料を納めた人は、11月上旬に日本年金機構本部から「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」(はがき)が送付されていますので、この証明書や領収証書を添付してください。10月2日以降に保険料を初めて納めた人は、2月上旬に証明書が送付されます。
【問い合わせ】〈国民健康保険・介護保険・後期高齢者医療保険〉保険資格課 【電話】6858・2301〈国民年金〉豊中年金事務所 【電話】6848・6831

高額医療・高額介護
合算療養費制度
 平成29年8月1日~平成30年7月31日に支払った医療保険と介護保険の自己負担額の合計が、下表の自己負担限度額を超えた場合に超過額を給付します。手続きは加入の健康保険の窓口で行ってください。給付の対象と見込まれる人には2月下旬以降に申請書を送ります。ただし、対象期間内に転入した人や保険の変更があった人にはお知らせできない場合がありますので、問い合わせてください。
【対象・定員】平成30年7月31日時点で、市国民健康保険か後期高齢者医療制度の被保険者
【問い合わせ】保険給付課 【電話】6858・2295


高額医療・高額介護合算療養費の自己負担限度額(69歳以下)
区分/所得要件/自己負担限度額
上位所得 所得合計額901万円超 212万円
     所得合計額600万円超~901万円以下の世帯 141万円
一般   所得合計額210万円超~600万円以下の世帯 67万円
     所得合計額210万円以下 60万円
低所得  市民税非課税世帯 34万円

高額医療・高額介護合算療養費の自己負担限度額(70歳以上)
区分/自己負担限度額 70歳~74歳・75歳以上(後期高齢者医療制度の被保険者)
現役並み所得者 67万円
一般 56万円
市民税非課税世帯 Ⅱ(Ⅰ以外の世帯) 31万円
         Ⅰ(世帯全員の所得が一定基準以下)※ 19万円
※市民税非課税世帯のうち、全ての世帯員の各所得が0円となる人(ただし公的年金等控除額は80万円として計算)

お知らせ「教育・保育」(17ページから19ページまで)

教育・保育

■子ども■北部一時保育事業を4月から開始します
【内容】3月末で一部移転するあゆみ学園(桜の町)の施設を活用した1歳・2歳児クラスの一時保育。月曜~土曜日(祝・休日を除く)7時~18時(18時~19時延長保育あり)
【対象・定員】市に住民登録があり、認可施設の入所を待機している平成28年4月2日~平成30年4月1日生まれの子ども(定期利用24人)
【費用・参加費】月額2万5千円(市民税非課税世帯など減免あり)、延長保育料200円
【申し込み】4月入所の二次選考後、認可施設への利用調整申込時に併せて申し込み
【問い合わせ】子育て給付課 【電話】6858・2252

ファミリー・サポート・センター
会員登録説明会
【日時】2月①21日(木曜日)10時30分~12時30分②24日(日曜日)10時~12時
【場所】すこやかプラザ(岡上の町)
【内容】保育施設や習い事への送り迎え、子どもの預かりなどを有償で実施する育児支援者と利用者のための登録説明会。①は育児支援者の登録のみ
【持ち物】証明写真(縦3㎝×横2.4㎝)2枚
【問い合わせ】ファミリー・サポート・センター 【電話】6841・9383

子ども健やか育み条例施行5周年
人権保育市民フォーラム
【日時】3月9日(土曜日)14時~16時
【場所】文化芸術センター(曽根東町)
【内容】子どものつぶやき朗読、小学生による自由研究報告、ラジオDJ・山本シュウさんによる講演「子どもを健やかに育む地域社会 みんなで考えよう」
【その他】手話通訳あり
【問い合わせ】こども事業課 【電話】6858・2257
【保育あり】2月12日(火曜日)までに申し込み

不登校の子どもと交流する
学生ボランティアを募集
▼期間=4月~平成32年3月の週1回2時間程度
【場所】庄内(庄内栄町)・千里(新千里西町)の各少年文化館
【内容】家庭訪問などで不登校児童・生徒と交流
【対象・定員】大学生・大学院生、20人
【その他】月1回研修あり
【申し込み】3月8日(金曜日)までに庄内少年文化館 【電話】6336・6371。市ホームページからも申し込み可。面接あり

■子ども■個別療育・スマイル
平成31年度 利用児童募集
【場所】あゆみ学園(桜の町)
【内容】保護者同伴での個別療育(月に2回程度、1時間)と保護者教室
【対象・定員】医療機関で発達障害または療育が必要と診断されている平成25年4月2日~平成28年4月1日生まれの子ども、30人。スマイルか子ども発達支援センター青空で療育を受けたことがある人は除く
【費用・参加費】療育・保護者教室ともに国が定める利用者負担額 ▼説明会=2月13日(水曜日)11時から同園。当日会場で受け付け。車での来場と子ども同伴不可
【問い合わせ】同園 【電話】6841・1551

■子ども■正しく理解し、みんなで支え合う
子どもの発達障害
 落ち着きがない、友達とコミュニケーションが取りにくい、こだわりが強いなど、子どもの発達障害の特性はさまざま。しかし、周りの人が適切な対応や支援をすることで、子どもが感じている困り事は軽減できます。
 発達障害のある子どもの特性を理解し、何ができるかを考えてみませんか。
専門医から聞く
発達障害のある子どもへの接し方
発達障害の正しい理解と対応
【日時】3月9日(土曜日)10時~11時30分
【場所】すてっぷ(玉井町)
【内容】発達障害の種類を理解し、対応の基本や家庭での過ごし方を学ぶ
【出演・講師・指導】信州大学医学部教授・本田秀夫さん
【対象・定員】未就学児~小学生の発達障害に関心のある人、100人
【申し込み】2月6日(水曜日)9時30分から電話で健康増進課。先着順
【保育あり】要申し込み
【問い合わせ】健康増進課 【電話】6858‒2293
保護者から聞く
専門家とは異なる視点での
発達障害のある子どもの子育て体験談
親による親のための講演会
【日時】2月19日(火曜日)10時~12時
【場所】すこやかプラザ(岡上の町)
【内容】保護者が子どもの将来のためにできることを考える
【出演・講師・指導】自閉症の人のバリアフリーを考える親の会はぐくみ・宮野尾裕子さん
【対象・定員】80人
【申し込み】2月13日(水曜日)までに電話でこども相談課。先着順
【保育あり】要申し込み
【問い合わせ】こども相談課 【電話】6858‒2285

子育て支援センターほっぺ
〒560‒0023岡上の町2‒1‒15
【電話】6852・5526
【FAX】6852・5422

■子ども■3歳の育ちとかかわり方
【日時】2月20日(水曜日)10時30分~11時30分
【場所】ほっぺ
【対象・定員】3歳の子どもの保護者、15人(子ども同伴可)
【申し込み】2月12日(火曜日)までに電話でほっぺ。抽選あり

■子ども■親を学ぶプログラム
パパ編
【日時】2月24日(日曜日)10時~12時
【場所】ほっぺ
【内容】卵を使って、命の大切さや思いやりを考える
【対象・定員】未就学児の父親、20人
【申し込み】2月18日(月曜日)までに電話でほっぺ。抽選あり
【保育あり】要申し込み
ベビー編
【日時】【連続講座】①2月25日~3月18日の月曜日(4回)②3月5日~26日の火曜日(4回)。14時~15時30分
【場所】①千里公民館(新千里東町)②ほっぺ
【内容】親子の触れ合いやつながりを学ぶ参加型プログラム
【対象・定員】平成30年10月~12月生まれの第1子の子どもと母親、各10組(参加経験者は除く)
【申し込み】往復はがき(1組1枚)に、「親を学ぶプログラム ベビー編希望」、①か②、子どもの名前(フリガナ)と生年月日、保護者の住所と名前(返信用も)、電話番号を書き、ほっぺ。2月13日(水曜日)必着。抽選あり

■子ども■手作りおやつ講座
【日時】2月26日(火曜日)10時~11時
【場所】豊中人権まちづくりセンターこども園地域子育て支援センター(岡町北)
【内容】卵・牛乳を使用しないツナコーンマヨパン
【対象・定員】2歳以上の未就学児と保護者、15組
【費用・参加費】1組200円
【申し込み】2月1日(金曜日)~8日(金曜日)に電話で同センター 【電話】6841・8401。抽選あり

■子ども■ファミリーであそぼう
【日時】3月2日(土曜日)10時~11時30分
【場所】武道館ひびき(服部西町)
【内容】触れ合い遊び、ゲームほか
【対象・定員】未就学児と保護者

■子ども■いきいき子育て講座
【日時】3月12日(火曜日)9時30分~11時
【場所】栄町こども園(島江町)
【内容】梅花女子大学教授・伊丹昌一さんによる「褒めて育てる前向き子育て」
【対象・定員】未就学児の保護者、30人(子ども同伴可)
【申し込み】2月12日(火曜日)~3月4日(月曜日)に電話で豊南西こども園地域子育て支援センター 【電話】6331・1415。抽選あり

(こども園・保育所・幼稚園)

■子ども■絵本の楽しみ
【日時】①2月28日(木曜日)10時30分~11時30分②3月6日(水曜日)10時~10時45分
【場所】①庄内西(二葉町)②せんなり(千成町)の各こども園
【内容】絵本の読み聞かせ。①はわらべ歌もあり
【出演・講師・指導】①ふわはねehon・内田祐子さん②元幼稚園長・宮本睦子さん
【対象・定員】1歳以上の未就学児と保護者、各15組
【申し込み】①2月27日(水曜日)まで②2月12日(火曜日)~3月5日(火曜日)に各園(①庄内西 【電話】6332・6200②せんなり 【電話】6331・0820)。いずれも先着順

(学校)

■ニュース■高校生に学資をお貸しします
【内容】国公立は年8万円以内、私立は年20万円以内で希望する額を無利子で貸し付け、貸付期間終了後7年以内に月賦払いで返済
【対象・定員】4月に高等学校、特別支援学校高等部、中等教育学校(後期課程)、高等専門学校、専修学校(修業年限2年以上の高等課程)、朝鮮高級学校に在学予定で、保護者が市在住の学資に困っている人。所得制限あり
【申し込み】2月21日(木曜日)から学校教育課、各市立中学校、庄内(庄内幸町)・新千里(新千里東町)の各出張所で配布(市ホームページからも取り出し可)の申込用紙に記入・押印の上、3月1日(金曜日)から同課 【電話】6858・2553へ持参。郵送不可

お知らせ「環境・ごみ」(19ページから21ページまで)

環境・ごみ

(みどり・公園)

ヒメボタルサミットin豊中
【日時】2月15日(金曜日)14時~16時30分
【場所】すてっぷ(玉井町)
【内容】人と自然の博物館主任研究員・八木剛さんの基調講演、豊中のヒメボタル保全事例の報告、意見交換会ほか
【対象・定員】100人
【申し込み】2月12日(火曜日)までに公園みどり推進課 【電話】6843・4141。定員に満たない場合は、当日会場。先着順

チャレンジ 野菜くずの
堆肥化を始めませんか
【日時】2月16日(土曜日)10時~11時30分
【場所】くらしかん(北桜塚)
【内容】家庭の生ごみの堆肥化方法と堆肥化助成の説明
【問い合わせ】花と緑のネットワークとよなか 【電話】080・5718・7651

クリスマスローズの育て方
【日時】2月16日(土曜日)10時~12時
【場所】花とみどりの相談所(曽根南町)
【出演・講師・指導】同所相談員
【対象・定員】25人
【費用・参加費】800円
【申し込み】2月12日(火曜日)から同所 【電話】6863・8439。先着順

■子ども■ふれあい緑地
自然学習教室
【日時】①2月16日(土曜日)②2月23日(土曜日)③④3月2日(土曜日)。①②④13時~15時③10時~12時
【場所】とよなか四季彩園(服部西町)
【内容】①簡単な漬物作り②ちりめんモンスター探し③啓蟄(けいちつ)で目覚める生き物観察④自由工作
【対象・定員】①②小学生以上、各15人③25人④小学生以下、25人
【申し込み】各開催日の前日までに電話で同園 【電話】6866・3288。先着順

押し花で
ランチョンマットを作ろう
【日時】2月23日(土曜日)10時~12時
【場所】花とみどりの相談所(曽根南町)
【出演・講師・指導】豊中緑化リーダー会
【対象・定員】20人
【費用・参加費】400円
【申し込み】2月19日(火曜日)から同所 【電話】6863・8439。先着順

(ごみ・まちの美化)

■子ども■幼児図画入選作品が決定
 市・まちを美しくする運動推進本部が募集し、19のこども園・幼稚園と保育所・園から832点の応募がありました。入選者は次の皆さんです(敬称略・順不同)。
【問い合わせ】美化推進課 【電話】6858・2276
▼市長賞=長谷川絆(服部こども園)、河原林大樹(西丘こども園)、丸山桃佳(小曽根幼稚園) ▼入選=村山文太(しんでんこども園)、岩田彩花(てしまこども園)、吉田悠哩(とねやまこども園)、江尻悠真(せんなりこども園)、宇野珀来(ゆたかこども園)、池田孔士(のばたけこども園)、井上千聖(庄内こども園)、岡邑美月(服部こども園)、井上氷捺(小曽根こども園)、小林一翔(栄町こども園)、三宅優彩(西丘こども園)、中秋穂(北緑丘こども園)、平井優愛(服部幼稚園)、河野光里(蛍池文化幼稚園)、長谷川詩(小曽根幼稚園)、谷幸憲(大阪音楽大学付属音楽幼稚園)、伊東彩月(さくらづか保育園)、小原史桜里(刀根山こころ保育園)、北奥紗羅(ひかり保育園)
入選作品の展示
【日時】【場所】2月2日(土曜日)~7日(木曜日)庄内公民館(三和町)、2月9日(土曜日)~14日(木曜日)中央公民館(曽根東町)、2月16日(土曜日)~21日(木曜日)千里文化センター「コラボ」(新千里東町)
写真キャプション:長谷川絆さんの作品
         河原林大樹さんの作品
         丸山桃佳さんの作品

展望フロア一般開放デー
【日時】2月17日(日曜日)10時~15時
【場所】クリーンランド(原田西町)
【内容】施設見学(10時15分~・10時30分~・13時30分~。各20人。当日会場。先着順)、積み木や絵本が楽しめるキッズコーナー、キャラクター出演、JALの協力によるキッズ制服着用体験やオリジナル紙飛行機作りのワークショップほか(14時まで)
【問い合わせ】スリーR・センター 【電話】6841・8152

フードドライブを実施
【日時】【場所】2月①17日(日曜日)11時~14時庄内公民館(三和町)②18日(月曜日)~24日(日曜日)ダイエー豊中駅前店(本町)・ダイエー曽根店(曽根東町)・グルメシティ庄内店(庄内西町)
【内容】家庭などで余っている食品を持ち寄り、社会福祉協議会などを通じて必要としている人に提供 ▼受け取りできる食品=米、乾麺、缶詰、レトルト食品、調味料など ▼受け取りできない食品=消費・賞味期限が3月①18日(月曜日)②25日(月曜日)以前の食品、生鮮食品、開封されているもの、アルコールなど
【問い合わせ】減量計画課 【電話】6858・2279

子ども服リユース
着られない服が福となる
【日時】3月2日(土曜日)10時~10時40分、11時10分~11時50分
【場所】環境事業所(走井)
【内容】子ども服の無料配布(1人10点まで)
【対象・定員】市在住の人、各30人
【その他】車での来場可
【申し込み】はがき(1世帯1枚限り)に、催し名、住所、名前、電話番号、参加人数(4人まで)を記入し、〒561–0891走井2–5–5家庭ごみ事業課 【電話】6843・3512。2月13日(水曜日)消印有効。抽選あり。結果は当選者のみ通知

2月・3月の
再生資源買取市
【日時】【場所】毎週土曜日は新明和(名神口)、第4土曜日は環境事業所(走井)。いずれも9時~12時
【内容】家庭から出る再生資源(紙・布類、缶類)を1㎏以上持ち込むと、10㎏までごとに40円で買い取り
【その他】車での来場可
【問い合わせ】家庭ごみ事業課 【電話】6858・2275

(環境保全)

地球温暖化防止イベント
【日時】2月17日(日曜日)13時~15時30分
【場所】eMIRAIE環境交流センター(中桜塚)
【内容】とよなかエコ市民賞(下記参照)の表彰式、劇団萌の公演「地球の約束」ほか
【対象・定員】100人
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】同センター 【電話】6844・8611
【保育あり】2月9日(土曜日)までに申し込み

ビギナーのための
犬の飼い方教室
【日時】3月2日(土曜日)14時~16時
【場所】保健所(中桜塚)
【内容】獣医師による犬を迎えるための準備、飼い始めてからのしつけや健康管理
【対象・定員】犬を飼う予定か飼い始めた人や家族、50人
【申し込み】はがきに、催し名、住所と代表者の名前(ふりがな)、電話番号、参加人数、犬を飼っている人は犬種と犬の年齢、教室で聞きたいことを書き、〒561–0881中桜塚4–11–1衛生管理課 【電話】6152・7320。2月26日(火曜日)消印有効。ファクス可
【FAX】6152・7328。市ホームページからも申し込み可。先着順

とよなかエコ市民賞決定
 とよなか市民環境会議(会長=長内繁樹市長、138団体)は、省エネルギーや地球温暖化防止につながる取り組み、自然との共生など、環境に関わる活動を積極的に行う団体を表彰する「とよなかエコ市民賞」の受賞団体を、次の3団体に決定しました。表彰式と各団体の活動発表は地球温暖化防止イベント(上記参照)で行います。
▼受賞団体=曽根グリーンハイツ管理組合、大阪信用金庫豊中支店、新千里北町地域自治協議会子育てサークル部会・畑のある交流サロン@kitamachi
【問い合わせ】環境政策課 【電話】6858・2128

地球環境を守る市民行動計画
「豊中アジェンダ21」の活動
【問い合わせ】とよなか市民環境会議アジェンダ21(eMIRAIE環境交流センター内・中桜塚) 【電話】6844・8611
とよっぴーの有料配布
【日時】2月9日(土曜日)・27日(水曜日)10時~11時
【場所】緑と食品のリサイクルプラザ(原田中)
【費用・参加費】10㎏200円ほか(1人7袋まで)
竹切り体験
【日時】2月15日(金曜日)9時30分~12時(雨天中止)
【場所】千里中央公園(新千里東町)
【対象・定員】10人
【申し込み】2月13日(水曜日)まで来館・電話受付。先着順
竹炭焼き体験
【日時】〈火入れ〉2月20日(水曜日)9時~12時〈窯出し〉2月21日(木曜日)9時30分~12時。雨天の場合は翌日
【場所】千里中央公園野外炊さん場
【対象・定員】10人
【申し込み】2月17日(日曜日)まで来館・電話受付。先着順
とよっぴー 地産地消採りたて野菜市
【日時】2月28日(木曜日)10時~売り切れ次第終了
【場所】さわ病院(城山町)
【その他】とよっぴー2.5㎏(100円)有料配布あり
とよっぴー展
人の和・資源の輪・循環の環(わ)
【日時】2月28日(木曜日)10時~16時、3月1日(金曜日)10時~15時
【場所】市役所第二庁舎
【内容】食品ロスを減らすために家庭でできる取り組みを語り合う茶話コーナー、とよっぴー300gの進呈(各日50人。先着順)

eMIRAIE環境交流センター
〒561‒0881中桜塚1‒24‒20
【電話】6844・8611
【FAX】6844・8668

同センターの催し
リユースコーナー
【日時】2月6日(水曜日)~28日(木曜日)9時~17時(12日(火曜日)、18日(月曜日)、25日(月曜日)を除く)
【場所】同センター
【内容】臨時ごみの中から提供されたまだ使える家具などを展示。希望者に無料で譲渡
【申し込み】同コーナーにある申込用紙で、展示期間に受け付け。3月1日(金曜日)14時に抽選。搬出は各自
おもちゃ病院
【日時】2月9日(土曜日)10時~11時30分
【場所】同センター
【内容】壊れたおもちゃを修理。1世帯1点のみ
【費用・参加費】実費(部品代)
冬の野鳥観察会
【日時】2月10日(日曜日)9時30分服部緑地東中央広場集合~12時現地解散
【対象・定員】30人
【申し込み】2月8日(金曜日)まで来館・電話受付。先着順
■子ども■おはなし会「わにわに」
【日時】2月17日(日曜日)10時30分~11時30分
【場所】同センター
【内容】絵本の読み語りと手作り工作
【対象・定員】未就学児と保護者
地域こだわり品と野菜市場
【日時】3月2日(土曜日)10時~11時30分
【場所】同センター
【その他】竹炭・竹製品の販売あり

お知らせ「まち・安全」(21ページ、22ページ)

まち・安全

(まちづくり)

千里ニュータウン地区の基本方針
基準素案説明会
【日時】2月10日(日曜日)10時~11時、2月13日(水曜日)19時~20時
【場所】千里文化センター「コラボ」(新千里東町)
【内容】同地区住環境保全に関する基本方針のうち、耐震性不足の中高層住宅における容積率の割り増し基準の素案について
【問い合わせ】千里ニュータウン再生推進課 【電話】6858・2674
(関連記事25㌻)

老後を安心して暮らすための
任意後見と民事信託制度
【日時】2月16日(土曜日)13時30分~15時
【場所】くらしかん(北桜塚)
【内容】住生活コーディネーターによる民事信託、任意後見、公的な制度以外の支援などについてのセミナー。住宅改造相談会もあり(15時~17時)
【問い合わせ】ユニバーサルデザイン推進協会 【電話】6840・0325

住まいと暮らしのセミナー
【日時】2月16日(土曜日)13時30分~15時
【場所】蛍池公民館(蛍池中町)
【内容】一級建築士と住生活コーディネーターによる中古住宅の建物状況調査と住まいの片付けに関するセミナー、相談会(15時~16時)
【問い合わせ】ユニバーサルデザイン推進協会 【電話】6840・0325

とよなか百景2017
巡回パネル展
【日時】【場所】①2月19日(火曜日)~25日(月曜日)庄内公民館(三和町)②2月26日(火曜日)~3月5日(火曜日)岡町図書館(岡町北)③3月12日(火曜日)~19日(火曜日)野畑図書館(春日町)④3月26日(火曜日)~28日(木曜日)蛍池公民館(蛍池中町)。①初日は11時から②③初日は13時から。①②③最終日は15時まで
【内容】平成30年3月にリニューアルした「とよなか百景」の写真や説明などのパネル展示
【問い合わせ】都市計画課 【電話】6858・3143

千里ニュータウン
まちづくり市民フォーラム
【日時】2月23日(土曜日)14時~17時
【場所】千里ニュータウン情報館(吹田市)
【内容】「千里ニュータウン1970~2025」をテーマに思い出とこれからを語る
【問い合わせ】千里ニュータウン再生推進課 【電話】6858・2674

居住支援協議会セミナー
【日時】2月28日(木曜日)14時~16時30分
【場所】すてっぷ(玉井町)
【内容】地域包括ケアシステムと新たな住宅セーフティネット制度の取り組みについて
【出演・講師・指導】奈良県立大学准教授・佐藤由美さんほか
【対象・定員】賃貸住宅のオーナー、宅地建物取引業者、賃貸不動産管理業者、福祉事業者ほか、100人
【申し込み】2月22日(金曜日)までに市住宅協会 【電話】6858・2742。ファクス可(催し名、住所、名前、電話番号、参加人数を記入)
【FAX】6854・9534。先着順

まちづくりセミナー
【日時】2月28日(木曜日)19時~21時
【場所】とよなか国際交流センター(玉井町)
【内容】京都市まちづくりアドバイザー・谷亮治さんによる「私たちはまちづくりをどう続けるか」
【対象・定員】40人
【その他】手話通訳あり
【申し込み】2月27日(水曜日)までに都市計画課 【電話】6858・2197。ファクス可(催し名、住所、名前、電話番号、手話通訳の希望の有無を記入)
【FAX】6854・9534。市ホームページからも申し込み可。先着順
【保育あり】2月21日(木曜日)までに申し込み

大阪国際空港周辺の
建物などの高さ制限
同空港周辺では、航空法により設置できる建物などの高さが制限されています。設置する場合は確認をお願いします。
【問い合わせ】新関西国際空港株式会社 【電話】4865・9601、空港課 【電話】6858・2111

(安全・防災)

防災用スピーカーが
作動します
 全国瞬時警報システム(Jアラート)の一斉情報伝達訓練に合わせ、2月20日(水曜日)11時ごろに市立小学校など62カ所に設置している防災用スピーカーから同システムの訓練音声を放送します(音声の届く範囲は半径約250m)。家庭でも緊急時への備えや点検をお願いします。
【問い合わせ】危機管理課 【電話】6858・2683

木造住宅耐震相談コーナー
【日時】2月22日(金曜日)13時30分~16時
【場所】市役所第二庁舎
【内容】木造住宅の簡易耐震診断・耐震改修相談(30分程度)。木造住宅の耐震診断・耐震設計・耐震改修・除却補助の相談。耐震補強事例、工法の紹介、防災についてのパネル展示
【出演・講師・指導】民間建築士
【対象・定員】10組
【その他】住宅の状況が分かる写真・図面などがあれば持参
【申し込み】2月21日(木曜日)までに電話で建築審査課 【電話】6858・2417。定員に満たない場合は、当日受け付け。先着順

応急手当講習会
【場所】消防局(岡上の町)
【申し込み】2月①22日(金曜日)②27日(水曜日)までに救急救命課 【電話】6846・8438。先着順。申込者が10人未満の場合は開催中止
①普通救命講習
【日時】2月23日(土曜日)・24日(日曜日)9時30分~12時30分
【内容】心肺蘇生法(胸骨圧迫・人工呼吸)、止血法、異物除去、AEDの使用方法ほか
【対象・定員】各35人
【その他】修了証の郵送希望者は、82円切手を貼った返信用封筒を持参
■子ども■②乳幼児予防救急講習
【日時】2月28日(木曜日)10時~11時
【内容】乳幼児のけがや事故の予防、心肺蘇生法、AEDの使用方法ほか
【対象・定員】未就学児の保護者ほか、20人

(上下水道)

水に関する図画・習字作品展と上下水道事業パネル展
【日時】2月14日(木曜日)・15日(金曜日)・16日(土曜日)10時~19時(16日は17時まで)
【場所】文化芸術センター(曽根東町)
【内容】小学4年生の図画・習字作品のうち、入選作品の展示ほか
【問い合わせ】経営企画課 【電話】6858・2921

上下水道モニターを募集
【内容】意見交換会の出席や浄水場での水質管理・下水処理場での処理過程の見学などを平日に6回程度。インターネットを利用したアンケートの回答や意見の提出ほか ▼期間=4月~平成32年3月
【対象・定員】4月1日(月曜日)時点で20歳以上で、ワードなどの文書をメールで送受信し、閲覧・編集できる人、30人
【その他】謝礼あり。利用機器や通信費用・交通費は自己負担
【申し込み】2月28日(木曜日)までに市ホームページから申し込み。選考あり
【問い合わせ】経営企画課 【電話】6858・2921

お知らせ「くらし・案内一般」(23ページから26ページまで)

くらし・案内一般

2月・3月の休日窓口
 住所変更の届け出や各種証明書の受け取りができる窓口を開設しています。ただし、最近戸籍の届け出を行った人などは受け付けできない場合があります。
 取り扱い業務は、市ホームページをご覧いただくか市民課まで問い合わせてください。
【日時】2月9日(土曜日)、3月9日(土曜日)・23日(土曜日)・24日(日曜日)・30日(土曜日)・31日(日曜日)。いずれも9時~13時
【場所】市役所第一庁舎
【その他】手続きには、運転免許証などの本人確認ができる書類と印鑑(認め印)が必要
【問い合わせ】同課 【電話】6858・2202

ネットを安心して楽しむために
情報セキュリティー講座
【日時】2月15日(金曜日)14時30分~16時30分
【場所】中央公民館(曽根東町)
【内容】情報セキュリティーの専門家から学ぶ、インターネットの安全な利用方法。初心者向け
【対象・定員】30人
【申し込み】情報政策課 【電話】6858・2054。市ホームページからも申し込み可。先着順

総合計画審議会が
答申書を提出
市総合計画審議会(会長=関西学院大学名誉教授・加藤晃規さん、11人)は12月27日、行政評価指針素案について、長内繁樹市長に答申書を提出しました。同書では、行政評価制度の構成や政策評価における同審議会の役割などが述べられています。
市は、答申の内容を踏まえ、指針を策定し、政策評価を実施します。同書は、企画調整課や市政情報コーナー、市ホームページでご覧になれます。
【問い合わせ】同課 【電話】6858・2084

阪急豊中駅北改札口出てすぐ
市民活動情報サロンの催し
【場所】【問い合わせ】市民活動情報サロン(本町) 【電話】6152・2212、【FAX】6152・2213
親子の愛着形成の手助け
【日時】2月21日(木曜日)10時15分~11時45分
【対象・定員】子育て中か子育て支援をする人、10人
【費用・参加費】300円
【その他】実施団体=にこにこエプロン
【申し込み】当日会場。先着順
おでかけ交流サロン
とよなか夢基金助成 交流会
【日時】2月27日(水曜日)13時30分~15時
【場所】コミュニティカフェ ココカラ(蛍池東町)
【対象・定員】15人
【費用・参加費】実費(飲食費)
【申し込み】当日会場。先着順
カードで学ぶ 看取り医療と伝わる終活
【日時】3月7日(木曜日)10時30分~12時30分
【対象・定員】おおむね60歳以上の人や家族、12人
【費用・参加費】千円
【その他】実施団体=ほくせつマメの木
【申し込み】2月15日(金曜日)10時から電話・来館受付。先着順

(選挙)

政治家の寄付は
禁止されています
 公職選挙法は、選挙区内での政治家(候補者、候補予定者、現職)の寄付や有権者が政治家に寄付を求めることを禁止し、次の行為に罰則を設けています。▽政治家が政党や親族などを除き、選挙区内の人に寄付をすること(政治家本人が出席する結婚式の祝儀や葬儀の香典でも、通常一般の社交の程度を超える場合は処罰の対象)▽政治家以外の人が政治家名義の寄付をすること▽有権者が政治家に寄付を求めたり、当選または被選挙権を失わせる目的で寄付を求めたりすること▽政治家や後援会が、選挙区内の人にあいさつを目的として有料の広告などを出すこと▽後援会が花輪や香典、祝儀などを出すこと
【問い合わせ】選挙管理委員会 【電話】6858・2480

(労働)

■子ども■子どもと一緒に参加できる
子育て世代向け働き方講座
【日時】2月13日(水曜日)13時30分~15時
【場所】豊中しごとセンター(庄内東町)
【内容】キャリアコンサルタント・藤井文明さんによる「育児や家事の経験が求められる人材であると気付こう」
【対象・定員】15人(子ども同伴可)
【その他】同センターのキッズスペースも利用可
【申し込み】2月12日(火曜日)まで同センター 【電話】6398・7463。市ホームページからも申し込み可。先着順

働きたい若者を応援する
2月の就活プログラム
【日時】【内容】左表参照
【場所】とよの地域若者サポートステーション(服部西町)
【対象・定員】15歳~39歳、各10人
【その他】利用登録が必要
【申し込み】電話で同ステーション 【電話】6151・3017。先着順

働きたい若者を応援する
2月の就活プログラム
講座名/日時
職業興味・適性検査 
1日(金曜日)・8日(金曜日)・15日(金曜日)・23日(土曜日)14時~16時
就活実践セミナー①就職活動準備②応募書類③面接 
①2日(土曜日)②9日(土曜日)③16日(土曜日)。13時~15時
心と体を整えるマインドフルネス実践入門 
5日~26日の火曜日10時15分~11時45分
言葉を使わず簡単な絵でコミュニケーション 
5日(火曜日)・12日(火曜日)・19日(火曜日)13時30分~15時30分
職業理解セミナー 
14日(木曜日)13時30分~15時
職場のコミュニケーション講座 
14日(木曜日)・28日(木曜日)13時30分~15時
自己対処能力を高めるソーシャルスキルトレーニング 
26日(火曜日)13時30分~15時

保育の仕事をしたい人への
こども園見学・相談会
【日時】2月①21日(木曜日)②26日(火曜日)。9時45分~12時
【場所】①島田(庄内栄町)②西丘(新千里西町)の各こども園
【内容】こども園の見学、保育施設への就職に関する相談会
【対象・定員】保育士資格・保母資格・幼稚園教諭免許のいずれかがある人か子育て支援員研修修了者、各5人
【申し込み】こども事業課にある申込用紙で同課 【電話】6858・2808へ持参か郵送。2月15日(金曜日)必着。抽選あり

豊中しごとセンターシニアの日
おしごと探しに役立つお話
【日時】2月21日(木曜日)14時~15時30分
【場所】同センター(庄内東町)
【内容】採用につながる就職活動のヒントを知る
【対象・定員】おおむね55歳以上の求職者、15人
【申し込み】同センター 【電話】6398・7463。先着順

ゲーム感覚でやってみよう
自分に合った仕事のタネを探そう
【日時】2月22日(金曜日)14時~17時
【場所】豊中しごとセンター(庄内東町)
【内容】キャリアカウンセリングでも使われるカードを使って、働く上で大事にしたいことや自分の強みを知る
【対象・定員】15歳~39歳、10人(未就労の人優先)
【申し込み】2月5日(火曜日)から電話でとよの地域若者サポートステーション 【電話】6151・3017

(消費生活)

生活情報センターくらしかん
〒560‒0022北桜塚2‒2‒1
【電話】6858・5060
【FAX】6858・5095

リユースバザー
【日時】2月9日(土曜日)10時~11時30分
【場所】くらしかん
【内容】日用雑貨などの有料配布
【費用・参加費】実費

くらしの研究発表会
【日時】2月14日(木曜日)13時30分~15時30分
【場所】くらしかん
【内容】消費者グループなどの研究発表、大阪市立大学名誉教授・惣宇利紀男さんの講評ほか
【対象・定員】50人
【申し込み】来館・電話受付。先着順
【保育あり】2月7日(木曜日)までに申し込み

31年度登録グループ募集
【内容】くらしかんへの事業協力(施設使用料は無料) ▼登録期間=4月~平成32年3月
【対象・定員】消費者問題の各種学習会や市民への情報提供を行っているグループ
【申し込み】2月1日(金曜日)~22日(金曜日)にくらしかんで申込用紙を配布・受け付け。選考あり

小・中学生向け消費者教育
出前教室実施団体を募集
【内容】市に提案された事業案を基に公開審査で決定 ▼委託期間=4月~平成32年3月 ▼公開審査会=3月22日(金曜日)15時くらしかん
【対象・定員】過去1年以上継続して消費者教育に関する市民公益活動を行っている団体
【その他】応募団体は説明会(左記参照)に必ず出席。公開審査会の傍聴希望者は当日会場
説明会
【日時】2月26日(火曜日)15時~16時
【場所】くらしかん
【申し込み】2月12日(火曜日)~25日(月曜日)17時に電話でくらしかん

生活情報ひろばの催し
【場所】【問い合わせ】くらしかん
パネル展 省エネのくらし
【日時】2月1日(金曜日)~27日(水曜日)(24日(日曜日)を除く)
男の料理教室
【日時】2月11日(祝日)10時~14時
【内容】簡単おつまみ2種(レンコンシューマイ・めんたいこディップ)ほか
【出演・講師・指導】桜塚校区福祉会
【対象・定員】12人
【費用・参加費】500円
【申し込み】2月4日(月曜日)10時~11時に電話で同ひろば 【電話】6858・6855。先着順
老後の財産管理を具体的事例から学ぶ
【日時】2月12日(火曜日)14時~15時30分
【出演・講師・指導】司法書士・中山泰道さん
【対象・定員】30人
【申し込み】当日13時30分から来館受付。先着順
地産地消イベント
【日時】2月13日(水曜日)10時~11時30分(売り切れ次第終了)
【内容】豊中とその近郊で作られたコメや卵・野菜・竹炭などの有料配布
【費用・参加費】実費
着物地でマフラー作り
【日時】2月13日(水曜日)13時30分~15時30分
【出演・講師・指導】南桜塚ゆうの会
【対象・定員】15人
【費用・参加費】500円
【持ち物】裁ちばさみ
【申し込み】当日13時から来館受付。先着順
ジェネリック医薬品について学ぶ
【日時】2月19日(火曜日)13時30分~15時
【出演・講師・指導】府健康医療部職員
【対象・定員】30人
【申し込み】当日13時から来館受付。先着順
お金の基礎知識を学ぶ
【日時】2月21日(木曜日)13時30分~15時
【出演・講師・指導】日本マネーバランスFP協会・団野修さん
【対象・定員】30人
【申し込み】当日13時から来館受付。先着順
洋菓子教室 ルーマニアのティータイム
【日時】2月23日(土曜日)13時~15時30分
【内容】ルーマニア出身のマリア・ポポビッチさんによるアップルロールケーキ作りほか
【対象・定員】15人
【費用・参加費】千円
【申し込み】2月9日(土曜日)10時30分に費用を持って来館受付。抽選あり。定員に満たない場合は11時30分まで受け付け。先着順

ご寄付のお礼
 市の基金などへの温かい寄付が次のとおり寄せられました(敬称略)。ありがとうございました。
 寄付の方法などは財政課 【電話】6858‒2799へ問い合わせてください。
社会福祉事業基金に
社会福祉=天羽会桐流天羽祥瑞(中桜塚)8万4千157円、宗教法人真如苑(待兼山町)100万円、日原基博(浜松市)5千円、南里種司(本町)3万円、鹿島桂子(中桜塚)3万円、宗教法人立正佼成会豊中教会・明るい社会づくり運動北摂地区協議会中(穂積)12万909円、匿名(4件)14万5千円 障害福祉=小熊徳太郎(三国)12万6千511円、刀禰加津昌(北桜塚)1千円、松原收(走井)1万2千円 高齢福祉=豊田安男(蛍池中町)2万6千円、匿名(1件)4万円 児童福祉=匿名(1件)1千円
市民公益活動の推進(とよなか夢基金)に
前田秋雄(門真市)1千円、前田君代(門真市)1千円、遠山一喜(大島町)1万円、清水高子(東泉丘)1千円、岩本益美(長興寺北)5万円、十河静子(上野東)10万円、山田英和(大阪市北区)1千円、山田さえ子(日出町)1千円、ぐるぐるアート豊中世話人会(蛍池東町)1千円、一般社団法人新歯会内職業体験セミナー実行委員会(大阪市中央区)1万円、匿名(5件)13万円
豊中市まちづくり応援基金に
伊良子和成(東京都三鷹市)5千円、奥村典彦(島根県出雲市)1千円、匿名(2件)7万円
公共施設等整備基金に
匿名(5件)17万円
教育振興基金に
マリンフード株式会社(豊南町東)1千万円、西山芳樹(東豊中町)1万円、匿名(1件)4万円
奨学金の貸し付けに
匿名(4件)6万4千734円
文化芸術振興基金に
淀川住宅株式会社(宝山町)5万円、有限会社愛媛製作所(庄内西町)3万円、匿名(1件)4万円
スポーツ振興基金に
山田博子(豊能町)3万円、匿名(3件)10万円
消防・救急救命基金に
匿名(2件)4万1千円
市立豊中病院に
天羽康夫(千里園)10万円

市民委員募集
応募資格や選考方法などは担当課や市ホームページにある募集要項を参照。他の審議会などとの重複選任防止のため、住所、名前、年齢、性別の情報を行政総務課に提供

都市計画審議会
【任期】5月~平成32年9月
【内容】都市計画に関わる事項の審議や提言。会議は原則、平日の昼間に年3回程度
【対象・定員】市在住か在勤・在学の18歳以上、1人
【報酬】1回9千700円
【申し込み】「豊中市のまちづくり、都市計画について思うこと」をテーマに、応募の理由も含めて800字程度にまとめ、住所(在勤・在学の人は勤務先・学校の名称と所在地も)、名前(フリガナ)、年齢、性別、電話番号、活動経験(地域活動、他の審議会委員など)を書き、〒561–8501「豊中市役所都市計画課」 【電話】6858・2198へ持参か郵送。市ホームページからも申し込み可。2月22日(金曜日)必着

意見募集
対象は、市在住か在勤・在学の人、市内の事務所、納税義務者、利害関係者。素案の内容と応募用紙は、市政情報コーナー、庄内(庄内幸町)・新千里(新千里東町)の各出張所、担当課にあります。市ホームページでも内容の閲覧・意見の提出可

国民健康保険 広域化への対応実施計画素案
【内容】国民健康保険の広域化に対応して府運営方針に基づく事業を実施する上で、保険料などの府内統一基準、保健事業などの共通基準への円滑な移行と安定的な運営について考え方を整理し、必要な取り組みを具体化し進行管理を行うための計画素案
【申し込み】2月5日(火曜日)~25日(月曜日)に保険給付課 【電話】6858・2313

マンション建替型総合設計制度許可取扱要領素案
【内容】耐震性が不足した建築物(要除却認定マンション)の建て替えによる耐震性や防災性の向上を図るために、個別の建築計画による市街地環境の向上を評価して容積率の緩和を行える許可取扱要領の素案
【申し込み】2月5日(火曜日)~26日(火曜日)に建築審査課 【電話】6858・2631

千里ニュータウン地区住環境保全
基本方針に係る基準素案
【内容】同基本方針のうち、千里ニュータウン内で耐震性不足の中高層住宅における容積率の割り増し基準の素案
【申し込み】2月5日(火曜日)~26日(火曜日)に千里ニュータウン再生推進課 【電話】6858・2674
(関連記事21ページ)

傍聴
申し込みは、各会議の当日30分前から先着順。受付開始時に定員を超えた場合は抽選。途中入場不可の場合あり

文化芸術振興審議会
【日時】2月4日(月曜日)14時~16時
【場所】市役所第二庁舎
【内容】文化芸術推進プラン改訂版に基づく施策の実施状況ほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】文化芸術課 【電話】6858・2722

障害福祉センター
運営検討部会
【日時】2月5日(火曜日)14時~15時30分
【場所】市役所第一庁舎
【内容】障害福祉センターひまわりの改修工事の進捗(しんちょく)状況報告ほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】ひまわり 【電話】6866・1011

健康福祉審議会
【日時】2月6日(水曜日)14時~16時
【場所】市役所別館(北桜塚)
【内容】第4期地域福祉計画の素案検討ほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】地域福祉課 【電話】6858・2220

都市計画審議会
【日時】2月7日(木曜日)10時~11時
【場所】市役所第一庁舎
【内容】生産緑地地区の変更について
【対象・定員】10人
【問い合わせ】都市計画課 【電話】6858・2198

保健医療審議会
【日時】2月15日(金曜日)14時~16時
【場所】保健所(中桜塚)
【内容】平成30年度保健所事業の概要についてほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】保健医療課 【電話】6152・7309

消費生活審議会
【日時】2月15日(金曜日)15時~17時
【場所】くらしかん(北桜塚)
【内容】消費者教育推進計画の進行管理について
【対象・定員】5人
【問い合わせ】くらし支援課 【電話】6858・5073

食育推進協議会
【日時】2月18日(月曜日)14時~16時
【場所】保健所(中桜塚)
【内容】市の食育推進について意見交換
【対象・定員】10人
【問い合わせ】保健医療課 【電話】6152・7309

病院運営審議会
【日時】2月19日(火曜日)13時30分~15時30分
【場所】市立豊中病院(柴原町)
【内容】業務状況の報告ほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】同病院総務企画課 【電話】6843・0101

介護保険事業 運営委員会
【日時】2月19日(火曜日)14時~16時
【場所】市役所別館(北桜塚)
【内容】第7期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画の進行管理ほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】高齢施策課 【電話】6858・2837

情報公開・個人情報保護
運営委員会
【日時】2月20日(水曜日)10時~12時
【場所】市役所第二庁舎
【内容】個人情報保護条例に基づく電子計算機接続についてほか
【対象・定員】5人
【問い合わせ】情報政策課 【電話】6858・2054

第一層豊中市地域
ささえあい推進協議体
【日時】2月22日(金曜日)10時~12時
【場所】すこやかプラザ(岡上の町)
【内容】介護予防・日常生活支援総合事業における地域での高齢者の生活支援体制について意見交換ほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】社会福祉協議会 【電話】6848・1279

外国人市民会議
【日時】2月22日(金曜日)19時~21時
【場所】とよなか国際交流センター(玉井町)
【内容】防災をはじめとした市発信情報の把握についての意見交換
【対象・定員】10人
【問い合わせ】人権政策課 【電話】6858・2587

人権文化のまちづくりを
すすめる協議会
【日時】2月26日(火曜日)19時~21時
【場所】市役所第二庁舎
【内容】人権行政の取り組みについて
【対象・定員】10人
【問い合わせ】人権政策課 【電話】6858・2587

産業振興審議会
【日時】2月28日(木曜日)19時~21時
【場所】くらしかん(北桜塚)
【内容】市の産業振興について
【対象・定員】10人
【問い合わせ】産業振興課 【電話】6858・2187

お知らせ「人権・平和」(26ページ、27ページ)

人権・平和

人権作品ロビー展
【日時】2月12日(火曜日)〜15日(金曜日)9時〜17時(15日は16時まで)
【場所】市役所第二庁舎
【内容】啓発ポスターなど人権作品の展示
【問い合わせ】人権教育推進委員協議会事務局(人権教育課内) 【電話】6858・2580

人権文化のまちづくり講座
【日時】2月13日(水曜日)18時30分〜20時30分
【場所】豊中人権まちづくりセンター(岡町北)
【内容】フリーライター・李信恵さんによる「ヘイトスピーチ裁判から考える複合差別」
【問い合わせ】同センター 【電話】6841・1313
【保育あり】2月5日(火曜日)までに申し込み

パネル展 部落問題は今
【日時】2月20日(水曜日)〜27日(水曜日)9時〜17時
【場所】中央公民館(曽根東町)
【内容】部落問題の現状や差別状況についてQ&A形式で解説するパネル展示
【問い合わせ】豊中人権まちづくりセンター 【電話】6841・1313
(関連記事42・43ページ)

とよなか国際交流センター
〒560‒0026玉井町1‒1‒1‒601
【電話】6843・4343
【FAX】6843・4375

旧正月(きゅうしょうがつ)のつどい
【日時】2月(がつ)8日(にち)(金曜日)(きんようび)13時(じ)~15時(じ)
【場所】同(どう)センター(せんたー)
【内容】中国(ちゅうごく)・韓国(かんこく)・ベトナム(べとなむ)の旧正月(きゅうしょうがつ)を祝(いわ)いながら、日本(にほん)での暮(く)らしについての情報(じょうほう)交換(こうかん)
【対象・定員】中国(ちゅうごく)・韓国(かんこく)・ベトナム(べとなむ)にルーツ(るーつ)のある人(ひと)と家族(かぞく)、50人(にん)
【費用・参加費】中学生以上(ちゅうがくせいいじょう)、500円(えん)
【申し込み】来館(らいかん)・電話受付(でんわうけつけ)。先着順(せんちゃくじゅん)

哲学カフェ
inとよなか国際交流センター
【日時】2月9日(土曜日)10時30分~12時30分
【場所】同センター
【内容】カフェフィロ・川崎唯史さんの進行で「立ち止まるのはなんで」をテーマに話し合う
【対象・定員】12人
【申し込み】来館・電話受付。先着順

■子ども■外国人親子(がいこくじんおやこ)のための
小学校入学準備相談会(しょうがっこうにゅうがくじゅんびそうだんかい)
【日時】3月(がつ)1日(にち)(金曜日)(きん)12時(じ)30分(ふん)~13時(じ)30分(ふん)
【場所】同(どう)センター(せんたー)
【内容】日本(にほん)の小学校生活(しょうがっこうせいかつ)についての説明(せつめい)・相談会(そうだんかい)。英語(えいご)、中国語(ちゅうごくご)、韓国(かんこく)・朝鮮語(ちょうせんご)、フィリピノ語(ふぃりぴのご)、タイ語(たいご)、スペイン語(すぺいんご)、ベトナム語(べとなむご)、ネパール語(ねぱーるご)の通訳(つうやく)あり
【対象・定員】就学前(しゅうがくまえ)の子(こ)どもを持(も)つ外国人保護者(がいこくじんほごしゃ)、20人(子(こ)ども同伴可(どうはんか))
【申し込み】来館(らいかん)・電話受付(でんわうけつけ)。先着順(せんちゃくじゅん)

外国にルーツをもつ若者による
庶民派室内フェス
【日時】3月3日(日曜日)10時~16時
【場所】ピアサロン(中桜塚)
【内容】ラップの発表、屋台の出店ほか
【対象・定員】100人
【費用・参加費】500円
【申し込み】来館・電話受付。先着順

春期ホストファミリー
ボランティア登録説明会
【日時】3月3日(日曜日)14時~16時
【場所】同センター
【内容】留学生と交流するホストファミリー事業(家庭宿泊なし)の説明、経験者や留学生との懇談ほか
【対象・定員】30人
【申し込み】来館・電話受付。先着順
【保育あり】2月26日(火曜日)までに申し込み

とよなか男女共同参画
推進センターすてっぷ
〒560‒0026玉井町1‒1‒1‒501
【電話】6844・9773
【FAX】6844・9706

多彩満載 すてっぴぃストア開催
女性起業家のミニショップ
【日時】2月16日(土曜日)10時~16時
【場所】すてっぷ
【内容】ペーパークラフト品などの販売、子ども写真撮影会、マッサージなどの出店

スマホ時代の子どもたちに大人ができること
【日時】2月17日(日曜日)14時~16時
【場所】すてっぷ
【内容】子どものスマートフォン利用が被害や加害につながらないよう、現状と対策を学ぶ
【出演・講師・指導】ソーシャルメディア研究会チーフ研究員・石川千明さん
【対象・定員】30人
【申し込み】来館・電話受付。ファクス可(催し名、住所、名前、電話番号、年代、保育希望の有無を記入)。すてっぷホームページからも申し込み可。先着順
【保育あり】2月9日(土曜日)までに申し込み

トキドキすてっぷ ブックトーク
本にまつわるおしゃべり会
【日時】2月23日(土曜日)14時~15時
【場所】すてっぷ
【内容】「食べること 生きること」をテーマに参加者が本を持ち寄り、紹介しながら情報交換
【対象・定員】10人
【申し込み】当日会場。先着順
【保育あり】2月16日(土曜日)までに申し込み

すてっぷフェスタ
【日時】3月2日(土曜日)10時~16時
【場所】すてっぷ
【内容】①女性起業家による出店②映画「未来を花束にして」上映と感想会(10時~12時20分)③リサイクル本配布(10時30分~11時30分、14時~16時)④バザー、軽食販売(12時20分~16時)⑤登録団体による発表(12時30分~13時40分)⑥劇団石主宰・きむきがんさんによる演劇ワークショップ(14時~15時30分)
【対象・定員】②80人⑥40人
【その他】③入場・配布制限をする場合あり
【申し込み】②⑥来館・電話受付。ファクス可(催し名、住所、名前、電話番号、年代、保育希望の有無を記入)。すてっぷホームページからも申し込み可。先着順
【保育あり】2月22日(金曜日)までに申し込み

アラフォー・アラフィフ
シングル女性の住宅事情
【日時】3月10日(日曜日)14時~16時
【場所】すてっぷ
【内容】シェアハウス運営者から住人の暮らしぶりを聞き、自分が望む暮らし方について語り合う
【出演・講師・指導】コモン・プラス代表・堀あきこさん
【対象・定員】女性、30人
【申し込み】来館・電話受付。ファクス可(催し名、住所、名前、電話番号、年代、保育希望の有無を記入)。すてっぷホームページからも申し込み可。先着順
【保育あり】3月2日(土曜日)15時までに申し込み

お知らせ「文化・にぎわい」(28ページから34ページまで)

文化・にぎわい

市民ロビー
ゆうゆうコンサート
【日時】2月6日(水曜日)12時~12時40分
【場所】市役所第二庁舎
【内容】大阪音楽大学連携協力事業。同大学特任准教授・井上麻子さんほかによるサックスとピアノ演奏
【問い合わせ】文化芸術課 【電話】6858・2551

世界のしょうない音楽祭
【日時】2月9日(土曜日)14時~16時30分
【場所】ローズ文化ホール(野田町)
【内容】大阪音楽大学教員の演奏、世界のしょうない音楽ワークショップ参加者と作曲家・野村誠さん、日本センチュリー交響楽団による同ワークショップで作曲した作品の演奏ほか
【対象・定員】300人
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】文化芸術課 【電話】6858・2551

豊中魅力アップ助成金
事業報告・交流会
【日時】2月19日(火曜日)18時30分~20時30分
【場所】蛍池公民館(蛍池中町)
【対象・定員】70人
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】魅力創造課 【電話】6858・2863

地域ITリーダーによる
パソコン講習
【申し込み】往復はがき(1人1枚)に、㋑~㊁(第2希望まで)、住所と名前(返信用も)、電話番号を書き、〒560–0021本町1–1–1市民活動情報サロン気付パソコンプラザinとよなか。2月9日(土曜日)必着。抽選あり
【問い合わせ】エキスタとよなか運営協議会事務局 【電話】6858・2781
㋑Jimdoを使ってホームページ入門
【日時】【連続講座】2月20日(水曜日)・27日(水曜日)14時~17時
【場所】エキスタとよなか(阪急豊中駅舎内)
【対象・定員】文字入力ができる人、12人
【費用・参加費】千円
㋺インターネットを楽しく活用しよう
【日時】2月21日(木曜日)13時30分~16時30分
【場所】原田介護予防センター(原田元町)
【対象・定員】60歳以上で文字入力ができる人、12人
【費用・参加費】500円
㋩ラベル屋さんを使って
名刺とラベルの作成
【日時】2月25日(月曜日)14時~17時
【場所】エキスタとよなか
【対象・定員】文字入力ができる人、12人
【費用・参加費】500円
㊁JTrimで写真加工
【日時】2月28日(木曜日)13時30分~16時30分
【場所】原田介護予防センター
【対象・定員】60歳以上で文字入力ができる人、12人
【費用・参加費】500円

子どもクラシック・カフェ
【場所】大阪大学会館(待兼山町)
【出演・講師・指導】大阪コレギウム・ムジクム
【その他】72年前に作られた市歌の弦楽合奏と混声4部合唱の新編曲での演奏もあり
【申し込み】2月4日(月曜日)から電話で魅力創造課 【電話】6858・3208。先着順。申し込み1件につき5人まで。申し込み時に当日聴きたい1曲をリクエスト
■子ども■未就学児向け
【日時】2月23日(土曜日)11時~12時、14時~15時
【内容】クラシックやディズニーの映画音楽やリクエスト曲ほかの鑑賞、リズム遊びほか
【対象・定員】未就学児と保護者、各120人
小学生向け
【日時】2月24日(日曜日)14時~15時30分
【内容】バッハ作曲「バイオリン協奏曲第1番」やリクエスト曲ほかの鑑賞、ハーモニー体感ほか
【対象・定員】小学生と保護者、190人

日本センチュリー交響楽団
豊中市民デー演奏会に招待
【日時】3月7日(木曜日)19時~21時
【場所】ザ・シンフォニーホール(大阪市北区)
【内容】同楽団の定期演奏会。ストラビンスキー作曲「バレエ組曲 火の鳥」ほか
【対象・定員】小学生以上、100人
【申し込み】往復はがきに、住所(在勤・在学の人は勤務先・学校の名称と所在地も)と名前(返信用も)、参加人数(1枚2人まで)、催し名、電話番号を書き、〒561–8501「豊中市役所文化芸術課」 【電話】6858・2717。2月14日(木曜日)必着。抽選あり

DAIONミュージカル
ガラスの戦士
【日時】3月9日(土曜日)13時~15時15分・17時30分~19時45分、3月10日(日曜日)12時~14時15分・16時30分~18時45分
【場所】大阪音楽大学ザ・カレッジ・オペラハウス(庄内西町)
【内容】事故で両親を亡くした主人公が病気の妹を救うため、時空を超えて「魂の水」を探す旅に出る物語
【出演・講師・指導】同大学短期大学部ミュージカル・コース生ほか
【対象・定員】小学生以上、各650人
【費用・参加費】一般2千円(当日2千500円)、高校生以下千円
【申し込み】大阪音楽大学コンサート・センター 【電話】6334・2242。先着順
【問い合わせ】同センター、文化芸術課 【電話】6858・2717

世界の楽器と音楽
箏(こと)アンサンブルの魅力
【日時】3月16日(土曜日)14時~15時30分
【場所】伝統芸能館(岡町北)
【出演・講師・指導】大阪音楽大学特任准教授・片岡リサさん
【対象・定員】80人
【申し込み】往復はがきに、住所と名前(返信用も)、参加人数、催し名、電話番号を書き、〒561–0884岡町北1–4–1伝統芸能館 【電話】6850・1313。2月28日(木曜日)必着。抽選あり。定員に満たない場合は3月1日(金曜日)10時から電話受付。先着順

市民ギャラリー
2月の展示
【場所】阪急豊中駅南側高架下1階
【日時】10時~19時(日曜日は17時まで、展覧会により最終日の終了時間が異なる場合あり)。月曜日休館
【問い合わせ】同ギャラリー 【電話】6846‒8621
催し名/日程
時代をこえて生きる音楽 
5日(火曜日)~17日(日曜日)
障がいのある人たちのアート作品展 
19日(火曜日)~24日(日曜日)
下村優介 切り絵展 
27日(水曜日)~3月10日(日曜日)

似顔絵の日本一決定戦が豊中にやってくる!
似顔絵ジャパングランプリ2019
プロの似顔絵作家が集まり、似顔絵日本一を決めるイベントを開催します。
似顔絵作品の制作の様子を見学したり、粘土でオリジナル作品を作ったり、さまざまな角度で似顔絵の魅力に触れてみませんか。
【日時】2月20日(水曜日)~24日(日曜日)
【場所】文化芸術センター(曽根東町)
見る 20日(水曜日)~24日(日曜日) 10時~20時
◆似顔絵ジャパングランプリ2019
【日時】【内容】〈20日(水曜日)・21日(木曜日)〉日本似顔絵アーティスト協会会員が競技作品を制作。一部エリアから制作風景の観覧可〈23日(土曜日)・24日(日曜日)〉制作者の投票により決定した受賞作品の展示(24日は16時まで)
◆似顔絵エキスポ
【内容】テーマ(ミュージシャン)・自由の2部門で同会員から事前募集した作品の展示(22日(金曜日)は11時から、24日は16時まで)
知る 21日(木曜日)
◆講演会
【日時】【内容】〈13時~14時〉イラストレーター・ちたまロケッツさんによる「ひょんなことで始まった似顔絵人生 よしもと入社・独立・現在まで」〈14時30分~15時30分〉美術手帖編集者・田尾圭一郎さんほかによる「似顔絵が地域を元気にする 観光客と地元をつなぐ魅力づくりへ」
【対象・定員】各202人
【申し込み】当日会場。先着順
作る 23日(土曜日)・24日(日曜日)
◆ワークショップ ねんどで大好きな人をつくろう
【日時】10時~12時
【対象・定員】各日20人(保護者同伴可)
【費用・参加費】1人500円
【申し込み】はがきに、「似顔絵ワークショップ希望」、郵便番号、住所、名前(1枚2人まで)、電話番号、参加希望日を書き、「〒561‒8501豊中市役所文化芸術課 似顔絵ワークショップ担当」。市HPからも申し込み可。2月8日(金曜日)消印有効。抽選あり。当選者のみ結果を通知
◆似顔絵を描いてもらえる 席描きコーナー
【日時】11時~16時
【内容】各日100人
【費用・参加費】1人500円
【申し込み】当日11時から会場で整理券を配布。先着順

【問い合わせ】文化芸術課 【電話】6858‒2864

原田しろあと館
2月の公開と催し
【場所】同館(曽根西町)
【日時】【内容】【費用・参加費】下表参照。各開催日の12時~15時30分に現地公開を実施
【その他】駐車場はありません
【問い合わせ】とよなか・歴史と文化の会(同館内) 電話 6841‒3725(土曜・日曜日12時~16時)
催し名・日時/内容ほか
縁側サロン 2日(土曜日)・10日(日曜日)・23日(土曜日)13時30分~15時
【内容】自由な語らいの場
子ども広場 3日(日曜日)13時30分~15時
【内容】こま回し・けん玉・皿回しなどの昔遊び、バルーンアートクラブ七彩によるバルーンアート
古文書講座 9日(土曜日)13時30分~15時
【内容】元新修豊中市史編さん担当職員・清水喜美子さんによる「近世史料を読む」
【対象・定員】25人
【費用・参加費】200円
【申し込み】当日会場。先着順
郷土史講座 16日(土曜日)10時~12時
【内容】大阪電気通信大学名誉教授・小田康徳さんによる「川と紡いだ北摂の歴史 猪名川から見た人とくらし」
【対象・定員】30人
【費用・参加費】200円
【申し込み】当日会場。先着順
おもちゃ作り 17日(日曜日)13時30分~15時
【内容】SA19・どんぐりによる牛乳パックのレーシングカー、ヘリコプターほか
蓄音機コンサート 24日(日曜日)13時30分~15時
【内容】大阪市史料調査会調査員・古川武志さん解説による「蓄音機で聴く懐かしの昭和歌謡史」
【対象・定員】30人
【費用・参加費】500円
【申し込み】当日会場。先着順

庄内少年文化館
〒561‒0834庄内栄町5‒4‒14
【電話】6336・6371
【FAX】6336・6375
申し込みは、往復はがきに、催し名、参加者の名前(フリガナ)、学校名と学年、郵便番号、住所、電話番号を書き、〒563–0024池田市鉢塚3–4–13北摂こども文化協会 【電話】072・761・9245(水曜~日曜日9時~17時)。ファクス可(返信先ファクス番号も記入)【FAX】072・761・9244

わくわく講座 お菓子作り
【日時】2月24日(日曜日)13時30分~15時30分
【場所】同館
【内容】クレープ、ひな祭りクッキー、ココアでラテアート
【対象・定員】小学4年~中学生、14人
【費用・参加費】300円
【申し込み】同協会。2月10日(日曜日)必着。抽選あり。結果は通知

小・中学生囲碁大会と
楽しい囲碁入門教室
【日時】3月10日(日曜日)13時30分~16時30分
【場所】同館
【内容】①棋力レベル別対戦、3位以上に賞状進呈②関西棋院所属棋士による初心者向け講座
【対象・定員】①小・中学生、64人②小学生以上、16人
【申し込み】同協会。2月27日(水曜日)必着。抽選あり。結果は通知

文化芸術センター
〒561‒0802曽根東町3‒7‒2
【電話】6864・5000
【FAX】6863・0191

とよキネマ メッセージ
【日時】2月8日(金曜日)11時~、14時30分~、19時~
【場所】同センター
【内容】SFヒューマンドラマ映画の上映
【対象・定員】各150人
【費用・参加費】千円ほか
【申し込み】同センター、ローソンチケットほか。先着順

ロビーコンサート
【日時】2月13日(水曜日)19時30分~20時15分
【場所】同センター
【内容】大阪音楽大学講師・長江浩子さんほかによる三味線の演奏ほか
【対象・定員】40人
【申し込み】当日会場。先着順

TRANCE MUSIC
FESTIVAL
【日時】3月①1日(金曜日)19時~②2日(土曜日)14時~ ③2日(土曜日)17時~
【場所】同センター
【内容】トランスをテーマにしたコンサート。①クラブミュージック②現代音楽とダンス③ガムラン
【対象・定員】①③各150人②202人
【費用・参加費】千800円ほか
【申し込み】同センターほか。先着順

コトノハものがたりの世界
【日時】3月3日(日曜日)①13時~②17時30分~
【場所】同センター
【内容】毎日放送アナウンサーによる朗読。①親子向け②大人向け
【対象・定員】各千344人
【費用・参加費】千800円ほか
【申し込み】同センター、ローソンチケットほか。先着順

舞台技術ワークショップ
【日時】3月21日(祝日)10時~17時
【場所】同センター
【内容】照明・音響・舞台機構など、舞台技術を学ぶ
【対象・定員】小学5年生以上、20人。小学生は保護者同伴
【申し込み】同センター。先着順

市川海老蔵 古典への誘い
【日時】4月13日(土曜日)13時~、16時30分~
【場所】同センター
【内容】歌舞伎十八番より「嫐(うわなり)」ほか
【対象・定員】各千344人
【費用・参加費】1万千円ほか
【申し込み】同センター、ローソンチケットほか。先着順

アシュケナージ
ピアノデュオ
【日時】5月19日(日曜日)15時~
【場所】同センター
【内容】アシュケナージ親子による2台のピアノコンサート
【出演・講師・指導】ピアニスト・ウラジーミル・アシュケナージさんほか
【対象・定員】千344人
【費用・参加費】8千500円ほか
【申し込み】2月16日(土曜日)から同センター、ローソンチケットほか。先着順

青年の家いぶき
〒561‒0858服部西町4‒13‒1
【電話】6866・3030
【FAX】6866・2798

高校生ダンスフェスタ
【日時】2月10日(日曜日)14時~16時
【場所】豊島体育館(服部西町)
【内容】高校生グループと出演経験者によるダンス
【対象・定員】千人
【申し込み】当日会場。先着順

プラネタリウム寄席
【日時】2月17日(日曜日)13時30分~16時
【場所】いぶき
【内容】関西の大学落語会有志による落語5題(プラネタリウムの投映はなし)
【対象・定員】50人
【申し込み】当日会場。先着順

サイエンスラボ いぶき
高校生と科学を楽しく体験しよう
【日時】3月3日(日曜日)12時45分~16時
【場所】いぶき
【内容】高校生による科学ショーや実験、隕石(いんせき)・宇宙食の展示ほか
【対象・定員】小・中学生、150人。小学3年生以下は保護者同伴
【申し込み】当日会場。先着順

千里文化センター「コラボ」
〒560‒0082新千里東町1‒2‒2
【電話】6831・4133
【FAX】6832・4190

コラボ談話室
【日時】2月9日(土曜日)10時~12時
【場所】コラボ
【内容】「外国人来阪者ってどんな人たちなの」をテーマに、市在住の犬塚俊夫さんの話題提供で語り合う

千里コラボ大学校
【日時】2月9日(土曜日)14時~16時15分
【場所】コラボ
【内容】永楽荘桜自治会長・藤井加代子さんによる「住まいのまちなみ賞を受賞した自治会とは」
【対象・定員】70人
【申し込み】2月8日(金曜日)まで来館・電話受付。先着順
【保育あり】2月6日(水曜日)までに申し込み

アンサンブル・サビーナ
コンサート
【日時】2月11日(祝日)11時~12時
【場所】コラボ
【内容】クラシックや世界の民謡などの解説と管弦楽の合奏

ブックトーク・トーク
この本読んだ会
【日時】2月16日(土曜日)14時~16時
【場所】コラボ
【内容】推理・冒険・ミステリー小説について語り合う
【対象・定員】20人
【申し込み】2月14日(木曜日)17時まで来館・電話受付。先着順

コラボ寄席
猪口才女かるてっと
【日時】2月17日(日曜日)14時~16時
【場所】コラボ
【内容】女性社会人落語家集団・なでしこ連合との合同企画。市在住の社会人落語家・都亭エリザベートさんほかによる落語5題とウクレレ歌謡ショー
【対象・定員】100人
【申し込み】当日会場。先着順

多文化カフェ
【日時】2月19日(火曜日)10時~11時30分
【場所】コラボ
【内容】モンゴル出身のスレンさんによる、自国の紹介と文化や生活の話

心理学を使おう 楽しもう
【日時】2月19日(火曜日)14時~16時
【場所】コラボ
【内容】「相手を動かす心理学」をテーマに、心理セラピスト・八木満夫さんから学ぶ
【対象・定員】70人
【申し込み】2月12日(火曜日)10時から電話受付。先着順

おとなの転勤族カフェ
【日時】2月21日(木曜日)10時30分~12時
【場所】コラボ
【内容】転勤族ならではの悩みを語り合い、地域の情報を共有

ボランティア応援コーナー
【日時】2月26日(火曜日)14時~16時
【場所】コラボ
【内容】同センター市民実行委員が個別相談や活動先を紹介
【その他】活動相談など、随時コラボで受け付け

千里文化センターフォーラム
街を楽しむ千里大編集会議
【日時】3月3日(日曜日)14時~16時
【場所】コラボ
【内容】地域情報誌「南部再生」・「月刊島民」・「ママトリエ」の各制作者から、地域情報誌の可能性や楽しさとまちづくり効果を聞く
【対象・定員】150人
【申し込み】当日会場。先着順
【保育あり】2月25日(月曜日)までに申し込み

(公民館)

中央公民館
〒561‒0802曽根東町3‒7‒3
【電話】6866・0555
【FAX】6863・4427

お茶席
【日時】2月10日(日曜日)9時~15時
【場所】同館
【出演・講師・指導】豊中茶華道連盟茶道部
【費用・参加費】600円

バリアフリーの社会を
つくるために
【日時】2月19日(火曜日)19時~20時30分
【場所】同館
【内容】障害者の共同生活介護や障害者と共に行う人形芝居などに取り組む講師の体験から、共に生きる社会について考える
【出演・講師・指導】糸をかし・西口敏江さん
【対象・定員】30人
【申し込み】2月5日(火曜日)14時から電話受付。先着順

意欲 能力 幸福
働くことの研究
【日時】3月9日(土曜日)14時~15時30分
【場所】同館
【内容】日本人の働き方を最近の経済学研究を題材に参加者と共に考える
【出演・講師・指導】大阪大学全学教育推進機構講師・柿澤寿信さん
【対象・定員】高校生以上、30人
【申し込み】2月25日(月曜日)14時から電話受付。先着順

サイエンスカフェ@待兼山
対話型調停の核心
【日時】3月16日(土曜日)14時~15時30分
【場所】大阪大学総合学術博物館(待兼山町)
【内容】小さなトラブルを自分で解決していく方法を考える
【出演・講師・指導】大阪大学教授・仁木恒夫さん
【対象・定員】高校生以上、30人
【申し込み】往復はがきに、講座名、住所と名前(返信用も)、年齢、電話番号を書き、〒560–0043待兼山町1–13大阪大学総合学術博物館。同博物館ホームページからも申し込み可。2月16日(土曜日)必着。抽選あり

蛍池公民館
〒560‒0033蛍池中町3‒2‒1‒501
【電話】6843・5561
【FAX】6841・5094

ほたる寄席
【日時】2月9日(土曜日)13時~16時
【場所】同館
【内容】大阪大学落語研究部による落語
【対象・定員】60人
【申し込み】当日会場。先着順

登録グループ体験講習会
【場所】同館
【申し込み】いずれも2月4日(月曜日)10時30分から電話受付。先着順
■子ども■親子でリトミック
【日時】2月13日(水曜日)①9時45分~10時15分②10時30分~11時15分
【出演・講師・指導】同会指導者・松村恵理さんほか
【対象・定員】保護者と①平成29年4月2日~平成30年4月1日生まれの子ども②平成27年4月2日~平成29年4月1日生まれの子ども、各10組
ミュージックベル カンパネラ
【日時】2月16日(土曜日)・3月16日(土曜日)15時~16時
【出演・講師・指導】同会指導者・武内英恵さん
【対象・定員】女性、各5人
アンニョンハセヨ(中級韓国語)
【日時】2月21日(木曜日)・28日(木曜日)10時~11時30分
【出演・講師・指導】同会指導者・イ・ジョンヒョンさん
【対象・定員】ハングルの読める人、各10人

大阪国際空港友好都市交流事業
沖永良部の食と文化
【日時】2月17日(日曜日)11時~14時
【場所】同館
【内容】沖永良部島の家庭料理作り、観光や地域コミュニティーの話
【出演・講師・指導】南国キッチン次郎代表・森君枝さんほか
【対象・定員】16人
【費用・参加費】700円
【申し込み】2月4日(月曜日)11時から電話受付。先着順

蛍池歴史講座とミニ散歩
麻田藩陣屋跡と古墳時代の遺構
【日時】2月23日(土曜日)13時30分~15時30分。集合・解散は同館
【内容】阪急蛍池駅周辺の発掘調査で出土した遺物や遺構などについて、市職員の話や写真・資料から学び、同陣屋跡を歩く
【対象・定員】20人
【申し込み】2月4日(月曜日)13時30分から電話受付。先着順

リハビリの先生による
はじめての健康体操
【日時】2月28日(木曜日)13時30分~15時30分
【場所】同館
【出演・講師・指導】理学療法士・片平達也さんほか
【対象・定員】55歳以上、35人
【申し込み】2月7日(木曜日)13時30分から電話受付。先着順

身近な人がアスペルガー
症候群かもしれないとき
【日時】3月2日(土曜日)13時~15時
【場所】同館
【内容】発達障害やアスペルガー症候群について知り、本人や周囲の人が注意するポイントを学ぶ
【出演・講師・指導】かささぎ心理相談室・久松睦典さん
【対象・定員】20人
【申し込み】2月15日(金曜日)13時から電話受付。先着順
【保育あり】2月22日(金曜日)までに申し込み

共に考えるハンセン病
長島愛生園交流見学会
【日時】3月7日(木曜日)9時~19時。集合・解散は同館(往復貸切バス)
【内容】同園(岡山県瀬戸内市)の見学と入所者との交流会
【対象・定員】20人
【申し込み】2月14日(木曜日)10時から電話受付。先着順

どうやって作るの
災害時のごはん
【日時】3月9日(土曜日)10時~13時
【場所】同館
【内容】缶詰などを使った、焼き鳥のホイル焼き、サンマの炊き込みご飯作りほか
【出演・講師・指導】大阪青山大学准教授・河中弥生子さんほか
【対象・定員】中学生以上、16人(小学生同伴可)
【費用・参加費】1人500円
【申し込み】2月15日(金曜日)10時から電話受付。先着順
【保育あり】3月1日(金曜日)までに申し込み

庄内公民館
〒561‒0828三和町3‒2‒1
【電話】6334・1251
【FAX】6336・9313

■子ども■子育て応援フェスタ
キッズランドしょうない
【日時】2月17日(日曜日)11時~14時
【場所】同館
【その他】2月12日(火曜日)~18日(月曜日)同館は、同イベント準備などのため、全室利用不可
体験ほか
【内容】警察官や消防士の制服を着て消防車などと記念撮影、大商学園高校吹奏楽部ほかによる音楽ステージ、子ども縁日、ビーズ小物作り、子どもバザー、地域の店舗による出店、フードドライブ(関連記事20ページ)ほか。一部コーナーは材料がなくなり次第終了
おやこで楽しむ手作り木工おもちゃ教室
坂道をトコトコ歩くロボットウオーカー
【日時】11時30分~12時10分、13時~13時40分
【出演・講師・指導】コタキクリエイティブワークス
【対象・定員】小学2年生以下の子どもと保護者、各10組
【費用・参加費】500円
【申し込み】往復はがき(子ども1人につき1枚)に、住所と名前(返信用も)、催し名と希望時間帯、子どもの名前と年齢、電話番号を記入し、同館。市ホームページからも申し込み可。2月8日(金曜日)必着。抽選あり
こどもと考える いのちの話
【日時】13時~14時
【内容】クイズなどを交えて妊娠・出産の仕組みを知り、命について学ぶ
【出演・講師・指導】大阪府助産師会豊中班
【対象・定員】5歳~小学2年生と保護者、15組(きょうだい参加なら0歳から可)
【申し込み】2月1日(金曜日)10時から電話受付。先着順
ボランティアスタッフ募集
【内容】同イベントの当日会場準備や案内など(10時~15時)
【対象・定員】高校生以上、10人
【その他】謝礼あり
【申し込み】2月15日(金曜日)まで電話受付。市ホームページからも申し込み可。先着順

庄内音楽のまち
アーリースプリングコンサート
【日時】2月24日(日曜日)14時~15時
【場所】同館
【内容】大阪音楽大学学生によるクラリネット四重奏
【対象・定員】40人
【申し込み】2月4日(月曜日)から電話受付。市ホームページからも申し込み可。先着順

こども和菓子教室
季節の和菓子を作ろう
【日時】3月9日(土曜日)13時~14時30分、15時~16時30分
【場所】同館
【出演・講師・指導】御菓子司富貴屋・山下順朗さん
【対象・定員】小学生、各16人。小学1年・2年生は保護者同伴
【費用・参加費】500円
【申し込み】往復はがき(1人1枚)に名前(小学1年・2年生は保護者も)と住所(返信用も)、催し名と希望時間帯、学年、電話番号を記入し、同館。市ホームページからも申し込み可。2月18日(月曜日)必着。抽選あり

産活・マタニティーヨガと
ミニ安産教室
【日時】【連続講座】3月14日(木曜日)・28日(木曜日)10時~12時
【場所】同館
【出演・講師・指導】ははこ助産院代表・岡本千加さん
【対象・定員】妊娠16週以降の妊娠経過の順調な妊婦、10人
【申し込み】2月21日(木曜日)10時から電話受付。先着順
【保育あり】3月6日(水曜日)までに申し込み

千里公民館
〒560‒0082新千里東町1‒2‒2
【電話】6833・8090
【FAX】6832・4190

府立豊中支援学校
美術作品展
【日時】2月16日(土曜日)~18日(月曜日)9時~21時(18日は16時まで)
【場所】千里文化センター「コラボ」(新千里東町)

楽しく始める
パソコンライフ
【日時】【連続講座】2月18日(月曜日)・25日(月曜日)13時30分~16時30分
【場所】同館
【内容】地域ITリーダーによる写真や動画の取り込みと加工・編集
【対象・定員】文字入力ができる人、18人
【費用・参加費】千円
【申し込み】2月7日(木曜日)10時から電話受付。受付日に定員を超えれば抽選

わくわく千里自然工房
体操人形を作ろう
【日時】2月23日(土曜日)10時~12時
【場所】同館
【出演・講師・指導】登録グループ・千里ネイチャークラブ
【対象・定員】40人。小学3年生以下は保護者同伴
【申し込み】当日会場。先着順

登録グループ体験講習会
鶴功の会
【日時】3月2日(土曜日)10時~11時30分
【場所】同館
【内容】呼吸法と五節動功の習得
【出演・講師・指導】同会指導者・辰井綾子さん
【対象・定員】18歳以上、5人
【申し込み】2月15日(金曜日)10時から来館・電話受付。先着順

(図書館)

資料点検中に予約資料の
貸し出しができます
【日時】2月①4日(月曜日)~8日(金曜日)10時~17時(8日は16時30分まで)②13日(水曜日)・14日(木曜日)10時~17時
【場所】①千里(新千里東町)②服部(服部本町)の各図書館
【内容】セルフ貸し出し機で予約資料の受け取り。職員の常在はなし
【問い合わせ】各図書館(①千里 【電話】6831・0225②服部 【電話】6862・0800)

■子ども■食育コラボ
みんなでは・は・は
【日時】2月5日(火曜日)14時〜15時
【場所】蛍池図書館(蛍池中町)
【内容】歯科衛生士の話と図書館職員によるお話し会
【対象・定員】0歳~3歳の子どもと保護者、20組
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】同館 【電話】6840・8000

山田洋次ライブラリー
講読会
【日時】2月15日(金曜日)14時~15時
【場所】岡町図書館(岡町北)
【内容】エピソードを交えて同ライブラリーに所蔵する資料を紹介。テーマは倍賞千恵子著「倍賞千恵子の現場」から「寅さんと渥美さんと私」
【出演・講師・指導】とよなか山田会元代表・能登宏之さん
【問い合わせ】同館 【電話】6843・4553

人の話をきちんと聴くための講座
【日時】2月17日(日曜日)14時~15時30分
【場所】千里図書館(新千里東町)
【内容】職場でのコミュニケーションに役立つ傾聴力を学ぶ
【出演・講師・指導】キャリアンローズ代表・吉田せい子さん
【対象・定員】30人
【申し込み】2月3日(日曜日)10時から電話で同館 【電話】6831・0225。先着順

大人のための図書館の
お仕事体験ツアーin庄内
【日時】2月22日(金曜日)11時~12時、14時~15時
【場所】庄内図書館(三和町)
【内容】情報検索や本を保護するフィルム貼りの体験
【対象・定員】各5人
【申し込み】2月8日(金曜日)10時から同館 【電話】6334・1261。先着順
【保育あり】2月19日(火曜日)までに申し込み

■子ども■おはなし大会
【日時】2月23日(土曜日)①11時~11時30分②14時~14時30分③15時~15時30分
【場所】野畑図書館(春日町)
【内容】①絵本の読み聞かせほか②③絵本の読み聞かせ(未就学児)とお話(小学生以上)
【対象・定員】①未就学児と保護者、45組②③未就学児各30人、小学生以上各30人
【問い合わせ】同館 【電話】6845・2400

デイジー図書新着案内
 視覚障害者のための資料です。
 「Windowsショートカットキー徹底活用技 Windows10/8.1/7対応版」リンクアップ著、「げんげ 新・酔いどれ小籐次10」佐伯泰英著、「コーヒーが冷めないうちに」川口俊和著、「きっと誰かが祈ってる」山田宗樹著、「AX」伊坂幸太郎著。

2月の巡回日程 動く図書館
住所などを確認できるもの(健康保険証など)を示して登録してください。市内各図書館の利用者カードを持っている人は、そのカードで借りられます。
駐車場所などの問い合わせは、岡町図書館 【電話】6843‒4553へ。
とき/駐車場所/駐車時間
13日(水曜日)上野東1(豊松園ハイツB棟前) 13:30~14:30
       東泉丘4(ジオ緑地公園3番館) 15:00~16:00
14日(木曜日)庄本町3(そんぽの家豊中庄本町横駐車場) 13:45~14:45
       大島町2(洲到止八幡宮) 15:15~16:00
15日(金曜日)西泉丘2(グランドールマンション) 13:30~14:30
       上新田4(桃山台グリーンマンション) 15:00~16:00
16日(土曜日)上新田4(朝日プラザ千里A棟前) 14:00~16:00
19日(火曜日)アルビス旭ヶ丘(6‒4号棟北側) 14:00~16:00
20日(水曜日)刀根山2(天理教会高香分教会) 13:30~14:30
       本町9(住友化学社宅4号棟前) 15:00~16:00
21日(木曜日)刀根山元町(ゴッツ下) 15:00~16:00
23日(土曜日)上野東2(堀田公園) 14:00~16:00
27日(水曜日)寺内2(日商岩井第1緑地公園マンション) 14:00~16:00
28日(木曜日)東寺内町(寺内南公園) 14:00~16:00

(産業)

中小企業チャレンジ支援事業
運営業務委託事業者募集
【内容】①ビジネスモデル構築支援業務②連携・経営基盤強化支援業務 ▼募集要項=2月1日(金曜日)から産業振興課 【電話】6858・2199で配布。市ホームページからも取り出し可 ▼説明会=2月8日(金曜日)①10時~②11時30分~市役所第一庁舎(【申し込み】前日12時までに同課)

北摂4市働き方セミナー
多様な働き方の実現のために
【日時】【場所】①2月15日(金曜日)15時~16時30分箕面市立中央生涯学習センター②2月19日(火曜日)15時~17時池田市立中央公民館③2月27日(水曜日)15時~17時くらしかん(北桜塚)④3月2日(土曜日)10時~12時吹田市文化会館メイシアター
【内容】①情報の輪サービス代表取締役・佐々木妙月さんによる「私が活躍できる仕事の見つけ方」②淀川労働基準監督署副署長・周防哲嗣さんによる「働き方改革関連法施行前に知っておきたいこと、しないといけないこと」③アヴニール労務事務所社会保険労務士・柿野元博さんによる「シニアの活躍が会社を救う」④オフィスhint link代表・槙本千里さんによる「はたらく人のタイムマネジメントセミナー」
【対象・定員】①②30人③40人④100人
【申し込み】くらしかんなど公共施設にある申込用紙で申し込み。市ホームページからも申し込み可。先着順
【問い合わせ】くらし支援課 【電話】6858・6863

好きと共感の
マーケティング研究会
【日時】2月20日(水曜日)19時~21時
【場所】とよなか起業・チャレンジセンター(蛍池中町)
【内容】スマートフォンアプリ開発などを行うインプレイトソフト代表・長安裕司さんが、パソコンでのゲーム制作の流れや裏側を紹介
【対象・定員】市内の事業者や市内で起業を考えている人、15人
【申し込み】電話で同センター 【電話】6840・1955。先着順
(関連記事4ページ)

とよなか おしごと部
【日時】①2月21日(木曜日)②3月7日(木曜日)。19時~21時
【場所】①大阪国際空港ターミナルビル(蛍池西町)②文化芸術センター(曽根東町)
【内容】①世界各地の空港を訪ねた「最高の空港の歩き方」の著者と共に空港を生かしたビジネスの可能性を考える②同部の今年度の内容を振り返り、新たなビジネスの可能性や展開、今後の活動を考える
【出演・講師・指導】①日本政策投資銀行・齊藤成人さん
【対象・定員】市内の事業者や市内で起業を考えている人、各20人
【申し込み】産業振興課 【電話】6858・2188。市ホームページからも申し込み可。先着順(関連記事5ページ)

中小企業チャレンジ事業
補助金説明会
【日時】①2月26日(火曜日)②3月4日(月曜日) ・8日(金曜日)③3月14日(木曜日)。いずれも15時30分~17時、19時~20時30分
【場所】①千里文化センター(新千里東町)②とよなか起業・チャレンジセンター(蛍池中町)③庄内公民館(三和町)
【内容】商品や技術開発、店舗展開などの新規事業に取り組む市内の事業者や事業者で構成される団体・グループなどを対象に補助する制度の説明会
【申し込み】各開催日の前日12時までに産業振興課 【電話】6858・2188。ファクス可(希望日時、事業所名、所在地、業種、参加者の名前、電話・ファクス番号を記入)
【FAX】4865・2058。市ホームページからも申し込み可
(関連記事4ページ)

お知らせ「スポーツ」(34ページから36ページまで)

スポーツ

平野早矢香の卓球教室
【日時】2月16日(土曜日)①10時15分~12時②12時40分~14時15分
【場所】豊島体育館(服部西町)
【内容】ロンドンオリンピック卓球女子団体銀メダリストによる卓球教室
【対象・定員】①15歳以上(中学生は除く)②小・中学生、各70人
【費用・参加費】500円
【申し込み】2月6日(水曜日)①10時②16時に来館受付。いずれも同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】スポーツ振興事業団 【電話】6865・6865
写真キャプション:メダリスト・平野早矢香さんから直接指導を受けてみませんか

マリンフード豊中スイミングスタジアム臨時開館
【内容】2月11日(祝日)9時~17時(入館は16時まで)
【場所】【問い合わせ】同スタジアム(服部西町) 【電話】6865・3507

バスケットボールフェスタ
【日時】2月23日(土曜日)10時~12時
【場所】豊島体育館(服部西町)
【内容】大学生によるバスケットボールの技術指導
【対象・定員】小学1年~6年生
【持ち物】運動のできる服、体育館シューズ、水筒
【申し込み】当日開始30分前から来館受付
【問い合わせ】スポーツ振興課 【電話】6858・2751

旧庄内温水プール
代替水泳教室の参加者募集
【日時】【連続講座】4月~9月(各コース24回)
【場所】履正スイミングクラブ曽根(曽根南町)、同スイミングクラブ十三(大阪市淀川区)
【対象・定員】名神高速道路以南に在住・在勤の人、若干名
【費用・参加費】1万2千960円~1万9千200円
【その他】詳しくはスポーツ振興課 【電話】6858・3309などにある募集要項か市ホームページを参照
【申し込み】はがきで、〒561–8501「豊中市役所スポーツ振興課」。2月12日(火曜日)消印有効。抽選あり。結果は通知

短期スポーツ教室
■子ども■ボールでトライ
【日時】【連続講座】2月13日~3月13日の水曜日(5回)16時~17時
【場所】豊泉家千里体育館(新千里東町)
【内容】ボールに慣れる、投げる、受ける運動
【対象・定員】平成24年4月2日~平成26年4月1日生まれの子ども、25人
【費用・参加費】2千500円
【申し込み】2月6日(水曜日)16時15分に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】同館 【電話】6871・2233
■子ども■こづれでヨガ
【日時】【連続講座】2月14日~3月14日の木曜日(2月28日を除く4回)10時~11時
【場所】豊泉家千里体育館
【対象・定員】平成28年4月2日以降生まれの子どもと保護者、17組
【費用・参加費】2千円
【申し込み】2月7日(木曜日)10時30分に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】同館 【電話】6871・2233
骨盤ヨガ
【日時】【連続講座】2月14日~3月14日の木曜日(2月28日を除く4回)11時15分~12時15分
【場所】豊泉家千里体育館
【内容】骨盤を正しい位置に整える動き
【対象・定員】15歳以上(生徒・学生は除く)、25人
【費用・参加費】2千円
【申し込み】2月7日(木曜日)11時30分に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】同館 【電話】6871・2233
大人バランス教室
【日時】【連続講座】2月15日~3月8日の金曜日(4回)10時~11時
【場所】武道館ひびき(服部西町)
【内容】体幹など全身をバランスよくトレーニング
【対象・定員】15歳以上(生徒・学生は除く)、20人
【費用・参加費】2千円
【申し込み】2月8日(金曜日)10時に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】同館 【電話】6864・2288
■子ども■トランポリン(A・B・C)
【日時】【連続講座】2月15日~3月15日の金曜日(5回)①〈A〉15時40分~16時40分②〈B〉16時50分~17時50分③〈C〉18時~19時
【場所】豊泉家千里体育館
【対象・定員】①平成24年4月2日~平成26年4月1日生まれの子ども、26人②小学1年・2年生、26人③小学3年~6年生、28人
【費用・参加費】各2千500円
【申し込み】2月8日(金曜日)①16時②17時③18時に来館。いずれも同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】同館 【電話】6871・2233
■子ども■障害児チャレンジスポーツ
【日時】2月16日(土曜日)①9時50分~10時50分②11時~12時
【場所】庄内体育館(野田町)
【内容】トランポリン、マット、平均台ほか
【対象・定員】身体障害・知的障害・精神障害(手帳などの証明書が必要)のいずれかに該当する①小学4年~中学生②3歳~小学3年生。いずれも保護者同伴
【費用・参加費】子ども1人200円
【持ち物】運動のできる服、上靴、水筒
【申し込み】当日30分前から来館受付
【問い合わせ】スポーツ振興事業団 【電話】6864・3325
■子ども■きっずフィット
【日時】【連続講座】2月18日~3月18日の月曜日(5回)①15時~16時②16時10分~17時10分
【場所】豊泉家千里体育館
【内容】畳の上ではだしで跳んだり転がったり、ボールを投げる運動
【対象・定員】①平成26年4月2日~平成27年4月1日生まれの子ども②平成24年4月2日~平成26年4月1日生まれの子ども、各25人
【費用・参加費】各2千500円
【申し込み】2月4日(月曜日)①16時15分②17時25分に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】同館 【電話】6871・2233
■子ども■ひよこっこ体操
【日時】【連続講座】①2月19日~3月12日の火曜日(4回)9時30分~10時30分、10時45分~11時45分②2月22日~3月15日の金曜日(4回)9時30分~10時30分、10時45分~11時45分
【場所】①豊泉家千里②柴原(柴原町)の各体育館
【内容】親と子の触れ合い体操ほか
【対象・定員】平成28年4月2日~平成29年4月1日生まれの子どもと保護者、各25組
【費用・参加費】各2千円
【申し込み】2月①12日(火曜日)10時30分に豊泉家千里②15日(金曜日)12時15分に柴原の各体育館に来館。いずれも同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】各体育館(①豊泉家千里 【電話】6871・2233②柴原 【電話】6843・7877)
■子ども■すくすくきっずスポーツ
【日時】【連続講座】2月20日~3月13日の水曜日(4回)14時15分~15時15分
【場所】庄内体育館
【内容】走る、跳ぶ、転がるなどの運動の基本動作
【対象・定員】平成26年4月2日~平成27年4月1日生まれの子ども、20人
【費用・参加費】2千円
【申し込み】2月6日(水曜日)15時30分に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】同館 【電話】6331・7922
■子ども■こども体育
【日時】【連続講座】2月20日~3月13日の水曜日(4回)16時45分~17時45分
【場所】庄内体育館
【内容】跳び箱、マット運動、ボール運動ほか
【対象・定員】小学1年~3年生、20人
【申し込み】2月6日(水曜日)16時45分に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
【問い合わせ】同館 【電話】6331・7922
ニノ切ダンスフィット
【日時】【連続講座】3月1日~29日の金曜日(5回)19時~20時
【場所】ニノ切温水プール(東豊中町)
【内容】リズム運動などでストリートダンスを学ぶ
【対象・定員】15歳以上、8人
【費用・参加費】3千750円
【申し込み】2月22日(金曜日)に来館。先着順
【問い合わせ】同館 【電話】6848・8781
知的障害者ダンス
【日時】【連続講座】3月4日~25日の月曜日(4回)17時30分~18時30分
【場所】ニノ切温水プール
【内容】リズム運動などで基本動作を習得
【対象・定員】療育手帳のある15歳以上(中学生は除く)、20人
【費用・参加費】2千円
【申し込み】2月25日(月曜日)に来館。先着順
【問い合わせ】同館 【電話】6848・8781

スポーツ教室・大会・講習会ほか
【問い合わせ】表中に問い合わせ先がある場合は各問い合わせ先へ、ない場合はスポーツ振興事業団 【電話】6864‒3325
▶表中の「申込用紙」「募集案内」は、市役所、体育施設に置いています
▶万一の傷害事故に備えてスポーツ保険などに加入してください 
▶各施設・会場への車での来場はご遠慮ください

武道館ひびき(服部西町) 
弓道指導者講習会
【日時】2月24日(日曜日)9時45分~16時30分
【内容】全日本弓道連盟制定の射技・体配ほか
【対象・定員】弓道指導者をめざす人
【持ち物】弓道具一式、弓道教本、筆記用具
【申し込み】当日30分前に会場
日本拳法審判講習会
【日時】2月24日(日曜日)13時~17時
【内容】組手・競技のルール講習と実技
【対象・定員】市在住か在勤の人
【持ち物】運動のできる服、ホイッスル、筆記用具
【申し込み】当日30分前に会場

庄内体育館(野田町) 
フィットネスフェスタ
【日時】2月26日(火曜日)9時30分~11時
【内容】ダンスインストラクター・MAYUKAさんによる「やってみよう 初めてのジャズダンス」
【対象・定員】市在住か在勤の15歳以上(中学生は除く)の人。未経験者可
【費用・参加費】500円。市フィットネス協会加盟者は無料
【持ち物】運動のできる服、上靴、タオル、水筒
【申し込み】当日30分前に会場
春季女性バドミントン大会(ダブルス)
【日時】3月12日(火曜日)9時~
【対象・定員】市女性バドミントン協会加盟者。新規加盟可 ▶種別=上級、中級、初級。ペアで申し込み
【費用・参加費】〈参加費(1人)〉600円〈加盟金(1人)〉400円。当日納入
【申し込み】はがきに、大会名、種別、2人の住所・名前・所属・電話番号を書き、〒561‒0815豊南町南6‒1‒8豊中市女性バドミントン協会・峯㟢智惠子。2月25日(月曜日)必着

市民ハイキング月例会
【日時】2月17日(日曜日)7時30分阪急庄内駅梅田行ホーム集合~15時30分ごろ金剛山登山口解散。雨天中止(集合場所で判断) ▶行き先=金剛山一般向けコース(千早赤阪村ほか)
【対象・定員】市在住か在勤・在学の人
【費用・参加費】実費(交通費)
【持ち物】弁当、水筒、雨具、軽アイゼン、健康保険証ほか
【問い合わせ】豊中市民ハイキングの会・田中電話6862‒8738
野球審判講習会
【日時】3月3日(日曜日)9時~13時
【場所】豊中ローズ球場(曽根南町)。雨天の場合は同球場の会議室で講義
【内容】審判の基本的な動きとルール解説ほか
【対象・定員】市在住か在勤の人
【持ち物】運動のできる服、筆記用具
【申し込み】当日30分前に会場

お知らせ「募集」(37ページ)

募集

住宅入居者募集
下記住宅の申込用紙・案内書の配布場所は、市営住宅 募集・管理センター(市役所第二庁舎)、庄内(庄内幸町)・新千里(新千里東町)の各出張所。時間は、各配布期間中の月曜~金曜日(祝・休日を除く)9時~17時15分
【その他】所得制限あり
府営住宅 
▶配布期間=2月1日(金曜日)~15日(金曜日) 
▶応募要件=府在住・在勤の人。詳細は募集案内書を参照
【申し込み】2月15日(金曜日)(消印有効)までに大阪府営住宅入居申込担当窓口へ申込用紙を郵送。府HPからも申し込み可
【問い合わせ】府住宅供給公社・大阪ガスセキュリティサービス共同体千里管理センター【電話】6833‒6942

職員募集
【対象・定員】記載のないものは昭和29年4月2日以降に生まれた人。ただし、臨時については年齢の上限なし
▶募集案内=各担当課などで配布。市ホームページからも取り出し可
【申し込み】募集案内を参照。記載のないものは随時受け付け
職種/採用予定数/内容 ※国籍は問いません
非常勤 
保育教諭 20人
【対象・定員】保育士資格か幼稚園教諭免許がある人
技能員(調理・用務) 10人
【対象・定員】要件なし
看護師もしくは准看護師 1人
【対象・定員】看護師免許か准看護師免許がある人
【申し込み】2月6日(水曜日)(消印有効)までにこども事業課【電話】6858‒2808へ郵送。市ホームページからも申し込み可。募集案内は同課で配布。市ホームページからも取り出し可

放課後こどもクラブ指導員 20人
【対象・定員】要件なし
【申し込み】2月6日(水曜日)(消印有効)までにこども事業課【電話】6858‒2578へ郵送。市ホームページからも申し込み可。募集案内は同課で配布。市ホームページからも取り出し可

臨時
市臨時職員〈登録〉 ─ 
▶登録方法=人事課で配布する申込用紙に証明写真(縦4㎝×横3㎝)を添えて同
課へ持参。郵送の場合は82円切手を貼った返信用封筒(定形)を同封。登録有効期間は登録日から1年間
【問い合わせ】同課【電話】6858‒2019

介護認定調査員 3人
【対象・定員】介護支援専門員資格がある人
【問い合わせ】高齢者支援課【電話】6858‒2833

自動車運転手 1人
【対象・定員】普通自動車免許があり、平成28年4月1日以降無事故・無違反の人
【問い合わせ】健康増進課【電話】6858‒2287

保健師 1人
【対象・定員】保健師免許がある人
【問い合わせ】健康増進課【電話】6858‒2801

保健師 1人
【対象・定員】保健師免許がある人
【問い合わせ】保健予防課【電話】6152‒7346

保育教諭 20人
短時間保育教諭 5人
【対象・定員】保育士資格か幼稚園教諭免許がある人
短時間技能職員(調理・用務) 5人
【対象・定員】要件なし
看護師 2人
【対象・定員】看護師免許がある人
【問い合わせ】こども事業課【電話】6858‒2808

放課後こどもクラブ指導員 5人
【対象・定員】要件なし
【問い合わせ】こども事業課【電話】6858‒2578

市立豊中病院
病棟補助員 5人
【対象・定員】要件なし
【問い合わせ】同病院【電話】6843‒0101

医療保健センター
看護師〈非常勤嘱託〉 1人
【対象・定員】看護師免許がある人 
▶申込書の配布・受け付け=同センター(上野坂)【電話】6848‒1661。同センターホームページからも取り出し可

お知らせ「相談の窓口」(38ページ、39ページ)

相談の窓口
祝・休日と年末年始は実施しません。
★の相談は、原則として事前に申し込みが必要です(先着順)。
各相談は表中の■を除き、2カ月に1回掲載。表に掲載以外の相談の窓口もあります。
総合コールセンター 【電話】6858‒5050へ問い合わせてください。
※電話番号をお確かめの上、お間違いのないよう、ご注意ください。

相談名/内容・対象・定員/場所/日時/問い合わせ・申込先
■弁護士相談 ★
【内容】相続・離婚・金銭貸借ほか
【対象・定員】①16人②8人 広聴係 ①水曜日・金曜日②木曜日。13時~17時
【申し込み】相談日の前日(祝日・休日の場合はその前の平日)9時から同係 【電話】6858‒2034

■交通事故相談 ★
【内容】弁護士による交通事故相談
【対象・定員】5人 公聴係 火曜日、13時~15時30分
【申し込み】相談日の前日(祝日・休日の場合はその前の平日)9時から同係 【電話】6858‒2034

■人権擁護委員による人権相談
【内容】人権に関する困りごと・心配ごと 広聴係 第1・3木曜日、13時~15時
【問い合わせ】人権政策課 【電話】6858‒2586

■障害者基幹相談支援センター
【内容】障害福祉に関する全般的な相談 同センター(島江町) 月曜日~金曜日、9時~17時15分
【問い合わせ】同センター 【電話】6862‒0095

■こども総合相談窓口
【内容】【対象・定員】18歳未満の子どもと家庭の相談 こども相談課(すこやかプラザ内・岡上の町) 24時間365日受け付け(電話のみ)。来所は月曜日~金曜日、9時~17時15分
【問い合わせ】同課 【電話】6852‒5172

■こども専用フリーダイヤル
【内容】【対象・定員】18歳未満の子ども本人を対象とした電話相談 電話相談のみ 24時間365日受け付け 
電話相談 【フリーダイヤル】0120‒307‒874

人権にかかわる相談
【内容】同和問題ほか人権問題全般 ①蛍池人権まちづくりセンター(蛍池北町)②広聴係 
①月曜日・水曜日・金曜日、9時~12時・13時~17時②第2・4木曜日、13時~15時
【問い合わせ】とよなか人権文化まちづくり協会 【電話】6841‒2315

子育て相談(各市立こども園)
【対象・定員】未就学児の保護者ほか 各市立こども園 月曜日~金曜日、10時~17時
【問い合わせ】こども事業課 【電話】6858‒2257

子育て相談(庄内駅前庁舎)
【対象・定員】乳幼児の保護者 ポピンズキッズルーム庄内(同庁舎内・庄内東町) 月曜日~金曜日、9時~16時
【問い合わせ】ポピンズキッズルーム庄内 【電話】6398‒9710

こども療育相談 ★
【内容】発達の気になる子どもに関する相談、支援計画相談 ①しいの実学園(桜の町)②あゆみ学園(桜の町) 
月曜日~金曜日、9時~17時
【申し込み】各学園(①しいの実 【電話】6866‒2340②あゆみ 【電話】6841‒1551)

児童虐待相談
【内容】児童虐待の相談や通告 こども相談課(すこやかプラザ内・岡上の町) 月曜日~金曜日、9時~17時15分
【問い合わせ】同課 【電話】6852‒8448

ひとり親家庭就労相談 ★
【対象・定員】ひとり親家庭、離婚前の人。各日4人 子育て給付課 月曜日~金曜日、10時30分~16時
【申し込み】同課 【電話】6858‒2767

教育相談
【内容】小・中学生のいじめ、非行ほか 青年の家いぶき(服部西町) 月曜日~金曜日、10時~17時
【問い合わせ】児童生徒課 【電話】6866‒0783

教育相談総合窓口
【内容】教育に関する悩みや問い合わせ
【対象・定員】3歳6カ月の子ども~中学生と保護者 電話相談のみ 月曜日~金曜日、9時~17時 
電話相談 【電話】6840‒8121

小・中学生の不登校による教育相談
【対象・定員】不登校の悩みを持つ小・中学生と保護者 ①庄内少年文化館(庄内栄町)②千里少年文化館(新千里西町) 
①火曜日~日曜日、9時~17時
②火曜日~金曜日、9時~17時
【問い合わせ】電話で各少年文化館(①庄内 【電話】6336‒6371②千里 【電話】6831‒5300)

くらし再建相談 ★
【内容】仕事をはじめとする生活全般の相談 くらし再建パーソナルサポートセンター(くらしかん内・北桜塚) 
月曜日~金曜日、9時~17時
【申し込み】くらし支援課 【電話】6858‒5075

多重債務者生活相談 ★
【内容】債務の整理方法や手続きほか くらしかん(北桜塚) 月曜日~金曜日、9時~12時・13時~16時
【申し込み】くらしかん 【電話】6858‒6656

消費生活相談
【内容】訪問販売や商品のトラブルほか 月曜日~金曜日、9時~17時
【問い合わせ】くらしかん 【電話】6858‒5070

被爆者相談
【内容】医療や日常生活の悩みほか 福祉会館(中桜塚) 第1・3金曜日、13時~15時
【問い合わせ】地域福祉課 【電話】6858‒2220

外国人(がいこくじん)のための多言語相談(たげんごそうだん)
【内容】夫婦関係(ふうふかんけい)、生活(せいかつ)、労働(ろうどう)、子(こ)ども、在留資格(ざいりゅうしかく)ほか。
10言語(げんご)で対応可(たいおうか) とよなか国際交流センター(こくさいこうりゅうせんたー)(玉井町(たまいちょう)) 金曜日(きんようび)、11時(じ)~16時(じ)
【問い合わせ】とよなか国際交流センター(こくさいこうりゅうせんたー) 【電話】6843‒4343

妊娠・出産・子育て相談窓口
【内容】妊産婦の体や出産、乳幼児の体のことほか 中部保健センター(すこやかプラザ内・岡上の町) 
月曜日~金曜日、9時30分~12時
【申し込み】健康増進課 【電話】6858‒2293

女性の生き方総合相談
【内容】離婚・家族関係など 電話相談のみ 
第1~4月曜日・木曜日、13時~20時。第1~4火曜日・金曜日、10時~17時。第1土曜日、10時~15時 
電話相談 【電話】6844‒9820

女性の生き方総合相談(カウンセリング)★
【内容】離婚・家族関係など すてっぷ(玉井町) 
第1~4月曜日・火曜日・木曜日、10時~17時。第1・3月曜日・火曜日、18時~20時。第1木曜日、18時~20時。第1~4土曜日、10時~12時
女性のためのしごと準備相談 ★
【内容】就職活動前の職歴の振り返りや状況整理など すてっぷ(玉井町) 第1・2月曜日、10時~12時。第3月曜日、18時~20時。第4月曜日、13時~16時
働く女性のちょこっと相談
【内容】産休・育休、パートで働くときの労働条件ほか すてっぷ(玉井町) 第1木曜日、18時~20時。第3土曜日、15時~17時
【申し込み】【問い合わせ】すてっぷ 【電話】6844‒9739 9時~12時・13時~17時・18時~20時。(土は17時まで。水・日は休み)

ガールズ相談
【内容】交際相手からの暴力、親との関係ほか
【対象・定員】10代~30代の女性 電話相談のみ 第1~4月曜日・木曜日、13時~20時 
電話相談 【電話】6844‒9820

男女共同参画苦情処理相談窓口
【内容】性別によるハラスメントなどの不当な扱いほか 同窓口(すてっぷ内・玉井町) 火曜日・土曜日、10時~16時
【問い合わせ】同窓口 【電話】6840‒8055

男性のための相談
【内容】パートナー・仕事・家族など 電話相談のみ 第2火曜日、18時~20時。第4土曜日、13時~17時 
電話相談 【電話】6844‒9111

税理士相談 ★
【内容】所得税、資産税など税務一般
【対象・定員】6人 広聴係 月曜日、13時~16時
司法書士相談 ★
【内容】登記・相続・債務ほか
【対象・定員】6人 広聴係 月曜日、13時~16時
行政書士相談 ★
【内容】契約書・遺言ほか
【対象・定員】6人 広聴係 第3木曜日、13時~16時
土地家屋調査士相談 ★
【内容】表示登記・測量・境界ほか
【対象・定員】6人 広聴係 第2木曜日、13時~16時
宅地建物取引士相談 ★
【内容】不動産の契約ほか
【対象・定員】6人 広聴係 第1火曜日、13時~16時
【申し込み】相談日の前日(祝・休日の場合はその前の平日)9時から同係 【電話】6858‒2034

民事調停手続き相談
【内容】金銭トラブルなどを話し合いで解決する手続きの相談
【対象・定員】4人 広聴係 第3月曜日、13時~15時
【問い合わせ】同係 【電話】6858‒2034

行政相談
【内容】国や市などの行政に関する苦情・意見・要望ほか 
①新千里出張所(新千里東町)②広聴係③庄内出張所(庄内幸町) ①第1火曜日②第2・3・4火曜日③第3火曜日。13時~15時
【問い合わせ】同係 【電話】6858‒2034

安否確認ホットライン
【内容】高齢者などの生活の異変に気付いた場合の連絡窓口 地域福祉課 月曜日~金曜日、8時45分~17時15分。
閉庁時は守衛室経由での対応
【問い合わせ】同課 【電話】6858‒3327

保護司による更生保護相談
【内容】非行や犯罪からの更生相談、更生保護活動の情報提供ほか 母子父子福祉センター(中桜塚) 月曜日~金曜日、10時~16時
【問い合わせ】豊中地区保護司会 【電話】6852‒5205

患者の声相談窓口
【内容】市内医療機関などでの医療に関する疑問や不安 保健所(中桜塚) 月曜日~金曜日、9時~16時
【問い合わせ】保健医療課 【電話】6152‒7312

こころの健康相談 ★
【内容】心の不調や精神疾患についての相談 保健所(中桜塚。電話相談可) 月曜日~金曜日、9時~17時15分
【申し込み】保健予防課 【電話】6152‒7315

心配ごと相談
【内容】日常生活に関する悩み 社会福祉協議会(すこやかプラザ内・岡上の町) 月曜日・木曜日、13時~15時30分
【問い合わせ】同協議会 【電話】6841‒9388

介護サービスの悩みごと相談
【内容】介護相談員による相談 社会福祉協議会(すこやかプラザ内・岡上の町) 金曜日、13時~15時30分
【問い合わせ】同協議会 【電話】6841‒9388

地域ITリーダーによる初心者向けパソコン相談
【内容】パソコン操作のほか、スマホ・タブレット・デジカメの相談も可
【対象・定員】②60歳以上の人 ①エキスタとよなか(阪急豊中駅舎内)②原田介護予防センター(原田元町)③千里公民館(新千里東町) 
①火曜日・木曜日・土曜日、13時30分~16時30分②第2・4金曜日、13時30分~16時30分③第1~4水曜日、13時~16時
【問い合わせ】情報政策課 【電話】6858‒2781

クロスワードパズル(40ページ)

クロスワードパズル
タテのカギ
① 雨や雪などが地上に落下する現象。
② グラムなど数値で表す基準となる量。
③ 芽が出ること。
④ トビが○○を生む。
⑥ 書物の中の語句の所在ページを示す一覧。
⑧ ○○○○に役立つ見守りカメラ。
⑨ 全体が一色で柄や模様がないこと。
⑪ 寄席の舞台。
⑫ 頭部を守る防具。
⑬ わずかに開いている所。  ○○○風。
⑭ 日没後に見える○○の明星。
⑯ 原田○○あと館(29ページ)。

ヨコのカギ
① 布団を掛けて暖をとる器具。
③ ○○○を祝う成人式。
⑤ 気持ちが一致する、あ○○の呼吸。
⑥ 絵画や写真、小説など芸術活動を行う人。
⑦ 墨一色の濃淡で描写する絵画。
⑩ ○○産。○○陣。
⑪ 現在使われている表現や慣習に関する昔からの言い伝え。
⑫ 全体の半分よりも多い数。
⑭ 余り。必要より多いこと。
⑮ 物事が起こりそうな気配。回復の○○○。
⑰ 毛○○。釣り○○。
⑱ ○○の耳に念仏。

□の5文字を並べ替えて言葉を作ってください。
今月号の中に出てくる言葉が答えです。

パズルの応募方法
市在住・在勤・在学の正解者の中から抽選で10人に図書カード(500円分)を差し上げます。
はがきに、パズルの解答、住所、名前、電話番号、今月号で印象に残った記事を3つ、好きな豊中の風景、広報誌のご感想などがあれば記入し、広報広聴課へ。市ホームページからも応募可。
締め切り/2月15日(金曜日)。消印有効

応募とお便りの宛先
〒561- 8501
豊中市役所 広報広聴課

前回の答
前回の正解は、「アナウンサー」。応募総数286通で284通が正解。正解者の中から抽選で10人に景品を送りました。

【今月の表紙】
青池(上野東)
 かつては農業用ため池でした。秋から冬にかけて、キンクロハジロ、ヒドリガモなどの渡り鳥が水面を漂います。
 春は同池沿いの桜並木が上野小学校の入学式を彩り、夏にはスイレンが咲くなど、四季折々の自然を感じることができます。

編集室から
◎ 特集は、企業への支援制度などを紹介。取材中、事業者の皆さんの操業への思いがひしひしと伝わってきました。 (今)
◎ 夢・きらめき豊中っ子で紹介した濱西さんにリラックス方法を尋ねると、「乃木坂46の曲を聴きます」と高校生らしい一面も。オリンピック出場を決めた時にはまた取材したいです。
  3月号では、産前産後ケアについて紹介します。 (広)
〈 平成31年(2019)1月号の訂正とお詫び〉
 裏表紙「まちのいいとこ教え隊」で「万葉集でも詠まれた待兼山」と記載していますが、正しくは「平安時代の和歌などに登場した待兼山」です。訂正してお詫びします。

誌面の中で下のマークが付いている写真にスマートフォンをかざすと、動画が流れます。
今月号は45・46ページにあります。動画を見るにはAR(拡張現実)アプリケーションのダウンロードと、豊中市チャンネルの登録が必要です。
詳しくはこちら→https://www.city.toyonaka.osaka.jp/joho/kouhou/AR.html

パソコンやスマホ、タブレットでも! 広報とよなか デジタルブック
◦スマホ、タブレットでも読める
◦文字サイズを調整できる
◦音声読み上げもできる
◦多言語で読める【日本語、英語、中国語(簡体・繁体)、韓国・朝鮮語、ポルトガル語、タイ語】
デジタルブックアプリ
Catalog Pocket
→https://www.catapoke.com/

人口と世帯数〈1月1日現在・推計〉( )は前月の増減
男▶188, 323人(-22人) 女▶210, 489人(-30人)  計▶398,812人(-52人) 世帯▶174, 951(-26)

とよなかタイムスリップ「新千里西町近隣センター」(41ページ)

とよなかタイムスリップ
第23回新千里西町近隣センター
 昭和43年(1968)に開設された商業施設である同センター内には、食料品や日用品、化粧品などを扱う総合市場・新千里西町マーケットのほか、個人商店や郵便局などがありました。買い物に来た人が楽しめるよう、同マーケットの屋上には花壇が設けられていました。
 平成12年(2000)に同マーケットはマンションになりましたが、同センターは、買い物や食事などができる場所として今も地域の皆さんに親しまれています。
写真キャップション:昭和43年の新千里西町近隣センター
          現在の新千里西町近隣センター

思い出コラム
 新千里西町近隣センターがオープンしてからは、家の近くでなんでも手に入り、とても便利になりました。店員さんも親切で、買い物に行くと椅子やお茶を出してくれることも。地域に暮らす人にとって、憩いの場でもありましたね。
 センター開設当時から続くお店では、今でも世間話に花を咲かせたり、困りごとや悩みを相談したりと、交流が変わらず続いています
名古谷明子さん(79歳、新千里西町)

新千里西町近隣センターについては、『新修豊中市史 第9巻・集落・都市』や『千里の道』(大阪府千里センター)などに記載されています。関連資料については各図書館に問い合わせてください。
ホームページの「北摂アーカイブス」では、市所蔵の写真だけでなく、市民の皆さんの提供写真も見ることができます。より充実した資料とするため、皆さんがお持ちの昔の写真も募集しています。
【問い合わせ】岡町図書館 【電話】6843-4553
北摂アーカイブス→http://e-library2.gprime.jp/lib_city_toyonaka/cms/

特集2ひゅうまん通信「同和問題の今・これから」(42ページ、43ページ)

特集2
ひゅうまん通信
若者と共に考える
同和問題の今・これから
 特定の地区出身であることやそこに住んでいることなどを理由に、結婚や就職など日常生活でさまざまな差別を受ける日本固有の人権問題である同和問題。
 今回は、平成30年(2018)6月から同和問題解決推進協議会(下参照)の市民公募委員を務める大学生の海貝翔太さんと同協議会会長の常磐会短期大学教授・卜田真一郎さんの対談を通して、差別解消に向けて一人一人ができることを考えます。
(人権政策課)
同和問題解決推進協議会とは
 同和問題の解決に向けた啓発や教育など、さまざまな課題について学識経験者や市民などの委員が調査・審議する会議です。平成30年3月に、市長へ提出した答申書では、特に10 ~20歳代の若い世代において、同和問題を学ぶ機会が減少している一方で、インターネットを通して差別的な情報に接する機会が増えていることから、教育・啓発の重要性が今日さらに増していると指摘しています。
同協議会 会長 卜田真一郎さん
同協議会 市民公募委員海貝翔太さん(20歳、中桜塚)

インターネットなどで根強く続く差別
卜田会長 同和問題解決推進協議会の市民公募委員の面接でお会いした時、海貝さんのような若い人の応募は初めてだったので驚きました。応募しようと思ったのはなぜですか。
海貝さん 大学の講義で同和問題について学んだことがきっかけです。学ぶうちに、差別を理不尽に感じる気持ちが強くなり、「放っておける問題ではない。自分も行動を起こしたい」と思っていたときに、市民公募委員の募集を知りました。
卜田会長 解決するために何か取り組みたいと思ったのですね。大学で勉強する前から同和問題のことは知っていましたか。
海貝さん 歴史の授業で学ぶことはありましたが、「過去の話で終わった問題」と思っていました。これまで意識することもありませんでしたので、今もなお差別が残っていることを大学で学び、驚きました。
卜田会長 私が教える学生にも、大学の講義で同和問題を初めて知った人は多いです。生活の中で同和問題の話題に接することが昔に比べて少なくなり、縁遠くなっているのだと感じています。
 一方で、スマートフォンの普及などにより、インターネットを通じて同和問題を初めて知ったという若い人もいます。しかし、インターネット上には匿名性を悪用した差別的な発言や誤った情報が多く存在し、知らず知らずのうちに差別的な意識が植え付けられてしまう人は多いです。正確な情報はどこで得られるのか、ということを日頃から意識していれば、インターネットを利用していても、誤った情報をうのみにすることはないでしょう。
相手を理解することで人権感覚が育つ
卜田会長 差別をなくしたいという思いを持って同和問題を勉強している海貝さんですが、人権感覚が育まれたきっかけはなんですか。
海貝さん 高校生のときに障害のある友人が、障害があっても自分のことは自分で行いたいとの思いを語ってくれたことがありました。互いを尊重することの大切さをあらためて感じるとともに、思いを話してくれたこともうれしく、自分にも協力できることはないかと障害について勉強しました。このことが、人権意識の高まったきっかけだったと思います。
卜田会長 私の専門は保育・幼児教育ですが、保育の現場でも、互いを理解することを通して子どもに人権を教えることがあります。外国籍の子どもが多く通う、ある保育園では、子どもたち全員でそれぞれの文化を体験する取り組みが行われています。
 幼少期に自国の文化を受け入れてもらった記憶があれば、自分のルーツに誇りを持つことができます。また、周りの子どもも友人のルーツに親しんだ記憶があれば、大人になった時に、違いを認め合える力になります。同和問題をはじめ、さまざまな人権問題解決のためには相互理解が必要です。
海貝さん 私たちの生活に密接な革製品や芸能などの文化が、かつては同和地区で支えられてきたこともあると大学で学び、より身近な存在に感じました。差別を受ける当事者だけが差別を取り除こうと頑張るのではなく、周囲の人がそれぞれの文化やルーツを知り、親しみを覚えることでも、差別の解消につながるのですね。
自分のことを話せる関係を周囲が築く
海貝さん 同和問題については、「寝た子を起こすな」と問題を直視せずに風化させる考え方がありますが、差別意識をなくすためには問題を直視して正しく理解する必要があるのではないかと思っています。
卜田会長 問題を正しく理解することはとても大切で、そのためには当事者の話を直接聞くことが重要だと学生に指導しています。資料だけに頼るのではなく、当事者と接する中で生まれる他者への共感にこそ正しい理解のヒントがあるからです。
海貝さん 一方で、同和地区として差別されている場所や、そこに関わる当事者がなかなか見えてこないのはなぜでしょうか。
卜田会長 周囲の人に自分の出自を明らかにすることを「立場宣言(カミングアウト)」といいますが、立場宣言をすることで差別されたり不愉快な思いをしたりするのではないかと不安に感じている当事者も多いのが現状です。
 ある当事者は、「この人になら言っても大丈夫」と信頼できる関係を築いたときに、初めて自分のことを打ち明けることができると語ってくれました。立場宣言が行われるためには、こうした信頼関係が周囲に築かれる必要があります。
海貝さん 立場宣言ができないことを当事者の問題にせず、立場宣言ができるような信頼関係を周囲の人たちから作っていくことが大事なのですね。
卜田会長 海貝さんのような若い人は多様性を認めることへの感性が豊かだと思いますので、さまざまな形で人と出会い、信頼関係を広げていくことで、差別のない、互いを認め合える社会に近づいていくと思います。
海貝さん 豊中にも部落差別の厳しい歴史があり、当事者の人も生活しています。誰もが自分のルーツに誇りを持ち、互いを認め合える社会を私たち若い世代から築いていきたいです。

イベント紹介
ひゅうまんプラザ「若者が語るイマドキの部落問題」
日時 2月25日(月曜日) 14時~16時
場所 中央公民館(曽根東町)
出演 教育コーディネーター・武田緑さん
定員 80人
申し込み 当日会場。先着順
保育 2月8日(金曜日)までに申し込み。1人につき200円

窓口紹介
同和問題をはじめとする人権問題について学びたいときは、豊中・蛍池の各人権まちづ
くりセンターへ
●豊中人権まちづくりセンター(岡町北) 【電話】6841-1313
●蛍池人権まちづくりセンター(蛍池北町) 【電話】6841-5326
【問い合わせ】人権政策課 【電話】6858-2586

夢・きらめき 豊中っ子「前へ  濱西諒さん(競歩)」(44ページ、45ページ)

夢・きらめき 豊中っ子
前へ 濱西諒
 最も過酷な陸上競技ともいわれる競歩。
 その競歩に魅了されているのは、履正社高校3年生の濱西諒さん(18歳、服部寿町)。中学生の時は、1500メートル走の選手で、本格的に競歩を始めたのは同校の陸上部に入部してから。「走るのとは全く異なる脚の運びで数十キロメートルも歩く選手のすごさをオリンピックや世界陸上のテレビ中継で見ていたので、もともと関心がありました。監督のすすめで、挑戦しようと決めました」。
 競歩を始めてから2カ月ほどは、それまで鍛えていなかった筋肉を使うため、ひざやすねに痛みが出ました。それでもほぼ毎日練習に取り組み、大阪府内の大会で優勝するなど徐々に頭角を現した濱西さん。5000 メートル競歩では、全国の高校2年生で当時のトップの20分22秒を記録しました。3年生になり、臨んだ8月の全国高等学校総合体育大会。優勝を期待されていたものの第10位の結果に。「大会直前からの体調不良を引きずったまま出場し、自分のペースに持ち込めませんでした」。同じ失敗は繰り返さない。そう決心した濱西さんは、体調管理から見直し、適正体重を維持するため食事の量を調整したほか、生活リズムを整えるため、早寝早起きを徹底。また、苦手とするスローペースのレース展開でも対応できるように、10キロメートル以上の距離を練習で歩くようにし、ペース配分をつかみました。
 そして、昨年10月に臨んだ福井県営陸上競技場で開催された第73回国民体育大会陸上競技少年男子共通5000メートル競歩。スタート直後から先頭に立った濱西さんは、ハイペースで後続を振り切り、優勝を勝ち取りました。「全国大会で初めて優勝できて、うれしかったです」。
 将来の夢を「オリンピックに出場して、優勝すること」と、力強く話してくれた濱西さん。大きな目標に向けて、歩み続けています。
取材こぼれ話
Q憧れの選手は?
A男子50キロメートルの日本記録を持つ野田明宏選手です。
Q競技中はどんなことを考えていますか?
A相手選手の表情を気にしています。表情から疲れ具合を判
断して、勝負を仕掛けるタイミングを探ります。
ゆめキラ豊中っ子
11ch J:COM豊中・池田
豊中市広報番組
2月の土曜・日曜日の9時、15時からの15分。市ホームページからもご覧になれます。
2月放送分では、水球を頑張る豊中水球クラブ(広報とよなか12月号に掲載)と、濱西諒さんを紹介します。
動画で見られます
https://www.youtube.com/user/kouhoutoyonaka/videos?disable_polymer=1
【奇数月は「リレーエッセー」、偶数月は「豊中っ子」を掲載します】

とよなか風物詩「メジロ」(45ページ)

とよなか風物詩

メジロ
【スズメ目メジロ科/留鳥】
 その鳴き声美しく、姿は愛らしく。
 黄緑色の体と目の周りの白い縁取りが特徴的です。
冬季の寒冷地を除き日本全国に分布。雑食ですが花の蜜が大好きで、ツバキやウメなどの花が咲き始めると、群れをなして集まります。何羽もの仲間が押し合うように枝に並んで止まる習性があり、その様子が「めじろ押し」の語源といわれています。

千里中央公園(新千里東町)、ふれあい緑地(服部西町)
などで見られます。

まちかどスケッチ「誓いを新たにした新成人をお祝い」ほか(46ページ、47ページ)

まちかどスケッチ

成人式を文化芸術センターで開催
誓いを新たにした新成人をお祝い
 1月14日に文化芸術センター(曽根東町)で成人式記念式典と記念行事を開催しました。今年、市内で成人を迎えたのは4, 063人。振り袖やスーツなどに身を包み、旧友との再会を喜びました。人生の門出を迎えた皆さんを、地域のボランティアや高校生の皆さんによるお茶席などさまざまな催しでお祝いしました。

新成人としての自覚を持ち、自分らしく歩んでいきたいです!
瀧田楓さん(20歳、蛍池南町)

当日の様子を見られます
https://www.youtube.com/user/kouhoutoyonaka/videos?disable_polymer=1

「夢をかなえる」映画つくった。
「愛と魂込めて」奏でた。
桜塚小学校・後藤陽向さんと箕面自由学園高校吹奏楽部に「豊中かがやき大賞」
 日本や世界規模の大会などで顕著な活躍をし、市民の皆さんに夢と明るい希望、感動を与えた個人または団体に贈る豊中かがやき大賞。第12回アジア国際子ども映画祭で、友人と共に制作した作品が法務大臣賞を受賞した桜塚小学校4年生の後藤陽向さんと、第31回全日本マーチングコンテストで見事金賞に輝いた箕面自由学園高校吹奏楽部の皆さんに、同賞を贈りました。

災害に強い街みんなの力で
消防出初式を開催
 大門公園(北桜塚)で1月6日、消防出初式が行われ約3, 800人が参加・来場しました。こども消防隊などの入場行進や、消防局職員と消防団員による土砂災害を想定した迫力ある訓練、一斉放水などが披露されたほか、学校給食センターによる炊き出しも行われました。

古き良きもの時を刻み続ける文化財
西山家住宅と庭園を一般公開
 12月15日、大正から昭和初期までの約30年をかけて建てられた国登録有形文化財・西山家住宅(岡町南)と、昭和を代表する作庭家・重森三玲により造られた国登録記念物・西山氏庭園を6年ぶりに一般公開。参加者は、庭園と建築が調和した見事な景観を楽しみました。

市公式のソーシャルメディアで市の魅力を発信中!
ぜひご覧ください。
フェイスブックページ
https://www.city.toyonaka.osaka.jp/joho/kouhou/facebook.html
広報ツイッター
https://www.city.toyonaka.osaka.jp/joho/kouhou/twitter.html

まちのいいとこ教え隊「第五中学校区」(裏表紙)

まちのいいとこ教え隊
第五中学校区23

高校野球発祥の地記念公園( 玉井町2・3丁目)
夏の全国高校野球大会の第1回・2回が、かつてこの町にあった豊中グラウンドで行われたことを伝えています。当時の門柱を再現したモニュメントや第1回大会の始球式のレリーフなどがあります。
小学生の時に校区探検の授業で来たよ

岡町図書館(岡町北3丁目)
蔵書数は約25万冊。1階に絵本や児童書が並ぶ「こども室」が、2階に名誉市民で映画監督・脚本家の山田洋次さんの作品DVD や関連資料があります。
小説や雑誌もいっぱい!

久保公園(玉井町3丁目)
久保池という農業用のため池を整備してできた公園です。季節ごとに色付く木々やゆったりと流れるせせらぎなどが地域の人に親しまれています。
学校の行事で清掃活動をしたよ

どんな校区?
 校区の中央を阪神高速道路が千里川と交差して通ります。西側には田畑や物流センターが、阪急宝塚線沿いには大正時代から開発が始まった街並みが広がります。
 11月には轟木公園(岡町北)で、地域教育協議会による「ふれ愛子どもカーニバル」を開催。地域の小学生や園児らのために、輪投げやスマートボールなどのブースが設けられ、親子でにぎわいます。

学校の特徴は?
 平成27年(2015)にテラスのある開放的な校舎に建て替わりました。2学期の終業式には、生徒が学校や地域の清掃を行う「クリーン作戦」に取り組みます。また、12月には人権フェスタ「ひまわり」を開催。生徒が、保護者や地域の皆さんへ人権学習の取り組みやボランティア体験などについて発表します。

広報とよなか2月号
平成31年(2019)2月1日発行
発行:豊中市 〒561-8501 豊中市中桜塚3-1-1
       (開庁時間:平日9時~17時15分)
編集:政策企画部 広報広聴課

市への問い合わせは、総合コールセンターへ
※おかけ間違いのないよう、ご注意ください
専用電話:6858-5050 月曜~金曜日は8時~21時
土曜・日曜日、祝・休日、年末年始は9時~17時
専用 FAX:6858-8686 24時間受信
市役所へはバスか電車で 市役所の駐車場は有料です。駐車台数に限りがあるため、駐車待ちの時間が長くかかることがあります。

お問合せ

都市経営部 広報戦略課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎3階
電話:06-6858-2028
ファクス:06-6842-2810

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで