このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

平成31年(2019)3月号「広報とよなか」テキスト版

ページ番号:510030249

更新日:2019年3月25日

このページでは市民の皆さまにお届けしている「広報とよなか」のテキストを掲載しています。

表紙「千里文化センター『コラボ』とせんちゅうパルのパルやま」

くらし、もっと豊かに
広報とよなか

3 March Vol.827
平成31年(2019)


特集1 2~7ページ
みんなで支える産前産後


特集2 42・43ページ
福祉なんでも相談窓口をご利用ください


リレーエッセー 44・45 ページ
プロインラインスケーター 安床 武士さん

目次
8豊中のいま
93月のお知らせ
38相談の窓口
40クロスワードパズル
41とよなかタイムスリップ
45風物詩
46まちかどスケッチ

千里文化センター「コラボ」とせんちゅうパルのパルやま(40ページ参照)

特集1「みんなで支える産前産後」(2ページから7ページまで)

特集1
ひとりじゃないよ
みんなで支える産前産後
 妊娠。新しい命を授かったことを喜び、生まれてくる子どもとの生活に期待を膨らませる一方で、女性は生活環境やホルモンの変化などから心に不調が出やすくなります。
 市は、妊娠・出産・子育てに関する質問や相談に保健師や助産師など専門の職員が応じるなど、産前産後をサポート。各部局が連携しながら、妊娠・出産・子育てを切れめなく応援しています。
(健康増進課)

10人中約3人が産前産後うつに
 妊娠中や出産後の女性は、10人に約3人の割合で、うつ病を発症しています。特に、産後はホルモンの増減や育児に伴う不規則な生活リズムなどが原因で起きやすいとされています。パートナーや家族の、妊娠や出産後の育児への理解や支援がない状態が続くと、育児の不安を一人で抱え込んでしまい重症化・慢性化してしまうことがあります。最悪の場合、自殺の恐れも。胎児から成人となり子どもを産み育てるまでの医療の調査・研究を行う国立成育医療研究センターによると、平成28年(2016)から2年間で、出産後1年未満に自ら命を絶った女性は全国で92人もいました。

出産後4カ月以内に約6割の女性が不安を感じた
 市が平成27年に、産後4カ月の女性に実施したアンケートの結果(※以下)では、「出産後4カ月以内に不安や負担に感じたことはありますか」という質問に、約6割の女性が「感じた」「時々感じた」と回答しました。

出産後から4カ月までの間、不安や負担を感じたことはありますか?
感じた(「時々感じた」を含む)61.1%
あまり感じなかった26.0%
感じなかった12.9%
出典:平成27年(2015)豊中市「産後ケア等に関する市民アンケート調査結果」から

産前産後の不安や悩み
・産後3カ月くらいは部屋にこもりっきりで人と話す機会がなく、しんどかった
・つわりで体調不良が続いた
・夫の協力を得ることが難しい
・親として務まるのか不安
・相談先が分からず困った

パートナーや家族が早期に気付くことが大切
田坂クリニック産婦人科・内科(新千里東町)
院長 田坂慶一さん
 女性は妊娠・出産によって大きな変化を経験します。つわりや体重の増加、ホルモンの増減など身体的な変化に加え、生活環境も今までとは大きく変わります。そのことに不安が高まり悩むことで、産前産後に心に不調を生じやすくなりうつ状態に陥る人もいます。つらい状況にあっても、誰にも打ち明けられない人も多く、ますます孤立してしまう傾向があります。一方、出産後に気分の落ち込みや不安感などの症状が現れるマタニティーブルーは、約1~2週間で自然と回復に向かいます。一過性のものである点が、産後うつと異なります。
 産後うつが原因で自殺、さらには子どもを虐待してしまうこともあるため、早期に発見して治療へと導くことが必要です。ただ、産後うつになっていることを本人が気付いていない場合があります。そのため、パートナーや家族など周りの人が、うつの兆候に早い段階で気付き、治療へとつなげていくことが大切です。

産前産後のうつ病の兆候を見逃さないで
あなたは大丈夫?
□ 悲しい、憂鬱(ゆううつ)、沈んだ気分が続く
□ 何事にも興味が湧かず、楽しくない
□ 疲れやすく元気が出ず、体がだるい
□ 気力、意欲、集中力、食欲の低下が感じられる
□ 寝付きが悪く、朝早く目覚めてしまう
□ 人に会いたくなくなる
□ 心配事が頭から離れず、考えが堂々巡りする
周りの人が気を付けるポイント
□ 以前と比べて元気がなく、表情も暗い
□ 体調不良を訴えることが多い
□ 仕事や家事のミスが増える
□ 周囲との交流を避け、外出もしなくなる
□ 趣味などへの関心がなくなる

安心して産前産後を迎えられるように
両親教室
 初めての出産を迎える妊娠5カ月以降の妊婦とパートナーを対象に、産前に子育てのイメージ作りをしてもらうための「両親教室」を中部保健センター(岡上の町)では2カ月に一度、開いています。パートナーが胎児を想定した約7キロの重りを装着して起き上がったりかがんだりする妊婦の疑似体験や、人形を使った沐浴(もくよく)体験、おむつ替え体験などを通して、子育てについて学ぶことができます。
妊婦体験 かがむのは腰が痛くてしんどいなあ
沐浴体験 洗う順番に注意してやさしく
おむつ替え体験 一緒におむつ替えしようね

参加者の声
 日に日に大きくなる妻のおなかを見て「大変そうだな」と思っていました。妊婦体験をしてみると、思った以上に腰に負担がかかり、床に落ちたペンを取るなどちょっとした動きも大変。体験したことを子育てに生かしたいです。
野田朋孝さん、温月さん(28歳・30歳、曽根東町)
 子どもが生まれてくる前に、実際に沐浴やおむつ替えなどを体験することができて良かったです。沐浴をするときの体の支え方など注意する点や大変さが分かり、子どもが生まれてくる実感が湧いてきました。2人で一緒に、大切に育てていきます。
礒野沙綾さん、学さん(26歳・29歳、本町)

ぷれまま&育児ママ相談室
 助産師による妊婦や授乳中の母と子の個別相談を月に一度、庄内(島江町)・千里(新千里東町)・中部の各保健センターで行っています。(関連記事9ページ)
相談者の声
子どもに合わせたアドバイスをもらえました
 離乳食を思うように食べず、悩んでいたとき、広報とよなかを見て知りました。インターネットや雑誌などで、育児や子どもの成長について一般的な情報を得ることはできますが、自分の子どもに合った情報を見つけることは難しいです。助産師さんと顔を合わせることで、子どもの状況から離乳食の量や断乳のタイミングなど具体的なアドバイスをもらえるので安心です。
辻上裕子さん・紗羽ちゃん(33歳・1歳、新千里南町)

産婦・新生児・低体重児訪問
 おおむね生後28日以内の新生児がいる産婦を保健師や助産師が訪問し、子どもの体重測定をしたり、授乳の方法や子どもの発育などの相談に応じたりします。母子健康手帳の「産婦・新生児訪問依頼票兼低体重児連絡票」か電話で各保健センター(以下参照)へ申し込んでください。(関連記事9ページ)
利用者の声
気軽に相談して子どもの成長を実感できます
 小さな子どもを連れて出掛けるのは大変なので、自宅まで来てもらえるのはとても助かります。泣いている理由や授乳の量、排便の方法など、いろいろな質問に答えてもらえるので安心できますね。また、訪問のたびに体重や身長なども計測してもらえ、成長を実感できてうれしくなります。
佐々木智章さん・利空ちゃん・嘉乃さん(25歳・3カ月・22歳、庄本町)

育児への不安や悩みを解消します
 「どうしたら夜泣きがなくなりますか」「うんちが出ないのですが、どうしたらいいですか」など育児には不安がつきものです。成長の様子も子どもによって違います。一人一人の悩みに寄り添い不安を解消できるよう、生後28日を過ぎてもサポートしています。不安に思っていることは何でも気軽に相談してください
健康増進課 保健師 玉木利矢子

訪問時にこんな質問がよく寄せられます
Q子どもの発育が心配。授乳の量や回数は足りていますか?
A訪問時に体重測定をして、前回の測定時からどれくらい体重が増えているか日割り計算をしています。どれくらいの量を飲んでいるかを実際に確認して、体重の増加が緩やかな場合、授乳の量や回数を増やしてもらうようにしています。
Q泣きやまなくて不安になります・・・
A授乳をしたり、おむつを替えたりしても泣きやまないときは、子どもの安全を確保した
うえで、数分間は子どもから離れて気持ちを落ち着かせることも大切です。
Qミルクを吐くので心配です・・・
A胃が小さいのでたらりと吐くことがあります。噴水のように吐くのでなければ、げっぷをさせて吐物で喉を詰めさせないように、首を横に向けて寝かせてください。

その他にも、産前産後を応援しています!
マタニティ―クッキング
 妊娠中の栄養を考えた食事や、食材の裏ごしの仕方といった離乳食の作り方などを参加者同士で実際に調理しながら学べます。
すくすくよい歯の教室
 乳児の歯磨きの方法や虫歯予防の正しい知識を身に付ける教室です。乳児の歯科健診のほか、乳児にうつる可能性のある保護者の虫歯菌テストも行います。(関連記事9ページ)

宿泊型及びデイサービス型産後ケア事業
 産後の支援者がいない、理由もなく涙が出るなど心身が不調、赤ちゃんとの関わり方が分からないなどで育児の支援を必要とする場合、市内の病院に宿泊または日帰りで支援を受けることができます。助産師や看護師などが母体や子どもの発育を診たり、育児相談に応じたりします。対象は出産後3カ月未満の産婦とその子どもです。事前審査があるので、まずは下の各保健センターにご相談ください。

\お気軽に相談してください!/
 各保健センターの保健師や歯科衛生士、社会福祉職などの職員が相談を受けたり教室・講座を開いたりしています。

各保健センターの住所・問い合わせ
中部保健センター(岡上の町2-1-15)【電話】6858-2291
庄内保健センター(島江町1-3-14-101)【電話】6332-8555
千里保健センター(新千里東町1-2-2)【電話】6873-2721

豊中のいま(8ページ)

豊中のいま
市政に関わる大きなニュースをお知らせします

障害のある人に切れめない支援を
新たな児童発達支援センターを開設
 障害種別や年齢にかかわらない切れめのない支援を実施するため、あゆみ学園としいの実学園の機能を集約するとともに、事業内容を新設・拡充した新たな児童発達支援センターを4月から障害福祉センターひまわり(稲津町)に開設します。
 また、あゆみ学園移転後の施設を活用し、引き続き児童発達支援事業の単独通園事業と個別療育事業を実施するほか、新たに障害児一時預かり事業を実施します。
 施設ごとの事業開始日と問い合わせ先は以下のとおりです。
児童発達支援センター(障害福祉センターひまわり内、稲津町)
4月1日(月曜日)~ 【問い合わせ】こども相談課 【電話】6858-2285
 児童発達支援事業(通園・小集団親子教室)、こども療育相談、診療所
4月1日(月曜日)から順次 【問い合わせ】こども相談課 【電話】6858-2285、あゆみ学園 【電話】6841-1551、しいの実学園 【電話】6866-2340
あゆみ学園移転後の施設(桜の町)単独通園・個別療育・障害児一時預かり事業
4月1日(月曜日)から 【問い合わせ】あゆみ学園 【電話】6841-1551
障害福祉センターひまわり(稲津町)相談事業4月22日(月曜日)から
貸室、入浴事業ほか4月23日(火曜日)から
【問い合わせ】ひまわり 【電話】6866-1011 【FAX】6866-0811

土曜・日曜日に休日窓口を開設
 3月23日(土曜日)・24日(日曜日)30日(土曜日)・31日(日曜日)および毎月第2土曜日の9時から13時に、休日窓口を開設します。取り扱い業務は以下のとおりです。ただし、最近戸籍の届け出をした人や海外から転入した人など、他市区町村への問い合わせが必要になる手続きは、受け付けできない場合があります。
 手続きには、運転免許証などの本人確認ができるものと印鑑(認め印)を持参してください。証明書自動交付機も利用できます。
【場所】市役所第一庁舎 
【その他】各手続きに必要な書類や平日の市民課窓口の混雑予想を市ホームページに掲載 
【問い合わせ】市民課 【電話】6858・2202
業務内容/担当課・問い合わせ(※)
引っ越しなどに伴う住民票の住所変更届、印鑑登録、各種証明書の交付、マイナンバーカードの申請および交付、コンビニ交付および証明書自動交付機の利用設定、特別永住者証明書の申請・交付
【問い合わせ】市民課 【電話】6858-2202
国民健康保険の資格異動 
【問い合わせ】保険資格課 【電話】6858-2301
児童手当の受給資格異動、子ども医療の資格異動
【問い合わせ】子育て給付課 【電話】6858-2269
児童扶養手当の受給資格異動、ひとり親家庭医療の資格異動
【問い合わせ】子育て給付課 【電話】6858-2329
小・中学校の転学・転入学、就学通知書の発行
【問い合わせ】学校教育課 【電話】6858-2552
※ 休日窓口開設日当日の問い合わせは、市民課 【電話】6858-2202

4月7日(日曜日)府議会議員選挙
4月21日(日曜日)市議会議員選挙
期日前投票が始まります 【問い合わせ】市選挙管理委員会 【電話】6858-2480
事前に投票できます
 仕事や冠婚葬祭などで投票日当日に投票できない人は、期日前投票ができます。住所にかかわらず、期間・会場は下表のとおりです。大阪大学会館(待兼山町)は、同大学学生でなくても利用できます。
選挙が近づくと「投票所入場整理券」が届きます
 それぞれの期日前投票の開始日までに、世帯単位で郵送します。封筒の文字の色は府議会議員選挙が「茶色」、市議会議員選挙が「水色」です。紛失した場合も、投票所(期日前投票所を含む)で再発行の上、投票できます。
期間/時間/場所/大阪大学会館での期日前投票・期間/時間
府議会議員選挙3月30日(土曜日)~4月6日(土曜日)8時30分~20時
市役所第二庁舎、庄内文化センター(三和町)、千里文化センター「コラボ」(新千里東町)
4月3日(水曜日)・4日(木曜日)12時~ 19時
市議会議員選挙4月15日(月曜日)~20日(土曜日)8時30分~20時
市役所第二庁舎、庄内文化センター(三和町)、千里文化センター「コラボ」(新千里東町)
4月17日(水曜日)・18日(木曜日)12時~19時

お知らせ「健康・福祉」(9ページから16ページまで)

3月のお知らせ
このマークにご注目!!
■子ども■未就学児に関わる制度や催しにマークをつけています
詳しい内容は市ホームページをご覧いただくか、各連絡先に問い合わせてください。
電話番号はお間違いのないよう、ご注意ください。

健康・福祉

健康に関する
総合相談窓口 中部保健センター(岡上の町)【電話】6858‒2292
(妊娠・出産・子育て相談窓口は【電話】6858‒2293)
月曜~金曜日(祝・休日を除く)9時30分~12時
保健師、助産師、歯科衛生士、栄養士などが相談を受けます

〉〉〉妊婦・産婦
母子健康手帳・妊婦健康診査受診券の交付
【場所】中部(岡上の町)・庄内(島江町)・千里(新千里東町)の各保健センター
【内容】手帳・受診券の交付、母子保健サービスの説明、妊婦相談ほか
【その他】市外から転入し、豊中市の受診券と交換していない場合は中部保健センターに問い合わせ
【問い合わせ】中部保健センター【電話】6858‒2293
※4月から、交付時に個人番号(マイナンバー)の記入と本人確認書類の提示が必要です

マタニティークラス
【日時】4月23日(火曜日)13時30分~15時30分
【場所】千里保健センター(新千里東町)
【内容】妊娠中の食事や歯について、歯磨き実習、妊娠中に知っておきたい授乳の話
【対象・定員】20人
【申し込み】電話で中部保健センター【電話】6858‒2804。先着順

ぷれまま&育児ママ相談室(関連記事5ページ)
【日時】【場所】4月9日(火曜日)中部保健センター(岡上の町)、4月16日(火曜日)千里保健センター(新千里東町)、4月18日(木曜日)庄内保健センター(島江町)。いずれも9時30分~15時
【内容】助産師による妊婦や授乳中の母と子の個別相談(乳腺炎は除く)
【対象・定員】各10人
【申し込み】電話で中部【電話】6858‒2804・千里【電話】6873‒2721・庄内【電話】6332‒8555の各保健センター。先着順

■子ども■乳幼児に関する教室・相談・健康診査
離乳食講習会
・ごっくんクラス
【日時】【場所】①4月12日(金曜日)千里保健センター(新千里東町)②4月24日(水曜日)中部保健センター(岡上の町)。いずれも13時45分~
【対象・定員】生後4カ月・5カ月ごろの子どもの保護者、①45人②60人
・かみかみクラス
【日時】【場所】①4月18日(木曜日)千里保健センター(新千里東町)②4月25日(木曜日)中部保健センター(岡上の町)。いずれも13時45分~
【対象・定員】生後8カ月・9カ月ごろの子どもの保護者、①45人②60人
幼児食講座
【日時】【場所】4月12日(金曜日)千里保健センター(新千里東町)、4月24日(水曜日)中部保健センター(岡上の町)。いずれも14時45分~
【対象・定員】1歳~おおむね3歳の子どもの保護者、各15人
【申し込み】3月6日(水曜日)9時30分から電話で中部保健センター【電話】6858‒2804。先着順

すくすくよい歯の教室(関連記事7ページ)
【日時】【場所】4月9日(火曜日)千里保健センター(新千里東町)、4月16日(火曜日)中部保健センター(岡上の町)。いずれも13時30分~
【内容】乳児の歯科健診と保護者の虫歯菌テスト、歯磨き準備と虫歯予防の話
【対象・定員】生後8カ月~10カ月ごろの子どもと保護者、各30組
【申し込み】3月5日(火曜日)9時30分から中部保健センター【電話】6858‒2804。先着順

産婦・新生児・低体重児訪問指導(関連記事6ページ)
【内容】乳房の手当てや母乳の与え方、赤ちゃんの発育などについて、保健師、助産師が家庭訪問し個別相談
【対象・定員】生後28日以内(過ぎても可)の新生児と産婦
【申し込み】母子健康手帳の「産婦・新生児訪問依頼票兼低体重児連絡票」を中部【電話】6858‒2293・庄内【電話】6332‒8555・千里【電話】6873‒2721の各保健センターへ郵送。電話可

乳幼児健康診査
【内容】4カ月児健診、1歳6カ月児健診、3歳6カ月児健診
【対象・定員】対象者には日程などを個別に送付
【その他】健診未受診の人には、保健師が家庭訪問を行う場合あり
【問い合わせ】中部保健センター【電話】6858‒2804

■子ども■定期予防接種(一覧表は偶数月に掲載)
 詳しくは、予防接種手帳(出生届受付の約1カ月後に郵送)や母子健康手帳、市ホームページを確認してください。予防接種手帳に記載の医療機関で予約の上、接種してください。なお、ヒブと小児用肺炎球菌、B型肝炎ワクチンは、生後2カ月からが望ましい接種対象年齢です。定期予防接種の受け方(年齢・回数・間隔)が異なると、原則任意接種(有料)になるので注意してください。市外から転入し豊中市の予診票を持っていない人、特別な事情により市外で予防接種を希望する人(要事前申請)、予防接種についての相談は、保健所(中桜塚) 【電話】6152‒7329に連絡してください。

〉〉〉成人健診  平成31年4月~平成32年3月の間で1回、集団・個別のいずれかを選んで受診してください
〈申し込み方法〉 
【集団健診】
【申し込み】健診受付専用ダイヤル 【ナビダイヤル】0570‒00‒2291(月曜~金曜日、9時~17時15分。3月10日(日曜日)は開設)
▶平成32年3月分まで随時受け付け可。各健診定員あり。先着順。定員を超えた場合は別日を案内
▶「広報とよなか」掲載以外にも日程あり。健診受付専用ダイヤルに問い合わせてください
▶受診決定者には受診日の1週間前までに詳細の案内を発送
▶健診結果は約1カ月後に郵送
【個別健診】
各取扱医療機関に直接申し込み。取扱医療機関は中部保健センター【電話】6858‒2291へ問い合わせ。結果のお知らせ方法は医療機関によって異なるため、受診の際に確認してください 

〈受診に当たっての必要書類ほか〉
▶資格確認のため下記の書類を持って、各会場
【特定健康診査・後期高齢者医療健康診査】
・受診券 ・受診票(オレンジ色)
・健康保険証か後期高齢者医療保険証
※市国民健康保険特定健康診査の受診券・受診票は3月末に市から発送します
※後期高齢者医療健康診査の受診票は3月末に市から、受診券は4月下旬に府から発送します
【市民健康診査・がん検診ほか】
・受診票(オレンジ色)
▶市民税非課税世帯や生活保護受給世帯、中国残留邦人等支援給付対象の人は無料になる制度あり
【問い合わせ】中部保健センター【電話】6858‒2291
▶集団健診年間日程や個別健診取扱医療機関などは市ホームページでも閲覧可

健診の種類・対象・定員・費用/集団健診の日程/個別健診の有無ほか
市民健康診査
【対象・定員】事業所などで健診を受ける機会のない30歳~39歳の人(障害者手帳を持つ15歳以上の人)、40歳以上の生活保護受給者
特定健康診査
【対象・定員】市国民健康保険に加入する40歳~74歳の人  
▶4月は個別健診のみ
▶問診、身体測定、血圧測定、血液検査、尿検査、医師の判断により貧血・心電図・眼底検査

大腸がん検診
【対象・定員】40歳以上の人  
▶4月は個別検診のみ(特定健康診査などと同時受診が必要)
▶問診、便潜血反応検査2日法

前立腺がん検診
【対象・定員】50歳以上の男性
【費用・参加費】500円  
▶4月は個別検診のみ(特定健康診査などと同時受診が必要)
▶血液検査(PSA検査)

肝炎ウイルス検査
【対象・定員】B型・C型肝炎検査を過去に受診したことのない、20歳以上の人  
▶4月は個別検診のみ
▶血液検査

歯科健康診査
【対象・定員】30歳~74歳の人、75歳以上の生活保護受給者
【費用・参加費】200円(70歳以上の人は無料)  
▶個別健診のみ
▶問診、歯周病・虫歯などの検査

胃がん検診(選択制) 
・胃エックス線検査
【対象・定員】50歳以上の、西暦で奇数年生まれの人。ただし、平成30年度未受診の人は受診可
【費用・参加費】800円  
▶4月は個別検診のみ
▶問診、胃部エックス線撮影
・胃内視鏡検査
【対象・定員】上記胃エックス線検査を参照
【費用・参加費】1,000円  
▶個別検診のみ
▶問診、胃カメラ検査
▶抗血栓薬服用中の人など既往症によっては受診できません

子宮がん検診
【対象・定員】20歳以上の、西暦で奇数年生まれの女性。ただし、平成30年度未受診の人は受診可。60人
【費用・参加費】600円。個別検診のみ頸(けい)・体部1,000円 
中部保健センター(岡上の町) 4月5日(金曜日) 13時30分~15時 
▶個別検診あり
▶子宮頸部細胞診(個別検診のみ、医師の判断により体部検診も受診可)

乳がん集団検診
【対象・定員】30歳以上の、西暦で奇数年生まれの女性。ただし、平成30年度未受診の人は受診可。午前・午後各40人
【費用・参加費】500円 
中部保健センター(岡上の町) 4月11日(木曜日) 9時30分~11時、13時30分~15時 
庄内保健センター(島江町) 4月16日(火曜日) 9時30分~11時、13時30分~15時 
千里保健センター(新千里東町) 4月22日(月曜日) 9時30分~11時、13時30分~15時 
▶個別検診あり(下記参照)
▶問診、触診、マンモグラフィー
▶妊娠中(妊娠の可能性のある人も含む)、授乳中、卒乳後6カ月以内、豊胸手術や脂肪注入をしている、またはペースメーカーを装着している人、乳腺外科で治療中や経過観察中の人は受診できません
▶しこりや痛み、乳頭からの分泌など自覚症状がある人は乳腺外科のある医療機関を受診してください

乳がん一括検診(3月受診分まで)
【対象・定員】上記乳がん検診を参照。300人程度
【費用・参加費】500円
【申し込み】3月受診分は健診受付専用ダイヤル 【ナビダイヤル】0570‒00‒2291。先着順
〈4月受診分から〉乳がん個別検診(各医療機関に直接申し込み)
■あおき・まるやまクリニック(新千里東町)【電話】6873‒7650■千里LC健診センター(新千里東町)【電話】6873‒2210■阪本胃腸・外科クリニック(新千里東町)【電話】4863‒5488■関西メディカル病院(新千里西町)【電話】6836‒1199■momウィメンズクリニックおおさこ(緑丘)【電話】4865‒7007■MIクリニック(少路)【電話】6840‒0100■豊中渡辺クリニック(服部西町)【電話】6864‒2301■上田病院(庄内幸町)【電話】6334‒0831

〉〉〉検査・相談 ※祝・休日は休みます
HIV(エイズ)・梅毒即日セット検査と性感染症電話相談
【日時】【内容】〈HIV・梅毒即日セット検査〉3月5日(火曜日)・4月2日(火曜日)・18日(木曜日)13時~14時。結果は15時~16時に本人へ手渡し 〈性感染症電話相談〉月曜~金曜日9時~17時15分。エイズや梅毒などの性感染症の予防・症状・感染・治療について、医師・保健師と相談
【場所】【問い合わせ】保健所(中桜塚)【電話】6152‒7316

結核の相談
【内容】医療費公費負担の申請、療養相談、日常生活について、医師や保健師などと相談
【場所】【問い合わせ】保健所(中桜塚)【電話】6152‒7316
※風しん抗体検査は、4月から制度が変わります。詳細が決まり次第、「広報とよなか」や市ホームページ、保健所ツイッターでお知らせします。詳しくは保健所(中桜塚)【電話】6152‒7316へ問い合わせてください

〉〉〉急病電話相談
救急安心センターおおさか
【内容】救急医療相談を相談員や看護師が医師の支援体制のもと24時間、365日対応 
▶相談電話=携帯電話・PHS・プッシュ回線は【電話】#7119、ダイヤル回線・IP電話は 【電話】06‒6582‒7119

■子ども■小児救急電話相談 
▶相談時間=20時~翌朝8時 
▶相談電話=携帯電話・PHS・プッシュ回線は【電話】#8000、ダイヤル回線・IP電話は【電話】06‒6765‒3650
※誤飲に関する相談は、大阪中毒110番【電話】072‒727‒2499(24時間、365日対応)

〉〉〉休日・夜間急病診療 ◎受診の際は必ず健康保険証などを持参してください
内容/受付日時/場所・連絡先
休日急病診療(内科、小児科、歯科) 
日曜日、祝・休日9時30分~16時30分(診療は10時から) 
医療保健センター(上野坂)【電話】6848‒1661
庄内保健センター(島江町)【電話】6332‒8558

■子ども■小児初期救急(小児科) 
月曜~金曜日(祝・休日を除く)18時30分~翌朝6時30分(診療は19時から) 土曜日(祝・休日を除く)14時30分~翌朝6時30分(同15時から) 日曜日、祝・休日8時30分~翌朝6時30分(同9時から) 
豊能広域こども急病センター(箕面市萱野)【電話】072‒729‒1981
上記医療機関では、けが、骨折、やけど、異物の飲み込みは受診できません
※けが、骨折、やけど、異物の飲み込みは症状により、市立豊中病院(柴原町)〈内科・外科〉【電話】6843‒0101、上田病院(庄内幸町)〈内科・外科・整形外科〉【電話】6334‒0831、小西病院(曽根東町)〈外科〉【電話】6862‒1701、関西メディカル病院(新千里西町)〈内科・外科・整形外科〉【電話】6836‒1199、豊中若葉会病院(東豊中町)〈内科・整形外科〉【電話】6856‒9550に相談してください
※救急診療日が決まっている科目もありますので、各病院に直接問い合わせてください
※適切な医療機関が分からない場合は、府救急医療情報センター 【電話】6693‒1199(24時間、365日対応)

ボランティアはじめま専科
記事の作成をしてみよう
【日時】3月6日(水曜日)10時~12時
【場所】すこやかプラザ(岡上の町)
【出演・講師・指導】ホームページ作成ボランティアグループ・アクセス
【対象・定員】5人
【申し込み】電話でボランティアセンターぷらっと 【電話】6848・1000。ファクス可(催し名、住所、名前、電話番号を記入)
【FAX】6848・1005。先着順

医療健康情報レクチャー
抗がん剤入門
【日時】3月7日(木曜日)14時~15時30分
【場所】岡町図書館(岡町北)
【内容】副作用や心得などの疑問を、現場のエピソードを交えて説明
【出演・講師・指導】市立豊中病院がん化学療法看護認定看護師・秦真由美さん
【問い合わせ】同館 【電話】6843・4553

刀根山病院 市民公開講座
肺がん免疫治療の最先端
【日時】3月9日(土曜日)14時~16時
【場所】千里ライフサイエンスセンター(新千里東町)
【内容】新たな免疫治療薬による肺がん治療の変化や治療の複雑化に伴う治療法の選択の重要性、肺がん診療・免疫治療の最新情報を学ぶ
【出演・講師・指導】同病院呼吸器腫瘍内科部長・森雅秀さんほか
【対象・定員】100人
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】同病院 【電話】6853・2001

広汎性発達障害者の
家族交流会
【日時】3月13日(水曜日)10時~12時
【場所】くらしかん(北桜塚)
【内容】武庫川女子大学発達臨床心理学研究所嘱託研究員・石川道子さんによる発達障害の特性についての講義
【対象・定員】アスペルガー症候群や高機能自閉症など広汎性発達障害者の家族、50人
【申し込み】社会福祉協議会 【電話】6848・1279。先着順

わかちあいの会
大切な人を亡くした人の交流会
【日時】3月14日(木曜日)13時~16時
【場所】保健所(中桜塚)
【内容】悲嘆のプロセスと回復に向けたケアを学ぶミニ講座、交流
【対象・定員】身近な人を亡くした人や周囲の人、20人
【申し込み】電話で保健予防課 【電話】6152・7315。先着順

地域福祉活動支援センター
介護予防講座
【日時】3月22日(金曜日)13時30分~15時
【場所】北丘地域福祉活動支援センター(新千里北町)
【内容】春の花の寄せ植え
【対象・定員】10人
【費用・参加費】900円
【申し込み】同センター 【電話】6835・2110。先着順

ひきこもりの家族交流会
【日時】3月22日(金曜日)14時~16時(初参加の人は13時からオリエンテーションあり)
【場所】保健所(中桜塚)
【内容】同じ悩みを抱える家族同士で思いを語り、情報交換
【対象・定員】家族のひきこもりに悩んでいる人、20人
【申し込み】電話で保健予防課 【電話】6152・7315。先着順

市社協くらしささえあい事業
安心サポーター研修
【日時】3月25日(月曜日)10時~16時
【場所】すこやかプラザ(岡上の町)
【内容】高齢者の困り事や家事支援などの依頼に応じて有償で活動する協力員の養成研修と登録説明会
【問い合わせ】社会福祉協議会 【電話】6848・1279

とよなかがんサロン
【日時】3月25日(月曜日)13時30分~15時
【場所】市立豊中病院(柴原町)
【内容】がんと社会保障制度についての講義、交流ほか
【対象・定員】がん患者や家族
【申し込み】同病院 【電話】6843・0101

市社協福祉大会とボラン
ティアフェスティバル
【日時】3月27日(水曜日)10時~16時
【場所】文化芸術センター(曽根東町)
【内容】感謝状贈呈式、ボランティアグループによる活動発表、市内高校生徒によるボランティアバス事業報告、ボランティア体験コーナーほか
【問い合わせ】ボランティアセンターぷらっと 【電話】6848・1000

くすりの正しい知識と使い方
【日時】3月29日(金曜日)10時30分~12時
【場所】千里公民館(新千里東町)
【出演・講師・指導】市薬剤師会会員・西田周平さん
【対象・定員】40人
【申し込み】3月1日(金曜日)~28日(木曜日)10時~17時に電話で同会 【電話】6848・0563。先着順

成年後見 市民公開講座
【日時】3月29日(金曜日)13時30分~15時30分
【場所】福祉会館(中桜塚)
【内容】司法書士による成年後見制度の説明や申立書の記入方法についての講座
【対象・定員】50人
【申し込み】社会福祉協議会 【電話】6841・9382。先着順

共同募金運動の結果
 平成30年度共同募金運動では、皆さんの温かいご協力により、1千372万1千10円が集まりました。ありがとうございました。この募金は福祉施設や社会福祉協議会に配分されます。
【問い合わせ】豊中地区募金会(社会福祉協議会内) 【電話】6841・7335

3月の献血
大池小学校(本町)・千里阪急西側(新千里東町)=16日(土曜日)
阪急岡町駅前=27日(水曜日)
※時間は10時~16時30分。12時~13時は休み
※成分献血は実施していません。千里阪急西側は400ml献血のみ
※輸血用血液の安全性向上のため、本人確認ができるものの提示をお願いする場合があります
【問い合わせ】市献血推進協議会(社会福祉協議会内・岡上の町) 【電話】6841‒7335

3月1日~8日は女性の健康週間
女性のメンタルヘルス相談
 女性の心はホルモンの変動やストレスに大きく影響されます。うつ病の発症率は男性の2倍といわれ、特に思春期や妊産婦期、更年期の心の健康づくりが大切です。
【日時】月曜~金曜日(祝・休日を除く)9時~17時15分
【対象・定員】心の不調を抱える女性や家族
【問い合わせ】保健予防課 【電話】6152・7315
(関連記事2・3㌻)

3月は自殺対策強化月間
一人で悩まないで相談を
 学校や職場など生活が大きく変わる3月は、例年自殺が多くなっています。悩みは一人で抱え込まず、専門の窓口に相談してください。
〈専門相談窓口〉▼こころの健康相談統一ダイヤル 【ナビダイヤル】0570・064・556=3月1日(金曜日)~31日(日曜日)の同月間は、24時間受け付け(土曜・日曜日、祝日を含む。1日は9時30分から、31日は17時まで)。同月間以外は9時30分~17時(土曜・日曜日、祝・休日を除く) ▼関西いのちの電話 【電話】6309・1121=24時間365日受け付け ▼こころの健康相談(保健予防課) 【電話】6152・7315=月曜~金曜日(祝・休日を除く)9時~17時15分

麻しん風しん(MR)予防接種第2期は3月31日(日曜日)まで
 麻しんと風しんは感染力が強く、感染を予防するためには予防接種が重要です。
 小学校就学前の1年間(年長期)は、麻しん風しん(MR)予防接種の第2期の接種期間です。定期接種として無料で接種できるのは3月31日(日曜日)までのため、未接種の人は市内取扱医療機関に予約の上、忘れずに接種してください。
【問い合わせ】保健予防課 【電話】6152・7329

3月24日は世界結核デー
結核の検診を受けましょう
 主要な感染症の一つ、結核。最近の発病者の8割近くが高齢者です。これは、若い時に結核菌に感染し、加齢により免疫力が低下したことで発病するためです。結核は、感染しても必ずしも発病するわけではありませんが、乳幼児や免疫力が低下している人は、発病する可能性が高くなります。
 市は、定期的に肺がん・結核検診を実施しています。感染の早期発見・拡大防止のために、症状がなくても一年に一度は検診を受診しましょう。
<3月の肺がん・結核検診> 査で早期発見
【日時】【場所】12日(火曜日)医療保健センター(上野坂)、16日(土曜日)刀根山病院(刀根山)。いずれも9時~11時 
【対象・定員】40歳以上、各70人 
【費用・参加費】たん検査200円(必要な人のみ) 
【申し込み】健診受付専用ダイヤル 【ナビダイヤル】0570-00-2291。先着順
<パネル展>
【日時】3月6日(水曜日)~28日(木曜日) 
【場所】岡町図書館(岡町北) 
【内容】結核の知識や予防について紹介。パンフレットの配布あり
こんな症状、ありませんか?
◦せきが2週間以上続いている ◦たんが出る
◦食欲が低下している ◦体重が減る ◦微熱が続く
上記の症状がある場合は、早めに医療機関を受診しましょう
!高齢者は、このような症状が出ない場合がありますので、定期的に検診を受診しましょう
(予防しましょう)
◦適度な運動 ◦十分な睡眠 ◦ストレスをためない
◦バランスの良い食事 ◦定期的な胸部エックス線検査で早期発見
(結核を知ろう)
Q:結核はどんな病気?
A:結核菌によって、主に肺に炎症が起こる病気です
Q:どうやって感染するの?
A:せきやくしゃみで結核菌が空気中に飛び散り、それを吸い込むことで空気感染します。誰でも感染する可能性があります
【問い合わせ】保健予防課 【電話】6152-7316

(高齢者)

シニアのための
スマホ・タブレット講習会
【場所】くらしかん(北桜塚)
【対象・定員】おおむね60歳以上の人
【申し込み】シニアワークセンターとよなか 【電話】6836・9862。先着順
中級 脱初心者講座
【日時】3月5日(火曜日)・12日(火曜日)・19日(火曜日)13時30分~15時
【対象・定員】文字入力のできる人、各15人
【費用・参加費】千円
初級連続講習会
【日時】【連続講座】3月15日(金曜日)・22日(金曜日)13時30分~15時
【対象・定員】15人
【費用・参加費】2千円
個別講習会
【日時】3月15日(金曜日)・22日(金曜日)15時30分~16時30分
【対象・定員】各5人
【費用・参加費】千500円
買う前に知っておきたいスマホの知識
【日時】3月29日(金曜日)13時30分~15時
【対象・定員】30人
【費用・参加費】500円

ぬくもりサロンとよなか
【内容】市内の銭湯を会場に、健康の保持や増進を図る講座を開催(下記参照)
【対象・定員】満65歳以上の人
【その他】今年度初めて参加する人は、住所と年齢を証明できるものを持参し、申込書(緊急連絡先など)を記入。体操には動きやすい服装で来場。参加者は当日講座終了後に限り100円で会場の浴場に入浴可
【申し込み】シルバー人材センター 【電話】6856・1777
【問い合わせ】高齢者支援課 【電話】6858・2707
3月のぬくもりサロンとよなか
講座名〈講師〉/日時・場所
音大生のサックス四重奏を聴き歌おう〈胡蝶蘭サクソフォンカルテット・太田美紗季さんほか〉
11日(月曜日)11時30分~12時30分、極楽温泉(服部寿町) 【電話】6866-1126
中高年向けバラエティヨガを楽しもう〈バランスヨガ講師・松村千鶴子さん〉
12日(火曜日)13時30分~14時30分、豊中温泉(本町) 【電話】6849-8117
ロコモ体操で運動機能を高めよう〈リフレッシュ健康体操講師・泉久美子さん〉
25日(月曜日)11時30分~12時30分、極楽温泉(服部寿町) 【電話】6866-1126
トランペットとフルートの二重奏を聴き歌おう〈さくら・服部ひかるさんほか〉
26日(火曜日)13時30分~14時30分、豊中温泉(本町) 【電話】6849-8117
チェリストといっしょに聴き歌い楽しもう〈Compact Alone・久山薫さん〉
27日(水曜日)13時30分~14時30分、幸福温泉(蛍池南町) 【電話】6855-4267

スマホふれあいサロン
みんなでスマホを覚えよう
【日時】【連続講座】3月14日(木曜日)・28日(木曜日)13時30分~15時
【場所】豊中人権まちづくりセンター(岡町北)
【内容】スマートフォンの使い方を学びながら友達づくり
【出演・講師・指導】シニアワークセンターとよなか
【対象・定員】60歳以上、15人
【費用・参加費】500円
【申し込み】3月4日(月曜日)9時30分から電話でシニアワークセンターとよなか 【電話】6836・9862。先着順

地域教室
毎日の食事を見直してみませんか
【日時】3月15日(金曜日)13時30分~15時
【場所】介護老人保健施設かがやき(刀根山元町)
【内容】低栄養予防のための食事の工夫や消化の良い食事を学ぶ
【出演・講師・指導】はーと&はあとライフサポート管理栄養士・大都宏子さん
【対象・定員】65歳以上、30人
【申し込み】3月4日(月曜日)9時30分から柴原地域包括支援センターほっと 【電話】6850・3451。先着順
とよなかパワーアップ体操で
健康寿命を延ばそう
【日時】3月15日(金曜日)14時~15時
【場所】町の便利屋・喜手家(北桜塚)
【内容】介護予防の話ととよなかパワーアップ体操の体験
【対象・定員】10人
【申し込み】中央地域包括支援センターほっと 【電話】6841・9384。先着順
認知症予防体操
【日時】3月20日(水曜日)11時~12時
【場所】服部介護予防センター(服部本町)
【対象・定員】65歳以上、15人
【申し込み】服部地域包括支援センターほっと 【電話】6865・1278。先着順
知ってほしい高齢者虐待
【日時】3月20日(水曜日)14時~15時30分
【場所】千里文化センター「コラボ」(新千里東町)
【出演・講師・指導】市職員
【対象・定員】高齢者と家族、20人
【申し込み】千里地域包括支援センターほっと 【電話】6155・1030。先着順
健康のために、もっと薬を知ろう
【日時】3月28日(木曜日)14時~15時
【場所】すこやかプラザ(岡上の町)
【出演・講師・指導】グリーン調剤薬局薬剤師・野口克美さん
【対象・定員】20人
【申し込み】中央地域包括支援センター熊野田分室ほっと 【電話】4865・5160。先着順

認知症サポーター養成講座
認知症を知り地域をつくる
【日時】3月①15日(金曜日)14時~15時30分②23日(土曜日)15時~16時30分③28日(木曜日)13時30分~15時
【場所】①庄内コミュニティプラザ(庄内幸町)②永寿園とよなか(新千里南町)③千里文化センター「コラボ」(新千里東町)
【内容】テキストやビデオで認知症について学ぶ。②は寸劇もあり
【出演・講師・指導】①森ノ宮医療大学教授・横井賀津志さん③ゆう脳神経外科脳神経外科医・後藤雄子さん
【対象・定員】①60人②30人③40人
【申し込み】①庄内地域包括支援センター幸町分室ほっと 【電話】6336・0222②永寿園とよなか 【電話】6840・2211③千里地域包括支援センターほっと 【電話】6155・1030。いずれも先着順
【問い合わせ】高齢者支援課 【電話】6858・2867

悩みごと解決しましょう
シニアのスマホ相談会
【日時】3月18日(月曜日)14時~16時
【場所】くらしかん(北桜塚)
【対象・定員】おおむね60歳以上、30人
【申し込み】当日13時から市役所第二庁舎。先着順
【問い合わせ】シルバー人材センター 【電話】6856・1777

集まって楽しく内職をする会
会員募集 説明・見学会
【日時】3月19日(火曜日)①10時30分~12時②14時~15時30分
【場所】①内職ひろば庄内(庄内東町)②内職ひろば蛍池(蛍池中町)
【対象・定員】各10人
【申し込み】シニアワークセンターとよなか 【電話】6836・9862。先着順

豊中しごとセンターのシニアの日
座ってできる転倒予防体操
【日時】3月22日(金曜日)14時~15時30分
【場所】豊中しごとセンター(庄内東町)
【内容】元気に過ごすための体づくり
【対象・定員】おおむね60歳以上、20人
【申し込み】3月6日(水曜日)から電話でシルバー人材センター庄内支所 【電話】6151・5100。先着順

高齢者ふれあい世代間交流
春まちコンサート
【日時】3月29日(金曜日)13時30分~15時
【場所】豊中人権まちづくりセンター(岡町北)
【出演・講師・指導】ソプラノ歌手・播摩夏奈さんほか
【対象・定員】65歳以上、200人。世代間交流として40歳以上の人も可
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】同センター 【電話】6841・1313

シルバー人材センター
地域入会説明会と登録会
【日時】3月31日(日曜日)14時~
【場所】千里公民館(新千里東町)
【内容】同センターの仕事の内容紹介と入会手続きについて
【対象・定員】市在住の60歳以上で、働く意欲のある人
【費用・参加費】年会費2千500円、登録費500円
【持ち物】健康保険証などの本人確認書類
【問い合わせ】同センター 【電話】6856・1777

高齢者肺炎球菌の定期予防接種は3月31日(日曜日)まで
 平成30年度の接種対象者(①4月1日までに65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳になる人②60歳〜64歳で、心臓・腎臓・呼吸器の機能障害か、HIVによる免疫機能障害で、日常生活を送ることが困難な人)の接種実施期間は、3月31日(日曜日)で終了となります。
 なお、生活保護世帯や非課税世帯などに該当する人の一部負担金不要証明書(無料券)の申し込みは、3月29日(金曜日)までです。
【問い合わせ】保健予防課 【電話】6152・7329

介護予防センターの
趣味教室
【日時】【場所】【内容】【対象・定員】下記参照。65歳以上の人
【費用・参加費】実費(材料費ほか)
【申し込み】3月13日(水曜日)10時~10時30分に柴原(柴原町)・庄内(三和町)・千里(新千里東町)・原田(原田元町)の各介護予防センターで来館受付。抽選あり。定員に満たない教室は3月14日(木曜日)10時から電話受付。先着順
【問い合わせ】各センター(柴原 【電話】6841・5949、庄内 【電話】6332・0051、千里 【電話】6831・0590、原田 【電話】6843・5225)
介護予防センターの趣味教室
【日時】4月から1年間(パソコンは9月まで)
施設/教室名/日時/定員(人)
柴原(柴原町)【電話】6841-5949
編み物 第1・3水曜日、13時~15時 15人
お茶(表千家) 第1・3金曜日、13時~15時 10人
介護予防体操 第1・3木曜日、13時~14時 15人
俳句 第4火曜日、13時~ 16時 10人
庄内(三和町)【電話】6332-0051
編み物 第2・4水曜日、13時~15時 10人
お茶(表千家) 第1・3水曜日、10時~12時 10人
介護予防体操 第2・4木曜日、13時~14時 20人
民謡 第1・3金曜日、13時~15時 10人
千里(新千里東町) 【電話】6831-0590
生け花(嵯峨御流) 第1・3火曜日、13時~15時 10人
生け花(草月流) 第2・4金曜日、13時~15時 10人
お茶(裏千家) 第2・4水曜日、13時~16時 10人
押し絵 第2・4木曜日、13時~15時 10人
介護予防体操 第2・4月曜日、10時45分~11時45分 20人
新舞踊(民踊) 第1・3木曜日、10時~12時 10人
謡曲 第1・3火曜日、10時~12時 10人
パソコン(初心者のみ) 第2・4金曜日、13時30分~16時30分 15人
原田(原田元町) 【電話】6843-5225
編み物 第1・3水曜日、13時~15時 15人
書道 第1・3金曜日、13時30分~15時10分 10人
介護予防体操 第2・4木曜日、13時~14時 20人
陶芸 第1・3金曜日、10時~15時 10人
パソコン(初心者のみ) 第1・3水曜日、13時30分~15時30分 10人
自力整体(体ほぐし) 第1・3土曜日、13時~14時30分 20人

認知症高齢者 家族教室
【日時】4月1日(月曜日)13時30分~15時30分
【場所】くらしかん(北桜塚)
【内容】介護経験者による上手な介護方法の講座
【その他】本人を同伴の場合は要申し込み。ボランティアが対応
【申し込み】高齢者支援課 【電話】6858・2235、社会福祉協議会 【電話】6848・1279

(障害者)

■ニュース■高額障害福祉サービス等給付費
支給対象を拡大しています
 65歳になるまで相当の長期間にわたり障害福祉サービスを利用してきた人が、引き続き介護保険サービスを利用する場合に、介護保険サービスの利用者負担を軽減できます。対象と見込まれる人に、12月と2月にお知らせと同意書を送付しています。
【対象・定員】65歳に達する日の前5年間にわたり、介護保険に相当する障害福祉サービス(居宅介護・重度訪問介護・生活介護・短期入所のいずれか)の支給決定を受けており、次の条件を全て満たす人。▽利用者が65歳に達する日の前日が属する年度(同日が4月~6月の場合はその前年度)において、利用者と配偶者が市民税非課税世帯か生活保護世帯に該当し、65歳以降に償還の申請をする際にもどちらかの要件に該当すること▽65歳に達する日の前日において、障害者支援区分が2以上であったこと▽65歳まで介護保険サービスを利用していないこと(40歳から65歳になるまでに特定疾病により介護保険サービスを利用した人は対象になりません)
【問い合わせ】障害福祉課 【電話】6858・2229

障害福祉センターひまわり
〒561‒0826島江町1‒3‒25
【電話】6866・1011
【FAX】6866・0811

ひまわり講座
【日時】【連続講座】【場所】【内容】【費用・参加費】下記参照
【対象・定員】18歳以上で、身体障害・知的障害・精神障害・難病などのいずれかに該当する人(手帳などの証明書が必要)。定員を超える場合は、未受講者などが優先。定員に満たない場合は要介護認定者と健常者も受講可
【その他】介助・手話通訳あり。送迎は要申し込み。①・⑦・⑰以外は椅子に座って行う。⑬はダンベルを持てない人も可
【申し込み】3月11日(月曜日)~15日(金曜日)にひまわり(島江町)で来館・電話受付。ファクス可(催し名、①~⑰のいずれか、住所、名前、電話番号かファクス番号を記入)。抽選あり
ひまわり講座
【日時】午前は10時15分~11時45分、午後は13時45分~15時15分
【場所】ひまわり(稲津町)
講座名/日時・定員・費用
①風船バレー5月~9月の第1・3火曜日、午前(10回)。16人
②コーラス5月~9月の第1・3火曜日、午後(10回)。18人。実費(歌詞カードコピー代)
③絵手紙5月~9月の第2・4木曜日、午前(10回)。13人。実費(材料費ほか)
④気功5月~9月の第2・4木曜日、午後(10回)。20人
⑤チェアエクササイズ5月~9月の第2・4金曜日、午前(10回)。20人
⑥茶道5月~9月の第2・4金曜日、午後(10回)。10人。各回250円
⑦ダンスエアロ5月~9月の第2・4月曜日(8月12日・9月23日を除く)、午前(8回)。25人
⑧アロマとハーブで楽しもう 5月~9月の第2・4月曜日(8月12日・9月23日を除く)、午後(8回)。18人。各回200円
⑨ペン字教室5月~9月の第2・4火曜日(8月13日を除く)、午前(9回)。18人。実費(手本コピー代ほか)
⑩エアロビクス5月~9月の第2・4火曜日(8月13日を除く)、午後(9回)。25人
⑪フラワーアレンジメント5月~9月の第1・3木曜日(5月2日・8月15日を除く)、午前(8回)。12人。各回1千円
⑫やさしい絵画5月~9月の第1・3木曜日(5月2日・8月15日を除く)、午後(8回)。10人。実費(材料費ほか)
⑬ダンベル体操5月~9月の第1・3金曜日(5月3日・8月16日を除く)、午前(8回)。20人
⑭楽しい民謡5月~9月の第1・3金曜日(5月3日・8月16日を除く)、午後(8回)。18人。実費(歌詞カードコピー代)
⑮書道5月~9月の第1・3月曜日(5月6日・7月15日・9月16日を除く)、午前(7回)。18人。実費(手本コピー代)
⑯やすらぎ倶楽部(くらぶ)お茶を飲みながらゲームを楽しむ 5月20日(月曜日)・6月17日(月曜日)・7月29日(月曜日)・8月19日(月曜日)・9月30日(月曜日)、午後。12人。各回100円
⑰ショートテニス6月~9月の第1月曜日、午後(4回)。12人

土曜日講座
音楽レクリエーション
【日時】4月~平成32年3月の第2土曜日。いずれも10時30分~12時
【場所】〈4月〉すこやかプラザ(岡上の町)〈5月~3月〉ひまわり(稲津町)
【内容】音楽サロンくつろぎによる合唱指導ほか
【対象・定員】18歳以上の障害者、30人。定員を超える場合は未受講者が優先
【その他】介助が必要な人は介助者同伴
【申し込み】3月4日(月曜日)~8日(金曜日)にひまわり(島江町)で来館・電話受付。ファクス可(催し名、住所と名前、電話番号かファクス番号を記入)。抽選あり

府障がい者スポーツ大会
参加者募集
【日時】【場所】〈陸上競技〉5月12日(日曜日)万博記念競技場(吹田市)〈水泳〉5月18日(土曜日)東和薬品RACTABドーム(門真市)〈アーチェリー(身体障害者のみ)〉5月19日(日曜日)浜寺公園(堺市西区)〈ボウリング(知的障害者のみ)〉5月25日(土曜日)桜橋ボウル(大阪市北区)〈フライングディスク〉5月26日(日曜日)ファインプラザ大阪(堺市南区)〈卓球〉6月1日(土曜日)東和薬品RACTABドーム
【対象・定員】4月1日(月曜日)現在13歳以上の、身体障害者、知的障害者、精神障害者(卓球のみ)
【申し込み】ひまわり(島江町)と障害福祉課にある申込用紙で、3月15日(金曜日)までにひまわりか同課

手話通訳者養成講座
初級コース
【日時】5月13日(月曜日)~平成32年3月9日(月曜日)
【場所】障害者福祉センターささゆり園(箕面市)
【内容】府手話通訳者の登録をめざす人、10人(受講判定試験あり。初心者不可)
【費用・参加費】実費(テキスト代)
【その他】同園ほか府内3カ所でも開催
【申し込み】ひまわり(島江町)と障害福祉課にある申込用紙で府民お問合せセンター。3月29日(金曜日)消印有効。3月31日(日曜日)まで府ホームページからも申し込み可

お知らせ「保険・年金・税」(17ページ)

保険・年金・税

(保険)

保険料口座振替
新規申し込みキャンペーン
【日時】3月1日(金曜日)~5月31日(金曜日)
【場所】保険資格課、庄内(庄内幸町)・新千里(新千里東町)の各出張所
【内容】国民健康保険料や介護保険料、後期高齢者医療保険料の納付について、新たに口座振替加入の申し込みをした人に市指定ごみ袋を進呈
【対象・定員】口座振替納付依頼書のお客様控を持参した人か、同課窓口でペイジー口座振替加入(キャッシュカードを端末に通し、暗証番号を入力)をした人、千200人。先着順
【問い合わせ】同課 【電話】6858・2301

休日・平日夜間の
特別納付相談窓口を開設
【日時】3月24日(日曜日)9時~13時、25日(月曜日)17時15分~20時
【場所】市役所第二庁舎
【問い合わせ】保険収納課 【電話】6858・2548

3月は保険料の
滞納整理強化月間です
 市は、国民健康保険料や介護保険料、後期高齢者医療保険料の納付相談の呼び掛けに応じないなどの滞納者に対し、法律に基づいて財産調査を行い、差押えなどの滞納処分を行うことがあります。
【問い合わせ】保険収納課 【電話】6858・2306

(国民年金)

就職予定の学生の皆さんへ
 国民年金の加入者が厚生年金に加入するときは、事業所が手続きをするので資格喪失の手続きは不要です。共済組合に加入するときは、組合からの手続きに時間がかかるため、就職後なるべく早く年金手帳と就職先の健康保険証を持って、国民年金係か庄内(庄内幸町)・新千里(新千里東町)の各出張所で、国民年金の資格喪失の手続きをしてください。
 なお、国民年金保険料を口座振替で納付している場合は金融機関に、クレジット納付をしている場合は豊中年金事務所(岡上の町)に、それぞれ納付停止の届け出が必要です。
【問い合わせ】同係 【電話】6858・2264、同事務所 【電話】6848・6831

(税)

市・府民税と所得税及び
復興特別所得税の申告期限
 申告期限は3月15日(金曜日)です。期限が近づくと大変混雑するため、早めに申告してください。郵送でも申告できます。
【問い合わせ】〈市・府民税〉市民税課 【電話】6858・2131〈所得税及び復興特別所得税〉豊能税務署 【電話】072・751・2441

忘れていませんか
バイクなどの廃車届
 バイクなどの軽自動車税は、毎年4月1日現在の所有者に課税されます。譲渡・盗難などで所有していない場合は、3月29日(金曜日)までに廃車届を出してください。3月下旬は混雑が予想されるため、早めに手続きをしてください。
▼届け出・問い合わせ=〈原動機付自転車・小型特殊自動車〉税務企画課 【電話】6858・2153〈軽二輪・二輪小型自動車〉大阪運輸支局 【電話】050・5540・2058〈軽自動車〉軽自動車検査協会大阪主管事務所高槻支所 【電話】050・3816・1841

お知らせ「教育・保育」(18ページ)

教育・保育

ファミリー・サポート・センター
会員登録説明会
【日時】3月11日(月曜日)14時~16時
【場所】千里公民館(新千里東町)
【内容】保育施設や習い事への送り迎え、子どもの預かりなどを有償で実施する育児支援者と利用者のための登録説明会
【持ち物】証明写真(縦3㎝×横2.4㎝)2枚
【問い合わせ】同センター 【電話】6841・9383

■子ども■1歳の育ちとかかわり方
【日時】3月14日(木曜日)10時30分~11時30分
【場所】子育て支援センターほっぺ(岡上の町)
【対象・定員】1歳の子どもの保護者、15人(子ども同伴可)
【申し込み】3月8日(金曜日)までに電話でほっぺ 【電話】6852・5526。抽選あり

■子ども■つながる やくだつパパ講座
【日時】3月16日(土曜日)10時30分~12時30分
【場所】千里図書館(新千里東町)
【内容】父親ならではの子どもとの関わり方について、遊びなどを通して考える
【出演・講師・指導】大阪教育大学准教授・小崎恭弘さん
【対象・定員】1歳以下の子どもと父親、30人
【申し込み】3月1日(金曜日)10時から電話でこども政策課 【電話】6858・2192。先着順

(こども園・保育所・幼稚園)

■子ども■保護者が就労するための休日保育(上半期分)
【日時】4月~9月の日曜日と祝日
【場所】本町こども園(本町)
【対象・定員】保育所などに入所している満1歳以上の子ども、1日25人
【費用・参加費】1日2千500円
【その他】詳しくはこども事業課 【電話】6858・2569か認可保育所・認定こども園などで配布の案内書(市ホームページからも取り出し可)を参照
【申し込み】案内書にある申込用紙で同課。3月13日(水曜日)必着。抽選あり。決定後も、空き状況(市ホームページで閲覧可)に応じて申し込み可

(学校)

豊能地区公立学校教員
採用選考テスト受験説明会
【日時】4月①6日(土曜日)10時~12時②6日(土曜日)14時~16時③7日(日曜日)14時~16時④11日(木曜日)19時~21時⑤17日(水曜日)19時~21時⑥23日(火曜日)19時~21時
【場所】①②池田市民文化会館(池田市)③豊中商工会議所(岡町北)④池田市中央公民館(池田市)⑤箕面文化・交流センター(箕面市)⑥教育センター(蛍池中町)
【対象・定員】小学校教諭・中学校教諭・養護教諭・栄養教諭をめざす人、①②240人③170人④⑤⑥100人
【その他】①②手話通訳あり
【申し込み】往復はがきに、住所と名前(返信用も)、電話番号、希望日時(①~⑥)、配慮事項(手話通訳や車椅子使用など)を書き、〒561–8501「豊中市役所大阪府豊能地区教職員人事協議会」 【電話】6858・3341。3月22日(金曜日)消印有効。4月2日(火曜日)まで市ホームページからも申し込み可。先着順

スクールサポーターを
募集します
【内容】派遣された学校で、児童・生徒の学習や生活などに関わる支援 ▼期間=4月~平成32年3月。週8~12時間程度
【対象・定員】大学生、大学院生ほか
【その他】面接あり。年2回研修あり。謝礼あり
【申し込み】児童生徒課 【電話】6866・0101

お知らせ「環境・ごみ」(18ページから22ページまで)

環境・ごみ

(みどり・公園)

クレマチスの育て方
【日時】3月9日(土曜日)10時~12時
【場所】花とみどりの相談所(曽根南町)
【内容】クレマチスの育て方を学び、苗の植え付け
【出演・講師・指導】関西クレマチス協会・淺田久司さん
【対象・定員】24人
【費用・参加費】千200円
【申し込み】3月5日(火曜日)から同所 【電話】6863・8439。先着順

栽培講習会
春・夏野菜の育て方
【日時】3月9日(土曜日)13時30分~15時30分
【場所】eMIRAIE環境交流センター(中桜塚)
【出演・講師・指導】園芸高校教諭・開発基良さん
【申し込み】花と緑のネットワークとよなか 【電話】080・5718・7651

ふれあい緑地 自然学習教室
【日時】3月①10日(日曜日)②14日(木曜日)③④16日(土曜日)⑤24日(日曜日)。①13時~15時②③⑤10時~12時④12時~14時
【場所】とよなか四季彩園(服部西町)
【内容】①てまり作り教室②デジカメの現像を学ぶ③食べられる野草探し④野草を食べてみる⑤ゲンジボタルの幼虫の放流
【対象・定員】①18歳以上、12人②~⑤各25人
【申し込み】各開催日の前日までに電話で同園 【電話】6866・3288。先着順

チャレンジ 野菜くずの
堆肥化を始めませんか
【日時】3月16日(土曜日)10時~11時30分
【場所】くらしかん(北桜塚)
【内容】家庭の生ごみの堆肥化方法と助成制度の説明
【問い合わせ】花と緑のネットワークとよなか 【電話】080・5718・7651

■子ども■とよっぴー農園に行こう
マイジャガイモを育てて食べよう
【日時】【連続講座】3月16日(土曜日)・4月20日(土曜日)・6月22日(土曜日)・7月20日(土曜日)10時~11時30分
【場所】緑と食品のリサイクルプラザ(原田中)
【内容】ジャガイモの栽培・収穫・試食
【対象・定員】4歳~小学生の子どもと保護者、12組
【申し込み】往復はがきに、催し名、代表者の住所と名前(返信用も)、参加者全員の住所・名前・年齢・電話番号を書き、〒561–0881中桜塚1–24–20「eMIRAIE環境交流センター内花と緑のネットワークとよなか」 【電話】080・5718・7651。3月8日(金曜日)消印有効。抽選あり

豊中みどりの交流会
みどりのつどい
【日時】3月17日(日曜日)10時~12時
【場所】花とみどりの相談所(曽根南町)
【内容】種まきから楽しむ草花の育て方の講習、花の種まき体験、意見交換ほか。参加者に花の種の配布あり
【対象・定員】50人
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】公園みどり推進課 【電話】6843・4141

ブルーベリーの育て方
【日時】3月23日(土曜日)10時~12時
【場所】花とみどりの相談所(曽根南町)
【内容】ブルーベリーの育て方を学び、苗の植え付け
【出演・講師・指導】元同所相談員・中川増一さん
【対象・定員】25人
【費用・参加費】千500円
【申し込み】3月19日(火曜日)から同所 【電話】6863・8439。先着順

野菜塾 受講者募集
【日時】【連続講座】4月2日~9月28日の火曜・土曜日(夏季のみ木曜日もあり)9時30分~12時
【場所】緑と食品のリサイクルプラザ(原田中)
【内容】無農薬・有機資材で野菜を栽培(初心者・家庭向き)
【対象・定員】3人
【申し込み】3月12日(火曜日)・16日(土曜日)10時30分から同プラザで詳細説明後、受け付け。選考あり
【問い合わせ】花と緑のネットワークとよなか 【電話】080・5718・7651

市民農園の利用者募集
▼利用期間=4月16日(火曜日)〜平成33年3月15日(月曜日) ▼募集農園=左表参照。1区画約15㎡
【対象・定員】市在住の20歳以上の人。1世帯1区画(複数申し込みと、平成32年3月15日まで利用中の人の申し込みは不可)
【費用・参加費】2万円
【申し込み】往復はがきに、希望農園名、郵便番号・住所と名前(返信用も)、電話番号を書き(消せるペン不可)、〒561–8501「豊中市役所農業委員会事務局」 【電話】6858・2491。3月8日(金曜日)消印有効。抽選あり
障害者利用枠
【対象・定員】身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を持つ人(家族と共に農園を利用する人も可) ▼対象区画数=以下参照
【申し込み】前記必要事項のほか、手帳名、所持者名、手帳番号を記入。抽選あり

市民農園の所在地と予定区画数
農園名/予定区画数/所在地(街区)
北桜塚 45(2) 北桜塚3-4
熊野町4丁目 44(2) 熊野町4-7
庄内栄町4丁目 74(4) 庄内栄町4-21
庄内宝町3丁目 80(4) 庄内宝町3-4
西緑丘C 27(1) 西緑丘3-26
東泉丘1丁目B 42(2) 東泉丘1-12
東泉丘1丁目C 16(1) 東泉丘1-12
緑丘B 16(1) 緑丘4-39
向丘E 34(2) 向丘1-4
若竹町1丁目A 40(2) 若竹町1-24
予定区画数のうち、( )内は障害者利用枠

(ごみ・まちの美化)

■ニュース■ごみカレンダーなどを3月に配布
 「わが家のごみカレンダー」「ハッピーごみ減量通信」を3月に各家庭へ配布します。
 同カレンダーは両面印刷で、平成32年3月までのごみ収集日を掲載していますので、大切に保管してください。市ホームページでも閲覧できます。
【問い合わせ】家庭ごみ事業課 【電話】6858・2275
写真キャプション:表面は4月~9月、裏面は10月~平成32年3月の収集日を掲載しています

臨時ごみ直接持ち込みの
入り口が変わります
 4月1日(月曜日)から、臨時ごみ直接持ち込みの入り口がクリーンランド(原田西町)敷地南西端に変わります。
臨時ごみの直接持ち込みには、事前予約が必要です。
【申し込み】クリーンランド臨時ごみ搬入予約受付窓口 【電話】6841・4498(月曜~土曜日(祝・休日を含む)9時~17時)

若者世代から発信
これからの食品ロス削減 ごみ減量フォーラム
 まだ食べられるのに捨てられてしまう食品「食品ロス」。日本で平成27年(2015)に発生した食品ロスは約646万トン。これは、1人1日茶わん約1杯分(約139グラム)の食品が捨てられていることになります。
 同フォーラムでは、世界や日本、地域での食品ロスに関わる取り組みなどについて情報共有や意見交換を行います。食品ロスについて理解し、自分ができる取り組みについて一緒に考えてみませんか。
【日時】3月24日(日曜日)13時~15時45分 
【場所】文化芸術センター(曽根東町) 
【対象・定員】80人 
【申し込み】3月15日(金曜日)までに電話で減量計画課 【電話】6858-2279。ファクス可(催し名、住所、名前、年齢、電話番号を記入)【FAX】6843-3501。先着順 
【保育あり】3月11日(月曜日)までに申し込み
(高校生の活動発表)
◎少年少女国連大使・佐竹真菜子さんによる「Let’s 地球改革」
 食品ロスとSDGs(持続可能な開発目標)、日々の食品ロス対策、フードバンクの拡大について
◎大阪成蹊女子高校キャリア特進コースの生徒3人による「食品ロス対策プロジェクト」
 食品ロス対策のアプリ検討、高齢者向けのワークショップ、幼稚園での環境学習、親子向け料理教室について
(市マイバッグ推進協議会の軌跡)
取り組みなどの活動報告ほか
(パネルディスカッション)
大阪産業大学講師・花嶋温子さんの進行で、ダイエー総務お客さまサービス部リーダー・中山大輔さんや高校生ほかによる意見交換

同時開催(申し込み不要)
・食品ロス削減についてのパネル展示
・絵本「きょうのきゅうしょくな~にかな」、冊子「とよなか食品ロス・ゼロハンドブック」の配布ほか
〈フードドライブの実施〉
家庭で余っている食品を持ち寄り、社会福祉協議会などを通じて子ども食堂など必要としている人に提供します。
▶ 受け取りできる食品=米、乾麺、缶詰、レトルト食品、調味料など
▶ 受け取りできない食品=消費・賞味期限が4月24日(水曜日)以前の食品、生鮮食品、開封されているもの、アルコールなど

クリーンランド
ダイオキシン類の測定結果
 焼却炉から排出されるダイオキシン類の平成30年度測定結果は、左表の通りです。
 クリーンランド(原田西町)では、ごみ処理に関する測定結果や運転状況などの資料が閲覧できます。
【問い合わせ】クリーンランド 【電話】6841・5771
ダイオキシン類の測定結果
排ガス(ng-TEQ/㎥ N)
1号炉:0
2号炉:0
3号炉:0.000079
基準値 0.1
排水(pg- TEQ/L)
工場排水:0.000036
基準値 10
※㎥ Nは標準状態に換算した気体の体積を表す単位。TEQは毒性等価換算濃度。1ngは10億分の1g。1pgは1兆分の1g

スリーR・センター
〒561‒0806原田西町2‒1
【電話】6841・8152
【FAX】6841・8162

展望フロア一般開放デー
空港コラボイベント
【日時】3月17日(日曜日)10時~15時
【場所】クリーンランド(原田西町)
【内容】展望フロアの一般開放。ANA team・空楽隊による演奏、キッズ制服着用体験。施設見学会(10時30分~・10時45分~・13時50分~。各20人。先着順)、キッズコーナーほか

環境フォーラム
【日時】3月19日(火曜日)①13時30分~15時30分②15時30分~16時30分
【場所】同センター
【内容】SDGs(持続可能な開発目標)の必要性を学ぶ。①カードゲームを通した体験と学習②施設見学会(希望者のみ)
【出演・講師・指導】2030SDGs公認ファシリテーター・藤田美保さん
【対象・定員】50人
【申し込み】3月5日(火曜日)10時から来館・電話受付。先着順

春の施設見学会と
ごみ収集車の乗車体験
【日時】3月21日(祝日)10時10分~12時
【場所】同センター
【内容】施設見学や収集車を使った環境学習、乗車体験ほか
【対象・定員】50人。小学生以下は保護者同伴
【申し込み】3月5日(火曜日)10時から来館・電話受付。先着順

不用なテニスボールなどを使ったキャラクター作り
【日時】3月24日(日曜日)13時30分~15時
【場所】同センター
【対象・定員】20人
【申し込み】3月5日(火曜日)10時~22日(金曜日)16時に来館・電話受付。先着順

(環境保全)

■ニュース■PM2.5(微小粒子状物質)に関する注意喚起
 PM2.5が高濃度になると予測される日は、7時15分か12時15分ごろに府ホームページや防災情報メールで注意喚起があります。
 注意喚起があった場合、屋外での長時間の運動や外出を控え、屋内の換気を最小限にするなどの対応が望ましいとされています。また、呼吸器系や循環器系に疾患がある人や子ども、高齢者は体調管理に注意してください。
【問い合わせ】環境政策課 【電話】6858・2105

猫は室内で飼育しましょう
 飼い猫は、交通事故や感染症などの危険、ふん尿などによる近所トラブルを避けるためにも、室内で飼うよう努めてください。
【問い合わせ】衛生管理課 【電話】6152・7320

環境報告書を発行
 市の環境の現状や市民の活動状況などをまとめた報告書「とよなかの環境(確定版)2017年度評価と今後に向けて」を、3月25日(月曜日)から環境政策課などで配布するほか、市ホームページでも閲覧できます。
【問い合わせ】同課 【電話】6858・2127

地球環境を守る市民行動計画
「豊中アジェンダ21」の活動
【問い合わせ】とよなか市民環境会議アジェンダ21(eMIRAIE環境交流センター内・中桜塚) 【電話】6844・8611
とよっぴーの有料配布
【日時】3月9日(土曜日)・27日(水曜日)10時~11時
【場所】緑と食品のリサイクルプラザ(原田中)
【費用・参加費】10㎏200円ほか(1人7袋まで)
竹切り体験
【日時】3月11日(月曜日)9時30分~12時。雨天中止
【場所】千里中央公園(新千里東町)
【対象・定員】10人
【申し込み】3月9日(土曜日)まで来館・電話受付。先着順
竹炭焼き体験
【日時】〈火入れ〉3月22日(金曜日)9時~12時〈窯出し〉3月23日(土曜日)9時30分~12時。雨天の場合は翌日
【場所】千里中央公園野外炊さん場
【対象・定員】10人
【申し込み】3月20日(水曜日)まで来館・電話受付。先着順
とよっぴー 地産地消採りたて野菜市
【日時】3月28日(木曜日)10時~売り切れ次第終了
【場所】さわ病院(城山町)
【その他】とよっぴー2.5㎏(100円)有料配布あり

eMIRAIE環境交流センター
〒561‒0881中桜塚1‒24‒20
【電話】6844・8611
【FAX】6844・8668

同センターの催し
クイズでわかるSDGs 子どもの目線から学ぶ持続可能なまちづくり
【日時】3月5日(火曜日)~29日(金曜日)
【場所】同センター
【内容】JICA関西によるSDGsクイズボードなどの展示
2030年とよなかの未来を救え
3つのミッションをクリアせよ
【日時】3月9日(土曜日)13時~15時
【場所】蛍池人権まちづくりセンター(蛍池北町)
【内容】豊中で活動する市民団体による生き物や昔遊び、国際交流などをテーマにした遊びと学びのブース
■子ども■自然ふしぎ発見クラブ
春の野草観察とヨモギだんご作り
【日時】3月16日(土曜日)10時~12時。集合・解散はくらしかん(北桜塚)。雨天決行
【対象・定員】5歳以上の子ども、15人。小学3年生以下は保護者同伴
【申し込み】3月14日(木曜日)まで来館・電話受付。先着順
新聞紙でエコバッグ作り
【日時】3月20日(水曜日)13時~15時
【場所】同センター
【対象・定員】15人
【費用・参加費】100円
【申し込み】3月17日(日曜日)まで来館・電話受付。先着順
ツバメ営巣調査 報告会・交流会
【日時】3月23日(土曜日)14時~16時
【場所】くらしかん
【対象・定員】30人
【申し込み】3月21日(祝日)まで来館・電話受付。先着順
自然学習講座
都市の生物多様性の拠点・ビオトープ
【日時】3月24日(日曜日)14時~16時
【場所】中央公民館(曽根東町)
【出演・講師・指導】豊島北ビオトープクラブ理事長・佐藤亮さん
【対象・定員】40人
【申し込み】3月22日(金曜日)まで来館・電話受付。先着順
エコゲームで身に付ける
コミュニケーション
【日時】3月27日(水曜日)13時30分~16時30分
【場所】同センター
【内容】教育現場で話題の遊びでコミュニケーションを育む方法を学ぶ。参加者に同ゲームを進呈
【出演・講師・指導】あそび文化研究所所長・畑直樹さん
【対象・定員】20人
【費用・参加費】2千円
【申し込み】3月20日(水曜日)まで来館・電話受付。先着順
【保育あり】3月13日(水曜日)までに申し込み
リユースバザー出店者募集
【内容】4月6日(土曜日)に開催するリユースバザーの出店者を募集
【対象・定員】市民・団体14店(専門業者と3回連続出店者は除く)
【費用・参加費】500円
【申し込み】はがき(1世帯1枚)に、「4月6日バザー参加」、住所と名前(ふりがな)、電話番号、参加人数、同バザーのチラシの希望枚数を書き、同センター。3月13日(水曜日)必着。抽選あり。結果は当選者のみ通知

お知らせ「まち・安全」(23ページ)

まち・安全

(まちづくり)

千里橋の改修工事が
完了します
 2月下旬に大阪モノレール・北大阪急行千里中央駅と新千里西町をつなぐ同橋の改修工事が完了します。3月1日(金曜日)からは、SENRITOよみうり(新千里東町)の歩行者デッキとつながり、通行できるようになります。
【問い合わせ】道路建設課 【電話】6858・2366

自分らしく暮らし続けるために
福祉住環境サミット開催
【日時】3月①16日(土曜日)12時30分~17時45分②17日(日曜日)10時~16時45分
【場所】大阪大学(待兼山町)
【内容】①基調講演、全国の取り組み発表と表彰②認知症や住環境整備などをテーマとした座学、体験型の分科会ほか
【費用・参加費】4千円(市在住・在勤、共催・後援団体所属の人は3千円。学生と75歳以上の人は無料)
【申し込み】電話でユニバーサルデザイン推進協会 【電話】6844・1279。市ホームページからも申し込み可

住宅フェア
今の住まいと暮らしを考える
【日時】3月16日(土曜日)13時~16時45分
【場所】大阪大学(待兼山町)
【内容】一級建築士と住生活コーディネーターによる住まい・暮らしの何でも相談会、車椅子や歩行器などの福祉用具の展示・体験、パネル展示ほか
【問い合わせ】住宅課 【電話】6858・2741

助成金申し込み団体による
公開プレゼンテーション
【日時】3月17日(日曜日)9時30分~
【場所】千里文化センター「コラボ」(新千里東町)
【内容】とよなか夢基金助成を申し込んだ団体による、地域課題の解決などに向けた事業の説明
【問い合わせ】コミュニティ政策課 【電話】6858・2041
【保育あり】3月5日(火曜日)までに申し込み

(安全・防災)

火の取り扱いにご注意を
 3月1日(金曜日)~7日(木曜日)は、春の火災予防運動実施期間です。空気が乾燥し、火災が発生しやすい季節です。火の取り扱いには十分注意しましょう。また、住宅用火災警報器や消火器など、防災機器の点検を行いましょう。
【問い合わせ】予防課 【電話】6846・8449

北・南消防署開放デー
【日時】3月①2日(土曜日)②3日(日曜日)。9時30分~12時30分
【場所】①北消防署新千里出張所(新千里西町)②南消防署(庄内幸町)
【内容】はしご車搭乗体験(①のみ。身長・年齢制限あり)、ミニ消防車でパトロール(②のみ。年齢制限あり)、放水体験、レスキューチャレンジ、消防服で記念撮影、消防音楽隊によるコンサートほか
【問い合わせ】①北消防署予防広報課 【電話】6846・8494②南消防署予防広報課 【電話】6334・3454

防災用スピーカーの試験放送をします
 3月11日(月曜日)で東日本大震災から8年を迎えます。当日12時30分から約1分間、市立小学校など62カ所に設置している防災用スピーカーの作動確認のため、市からのお知らせを放送します(音声の届く範囲は半径約250m)。この機会に、家庭でも災害への備えや点検をお願いします。
【問い合わせ】危機管理課 【電話】6858・2683

応急手当講習会
【申し込み】3月①11日(月曜日)②19日(火曜日)までに救急救命課 【電話】6846・8438。先着順。申込者が10人未満の場合は開催中止
①上級救命講習
【日時】3月12日(火曜日)10時~17時
【場所】消防局(岡上の町)
【内容】心肺蘇生法、止血法、異物除去、搬送法、傷病者管理、AEDの使用方法ほか
【対象・定員】35人
【その他】実技・筆記試験あり。修了証の郵送希望者は、82円切手を貼った返信用封筒を持参
②高齢者予防救急講習
【日時】3月20日(水曜日)10時~11時
【場所】南消防署(庄内幸町)
【内容】高齢者のけがや事故予防、応急手当て、救急車利用の注意点ほか
【対象・定員】30人

(上下水道)

水道使用戸数の変更は3月中に
 マンション・共同住宅などの水道料金は、使用戸数を基に計算している場合があります。使用戸数に基づく料金計算の変更は、3月29日(金曜日)までに申し込んでください。4月以降は原則、新規の戸数のみの受け付けになります。
【問い合わせ】窓口課 【電話】6858・2931

水質検査計画を策定
 上下水道局は、水源から蛇口までの水質監視体制などを定めた、平成31年度の水質検査計画を策定しました。より適正で透明性の高い水質検査を行い、市の水道水が安全・良質であることを広く知ってもらうことが目的です。
 計画に基づき、浄水場・配水場・給水栓の各地点で、法律で定められた検査項目に加えて市独自の項目も設定し、定期的に検査します。検査結果は市ホームページや水質試験年報で公表し、次年度の計画策定に活用します。
 計画書は、同局(北桜塚)や市ホームページで閲覧できます。
【問い合わせ】浄水課 【電話】6841・0070

お知らせ「くらし・案内一般」(24ページから26ページまで)

くらし・案内一般

シルバー人材センターで
包丁研ぎをします
【日時】3月5日(火曜日)・6日(水曜日)・20日(水曜日)9時30分~16時30分
【場所】市役所別館(北桜塚)
【費用・参加費】包丁1本400円から
【その他】当日に返却できない場合あり。集配達は不可
【問い合わせ】同センター 【電話】6856・1777

シルバー人材センター展
知ってください 仕事も趣味も
【日時】3月18日(月曜日)・19日(火曜日)10時~16時
【場所】市役所第二庁舎
【内容】同センターの事業紹介と同好会の活動報告、刃物研ぎの予約受け付け、スマートフォンの操作相談会ほか
【問い合わせ】同センター 【電話】6856・1777

シルバー人材センター
手作り作品展示販売会
【日時】3月26日(火曜日)10時~15時
【場所】同センター(北桜塚)
【内容】布小物・編み物作品
【問い合わせ】同センター 【電話】6856・1777

市営豊中駅西自動車駐車場が民間駐車場に変わります
 エトレ豊中(玉井町)地下の市営駐車場は、4月1日(月曜日)から民営化し、エヌエイチグループが運営します。民営化後の料金などについては、エヌエイチサービスホームページをご覧ください。
【問い合わせ】市街地整備課 【電話】6858・2349

阪急豊中駅北改札口出てすぐ
 市民活動情報サロンの催し
【場所】【問い合わせ】市民活動情報サロン(本町) 【電話】6152・2212、【FAX】6152・2213
マンスリーサロン サロン受託
6年間を終えてさらなる飛躍のために
【日時】3月22日(金曜日)18時30分~20時
【対象・定員】15人
【申し込み】当日会場。先着順
交流サロン 春の交流会
【日時】3月30日(土曜日)14時~15時30分
【対象・定員】15人
【申し込み】当日会場。先着順

 ご寄付のお礼
 市の基金などへの温かい寄付が次のとおり寄せられました(敬称略)。ありがとうございました。
 寄付の方法などは財政課 【電話】6858-2799へ問い合わせてください。
社会福祉事業基金に
社会福祉=森川照義(刀根山)7千719円、匿名(1件)1万円 障害福祉=刀禰󠄀加津昌(北桜塚)1千円、脳損傷無料相談支援所「ラルゴ」(上野東)5千円 児童福祉=匿名(1件)5千円
市民公益活動の推進(とよなか夢基金)に
前田秋雄(門真市)1千円、前田君代(門真市)1千円、清水高子(東泉丘)1千円、ぐるぐるアート豊中世話人会(蛍池東町)1千円、南桜塚ゆうの会 小島和恵(中桜塚)2万円、匿名(1件)3万円
豊中市まちづくり応援基金に
匿名(3件)6万1千円
教育振興基金に
東幸樹(鹿児島県徳之島町)1千円、匿名(2件)1万4千円
奨学金の貸し付けに
北之坊皓司(岡町)2万円
文化芸術振興基金に
匿名(1件)3万円
公共施設等整備基金に
玉米昭太郎(神奈川県相模原市)3万円、匿名(3件)1万2千円
緑化事業基金に
匿名(2件)4千321円、市の催しなどで集まった募金
3万3千778円
消防・救急救命基金に
匿名(3件)10万2千円
スポーツ振興基金に
村井武磨(愛知県豊田市)3万円、匿名(3件)8万円
老人憩の家に
豊中人権まちづくりセンター老人憩の家=克明校区社会福祉協議会(岡町北)スタッキングチェア20台

包括外部監査人が
監査結果報告書を提出
 今回は「上下水道局の事業に係る財務事務の執行及び経営管理について」をテーマに、監査が行われました。報告書では、事務手続きの改善や、書類などの確認体制の強化などについて述べられています。
 報告書は、市政情報コーナーや市ホームページで閲覧できます。
【問い合わせ】行政総務課 【電話】6858・2818

(労働)

働きたい若者を応援する
3月の就活プログラム
【日時】【内容】下記参照
【場所】とよの地域若者サポートステーション(服部西町)
【対象・定員】15歳~39歳、各10人
【その他】利用登録が必要
【申し込み】電話で同ステーション 【電話】6151・3017。先着順

働きたい若者を応援する3月の就活プログラム
講座名/日時
職業興味・適性検査
1日(金曜日)・8日(金曜日)・15日(金曜日)・23日(土曜日)・29日(金曜日)14時~16時
心と体を整えるマインドフルネス実践入門
5日~26日の火曜日10時15分~11時45分
言葉を使わず簡単な絵でコミュニケーション
5日(火曜日)・12日(火曜日)・19日(火曜日)13時30分~15時30分
職業理解セミナー8日(金曜日)13時30分~15時
就活実践セミナー①就職活動準備②応募書類③面接
①9日(土曜日)②16日(土曜日)③23日(土曜日)。13時~15時
職場のコミュニケーション講座
14日(木曜日)・28日(木曜日)13時30分~15時
自己対処能力を高めるソーシャルスキルトレーニング
26日(火曜日)13時30分~15時

ゼロから始める田舎暮らし地方を楽しむ
【日時】3月10日(日曜日)13時~16時
【場所】千里文化センター「コラボ」(新千里東町)
【内容】ソシオデザイン・大西正泰さんとドクター・オブ・ジ・アース・河村賢造さんによる田舎暮らしの多角的な楽しみ方についてのトークショー。キューブ米(2合分)進呈(40人。当日会場。先着順)
【対象・定員】60人
【申し込み】3月4日(月曜日)からFPI 【電話】6939・3631。先着順
【問い合わせ】くらし支援課 【電話】6858・6863

シニアのためのおしごとカフェ
【日時】3月14日(木曜日)14時~15時30分
【場所】すてっぷ(玉井町)
【内容】バスの誘導・清掃、バス停メンテナンス、警備・交通誘導、調理・接客、福祉・介護・家事支援などの仕事について、事業所採用担当者との交流会
【対象・定員】おおむね55歳以上の求職者、30人(未経験者可)
【申し込み】電話でとよなか生涯現役サポートセンター 【電話】6152・7662。先着順

(消費生活)

生活情報センターくらしかん
〒560‒0022北桜塚2‒2‒1
【電話】6858・5060
【FAX】6858・5095

リユースバザー
【日時】3月9日(土曜日)10時~11時30分
【場所】くらしかん
【内容】日用雑貨などの有料配布
【費用・参加費】実費

生活情報ひろばの催し
【場所】【問い合わせ】くらしかん
パネル展 循環型社会の構築に向けて
【日時】3月1日(金曜日)~28日(木曜日)
チーズをおいしく楽しむ会
【日時】3月11日(月曜日)13時30分~15時
【内容】チーズの製造方法や料理方法などを学ぶ。試食あり
【出演・講師・指導】雪印メグミルク社員
【対象・定員】30人
【費用・参加費】300円
【申し込み】3月4日(月曜日)10時~11時に電話で同ひろば 【電話】6858・6855。先着順
【保育あり】要申し込み
地産地消イベント
【日時】3月13日(水曜日)10時~11時30分(売り切れ次第終了)
【内容】豊中とその近郊で作られたコメや卵・野菜・竹炭などの有料配布
【費用・参加費】実費
バラのプリザーブドフラワー作り
【日時】3月13日(水曜日)13時30分~15時30分
【出演・講師・指導】フラワーデザイナー・日野てるみさん
【対象・定員】8人
【費用・参加費】2千円
【申し込み】3月6日(水曜日)12時~13時に電話で同ひろば 【電話】6858・6855。先着順
【保育あり】要申し込み
料理教室 春色の洋風メニュー
【日時】3月22日(金曜日)10時30分~13時30分
【内容】鶏肉のワイン煮ほか
【出演・講師・指導】甲南女子大学准教授・東根裕子さん
【対象・定員】16人
【費用・参加費】900円
【申し込み】3月5日(火曜日)10時~11時に電話で同ひろば 【電話】6858・6855。先着順
【保育あり】要申し込み
バネくちポーチ作り
【日時】3月28日(木曜日)13時~15時
【出演・講師・指導】桜塚校区福祉会
【対象・定員】15人
【費用・参加費】150円
【申し込み】3月14日(木曜日)13時~14時に電話で同ひろば 【電話】6858・6855。先着順
セカンドライフのための保障と保険
【日時】3月28日(木曜日)13時30分~15時
【出演・講師・指導】日本マネーバランスFP協会・団野修さん
【対象・定員】30人
【申し込み】当日13時から来館受付。先着順

意見募集
対象は、市在住か在勤・在学の人、市内の事務所、納税義務者、利害関係者。素案の内容と応募用紙は、市政情報コーナー、庄内(庄内幸町)・新千里(新千里東町)の各出張所、担当課にあります。市ホームページでも内容の閲覧・意見の提出可

地域福祉計画の素案
【内容】地域福祉推進のための目標や取り組みを掲げた計画の素案
【申し込み】3月1日(金曜日)~21日(祝日)に地域福祉課 【電話】6858・2220

傍聴
申し込みは、各会議の当日30分前から先着順。受付開始時に定員を超えた場合は抽選。途中入場不可の場合あり

障害者施策推進協議会
【日時】3月18日(月曜日)14時~16時
【場所】くらしかん(北桜塚)
【内容】第6期障害福祉計画の策定スケジュールなどについて
【対象・定員】10人
【問い合わせ】障害福祉課 【電話】6858・3282

公民館運営審議会
【日時】3月18日(月曜日)18時30分~20時
【場所】中央公民館(曽根東町)
【内容】公民館の管理運営についてほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】同館 【電話】6866・0555

府北摂ブロック
福祉有償運送 運営協議会
【日時】3月19日(火曜日)15時~17時
【場所】市役所別館(北桜塚)
【内容】NPO法人などが、高齢者や障害者を対象に有償で行う車による移送・福祉有償運送実施に関する申請内容の審査ほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】高齢者支援課 【電話】6858・2235

社会福祉審議会
児童福祉専門分科会
【日時】3月20日(水曜日)10時~12時
【場所】市役所別館(北桜塚)
【内容】児童福祉施設に関する運営基準について
【対象・定員】5人
【問い合わせ】こども政策課 【電話】6858・2258
【保育あり】3月13日(水曜日)までに申し込み

図書館協議会
【日時】3月20日(水曜日)18時~20時
【場所】岡町図書館(岡町北)
【内容】中央館構想と施設配置の在り方についてほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】同館 【電話】6843・4553

地域公共交通協議会
【日時】3月22日(金曜日)14時~16時
【場所】市役所別館(北桜塚)
【内容】公共交通改善計画の策定についてほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】交通政策課 【電話】6858・2340

社会教育委員会議
【日時】3月28日(木曜日)10時~12時
【場所】市役所第二庁舎
【内容】平成31年度社会教育関係団体への補助金の交付についてほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】生涯学習課 【電話】6858・2754

市民委員募集
応募資格や選考方法などは担当課や市ホームページにある募集要項を参照。他の審議会などとの重複選任防止のため、住所、名前、年齢、性別の情報を行政総務課に提供

とよなか都市創造研究所
運営委員会
【任期】6月~平成33年5月
【内容】同研究所の都市政策に関する調査や研究計画の策定について調査・審議。会議は年3回程度
【対象・定員】市在住か在勤・在学の18歳以上、2人
【報酬】1回9千700円
【申し込み】同研究所(北桜塚)で配布する募集要項にある応募用紙(市ホームページからも取り出し可)で同研究所 【電話】6858・8811。4月8日(月曜日)必着

お知らせ「人権・平和」(26ページ、27ページ)

人権・平和

パネル展
人が大切にされる社会のために
【日時】3月6日(水曜日)~13日(水曜日)9時~17時
【場所】豊中人権まちづくりセンター(岡町北)
【内容】日本の社会が直面している人権問題・課題について考えるパネル展示
【問い合わせ】同センター 【電話】6841・1313

ロビーコンサート
和を奏でる
【日時】3月28日(木曜日)13時30分~14時30分
【場所】蛍池人権まちづくりセンター(蛍池北町)
【出演・講師・指導】とよなか和楽器集団 ちくば
【対象・定員】50人
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】同センター 【電話】6841・5326

■子ども■保育つきライブラリー
【日時】4月8日(月曜日)10時~12時
【場所】すてっぷ(玉井町)
【内容】図書室利用時に子どもを保育(1歳以上の未就学児、10人。新規優先枠あり)
【申し込み】3月11日(月曜日)~24日(日曜日)にすてっぷ情報ライブラリー 【電話】6844・9735。ファクス可(催し名、住所、名前、電話番号、保護者の年代、子どもの名前・年齢を記入)
【FAX】6844・9706。すてっぷホームページからも申し込み可。抽選あり
【保育あり】要申し込み

ひと・まち・であい
人権文化のまちづくりフェスタ
交流のつどい
 豊中人権まちづくりセンターで活動するサークルなどの発表のほか、ゲームや飲食ブースなど楽しい催しが盛りだくさん。見て、遊んで、同センターのことをもっと知ってみませんか。
【日時】3月3日(日曜日) 
【場所】同センター(岡町北)
【費用・参加費】実費
〈4階〉活動発表 10時~12時30分
克明小学校太鼓クラブによる太鼓演奏や同センターこども園園児による合唱、登録サークルによる日本舞踊、太極拳、アロハフラほかの発表
〈3階〉遊び・体験コーナー 13時~15時30分
まったりお茶席、チャリティーバザー、おもちゃ作り・パソコンで名刺作り体験ほか
〈2階〉飲食コーナー 12時30分~(売り切れ次第終了)
軽食の販売や飲食スペース
◎同時開催(3月3日(日曜日)15時30分まで)
【内容】サークルで製作した作品や市民団体・同センター紹介パネルの展示、パネル展・「寺本知」
の世界
【問い合わせ】豊中人権まちづくりセンター 【電話】6841-1313

とよなか国際交流センター
〒560‒0026玉井町1‒1‒1‒601
【電話】6843・4343
【FAX】6843・4375

外国人(がいこくじん)向(む)けセミナー(せみなー)
健康(けんこう)についての講義(こうぎ)と個別相談会(こべつそうだんかい)
【日時】3月(がつ)8日(にち)(金曜日)(きんようび)13時(じ)~15時(じ)30分(ふん)
【場所】同センター(どうせんたー)
【内容】結核(けっかく)・風(ふう)しんの予防(よぼう)と対処方法(たいしょほうほう)についての話(はなし)、保健師(ほけんし)ほかによる無料個別相談会(むりょうこべつそうだんかい)。英語(えいご)、中国語(ちゅうごくご)、韓国(かんこく)・朝鮮語(ちょうせんご)、フィリピノ語(ふぃりぴのご)、タイ語(たいご)、ベトナム語(べとなむご)、インドネシア語(いんどねしあご)、スペイン語(すぺいんご)、ネパール語(ねぱーるご)の通訳(つうやく)あり。軽食付(けいしょくつ)き
【対象・定員】外国人(がいこくじん)、30人(にん)
【申し込み】来館(らいかん)・電話受付(でんわうけつけ)。先着順(せんちゃくじゅん)
【保育あり】3月(がつ)4日(にち)(月曜日)(げつようび)までに申(もう)し込(こ)み

メディアリテラシー入門講座 
子どもとメディア
【日時】3月23日(土曜日)10時~16時 
【場所】同センター 
【内容】子どもが触れやすいメディアを中心に分析し、その影響について考察する
【出演・講師・指導】京都府立大学非常勤講師・田島知之さんほか 
【対象・定員】30人 
【費用・参加費】500円 
【申し込み】来館・電話受付。先着順 
【保育あり】3月15日(金曜日)までに申し込み

国流シネマカフェ あん
【日時】3月23日(土曜日)17時30分~20時
【場所】同センター
【内容】元ハンセン病患者の女性を通して、生きていく意味を問いかける映画
【対象・定員】30人
【申し込み】来館・電話受付。先着順

おまつり地球一周クラブ
アゼルバイジャンを知ろう
【日時】3月30日(土曜日)10時~12時
【場所】同センター
【内容】同国出身の講師から同国の話を聞き、ゲームなどを体験
【対象・定員】小・中学生、15人
【費用・参加費】300円
【申し込み】3月26日(火曜日)まで来館・電話受付。先着順

お知らせ「文化・にぎわい」(27ページから33ページまで)

文化・にぎわい

わっぱる たき火day
【日時】3月9日(土曜日)10時~15時。集合・解散は現地。雨天中止
【場所】青少年自然の家わっぱる(能勢町)
【内容】たき火・散策・工作ほか
【対象・定員】2人以上の家族・グループ。未成年者は保護者同伴
【費用・参加費】実費(施設使用料)
【申し込み】3月8日(金曜日)までに電話でわっぱる 【電話】072・734・0301

市民星空観察会
【日時】3月9日(土曜日)18時30分~20時。雨天中止
【場所】野畑南公園(向丘)
【内容】冬の星座と星団、星雲の観察
【出演・講師・指導】豊中天文協会
【その他】中学生以下は保護者同伴
【問い合わせ】青年の家いぶき 【電話】6866・3030

■子ども■赤ちゃんから楽しめる
ファミリーシビックジャズ
【日時】3月①10日(日曜日)②24日(日曜日)。10時30分~11時30分、13時~14時30分
【場所】①すこやかプラザ(岡上の町)②庄内公民館(三和町)
【内容】0歳から参加できるジャズコンサート
【出演・講師・指導】アイコ フレンズ
【問い合わせ】魅力創造課 【電話】6858・2863

庄内文化フェスティバル
【日時】3月17日(日曜日)13時30分~15時30分
【場所】庄内少年文化館(庄内栄町)
【内容】①科学実験②親子お茶席体験③お菓子屋さん体験④ギタークラブ・ダンスクラブ・フラダンス教室によるステージ発表
【対象・定員】①30人②15組(1組2人)③小学4年~中学生、10人④80人
【費用・参加費】②1人300円
【その他】③3月16日(土曜日)14時からお菓子作りあり
【申し込み】①②③3月1日(金曜日)10時から電話で北摂こども文化協会 【電話】072・761・9245(水曜~日曜日9時~17時)。ファクス可(住所、名前(フリガナ)、①②③のいずれか、学校名、学年、電話・ファクス番号を記入)
【FAX】072・761・9244。④当日会場。いずれも先着順

プラネタリウム寄席
【日時】3月17日(日曜日)13時30分~16時
【場所】青年の家いぶき(服部西町)
【内容】関西の大学落語会有志による落語5題(プラネタリウムの投映はなし)
【対象・定員】50人
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】いぶき 【電話】6866・3030

文書館歴史講座
長興寺かいわいまちあるき
【日時】3月18日(月曜日)13時同館(長興寺南)集合~15時現地解散
【内容】同館周辺から服部緑地まで、市職員の案内で江戸時代の絵図を見ながら町歩き
【対象・定員】18歳以上、15人
【申し込み】3月4日(月曜日)10時から電話で同館 【電話】6862・5251。先着順

地域ITリーダーによる
パソコン講習
【申し込み】往復はがき(1人1枚)に、㋑㋺(第2希望まで)、住所と名前(返信用も)、電話番号を書き、〒560–0021本町1–1–1市民活動情報サロン気付パソコンプラザinとよなか。3月13日(水曜日)必着。抽選あり
【問い合わせ】エキスタとよなか運営協議会事務局 【電話】6858・2781
㋑エクセル2016を使って家計簿を作ろう
【日時】【連続講座】3月22日(金曜日)・25日(月曜日)14時~17時
【場所】エキスタとよなか(阪急豊中駅舎内)
【対象・定員】エクセルを使っている人、12人
【費用・参加費】千円
㋺パソコン入門(ウィンドウズ10・エクセル2016・ワード2016)
【日時】【連続講座】3月28日(木曜日)・29日(金曜日)13時30分~16時30分
【場所】原田介護予防センター(原田元町)
【対象・定員】60歳以上で文字入力ができる人、12人
【費用・参加費】千円

史跡あるき
服部天神駅かいわい
【日時】3月23日(土曜日)13時~15時30分。集合・解散は阪急服部天神駅東改札口前
【内容】市職員の案内で、国史跡・春日大社南郷目代今西氏屋敷など服部・浜一帯の文化財を巡る
【対象・定員】20人
【申し込み】往復はがき(1枚2人まで)に、催し名、代表者の住所と名前(返信用も)、参加者全員の住所・名前(ふりがな)・電話番号(代表者は携帯電話・ファクス番号も)・年齢を書き、〒561–8501「豊中市役所生涯学習課」 【電話】6858・2581。市ホームページからも申し込み可。3月8日(金曜日)消印有効。抽選あり

■子ども■おはなしと折り紙を楽しむ会
【日時】3月23日(土曜日)14時30分~15時30分
【場所】庄内少年文化館(庄内栄町)
【内容】おはなしボランティア・ポケットによる絵本の読み聞かせ、紙芝居、同館職員による花の折り紙ほか
【対象・定員】幼児~小学生(保護者同伴可)
【問い合わせ】同館 【電話】6336・6371

原田しろあと館 3月の公開と催し
【場所】同館(曽根西町) 
【日時】【内容】【費用・参加費】下表参照。各開催日の12時~15時30分に現地公開を実施 
【その他】駐車場はありません 
【問い合わせ】とよなか・歴史と文化の会(同館内) 【電話】6841-3725(土曜・日曜日12時~16時)
催し名・日時/内容ほか
縁側サロン 2日(土曜日)、10日(日曜日)、30日(土曜日)、31日(日曜日)13時30分~15時
【内容】い自由な語らいの場
子ども広場 3日(日曜日)13時30分~15時
【内容】内こま回し・けん玉・皿回しなどの昔遊び、元幼稚園教諭・佐保田真美子さんによ
る絵本の読み聞かせ
ひな飾り体験 3日(日曜日)13時30分~15時
【内容】離れの和室で飾り付け(31日(日曜日)まで展示)
古文書講座 9日(土曜日)13時30分~15時
【内容】元新修豊中市史編さん担当職員・清水喜美子さんによる「近世史料を読む」 
【対象・定員】25人 
【費用・参加費】¥200円 申当日会場。先着順
万葉うたがたり劇場アイノカタチ 16日(土曜日)13時30分~15時
【内容】万葉歌と歌から確認できる恋情の機微を万葉うたがたり主宰・岡本三千代さんと楽しむ 
【対象・定員】30人 
【費用・参加費】500円 
【申し込み】当日会場。先着順
おもちゃ作り 17日(日曜日)13時30分~15時
【内容】SA19・どんぐりによる回転ピエロ、くねくね蛇、キャラクターブンブンこまほか
コンサート「春 心弾む名曲の旅」 23日(土曜日)13時30分~15時
【内容】ソプラノ・喜多真美さんとピアノ演奏・柴田恭子さんによる「メモリー」ほか 
【対象・定員】30人 
【費用・参加費】500円 
【申し込み】当日会場。先着順
落語と腹話術・マジック 24日(日曜日)13時30分~15時
【内容】桂枝女太さんによる落語、花丘奈果さんによる腹話術、久保靜弘さんによるマジッ
ク 
【対象・定員】30人 
【費用・参加費】500円 
【申し込み】当日会場。先着順

■子ども■ガールスカウトの隊員を募集
【対象・定員】5歳~小学6年生
【問い合わせ】青年の家いぶき 【電話】6866-3030
団名/校区・申し込み
11▶泉丘、熊野田、桜塚、東泉丘、南桜塚、緑地
【申し込み】加藤 【電話】090-4767-5746
24▶刀根山、蛍池、箕輪
【申し込み】結城 【電話】6841-2920
40▶上野、熊野田、少路、東豊台、東豊中、緑丘
【申し込み】大高 【電話】6848-2829
58▶克明、桜塚、原田、箕輪
【申し込み】徳田 【電話】6855-2901
61▶泉丘、北丘、北緑丘、新田、新田南、西丘、東泉丘、東丘、南丘
【申し込み】木村 【電話】080-6109-5302
80▶小曽根、北条、豊島、豊島北、寺内、中豊島、緑地
【申し込み】大森 【電話】090-5250-6277
159▶大池、北緑丘、桜井谷、桜井谷東、少路、刀根山、野畑、緑丘
【申し込み】瀧田 【電話】090-1678-5412

豊中まつり2019
出店説明会とポスター募集
【問い合わせ】豊中まつり事務局 【電話】6840・6888
出店希望者向け説明会
【日時】4月20日(土曜日)10時~11時30分
【場所】豊中人権まちづくりセンター(岡町北)
【対象・定員】100人(プロアマ不問)
【その他】出店には説明会への出席が必須
【申し込み】電話で同事務局。先着順
ポスターデザイン募集
【対象・定員】高校生・専門学校生
【申し込み】豊中まつりホームページにある募集要項を参照し、同事務局。5月10日(金曜日)必着。選考あり
写真キャプション:昨年の豊中まつりのポスター

豊中魅力アップ助成金
助成事業募集説明会
【日時】3月26日(火曜日)14時~15時、19時~20時
【場所】くらしかん(北桜塚)
【対象・定員】各40人
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】魅力創造課 【電話】6858・2863

貸室を文化的サークル活動などで利用できます
【場所】くらしかん(北桜塚)
【内容】〈利用時間〉9時~12時・13時~17時・18時~21時〈貸室・定員〉キッチン25人・体験学習室50人・会議室25人・イベントホール100人・講座室20人
【費用・参加費】実費(使用料)
【その他】利用には条件や制限あり
【申し込み】使用月の3カ月前からくらしかん 【電話】6858・5060で来館受付。2回目以降の仮予約は電話受付可

市民ギャラリー3月の展示
【場所】阪急豊中駅南側高架下1階
【日時】10時~19時(日曜日は17時まで、展覧会により最終日の終了時間が異なる場合あり)。月曜日休館 
【問い合わせ】同ギャラリー 【電話】6846-8621
催し名/日程
彩希会展(油絵) 12日(火曜日)~17日(日曜日)
康荘会書展・優游会漢詩展 19日(火曜日)~24日(日曜日)
華心社水墨画展 26日(火曜日)~31日(日曜日)

文化芸術センター
〒561‒0802曽根東町3‒7‒2
【電話】6864・5000
【FAX】6863・0191

とよなかアーツワゴン
マネジメントプレ講座
【日時】3月6日(水曜日)18時30分~20時
【場所】同センター
【内容】4月から始まる同センターでの人材育成事業「とよなかアーツワゴン」の、コーディネーター育成と実践を目的とするマネジメント部門への参加希望者向け事前準備講座
【対象・定員】20人
【申し込み】当日会場。先着順

日本センチュリー交響楽団
設立30周年記念展
【日時】3月8日(金曜日)~17日(日曜日)10時~19時
【場所】同センター
【内容】設立30周年を迎える同楽団のこれまでの軌跡を振り返る展示
オープニングセレモニー
【日時】3月8日(金曜日)10時~
【出演・講師・指導】同楽団楽団員
【対象・定員】30人
【申し込み】当日会場。先着順
ミニコンサート
【日時】3月12日(火曜日)10時30分~
【出演・講師・指導】同楽団楽団員
【対象・定員】50人
【申し込み】当日会場。先着順

とよキネマ 母と暮せば
【日時】3月8日(金曜日)11時~、14時30分~、19時~
【場所】同センター
【内容】映画監督・山田洋次さん初のファンタジー作品の上映
【対象・定員】各150人
【費用・参加費】千円ほか
【申し込み】同センター、ローソンチケットほか。先着順

にほんのうた
【日時】3月15日(金曜日)14時~、19時~
【場所】同センター
【内容】ソプラノ歌手・篠原美幸さんによる日本歌曲の歌唱
【対象・定員】各202人
【費用・参加費】2千500円ほか
【申し込み】同センターほか。先着順

ロビーコンサート
【日時】3月20日(水曜日)14時~
【場所】同センター
【内容】ピアニスト・新崎洋実さんによるミニコンサート
【対象・定員】40人
【申し込み】当日会場。先着順

ザクセン声楽アンサンブル
【日時】4月29日(祝日)16時~
【場所】同センター
【内容】バッハやメンデルスゾーン、シューマンの合唱曲のアカペラ
【対象・定員】490人
【費用・参加費】3千円ほか
【申し込み】同センター、ローソンチケットほか。先着順

豊中文芸コンサート
沖縄からの風
【日時】5月12日(日曜日)17時~
【場所】同センター
【出演・講師・指導】歌手・夏川りみさんほか
【対象・定員】千344人
【費用・参加費】6千円
【申し込み】3月2日(土曜日)から同センターほか。先着順

千里文化センター「コラボ」
〒560‒0082新千里東町1‒2‒2
【電話】6831・4133
【FAX】6832・4190

孤独や不安を和らげよう
もぐもぐ集会
【日時】3月3日(日曜日)14時~20時
【場所】コラボ
【内容】同じ時間と場所を共有し、調理や食事を楽しむ
【出演・講師・指導】元ひきこもり当事者団体・ウィークタイ
【対象・定員】ひきこもりなどで生きづらさを感じているおおむね30歳代までの人、12人
【費用・参加費】500円
【申し込み】当日会場。先着順

コラボ談話室
【日時】3月9日(土曜日)10時~12時
【場所】コラボ
【内容】「なぜあなたは豊中に この町で生きる」をテーマに、ボランティア腹話術師・渡辺利雄さんの話題提供で語り合う

千里コラボ大学校
【日時】3月9日(土曜日)14時~16時15分
【場所】コラボ
【内容】吹田郷土史研究会・上村和功さんによる「千里丘陵の史跡と街道 上新田から箕面今宮への古道をゆく」
【対象・定員】70人
【申し込み】3月8日(金曜日)まで来館・電話受付。先着順
【保育あり】3月6日(水曜日)までに申し込み

おとなの転勤族カフェ
【日時】3月14日(木曜日)10時30分~12時
【場所】コラボ
【内容】転勤族ならではの悩みを語り合い、地域の情報を共有

キャンドルナイトカフェ
【日時】3月15日(金曜日)18時30分~20時
【場所】コラボ
【内容】ミュージックアラカルト・majicaによる演奏と千里の映像の上映

心理学を使おう・楽しもう
【日時】3月19日(火曜日)14時~16時
【場所】コラボ
【内容】「生き方の心理学」をテーマに、心理セラピスト・八木満夫さんから学ぶ
【対象・定員】70人
【申し込み】3月12日(火曜日)10時から来館・電話受付。先着順

コラボ地域懇談会
ラウンドテーブル
【日時】3月23日(土曜日)14時~16時
【場所】コラボ
【内容】都市のにぎわいの演出について建築デザイナー・北村拓さんと共に考える
【対象・定員】15人
【申し込み】3月22日(金曜日)まで来館・電話受付。先着順

ボランティア応援コーナー
【日時】3月26日(火曜日)14時~16時
【場所】コラボ
【内容】同センター市民実行委員が個別相談や活動先を紹介

千里まちあるき
春を求めて
【日時】4月2日(火曜日)9時50分北大阪急行桃山台駅南改札口西出口広場集合~12時コラボ解散
【内容】市発行の冊子「ぶらり千里」の新千里南町コースを市民ボランティアガイドと巡る
【対象・定員】10人
【申し込み】3月22日(金曜日)10時から来館・電話受付。先着順

(公民館)

中央公民館
〒561‒0802曽根東町3‒7‒3
【電話】6866・0555
【FAX】6863・4427

次世代につなぐ地域活動
【日時】【連続講座】3月8日(金曜日)・15日(金曜日)・22日(金曜日)18時30分~20時30分
【場所】同館
【内容】若い世代も参加しやすい事業を、ワークショップを交え参加者で企画する
【出演・講師・指導】とよなかESDネットワーク・上村有里さんほか
【対象・定員】30人
【申し込み】3月4日(月曜日)14時から電話受付。先着順

お茶席
【日時】3月10日(日曜日)9時~15時
【場所】同館
【出演・講師・指導】豊中茶華道連盟 ・久保宗照さん(裏千家)
【費用・参加費】600円

登録グループロビー展
【場所】同館
七彩会(水彩画)
【日時】3月15日(金曜日)~28日(木曜日)(28日は15時まで)
油絵友の会
【日時】3月30日(土曜日)~4月12日(金曜日)(12日は15時まで)

登録グループ発表会
女声合唱団フォヴェット
【日時】3月19日(火曜日)10時30分~11時30分
【場所】同館
【対象・定員】30人
【申し込み】当日会場。先着順

■子ども■親子でつくろう
ビーズアクセサリー
【日時】3月26日(火曜日)10時~11時30分
【場所】同館
【出演・講師・指導】手芸講師・中原直子さん
【対象・定員】3歳以上の未就学児と保護者、10組
【費用・参加費】300円
【申し込み】3月12日(火曜日)10時から電話受付。先着順
【保育あり】3月19日(火曜日)までに申し込み

蛍池公民館
〒560‒0033蛍池中町3‒2‒1‒501
【電話】6843・5561
【FAX】6841・5094

■子ども■すくすくおはなしタイム
【日時】3月6日(水曜日)10時30分~12時
【場所】同館
【内容】蛍池人権まちづくりセンター保育士ほかによる触れ合い遊び、絵本の読み聞かせほか
【対象・定員】0歳の子どもと保護者、15組
【申し込み】当日会場。先着順

登録グループロビー展
淡彩画コスモス(水彩画)
【日時】3月10日(日曜日)~22日(金曜日)
【場所】同館

自分や家族の葬式を
考えてみる
【日時】3月16日(土曜日)10時30分~12時
【場所】同館
【内容】終活の一環として、自分や家族の葬式について考える。エンディングノートの配布あり
【出演・講師・指導】豊中北玉泉院終活カウンセラー・角坂浩二さん
【対象・定員】20人
【申し込み】3月1日(金曜日)11時から電話受付。先着順

人権ゆかりの地を訪ねてin奈良
【日時】3月22日(金曜日)9時~17時30分。集合・解散は同館。往復貸切バス
【内容】北山十八間戸や東大寺(いずれも奈良市)などを巡り人権の歴史を学ぶ
【対象・定員】20人
【費用・参加費】500円
【申し込み】3月8日(金曜日)10時30分から電話受付。先着順

■子ども■春休みファミリーワンデイ
手作りの集い
【日時】3月23日(土曜日)10時~14時
【場所】同館
【内容】おにぎり・豚汁・いちご大福などの料理実習と小枝・木の実などを使った工作
【対象・定員】小学生以下の子どもと保護者、20人
【費用・参加費】400円
【申し込み】3月11日(月曜日)10時30分から電話受付。先着順

登録グループ体験講習会
豊中男声合唱団
【日時】3月24日(日曜日)11時~12時
【場所】同館
【出演・講師・指導】同会指導者・小泉恵美子さん
【対象・定員】男性、10人
【申し込み】3月4日(月曜日)10時30分から電話受付。先着順

地域で子育ちを考える学習会
誕生日を知らない女の子
【日時】3月24日(日曜日)13時30分~15時15分
【場所】同館
【内容】ノンフィクションライター・黒川祥子さんによる虐待に関する講演
【対象・定員】40人
【申し込み】3月8日(金曜日)13時30分から電話受付。先着順

庄内公民館
〒561‒0828三和町3‒2‒1
【電話】6334・1251
【FAX】6336・9313

グループロビー展
【場所】同館
水彩画青葉会
【日時】3月2日(土曜日)~14日(木曜日)
豊中きりえの会
【日時】3月14日(木曜日)~26日(火曜日)

■子ども■はじめましてのおんがく会
【日時】3月10日(日曜日)11時~12時
【場所】同館
【出演・講師・指導】Glanz Wind Ensemble
【対象・定員】小学生以下の子どもと保護者、20組(きょうだい同伴可)
【申し込み】電話受付。市ホームページからも申し込み可。先着順

■子ども■3月の保育室イベント
フェルトで簡単ロゼット
【日時】3月12日(火曜日)10時30分~11時30分
【場所】同館
【対象・定員】おおむね未就学児と保護者
【その他】3月5日~26日の火曜日10時~15時30分は自由開放あり
写真キャプション:針を使用しないので親子で安全に作れます

登録グループ
ロビーコンサート
【日時】3月16日(土曜日)14時~15時
【場所】同館
【内容】同グループ・歌うカナリヤによる「ビリーブ」ほか

(仮称)北校と(仮称)南部
コラボセンターの説明会
【日時】3月23日(土曜日)10時~12時、26日(火曜日)18時30分~20時30分
【場所】同館
【内容】義務教育学校・(仮称)北校と(仮称)南部コラボセンターの基本設計などに関する説明
【対象・定員】各80人
【申し込み】当日会場。先着順
【保育あり】各開催日の1週間前(土曜・日曜日を除く)までに申し込み

登録グループ体験講習会
フレッシュ・リズム・ダンス
【日時】【連続講座】4月1日(月曜日)・8日(月曜日)13時~16時
【場所】同館
【内容】ストレッチとリズムダンスで基礎体力づくり
【出演・講師・指導】同会指導者・安原牧子さん
【対象・定員】20歳以上の女性、5人
【申し込み】3月18日(月曜日)13時から電話受付。先着順

■子ども■ママとベビーのすくすくヨガ
【日時】【連続講座】4月10日(水曜日)・17日(水曜日)13時30分~14時45分
【場所】同館
【出演・講師・指導】ははこ助産院代表・岡本千加さん
【対象・定員】6カ月~1歳(歩く前)の子どもと母親、10組
【申し込み】往復はがき(1組1枚)に、住所と名前(返信用も)、電話番号、講座名、子どもの名前と月齢を書き、同館。市ホームページからも申し込み可。3月20日(水曜日)必着。抽選あり

千里公民館
〒560‒0082新千里東町1‒2‒2
【電話】6833・8090
【FAX】6832・4190

楽しく始める
パソコンライフ
【日時】3月①11日(月曜日)②25日(月曜日)。13時30分~16時30分
【場所】同館
【内容】地域ITリーダーによる①インターネットでイラストの検索②パワーポイント応用・スライドショー作り
【対象・定員】文字入力ができる人、各18人
【費用・参加費】500円
【申し込み】3月①4日(月曜日)②18日(月曜日)10時から電話受付。受付日に定員を超えれば抽選

ランチタイム
ロビーコンサート
【日時】3月12日(火曜日)12時~12時45分
【場所】千里文化センター「コラボ」(新千里東町)
【内容】大阪音楽大学大学院学生・水谷知夏さんのピアノ演奏によるシューマン作曲「森の情景」

わくわく千里自然工房
自由に工作しよう
【日時】3月23日(土曜日)10時~12時
【場所】同館
【出演・講師・指導】登録グループ・千里ネイチャークラブ
【対象・定員】40人。小学3年生以下は保護者同伴
【申し込み】当日会場。先着順

(図書館)

しょうないREK
リサイクル本 年に一度の在庫市
【日時】3月19日(火曜日)10時~16時
【場所】庄内図書館(三和町)
【内容】図書館リサイクル本の販売、特価・蔵出しコーナーほか
【その他】フードドライブを同時開催
【問い合わせ】同館 【電話】6334・1261

■子ども■春休みおはなしワールド
【日時】3月23日(土曜日)①10時30分~11時②11時30分~12時③14時~14時30分④15時~15時40分
【場所】千里図書館(新千里東町)
【内容】てぶくろ人形「めんどりときつね」、お話、紙芝居、絵本ほか
【出演・講師・指導】千里ストーリーテリングの会
【対象・定員】①2歳以下の子ども、20人②3歳の子ども、30人③4歳・5歳の子ども、40人④小学生、40人(いずれも保護者同伴可)
【申し込み】3月5日(火曜日)10時から同館 【電話】6831・0225。先着順

点訳図書 新着案内
「うき世櫛」中島要著、「50代から本気で遊べば人生は愉しくなる」片岡鶴太郎著、「日野原重明先生の生き方教室」日野原重明著、「学校では教えてくれない差別と排除の話」安田浩一著。

デイジー図書新着案内
 視覚障害者のための資料です。
 「福袋」朝井まかて著、「決断。」大胡田誠ほか著、「昭和と師弟愛」小松政夫著。

動く図書館 3月の巡回日程
 住所などを確認できるもの(健康保険証など)を示して登録してください。市内各図書館の利用
者カードを持っている人は、そのカードで借りられます。
 駐車場所などの問い合わせは、岡町図書館 【電話】6843-4553へ。
とき/駐車場所/駐車時間
2日(土曜日)二葉町1(二葉第二住宅) 13:30 ~14:30
       上津島2(上津島センター) 15:00 ~16:00
6日(水曜日)上野東1(豊松園ハイツB棟前) 13:30 ~14:30
       東泉丘4(ジオ緑地公園3番館) 15:00 ~16:00
7日(木曜日)庄本町3(そんぽの家豊中庄本町横駐車場) 13:45 ~14:45
       大島町2(洲到止八幡宮) 15:15 ~16:00
9日(土曜日)上新田4(朝日プラザ千里A棟前) 14:00 ~16:00
13日(水曜日)刀根山2(天理教会高香分教会) 13:30 ~14:30
       本町9(住友化学社宅4号棟前) 15:00 ~16:00
15日(金曜日)西泉丘2(グランドールマンション) 13:30 ~14:30
       上新田4(桃山台グリーンマンション) 15:00 ~16:00
16日(土曜日)上野東2(堀田公園) 14:00 ~16:00
19日(火曜日)アルビス旭ヶ丘(6-4号棟北側) 14:00 ~16:00
20日(水曜日)刀根山元町(ゴッツ下) 15:00 ~16:00
27日(水曜日)寺内2(日商岩井第1緑地公園マンション) 14:00 ~16:00
28日(木曜日)東寺内町(寺内南公園) 14:00 ~16:00

岡町図書館
〒561‒0884 岡町北3‒4‒2
【電話】6843・4553
【FAX】6841・3493

とよ読書会
【日時】①3月8日(金曜日)②4月12日(金曜日)。10時~12時
【場所】同館
【内容】読後感想を語り合う集い。テキストは①カズオ・イシグロ著「遠い山なみの光」②村田沙耶香著「コンビニ人間」

おはなしボランティア
フォローアップ研修講座
【日時】3月14日(木曜日)14時~15時30分
【場所】同館
【内容】絵本作家・増田純子さんと福音館書店編集者による対談「絵本ができるまでと絵本にできること」
【対象・定員】市内で読み聞かせなどの活動をしている人、60人
【申し込み】当日会場。先着順
【保育あり】3月7日(木曜日)までに申し込み

山田洋次ライブラリー講読会
【日時】3月15日(金曜日)14時~15時
【場所】同館
【内容】エピソードを交えて同ライブラリーに所蔵する資料を紹介。テーマは倍賞千恵子著「倍賞千恵子の現場」から「本番、よーいスタート!」
【出演・講師・指導】とよなか山田会元代表・能登宏之さん

■子ども■春もおはなしたっぷり
【日時】3月19日(火曜日)・20日(水曜日)・22日(金曜日)15時30分~16時
【場所】同館
【内容】ストーリーテリングや絵本の読み聞かせ
【対象・定員】4歳の子ども~小学生

野畑図書館
〒560‒0052 春日町4‒11‒1
【電話】6845・2400
【FAX】6841・4041

書庫に入れるDAY(でえ)
【日時】3月14日(木曜日)11時~16時
【場所】同館
【内容】普段は入室できない書庫の資料約17万点の閲覧と貸し出し
【対象・定員】中学生以上の人

野畑図書館に
人形劇がやってきた
【日時】3月23日(土曜日)10時20分~11時、11時30分~12時10分
【場所】同館
【内容】人形劇団ピピによる「おむすびころりん」ほか
【対象・定員】各80人
【申し込み】当日会場。先着順

■子ども■おはなしプレゼント
春休みスペシャル
【日時】3月27日(水曜日)14時30分~15時、15時30分~16時
【場所】同館
【内容】野畑おはなしの会ほかによるお話の語りと絵本の読み聞かせ
【対象・定員】小学生以下の子ども、各30人(中学生以上も参加可)
【申し込み】当日会場。先着順

(産業)
補助金の上手な活用方法を学ぼう
補助金活用セミナー
【日時】3月12日(火曜日)19時~21時
【場所】とよなか起業・チャレンジセンター(蛍池中町)
【内容】商品・技術開発、店舗展開などの新規事業の取り組みを補助する中小企業チャレンジ事業補助金を活用した事業者からの事例紹介、各種補助金の選び方や基礎知識を学ぶ
【対象・定員】市内の事業者、20人
【出演・講師・指導】大阪市都市型産業振興センター・東純子さんほか
【申し込み】産業振興課 【電話】6858・2188。ファクス可(講座名、事業所名、所在地、業種、参加者の名前、電話・ファクス番号を記入)
【FAX】4865・2058。市ホームページからも申し込み可

起業セミナー
【日時】3月16日(土曜日)14時~16時
【場所】とよなか起業・チャレンジセンター(蛍池中町)
【内容】事業計画作成のポイントを学ぶ
【出演・講師・指導】中小企業診断士・山本裕司さん
【対象・定員】市内で起業を考えている人、8人
【申し込み】電話で同センター 【電話】6840・1955。先着順

お知らせ「スポーツ」(33ページから36ページまで)

スポーツ

ニュースポーツデー
【日時】【場所】3月9日(土曜日)庄内体育館(野田町)、3月16日(土曜日)豊泉家千里体育館(新千里東町)、3月23日(土曜日)柴原体育館(柴原町)。いずれも9時30分~11時30分
【内容】ペタンク、囲碁ボール、ソフトバレーボールほか
【持ち物】運動のできる服、上靴、タオル、飲み物
【問い合わせ】スポーツ振興課 【電話】6858・2751

トライウオーキング
とよなか散歩道を歩こう
【日時】3月20日(水曜日)10時庄内体育館(野田町)集合~11時30分現地解散
【内容】同館から阪急神崎川駅周辺までの約4kmをウオーキング
【出演・講師・指導】スポーツ推進委員
【対象・定員】4km完歩できる人、50人
【申し込み】3月6日(水曜日)からスポーツ振興課 【電話】6858・2751。先着順

チアフェスタ
【日時】3月24日(日曜日)10時~15時
【場所】豊泉家千里体育館(新千里東町)
【内容】箕面自由学園高校チアリーダー部ほかによる、見て体験するチアイベント
【持ち物】運動のできる服・上靴(体験希望者のみ)
【問い合わせ】同館 【電話】6871・2233

第1期タイ式ヨガ教室
追加募集
【日時】【連続講座】4月1日~5月27日の月曜日(4月22日・29日・5月6日を除く6回)13時45分~14時45分
【場所】豊中ローズ球場(曽根南町)
【出演・講師・指導】日本ルーシーダットン普及連盟認定インストラクター・川北昭子さん
【対象・定員】女性、若干名
【費用・参加費】3千円
【申し込み】3月11日(月曜日)から同球場 【電話】6862・0018で来場受付。先着順

短期スポーツ教室
■子ども■障害児チャレンジスポーツ
【日時】3月16日(土曜日)①9時50分~10時50分②11時~12時
【場所】豊島体育館(服部西町)
【内容】トランポリン、マット、平均台ほか
【対象・定員】身体障害・知的障害・精神障害(手帳などの証明書が必要)のいずれかに該当する①小学4年~中学生②3歳~小学3年生。いずれも保護者同伴
【費用・参加費】子ども1人200円
【持ち物】運動のできる服、上靴、水筒
【申し込み】当日30分前から来館受付
【問い合わせ】スポーツ振興事業団 【電話】6864・3325
■子ども■やってみよう さかあがり教室
【日時】3月18日(月曜日)・19日(火曜日)・20日(水曜日)①15時30分~16時30分②16時40分~17時40分、3月25日(月曜日)・26日(火曜日)・27日(水曜日)③9時10分~10時10分④10時20分~11時20分⑤11時30分~12時30分
【場所】庄内体育館(野田町)
【対象・定員】①③5歳・6歳の未就学児②④小学1年・2年生⑤小学3年~6年生、各15人
【費用・参加費】各日500円
【申し込み】3月5日(火曜日)①③9時30分②④11時⑤13時から電話で同館 【電話】6331・7922。いずれも先着順

第1期水泳教室
【日時】【連続講座】4月8日(月曜日)~7月6日(土曜日)の各曜日(4月29日(祝日)~5月6日(振替休日)を除く)。各コース12回 
【対象・定員】市在住か在勤の人(児童・生徒・学生は在住に限る) 
▶年齢基準日=平成31年4月1日。幼児Bクラスは平成31年7月6日 
【費用・参加費】幼児と小・中学生は7,800円、その他は9,600円 
【申し込み】往復はがきに、教室名、1つの曜日、時間、住所(在勤の人は勤務先の名称と所在地も)、名前(フリガナ)、生年月日、電話番号、返信用に住所と名前、裏に教室名と曜日を書き、各プール。1施設につき1人1枚1教室1つの曜日に限る。抽選あり。結果は通知。欠員募集は受講手続き日の後に各プールへ問い合わせ 
▶受講手続き=指定日時に費用を添えて各プール。指定日時に手続きがない場合は取り消し。納入後の返金は不可。なお、受講に当たり、医師の承諾を求めたり、障害のある人は介助をお願いしたりする場合がありますので、事前に相談してください
※小・中学生教室を初めて申し込む人は「初級」に申し込み(初講日に泳力判定を実施)。「初級」は各プールの認定基準で8級まで(初心者からクロールが泳げる)の人、「中級」は7級~5級の人、「上級」は4級以上の人

二ノ切温水プール
〒560-0003東豊中町5-37-1 【電話】6848-8781
【申し込み締め切り】3月8日(金曜日)消印有効
【公開抽選日時】3月22日(金曜日)10時
【受講手続き日時】3月28日(木曜日)10時~19時
教室名/対象/時間/曜日(コース)/ 定員
■子ども■幼児A 3歳・4歳 
14時30分~15時30分 月曜日・水曜日・木曜日・金曜日 各42人
13時~14時 土曜日 42人

■子ども■幼児B 5歳・6歳
15時30分~16時30分 月曜日・水曜日・木曜日・金曜日 各45人
14時~15時 土曜日 45人

小・中学生(初級) 小・中学生
16時30分~17時30分 月曜日・水曜日・木曜日・金曜日 各50人
17時30分~18時30分 金曜日 50人
15時~16時、16時~17時 土曜日 50人

小・中学生(中・上級) 小・中学生
17時30分~18時30分 月曜日・水曜日・木曜日 各45人
17時~18時、18時~19時 土曜日 45人

中・高齢者A 55歳以上
10時~11時 木曜日・金曜日 各35人

中・高齢者B 55歳以上
11時~12時 金曜日 35人

女性A 15歳以上(生徒・学生は除く)
10時~11時 月曜日・水曜日 各35人

女性B 15歳以上(生徒・学生は除く)
11時~12時 月曜日・水曜日・木曜日 各25人

一般 15歳以上(中学生は除く)
19時~20時 水曜日・木曜日・金曜日 各20人

■子ども■親子 1歳6カ月~3歳未満の子どもと保護者
10時~11時 月曜日・木曜日 各20人

マリンフード豊中スイミングスタジアム
〒561-0858服部西町5-1-1 【電話】6865-3507
【申し込み締め切り】3月8日(金曜日)消印有効
【公開抽選日時】3月20日(水曜日)10時
【受講手続き日時】3月26日(火曜日)10時~19時
教室名/対象/時間/曜日(コース)/定員
■子ども■幼児A 3歳・4歳
14時30分~15時30分 火曜日・水曜日・木曜日・金曜日 各42人

■子ども■幼児B 5歳・6歳
15時30分~16時30分 月曜日・水曜日・木曜日・金曜日 各45人
10時45分~11時45分 土曜日 40人

小・中学生(初級) 小・中学生
16時30分~17時30分 火曜日・水曜日・木曜日・金曜日 各50人
14時~15時、15時~16時 土曜日 50人

小・中学生(中・上級) 小・中学生
17時30分~18時30分 火曜日・水曜日・木曜日・金曜日 各45人

小・中学生(中級) 小・中学生
16時~17時 土曜日 45人

小・中学生(上級) 小・中学生
17時~18時 土曜日 45人

中・高齢者A 55歳以上
10時~11時 火曜日・水曜日・金曜日 各35人

女性A 15歳以上(生徒・学生は除く)
10時~11時 木曜日 35人

女性B 15歳以上(生徒・学生は除く)
11時~12時 火曜日・金曜日 各35人

一般15歳以上(中学生は除く)
19時~20時 水曜日・木曜日 各35人

アクアエクササイズ 15歳以上(生徒・学生は除く)
13時30分~14時15分 木曜日 20人

■子ども■親子 1歳6カ月~3歳未満の子どもと保護者
11時~12時 火曜日・木曜日 各25人


スポーツ教室・大会・講習会ほか
【問い合わせ】表中に問い合わせ先がある場合は各問い合わせ先へ、ない場合はスポーツ振興事業団 【電話】6864‒3325
▶表中の「申込用紙」「募集案内」は、市役所、体育施設に置いています
▶万一の傷害事故に備えてスポーツ保険などに加入してください 
▶各施設・会場への車での来場はご遠慮ください

マリンフード豊中テニスコート(服部寿町) 
ジュニアテニス講習会
【日時】【連続講座】4月1日(月曜日)・2日(火曜日)・3日(水曜日)9時15分~10時45分。雨天の場合は会場で判断。予備日は4月4日(木曜日)
【内容】基本技術の習得とマナー
【対象・定員】市在住の新小学1年~中学生
【費用・参加費】1,500円。口座振り込み
【申し込み】往復はがきに、講習会名、名前(フリガナ)と住所(返信用も)、学年(新学年)、電話番号、経験の有無を書き、〒561‒0881中桜塚4‒14‒29豊中市テニス協会・越智好高。3月11日(月曜日)必着
【問い合わせ】同協会 【電話】070‒2282‒1212

春季ソフトテニス大会(ダブルス)
【日時】4月7日(日曜日)9時~。雨天の場合は会場で判断。当日電話での問い合わせ不可。予備日は4月21日(日曜日)
【対象・定員】市ソフトテニス協会加盟者。新規加盟可 ▶種別=一般男子・女子(15歳以上。中学生は除く)、シニア男子・女子(45歳以上)、シニア女子(55歳以上)、シニア男子(60歳以上)、ミックス(男子70歳以上・女子65歳以上)
【費用・参加費】〈加盟金(1人)〉1,000円。当日納入
【申し込み】はがきに、大会名、種別、2人の住所・名前・年齢・性別・所属・電話番号を書き、〒560‒0033蛍池中町2‒3‒1‒609豊中市ソフトテニス協会・渡部祥之。3月28日(木曜日)必着

テニススクール
【日時】【連続講座】〈①水曜女性〉4月10日~6月19日の水曜日(5月1日を除く、10回)。予備日は7月3日(水曜日)・10日(水曜日)〈②木曜〉4月11日~6月20日の木曜日(5月2日を除く、10回)。予備日は6月27日(木曜日)・7月4日(木曜日)。①②とも㋑9時10分~10時55分㋺11時5分~12時50分
【対象・定員】市在住か在勤の①女性、90人②50歳以上の男性・40歳以上の女性、80人。学生は除く
【費用・参加費】各6,200円(スポーツ保険料を含む)。口座振り込み
【申し込み】往復はがきに、講座名(①‒㋑、①‒㋺、②‒㋑、②‒㋺)、名前(フリガナ)と住所(返信用も)、性別、生年月日、電話番号、経験年数(初心者・1年未満・1年~3年・3年以上。継続して受講する人は在籍コート番号)を書き、〒560‒0014熊野町4‒6‒15豊中市テニス協会・溝部義人。3月11日(月曜日)必着
【問い合わせ】同協会 【電話】070‒2282‒1212

春季テニス大会(ダブルス)
【日時】〈女子A級・B級〉4月14日(日曜日)〈一般男子A級〉4月28日(日曜日)。いずれも9時~。雨天の場合は会場で判断。当日電話での問い合わせ不可。予備日は5月19日(日曜日)・26日(日曜日)
【対象・定員】市在住か在勤の人(高校生以下は除く)
【費用・参加費】1組3,600円(スポーツ保険料を含む)
【その他】女子B級は春季・市民大会3位以上の人は出場不可。申し込みが6組未満の種別は開催中止
【申し込み】はがきに、大会名、種別、性別、2人の住所(在勤の人は勤務先の名称と所在地も)、名前、年齢、所属、電話番号、組み合わせ表と振り込み案内の送付先を書き、〒560‒0014熊野町4‒6‒15豊中市テニス協会・溝部義人。3月11日(月曜日)必着。市ホームページからも申し込み可
【問い合わせ】同協会 【電話】070‒2282‒1212

武道館ひびき(服部西町) 
空手道審判講習会
【日時】4月6日(土曜日)13時~17時
【内容】組手・競技のルール講習と実技
【対象・定員】市在住か在勤の人
【持ち物】運動のできる服、ホイッスル、筆記用具
【申し込み】当日30分前に会場

青少年剣道大会(団体戦)
【日時】〈小学生の部〉4月14日(日曜日)〈中学生・一般・一般女子の部〉4月21日(日曜日)。いずれも9時30分~
【対象・定員】市剣道協会加盟団体か市内の中学校・高校の剣道部・同好会に所属している人 ▶種別=①小学1年~4年生の部②小学6年生以下の部③中学生の部④一般の部(高校生以上)⑤一般女子の部(高校生以上)。①~④は5人1チーム⑤は3人1チーム
【費用・参加費】①~④6,000円⑤3,600円。口座振り込み
【申し込み】申込用紙で、豊中市剣道協会。3月10日(日曜日)必着
【問い合わせ】同協会・児玉武己 【電話】090‒8741‒7792

■子ども■市民空手道大会
【日時】5月12日(日曜日)9時30分~
【対象・定員】市在住か在勤の5歳以上の人
【申し込み】申込用紙で、スポーツ振興事業団。中学生以下は保護者の参加承諾書(印)が必要。3月20日(水曜日)必着

庄内体育館(野田町) 
6人制バレーボール審判講習会
【日時】4月7日(日曜日)①9時30分~12時②13時30分~16時
【内容】①6人制女子②6人制男子。ルールの解説、審判実技と公式記録の付け方
【対象・定員】市在住か在勤の人
【持ち物】運動のできる服、上靴、ホイッスル、ルールブック、筆記用具
【申し込み】当日30分前に会場

9人制バレーボール審判講習会
【日時】4月14日(日曜日)9時~17時
【内容】ルールの解説、審判実技と公式記録の付け方
【対象・定員】市在住か在勤の人
【申し込み】はがきに、講習会名、住所、名前、チーム名、電話番号を書き、〒560‒0002緑丘4‒36‒10豊中市バレーボール連盟・山中恵。3月19日(火曜日)必着

協会杯卓球大会(団体戦)
【日時】4月21日(日曜日)9時~
【対象・定員】市卓球協会加盟団体。新規加盟可 ▶種別=男子・女子1部~3部。チーム構成は2ダブルス、1シングルスの4~5人編成。各部リーグ戦後、決勝トーナメント戦
【費用・参加費】〈参加費(1チーム)〉3,200円〈加盟金(1人)〉300円。当日納入
【申し込み】申込用紙で、〒560‒0085上新田2‒21‒208豊中市卓球協会・亀慶初美。4月1日(月曜日)必着

豊泉家千里体育館(新千里東町) 
会長杯バドミントン大会
【日時】4月7日(日曜日)9時~
【対象・定員】市バドミントン連盟加盟者。新規加盟可 
▶種別=シングルス、ダブルス。いずれも1部~5部(重複申し込み不可)
【費用・参加費】〈参加費(1人1種目)〉一般・大学生2,000円、高校生1,500円。申込時にゆうちょ銀行で納入
【申し込み】はがきか申込用紙に、大会名、種別、2人(シングルスは1人)の住所・名前・所属・電話番号を書き、〒561‒0881中桜塚2‒20‒3豊中市バドミントン連盟・山田完司。3月12日(火曜日)必着

春季バレーボール大会
【日時】〈6人制一般男子・9人制女子一部〉4月14日(日曜日)〈6人制女子・9人制一般男子・7人制壮年男子〉4月28日(日曜日)。いずれも9時~
【対象・定員】市バレーボール連盟加盟チーム。新規加盟可
【費用・参加費】〈参加費(1種別)〉5,000円〈加盟金(1種別)〉7,000円。申込時にゆうちょ銀行で納入 ▶抽選会=4月5日(金曜日)19時武道館ひびき(服部西町)
【申し込み】申込用紙で、豊中市バレーボール連盟。3月26日(火曜日)参加費納入期限

市民ハイキング月例会
【日時】3月17日(日曜日)7時40分阪急庄内駅梅田行ホーム集合~16時35分ごろJR市場駅付近解散。雨天中止(集合場所で判断) ▶行き先=小野アルプス(兵庫県小野市)一般向けコース
【対象・定員】市在住か在勤・在学の人
【費用・参加費】実費(交通費)
【持ち物】弁当、水筒、雨具、健康保険証ほか
【問い合わせ】豊中市民ハイキングの会・田中電話6862‒8738

春の野外民踊大会
【日時】4月7日(日曜日)10時~15時30分。雨天の場合は会場で判断。予備日は4月14日(日曜日)。当日電話での問い合わせ不可
【場所】豊島公園慰霊碑前広場(曽根南町)
【内容】全国の有名な民踊。服装自由
【対象・定員】市在住か在勤の人
【申し込み】当日30分前に会場

春季ソフトボール大会
【日時】4月7日からの日曜日
【場所】市立中学校ほか
【対象・定員】市ソフトボール協会に加盟し、傷害・物損保険に加入しているチーム(市在住か在勤の15歳以上の人。高校生、大学生など連盟・学生同好会などの登録者は除く)。新規加盟可 ▶種別=〈一般男子〉A・B・C級別トーナメント〈一般女子〉トーナメント
【費用・参加費】〈参加費〉6,000円〈新規加盟金〉10,000円〈年間登録費〉13,000円。参加費・新規加盟金は抽選会当日納入 ▶抽選会・開会式=3月28日(木曜日)19時(18時30分から受け付け)青年の家いぶき(服部西町)。チーム代表者は必ず出席
【申し込み】申込用紙で、豊中市ソフトボール協会・長舩博洋。ファクス可【電話】【FAX】6840‒1022。3月13日(水曜日)必着

春季バレーボール大会(9人制女子2部・4号球)
【日時】【場所】4月21日(日曜日)・5月11日(土曜日)豊泉家千里体育館(新千里東町)。いずれも9時~
【対象・定員】市バレーボール連盟加盟チーム。新規加盟可
【費用・参加費】〈参加費(1チーム)〉5,000円〈新規加盟金(1チーム)〉7,000円。抽選会当日納入 ▶抽選会=4月11日(木曜日)13時30分武道館ひびき(服部西町)
【申し込み】申込用紙で、豊中市バレーボール連盟。4月2日(火曜日)必着

グラウンド・ゴルフ親睦大会(個人戦)
【日時】【場所】5月8日(水曜日)マリンフード豊中少年野球場(服部寿町)。雨天の場合は会場で判断。予備日は5月15日(水曜日)
【対象・定員】市在住か在勤の人
【費用・参加費】500円
【申し込み】申込用紙で、豊中市グラウンド・ゴルフ協会。4月4日(木曜日)必着

お知らせ「募集」(37ページ)

募集

職員募集
【対象・定員】記載のないものは昭和29年4月2日以降に生まれた人。ただし、臨時については年齢の上限なし
▶募集案内=各担当課などで配布。市ホームページからも取り出し可
【申し込み】募集案内を参照。記載のないものは随時受け付け
職種/採用予定数/内容 ※国籍は問いません
臨時 
保育教諭 25人
【対象・定員】保育士資格か幼稚園教諭免許がある人
短時間保育教諭 15人
【対象・定員】保育士資格か幼稚園教諭免許がある人
短時間技能職員(調理・用務) 15人
【対象・定員】要件なし
看護師もしくは准看護師 3人
【対象・定員】看護師免許か准看護師免許がある人
【問い合わせ】こども事業課【電話】6858‒2808

放課後こどもクラブ指導員 25人
【対象・定員】要件なし
【問い合わせ】こども事業課【電話】6858‒2578

保育士 若干名
【対象・定員】保育士資格がある人
社会福祉職 若干名
【対象・定員】社会福祉主事任用資格がある人
【問い合わせ】あゆみ学園【電話】6841‒1551

介護認定調査員 3人
【対象・定員】介護支援専門員資格がある人
【問い合わせ】高齢者支援課【電話】6858‒2833

保健師 2人
【対象・定員】保健師免許がある人
【問い合わせ】健康増進課【電話】6858‒2801

保健師 1人
【対象・定員】保健師免許がある人
【問い合わせ】保健予防課【電話】6152‒7346

市立豊中病院 
薬剤師 3人
【対象・定員】薬剤師免許がある人
診療放射線技師 1人
【対象・定員】診療放射線技師免許がある人
臨床検査技師 2人
【対象・定員】臨床検査技師免許がある人
医師事務作業補助者 3人
【対象・定員】各種団体で実施する医療秘書・医師事務作業補助業務に関する技能・実務能力認定試験に合格している人
臨床検査技師(身体障害者対象) 1人
【対象・定員】臨床検査技師免許があり、身体障害者手帳の交付を受けている人
診療放射線技師(身体障害者対象) 1人
【対象・定員】診療放射線技師免許があり、身体障害者手帳の交付を受けている人
【問い合わせ】同病院【電話】6843‒0101

パート 
温水プール監視員 各プール5人
【対象・定員】高校生は不可
温水プール水泳指導員 各プール5人
【対象・定員】泳げる人。高校生は不可
【問い合わせ】各プール(二ノ切【電話】6848‒8781、マリンフード豊中スイミングスタジアム【電話】6865‒3507)

お知らせ「相談の窓口」(38ページ、39ページ)

相談の窓口

祝・休日と年末年始は実施しません。
★の相談は、原則として事前に申し込みが必要です(先着順)。
各相談は表中の■を除き、2カ月に1回掲載。表に掲載以外の相談の窓口もあります。
総合コールセンター 【電話】6858‒5050へ問い合わせてください。
※電話番号をお確かめの上、お間違いのないよう、ご注意ください。

相談名/内容・対象・定員/場所/日時/問い合わせ・申込先
■弁護士相談 ★
【内容】相続・離婚・金銭貸借ほか
【対象・定員】①②16人 
 広聴係 ①3月17日(日曜日)9時30分~13時30分②水曜日・金曜日(3月29日を除く)、13時~17時
【申し込み】①3月13日(水曜日)9時から②相談日の前日(祝・休日の場合はその前の平日)9時から同係 【電話】6858‒2034

■交通事故相談 ★
【内容】弁護士による交通事故相談
【対象・定員】5人 
 広聴係 火曜日、13時~15時30分
【申し込み】相談日の前日(祝・休日の場合はその前の平日)9時から同係 【電話】6858‒2034

■人権擁護委員による人権相談
【内容】人権に関する困りごと・心配ごと 広聴係 第1木曜日、13時~15時
【問い合わせ】人権政策課 【電話】6858‒2586

■障害者基幹相談支援センター
【内容】障害福祉に関する全般的な相談 
 同センター(島江町) 月曜日~金曜日、9時~17時15分
【問い合わせ】同センター 【電話】6862‒0095

■こども総合相談窓口
【内容】【対象・定員】18歳未満の子どもと家庭の相談 
 こども相談課(すこやかプラザ内・岡上の町) 24時間365日受け付け(電話のみ)。来所は月曜日~金曜日、9時~17時15分
【問い合わせ】同課 【電話】6852‒5172

■こども専用フリーダイヤル
【内容】【対象・定員】18歳未満の子ども本人を対象とした電話相談 
 電話相談のみ 24時間365日受け付け 
 電話相談【フリーダイヤル】0120‒307‒874

子育て相談(ほっぺ)
【内容】乳幼児の育児ほか 
 ほっぺ(すこやかプラザ内・岡上の町) 月曜日~金曜日、9時~17時
【問い合わせ】ほっぺ 【電話】6852‒4141

子育て心の悩み相談 ★
【内容】子育ての悩みや不安、子どもとの関係ほか 
 こども相談課(すこやかプラザ内・岡上の町) 月曜日~金曜日、9時~17時15分
【申し込み】同課 【電話】6852‒5172

母子父子福祉・離婚前相談 ★
【内容】①生活全般の悩みほか②弁護士相談③専門員による相談
【対象・定員】ひとり親家庭、離婚前の人 
 母子父子福祉センター(中桜塚) ①月曜日~金曜日、10時~16時
 ②第2・4水曜日、18時~20時。第1・3土曜日、9時30分~11時30分③第3木曜日、13時~16時
【申し込み】同センター 【電話】6852‒5160

進路選択支援相談 ★
【内容】奨学金の活用や進学に関する相談 
 ①豊中人権まちづくりセンター(岡町北)②蛍池人権まちづくりセンター(蛍池北町)③青年の家いぶき(服部西町) 
 ①月曜日・水曜日・金曜日、17時~19時②火曜日・金曜日、15時~17時③木曜日、16時~18時
【申し込み】各センター(①豊中 【電話】6841‒1313②蛍池 【電話】6841‒5326)③3日前までに電話で人権教育課 【電話】6858‒2573

帰国・渡日児童生徒相談
【内容】通訳派遣、日本語教室の案内、帰国・渡日に伴う学校生活 
 人権教育課(電話相談可) 月曜日~金曜日、8時45分~17時
【問い合わせ】渡日児童生徒相談室(同課内) 【電話】6858‒2375

若者支援総合相談窓口 ★
【内容】社会的支援を必要とする若者に関する相談
【対象・定員】おおむね15歳~39歳の人とその家族、支援者 
 青年の家いぶき(服部西町。電話相談可) 
 火曜日~土曜日(いぶき休館日を除く)11時30分~18時。電話相談は11時45分~18時
【申し込み】いぶき 【電話】6866‒3032

教育相談 ★
【内容】子どもの心理、行動、言葉(発音など)などに関する悩み
【対象・定員】3歳6カ月の子ども~中学生と保護者 
 教育センター(蛍池中町) 月曜日~金曜日、9時~17時。第2土曜日、9時~12時
【申し込み】児童生徒課 【電話】6844‒5231

就学相談 ★
【内容】障害のある幼児・児童の就学 
 教育センター(蛍池中町) 月曜日~金曜日、9時~17時
【申し込み】児童生徒課 【電話)6844‒5293

市民活動に関する相談
【内容】市民公益活動やボランティアの情報提供ほか 
 市民活動情報サロン(阪急豊中駅舎内) 火曜日~土曜日、10時~19時
【問い合わせ】同サロン 【電話)6152‒2212

就労支援相談 ★
【内容】就労の相談・職業紹介ほか 
 地域就労支援センター庄内(労働会館内・三和町)、同センター豊中(くらしかん内・北桜塚) 
 月曜日~金曜日、9時~17時
【申し込み】同センター豊中 【電話)6858‒6861

労働相談
【対象・定員】労働者、事業者 
 くらしかん(北桜塚) 
 月曜日・水曜日・金曜日、10時~12時・13時~16時
【問い合わせ】くらし支援課 【電話)6858‒6863

保育所など就職相談
【内容】市内の保育所、こども園ほかの就職相談ほか 
 保育士・保育所支援センター(こども事業課内) 月曜日~金曜日、9時~17時
【問い合わせ】同課 【電話】6858‒2808

親族後見よろず相談 ★
【対象・定員】8人 
 千里文化センター「コラボ」(新千里東町) 4月18日(木曜日)、10時~12時
【申し込み】千里地域連携センター 【電話】6831‒4133

働く女性のための生き方総合相談
【内容】仕事、家族関係など 
 電話相談のみ 
 第1~4月曜日・木曜日、18時~20時。第1土曜日、10時~15時 
 電話相談 【電話】6844‒9820

女性のための労働相談 ★
【内容】労働問題 
 すてっぷ(玉井町。電話相談可) 
 第2土曜日、10時~12時。第4火曜日、18時~20時
女性のためのしごと活動相談 ★
【内容】就労相談 【対象・定員】市在住か在勤の女性 
 すてっぷ(玉井町) 金曜日、 10時~13時
女性弁護士による女性のための法律相談 ★
【内容】離婚に関する法的な相談ほか 【その他】1人1回限り 
 すてっぷ(玉井町) 第1・2金曜日、10時~12時。第3金曜日、18時~20時
女性のからだと心と性の相談 ★
【内容】からだの専門家による相談 
 すてっぷ(玉井町。電話相談可) 第3土曜日、10時~12時
【申し込み】すてっぷ 【電話】6844‒9739 9時~12時・13時~17時・18時~20時。(土曜日は17時まで。水曜日・日曜日は休み)

外国人(がいこくじん)向(む)け市政案内(しせいあんない)・相談(そうだん)
【内容】英語(えいご)、中国語(ちゅうごくご)。ほかの言語(げんご)も対応可(たいおうか) 
 人権政策課(じんけんせいさくか) 
英語(えいご)は月曜日(げつようび)・火曜日(かようび)・木曜日(もくようび)・金曜日(きんようび)、中国語(ちゅうごくご)は水曜日(すいようび)。いずれも10時(じ)~12時(じ)、13時(じ)~16時(じ)
【問い合わせ】人権政策課(じんけんせいさくか) 【電話】6858‒2730(ほかの言語(げんご)は1週間前(しゅうかんまえ)までに問(と)い合(あ)わせ)

総合生活相談
【内容】福祉、保健、就労、住宅など 
 ①豊中人権まちづくりセンター(岡町北)②蛍池人権まちづくりセンター(蛍池北町) 
 月曜日~土曜日、9時~17時
【問い合わせ】各センター(①豊中 【電話】6841‒1313②蛍池 【電話】6841‒5326)

配偶者暴力相談支援センター
【内容】配偶者やパートナーからの暴力ほか 
 電話相談 月曜日~金曜日、9時~17時
【問い合わせ】同センター 【電話】6152‒9893

スポーツ健康相談 ★
【内容】専門医による健康状態に応じたスポーツ活動の相談 
 屋内体育施設 3月19日(火曜日)14時~16時
【申し込み】1週間前までにスポーツ振興事業団 【電話】6864‒3325

公的な融資制度相談 ★
【対象・定員】市内で起業を考えている人や市内事業者 
 産業振興課 月曜日~金曜日、9時~17時15分
【申し込み】同課 【電話】6858‒2189

日本政策金融公庫担当者による金融相談 ★ 
【対象・定員】市内で起業を考えている人や市内事業者
 産業振興課 第2・4水曜日、10時~12時
【申し込み】2日前までに同課 【電話】6858‒2189

起業相談・経営相談 ★ 
【対象・定員】市内で起業を考えている人や市内事業者
 とよなか起業・チャレンジセンター(蛍池中町) 月曜日~金曜日、10時~18時
【申し込み】同センター 【電話】6840‒1955

大阪府よろず支援拠点コーディネーターによる経営相談 ★
【対象・定員】市内の中小企業・小規模事業者ほか 
 産業振興課 第2・4水曜日、10時~16時50分
【申し込み】前日までに同課 【電話】6858‒2187

都市景観デザイン相談 ★
【内容】建築物(改修を含む)などのデザインや色彩ほか 
 都市計画課 第3火曜日、9時30分~12時
【申し込み】14日前までに同課 【電話】6858‒2419

保健・福祉・子育てサービス「話して安心、困りごと相談」
【内容】サービスや契約の内容、事業者の対応への苦情ほか 
 地域福祉課 月曜日~金曜日、9時~17時15分。専門家相談は要予約
【問い合わせ】健康福祉サービス苦情調整委員会 【電話】6858‒2815

自死遺族相談
【対象・定員】大切な人を自死で亡くした人 
保健所(中桜塚。電話相談可) 月曜日~金曜日、9時~17時15分
【問い合わせ】保健予防課 【電話】6152‒7315

難病療養生活相談
【対象・定員】難病患者、家族など周囲の人
【その他】家庭訪問可 
 保健所(中桜塚。電話相談可) 月曜日~金曜日、9時~17時15分
【問い合わせ】保健予防課 【電話】6152‒7346

性感染症相談
【内容】エイズ・梅毒など性感染症の予防、症状、治療 
 保健所(中桜塚。電話相談可) 月曜日~金曜日、9時~17時15分
【問い合わせ】保健予防課 【電話】6152‒7316

健康相談
【内容】健康全般 
 中部保健センター(すこやかプラザ内・岡上の町)。4月から保健所(中桜塚) 月曜日~金曜日、9時30分~12時
【問い合わせ】健康増進課 【電話】6858‒2292

福祉なんでも相談
【内容】福祉全般 社会福祉協議会(すこやかプラザ内・岡上の町) 月曜日~金曜日、9時~17時15分
【問い合わせ】同協議会 【電話】6848‒1279

年金・保険相談
【内容】各種年金、社会保険など 社会福祉協議会(すこやかプラザ内・岡上の町) 第2・4木曜日、13時~15時
【問い合わせ】同協議会 【電話】6841‒9389

介護相談
【内容】老人介護者(家族)の会による相談 
 社会福祉協議会(すこやかプラザ内・岡上の町) 水曜日、13時30分~15時30分
【問い合わせ】同協議会 【電話】6841‒9388

精神障害者生活相談
【内容】当事者団体による日常生活に関する悩みなど 
 社会福祉協議会(すこやかプラザ内・岡上の町) 第4火曜日、13時~15時30分
【問い合わせ】同協議会 【電話】6841‒9388

がん相談 ★
【内容】がんに関する相談 
 がん相談支援センター(市立豊中病院内・柴原町) 月曜日~金曜日、9時~16時30分
【申し込み】同病院 【電話】6843‒0101

花とみどりの相談
【内容】花とみどりに関する相談 
 花とみどりの相談所(曽根南町) 火曜日~土曜日(4月から火曜日・木曜日)、13時~16時30分
【問い合わせ】同所 【電話】6863‒8439

クロスワードパズル(40ページ)

クロスワードパズル
タテのカギ
② 昨日の夜。
④ 集まった人の前でする話。演説。
⑤ 四角形に作ったコンクリートのかたまり。
⑦ 生活情報センター○○○○○(25ページ)。
⑨ 金、○○、銅。
⑩ アイススケートなどを行う専用の場所。
⑫ 状況。ありさま。○○○をうかがう。
⑬ サクラの◯◯◯宣言。
⑭ ○○訪。本○○。
⑮ 市北東部の千里丘陵にある島○○山。
⑯ 海外○○行。○○費

ヨコのカギ
① 七夕に短冊を飾り付ける植物。
③ 観光◯◯。◯◯停。
⑥ 一から九までの掛け算を暗唱する唱え方。
⑧ サーカスなどでの道化役。
⑨ 市民○○○○○(29ページ)。
⑪ 進みはかどること。○○○○○状況。
⑬ 商品の値段。
⑭ プロイン○○○スケーター(44ページ)。
⑮ ◯◯◯の処方箋。
⑰ 海にすむ、10本足の軟体動物。
⑱ ボール。○○突き。

□の5文字を並べ替えて言葉を作ってください。
今月号の中に出てくる言葉が答えです。

パズルの応募方法
市在住・在勤・在学の正解者の中から抽選で10人に図書カード(500円分)を差し上げます。
はがきに、パズルの解答、住所、名前、電話番号、今月号で印象に残った記事を3つ、好きな豊中の風景、広報誌のご感想などがあれば記入し、広報広聴課へ。市ホームページからも応募可。
締め切り/3月15日(金曜日)。消印有効

応募とお便りの宛先
〒561- 8501
豊中市役所 広報広聴課

前回の答
前回の正解は、「ブンカザイ」。応募総数253通で244通が正解。正解者の中から抽選で10人に景品を送りました。

【今月の表紙】
千里文化センター「コラボ」と せんちゅうパルのパルやま(新千里東町)
 コラボには、出張所や保健センター、図書館、公民館、介護予防センターがあるほか、カフェや屋上庭園もあり、市民の交流の場となっています。コラボの向かいのせんちゅうパルには新たに子どもが遊べる広場ができ、公募により「パルやま」と名付けられました。

編集室から
◎ 特集1は、産前産後の支援を紹介。取材をした両親教室には定員いっぱいの人が参加。沐浴(もくよく)の方法やおむつの替え方などを助産師から熱心に聞きながらも、楽しそうに取り組む姿が印象的でした。市の制度や取り組み、施設を利用して、産前産後を安心して迎えてほしいです。 (広)
◎ リレーエッセーに寄稿いただいた安床武士さんは、全国で活動しているうちに、「豊中」をキーワードに歌手のaikoさんらとつながりができたそうです。人と人とをつなぐ「豊中」とともに、これからも世界で活躍してほしいですね。
  4月号では、平成31年度の予算と施策について紹介します。(今)

誌面の中で下のマークが付いている写真にスマートフォンをかざすと、動画が流れます。
今月号は45ページにあります。動画を見るにはAR(拡張現実)アプリケーションのダウンロードと、豊中市チャンネルの登録が必要です。
詳しくはこちら→https://www.city.toyonaka.osaka.jp/joho/kouhou/AR.html

パソコンやスマホ、タブレットでも! 広報とよなか デジタルブック
◦スマホ、タブレットでも読める
◦文字サイズを調整できる
◦音声読み上げもできる
◦多言語で読める【日本語、英語、中国語(簡体・繁体)、韓国・朝鮮語、ポルトガル語、タイ語】
デジタルブックアプリ
Catalog Pocket
→https://www.catapoke.com/

人口と世帯数〈2月1日現在・推計〉( )は前月の増減
男▶188, 329人(+6人) 女▶210,399人(-90人) 計▶398,728人(-84人) 世帯▶174, 977(+26)

とよなかタイムスリップ「府立豊中高等学校」(41ページ)

とよなかタイムスリップ
第24回 府立豊中高等学校
 府立豊中高等学校は、大正10年(1921)3月に府立第十三中学校として創立。同11年10月に現在の場所に移転して府立豊中中学校に、昭和23年(1948)学制改革により府立豊中高等学校になりました。同48年に校舎を全面改築し、平成22年(2010)には正門が新しくなりました。
 これまでに3万6千人以上が卒業し、昨年4月には府立能勢高等学校(能勢町)が分校となりました。2年後には創立100周年を迎えます。
写真キャプション:
昭和44年の府立豊中高等学校
現在の府立豊中高等学校
現在の正門にデザインされているイチョウは同校の校歌や校章にも使われています

思い出コラム
 正門のすぐそばに自宅があり、私を含め姉妹5人が豊中高校に通いました。今と違って交通量の少なかった同校東側のバス通りを生徒が列になって登校していた様子や、入学試験の合格発表のときに正門の外にあった公衆電話にたくさんの受験生が並んでいたのは、当時ならではの風景でした。
 先生と生徒の距離感が遠すぎず近すぎず、勉強はもちろんクラブ活動や地域活動にも熱心に取り組んでいる、そんな豊中高校らしさをこれからも受け継いでいってほしいですね。
谷恒子さん (84歳、中桜塚)

府立豊中高等学校については、『新修豊中市史 第十巻・学校教育』や同校の『周年記念誌』(豊陵会)などに記載されています。関連資料については各図書館に問い合わせてください。

ホームページの「北摂アーカイブス」では、市所蔵の写真だけでなく、市民の皆さんの提供写真も見ることができます。より充実した資料とするため、皆さんがお持ちの昔の写真も募集しています。
【問い合わせ】岡町図書館 【電話】6843-4553
北摂アーカイブス→http://e-library2.gprime.jp/lib_city_toyonaka/cms/

特集2「福祉なんでも相談窓口をご利用ください」(42ページ、43ページ)

特集2
困り事を地域で解決
福祉なんでも相談窓口をご利用ください
 おおむね小学校区ごとに設置している「福祉なんでも相談窓口」。日頃の困り事や悩み事があれば、福祉に限らずなんでも相談できる窓口です。「こんなこと相談してもいいのかな…。」「誰に相談していいか分からない…。」と一人で悩まずに、気になることや困ったことがあれば、気軽にご利用ください。 (地域福祉課)

誰でも!なんでも!相談できる窓口です
どうやって利用するの?
 電話のほか、窓口で相談することも可能です。例えば、市役所などの書類で書き方が分からないとき、相談員に書類を見せながら記載方法などを聞くこともできます。
 お近くの相談窓口をご利用ください。

誰に相談できるの?
 相談員は地域に暮らすボランティアの皆さん。多くが民生委員・児童委員や校区福祉委員などの福祉活動に長年携わっている人です。安心して窓口を利用できるよう、相談員には個人情報についての守秘義務があります。また、さまざまな相談に対応できるよう、相談員向けの研修にも参加しています。

話して安心できる窓口
南桜塚なんでも相談窓口 西谷洋子さん(南桜塚)
 相談内容は、地域の集会やちょっとしたことを手伝ってくれるボランティアの紹介、人付き合いでの困り事、日常生活でのマナーといった誰に聞いていいか分からないようなものなどさまざまです。そういった悩みほど誰かと話をすることで安心できるのではないでしょうか。
 相談を受けるときは、コミュニケーションを第一に、困っている理由やどうしたいと思っているかを会話から引き出すことを心掛けています。相談に来た皆さんが、来た時よりも明るい表情で帰った時は、うまくアドバイスができ、安心してくれたと思い、うれしくなります。
 また、行政サービスなどを利用したいけれども、相談先が分からない場合もあると思います。そんなときは、できるだけ早く市や社会福祉協議会で必要な支援が受けられるよう、橋渡しをしています。どんな困り事でも、まずは一度、ご相談ください。

どんな解決方法があるの?
 子育てや介護予防といったテーマごとに作られた地域の集まりや支援の窓口を紹介するなど、相談員のノウハウを生かして解決します。相談員だけでは解決が困難な場合でも、市や社会福祉協議会の福祉専門職員(コミュニティソーシャルワーカー)と連携し、継続的に支援していきます。
相談者⇔(①相談)福祉なんでも相談窓口⇔(②窓口だけで解決できないときに情報共有・連携)市や社会福祉協議会(③行政サービスの提供や福祉専門職員による支援)

こんな相談がありました
・最近、足腰が弱るなど体の衰えを感じています
介護予防の体操をしている自主活動グループや、市で実施している介護予防の講座を案内しました
・子どもが自立したので、空いた時間を活用したい
交流サロンなど、ボランティア活動ができる地域の集まりを紹介しました
・日中は赤ちゃんと2人の生活。話し相手がほしいけど、近所に知り合いがいません
親子で参加してママ友と交流できる子育てサロンを紹介し、参加をお勧めしました
・近所に住む高齢者を最近見掛けなくなったので心配です
社会福祉協議会の福祉専門職員と連携し、安否確認や今後の支援につなげました
写真キャプション:退職して時間ができた人などに地域の交流サロンなどを紹介
         子育てや健康など悩みを話し合える集まりも案内

利用者の声
 地域で何か協力できることがあればと思っていたところ、窓口のことを知りました。相談すると、地域のイベントでボランティアができることを教えてもらい、以来、さまざまな地域の催しを手伝っています。その中で皆さんから感謝の言葉をもらったり、街中で声をかけてもらったりと、地域での交流が広がっています。
堀之内聡さん(37歳、上野東)

 換気扇の掃除をしたいと思っていたのですが、年齢を重ねるとともに高いところの作業が難しくなりました。そのことを窓口で相談すると、地域の有償ボランティアを紹介してもらい、後日、1時間ほどの作業でとてもきれいにしてもらいました。1人暮らしなので、なんでも相談に乗ってくれる窓口が身近にあるのはとても助かります。
藤井幸子さん(91歳、原田元町)

気軽にご相談ください
 窓口の開設日時や電話番号は、広報とよなか平成30年(2018)9月号10・11ページや市ホームページをご覧いただくか、地域福祉課と社会福祉協議会【電話】6848-1279でご案内しています。市ホームページは以下からご覧いただけます
https://www.city.toyonaka.osaka.jp/kenko/fukushi_net/seikatsuippan/soudan/nandemosoudan.html
【問い合わせ】地域福祉課 【電話】6858-2219

リレーエッセー「小さな夢を積み重ねて(安床武士さん・プロインラインスケーター)」(44ページ、45ページ)

とよなか ゆめ・まち・ひと リレーエッセー
小さな夢を積み重ねて
 威勢の良い声が飛び交う豊南市場や頭上を通る飛行機。にぎやかでエネルギッシュな街・庄内で生まれ育ちました。プロのローラースケーターだった両親の影響で、幼い頃からローラースケートを履いて兄と遊んだり、両親のショーに出演するための練習をしたりしていました。 
 6歳でインラインスケートを始めました。全国大会で優勝し、9歳の時に兄と一緒にロサンゼルスで行われたアグレッシブ・インラインスケートの世界大会に出場することができましたが、結果は予選落ち。でも、世界のトップスケーターの技を肌で感じ、「この人たちともっと一緒に滑りたい!」という気持ちが芽生えました。
 帰国後、父の熱血指導が始まりました。友達と遊びたい気持ちをこらえて練習場のあった難波まで通う毎日。つらくてやめたいと思うこともありましたが、お小遣いをもらった時、練習前に豊南市場の向かいにある精肉店でアメリカンドッグを買って食べることが何より励みになりました。
 練習が楽しくなってきたのは中学生の頃。厳しかった父が、思春期の僕たちを尊重して自分で考えた練習をさせてくれるようになったんです。イメージした技が少しずつ形になった時はうれしかったし、基礎を叩き込んでくれた父に感謝しました。
 一つの競技にここまで没頭できたのは、周囲の支えがあったから。遠征などで長期間いない僕を理解してくれた野田小学校、第十中学校の先生や友達。いつでも自然に接してくれたので、すっと日常に戻れたし、ほっとできる環境が心の支えになりました。だからこそ、言葉も文化も違う海外を舞台に戦い続けることができました。僕が前向きな姿勢で臨むことができたエネルギーは庄内で培われたもの。この街が、今の僕を育ててくれたと思います。
 僕には「世界チャンピオンになる」という夢が元々あったわけじゃない。特別な才能があったわけでもない。平たんな道のりではなかったけれど、その時の身近な夢を一つずつかなえていくことで、技術は才能になり、世界の頂点に立つことができました。可能性を信じて貫き通せば、必ず誰もが大きな夢に手が届くはず。
 自分が満足する滑りはまだまだ。尽きることなく、僕の夢は続きます。
アグレッシブ・インラインスケートって?
技の難易度やスタイルを競うスポーツ。ハーフパイプを含む3 種目があり、大迫力の技はショーとしても人気です。写真提供:satoshi_saijo_photography
動画で見られます
https://www.youtube.com/user/kouhoutoyonaka/videos?disable_polymer=1

安床武士(やすとこ・たけし)[ プロインラインスケーター ]
 昭和61年(1986)豊中市生まれ。15歳まで豊中で過ごす。9歳でプロデビュー。平成30年(2018)1月にイギリスで開催された国際大会で優勝し、ハーフパイプ種目現役世界チャンピオンに。昨年からはアイスクロス・ダウンヒル(氷で作られた斜面のコースを滑り順位を競う競技)にも挑戦し、「Red Bu ll Crashed Ice」に出場。音楽とスケートを融合したイベント「ROLL I N ROCK」やショー、スクールを開催するなど、インラインスケートの魅力を伝えるために活動中。
【奇数月は「リレーエッセー」、偶数月は「豊中っ子」を掲載します】

とよなか風物詩「クリスマスローズ」(45ページ)

とよなか風物詩

クリスマスローズ
【キンポウゲ科クリスマスローズ属/多年草】
 優雅な美しさで魅了する冬の貴婦人。
 ヨーロッパを中心に約20 種類の原種が自生。その1つがクリスマスの頃にバラに似た花を咲かせることから名付けられました。日本では多くの交配種が早春に、花色も花形も豊かに咲き誇ります。和風の庭にもよく合い、和名「寒芍薬(かんしゃくやく)」とも呼ばれ、気品ある茶花として茶席に彩りを添えます。

花の見頃は2月~ 3月。
豊島公園(曽根南町)、ふれあい緑地(服部西町)などで見られます。

まちかどスケッチ「伝統芸能館まつり」ほか(46ページ、47ページ)

まちかどスケッチ

受け継がれる日本の魅力に出合う
伝統芸能館まつり
2月3日に伝統芸能館(岡町北)で「伝統芸能館まつり」を開催しました。郷土芸能や和太鼓、日本舞踊など、同館を拠点に活動する10団体が多彩な発表。日本の伝統文化を身近に感じる1日になりました。

笑顔がきらり
さわやかに個性かがやく
中野萌々花さんと白崎貴志さんに「豊中かがやき大賞」
 日本や世界規模の大会などで顕著な活躍をし、市民の皆さんに夢と明るい希望、感動を与えた個人または団体に贈る豊中かがやき大賞。第14回全日本障がい者空手道競技大会の組手競技で優勝、形競技で準優勝を果たした第四中学校(服部本町)3年生の中野萌々花さんと、第18回全国障害者スポーツ大会水泳知的障害者の部50m平泳ぎ、50mバタフライの2部門で見事優勝した白崎貴志さんに、同賞を贈りました。

興味津々!
知的好奇心に火をつけろ
科学の街とよなかで不思議を体験
 科学の不思議や楽しさに触れてもらおうと、教育センター(蛍池中町)で1月26日、サイエンスフェスティバルを開催しました。市内や近隣の中学・高校・大学などの理系クラブの生徒による工夫を凝らした発表や実験に、参加者は楽しみながら科学の魅力を体感しました。

空路でつなぐ伝統芸能
心揺さぶる迫力の舞
就航都市・島根県益田市との交流
 大阪国際空港と空でつながる都市の文化に触れてもらおうと、アクア文化ホール(曽根東町)で2月3日、石見神楽上吉田保存会による「石見神楽の舞」が上演されました。おはやしの激しいリズムや豪華絢けん爛らんな衣装を身に着けての勇壮な舞いに来場者は魅せられていました。

市公式のソーシャルメディアで市の魅力を発信中!
ぜひご覧ください。
フェイスブックページ
https://www.city.toyonaka.osaka.jp/joho/kouhou/facebook.html
広報ツイッター
https://www.city.toyonaka.osaka.jp/joho/kouhou/twitter.html

まちのいいとこ教え隊「高川小学校区」(裏表紙)

まちのいいとこ教え隊
高川小学校区24

浜4丁目第1公園(浜4丁目)
平成25年(2013)に開設しました。アンモナイトの化石のようなオブジェや葉っぱの形をした階段がある滑り台が人気です。
学校から近くて待ち合わせにもぴったり

住吉神社(豊南町西1丁目)
初詣やとんど祭、秋祭りでにぎわうなど、地域の皆さんに親しまれています。境内を囲むクスノキは市の保護樹木に指定されています。
友達がお祭りで子どもみこしを担いだよ

高川図書館(豊南町東1丁目)
蔵書は約8万冊あります。スポーツルームや介護予防センターなどが入る複合施設内にあり、車椅子でも通りやすい広々とした館内です。
宿題ができる自習スペースをよく使うよ

どんな校区?
 高川、天竺川、神崎川の3つの川に接する校区で、神崎川沿いには、かつて対岸に渡るための舟の渡し場がありました。
 校区福祉委員会や自治会などのさまざまな団体で構成する地域自治組織「ゆめあるまち高川会」が中心となって開催する「高川まつり」「新春ふれあいデー」などの子どもが楽しめるイベントや、育友会(PTA)の呼び掛けで学校周辺の清掃を年2回実施。地域が一体となって校区を盛り上げています。

学校の特徴は?
 小曽根小学校区と豊南小学校区から分離して昭和43年(1968)に開校しました。当時は周辺に農地が多く、校舎と体育館・運動場の間に農業用水路が通り、橋が架かっていました。昭和49 年に用水路を埋め立て、橋はなくなりましたが、平成3年に南門前に橋の形のモニュメント・高川小橋を建て、当時の様子を伝えてい
ます。


広報とよなか3月号
平成31年(2019)3月1日発行
発行:豊中市 〒561-8501 豊中市中桜塚3-1-1
       (開庁時間:平日9時~17時15分)
編集:政策企画部 広報広聴課

市への問い合わせは、総合コールセンターへ
※おかけ間違いのないよう、ご注意ください
専用電話:6858-5050 月曜~金曜日は8時~21時
土曜・日曜日、祝・休日、年末年始は9時~17時
専用 FAX:6858-8686 24時間受信
市役所へはバスか電車で 市役所の駐車場は有料です。駐車台数に限りがあるため、駐車待ちの時間が長くかかることがあります。

お問合せ

都市経営部 広報戦略課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎3階
電話:06-6858-2028
ファクス:06-6842-2810

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで