このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

令和2年(2020)2月号「広報とよなか」テキスト版

ページ番号:435435753

更新日:2020年1月29日

このページでは市民の皆さまにお届けしている「広報とよなか」のテキストを掲載しています。

表紙「千里中央バスターミナル」

くらし、もっと豊かに
広報とよなか

1 February Vol.838
令和2年(2020)

特集1 3~6ページ
豊中を取り巻く義務教育の“いま”

特集2 ひゅうまん通信 44・45ページ
外国人とともに


目次
2 まちのいいとこ教え隊
7 豊中のいま
8 2月のお知らせ
40 相談の窓口
42 クロスワードパズル
43 まちかどスケッチ
46 夢・きらめき 豊中っ子 

千里中央バスターミナル(42ページ参照)



まちのいいとこ教え隊「第八中学校区」(2ページ)

まちのいいとこ教え隊 第八中学校区

千里小道・こぼれび通り(新千里東町2丁目)
千里東町公園南側の遊歩道。太陽の光が木々や周りの建物に反射して、こぼれんばかりにきらきらしていることから、平成5年(1993)に市民公募で愛称が決定しました。
近くのこども園から元気な声が聞こえるよ

サイクリングロード(新千里北町1~2丁目)
自転車専用道路が設置されている道路。歩行者用と自転車用の道路を区切る植え込みには桜が植えられ、季節ごとの景色を楽しみながらサイクリングすることができます。
千里緑地には市内の最高地点があるよ!

千里中央駅(新千里東町1丁目)
同駅は北大阪急行では昭和45年(1970)、大阪モノレールでは平成2年に開業しました。新大阪駅や大阪国際空港にもつながる交通の要衝です。
クラブ活動の試合に行くときはいつもこの駅から

どんな校区?
 千里ニュータウンの中央に位置する市内最北端の校区で、箕面市と吹田市に隣接。高層ビルが立ち並ぶ市街地と公園や街路樹の緑が豊かな都市景観をつくり出しています。
 校内には畑があり、親父(おやじ)の会の皆さんが中心となり、野菜を栽培。校区内の小学生がサツマイモの収穫体験をしたり、同校2年生が宿泊訓練で収穫したタマネギを使ってカレーを調理したりしています。

学校の特徴は?
 昭和41年(1966)に、千里ニュータウン地区最初の中学校として開校しました。
 平成29年度から校区内の小学校2校と同校の3校で同じ教育目標「夢をもち 心豊かに ともに未来を切り拓(ひら)く」を掲げ、中学校の先生が小学校に出向いて理科・英語・体育の授業を行う学習活動や、小学5年生が同中学校で授業体験をするなど、小中連携の取り組みを推進しています。

特集1「豊中を取り巻く義務教育の“いま”」(3ページから6ページまで) 

特集1

豊中を取り巻く義務教育の“いま”
未来を担う子どもたちのために
 小学校では令和2年度(2020)から、中学校では令和3年度から、新しい学習指導要領に基づく授業が始まります。同要領では、主体的・対話的で深い学びの視点から、「何を学ぶか」だけでなく「どのように学ぶか」ということがこれまで以上に重視されます。
 市は、義務教育9年間というかけがえのない期間を、子どもたちにとってより良いものにするためのさまざまな取り組みを、学校現場と連携しながら進めています。
(教育委員会事務局)
写真キャプション:令和5年4月開校予定の(仮称)庄内さくら学園イメージ図
(完成時に変更が生じる場合があります)

新しい学習指導要領で学びが変わる
プログラミング教育始まる
 将来どのような職業に就くとしても、時代を超えて普遍的に求められる力「プログラミング的思考」や情報活用能力を育成するため、小学校でプログラミング教育が始まります。
「プログラミング的思考」って?
 「論理的に考える力」と言い換えることができます。何かしたいことがあるとき、思い付くままに動いていては、なかなかうまくいきません。自分の目的を達成し、最適な結果を得るためには、過程からしっかりと考える力が必要です。
 これまでも、この考える力を授業だけでなく学校生活の中で身に付けられるよう、取り組みを行ってきました。今後、「論理的に考える」という目的が明確な授業を始めることによって、より実践的な「プログラミング的思考」を身に付けさせることに取り組みます。
どんなことをする?
 小学校では、実際にコンピュータープログラムを意図通りに動かす体験を通して論理的思考を育むことも、同教育の手法の1つになっています。5年生では算数、6年生では理科の授業などでも、コンピューターを使った授業が想定されています。
 市は、「プログラミング的思考」を育む教育の推進と同時に、全小学校のパソコン室へのプログラミング教材の配備や教室用のタブレット端末の導入といったICT 環境の整備も進めています。
【問い合わせ】教育センター 【電話】6844・5290

小学校から外国語が教科に
 子どもたちが外国人と交流することで、英語学習能力の向上と実践的コミュニケーション能力の基礎を養うため、外国人英語指導助手(AET:Assistant English Teacher) が市立小・中学校を訪れ、教員と連携して英語や外国語活動の授業を行っています。新学習指導要領では、小学5年・6年生で外国語が教科になり、中学校では考えや気持ちなどを伝え合う対話的な言語活動が重視されます。
 今後、AETとの交流を通して、英語や海外に興味を持つとともに、コミュニケーション能力の育成や異文化理解を深める取り組みを進めます。
【問い合わせ】学校教育課 【電話】6858・2584
写真キャプション:児童がペア・班になって英語でやりとりをしたり、体を動かしたりするので、活発な授業になります

まずは英語を楽しむことが大切
Let's Enjoy English
 南丘小学校(新千里南町)で授業を行うAETのブレイク先生(アメリカ合衆国出身)。時には季節の催しに合わせた格好で教室に登場するなど、明るくユニークな授業が人気です。
 特に小学校の授業では、書くことよりも話すことを重視した内容で、子どもたちの笑顔が絶えません。

これまで培ってきたものを、これからにつなぐ
「ともに学び、ともに育つ」教育の推進
 本市は、障害のある子どもと障害のない子どもが同じクラスでともに学ぶことができるよう積極的に取り組んできました。また、市立豊中病院に入院中の子どもが学べる院内学級や医療的ケアを必要とする子どもが在籍する学校への看護師の派遣などを行っており、全国的にも高い評価を受けています。
 今後も、子どもそれぞれの個性に合った学習環境の確保に取り組んでいきます。
【問い合わせ】児童生徒課 【電話】6844・5293
みんなと一緒に過ごした6年間
6年間を振り返ってくれた、南桜塚小学校6年生・佐野凪華さん
 入学したときを思い出すと、もちろん不安はありました。でもそれは障害があるからではなく、「新しい友達ができるかな」という、みんなが不安に思っているようなことだったと思います。校舎もバリアフリーなので、学校生活を送る上で「大変だったな」と思うことは特にありませんでした。
 それは、クラスメートもたくさん手伝ってくれたし、先生も私が気付いてほしいことに気付いてくれたからだと思います。鉄棒をしたり運動会の組体操に出たり、私自身がやりたいと思ったことは全部できた、充実した6年間でした。もし、入学前に障害があることで学校生活に不安を感じている子がいたとしたら、「心配ないよ」と伝えてあげたいです。

さまざまな立場で情報を共有して解決への糸口を探る
専門職が学校で先生にアドバイス
 さまざまな課題に合わせた専門相談員やスクールカウンセラー(※1)、スクールソーシャルワーカー(※2)を学校に定期的に派遣しています。こうした専門職が現場で教員と情報を共有し、多角的な視点から子どもたちに関わることで、より良い学習環境づくりを図っています。
※1 スクールカウンセラー(SC)
学校現場で、子どもや保護者、教員に対して臨床心理に関する専門知識を生かした、心理的なサポートを行います
※2 スクールソーシャルワーカー(SSW)
子どもを取り巻く環境の改善を図るため、学校や家庭、地域、関係機関などが組織的に対応する支援体制をコーディネートします
専門家を交えて学校現場を支える
 月1回程度開催されるサポート会議では、医師や臨床心理士、精神保健福祉士、弁護士などの専門家が、学校現場から寄せられるさまざまな相談に対して専門的な見地から細やかなアドバイスを行い、解決までを継続的に見守ります。
 また、弁護士をはじめ専門家の法的観点からの助言を学校現場の支援につなげる法律相談も、月3回程度開催しています。
【問い合わせ】児童生徒課 【電話】6844・5292
写真キャプション:さまざまな分野の専門家が一堂に会して、1つの案件に全員で向き合うサポート会議

市内初の義務教育学校が開校します
 庄内地域の子どもの減少による小規模校化や1つの小学校から2つの中学校に分かれて進学する分割校などの課題解決に向けて、平成29年(2017)に「庄内地域における『魅力ある学校』づくり計画」を定め、取り組みを進めてきました。同計画に基づき、小学校6校(庄内・庄内南・庄内西・野田・島田・千成)と中学校3校(第六・第七・第十)を、義務教育学校2校に再編します。1校目となる「(仮称)庄内さくら学園」は、庄内小学校と第六中学校の敷地に、「(仮称)南部コラボセンター」と一体的に整備します(令和5年(2023)4月開校予定)。
 2校目の「(仮称)南校」は、千成小学校とせんなりこども園の敷地に整備します。開校時期は未定ですが、令和7年4月の開校をめざして、設計・工事などの調査・検討を進めています。
【問い合わせ】学校教育課 【電話】6858・2705 (関連記事7ページ)
※【義務教育学校での「4-3-2制」のイメージ図】あり

義務教育学校って?
●改正された学校教育法(平成28年施行)で定められた新たな学校の種類です
●義務教育9年間で一貫した教育課程を編成・実施します
●子どもの発達段階に応じた柔軟な学年段階の区切りを設定できます
➡本市では、9年間を「4年-3年-2年」と3つのステージに区切り、ステージごとに「つけたい力」や具体的な目標を設定して、各ステージに応じた教育活動の工夫や充実を図ります
※義務教育学校2校への再編イメージ図あり

第六中学校と第十中学校が4月に「庄内さくら学園中学校」になります
 両校の閉校式を開催しますので、卒業生や保護者、地域の皆さんもぜひお越しください。
第六中学校(庄内幸町)
日時:3月21日(土曜日)10時~
場所:第六中学校体育館
申し込み:不要
問い合わせ:第六中学校 【電話】6331-0361
第十中学校(野田町)
日時:3月13日(金曜日)11時~
場所:第十中学校体育館
申し込み:必要(詳しくは同校ホームページをご覧ください)
問い合わせ:第十中学校 【電話】6334-9259

子どもたちがいきいきと過ごすために
 教育委員会は、子どもたちが健やかに育ち、学ぶことができる環境を整えるため、日々取り組んでいます。めざすのは「急速な社会の変化に対応できる力」、具体的には「やり抜く力や挑戦する力、予測困難な時代を自分らしく生きぬく力」を子どもたちに身に付けてもらうことです。
 教育文化先進都市 とよなかとして、受け継いできたものを大切にしながら、時代の変化にしっかりと対応し、子どもたちが希望や夢に満ちた毎日を送ることができるように、これからも学校やご家庭、地域の皆さんと連携し、取り組みを進めます。

【問い合わせ】教育委員会事務局 学校教育課 【電話】6858-2847

豊中のいま(7ページ)

豊中のいま
市政に関わる大きなニュースをお知らせします

豊中まつり2020は10月3日(土曜日)・4日(日曜日)に開催
 豊中の夏の風物詩として、毎年8月第1土曜・日曜日に開催している同まつりは、東京オリンピック・パラリンピック開催の影響により警備員確保が困難となる見通しのため、令和2年度は開催時期を変更します。
 変更に伴う開催時間、会場レイアウト、出店のルールと開催日までのスケジュールなどについて、出店希望者向け説明会を実施します。
【日時】2月22日(土曜日)10時~11時
【場所】くらしかん(北桜塚) 
【申し込み】当日会場
【問い合わせ】豊中まつり事務局 【電話】6840・6888
写真キャプション:昨年の豊中まつりの様子

窓口での一部の証明書発行手数料などが対象
キャッシュレス決済を導入
 3月2日(月曜日)から、市民課、固定資産税課、税務管理課や庄内(庄内幸町)・新千里(新千里東町)の各出張所の窓口で発行する一部の証明書発行手数料の支払いに、電子マネー(WAON、nanaco、iD ほか)やクレジットカード(VISAほか)などが利用できるようになります。取り扱い手続きは下記のとおりです。詳しくは、市ホームページをご覧ください。
取り扱い手続き/担当課・問い合わせ
◦住民票の写し
◦印鑑登録証明書
◦戸籍全部(個人)事項証明書
◦戸籍の附票の写し
◦印鑑登録証の交付
◦通知カードの再発行
◦市府民税課税(所得)証明書 など
市民課(第一庁舎1階) 【電話】6858-2200
◦固定資産税課税証明書
◦固定資産税評価証明書
◦固定資産税台帳登載証明書 など
固定資産税課(第一庁舎2階) 【電話】6858-2447
◦納税証明書
◦未納のない証明 など
税務管理課(第一庁舎2階) 【電話】6858-2159

義務教育学校の検討状況を報告します
 市は、庄内地域における「魅力ある学校」づくり計画に基づき、庄内・庄内南・庄内西・野田・島田・千成小学校、第六・第七・第十中学校を再編し、施設一体型義務教育学校2校の開校に向けた取り組みを進めています。これまでの検討状況を報告するため、義務教育学校の「めざす子ども像」や魅力(特色)などについての説明会を開催します。
 また、同内容を紹介するリーフレットを作成し、学校教育課や庄内(庄内幸町)・新千里(新千里東町)の各出張所、公民館、図書館で配布するほか、市ホームページでも閲覧できます。
【日時】2月26日(水曜日)19時~20時30分、29日(土曜日)10時~11時30分 
【場所】庄内公民館(三和町) 
【対象・定員】各80人 
【申し込み】当日会場。先着順 
【保育あり】2月19日(水曜日)までに申し込み 
【問い合わせ】同課 【電話】6858・ 2705(関連記事6ページ)
庄内地域における「魅力ある学校」づくりの取り組みについては、こちらからご覧になれます。
https://www.city.toyonaka.osaka.jp/kosodate/kosodatetorikumi/miryoku_gakko/index.html

お知らせ「健康・福祉」(8ページから16ページまで)

2月のお知らせ
詳しい内容は市ホームページをご覧いただくか、各連絡先に問い合わせてください。
電話番号はお間違いのないよう、ご注意ください。

このマークにご注目!!
■子ども■
未就学児に関わる制度や催しにマークをつけています

健康・福祉

健康に関する総合相談窓口
月曜~金曜日(祝・休日を除く)9時~17時
保健師、助産師、歯科衛生士、栄養士などが相談を受けます
〈成人〉健康政策課(保健所内・中桜塚) 【電話】6858‒2292
〈妊娠・出産・子育て〉中部母子保健係(岡上の町) 【電話】6858‒2293

■子ども■妊婦・産婦
母子健康手帳・妊婦健康診査受診券の交付
【場所】中部(岡上の町)・庄内(島江町)・千里(新千里東町)の各保健センター
【内容】手帳・受診券の交付、母子保健サービスの説明、妊婦相談ほか
【その他】市外から転入し、豊中市の受診券と交換していない場合は中部母子保健係に問い合わせ
【問い合わせ】同係 【電話】6858‒2293
※交付時に個人番号(マイナンバー)記入と本人確認書類の提示が必要です

両親教室
【日時】2月22日(土曜日)9時45分~11時45分、13時15分~15時15分
【場所】中部保健センター(岡上の町)
【内容】沐浴(もくよく)体験、妊婦の疑似体験、ビデオ上映ほか
【対象・定員】初めての出産を迎える妊娠5カ月以降の妊婦とパートナー、各60組
【申し込み】2月3日(月曜日)9時30分から電話で中部母子保健係 【電話】6858‒2293。先着順

ぷれまま&育児ママ相談室
【日時】【場所】3月3日(火曜日)中部保健センター(岡上の町)、3月17日(火曜日)千里保健センター(新千里東町)、3月19日(木曜日)庄内保健センター(島江町)。いずれも9時30分~15時
【内容】助産師による妊婦や授乳中の母と子の個別相談(乳腺炎は除く)
【対象・定員】各10人
【申し込み】電話で中部 【電話】6858‒2804・千里 【電話】6873‒2721・庄内 【電話】6332‒8555の各母子保健係。先着順

マタニティークラス
【日時】3月4日(水曜日)13時30分~15時30分
【場所】千里保健センター(新千里東町)
【内容】妊娠中の食事や歯について、歯磨き実習、妊娠中に知っておきたい授乳の話
【対象・定員】20人
【申し込み】電話で中部母子保健係 【電話】6858‒2804。先着順

マタニティークッキング
【日時】3月23日(月曜日)13時45分~15時30分
【場所】中部保健センター(岡上の町)
【内容】妊娠中の食事と離乳食の簡単な調理実習
【対象・定員】16人
【費用・参加費】200円
【申し込み】電話で中部母子保健係 【電話】6858‒2293。先着順
【保育あり】5人。要申し込み。先着順

■子ども■乳幼児に関する教室・相談・健康診査
離乳食講習会
・ごっくんクラス
【日時】【場所】①3月2日(月曜日)庄内保健センター(島江町)②3月6日(金曜日)中部保健センター(岡上の町)。いずれも13時45分~
【対象・定員】生後4カ月・5カ月ごろの子どもの保護者、①30人②60人
・かみかみクラス
【日時】【場所】①3月3日(火曜日)庄内保健センター(島江町)②3月18日(水曜日)中部保健センター(岡上の町)。いずれも13時45分~
【対象・定員】生後8カ月・9カ月ごろの子どもの保護者、①30人②60人
幼児食講座
【日時】【場所】3月2日(月曜日)庄内保健センター(島江町)、3月6日(金曜日)中部保健センター(岡上の町)。いずれも14時45分~
【対象・定員】1歳~おおむね3歳の子どもの保護者、各15人
すくすくよい歯の教室
【日時】【場所】3月3日(火曜日)千里保健センター(新千里東町)、3月4日(水曜日)中部保健センター(岡上の町)、3月17日(火曜日)庄内保健センター(島江町)。いずれも13時30分~
【内容】乳児の歯科健診と保護者の虫歯菌テスト、歯磨き準備と虫歯予防の話
【対象・定員】生後8カ月~10カ月ごろの子どもと保護者、各30組
【申し込み】2月7日(金曜日)9時30分から電話で中部母子保健係 【電話】6858‒2804。先着順

子どもアレルギー専門相談(初回優先)
【日時】3月11日(水曜日)13時30分~16時
【場所】中部保健センター(岡上の町)
【内容】医師による診察、看護師・栄養士による個別相談(10分程度)
【対象・定員】ぜんそくや湿疹、食物アレルギーなどアレルギーの病気で困っている15歳未満の子どもと保護者、8組
【申し込み】2月6日(木曜日)10時から電話で中部母子保健係 【電話】6858‒2804。先着順

産婦・新生児・低体重児訪問指導
【内容】乳房の手当てや母乳の与え方、赤ちゃんの発育などについて、保健師、助産師が家庭訪問し個別相談
【対象・定員】生後28日以内(過ぎても可)の新生児と産婦
【申し込み】母子健康手帳の「産婦・新生児訪問依頼票兼低体重児連絡票」を中部【電話】6858‒2293・庄内【電話】6332‒8555・千里 【電話】6873‒2721の各母子保健係へ郵送。電話可

乳幼児健康診査
【内容】4カ月児健診、1歳6カ月児健診、3歳6カ月児健診
【対象・定員】対象者には日程などを個別に送付
【その他】健診未受診の人には、保健師が家庭訪問を行う場合あり
【問い合わせ】中部母子保健係 【電話】6858‒2804

■子ども■子どもの定期予防接種(推奨スケジュール)
 予防接種手帳(出生届受付の約1カ月後に郵送)などと併せて確認し、同手帳や市ホームページに記載の医療機関で予約の上、接種。受け方(年齢・回数・間隔)が異なると、任意接種(有料)になるので注意してください。豊中市の予診票を持っていない人、市外で予防接種を希望する人(要事前申請)、予防接種の相談は、保健予防課(保健所内・中桜塚) 【電話】6152‒7329に連絡してください。

※①~④は接種回数と接種タイミング例
※→は複数回接種するワクチンの、次の接種までの間隔

B型肝炎【不活化】
①2カ月 ②3カ月 ③8カ月
①→②は27日以上 ③は①から139日(20週、約5カ月)以上

ヒブ(インフルエンザ菌b型)【不活化】
1回目~3回目は1歳までに接種
①2カ月 ②3カ月 ③4カ月 ④1歳
①→②→③はそれぞれ27日以上(標準的には27日~56日)
③→④7カ月以上(標準的には7カ月~13カ月未満)

小児用肺炎球菌【不活化】
1回目~3回目は2歳までに接種
①2カ月 ②3カ月 ③4カ月 ④1歳
①→②→③はそれぞれ27日以上
③→④は60日以上
4回目は1歳以降に接種(標準的には1歳~1歳3カ月)

※ヒブと小児肺炎球菌は接種開始年齢により接種回数が異なります

四種混合(ジフテリア・破傷風。百日せき・ポリオ)【不活化】
①3カ月 ②4カ月 ③5カ月 ④2歳まで
①→②→③はそれぞれ20日以上(標準的には20日~56日)
③→④は6カ月以上(標準的には12カ月~18カ月未満)

BCG(結核)【生】
①5カ月

麻しん風しん(MR)【生】
第1期:1歳になったらできるだけ早く【第1期】1歳~2歳
                 【第2期】5歳~7歳
第2期:小学校入学前の1年間。令和元年度は平成25年4月2日生まれ~平成26年4月1日生まれの子どもが対象

水痘(水ぼうそう)【生】
①1歳 ②2歳
①→②は3カ月以上(標準的には6カ月~12カ月)

日本脳炎【不活化】
【第1期】①3歳 ②3歳~4歳まで ③4歳
①→②は6日以上(標準的には6日~28日)
②→③は6カ月以上(標準的には1年後)
【第2期】9歳~13歳未満に1回接種

【接種機会を逃した人の特例措置】
・平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの人は、20歳になるまで定期接種可能
・平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの人は、第1期未接種分を第2期の対象年齢時(9歳~13歳未満)に接種可能

▶【不活化】=不活化ワクチン、【生】=生ワクチン。次に別のワクチンを接種する場合、接種の翌日から、不活化ワクチンの後は6日以上・生ワクチンの後は27日以上空ける。
▶11歳~13歳未満に接種する二種混合(ジフテリア・破傷風)、小学6年~高校1年生相当の女子が接種する子宮頸(けい)がん予防(ヒトパピローマウイルス感染症)の詳細については予防接種手帳、市ホームページなどで確認してください。
▶受け方を間違い、定期予防接種と認められなかった場合、健康被害が生じた際に予防接種法に基づく補償を受けることができないため、注意してください。
▶長期にわたり療養を必要とする疾病などのため、定期予防接種の対象年齢時に接種できなかった人は、条件により接種が可能となる場合があります(要相談)。

〉〉〉成人健診 
平成31年4月~令和2年3月の間で1回、集団・個別のいずれかを選んで受診してください。
自覚症状がある場合は、早めに医療機関を受診してください。

【申し込み方法】 
【集団健診】
【申し込み】健診受付専用ダイヤル 【ナビダイヤル】0570‒00‒2291
(月曜~金曜日、9時~17時15分)
▶令和2年3月分まで随時受け付け可。各健診定員あり。先着順。定員を超えた場合は別日を案内
▶「広報とよなか」掲載以外にも日程あり。健診受付専用ダイヤルに問い合わせてください
▶受診決定者には受診日の1週間前までに詳細の案内を発送
▶健診結果は約1カ月後に郵送
【個別健診】
各取扱医療機関に直接申し込み。取扱医療機関は健康政策課 【電話】6858‒2291へ問い合わせ。結果のお知らせ方法は医療機関によって異なるため、受診の際に確認してください 

【受診に当たっての必要書類ほか】
▶資格確認のため下記の書類を持って、各会場
【特定健康診査・後期高齢者医療健康診査】
・受診券 ・受診票(はがき)
・健康保険証か後期高齢者医療保険証
【市民健康診査・がん検診ほか】
・受診票(はがき)
▶市民税非課税世帯や生活保護受給世帯、中国残留邦人等支援給付対象の人は無料になる制度あり(要申し込み)
【問い合わせ】健康政策課 【電話】6858‒2291
▶集団健診年間日程や個別健診取扱医療機関などは市ホームページでも閲覧可

健診の種類・対象・定員・費用/集団健診の場所・日程、個別健診の有無/健診の内容ほか

市民健康診査
【対象・定員】事業所などで健診を受ける機会のない30歳~39歳の人(障害者手帳を持つ15歳以上の人)、40歳以上の生活保護受給者、各70人
特定健康診査
【対象・定員】市国民健康保険に加入する40歳~74歳の人、各70人
後期高齢者医療健康診査
【対象・定員】後期高齢者医療保険に加入している人、各70人 
▶中部保健センター(岡上の町)=3月9日(月曜日)13時~15時、3月15日(日曜日)9時~11時
▶庄内保健センター(島江町)=3月12日(木曜日)・24日(火曜日)9時~11時
▶医療保健センター(上野坂)=3月16日(月曜日)9時~11時
▷個別健診あり 
問診、身体測定、血圧測定、血液検査、尿検査、医師の診断により貧血・心電図・眼底検査

肝炎ウイルス検査
【対象・定員】B型・C型肝炎検査を過去に受診したことのない、20歳以上の人 
上記の特定健康診査などと同時実施
▷個別検診あり 
血液検査

大腸がん検診
【対象・定員】40歳以上、各70人
【費用・参加費】300円(大腸がん検診単独受診者) 
上記の特定健康診査などと同時実施
▷個別検診あり(特定健康診査などと同時受診が必要) 
問診、便潜血反応検査2日法

前立腺がん検診
【対象・定員】50歳以上の男性、各70人
【費用・参加費】500円 
上記の特定健康診査などと同時実施
▷個別検診あり(特定健康診査などと同時受診が必要) 
血液検査(PSA検査)

肺がん・結核検診
【対象・定員】40歳以上、各70人
【費用・参加費】無料。問診後、必要な人に、たん検査200円 
上記の特定健康診査などと同時実施
▶大阪刀根山医療センター(刀根山)=3月21日(土曜日)9時~11時
▷個別検診なし 
問診、胸部エックス線撮影

乳がん検診
【対象・定員】30歳以上の、西暦で奇数年生まれの女性、午前・午後各40人(平成30年度に未受診の人は受診可)
【費用・参加費】500円 
▶庄内保健センター(島江町)=3月3日(火曜日)
▶中部保健センター(岡上の町)=3月12日(木曜日)
▶千里保健センター(新千里東町)=3月16日(月曜日)
いずれも9時30分~11時、13時30分~15時
▷個別検診あり 
問診、触診、マンモグラフィー。
受診不可の人は次のとおり
▷妊娠中(可能性のある人も含む)▷授乳中▷卒乳後6カ月以内▷しこりや乳頭からの分泌(赤色)がある▷豊胸手術や脂肪注入をしている▷ペースメーカーを装着している▷乳腺外科で治療中や経過観察中

胃がん検診(選択制) 
・胃エックス線検査
【対象・定員】50歳以上の、西暦で奇数年生まれの人、40人(平成30年度に胃がん検診未受診の人は受診可)
【費用・参加費】800円 
▶千里保健センター(新千里東町)=3月23日(月曜日)9時~11時
▷個別検診のみ 
問診、胃部エックス線撮影
・胃内視鏡検査
【対象・定員】上記胃エックス線検査を参照
【費用・参加費】1,000円 
▷個別検診のみ 
問診、胃カメラ検査。抗血栓薬服用中の人など既往症によっては受診できません

子宮がん検診
【対象・定員】20歳以上の、西暦で奇数年生まれの女性、60人(平成30年度に未受診の人は受診可)
【費用・参加費】600円。個別検診のみ頸(けい)・体部1,000円 
▶千里保健センター(新千里東町)=3月6日(金曜日)13時30分~15時
▷個別検診あり 
子宮頸部細胞診(個別検診のみ、医師の判断により体部検診も受診可)

歯科健康診査
【対象・定員】30歳~74歳の人、75歳以上の生活保護受給者
【費用・参加費】200円(70歳以上の人は無料) 
▷個別健診のみ 
問診、歯周病・虫歯などの検査

骨密度測定
【対象・定員】18歳以上の女性、午前・午後各30人
【費用・参加費】400円 
▶中部保健センター(岡上の町)=3月10日(火曜日)
▶千里保健センター(新千里東町)=3月24日(火曜日)いずれも9時~11時、13時~14時30分
▷個別検診なし 
超音波による骨量検査(はだしになって測定)

〉〉〉検査・相談 (祝・休日は休みます)
HIV(エイズ)・梅毒即日セット検査と性感染症電話相談
【日時】【内容】〈HIV・梅毒即日セット検査〉3月3日(火曜日)・19日(木曜日)13時~14時。結果は15時~16時に本人へ手渡し〈性感染症電話相談〉月曜~金曜日9時~17時15分。エイズや梅毒などの性感染症の予防・症状・感染・治療について、医師・保健師と相談
【場所】【問い合わせ】保健予防課(保健所内・中桜塚) 【電話】6152‒7316

〉〉〉急病電話相談 (突然の病気やけがで困ったとき)
救急安心センターおおさか
【内容】救急医療相談を相談員や看護師が医師の支援体制のもと24時間、365日対応 
▶相談電話=携帯電話・PHS・プッシュ回線は 【電話】#7119、ダイヤル回線・IP電話は 【電話】06‒6582‒7119

■子ども■小児救急電話相談 
▶相談時間=20時~翌朝8時 
▶相談電話=携帯電話・PHS・プッシュ回線は 【電話】#8000、ダイヤル回線・IP電話は 【電話】06‒6765‒3650
※誤飲に関する相談は、大阪中毒110番 【電話】072‒727‒2499(24時間、365日対応)

〉〉〉休日・夜間急病診療 ◎受診の際は必ず健康保険証などを持参してください
内容/受付日時/場所・連絡先
休日急病診療(内科、小児科、歯科) 
日曜日、祝・休日9時30分~16時30分(診療は10時から) 
医療保健センター(上野坂)【電話】6848‒1661
庄内保健センター(島江町)【電話】6332‒8558

■子ども■小児初期救急(小児科) 
月曜~金曜日(祝・休日を除く)18時30分~翌朝6時30分(診療は19時から) 
土曜日(祝・休日を除く)14時30分~翌朝6時30分(同15時から) 
日曜日、祝・休日8時30分~翌朝6時30分(同9時から) 
豊能広域こども急病センター(箕面市萱野)【電話】072‒729‒1981
上記医療機関では、けが、骨折、やけど、異物の飲み込みは受診できませんので、症状により、以下の病院へ相談してください
上田病院(庄内幸町)〈内科・外科・整形外科〉 【電話】6334‒0831、関西メディカル病院(新千里西町)〈内科・外科・整形外科〉 【電話】6836‒1199、小西病院(曽根東町)〈外科〉 【電話】6862‒1701、市立豊中病院(柴原町)〈内科・外科〉 【電話】6843‒0101、豊中若葉会病院(東豊中町)〈内科・整形外科〉 【電話】6856‒9550
※救急診療日が決まっている科目もありますので、各病院に直接問い合わせてください
※適切な医療機関が分からない場合は、府救急医療情報センター 【電話】6693‒1199(24時間、365日対応)

■ニュース■不妊に関する特定治療助成制度
申請期限にご注意ください
 同助成の申請期限は、その治療が終了した日の属する年度の末日(3月31日)か、治療が終了した日から3カ月を経過する日のいずれか遅い日です。複数回の同時申請は、それぞれの治療終了日によって申請期限が変わるのでご注意ください。また、郵送での申請は、消印日が申請日となります。
【問い合わせ】母子保健課 【電話】6858・2800

マンションサミット交流会
【日時】2月2日(日曜日)14時~16時
【場所】すこやかプラザ(岡上の町)
【内容】防災に関する講演、マンション住民の防災の取り組みについての事例発表、交流会
【出演・講師・指導】集合住宅維持管理機構主任専門委員・大槻博司さん
【対象・定員】120人
【申し込み】社会福祉協議会 【電話】6848・1279。先着順

交流・支え合いの場づくり
▶庄内会場=とよなか縁結美(庄内西町) 
▶北緑丘会場=UR北緑丘団地22号棟集会所(北緑丘)
【申し込み】いずれも電話で日本地域統合人材育成機構 【電話】6844・5711。先着順
お肌いきいきメークアップと
ハンドセラピー
【日時】【場所】2月3日(月曜日)・10日(月曜日)・17日(月曜日)10時~12時庄内会場、13時30分~16時北緑丘会場
【出演・講師・指導】看護師・安間陽子さん
【対象・定員】各10人
手先を使って脳を刺激
ハンドメイド部・健康相談
【日時】2月5日~26日の水曜日10時~12時
【場所】庄内会場
【出演・講師・指導】看護師・北野真依子さん
【対象・定員】各10人
円満相続のために
知っておきたいポイント
【日時】【場所】2月5日(水曜日)10時30分~12時庄内会場、7日(金曜日)13時30分~15時北緑丘会場
【出演・講師・指導】ファイナンシャルプランナー・平井寛さん
【対象・定員】各20人
一緒に買い物みんなでお得に
山分けしよう お買い物部
【日時】2月7日~28日の金曜日11時~12時
【場所】庄内会場
【出演・講師・指導】看護師・小鹿千秋さん
【対象・定員】各10人
【費用・参加費】実費
これまで習ってこなかった性教育
【日時】2月7日(金曜日)13時30分~15時
【場所】庄内会場
【出演・講師・指導】助産師・竹内泰代さん
【対象・定員】20人
ええ声出して笑ってシワをなくそう
【日時】【場所】2月14日(金曜日)10時30分~12時庄内会場、13時30分~15時北緑丘会場
【出演・講師・指導】言語聴覚士・小西健太さん
【対象・定員】各20人
子育ての話をしよう
【日時】2月15日(土曜日)10時30分~12時
【場所】庄内会場
【出演・講師・指導】子育て心理学カウンセラー・倭田佳代子さん
【対象・定員】20人
ハープをさわってみよう
指先の刺激と音色の美しさを体験
【日時】2月21日(金曜日)11時30分~14時30分
【場所】庄内会場
【出演・講師・指導】薬剤師・みわともこさん
【対象・定員】10人
シニアのための姿勢教室
【日時】【場所】2月28日(金曜日)10時~11時30分庄内会場、13時30分~15時北緑丘会場
【出演・講師・指導】姿勢調整師・中川真嘉さん
【対象・定員】各20人

地域福祉活動支援センター
復興支援DAY
【日時】2月①4日(火曜日)②19日(水曜日)。10時~15時30分
【場所】①高川(豊南町東)②東豊中(東豊中町)の各地域福祉活動支援センター
【内容】支援活動などのパネル展示、被災地応援の物産販売
【問い合わせ】各センター(①高川 【電話】6335・1560②東豊中 【電話】6850・8038)

ボランティア
フェスティバル
【日時】2月15日(土曜日)10時~16時45分
【場所】文化芸術センター(曽根東町)
【内容】ボランティアグループによるステージ発表、ボランティア体験、展示ほか
【問い合わせ】ボランティアセンターぷらっと 【電話】6848・1000

ももの会
若年認知症本人・家族の集い
【日時】2月18日(火曜日)13時30分~15時30分
【場所】すこやかプラザ(岡上の町)
【内容】卓球、歌、体操などで交流。家族は別室で情報交換
【対象・定員】若年認知症の人や家族ほか、30人
【申し込み】電話で中央地域包括支援センター熊野田分室ほっと 【電話】4865・5160。先着順

健康講演会
認知症なんてこわくない
【日時】2月22日(土曜日)14時~15時
【場所】医療保健センター(上野坂)
【出演・講師・指導】市立豊中病院認知症看護認定看護師・大久保和実
【対象・定員】50人
【申し込み】同センター 【電話】6848・1661。先着順

とよなかがんサロン
【日時】2月25日(火曜日)13時30分~15時
【場所】市立豊中病院(柴原町)
【内容】患者・家族の情報交換、交流ほか
【対象・定員】がん患者や家族
【申し込み】同病院 【電話】6843・0101

大阪刀根山医療センター
健康教室
【日時】2月27日(木曜日)13時~13時20分
【場所】同センター(刀根山)
【内容】専門医療スタッフによる在宅人工呼吸器についての話
【問い合わせ】同センター 【電話】6853・2001

こころのSOSに気付くために
あなたもゲートキーパー
【日時】3月3日(火曜日)14時~16時
【場所】すてっぷ (玉井町)
【内容】自殺に関する正しい知識と自殺予防につながる声掛けや話の聞き方、相談機関へのつなぎ方を学ぶ初心者向け講座。演習あり
【対象・定員】40人
【申し込み】電話で保健予防課 【電話】6152・7315。先着順

公開講座
もしものための終活
【日時】3月6日(金曜日)13時30分~15時
【場所】服部地域福祉活動支援センター(服部本町)
【内容】成年後見制度や死後事務委任などの終活について学ぶ
【出演・講師・指導】空き家サポートセンター
【対象・定員】30人
【申し込み】電話で権利擁護・後見サポートセンター 【電話】6841・9382。先着順

わかちあいの会
大切な人を亡くした人の交流会
【日時】3月12日(木曜日)13時~16時
【場所】保健所(中桜塚)
【内容】悲嘆のプロセスと回復に向けたケアを学ぶミニ講座、交流
【対象・定員】身近な人を亡くした人や周囲の人、15人
【申し込み】電話で保健予防課 【電話】6152・7315。先着順

2月4日は風しんの日
大人の風しんにご注意を
 妊娠初期の女性が風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんが先天性風しん症候群(難聴・白内障・心臓の病気など)になる可能性があります。
 風しんは予防接種で発症を防ぐことができる感染症です。妊娠を希望する女性やパートナーなどに対し、無料の抗体検査や予防接種(条件あり)を行っていますので、市内の取扱医療機関で受診してください。
【問い合わせ】保健予防課 【電話】6152・7316

プレミアム付商品券の
使用期限は2月29日(土曜日)
 同券の使用期限は、2月29日(土曜日)ですので、早めにご利用ください。
【問い合わせ】同券実施本部コールセンター 【電話】4865・5701

社会福祉協議会
賛助会員を募集
【内容】校区福祉委員会活動やボランティアセンター事業などの地域福祉を充実させるため、同協議会の活動財源に協力 
▶会費=賛助会員(個人・世帯)1口500円、特別賛助会員(個人・法人・事業所・団体など)1口5千円。何口でも可
【申し込み】3月31日(火曜日)までに各校区福祉委員会(校区により募集期間が異なる場合あり)
【問い合わせ】同協議会 【電話】6841・9393

2月の献血
千里阪急西側(新千里東町)=22日(土曜日)10時~16時30分
※成分献血は実施していません。400ml献血のみ
※輸血用血液の安全性向上のため、本人確認ができるものの提示をお願いする場合があります
【問い合わせ】市献血推進協議会(社会福祉協議会内・岡上の町) 【電話】6841‒7335

(高齢者)

とよなか健康大学
令和2年度前期 学生募集説明会
【日時】2月①3日(月曜日)②6日(木曜日)③12日(水曜日)④13日(木曜日)⑤24日(振替休日)。13時~15時(⑤は14時から)
【場所】①柴原(柴原町)②原田(原田元町)③千里(新千里東町)④高川(豊南町東)⑤服部(服部本町)の各介護予防センター
【内容】同大学の実施内容の説明や体験、卒業生などとの交流会
【出演・講師・指導】機能訓練指導員ほか
【対象・定員】65歳以上の介護保険を利用していない人、各30人
【申し込み】参加を希望する各センター(①柴原 【電話】6841・5949②原田 【電話】6843・5225③千里 【電話】6831・0590④高川 【電話】6335・1015⑤服部 【電話】4866・1180)。先着順

地域ささえ愛ポイント事業
活動登録者 募集説明会
【日時】①2月3日(月曜日)・25日(火曜日)・3月2日(月曜日)・24日(火曜日)10時~12時②2月28日(金曜日)13時15分~14時
【場所】①すこやかプラザ(岡上の町)②千里公民館(新千里東町)
【内容】介護施設などで行った高齢者支援などの社会貢献活動の実績に対して換金できるポイントを付与
【対象・定員】65歳以上の介護保険第1号被保険者、各30人
【申し込み】社会福祉協議会 【電話】6848・1000。先着順

司法書士による高齢者の
お悩み相談会in熊野田分室
【日時】2月4日(火曜日)・3月10日(火曜日)13時~16時
【場所】中央地域包括支援センター熊野田分室ほっと(中桜塚)
【内容】リーガルサポート大阪支部司法書士による成年後見制度などの個別相談(1組50分)
【対象・定員】各3組
【申し込み】電話で同分室ほっと 【電話】4865・5160。先着順

ぬくもりサロンとよなか
【内容】市内の銭湯を会場に、健康の保持や増進を図る講座を開催(下記参照)
【対象・定員】満65歳以上、各30人
【その他】今年度初めて参加する人は、住所と年齢を証明できるものを持参し、申込書(緊急連絡先など)を記入。体操には動きやすい服装で来場。参加者は当日講座終了後に限り100円で会場の浴場に入浴可
【申し込み】各開催日の前日までにシルバー人材センター 【電話】6856・1777。定員に満たない場合は当日会場。いずれも先着順
【問い合わせ】長寿安心課 【電話】6858・2707

2月のぬくもりサロンとよなか(各回要申し込み)
講座名〈講師〉/日時・場所
尺八とギターの合奏を聴き歌い楽しもう〈ギタリスト・野口弘さんほか〉 
10日(月曜日)13時~14時、七福温泉(大黒町) 【電話】6331‒3192
自力整体とピラティスで体を動きやすくしよう〈自力整体ナビゲーター・金子史奈子さん〉 
12日(水曜日)13時30分~14時30分、幸福温泉(蛍池南町) 【電話】6855‒4267
自力整体で筋肉を整え若返ろう〈自力整体ナビゲーター・秋山あゆみさん〉 
17日(月曜日)11時30分~12時30分、極楽温泉(服部寿町) 【電話】6866‒1126
中高年向けバラエティヨガで楽しもう〈バランスヨガ講師・松村千鶴子さん〉 
19日(水曜日)13時30分~14時30分、露天風呂たこ湯(曽根東町) 【電話】6862‒0655
元気に過ごすための食事から健康づくり〈管理栄養士・上田嘉子さん〉 
26日(水曜日)13時30分~14時30分、幸福温泉(蛍池南町) 【電話】6855‒4267

簡易型自動録音機を無料配布
特殊詐欺被害防止セミナー
【日時】【場所】〈くらしかん(北桜塚)10時~〉2月7日(金曜日)・21日(金曜日)〈千里公民館(新千里東町)14時~〉2月7日(金曜日)・25日(火曜日)〈中央公民館(曽根東町)14時~・庄内公民館(三和町)10時~〉2月10日(月曜日)・21日(金曜日)〈蛍池公民館(蛍池中町)14時~〉2月14日(金曜日)・28日(金曜日)
【内容】特殊詐欺被害防止啓発と同録音機の配布(1世帯1個)・取り付け説明(30分)
【対象・定員】防犯機能付き電話機か留守録対応電話機を持っていない65歳以上の人がいる世帯
【申し込み】各開催日の2日前までに電話でくらし支援課 【電話】6858・5073

地域教室
認知症予防体操
【日時】2月12日(水曜日)11時~12時
【場所】服部介護予防センター(服部本町)
【対象・定員】65歳以上、15人
【申し込み】電話で服部地域包括支援センターほっと 【電話】6865・1278。先着順
学ぼう予防しよう認知症
【日時】2月18日(火曜日)14時~15時
【場所】UR北緑丘団地22号棟(北緑丘)
【出演・講師・指導】認知症初期集中支援チーム員
【対象・定員】30人程度
【申し込み】電話で少路地域包括支援センターほっと 【電話】6854・7878。先着順
むせずにおいしく
口腔(こうくう)ケアと食事摂取の基本
【日時】2月20日(木曜日)13時30分~14時30分
【場所】豊中倶楽部自治会館(玉井町)
【内容】むせこみの仕組みや、むせないための口の体操・食事の姿勢を学ぶ
【対象・定員】20人
【申し込み】電話で中央地域包括支援センターほっと 【電話】6841・9384。先着順
お口を健康に保ち健康寿命を延ばそう
【日時】2月26日(水曜日)14時~15時
【場所】すこやかプラザ(岡上の町)
【出演・講師・指導】市在宅歯科ケアステーション歯科衛生士・馬場真衣子さん
【対象・定員】30人
【申し込み】電話で中央地域包括支援センターほっと 【電話】6841・9384。先着順
腰痛との上手な付き合い方
【日時】2月26日(水曜日)14時~15時30分
【場所】千里文化センター「コラボ」(新千里東町)
【出演・講師・指導】かとう整形在宅クリニック理学療法士・藤原正史さん
【対象・定員】40人
【申し込み】電話で千里地域包括支援センターほっと 【電話】6155・1030。先着順
楽しく歌って脳を活性化
みんなで昭和歌謡を大合唱
【日時】2月27日(木曜日)13時30分~15時
【場所】小曽根センター(小曽根)
【出演・講師・指導】音楽療法士・西崎修子さん
【対象・定員】30人
【申し込み】電話で緑地地域包括支援センター高川分室ほっと 【電話】7650・8513。先着順

元気に介護予防運動教室
【日時】【連続講座】2月13日~3月12日の木曜日(5回)10時~11時
【場所】豊島体育館(服部西町)
【内容】歩行に必要な筋肉のバランス改善体操やストレッチほか
【対象・定員】おおむね50歳以上、10人
【費用・参加費】2千500円
【申し込み】2月6日(木曜日)から同館 【電話】6862・5121。先着順

笑う門には福来る
【日時】2月14日(金曜日)13時30分~15時
【場所】豊中人権まちづくりセンター老人憩の家(岡町北)
【内容】創作紙芝居作家・菊地和美さんによる紙芝居ほか
【対象・定員】65歳以上、20人(世代間交流として40歳以上の人も可)
【申し込み】2月3日(月曜日)9時から同センター 【電話】6841・1313。先着順

お笑い宝船
【日時】2月17日(月曜日)13時15分~15時
【場所】豊中人権まちづくりセンター(岡町北)
【内容】スーパーニシダさんによるマジック、千里家圓九さんによる落語
【対象・定員】65歳以上、200人(世代間交流として40歳以上の人も可)
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】同センター 【電話】6841・1313

豊中しごとセンターシニアの日
シニアの就職支援講座
【日時】2月20日(木曜日)14時~15時30分
【場所】同センター(庄内東町)
【内容】企業が求める人材像を知り、応募書類作成のポイントを学ぶ
【対象・定員】15人
【申し込み】2月19日(水曜日)までに同センター 【電話】6398・7463。市ホームページからも申し込み可。先着順

シニア内職説明会
【日時】2月19日(水曜日)10時30分~12時
【場所】内職ひろば庄内(庄内西町)
【対象・定員】おおむね55歳以上、10人
【申し込み】シニアワークセンターとよなか 【電話】6836・9862。先着順

認知症高齢者 家族交流会
【日時】3月2日(月曜日)13時30分~15時30分
【場所】くらしかん(北桜塚)
【その他】本人を同伴の場合は要申し込み。ボランティアが対応
【申し込み】長寿安心課 【電話】6858・2235、社会福祉協議会 【電話】6848・1279

地域研修会
香りで認知症予防をしよう
【日時】3月7日(土曜日)13時30分~15時
【場所】ローズコミュニティ・緑地(寺内)
【内容】香りと記憶の関係を学び、認知症予防と健康増進を図る
【出演・講師・指導】認知症介護指導者・石川立美子さん
【対象・定員】100人
【申し込み】電話で緑地地域包括支援センターほっと 【電話】6867・0577。先着順

認知症サポーター養成講座
認知症を知り地域をつくる
【日時】3月21日(土曜日)13時30分~15時
【場所】シュールメゾンポプラ三和町(三和町)
【内容】テキストやビデオで認知症について学ぶ
【対象・定員】30人
【申し込み】電話でケアプランセンターポプラ豊中庄内 【電話】6151・3948。先着順
【問い合わせ】長寿安心課 【電話】6858・2866

(障害者)

■ニュース■障害者の医療費助成制度
【内容】重度障害のある人などに、各種医療保険の自己負担額から一部自己負担額を除く医療費を助成。所得制限あり
【対象・定員】医療保険に加入し、次のいずれかに該当する人。▽身体障害者手帳1・2級または療育手帳Aを持っている人▽身体障害者手帳3~6級と療育手帳B1の両方を持っている人▽精神障害者保健福祉手帳1級を持っている人▽特定医療費(指定難病)受給者証または特定疾患医療受給者証を持っていて、障害年金(特別児童扶養手当)1級に該当している人または市が指定する障害認定医より障害年金1級相当の認定を受けた人
【問い合わせ】保険給付課 【電話】6858・2295

障害福祉センターひまわり
〒561‒0854稲津町1‒1‒20
【電話】6866・1011
【FAX】6866・0811

ひまわり講座
【日時】【連続講座】【内容】【場所】【費用・参加費】下記参照
【対象・定員】18歳以上で、身体障害・知的障害・精神障害・難病などのいずれかに該当する人(手帳などの証明書が必要)。定員を超える場合は、未受講者などが優先。定員に満たない場合は要介護認定者と健常者も受講可
【その他】介助・手話通訳あり。送迎は要申し込み。⑥⑦⑬以外は椅子に座って行う。③はダンベルを⑰はハンドベルを持てない人も可
【申し込み】2月4日(火曜日)~10日(月曜日)に来館・電話受付。ファクス可(催し名、①~⑰のいずれか、住所、名前、電話番号かファクス番号を記入)。抽選あり

ひまわり講座(4月~8月実施分)
【日時】午前は10時15分~11時45分、午後は13時45分~15時15分
【場所】ひまわり
講座名/日時・定員・費用
①気功 
第1・3木曜日、午前(10回)。20人
②やすらぎ倶楽部(くらぶ)(やさしい絵画) 
第1・3木曜日、午後(10回)。10人。実費(材料費ほか)
③ダンベル体操 
第1・3金曜日、午前(10回)。20人
④楽しい民謡 
第1・3金曜日、午後(10回)。18人。実費(歌詞カードコピー代)
⑤書道 
第1・3月曜日(5月4日を除く)、午前(9回)。18人。実費(手本コピー代)
⑥ショートテニス 
第1・3月曜日(5月4日を除く)、午後(9回)。12人
⑦風船バレー 
第1・3火曜日(5月5日を除く)、午前(9回)。16人
⑧コーラス 
第1・3火曜日(5月5日を除く)、午後(9回)。18人。実費(歌詞カードコピー代)
⑨フラワーアレンジメント 
第2・4木曜日(7月23日・8月13日を除く)、午前(8回)。12人。9,600円
⑩えんぴつ書き方教室 
第2・4木曜日(7月23日・8月13日を除く)、午後(8回)。18人
⑪チェアエクササイズ 
第2・4金曜日(7月24日・8月14日を除く)、午前(8回)。20人
⑫茶道 
第2・4金曜日(7月24日・8月14日を除く)、午後(8回)。10人。2,000円
⑬ダンスエアロ 
第2・4月曜日(8月10日を除く)、午前(9回)。25人
⑭アロマとハーブで楽しもう 
第2・4月曜日(8月10日を除く)、午後(9回)。18人。1,800円
⑮絵手紙 
第2・4火曜日、午前(10回)。13人。実費(材料費ほか)
⑯エアロビクス 
第2・4火曜日、午後(10回)。25人
⑰ハンドベル 
第1・3水曜日(4月1日・5月6日を除く)、午後(8回)。12人。実費(資料代)。9月2日(水曜日)に振り返り会あり

ひまわり市民講座
大人の発達障害 理解と関わり方
【日時】2月24日(振替休日)14時~16時
【場所】ひまわり
【出演・講師・指導】三国丘病院院長・河口剛さん
【対象・定員】50人
【その他】手話通訳・要約筆記あり
【申し込み】2月5日(水曜日)から来館・電話受付。ファクス可(催し名、住所、名前、電話番号かファクス番号を記入)。先着順

タブレット・スマート
スピーカー体験講習会
【日時】〈タブレット〉3月①3日(火曜日)・10日(火曜日)②12日(木曜日)③17日(火曜日)〈スマートスピーカー〉④5日(木曜日)⑤19日(木曜日)⑥24日(火曜日)⑦26日(木曜日)。いずれも13時30分~15時30分
【場所】ひまわり
【対象・定員】①⑤⑦18歳以上の視覚障害者(①は両日参加できる人)、各4人。②③④⑥18歳以上の身体障害・知的障害・精神障害・難病のいずれかに該当する人、各6人。いずれも手帳などの証明書が必要
【その他】介護・手話通訳あり。送迎は要申し込み
【申し込み】2月4日(火曜日)~10日(月曜日)(土曜・日曜日を除く)に来館・電話受付。ファクス可(催し名、①~⑦のいずれか、住所、名前、電話番号かファクス番号を記入)。抽選あり。受け付け後、障害の程度やタブレットの使用状況などを問い合わせる場合あり

お知らせ「保険・年金・税」(16ページ、17ページ)

保険・年金・税

(税)

市・府民税の申告と所得税・消費税の確定申告
市・府民税の申告
 市民税課で2月14日(金曜日)~3月16日(月曜日)(土曜・日曜、祝・休日を除く)か、下表の確定申告会場に併設の窓口で受け付けます。なお、市ホームページでも申告書の作成と個人市・府民税の税額計算ができます。
【問い合わせ】同課 【電話】6858・2131
所得税の確定申告・相談
 確定申告会場(下記)、豊能税務署(池田市)で2月17日(月曜日)~3月16日(月曜日)(同署の相談受け付けは16時まで。2月24日(振替休日)・3月1日(日曜日)に休日開庁あり)に受け付けます。なお、申告書は国税庁ホームページでも作成できます。
【問い合わせ】同署 【電話】072・751・2441

確定申告会場(9時30分~15時)
場所/日時
ローズ文化ホール(野田町) 
2月4日(火曜日)・5日(水曜日)・6日(木曜日)
A&Hホール(千里朝日阪急ビル内・新千里東町) 
2月7日(金曜日)・10日(月曜日)・12日(水曜日)・13日(木曜日)
※土地・建物・株式などの譲渡所得、住宅借入金等特別控除、雑損控除、相続税および贈与税の相談はできません
※混雑した場合、早めに受け付けを終了することがあります

医療費控除は明細書の添付が必要です
 平成29年分の確定申告と市・府民税申告から医療費控除には明細書の添付が必要となりました。医療費の領収書は税務署や市役所から求められたときに提示や提出が必要ですので、自宅で5年間保管してください。また、医療保険者から交付を受けた医療費通知を添付すると、明細の記入を省略できます。
【問い合わせ】市民税課 【電話】6858・2131、豊能税務署 【電話】072・751・2441

(国民年金)

年金給付手続き窓口
受付時間の延長と休日開設
【日時】2月・3月の月曜日(2月24日㉁は25日(火曜日)に振り替え)8時30分~19時、2月8日(土曜日)・3月14日(土曜日)9時30分~16時
【場所】豊中年金事務所(岡上の町)
【持ち物】年金手帳か年金証書、本人確認書類(委任する場合は委任状と代理人の本人確認書類が必要)
【その他】電話で時間指定予約可
【問い合わせ】同事務所 【電話】6848・6831

(保険)

各種保険料を所得から控除します
 平成31年1月から令和元年12月までに納めた国民健康保険料・介護保険料・後期高齢者医療保険料と国民年金保険料は、社会保険料控除の対象となります。
国民健康保険料・介護保険料・後期高齢者医療保険料の控除
 確定申告の際、1月に送付した保険料の納入済額確認書で確認してください。
【問い合わせ】保険資格課 【電話】6858・2301
国民年金保険料控除証明書
 確定申告の際には、保険料納付額を証明する書類の添付が必要です。平成31年1月1日から令和元年9月30日までに保険料を納めた人は、11月上旬に日本年金機構本部から送付されている「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」(はがき)や領収証書を添付してください。10月1日以降に保険料を初めて納めた人は、2月上旬に同証明書が送付されます。
【問い合わせ】豊中年金事務所 【電話】6848・6831

高額医療・高額介護
合算療養費制度
 平成30年8月1日から令和元年7月31日までに支払った医療保険と介護保険の自己負担額の合計が、下表の自己負担限度額を超えた場合に超過額を給付します。令和元年7月31日時点で、市国民健康保険か後期高齢者医療制度の被保険者で、給付の対象と見込まれる人には2月下旬以降に申請書を送ります。ただし、対象期間内に転入した人や保険の変更があった人にはお知らせできない場合がありますので、問い合わせてください。
【問い合わせ】保険給付課 【電話】6858・2295

高額医療・高額介護合算療養費の自己負担限度額(70歳未満)
区分/所得要件/自己負担限度額
ア 所得合計額901万円超の世帯 212万円
イ 所得合計額600万円超~901万円以下の世帯 141万円
ウ 所得合計額210万円超~600万円以下の世帯 67万円
エ 所得合計額210万円以下の世帯 60万円
オ 市民税非課税世帯 34万円
※所得合計額は同一世帯の全ての国民健康保険被保険者の基礎控除後の所得の合計額

高額医療・高額介護合算療養費の自己負担限度額(70歳以上)
区分/所得要件/自己負担限度額(70歳~74歳・75歳以上(後期高齢者医療制度の加入者))
現役並み所得者 
Ⅲ 課税所得690万円以上 212万円
Ⅱ 課税所得380万円以上690万円未満 141万円
Ⅰ 課税所得145万円以上380万円未満 67万円
一般 
課税所得145万円未満 56万円
低所得者
Ⅱ 市民税非課税世帯 31万円
Ⅰ 市民税非課税世帯で所得が一定基準以下 19万円 〈注1〉
〈注1〉介護サービス利用者が複数いる世帯の場合、31万円

お知らせ「教育・保育」(17ページから19ページ)

教育・保育

ファミリー・サポート・センター
会員登録説明会
【日時】2月①9日(日曜日)10時~12時②13日(木曜日)13時30分~15時30分③20日(木曜日)14時~16時
【場所】①②すこやかプラザ(岡上の町)③千里公民館(新千里東町)
【内容】保育施設や習い事への送り迎え、子どもの預かりなどを有償で実施する育児支援者と利用者のための登録説明会。②は育児支援者のみ
【持ち物】証明写真(縦3㎝×横2.4㎝)2枚
【問い合わせ】同センター 【電話】6841・9383

発達に課題のある子どもの子育て
親による親のための講演会
【日時】2月19日(水曜日)10時~12時
【場所】すこやかプラザ(岡上の町)
【内容】発達障害のある子どもの子育て経験や親の会活動に基づく、思春期の子どもとの関わりや発達障害との向き合い方を考える
【出演・講師・指導】大阪LD親の会「おたふく会」・八木悦子さん
【対象・定員】80人
【申し込み】2月14日(金曜日)までに電話で児童発達支援センター 【電話】6866・2377。先着順
【保育あり】要申し込み

子ども健やか育み
フォーラム
【日時】2月22日(土曜日)10時~11時30分
【場所】アクア文化ホール(曽根東町)
【内容】児童虐待防止機構オレンジCAPO理事長・島田妙子さんによる講演「子育てってちがいがあるからおもしろい 子どもと共に歩む 子育て子育ちの視点から」
【その他】手話通訳あり
【問い合わせ】こども事業課 【電話】6858・2750
【保育あり】2月14日(金曜日)までに申し込み

不登校の子どもと交流する
学生ボランティアを募集
►期間=4月~令和3年3月の週1回2時間程度
【場所】庄内少年文化館(庄内栄町)
【内容】家庭訪問などで不登校児童・生徒と交流
【対象・定員】大学生・大学院生、20人
【その他】年6回研修あり
【申し込み】3月6日(金曜日)までに同館 【電話】6336・6371。市ホームページからも申し込み可。面接あり

とよなか地域教育
コミュニティフォーラム
【日時】2月29日(土曜日)13時30分~15時30分
【場所】中央公民館(曽根東町)
【内容】「地域・学校・家庭のつながり」をテーマに、箕輪小学校区の事例を基に、地域社会全体で子どもの学びや成長を支える在り方を考える
【対象・定員】100人
【申し込み】2月3日(月曜日)から電話で学び育ち支援課 【電話】6858・2576。ファクス可(催し名、名前、電話番号を記入)
【FAX】6846・9649。先着順
【保育あり】2月14日(金曜日)までに申し込み

公立こども園
再整備計画(前期)を策定
 市は、「夢・はぐくむ」公立こども園整備計画に基づき、地域ごとの特性に応じた園舎計画や取り組み、スケジュールなどを示すために、同再整備計画を策定しました。子どもたちが自分らしく健やかに過ごせるよう、安心・安全な環境と質の高い教育・保育サービスを提供できる施設づくりをめざします。
同再整備計画は、こども事業課や市政情報コーナー、市ホームページでもご覧になれます。
【問い合わせ】同課 【電話】6858・2256

子育て支援センターほっぺ
〒560‒0023岡上の町2‒1‒15
【電話】6852・5526
【FAX】6852・5422

■子ども■1歳の育ちとかかわり方
【日時】①2月17日(月曜日)②3月11日(水曜日)。10時~11時
【場所】ほっぺ
【対象・定員】①1歳~1歳5カ月の子どもの保護者②1歳6カ月~1歳11カ月の子どもの保護者、各15人(子ども同伴可)
【申し込み】2月10日(月曜日)まで電話受付。抽選あり

■子ども■みんなで使うおもちゃをつくろう
【日時】2月25日(火曜日)10時~11時
【場所】ほっぺ
【内容】プレイルームで使用する身近な素材を利用したおもちゃ作り
【対象・定員】未就学児の保護者、10人(子ども同伴可)
【申し込み】2月17日(月曜日)まで電話受付。抽選あり

■子ども■4歳・5歳・6歳あーつまれ
【日時】2月28日(金曜日)10時~11時
【場所】蛍池公民館(蛍池中町)
【内容】親子でリトミックと体を動かす遊び
【対象・定員】おおむね4歳~6歳の未就園児と保護者、15組
【申し込み】2月26日(水曜日)まで電話受付。抽選あり

■子ども■いきいき子育て講座
【日時】3月2日(月曜日)10時~11時30分
【場所】中央公民館(曽根東町)
【内容】梅花女子大学教授・伊丹昌一さんによる「子育て中におこりやすいイライラ感情をコントロールする」
【対象・定員】未就学児の保護者、30人(子ども同伴可)
【申し込み】2月20日(木曜日)まで電話受付。抽選あり

■子ども■ファミリーであそぼう
【日時】3月7日(土曜日)10時~11時30分
【場所】武道館ひびき(服部西町)
【内容】触れ合い遊びほか
【対象・定員】未就学児と家族
【持ち物】靴袋

■子ども■はじめてのママとベビーあつまれ
【日時】【連続講座】3月①10日(火曜日)・17日(火曜日)10時30分~11時30分②12日(木曜日)・19日(木曜日)14時~15時
【場所】①千里文化センター「コラボ」(新千里東町)②ほっぺ
【内容】親子の触れ合いやつながりを学ぶ参加型プログラム
【対象・定員】令和元年10月~12月生まれの第1子の子どもと母親、各10組
【申し込み】往復はがき(1世帯1枚)に、保護者の住所と名前(返信用も)、催し名、①か②、電話番号、子どもの名前(フリガナ)・生年月日を書き、ほっぺ。2月17日(月曜日)必着。抽選あり

(こども園・保育所・幼稚園)

保育の仕事をしたい人への
こども園見学・就職相談会
【日時】2月①21日(金曜日)②26日(水曜日)。9時45分~12時
【場所】①本町(本町)②西丘(新千里西町)の各こども園
【対象・定員】保育士資格・保母資格・幼稚園教諭免許のいずれかがある人か子育て支援員研修修了者、各5人
【申し込み】こども事業課にある申込用紙で同課 【電話】6858・2808へ持参か郵送。2月13日(木曜日)必着。抽選あり

■子ども■手作りおやつ講座
【日時】2月26日(水曜日)10時~11時
【場所】豊中人権まちづくりセンターこども園地域子育て支援センター(岡町北)
【内容】卵と牛乳を使用しないコーン入り豆腐パン(ホットケーキミックスを使用)
【対象・定員】2歳以上の未就学児と保護者、15組
【費用・参加費】200円
【申し込み】2月10日(月曜日)~14日(金曜日)に同支援センター 【電話】6841・8401。抽選あり

■子ども■2歳の育ちとかかわり方
【日時】3月3日(火曜日)10時~11時
【場所】本町こども園地域子育て支援センター(本町)
【対象・定員】2歳の子どもの保護者、15人(子ども同伴可)
【申し込み】2月3日(月曜日)~7日(金曜日)に同センター 【電話】6848・3020。抽選あり

■子ども■保護者が就労するための休日保育(上半期分)
【日時】4月~9月の日曜日・祝日
【場所】本町こども園(本町)
【対象・定員】保育所などに入所している満1歳以上の子ども、1日25人
【費用・参加費】1日2千500円
【その他】詳しくはこども事業課 【電話】6858・2569か認可保育所・認定こども園などにある案内書(市ホームページからも取り出し可)を参照
【申し込み】案内書にある申込用紙で、2月12日(水曜日)~3月11日(水曜日)(必着)に同課。抽選あり。決定後も、空き状況(市ホームページで閲覧可)に応じて申し込み可

(学校)

■ニュース■高校生に学資をお貸しします
【内容】国公立は年8万円以内、私立は年20万円以内で希望する額を無利子で貸し付け、貸付期間終了後7年以内に月賦払いで返済
【対象・定員】4月に高等学校、特別支援学校高等部、中等教育学校(後期課程)、高等専門学校、専修学校(修業年限2年以上の高等課程)、朝鮮高級学校に在学予定で、保護者が市在住の学資に困っている人。所得制限あり
【申し込み】2月21日(金曜日)から教育総務課、各市立中学校、庄内(庄内幸町)・新千里(新千里東町)の各出張所にある申込用紙(市ホームページからも取り出し可)に記入・押印の上、3月2日(月曜日)から同課 【電話】6858・2553へ持参。郵送不可

お知らせ「環境・ごみ」(19ページから21ページまで)

環境・ごみ

(みどり・公園)

ふれあい緑地自然学習教室
【場所】ふれあい緑地1街区(服部西町)
【その他】いずれも小学3年生以下は保護者同伴
【申し込み】豊島北ビオトープクラブ 【電話】080・3023・5096。定員に満たない場合は当日会場。先着順
木や竹を使ったおもちゃ作り
【日時】2月8日(土曜日)13時30分~15時30分
【対象・定員】小学6年生以下、30人
田起こしで土づくり
【日時】2月9日(日曜日)10時~12時。雨天の場合は16日(日曜日)
【対象・定員】30人
【その他】汚れてもいい服装で参加
ちりめんモンスターを探せ
【日時】2月11日(祝日)13時30分~15時30分
【内容】ちりめんじゃこに交ざっている生物の採取・観察
【対象・定員】小学生以上、20人
押し花のミニ色紙作り
【日時】2月15日(土曜日)10時~12時
【対象・定員】小学生以上、10人
ネイチャーフォト教室
【日時】2月20日(木曜日)10時~12時
【対象・定員】10人
【持ち物】デジタルカメラ(コンパクトカメラ可)

チャレンジ 野菜くずの
堆肥化を始めませんか
【日時】2月15日(土曜日)10時~11時30分
【場所】くらしかん(北桜塚)
【内容】家庭の生ごみの堆肥化方法と助成制度の説明
【問い合わせ】花と緑のネットワークとよなか 【電話】080・5718・7651

クリスマスローズの育て方
【日時】2月22日(土曜日)10時~12時
【場所】花とみどりの相談所(曽根南町)
【出演・講師・指導】同所相談員
【対象・定員】24人
【費用・参加費】800円
【申し込み】2月18日(火曜日)から同所 【電話】6863・8439。先着順

ふれあい緑地のビオトープを考えるワークショップ
【日時】2月22日(土曜日)13時30分~15時30分
【場所】ふれあい緑地1街区(服部西町)
【対象・定員】中学生以上、30人
【申し込み】豊島北ビオトープクラブ 【電話】080・3023・5096。先着順

押し花で額を作ろう
【日時】2月29日(土曜日)10時~12時
【場所】花とみどりの相談所(曽根南町)
【出演・講師・指導】豊中緑化リーダー会
【対象・定員】20人
【費用・参加費】800円
【申し込み】2月25日(火曜日)から同所 【電話】6863・8439。先着順

市民農園の利用者募集
►利用期間=4月16日(木曜日)~令和4年3月15日(火曜日) 
►募集農園=左表参照。1世帯1区画(約15㎡)
【対象・定員】市在住の20歳以上の人(複数申し込みや令和3年3月15日(月曜日)まで利用中の人は不可)
【費用・参加費】2万円
【その他】詳細は農業委員会事務局、庄内(庄内幸町)・新千里(新千里東町)の各出張所、公民館、図書館、JA各支店にある募集要項(市ホームページからも取り出し可)を参照
【申し込み】募集要項にある申込用紙と63円切手を貼ったはがき(住所と名前を記入)を同封して〒561–8501「豊中市役所農業委員会事務局」 【電話】6858・2491。2月28日(金曜日)消印有効。抽選あり
障害者利用枠
【対象・定員】身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を持つ人(家族と共に農園を利用する人も可) 
►対象区画数=下記参照
【申し込み】前記必要事項のほか、手帳名、所持者名、手帳番号を記入。抽選あり

市民農園の所在地と予定区画数
農園名/予定区画数/所在地(街区)
旭丘 24(1) 旭丘4
上野坂2丁目A 40(2) 上野坂2‒14
上野坂2丁目B 17(1) 上野坂2‒20
上野東2丁目A 64(3) 上野東2‒19
岡町南 58(3) 岡町南3‒16
浜1丁目 27(1) 浜1‒29
浜3丁目B 39(2) 浜3‒7
東泉丘4丁目B 61(3) 東泉丘4‒4
向丘C 20(1) 向丘1‒2
向丘1丁目A 8(1) 向丘1‒5
向丘2丁目A 12(1) 向丘2‒11
※予定区画数のうち、( )内は障害者利用枠

(ごみ・まちの美化)

クリーンランド
展望フロア一般開放デー
【場所】クリーンランド(原田西町)
【問い合わせ】スリーR・センター 【電話】6841・8152
家具リユースコーナー
【日時】2月16日(日曜日)10時~11時30分
【内容】クリーンランドにごみとして持ち込まれた、まだ使える家具を展示。希望者に無料で譲渡
【申し込み】同コーナーにある申込用紙で当日11時30分まで受け付け。11時45分に抽選。搬出は各自
ANAコラボイベント
【日時】2月16日(日曜日)10時~15時
【内容】キッズ制服着用体験、マーシャラー体験(10時~14時30分)、ANA team・空楽隊による演奏会(11時45分~、13時10分~)、施設見学(10時15分~、10時30分~、13時40分~。各20人。当日会場。先着順)、キッズコーナーほか

2月・3月の
再生資源買取市
【日時】【場所】毎週土曜日は新明和(名神口)、第4土曜日は環境事業所(走井)。いずれも9時~12時
【内容】家庭から出る再生資源(紙・布類、缶類)を1㎏以上持ち込むと、10㎏までごとに40円で買い取り
【その他】車での来場可
【問い合わせ】家庭ごみ事業課 【電話】6858・2275

ごみ減量フォーラム
【日時】2月29日(土曜日)10時30分~12時30分
【場所】蛍池公民館(蛍池中町)
【内容】優良エコショップ認定証交付式、プラスチックごみ削減に向けたマイボトルの普及を図る協定の締結式、事例発表、京都経済短期大学准教授・小島理沙さんの進行で「プラスチックごみ削減のためにわたしたちが出来ること」をテーマに参加事業者と大学生によるパネルディスカッション
【対象・定員】80人
【その他】参加者にマイボトルとマイバッグを進呈
【申し込み】2月21日(金曜日)までに電話で減量計画課 【電話】6858・2279。ファクス可(催し名、住所、名前、電話番号を記入)
【FAX】6843・3501。先着順
【保育あり】要申し込み

子ども服リユース
着られない服が福となる
【日時】3月7日(土曜日)9時40分~10時20分、10時50分~11時30分、12時10分~12時50分、13時20分~14時(時間の選択不可)
【場所】環境事業所(走井)
【内容】子ども服の無料配布(1人10点まで)
【対象・定員】市在住の人、各50人
【その他】車での来場可
【申し込み】はがき(1世帯1枚)に催し名、住所、名前、電話番号、参加人数(4人まで)、希望する服のサイズを記入し、〒561–0891走井2–5–5家庭ごみ事業課 【電話】6843・3512。2月14日(金曜日)消印有効。抽選あり。結果は当選者のみ通知

■子ども■幼児図画入選作品が決定
 市・まちを美しくする運動推進本部が募集し、21のこども園・幼稚園と保育所・園から879点の応募がありました。入選者は次の皆さんです(敬称略・順不同)
【問い合わせ】美化推進課 【電話】6858・2276
▶市長賞=朴智駿(のばたけこども園)、山本響希(豊中人権まちづくりセンターこども園)、前田民琉翔(蛍池文化幼稚園) 
▶入選=森晴香(しんでんこども園)、平田紗彩(てしまこども園)、阪本新太(とねやまこども園)、山本静咲(せんなりこども園)、西尾颯人(ゆたかこども園)、岸田千夏(のばたけこども園)、日戸あおい(野田こども園)、柳澤真央(小曽根こども園)、桑木野魁星(栄町こども園)、林亮佑(東豊中こども園)、澤村夏怜(西丘こども園)、島一瑠(豊南西こども園)、上井大和(豊中人権まちづくりセンターこども園)、錦織隼(服部幼稚園)、宮下史帆(蛍池文化幼稚園)、河井つかさ(小曽根幼稚園)、稲垣汰一(仏光幼稚園)、江﨑洋輝(大阪音楽大学付属音楽幼稚園)、木島凜花(刀根山こころ保育園)、佐々木椋祐(ひかり保育園)、清水莉桜(いずみ保育園)
入選作品の展示
【日時】【場所】2月7日(金曜日)~12日(水曜日)中央公民館(曽根東町)、2月14日(金曜日)~19日(水曜日)千里文化センター「コラボ」(新千里東町)、2月21日(金曜日)~26日(水曜日)庄内公民館(三和町)
写真キャプション:朴智駿さんの作品
         山本響希さんの作品
         前田民琉翔さんの作品

(環境保全)

■ニュース■PM2.5(微小粒子状物質)に関する注意喚起
 PM2.5が高濃度になると予測される日は、7時15分か12時15分ごろに府ホームページや防災情報メールで注意喚起があります。
注意喚起があった場合、屋外での長時間の運動や外出を控え、屋内の換気は必要最小限にしましょう。また、呼吸器系や循環器系に疾患がある人や子ども、高齢者は体調管理に注意してください。
【問い合わせ】環境政策課 【電話】6858・2105

猫は室内で飼育しましょう
 飼い猫は交通事故や感染症などの危険を避けるためにも、室内で飼うよう努めてください。屋外に出すと、ふん尿などによる近所トラブルなどを引き起こすこともあります。
【問い合わせ】衛生管理課 【電話】6152・7320

地球環境を守る市民行動計画
「豊中アジェンダ21」の活動
【問い合わせ】とよなか市民環境会議アジェンダ21(eMIRAIE環境交流センター内・中桜塚) 【電話】6844・8611
とよっぴーの有料配布
【日時】2月8日(土曜日)・26日(水曜日)10時~11時
【場所】緑と食品のリサイクルプラザ(原田中)
【費用・参加費】10㎏250円ほか(1人7袋まで)
竹炭焼き体験
【日時】〈火入れ〉2月17日(月曜日)9時~12時〈窯出し〉2月18日(火曜日)9時30分~12時。いずれも雨天の場合は翌日
【場所】千里中央公園野外炊さん場(新千里東町)
【対象・定員】10人
【申し込み】2月15日(土曜日)までに同センター。先着順
竹切り体験
【日時】2月27日(木曜日)9時30分~12時。雨天中止
【場所】千里中央公園
【対象・定員】10人
【申し込み】2月24日(振替休日)までに同センター。先着順
とよっぴー 地産地消採りたて野菜市
【日時】2月27日(木曜日)10時~売り切れ次第終了
【場所】さわ病院(城山町)
【その他】とよっぴー3㎏(150円)有料配布あり
とよっぴー展
人の和・資源の輪・循環の環(わ)
【日時】2月27日(木曜日)・28日(金曜日)10時~15時
【場所】市役所第二庁舎
【内容】とよっぴーの製造・活用、学校やとよっぴー農園の食育活動などの展示、段ボール堆肥の実演、とよっぴー0.5㎏の進呈(各日50人。先着順)

とよなかエコ市民賞決定
 とよなか市民環境会議(会長=長内繁樹市長、139団体)は、省エネルギーや地球温暖化防止につながる取り組み、自然との共生など、環境に関わる活動を積極的に行う団体を表彰する「とよなかエコ市民賞」の受賞団体を、次の3団体に決定しました。表彰式と各団体の活動発表は地球温暖化防止イベント(左記参照)で行います。
▶受賞団体=ダイエー、北大阪急行電鉄、とよなかESDネットワーク
【問い合わせ】環境政策課 【電話】6858・2128

地球温暖化防止イベント
【日時】2月15日(土曜日)13時~15時30分
【場所】eMIRAIE環境交流センター(中桜塚)
【内容】とよなかエコ市民賞(右記参照)の表彰式、府地球温暖化防止活動推進センター・田中利男さんによる「来て・観て・わかる、食べ物とごみと地球温暖化の関係」
【対象・定員】70人
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】同センター 【電話】6844・8611
【保育あり】2月7日(金曜日)までに申し込み

eMIRAIE環境交流センター
〒561‒0881中桜塚1‒24‒20
【電話】6844・8611
【FAX】6844・8668

同センターの催し
ちゃんぷるカフェ
こどもの未来を考えよう
【日時】2月4日(火曜日)14時~16時
【場所】とよなか国際交流センター(玉井町)
【内容】地球環境や人に優しい未来のまちづくりについて語る
【対象・定員】20人(子ども同伴可)
【費用・参加費】100円
【申し込み】2月4日(火曜日)12時まで来館・電話受付。先着順
おもちゃ病院
【日時】2月8日(土曜日)10時~11時30分
【場所】同センター
【内容】壊れたおもちゃを修理。1世帯1点のみ
【費用・参加費】実費(部品代)
冬の野鳥観察会
【日時】2月9日(日曜日)10時服部緑地東中央広場集合~12時現地解散。雨天の場合は11日(祝日)
【対象・定員】30人
【申し込み】2月7日(金曜日)まで来館・電話受付。先着順
食べて、学んで、体験できる
ちゃんぷる屋台村
【日時】2月16日(日曜日)11時~15時
【場所】すてっぷ(玉井町)ほか
【内容】環境・国際・福祉などの分野を超えて集った市民団体による、循環をテーマにした飲食の屋台やコンサート・工作体験ほか
【持ち物】マイバッグ
自然学習講座
特定外来植物の現状と対策
【日時】2月16日(日曜日)14時~16時
【場所】中央公民館(曽根東町)
【出演・講師・指導】神戸大学名誉教授・武田義明さん
【対象・定員】40人
【申し込み】2月14日(金曜日)まで来館・電話受付。先着順
サイエンスカフェ
成分で考える体や環境にいいコスメ
【日時】2月26日(水曜日)10時~12時
【場所】同センター
【出演・講師・指導】100%脱石油メイクアップアドバイザー・梁井結さん
【対象・定員】15人
【費用・参加費】500円
【申し込み】2月23日(祝日)まで来館・電話受付。先着順
【保育あり】2月12日(水曜日)までに申し込み
新聞紙でエコバッグ作り
【日時】2月27日(木曜日)13時~15時
【場所】同センター
【対象・定員】15人
【費用・参加費】100円
【申し込み】2月24日(振替休日)まで来館・電話受付。先着順

不用品交換コミュニティ
ボードをご活用ください
【内容】家庭内にある不用品で、譲りたいものや譲ってほしいものを、同センター内の掲示板と同センターホームページに品物の情報を3カ月間掲出(1世帯5件まで)
【その他】応募があった場合、品物の受け渡しは当事者同士で実施
【申し込み】同センターにある申込用紙(同センターホームページからも取り出し可)で来館受付。ファクス可

お知らせ「まち・安全」(22ページ)

まち・安全

(安全・防災)

市公式ホームページの災害モード切り替え訓練を実施
 2月9日(日曜日)10時~12時に、同ページのトップページを大規模災害時などに使用する災害モードへ切り替える訓練を行います。訓練中は、トップページのデザインが通常と異なりますが、各コンテンツは検索機能やサイトマップからご覧になれます。ご理解とご協力をお願いします。
【問い合わせ】広報戦略課 【電話】6858・2028

防災用スピーカーが作動します
 全国瞬時警報システム(Jアラート)の一斉情報伝達訓練に合わせ、2月19日(水曜日)11時ごろに市立小学校など62カ所に設置している防災用スピーカーから、同システムの訓練音声を放送します(音声の届く範囲は半径約250m)。この機会に、家庭でも緊急時への備えや点検をお願いします。
【問い合わせ】危機管理課 【電話】6858・2683

木造住宅耐震相談コーナー
【日時】2月21日(金曜日)13時30分~16時
【場所】市役所第二庁舎
【内容】木造住宅の簡易耐震診断・耐震改修相談(30分程度)。木造住宅の耐震診断・耐震設計・耐震改修・除却補助の相談。耐震補強事例、工法の紹介、防災についてのパネル展示あり
【出演・講師・指導】民間建築士
【対象・定員】10組
【その他】住宅の状況が分かる写真・図面などがあれば持参
【申し込み】2月20日(木曜日)までに電話で建築審査課 【電話】6858・2417。定員に満たない場合は、当日会場。先着順

応急手当講習会
【場所】消防局(岡上の町)
【その他】申込者が10人未満の場合は中止
【申し込み】2月①21日(金曜日)②27日(木曜日)までに救急救命課 【電話】6846・8438。先着順
①普通救命講習Ⅰ
【日時】2月22日(土曜日)・23日(祝日)9時30分~12時30分
【内容】心肺蘇生法(胸骨圧迫・人工呼吸)、止血法、異物除去、AEDの使用方法ほか
【対象・定員】各35人
【その他】修了証の郵送希望者は、84円切手を貼った返信用封筒を持参
■子ども■②乳幼児予防救急講習
【日時】2月28日(金曜日)10時~11時
【内容】乳幼児のけがや事故の予防、心肺蘇生法、AEDの使用方法ほか
【対象・定員】未就学児の保護者ほか、20人

建築物防災週間
建築物防災講演会
【日時】3月5日(木曜日)13時30分~16時
【場所】建設交流館(大阪市西区)
【内容】台風による都市型暴風災害のリスクとその備え
【出演・講師・指導】京都大学防災研究所准教授・竹見哲也さん
【対象・定員】250人
【申し込み】2月5日(水曜日)から大阪建築防災センターホームページから申し込み。先着順
【問い合わせ】建築審査課 【電話】6858・2420、同センター 【電話】6942・0190

(まちづくり)

住まいと暮らしの井戸端
カフェ・住生活セミナー
【対象・定員】各15人
【申し込み】各開催日前日までにユニバーサルデザイン推進協会 【電話】6840・0325。定員に満たない場合は当日会場。先着順
井戸端カフェ
【日時】2月1日(土曜日)・15日(土曜日)・29日(土曜日)13時~16時
【場所】コミュニティスペース・ココカラ(蛍池東町)
【内容】一級建築士や住生活コーディネーターとの語らいの場
住生活セミナー
【日時】2月8日(土曜日)13時30分~15時
【場所】蛍池公民館(蛍池中町)
【内容】一級建築士によるバリアフリーチェックリストを利用した家庭内事故防止法
【その他】終了後に個別相談あり

(上下水道)

もしもの備えにこの一冊
ミズトキを発行
 テーマは「アクッピーとチャレンジ めざせ防災マスター」。災害時に役立つアイデアや料理レシピなど親子で学ぶ情報を掲載しています。
2月20日(木曜日)から市役所、各公民館・図書館などで配布するほか、市ホームページからもご覧になれます。
【問い合わせ】経営企画課 【電話】6858・2921

上下水道モニターを募集
【内容】意見交換会の出席や浄水場での水質管理・下水処理場での処理過程の見学など。平日に6回程度開催。インターネットを利用したアンケートの回答や意見の提出ほか
►期間=4月~令和3年3月
【対象・定員】4月1日(水曜日)時点で市在住の18歳以上で、ワードなどの文書をメールで送受信し、閲覧・編集できる人、30人
【その他】謝礼あり。利用機器や通信費用・交通費は自己負担
【申し込み】2月29日(土曜日)までに市ホームページから申し込み。選考あり
【問い合わせ】経営企画課 【電話】6858・2921

お知らせ「くらし・案内一般」(23ページから27ページまで)

くらし・案内一般

2月・3月の休日窓口
 住所変更の届け出や各種証明書の受け取りができる窓口を開設しています。取り扱い業務は市ホームページをご覧いただくか市民課まで問い合わせてください。インターネットで時間指定予約が可能です。
ただし、最近戸籍の届け出を行った人などは受け付けできない場合があります。
【日時】2月8日(土曜日)・3月14日(土曜日)9時~13時
【場所】市役所第一庁舎
【その他】手続きには、運転免許証などの本人確認ができる書類と印鑑(認め印)が必要
【問い合わせ】同課 【電話】6858・2202

コンビニ交付サービスを一時休止
 システム作業のため、2月21日(金曜日)17時30分~23時、22日(土曜日)・23日(祝日)は全ての証明書の同サービスを休止します。
【問い合わせ】市民課 【電話】6858・2211

居場所等生活再生支援事業者を募集
【内容】生活保護受給者などで生活基礎能力・対人能力・社会適応能力などに問題を抱え、直ちに就労が困難な人に対し、自立に向けた準備を実施する事業 
►委託期間=4月~令和3年3月
【申し込み】くらし支援課(北桜塚)にある申込用紙(市ホームページからも取り出し可)で、2月21日(金曜日)までに同課 【電話】6858・6863。選考あり

阪急豊中駅北改札口出てすぐ
市民活動情報サロンの催し
【場所】【問い合わせ】市民活動情報サロン(本町) 【電話】6152・2212
【FAX】6152・2213
【申し込み】①③⑤⑥⑦⑩⑬各開催日前日までに同サロン、②④⑧⑨⑪⑫⑭当日会場。いずれも先着順
①成年後見制度実務マスター講座
【日時】2月7日(金曜日)14時~16時
【対象・定員】15人
【費用・参加費】千円
【その他】実施団体=障がい者・高齢者市民後見STEP
②食事と生活を見直して脳を若返らせる
【日時】2月8日(土曜日)11時~12時10分
【対象・定員】12人
【費用・参加費】300円
【その他】実施団体=ムコリタ・コラボ・アカデミー
③分譲マンション暮らし方講座
【日時】2月8日(土曜日)13時~15時
【対象・定員】分譲マンション居住者と管理組合役員、15人
【その他】実施団体=府マンション管理士会豊中支部
④僕らの出番だ
障がい者のピアサポ活動を話し合う
【場所】2月12日(水曜日)13時~16時30分
【対象・定員】15人
【その他】実施団体=豊済会サポートセンターる~ぷ
⑤サロンミニ上映会
まちづくりセミナー
【日時】2月12日(水曜日)18時30分~20時30分
【内容】スタヂオ・カタリスト代表取締役・松原永季さんによる講演DVD「絆とルールでまちを楽しく強くする」の上映と意見交換
【対象・定員】15人
⑥デコルテケアでポジティブに
【日時】2月14日(金曜日)10時30分~12時30分
【対象・定員】8人
【その他】実施団体=ゆるん
⑦アロマスクスプレーと
鼻ケアバーム作り
【日時】2月15日(土曜日)13時~14時30分
【対象・定員】8人
【費用・参加費】900円
【その他】実施団体=かおりのひろば
⑧立春から雨水
春に向かうときの体の養生法
【日時】2月15日(土曜日)16時~17時30分
【対象・定員】10人
【その他】実施団体=杏漢方セミナー
⑨サロンでちゃぶだい集会
女性が気を付けたい婦人科の病気
【日時】2月20日(木曜日)13時30分~15時30分
【内容】病気を克服した当事者を招き参加者同士で意見交換
【対象・定員】15人
⑩人生最後まで歩き続けたるで体操
【日時】2月22日(土曜日)14時~15時30分
【対象・定員】15人
【費用・参加費】500円
【その他】実施団体=健プロ体操
⑪売れる空き家と売れない空き家その差
【日時】2月28日(金曜日)14時~16時30分
【対象・定員】15人
【その他】実施団体=空き家サポートセンター
⑫ゆがみリセット めざせ姿勢美人
【日時】2月29日(土曜日)13時30分~14時30分
【対象・定員】10人
【費用・参加費】500円
【その他】実施団体=ほくせつマメの木
■子ども■⑬子連れで働く方法を考える会
【日時】3月3日(火曜日)10時30分~12時
【対象・定員】3歳以下の子どもの母親か妊婦、6人
【その他】実施団体=ママの働き方応援隊大阪豊中校
⑭脳トレ遊びで楽しく認知症予防
【日時】3月3日(火曜日)13時30分~15時
【対象・定員】15人
【その他】実施団体=コスモス成年後見サポートセンター大阪府支部

(労働)

働きたい若者を応援する
2月の就活プログラム
【日時】【内容】下記参照
【場所】とよの地域若者サポートステーション(服部西町)
【対象・定員】15歳~39歳、各10人
【その他】利用登録が必要
【申し込み】電話で同ステーション 【電話】6151・3017。先着順

働きたい若者を応援する2月の就活プログラム
講座名/日時
就活実践セミナー①就職活動準備②応募書類③面接 
①1日(土曜日)②8日(土曜日)③15日(土曜日)。13時~15時
心と体を整えるマインドフルネス実践入門 
4日(火曜日)・18日(火曜日)・25日(火曜日)10時15分~11時45分
言葉を使わず簡単な絵でコミュニケーション 
4日(火曜日)・18日(火曜日)13時30分~15時30分
職業興味・適性検査 
7日(金曜日)・14日(金曜日)・21日(金曜日)・29日(土曜日)14時~16時
職場のコミュニケーション講座 
13日(木曜日)・27日(木曜日)13時30分~15時
職業理解セミナー 
20日(木曜日)13時30分~15時
自己対処能力を高めるソーシャルスキルトレーニング 
25日(火曜日)13時30分~15時30分

シニアのための
おしごとカフェ
【日時】2月13日(木曜日)14時~15時30分
【場所】すてっぷ(玉井町)
【内容】マンションやビルの清掃・管理、スーパーの業務、家事代行、福祉・介護などの仕事について事業所の採用担当者による説明と質疑応答
【対象・定員】おおむね55歳以上の求職者、30人(未経験者可)
【申し込み】電話でとよなか生涯現役サポートセンター 【電話】6152・7662。先着順

大阪府介護に関する
入門的研修
【日時】【連続講座】2月15日(土曜日)・16日(日曜日)・22日(土曜日)・23日(祝日)9時30分~17時
【場所】蛍池公民館(蛍池中町)
【内容】介護の基本的な知識や介護の業務に携わる上で知っておくべき基本的な技術を学ぶ
【対象・定員】20人
【費用・参加費】千円
【申し込み】電話でピースクルーズ 【電話】6533・3965。先着順

挑戦 シニアのための
和菓子店の仕事説明会
【日時】2月18日(火曜日)14時~15時
【場所】すてっぷ(玉井町)
【内容】千鳥屋宗家による仕事内容の説明
【対象・定員】おおむね55歳以上の求職者、30人(未経験者可)
【申し込み】電話でとよなか生涯現役サポートセンター 【電話】6152・7662。先着順

生活支援サービス
従事者研修と仕事説明会
【日時】【連続講座】2月25日(火曜日)・26日(水曜日)9時30分~16時30分
【場所】千里公民館(新千里東町)
【内容】介護予防・日常生活支援総合事業で高齢者の生活支援サービスに従事する人の養成研修と仕事の説明会
【対象・定員】30人
【申し込み】長寿社会政策課ほかにある申込用紙(市ホームページからも取り出し可)で、2月18日(火曜日)までに府社会福祉事業団 【電話】072・724・8167。先着順

労働トラブルを未然に防ぐために
啓発冊子を全面改訂
 労働関係法の制度などをまとめた冊子「知っておきたい基礎知識」を、市の労働相談に寄せられた事例を参考に全面改訂しました。
くらしかん(北桜塚)や豊中しごとセンター(庄内東町)などで配布するほか、市ホームページからもご覧になれます。
【問い合わせ】くらし支援課 【電話】6858・6863

(消費生活)

生活情報センターくらしかん
〒560‒0022北桜塚2‒2‒1
【電話】6858・5060
【FAX】6858・5095

リユースバザー
【日時】2月8日(土曜日)10時~11時30分
【場所】くらしかん
【内容】日用雑貨などの有料配布
【費用・参加費】実費

令和2年度
登録グループ募集
【内容】くらしかんへの事業協力(施設使用料は無料) 
►登録期間=4月~令和3年3月
【対象・定員】消費者問題の各種学習会や市民への情報提供を行っている団体
【申し込み】2月3日(月曜日)~21日(金曜日)にくらしかんで申込用紙を配布・受け付け。選考あり

生活情報ひろばの催し
【場所】【問い合わせ】くらしかん
パネル展 省エネのくらし
【日時】2月1日(土曜日)~27日(木曜日)(23日(祝日)を除く)
目のフレイル予防講座
【日時】2月2日(日曜日)13時30分~15時
【出演・講師・指導】日本成人病予防協会認定健康管理士・立道兵祠さん
【対象・定員】50人
【持ち物】筆記用具
【申し込み】ファクスで(催し名、住所、名前、電話番号を記入)府北部コミュニティカレッジ
【FAX】6151・4462。先着順
キャッシュレス使い方講座
【日時】2月5日(水曜日)15時~16時
【出演・講師・指導】ポイント還元事務局
【対象・定員】50人
【持ち物】筆記用具
【申し込み】当日14時30分から来館受付。先着順
インターネットの安心・安全な
使い方を学ぶ
【日時】2月7日(金曜日)13時30分~15時
【出演・講師・指導】KOBEネット企画・近藤満男さん
【対象・定員】30人
【持ち物】筆記用具
【申し込み】当日13時から来館受付。先着順
高齢者の住み替え相談会(1組30分)
【日時】2月9日(日曜日)13時30分~15時30分
【出演・講師・指導】ワンネス
【対象・定員】4組
【申し込み】2月1日(土曜日)~8日(土曜日)10時~17時に電話でワンネス 【電話】090・1900・7165。先着順
地産地消イベント
【日時】2月12日(水曜日)10時~11時30分(売り切れ次第終了)
【内容】豊中とその近郊で作られたコメや卵・野菜・竹炭などの有料配布
【費用・参加費】実費
【持ち物】マイバッグ
シニア向けスマートフォンを使ってみよう
【日時】2月14日(金曜日)10時30分~12時30分
【出演・講師・指導】ドコモショップ豊中店スタッフ
【対象・定員】スマートフォンを持っていない人、24人
【その他】機器は会場で準備
【申し込み】2月6日(木曜日)10時~11時に電話で同ひろば 【電話】6858・6855。先着順
心と体を健康に 指ヨガ教室
【日時】2月17日(月曜日)13時30分~15時
【出演・講師・指導】手のひらセルフケア協会指ヨガインストラクター・辻知香子さん
【対象・定員】30人
【持ち物】筆記用具
【申し込み】当日13時から来館受付。先着順
布地で作る花ブローチ
【日時】2月20日(木曜日)10時~12時
【出演・講師・指導】南桜塚ゆうの会
【対象・定員】15人
【費用・参加費】300円
【持ち物】はさみ
【申し込み】当日9時30分から来館受付。先着順
キャッシュレス決済の活用と注意点
【日時】2月20日(木曜日)13時30分~15時
【出演・講師・指導】日本マネーバランスFP協会・団野修さん
【対象・定員】30人
【持ち物】筆記用具
【申し込み】当日13時から来館受付。先着順
洋菓子教室 チョコレートの焼き菓子
【日時】2月21日(金曜日)13時~15時30分
【出演・講師・指導】洋菓子研究家・鈴木智子さん
【対象・定員】15人
【費用・参加費】700円
【申し込み】2月4日(火曜日)10時~11時に電話で同ひろば 【電話】6858・6855。先着順
【保育あり】要申し込み
男の料理教室
【日時】2月22日(土曜日)10時~14時
【内容】和風ハンバーグ、かぼちゃのサラダ、ベーコンとカブのスープ
【出演・講師・指導】桜塚校区福祉会
【対象・定員】12人
【費用・参加費】500円
【申し込み】2月15日(土曜日)10時~11時に電話で同ひろば 【電話】6858・6855。先着順
知識と知恵を総動員
シニアライフの困りごと解決策
【日時】2月22日(土曜日)14時~15時30分
【出演・講師・指導】ライフプランナー・田中健吾さんほか
【対象・定員】30人
【費用・参加費】100円
【申し込み】2月3日(月曜日)~21日(金曜日)10時~17時に電話でワンネス 【電話】090・1900・7165。先着順
スマホを初歩から学ぼう
【日時】2月25日(火曜日)13時30分~15時
【出演・講師・指導】しにあスマホらぼ
【対象・定員】20人
【費用・参加費】500円
【申し込み】2月18日(火曜日)10時~11時に電話で同ひろば 【電話】6858・6855。先着順
知っていますか 深刻な空き家問題
【日時】2月27日(木曜日)13時30分~15時
【出演・講師・指導】行政書士・水谷秀志さん
【対象・定員】30人
【持ち物】筆記用具
【申し込み】当日13時から来館受付。先着順

(選挙)

明るい選挙標語と
明るい選挙啓発ポスター展
【問い合わせ】選挙管理委員会 【電話】6858・2480
明るい選挙標語
 応募作品17点の中から、入賞作品を選びました。入賞作品は、啓発ポスターなどに使用されます。入賞者は次の皆さんです(敬称略・順不同)。
►入選=「選挙権 生かして築く より良い未来」中山紗絵(立花町) 
►佳作=「この一票 すすんで生かす まず私から」山岡康宏(庄内幸町)、「一票に 地域の未来 託したい」匿名(市内在住)、「一票に 未来の暮らし 願い込め」匿名(市内在住)、「さあ選挙! あなたのために! 自分のために!」山井眞理子(東泉丘)、「投票します! 希望と夢をこの一票に!」岡田瑠菜(岡町南)
明るい選挙啓発ポスター
小学生81点、中学生250点の応募がありました。入選者は次の皆さんです(敬称略・順不同)。
►最優秀賞=佐藤快里(少路小)、小檜山弥和(第十三中) 
►入選=〈小学生の部〉杉本悠香・石井祐世(少路小)、山口結愛・柴田空(桜井谷東小)〈中学生の部〉藤本華奈・中田悠太朗(第二中)、前田来実(第九中)、山中文翔・三好愛美・岩永奈優(第十三中) 
►学校奨励賞=少路小、第十三中
標語とポスター展
【日時】3月①2日(月曜日)・3日(火曜日)・4日(水曜日)(2日は11時から、4日は15時まで)②6日(金曜日)・7日(土曜日)・8日(日曜日)9時30分~17時③11日(水曜日)~17日(火曜日)(11日は9時30分から、17日は15時まで)
【場所】①庄内文化センター(三和町)②千里文化センター「コラボ」(新千里東町)③市役所第二庁舎
写真キャプション:佐藤快里さんの作品
         小檜山弥和さんの作品

傍聴
申し込みは、各会議の当日30分前から先着順。受付開始時に定員を超えた場合は抽選。途中入場不可の場合あり

介護保険事業運営委員会
生活支援サービス部会
【日時】2月4日(火曜日)14時~16時
【場所】市役所第二庁舎
【内容】同サービスについてほか
【対象・定員】5人
【問い合わせ】長寿社会政策課 【電話】6858・2837

介護保険事業運営委員会
地域密着型サービス運営検討部会
【日時】2月5日(水曜日)14時~16時
【場所】市役所第二庁舎
【内容】同サービスの事業者の指定についてほか。一部非公開の場合あり
【対象・定員】5人
【問い合わせ】長寿社会政策課 【電話】6858・2838

健康福祉審議会
【日時】2月5日(水曜日)14時~16時
【場所】市役所第一庁舎
【内容】第4期地域福祉計画の進捗(しんちょく)管理についてほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】地域共生課 【電話】6858・2219

障害者差別解消支援
地域協議会 代表者会議
【日時】2月7日(金曜日)14時~15時30分
【場所】市役所第二庁舎
【内容】来年度の取り組みなどについての意見交換
【対象・定員】5人
【問い合わせ】障害福祉課 【電話】6858・3282

教育委員会の権限に属する
事務の点検及び評価委員会
【日時】2月12日(水曜日)10時~12時
【場所】市役所第一庁舎
【内容】市教育委員会の権限に属する事務の点検および評価の審議
【対象・定員】10人
【問い合わせ】教育総務課 【電話】6858・2568

環境保全審査会
【日時】2月12日(水曜日)15時~17時
【場所】市役所第一庁舎
【内容】新千里東町の団地再生事業に関わる環境影響評価計画書についてほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】環境政策課 【電話】6858・2127

とよなか都市創造研究所
運営委員会
【日時】2月12日(水曜日)18時~20時
【場所】くらしかん(北桜塚)
【内容】令和2年度事業計画についてほか
【対象・定員】5人
【問い合わせ】同研究所 【電話】6858・8811

消費生活審議会
【日時】2月17日(月曜日)15時~17時
【場所】くらしかん(北桜塚)
【内容】消費者教育推進計画の進行管理について
【対象・定員】5人
【問い合わせ】くらし支援課 【電話】6858・5073

総合教育会議
【日時】2月18日(火曜日)9時30分~10時30分
【場所】市役所第一庁舎
【内容】コミュニティスクールについてほか
【対象・定員】20人
【問い合わせ】経営計画課 【電話】6858・2773

文化芸術振興審議会
【日時】2月19日(水曜日)10時~12時
【場所】市役所第一庁舎
【内容】(仮称)文化芸術推進基本計画の検討ほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】文化芸術課 【電話】6858・2494

介護保険事業 運営委員会
【日時】2月19日(水曜日)14時~16時
【場所】市役所第二庁舎
【内容】第7期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画の進行管理ほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】長寿社会政策課 【電話】6858・2837

人権まちづくりセンター
運営協議会
【日時】2月19日(水曜日)14時~16時
【場所】豊中人権まちづくりセンター(岡町北)
【内容】4月に開設する人権平和センターについてほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】同センター 【電話】6841・1313

人権文化のまちづくりを
すすめる協議会
【日時】2月20日(木曜日)19時~21時
【場所】市役所第二庁舎
【内容】市民啓発と発信の在り方について
【対象・定員】10人
【問い合わせ】人権政策課 【電話】6858・2586

地域公共交通協議会
【日時】2月21日(金曜日)10時~12時
【場所】市役所第二庁舎
【内容】公共交通改善実施計画についてほか
【対象・定員】10人
【問い合わせ】交通政策課 【電話】6858・2340

障害者自立支援協議会
【日時】2月27日(木曜日)13時30分~15時30分
【場所】障害福祉センターひまわり(稲津町)
【内容】障害者の地域生活支援システムの整備についての意見交換
【対象・定員】10人
【問い合わせ】ひまわり 【電話】6863・7061

市民委員募集
応募資格や選考方法などは担当課や市ホームページにある募集要項を参照。他の審議会などとの重複選任防止のため、住所、名前、年齢、性別の情報を行政総務課に提供

第2期豊中ブランド戦略審議会
【任期】5月~令和4年5月
【内容】同戦略の推進や豊中の魅力創造に関わる施策の審議ほか。会議は平日に年3回程度
【対象・定員】市在住か在勤・在学の18歳以上、1人
【報酬】1回9千700円
【申し込み】「豊中の魅力とそれを活(い)かすために必要なこと」をテーマに、応募の理由を含めて800字程度にまとめ、住所(在勤・在学の人は勤務先・学校の名称と所在地も)、名前(フリガナ)、年齢、性別、電話番号、地域活動や審議会委員などの活動経験を書き、〒561–8501「豊中市役所魅力創造課」 【電話】6858・2876に持参か郵送。市ホームページからも申し込み可。3月13日(金曜日)必着

意見募集
対象は、市在住か在勤・在学の人、市内の事務所、納税義務者、利害関係者。素案の内容と応募用紙は、市政情報コーナー、庄内(庄内幸町)・新千里(新千里東町)の各出張所、担当課にあります。市ホームページでも内容の閲覧・意見の提出可

都市農業振興基本計画素案
【内容】都市農業の振興に関する取り組みをまとめ、推進していく計画の素案
【申し込み】2月12日(水曜日)~3月4日(水曜日)に産業振興課 【電話】6858・2490

市公園樹木維持管理方針の素案
【内容】市が実施する公園樹木の維持管理についての基本的な考え方に関する素案
【申し込み】2月12日(水曜日)~3月6日(金曜日)に公園みどり推進課 【電話】6843・4000

第2期豊中ブランド戦略素案
【内容】暮らしの舞台として選ばれるための豊中ブランド推進についての戦略素案
【申し込み】2月14日(金曜日)~3月6日(金曜日)に魅力創造課 【電話】6858・2876

第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略素案
【内容】人口減少・少子高齢化に歯止めをかけるための取り組みを示した同戦略素案
【申し込み】2月18日(火曜日)~3月9日(月曜日)に経営計画課 【電話】6858・2508

お知らせ「人権・平和」(27ページ、28ページ)

人権・平和

ひゅうまんプラザ
【日時】2月21日(金曜日)14時~16時
【場所】中央公民館(曽根東町)
【内容】絵本作家・中川洋典さんによる講演「僕は絵本の中で初めて出会った 絵本の取材で見た食肉業と差別」
【対象・定員】80人
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】人権政策課 【電話】6858・2586
【保育あり】2月7日(金曜日)までに申し込み

豊中人権まちづくりセンター
〒561‒0084 岡町北3‒13‒7
【電話】6841・1313
【FAX】6841・1310

パネル展 外国人学校ってどんなところ
【日時】2月6日(木曜日)~19日(水曜日)9時~17時
【場所】同センター
【内容】伊丹朝鮮初級学校(兵庫県伊丹市)の歴史や取り組みに関するパネル展示

人権文化のまちづくり講座
伊丹朝鮮初級学校の見学
【日時】2月19日(水曜日)9時~13時。集合・解散は同センター。往復マイクロバス
【内容】同校(兵庫県伊丹市)の授業の見学と校長による話
【対象・定員】15人
【申し込み】2月5日(水曜日)9時から来館受付。先着順
【問い合わせ】とよなか人権文化まちづくり協会 【電話】6841・5300

人権文化の
まちづくりフェスタ
【日時】2月22日(土曜日)~3月1日(日曜日)
【場所】同センター
【内容】同センターの活動紹介のパネル・登録サークルの作品展示ほか。劇団金夢太郎飴による公演「片づけたい女たち」(22日14時~、17時~)、文化活動発表(1日10時~)、遊びや軽食のコーナーほか(1日12時30分~)

とよなか男女共同参画
推進センターすてっぷ
〒560‒0026玉井町1‒1‒1‒501
【電話】6844・9773
【FAX】6844・9706

■子ども■土曜日の朝はパパタイム
絵本の読み聞かせレクチャー
【日時】2月15日(土曜日)10時30分~11時30分
【場所】すてっぷ
【出演・講師・指導】図書館司書
【対象・定員】1歳以上の未就学児と父親、10組
【申し込み】当日会場。先着順

大介護時代を乗り越える
女性が介護する時代の終焉(しゅうえん)?
【日時】2月15日(土曜日)14時~16時
【場所】すてっぷ
【内容】高齢化社会における親や配偶者、自身の介護問題を考える
【出演・講師・指導】立命館大学教授・大塚陽子さん
【対象・定員】20人
【申し込み】来館・電話受付。ファクス可(催し名、住所、名前、電話番号、年代、保育希望の有無を記入)。すてっぷホームページからも申し込み可。先着順
【保育あり】2月7日(金曜日)までに申し込み

■子ども■保育つきライブラリー
【日時】3月9日(月曜日)10時~12時
【場所】すてっぷ
【内容】図書室利用時に子どもを保育(1歳以上の未就学児、10人。新規優先枠あり)
【申し込み】2月10日(月曜日)~23日(祝日)に来館・電話受付。ファクス可(催し名、住所、名前、電話番号、保護者の年代、子どもの名前・年齢を記入)。すてっぷホームページからも申し込み可。抽選あり

すてっぷフェスタ2020
身近なところからジェンダーを考える
~こどももおとなも~
 3月8日(日曜日)の、女性の権利と世界平和をめざす「国際女性デー」に合わせ、映画の上映や講演などを行います。すてっぷ登録団体による出店、展示、発表ほか、克明小学校5年生による太鼓の演奏、女性起業家による出店、リサイクル本の配布(10時~11時、14時~15時)など親子で楽しめるイベントも盛りだくさん。
【日時】3月7日(土曜日)10時~16時
【場所】すてっぷ(玉井町)

映画「マダム・イン・ニューヨーク」上映会
【日時】10時30分~12時45分
【対象・定員】60人
【申し込み】当日会場。先着順
講演会
ま~ぴょん先生の「生」教育
こどものからだと心を守るために
【日時】13時~15時
【出演・講師・指導】メンタルケア心理士・浅田昌代さん
【対象・定員】小学生と保護者、60人
【申し込み】来館・電話受付。すてっぷホームぺージからも申し込み可。先着順
工作タイム
【日時】11時~12時30分、13時30分~15時
【内容】ビー玉転がし、マジックハンド、お化けが出てくる箱
【対象・定員】小学生以下の子どもと保護者、各10人
【申し込み】当日会場。先着順

【問い合わせ】すてっぷ 電話 6844‒9773

とよなか国際交流センター
〒560‒0026玉井町1‒1‒1‒601
【電話】6843・4343
【FAX】6843・4375

メディア・リテラシー入門
講座 子どもとメディア
【日時】2月15日(土曜日)10時~16時
【場所】同センター
【内容】子どもが触れやすいメディアを中心に分析し、その影響を考察する
【出演・講師・指導】京都府立大学非常勤講師・田島知之さんほか
【対象・定員】30人
【費用・参加費】500円
【申し込み】2月14日(金曜日)まで来館・電話受付。先着順
【保育あり】2月7日(金曜日)までに申し込み

登録グループ体験会
豊中エスペラント会
【日時】2月22日(土曜日)10時~12時
【場所】同センター
【内容】国際語の会話を学ぶ
【対象・定員】5人
【申し込み】当日会場。先着順

■子(こ)ども■外国人(がいこくじん)親子(おやこ)のための
小学校(しょうがっこう)入学準備(にゅうがくじゅんび)相談会(そうだんかい)
【日時】2月(がつ)28日(にち)(金曜日)(きんようび)12時(じ)30分(ふん)~13時(じ)30分(ふん)
【場所】同(どう)センター(せんたー)
【内容】日本(にほん)の小学校(しょうがっこう)生活(せいかつ)についての説明(せつめい)・相談会(そうだんかい)
【対象・定員】就学前(しゅうがくまえ)の子(こ)どもを持(も)つ外国人(がいこくじん)保護者(ほごしゃ)、20人(にん)(子(こ)ども同伴可(どうはんか))
【その他】英語(えいご)、中国語(ちゅうごくご)、韓国(かんこく)・朝鮮語(ちょうせんご)、フィリピノ語(ふぃりぴのご)、タイ語(たいご)、スペイン語(すぺいんご)、ベトナム語(べとなむご)、ネパール語(ねぱーるご)、インドネシア語(いんどねしあご)の通訳(つうやく)あり
【申し込み】2月(がつ)27日(にち)(木曜日)(もくようび)まで来館(らいかん)・電話受付(でんわうけつけ)。先着順(せんちゃくじゅん)

ペルー日本人移民
120周年記念展示
【日時】3月7日(土曜日)~31日(火曜日)
【場所】同センター

春期ホストファミリー
ボランティア登録説明会
【日時】3月8日(日曜日)14時~16時
【場所】同センター
【内容】留学生と交流するホストファミリー事業(家庭宿泊なし)の説明、経験者や留学生との懇談ほか
【対象・定員】30人
【申し込み】3月7日(土曜日)まで来館・電話受付。先着順
【保育あり】3月3日(火曜日)までに申し込み

お知らせ「文化・にぎわい」(29ページから36ページまで)

文化・にぎわい

大阪国際空港 写真展
【日時】2月13日(木曜日)~24日(振替休日)
【場所】文化芸術センター(曽根東町)
【内容】「わがまち再発見」をテーマに、同空港周辺7市で撮影された写真60点を展示
【問い合わせ】空港課 【電話】6858・2097

プラネタリウム寄席
【日時】2月16日(日曜日)13時30分~16時
【場所】青年の家いぶき(服部西町)
【内容】関西の大学落語会有志による落語5題(プラネタリウムの投映はなし)
【対象・定員】50人
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】いぶき 【電話】6866・3030

地域ITリーダーによる
パソコン講習
【申し込み】往復はがき(1人1枚)に、住所と名前(返信用も)、㋑㋺㋩(第2希望まで)、電話番号を書き、〒560–0021本町1–1–1市民活動情報サロン気付パソコンプラザinとよなか。2月12日(水曜日)必着。抽選あり
【問い合わせ】エキスタとよなか運営協議会事務局 【電話】6858・2781
㋑Jimdoを利用してホームページ入門
【日時】【連続講座】2月19日(水曜日)・26日(水曜日)14時~17時
【場所】エキスタとよなか(阪急豊中駅舎内)
【対象・定員】文字入力ができる人、12人
【費用・参加費】千円
㋺インターネットで音楽・動画を楽しんでみよう
【日時】2月20日(木曜日)13時30分~16時30分
【場所】原田介護予防センター(原田元町)
【対象・定員】60歳以上で文字入力ができる人、12人
【費用・参加費】500円
㋩ワード2016で作る6ページの写真集
【日時】2月27日(木曜日)13時30分~16時30分
【場所】原田介護予防センター
【対象・定員】60歳以上で文字入力ができる人、12人
【費用・参加費】500円

豊中魅力アップ助成金
事業報告・交流会
【日時】2月21日(金曜日)18時30分~20時
【場所】蛍池公民館(蛍池中町)
【対象・定員】30人
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】魅力創造課 【電話】6858・2863

市民ギャラリー 2月の展示
【場所】阪急豊中駅南側高架下1階
【日時】10時~19時(日曜日は17時まで、展覧会により終了時間が異なる場合あり)。月曜日休館
【問い合わせ】同ギャラリー 【電話】6846‒8621
催し名/日程
展・自由空間(絵画・書・写真・手芸ほか) 
4日(火曜日)~9日(日曜日)
特別企画展 act RELATE つたえるをつくる展 
11日(祝日)~23日(祝日)
障がいのある人たちのアート作品展 
25日(火曜日)~3月1日(日曜日)

原田しろあと館 2月の公開と催し
【場所】同館(曽根西町)
【日時】【内容】【費用・参加費】下記参照。各開催日の12時~15時30分に現地公開を実施
【その他】駐車場はありません
【問い合わせ】とよなか・歴史と文化の会(同館内) 【電話】6841‒3725(土曜・日曜日12時~16時)
催し名・日時/内容ほか
縁側サロン ①1日(土曜日)②15日(土曜日)③16日(日曜日)④29日(土曜日)。13時30分~15時
【内容】自由な語らいの場(①クラシックDVD鑑賞②ジャズレコード鑑賞③囲碁・将棋あり④市文化財ビデオ鑑賞)
子ども広場 2日(日曜日)13時30分~15時
【内容】こま回し・けん玉・皿回しなどの昔遊び、バルーンアートクラブ七彩によるバルーンアート
郷土史講座 8日(土曜日)13時30分~15時
【内容】市職員による「速報 原田遺跡第17次調査報告会」
【対象・定員】30人
【申し込み】当日会場。先着順
おもちゃ作り 9日(日曜日)13時30分~15時
【内容】SA19・どんぐりによるヘリコプター、牛乳パックのレーシングカーほか
歴史講座 22日(土曜日)13時30分~15時
【内容】大阪電気通信大学名誉教授・小田康徳さんによる「旧真田山陸軍墓地、墓標と対話する」
【対象・定員】30人
【費用・参加費】200円
【申し込み】当日会場。先着順
ピアノとギター弾き語りライブ 23日(祝日)13時30分~15時
【内容】Chaco & Shojiによる「映画音楽から青春歌謡、ニューミュージックまで昭和・平成の名曲の数々」
【対象・定員】30人
【費用・参加費】500円
【申し込み】当日会場。先着順

世界のしょうない音楽祭
【日時】3月1日(日曜日)14時~17時
【場所】ローズ文化ホール(野田町)
【内容】庄内南小学校ブラスバンドクラブほかによるステージ、世界のしょうない音楽ワークショップ参加者ほかによる演奏
【対象・定員】300人
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】文化芸術課 【電話】6858・2503

福祉をかえる
アート化セミナーin豊中
【日時】3月8日(日曜日)13時~18時
【場所】文化芸術センター(曽根東町)
【内容】近畿大学教授・森口ゆたかさんほかによる福祉の現場でアートに取り組む意義や、障害のある人のアートを通じた仕事づくりをテーマにした講演会
【対象・定員】100人
【その他】終了後に交流会あり(希望者のみ。3千円)
【申し込み】2月28日(金曜日)までに電話でたんぽぽの家 【電話】0742・43・7055か、ファクスかはがき(同日必着)に、催し名、名前(ふりがな)、所属・職業、電話番号、交流会参加希望の有無を書き、〒630–8044奈良市六条西3–25–4「たんぽぽの家 福祉をかえるアート化セミナーin豊中担当」
【FAX】0742・49・5501。たんぽぽの家ホームページからも申し込み可。先着順

庄内少年文化館
小・中学生囲碁大会と入門教室
【日時】3月8日(日曜日)13時30分~16時30分
【場所】同館(庄内栄町)
【内容】①棋力レベル別対戦。3位以上に賞状進呈②関西棋院所属棋士による初心者向け講座
【対象・定員】①小・中学生、64人②小学生以上、16人
【申し込み】往復はがき(1人1枚)に催し名、①か②(①は9路・13路・19路盤のいずれで出場か)、住所、名前(フリガナ)、学校名、学年、電話・ファクス番号を書き、〒563–0023池田市井口堂1–10–18–30A北摂こども文化協会 【電話】072・761・9245(水曜~日曜日9時~17時)。ファクス可(返信先ファクス番号も記入)
【FAX】072・761・9244。同協会ホームページからも申し込み可。2月26日(水曜日)必着。抽選あり。結果は通知

日本センチュリー交響楽団
豊中市民デー演奏会
【日時】3月12日(木曜日)19時~
【場所】ザ・シンフォニーホール(大阪市北区)
【内容】同楽団の定期演奏会。チャイコフスキー作曲「交響曲第5番」ほか
【対象・定員】小学生以上、100人
【申し込み】往復はがきに、住所(在勤・在学の人は勤務先・学校の名称と所在地も)と名前(返信用も)、参加人数(1枚2人まで)、催し名、電話番号を書き、〒561–8501「豊中市役所文化芸術課」 【電話】6858・2503。2月14日(金曜日)必着。市ホームページからも申し込み可。抽選あり

世界の楽器と音楽
三味線が奏でる日本の情
【日時】3月14日(土曜日)14時~15時45分
【場所】伝統芸能館(岡町北)
【出演・講師・指導】大阪音楽大学講師・長江浩子さん
【対象・定員】80人
【申し込み】往復はがきに、住所と名前(返信用も)、参加人数、催し名、電話番号を書き、〒561–0884岡町北1–4–1伝統芸能館 【電話】6850・1313。2月26日(水曜日)必着。抽選あり。定員に満たない場合は2月27日(木曜日)9時から電話受付。先着順

ITAMIエアポート
ウオーキング
【日時】3月21日(土曜日)9時30分~15時(受け付けは11時まで)。集合・解散は大阪モノレール大阪空港駅舎下
【内容】大阪国際空港周辺約12㎞を歩く
【対象・定員】400人
【申し込み】2月7日(金曜日)~28日(金曜日)に、関西エアポートホームページから申し込み。抽選あり
【問い合わせ】ITAMIイベント事務局 【電話】4400・6818、空港課 【電話】6858・2097

文化芸術センター
〒561‒0802曽根東町3‒7‒2
【電話】6864・5000
【FAX】6863・0191

北口大輔チェロリサイタル
【日時】2月4日(火曜日)19時~
【場所】同センター
【内容】日本センチュリー交響楽団首席チェロ奏者・北口大輔さんによるラテンをテーマにした音楽
【対象・定員】202人
【費用・参加費】2千500円ほか
【申し込み】同センターほか。先着順

とよキネマ おとうと
【日時】2月8日(土曜日)11時~、14時30分~、19時~
【場所】同センター
【内容】名誉市民の山田洋次さんが監督を務めた同作品の上映
【対象・定員】各490人
【費用・参加費】千円ほか
【申し込み】同センター、ローソンチケットほか。先着順

指揮・園田隆一郎さんと贈る
ドボルザーク「新世界より」
【場所】同センター
プレパフォーマンスとトーク
【日時】2月22日(土曜日)13時~
【内容】コンサートに関連し、交響曲「新世界より」の解説と演奏
【対象・定員】100人
【申し込み】当日会場。先着順
センチュリー豊中名曲シリーズ
コンサート
【日時】2月22日(土曜日)15時~
【対象・定員】千344人
【費用・参加費】4千500円ほか
【申し込み】同センターほか。先着順

ロビーコンサート
【日時】2月26日(水曜日)19時~
【場所】同センター
【内容】センチュリー・ユースオーケストラによる木管五重奏
【対象・定員】40人
【申し込み】当日会場。先着順

TRANCE MUSIC
FESTIVAL
【日時】2月29日(土曜日)①13時~②15時30分~③18時30分~
【場所】同センター
【内容】①体②楽器③声を使って音を発するパフォーマンス
【出演・講師・指導】ピアニスト・中川賢一さんほか
【対象・定員】①100人②202人③150人
【費用・参加費】各千800円ほか
【申し込み】同センター、ローソンチケットほか。先着順

コトノハ ものがたりの世界
【日時】3月1日(日曜日)①13時30分~②18時~
【場所】同センター
【内容】毎日放送アナウンサーによる朗読。①親子向け②大人向け
【対象・定員】各千344人
【費用・参加費】千900円ほか
【申し込み】同センター、ローソンチケットほか。先着順

安藤美姫・氷上の
名曲コンサート
【日時】3月4日(水曜日)19時~
【場所】同センター
【内容】プロフィギュアスケーター・安藤美姫さんによるトークと、日本センチュリー交響楽団ほかによる同選手が大会で使用した楽曲の演奏ほか
【対象・定員】千344人
【費用・参加費】6千500円ほか
【申し込み】同センター、ローソンチケットほか。先着順

千里文化センター「コラボ」
〒560‒0082新千里東町1‒2‒2
【電話】6831・4133
【FAX】6832・4190

コラボ談話室
【日時】2月8日(土曜日)10時~12時
【場所】コラボ
【内容】「終活はまだ早い?人生100年時代の過ごし方」をテーマに、同センター市民実行委員・濱崎定也さんの話題提供で語り合う

千里コラボ大学校
【日時】2月8日(土曜日)14時~16時15分
【場所】コラボ
【内容】関西学院大学教授・田和正孝さんによる「人類最古の漁法・石干見 消えゆく伝統を人文地理学者が追う」
【対象・定員】70人
【申し込み】2月7日(金曜日)まで来館・電話受付。先着順
【保育あり】2月5日(水曜日)までに申し込み

アンサンブル・サビーナ
コンサート
【日時】2月9日(日曜日)11時~12時
【場所】コラボ
【内容】「北欧・ロシアの音楽」をテーマに音楽の解説と管弦楽合奏によるグリーグ「ホルベルク組曲」ほか

孤独や不安を和らげよう
もぐもぐ集会
【日時】2月9日(日曜日)14時~20時
【場所】コラボ
【内容】同じ時間と場所を共有し、調理や食事を楽しむ
【出演・講師・指導】元ひきこもり当事者団体・ウィークタイ
【対象・定員】ひきこもりなどで生きづらさを感じているおおむね30歳代までの人、12人
【費用・参加費】500円
【申し込み】2月7日(金曜日)まで電話受付。先着順

千里文化センター
市民実行委員会 委員募集
【内容】コラボひろばと屋上庭園で行う事業の企画立案と実施。毎月1回程度の企画会議あり 
▶期間=4月~令和3年3月
【対象・定員】18歳以上、若干名
【その他】謝礼あり。申し込みには左記説明会への出席が必要
【申し込み】説明会で配布する応募用紙で2月28日(金曜日)までにコラボ。選考あり
募集説明会
【日時】2月15日(土曜日)11時~12時、17日(月曜日)19時~20時、20日(木曜日)13時30分~14時30分
【場所】コラボ
【申し込み】2月14日(金曜日)まで来館・電話受付

千里で文化TO出合う触れる遊ぶ
新鮮 サウンドマーケット
【日時】2月15日(土曜日)13時30分~15時10分
【場所】SENRITOよみうりホール(新千里東町)
【内容】シンガーソングライター・キシモトジュンイチさんほかによるアコースティックライブ
【対象・定員】80人
【申し込み】当日会場。先着順

千里の殿池めぐり
千里まちあるき
【日時】2月18日(火曜日)9時50分~12時。集合・解散はコラボ
【内容】千里地域にある殿池と呼ばれる長谷池(新千里東町)ほかを市民ボランティアガイドとともに巡る
【対象・定員】15人
【申し込み】2月4日(火曜日)10時から来館・電話受付。先着順

キャンドルナイトカフェ
【日時】2月21日(金曜日)18時30分~20時
【場所】コラボ
【内容】サックスデュオによる演奏
【対象・定員】60人
【費用・参加費】実費(飲み物代。1ドリンク制)
【申し込み】当日会場。先着順

ブックトーク・トーク
この本読んだ会
【日時】2月22日(土曜日)14時~16時
【場所】コラボ
【内容】「ビジュアルな本の世界 漫画、絵本など」をテーマに語り合う
【対象・定員】20人
【申し込み】2月21日(金曜日)まで来館・電話受付。先着順

コラボでシネマ
若草物語
【日時】2月22日(土曜日)18時30分~20時30分
【場所】コラボ
【対象・定員】100人
【申し込み】当日会場。先着順

千里文化センターフォーラム
社会的包摂を考える
【日時】2月24日(振替休日)14時~16時15分
【場所】コラボ
【内容】帝塚山大学名誉教授・中川幾郎さんによる基調講演「改めて社会的包摂を考える」、NHK番組「バリバラ」コメンテーター・玉木幸則さん、箕面こどもの森学園・藤田美保さんによるパネルディスカッション、手話通訳あり
【対象・定員】150人
【申し込み】当日会場。先着順
【保育あり】2月20日(木曜日)までに申し込み

ボランティア応援コーナー
【日時】2月25日(火曜日)14時~16時
【場所】コラボ
【内容】同センター市民実行委員が個別相談や活動先を紹介

(公民館)

中央公民館
〒561‒0802曽根東町3‒7‒3
【電話】6866・0555
【FAX】6863・4427

お茶席
【日時】2月9日(日曜日)9時~15時
【場所】同館
【出演・講師・指導】藤本宗芳さん(裏千家)
【費用・参加費】600円

サイエンスカフェ@中央公民館
鉱物 語り
【日時】2月15日(土曜日)14時~15時30分
【場所】同館
【内容】鉱物の採集から利用までの人間との関わりを科学技術的・文化的な側面から考察する
【出演・講師・指導】大阪大学総合学術博物館研究員・藤浦淳さん
【対象・定員】高校生以上、30人
【申し込み】2月4日(火曜日)14時から電話受付。先着順

若者が参加しやすい
地域活動とは
【日時】【連続講座】2月26日(水曜日)・3月18日(水曜日)19時~20時30分
【場所】同館
【内容】講師の体験を参考に同活動のプログラムを企画する
【出演・講師・指導】京都市まちづくりアドバイザー・木村響子さん
【対象・定員】30人
【申し込み】2月5日(水曜日)14時から電話受付。先着順

サイエンスカフェ@待兼山
【場所】大阪大学総合学術博物館(待兼山町)
【対象・定員】高校生以上、各30人
【申し込み】往復はがきに、講座名、①か②、住所と名前(返信用も)、年齢、電話番号を書き、〒560–0043待兼山町1–13大阪大学総合学術博物館。同博物館ホームページからも申し込み可。2月①7日(金曜日)②21日(金曜日)必着。抽選あり
①音楽のまちはどのように創られたのか
【日時】3月7日(土曜日)14時~15時30分
【内容】日本各地の音楽のまちが誕生したエピソードを紹介
【出演・講師・指導】大阪大学21世紀懐徳堂特任研究員・肥後楽さん
②対話型調停の会話分析
紛争解決の営みを解きほぐす
【日時】3月21日(土曜日)14時~15時30分
【内容】具体的な事件処理のデータを基にした会話分析の手法による紛争解決について考える
【出演・講師・指導】大阪大学法学研究科助教・李英さん

蛍池公民館
〒560‒0033蛍池中町3‒2‒1‒501
【電話】6843・5561
【FAX】6841・5094

府立刀根山支援学校作品展
【日時】2月14日(金曜日)~25日(火曜日)
【場所】同館

ほたる寄席
【日時】2月15日(土曜日)13時~16時
【場所】同館
【内容】大阪大学落語研究部による落語
【対象・定員】60人
【申し込み】2月3日(月曜日)13時30分から電話受付。先着順

登録グループ体験講習会
【場所】同館
【申し込み】2月3日(月曜日)10時30分から電話受付。先着順
ミュージックベル カンパネラ
【日時】2月15日(土曜日)・3月7日(土曜日)15時~16時
【出演・講師・指導】同会指導者・武内英恵さん
【対象・定員】女性、各5人
■子ども■はっぴぃタッチ蛍(親子ヨガ)
【日時】3月5日(木曜日)10時30分~11時30分
【出演・講師・指導】同会指導者・大竹泰子さん
【対象・定員】3カ月~11カ月の子どもと保護者、15組
豊中ESS(初級英会話)
【日時】3月9日(月曜日)13時30分~16時
【出演・講師・指導】同会会員
【対象・定員】5人

■子ども■すくすくおはなしタイム
【日時】2月25日(火曜日)10時30分~11時30分
【場所】同館
【内容】刀根山こころ保育園保育士ほかによる触れ合い遊び、絵本の読み聞かせほか
【対象・定員】1歳以上の未就学児と保護者、15組
【その他】動きやすく汚れてもいい服装で参加
【申し込み】当日会場。先着順

地域で子育ちを考える学習会
児童虐待から考える
【日時】3月1日(日曜日)14時~16時
【場所】同館
【出演・講師・指導】ルポライター・杉山春さん
【対象・定員】50人
【申し込み】2月14日(金曜日)14時から電話受付。先着順

庄内公民館
〒561‒0828三和町3‒2‒1
【電話】6334・1251
【FAX】6336・9313

■子ども■保育室の自由開放
【日時】2月4日(火曜日)・18日(火曜日)・25日(火曜日)10時~15時30分
【場所】同館
【対象・定員】おおむね未就学児と保護者

■子ども■子育て応援フェスタ
おもしろくてためになる キッズランドしょうない ぜひ遊びに来てね!
 工作や遊びコーナー、クイズで学ぶ命の話など、家族で楽しめる催しが盛りだくさん。ステージイベントにはマチカネくんも登場します。
【日時】2月16日(日曜日)11時~14時
【場所】庄内公民館(三和町)
手作り木工おもちゃ教室
トコトコ歩くダブルチッキンズ作りに親子で挑戦しよう
【日時】11時30分~12時10分、13時~13時40分
【出演・講師・指導】コタキクリエイティブワークス・鈴木康宏さん
【対象・定員】小学2年生以下の子どもと保護者、各10組
【費用・参加費】500円
【申し込み】往復はがき(子ども1人につき1枚)に、保護者の住所と名前(返信用も)、催し名、希望時間、子どもの名前と年齢、電話番号を書き、〒561‒0828三和町3‒2‒1庄内公民館。2月7日(金曜日)必着。市ホームページからも申し込み可。抽選あり
写真キャプション:坂道に置くとトコトコ歩きだすよ
こどもと考える いのちの話
クイズなどを交えて、妊娠・出産の仕組みを知り、命の誕生と生まれる力の素晴らしさを学ぼう
【日時】13時~14時
【出演・講師・指導】府助産師会豊中班
【対象・定員】5歳~小学2年生と保護者、15組(きょうだい参加なら0歳から可)
【申し込み】2月3日(月曜日)10時から電話受付。先着順
1階
消防車・白バイと記念撮影、大商学園高校吹奏楽部の演奏、リトミック、マチカネくんとクラッピーのキャラクターステージ
2階
こども縁日、ビーズ小物作り、こども遊びコーナー、リサイクルバザー、親子で英語体験、自然工作教室、こども科学教室
3階
地域のお店コーナー
図書館
絵本カバーでしおり作り、くまのとしょかんちょうの本のおたのしみ袋の貸し出し
当日、会場準備や案内を行うボランティアを募集します!
【日時】10時~15時
【対象・定員】高校生以上、20人
【その他】謝礼あり
【申し込み】2月7日(金曜日)までに電話受付。市HPからも申し込み可。先着順
【問い合わせ】庄内公民館 【電話】6334‒1251

こども和菓子教室
季節の和菓子を作ろう
【日時】2月29日(土曜日)13時~14時30分、15時~16時30分
【場所】同館
【出演・講師・指導】御菓子司富貴屋・山下順朗さん
【対象・定員】小学生、各16人。小学1年・2年生は保護者同伴
【費用・参加費】500円
【申し込み】往復はがき(1人1枚)に、催し名と希望時間帯、住所と名前(返信用も)、学年、同伴する保護者の名前(小学1年・2年生のみ)、電話番号を記入し、同館。市ホームページからも申し込み可。2月17日(月曜日)必着。抽選あり

■子ども■えがおはぐくむ
ベビーマッサージ
【日時】【連続講座】3月4日(水曜日)・18日(水曜日)13時30分~14時45分
【場所】同館
【内容】ははこ助産院代表・岡本千加さんによるベビーマッサージの講習と育児相談
【対象・定員】2カ月~6カ月の子ども(ハイハイする前)と母親、13組
【費用・参加費】200円
【申し込み】往復はがき(1組1枚)に、住所と名前(返信用も)、電話番号、催し名、子どもの名前・月齢を書き、同館。市ホームページからも申し込み可。2月12日(水曜日)必着。抽選あり

腹式呼吸と明るい声で
心と体のストレッチ
【日時】【連続講座】3月12日(木曜日)・26日(木曜日)13時30分~15時30分
【場所】同館
【内容】発声の基礎を学び、軽く体を動かしながら日本の昔話ほかの朗読劇を体験
【出演・講師・指導】あみゅーず・とらいあんぐる代表・条あけみさん
【対象・定員】18歳以上、15人
【申し込み】2月20日(木曜日)10時から電話受付。先着順

千里公民館
〒560‒0082新千里東町1‒2‒2
【電話】6833・8090
【FAX】6832・4190

楽しく始める
パソコンライフ
【日時】【連続講座】2月10日(月曜日)・17日(月曜日)13時30分~16時30分
【場所】同館
【内容】写真や動画の取り込みと加工、ビデオ制作
【出演・講師・指導】地域ITリーダー
【対象・定員】文字入力ができる人、18人
【費用・参加費】千円
【申し込み】2月4日(火曜日)10時から来館・電話受付。受付日に定員を超えれば抽選

府立豊中支援学校
美術作品展
【日時】2月15日(土曜日)・16日(日曜日)・17日(月曜日)9時~21時(17日は16時まで)
【場所】千里文化センター「コラボ」(新千里東町)

わくわく千里自然工房
ひな人形作り
【日時】2月22日(土曜日)10時~12時
【場所】同館
【出演・講師・指導】登録グループ・千里ネイチャークラブ
【対象・定員】40人。小学3年生以下は保護者同伴
【申し込み】当日会場。先着順

(図書館)

資料点検のため図書館を休館します
►2月3日(月曜日)~6日(木曜日)=庄内(三和町) 【電話】6334・1261 
►2月3日(月曜日)~7日(金曜日)=千里(新千里東町) 【電話】6831・0225 
►2月17日(月曜日)~20日(木曜日)=服部(服部本町) 【電話】6862・0800、東豊中(東豊中町) 【電話】6856・4660 
►2月24日(振替休日)~28日(金曜日)=高川(豊南町東) 【電話】6336・6901、蛍池(蛍池中町) 【電話】6840・8000 
►3月2日(月曜日)~6日(金曜日)=野畑(春日町) 【電話】6845・2400
休館中もセルフ貸し出し機で
予約資料の受け取りができます
【日時】【場所】2月3日(月曜日)~7日(金曜日)千里、2月18日(火曜日)・19日(水曜日)・20日(木曜日)服部・東豊中、3月3日(火曜日)~6日(金曜日)野畑の各図書館。いずれも10時~17時(千里・野畑の最終日は16時30分まで)
【その他】職員の常駐はなし

北摂アーカイブス写真展
北摂の今と昔
【日時】2月8日(土曜日)~27日(木曜日)
【場所】千里図書館(新千里東町)
【内容】市民サポーター・地域フォトエディターによる風景写真のパネル展示
【問い合わせ】同館 【電話】6831・0225

とよ読書会
【日時】2月14日(金曜日)10時~12時
【場所】岡町図書館(岡町北)
【内容】読後感想を語り合う集い。テキストはメアリー・シェリー著「フランケンシュタイン」
【問い合わせ】同館 【電話】6843・4553

■子ども■おはなし大会
【日時】2月22日(土曜日)①11時~11時30分②14時~14時30分③15時~15時30分
【場所】野畑図書館(春日町)
【内容】①ミックスJAMによる絵本の読み聞かせほか②③野畑おはなしの会による未就学児向けの絵本の読み聞かせと小学生以上向けのお話
【対象・定員】①未就学児と保護者、45組②③未就学児各30人、小学生以上各30人
【申し込み】当日会場。先着順
【問い合わせ】同館 【電話】6845・2400

ビジネスゼミナール
アンガーマネジメント講座
【日時】2月22日(土曜日)14時~15時30分
【場所】岡町図書館(岡町北)
【内容】怒りの感情をコントロールし、ビジネスの現場でのコミュニケーションを円滑にするスキルを学ぶ
【出演・講師・指導】ナースハート代表取締役・井上泰世さん
【対象・定員】30人
【申し込み】2月4日(火曜日)10時から同館 【電話】6843・4553。先着順

点訳図書 新着案内
 「猫のお告げは樹の下で」青山美智子著、「わたしの本の空白は」近藤史恵著、「茶屋四郎次郎、伊賀を駆ける」諏訪宗篤著、「十年屋 時の魔法はいかがでしょう?」廣嶋玲子著。

デイジー図書新着案内
 視覚障害者などのための資料です。
「興亡の世界史01 アレクサンドロスの征服と神話」森谷公俊著、「虚談」京極夏彦著、「碧と花電車の街」麻宮ゆり子著、「明日は、どうしてくるの?」栗田亘著、「リーチ先生」原田マハ著、「丹野智文 笑顔で生きる」丹野智文著、「にゃん!」あさのあつこ著、「火のないところに煙は」芦沢央著、「障害のある子の「親なきあと」「親あるあいだ」の準備」渡部伸著、「ストレンジャー・イン・パラダイス」小路幸也著、「あのころ、天皇は神だった」ジュリー・オオツカ著、「一切なりゆき」樹木希林著、「“介護後”うつ」安藤和津著。

2月の巡回日程 動く図書館
 住所などを確認できるもの(健康保険証など)を示して登録してください。市内各図書館の利用者カードを持っている人は、そのカードで借りられます。
 駐車場所などの問い合わせは、岡町図書館 【電話】6843‒4553へ。
とき/駐車場所/駐車時間
4日(火曜日) アルビス旭ヶ丘(6‒4号棟北側) 14:00~16:00
5日(水曜日) 上野東1(豊松園ハイツB棟前)13:30~14:30
        東泉丘4(ジオ緑地公園3番館) 15:00~16:00
6日(木曜日) 庄本町3(そんぽの家豊中庄本町横駐車場) 13:45~14:45
        大島町2(洲到止八幡宮) 15:15~16:00
8日(土曜日) 二葉町1(二葉第二住宅) 13:30~14:30
        上津島2(上津島センター) 15:00~16:00
12日(水曜日) 刀根山2(天理教会高香分教会) 13:30~14:30
        本町9(住友化学社宅4号棟前) 15:00~16:00
14日(金曜日) 西泉丘2(グランドールマンション) 13:30~14:30
        上新田4(桃山台グリーンマンション) 15:00~16:00
15日(土曜日) 上新田4(朝日プラザ千里A棟前) 14:00~16:00
20日(木曜日) 刀根山元町(ゴッツ下) 15:00~16:00
22日(土曜日) 上野東2(堀田公園) 14:00~16:00
26日(水曜日) 寺内2(日商岩井第1緑地公園マンション) 14:00~16:00
27日(木曜日) 東寺内町(寺内南公園) 14:00~16:00

(産業)

豊中ビジネスアップキャンプ 計画編
【日時】2月13日(木曜日)19時~21時
【場所】とよなか起業・チャレンジセンター(蛍池中町)
【内容】ビジネスの展開に必要な事業計画を立てる前に、考えておくべきことや計画書の書き方などを解説
【出演・講師・指導】豊中商工会議所・吉田哲平さん
【対象・定員】市内の事業者や市内で起業を考えている人、20人
【その他】交流会あり(希望者のみ。実費)
【申し込み】産業振興課 【電話】6858・2188。市ホームページからも申し込み可。先着順

先輩起業家の話を聞こう
【日時】2月17日(月曜日)19時~21時
【場所】とよなか起業・チャレンジセンター(蛍池中町)
【内容】放課後等デイサービスの経営のポイントを学ぶ
【出演・講師・指導】サルビア代表・市橋拓さん
【対象・定員】市内の事業者や市内で起業を考えている人、12人
【申し込み】電話で同センター 【電話】6840・1955。先着順

経営セミナー
情報セキュリティーについて学ぶ
【日時】2月19日(水曜日)15時~16時30分
【場所】千里図書館(新千里東町)
【内容】情報処理安全確保支援士から事業者が取り組むべき情報セキュリティーに関するマネジメントを学ぶ
【対象・定員】市内の事業者や市内で起業を考えている人、20人
【申し込み】産業振興課 【電話】6858・2188。市ホームページからも申し込み可。先着順

MOBIOカフェ@豊中
支援制度を経営に役立てよう
【日時】2月20日(木曜日)19時~20時30分
【場所】豊中しごとセンター(庄内東町)
【内容】大阪府ものづくり企業総合支援拠点MOBIO、豊中商工会議所、市の事業所向け支援メニューの紹介と名刺交換会
【対象・定員】市内の事業者、15人
【申し込み】くらし支援課 【電話】6858・6863。市ホームページからも申し込み可。先着順

(仮称)新・産業ビジョンの策定に係る意見交換会
【日時】2月26日(水曜日)15時~17時
【場所】豊中商工会議所(岡町北)
【内容】令和2年度に策定予定の(仮称)新・産業ビジョンについての意見交換会
【対象・定員】市内の事業者、100人
【申し込み】産業振興課 【電話】6858・2190。市ホームページからも申し込み可。先着順

チャレンジ事業補助金説明会
【日時】①2月27日(木曜日)②3月2日(月曜日)③3月6日(金曜日)・11日(水曜日)。15時30分~17時、19時~20時30分
【場所】①庄内公民館(三和町)②千里文化センター「コラボ」(新千里東町)③とよなか起業・チャレンジセンター(蛍池中町)
【内容】商品や技術開発、店舗展開などの新規事業に取り組む市内の事業者や事業者で構成される団体・グループなどを対象に補助する制度の説明会
【申し込み】各開催日の前日12時までに産業振興課 【電話】6858・2188。ファクス可(事業所名、所在地、業種、参加者の名前・電話・ファクス番号を記入)
【FAX】4865・2058。市ホームページからも申し込み可

中小企業チャレンジ支援事業
運営業務委託事業者を募集
【内容】①ビジネスモデル構築支援業務②連携・経営基盤強化支援業務 ▼募集要項=産業振興課 【電話】6858・2188で配布。市ホームページからも取り出し可
説明会
【日時】2月5日(水曜日)①9時45分~②11時~
【場所】市役所第一庁舎
【申し込み】前日12時までに同課

不合理な待遇差が禁止されます
 同一企業内において、不合理な待遇差を設けることの禁止を定めた法律が4月1日(水曜日)に施行されます。正社員と短時間労働者などとの間で、基本給や賞与などの待遇について、不合理な差を設けることが禁止されます。また、事業主には、待遇の違いや理由について説明を求められた場合の説明義務が発生します。なお、同法の中小企業への適用は令和3年4月1日(木曜日)です。
【問い合わせ】くらし支援課 【電話】6858・6863

お知らせ「スポーツ」(36ページから38ページまで)

スポーツ

ニュースポーツデー
【日時】【場所】2月1日(土曜日)豊島(服部西町)、2月8日(土曜日)庄内(野田町)、2月22日(土曜日)柴原(柴原町)の各体育館。いずれも9時30分~11時30分
【内容】ペタンク、囲碁ボール、ソフトバレーボールほか
【持ち物】運動のできる服、上靴、タオル、飲み物
【問い合わせ】スポーツ振興課 【電話】6858・2751

プールを臨時開館します
【日時】【場所】2月11日(祝日)ニノ切温水プール(東豊中町)、2月24日(振替休日)マリンフード豊中スイミングスタジアム(服部西町)。いずれも9時~17時(入館は16時まで)
【問い合わせ】同プール 【電話】6848・8781、同スタジアム 【電話】6865・3507

グリーンスポーツセンター
工事で一部利用できません
2月17日(月曜日)~21日(金曜日)は、工事による停電のため、同センター(大島町)は17時で閉場します。また、期間中テニスコートは利用できません。
【問い合わせ】スポーツ振興課 【電話】6858・3092

バスケットボールフェスタ
【日時】2月23日(祝日)10時~12時
【場所】庄内体育館(野田町)
【内容】大学生によるバスケットボールの技術指導
【対象・定員】小学生
【持ち物】運動のできる服、体育館シューズ、飲み物
【申し込み】当日30分前から来館受付
【問い合わせ】スポーツ振興課 【電話】6858・2751

■子ども■親子ふれあいヨガ教室
【日時】【連続講座】3月3日(火曜日)・10日(火曜日)10時30分~11時30分
【場所】豊中ローズ球場(曽根南町)
【内容】音楽を使って楽しく親子で体を動かす
【出演・講師・指導】ローリタッチケア協会認定講師・大竹泰子さん
【対象・定員】2歳未満の子どもと保護者、15組
【費用・参加費】千円
【申し込み】2月4日(火曜日)から同球場 【電話】6862・0018で来場受付。先着順

トライノルディック
ウオーキング
【日時】3月16日(月曜日)10時~12時。集合・解散は庄内体育館(野田町)
【内容】ポールを使いながら、同館周辺を2km~3kmウオーキング
【対象・定員】18歳以上(高校生は除く)、40人
【申し込み】2月25日(火曜日)9時から電話でスポーツ振興事業団 【電話】6865・6865。先着順

旧庄内温水プール
代替水泳教室の参加者募集
【日時】【連続講座】4月~9月(各コース24回)
【場所】履正スイミングクラブ曽根(曽根南町)、同クラブ十三(大阪市淀川区)
【対象・定員】名神高速道路以南に在住・在勤の人、若干名
【費用・参加費】1万2千960円~1万9千200円
【その他】詳しくはスポーツ振興課 【電話】6858・3309などにある募集要項か市ホームページを参照
【申し込み】はがきで、〒561–8501「豊中市役所スポーツ振興課」。2月12日(水曜日)消印有効。抽選あり。結果は通知

短期スポーツ教室
【場所】【問い合わせ】各館

二ノ切温水プール
東豊中町5‒37‒1 【電話】6848・8781
知的障害者ダンス
【日時】【連続講座】3月2日~23日の月曜日(4回)17時30分~18時30分
【内容】リズム運動などで基本動作を習得しダンスを行う
【対象・定員】療育手帳のある15歳以上(中学生は除く)、20人
【費用・参加費】2千円
【申し込み】2月17日(月曜日)から来館。先着順
ニノ切ダンスフィット
【日時】【連続講座】3月6日(金曜日)・13日(金曜日)・27日(金曜日)19時~20時
【内容】リズム運動などでストリートダンスを学ぶ
【対象・定員】15歳以上(中学生は除く)、8人
【費用・参加費】2千250円
【申し込み】2月28日(金曜日)から来館。先着順

マリンフード豊中スイミングスタジアム
服部西町5‒1‒1 【電話】6865・3507
腰痛予防教室
【日時】2月5日(水曜日)・12日(水曜日)・26日(水曜日)11時~12時
【内容】軽い運動と水の特性を利用した運動
【対象・定員】15歳以上(生徒・学生は除く)、各20人
【費用・参加費】各600円
【持ち物】水着、運動のできる服
【申し込み】当日15分前に来館。先着順
■子ども■キッズ水泳記録会
【日時】3月1日(日曜日)11時30分~13時30分
【内容】各泳法25mのタイムを測定
【対象・定員】5歳~小学3年生の子ども、30人
【費用・参加費】500円
【申し込み】2月11日(祝日)9時30分~23日(祝日)に来館。先着順

柴原体育館
柴原町4‒4‒18 【電話】6843・7877
■子ども■ひよこっこ体操
【日時】【連続講座】2月28日~3月27日の金曜日(3月20日を除く4回)9時30分~10時30分、10時45分~11時45分
【内容】親と子の触れ合い体操ほか
【対象・定員】平成29年4月2日~平成30年4月1日生まれの子どもと保護者、各25組
【費用・参加費】各2千円
【申し込み】2月21日(金曜日)12時15分に来館。同時刻に定員を超えれば抽選

庄内体育館
野田町4‒1 【電話】6331・7922
■子ども■すくすくきっずスポーツ
【日時】【連続講座】2月17日~3月16日の月曜日(2月24日を除く4回)15時15分~16時15分
【内容】走る、跳ぶ、転がるなどの運動の基本動作
【対象・定員】平成27年4月2日~平成28年4月1日生まれの子ども、20人
【費用・参加費】2千円
【申し込み】2月10日(月曜日)16時30分に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
■子ども■こどもトランポリン
【日時】【連続講座】2月17日~3月16日の月曜日(2月24日を除く4回)①15時30分~16時30分②16時40分~17時40分
【対象・定員】①平成25年4月2日~平成27年4月1日生まれの子ども②小学1年~3年生、各20人
【費用・参加費】各2千円
【申し込み】2月10日(月曜日)①15時30分②17時に来館。いずれも同時刻に定員を超えれば抽選

豊島体育館
服部西町4‒12‒1 【電話】6862・5121
■子ども■こどもトランポリン
【日時】【連続講座】2月12日~3月11日の水曜日(5回)①15時30分~16時30分②16時45分~17時45分
【対象・定員】①平成25年4月2日~平成27年4月1日生まれの子ども②小学1年~3年生、各24人
【費用・参加費】各2千500円
【申し込み】2月5日(水曜日)①15時30分②16時30分に来館。同時刻に定員を超えれば抽選
中・高齢者のためのタイ式ヨガ(ルーシーダットン)
【日時】【連続講座】2月18日~3月17日の火曜日(5回)10時~11時
【対象・定員】中・高齢者、14人
【費用・参加費】2千500円
【申し込み】2月4日(火曜日)11時15分に来館。同時刻に定員を超えれば抽選

武道館ひびき
服部西町4‒13‒2 【電話】6864・2288
大人バランス教室
【日時】2月14日(金曜日)・28日(金曜日)10時~11時
【内容】体幹など全身をバランスよくトレーニング
【対象・定員】15歳以上(生徒・学生は除く)、各20人
【費用・参加費】各500円
【申し込み】2月7日(金曜日)10時から電話受付。先着順
■子ども■こどもバランス教室
【日時】【連続講座】3月4日~25日の水曜日(4回)15時~16時
【内容】畳の上でバランスよく運動
【対象・定員】平成25年4月2日~平成27年4月1日生まれの子ども、20人
【費用・参加費】2千円
【申し込み】2月26日(水曜日)16時に来館。同時刻に定員を超えれば抽選

スポーツ教室・大会・講習会ほか
【問い合わせ】表中に問い合わせ先がある場合は各問い合わせ先へ、ない場合はスポーツ振興事業団 【電話】6864‒3325(平日9時~17時)
▶表中の「申込用紙」「募集案内」は、市役所(中桜塚)、体育施設に置いています
▶万一の傷害事故に備えてスポーツ保険などに加入してください 
▶各施設・会場への車での来場はご遠慮ください
武道館ひびき(服部西町) 
日本拳法審判講習会
【日時】2月16日(日曜日)13時~17時
【内容】組手・競技のルール講習と実技
【対象・定員】市在住か在勤の人
【持ち物】運動のできる服、ホイッスル、筆記用具
【申し込み】当日30分前に会場
弓道指導者講習会
【日時】2月23日(祝日)9時45分~16時30分
【内容】全日本弓道連盟制定の射技・体配ほか
【対象・定員】弓道指導者をめざす人
【持ち物】弓道具一式、弓道教本、筆記用具
【申し込み】当日30分前に会場

庄内体育館(野田町) 
フィットネスフェスタ(リフレッシュヨガ)
【日時】3月3日(火曜日)10時~11時45分
【出演・講師・指導】ヨガインストラクター・徳野泰代さん
【対象・定員】市在住か在勤の15歳以上(中学生は除く)の人。未経験者可
【費用・参加費】500円。市フィットネス協会加盟者は無料
【持ち物】運動のできる服、タオル、水筒
【申し込み】当日30分前に会場
春季女性バドミントン大会(ダブルス)
【日時】3月10日(火曜日)9時~
【対象・定員】市女性バドミントン協会加盟者。新規加盟可 ▶種別=上級、中級、初級。ペアで申し込み
【費用・参加費】〈参加費(1人)〉600円〈加盟金(1人)〉400円。当日納入
【申し込み】はがきに、大会名、種別、2人の住所・名前・所属・電話番号を書き、〒561‒0815豊南町南6‒1‒8豊中市女性バドミントン協会・峯㟢智惠子。2月27日(木曜日)必着

ハイキング月例会
【日時】2月16日(日曜日)8時30分阪急豊中駅ホーム集合~15時30分ごろ能勢電鉄妙見口駅解散。雨天中止(集合場所で判断) ▶行き先=箕面・止々呂美・妙見口駅一般向けコース(箕面市ほか)
【対象・定員】市在住か在勤・在学の人
【費用・参加費】実費(交通費)
【持ち物】弁当、水筒、雨具、軽アイゼン、健康保険証ほか
【問い合わせ】豊中市民ハイキングの会・田中電話6862‒8738

インドアソフトテニス大会(ダブルス)
【日時】2月22日(土曜日)①9時~②13時~、23日(祝日)③9時~④12時~
【場所】豊島体育館(服部西町)
【対象・定員】市ソフトテニス協会加盟者。新規加盟可 ▶種別=①シニア女子(45歳以上)・ミックス(男子60歳以上・女子50歳以上、ペアの組み合わせは当日抽選)②シニア男子(45歳以上)③一般女子(高校生以上)④一般男子(高校生以上)
【費用・参加費】〈参加費(1人)〉1,000円〈加盟金(1人)〉1,000円。当日納入
【申し込み】はがきに、大会名、種別、2人(ミックスは個人)の住所・名前・年齢・性別・電話番号を書き、〒560‒0033蛍池中町2‒3‒1‒609豊中市ソフトテニス協会・渡部祥之。2月12日(水曜日)必着

野球審判講習会
【日時】3月1日(日曜日)9時~13時
【場所】豊中ローズ球場(曽根南町)。雨天の場合は同球場の会議室で講義
【内容】審判の基本的な動きとルール解説ほか
【対象・定員】市在住か在勤の人
【持ち物】運動のできる服、筆記用具
【申し込み】当日30分前に会場

お知らせ「募集」(39ページ)

募集

住宅入居者募集
府営住宅 
▶申込用紙・募集案内書の配布期間・場所=2月3日(月曜日)~17日(月曜日)(土曜・日曜日、祝日を除く)9時~17時15分。市営住宅 募集・管理センター(市役所第二庁舎)、庄内(庄内幸町)・新千里(新千里東町)の各出張所 
▶応募要件=府在住・在勤の人。所得制限あり。詳細は募集案内書を参照
【申し込み】2月17日(月曜日)(消印有効)までに大阪府営住宅入居申込担当窓口へ申込用紙を郵送。府ホームページからも申し込み可
【問い合わせ】千里管理センター 【電話】6833‒6942

職員募集
【対象・定員】記載のないものは年齢の上限なし。資格要件・勤務実績は採用日現在
▶募集案内=各担当課などで配布(市ホームぺージからも取り出し可)
【申し込み】募集案内を参照。記載のないものは随時受け付け
職種/採用予定数/内容    ※国籍は問いません
【臨時】
市臨時会計年度任用職員〈登録〉 ─ 
▶登録方法=人事課で配布する申込用紙に証明写真(縦4㎝×横3㎝)を添えて同課へ持参。郵送の場合は84円切手を貼った返信用封筒(定形)を同封。登録有効期間は登録日から1年間
【問い合わせ】同課 【電話】6858‒2019

消費生活専門相談員 1人
【対象・定員】消費生活相談員資格がある人
【問い合わせ】くらし支援課 【電話】6858‒5073

保育教諭 25人
【対象・定員】保育士資格か幼稚園教諭免許がある人
【問い合わせ】こども事業課 【電話】6858‒2808

短時間保育教諭 10人
【対象・定員】保育士資格か幼稚園教諭免許がある人
【問い合わせ】こども事業課 【電話】6858‒2808

短時間技能職員(調理・用務) 3人
【対象・定員】要件なし
【問い合わせ】こども事業課 【電話】6858‒2808

放課後こどもクラブ看護師 2人
【対象・定員】看護師免許がある人
【問い合わせ】学び育ち支援課 【電話】6858‒2578

放課後こどもクラブ指導員 10人程度
【対象・定員】児童の健全育成に意欲のある人
【問い合わせ】学び育ち支援課 【電話】6858‒2578

保健師 2人
【対象・定員】保健師免許がある人
【問い合わせ】母子保健課 【電話】6858‒2283

市立豊中病院 
診療放射線技師 1人
【対象・定員】診療放射線技師免許がある人
診療放射線技師(身体障害者対象) 1人
【対象・定員】診療放射線技師免許があり、身体障害者手帳の交付を受けている人
【問い合わせ】同病院 【電話】6843‒0101

お知らせ「相談の窓口」(40ページ、41ページ)

相談の窓口
祝・休日と年末年始は実施しません。
★の相談は、原則として事前に来庁か電話での申し込みが必要です(先着順)。
各相談は表中の■を除き、2カ月に1回掲載。表に掲載以外の相談の窓口もあります。
総合コールセンター 【電話】6858‒5050へ問い合わせてください。
※電話番号をお確かめの上、お間違いのないよう、ご注意ください。

相談名/内容・対象・定員/日時/場所/問い合わせ・申込先
■弁護士相談 ★
【内容】相続・離婚・金銭貸借ほか
【対象・定員】①16人②8人 ①水曜日・金曜日②木曜日。13時~17時 広聴係
【申し込み】相談日の前日(祝・休日の場合はその前の平日)9時から、同係 【電話】6858‒2034

■交通事故相談 ★
【内容】弁護士による交通事故相談
【対象・定員】5人 火曜日、13時~15時30分 広聴係
【申し込み】相談日の前日(祝・休日の場合はその前の平日)9時から、同係 【電話】6858‒2034

■人権擁護委員による人権相談
【内容】人権に関する困りごと・心配ごと 第1・3木曜日、13時~15時 広聴係
【問い合わせ】人権政策課 【電話】6858‒2586

■障害者基幹相談支援センター
【内容】障害福祉に関する全般的な相談 月曜日~金曜日、9時~17時15分 同センター(稲津町)
【問い合わせ】同センター 【電話】6862‒0095

■こども総合相談窓口
【内容】【対象・定員】18歳未満の子どもと家庭の相談 24時間365日受け付け(電話のみ)。来所は月曜日~金曜日、9時~17時15分 こども相談課(すこやかプラザ内・岡上の町)
【問い合わせ】同課 【電話】6852‒5172

■とよなかっ子ダイヤル(こども専用フリーダイヤル)
【内容】【対象・定員】18歳未満の子ども本人を対象とした電話相談 24時間365日受け付け 電話相談のみ 
電話相談 【フリーダイヤル】0120‒307‒874

人権にかかわる相談
【内容】同和問題ほか人権問題全般 ①月曜日・水曜日・金曜日、9時~12時・13時~17時②第2・4木曜日、13時~15時 ①蛍池人権まちづくりセンター(蛍池北町)②広聴係
【問い合わせ】とよなか人権文化まちづくり協会 【電話】6841‒2315

子育て相談(各市立こども園)
【対象・定員】未就学児の保護者ほか 月曜日~金曜日、10時~17時 各市立こども園
【問い合わせ】こども事業課 【電話】6858‒2257

子育て相談(庄内駅前庁舎)
【対象・定員】乳幼児の保護者 月曜日~金曜日、9時~16時 ポピンズキッズルーム庄内(同庁舎内・庄内東町)
【問い合わせ】こども事業課 【電話】6858‒2257

こども療育相談 ★
【内容】発達の気になる子どもに関する相談、支援計画相談 月曜日~金曜日、9時~17時 児童発達支援センター(稲津町)
【申し込み】同センター 【電話】6866‒2377

児童虐待相談
【内容】児童虐待の相談や通告 月曜日~金曜日、9時~17時15分 こども相談課(すこやかプラザ内・岡上の町)
【問い合わせ】同課 【電話】6852‒8448

ひとり親家庭就労相談 ★
【対象・定員】ひとり親家庭、離婚前の人。各日4人 月曜日~金曜日、10時30分~16時 子育て給付課
【申し込み】同課 【電話】6858‒2767

教育相談
【内容】小・中学生のいじめ、非行ほか 月曜日~金曜日、10時~17時 青年の家いぶき(服部西町)
【問い合わせ】児童生徒課 【電話】6866‒0783

教育相談総合窓口
【内容】教育に関する悩みや問い合わせ
【対象・定員】3歳6カ月の子ども~中学生と保護者 月曜日~金曜日、9時~17時 電話相談のみ 
電話相談 【電話】6840‒8121

小・中学生の不登校による教育相談
【対象・定員】不登校の悩みを持つ小・中学生と保護者 ①火曜日~日曜日、9時~17時
②火曜日~金曜日、9時~17時 ①庄内少年文化館(庄内栄町)②千里少年文化館(新千里西町)
【問い合わせ】電話で各少年文化館(①庄内 【電話】6336‒6371②千里 【電話】6831‒5300)

くらし再建相談 ★
【内容】仕事をはじめとする生活全般の相談 月曜日~金曜日、9時~17時 くらし再建パーソナルサポートセンター(くらしかん内・北桜塚)
【申し込み】くらし支援課 【電話】6858‒5075

多重債務者生活相談 ★
【内容】債務の整理方法や手続きほか 月曜日~金曜日、9時~12時・13時~16時 くらしかん(北桜塚)
【申し込み】くらし支援課 【電話】6858‒6656

消費生活相談
【内容】訪問販売や商品のトラブルほか 月曜日~金曜日、9時~17時 くらしかん(北桜塚)
【問い合わせ】くらし支援課 【電話】6858‒5070

被爆者相談
【内容】医療や日常生活の悩みほか 第1・3金曜日、13時~15時 くらしかん(北桜塚)
【問い合わせ】地域共生課 【電話】6858‒2220

外国人(がいこくじん)のための多言語相談(たげんごそうだん)
【内容】夫婦関係(ふうふかんけい)、生活(せいかつ)、労働(ろうどう)、子(こ)ども、在留資格(ざいりゅうしかく)ほか。10言語(げんご)で対応可(たいおうか) 金曜日(きんようび)、11時(じ)~16時(じ) とよなか国際交流センター(せんたー)(玉井町たまいちょう)
【問い合わせ】とよなか国際交流センター(こくさいこうりゅうせんたー) 【電話】6843‒4343

妊娠・出産・子育て相談窓口
【内容】妊産婦の体や出産、乳幼児の体のことほか 月曜日~金曜日、9時~17時 中部保健センター(すこやかプラザ内・岡上の町)
【問い合わせ】母子保健課 【電話】6858‒2293

女性の生き方総合相談
【内容】離婚・家族関係など 第1~4月曜日・木曜日、13時~20時。第1~4火曜日・金曜日、10時~17時。第1土曜日、10時~15時 電話相談のみ 
電話相談 【電話】6844‒9820

女性の生き方総合相談(カウンセリング)★
【内容】離婚・家族関係など 第1~4月曜日・火曜日・木曜日、10時~17時。第1・3月曜日・火曜日、18時~20時。第1木曜日、18時~20時。第1~4土曜日、10時~12時 すてっぷ(玉井町)
【申し込み】すてっぷ 【電話】6844‒9739
9時~12時・13時~17時・18時~20時。(土曜日は17時まで。水曜日・日曜日は休み)

女性のためのしごと準備相談 ★
【内容】就職活動前の状況整理、キャリアカウンセリング 第1・2月曜日、10時~12時。第3月曜日、18時~20時。
第4月曜日、13時~16時 すてっぷ(玉井町)
【申し込み】すてっぷ 【電話】6844‒9739
9時~12時・13時~17時・18時~20時。(土曜日は17時まで。水曜日・日曜日は休み)

ガールズ相談
【内容】交際相手からの暴力、親との関係ほか
【対象・定員】10代~30代の女性 第1~4月曜日・木曜日、13時~20時 電話相談のみ 
電話相談 【電話】6844‒9820

男性のための相談
【内容】パートナー・仕事・家族など 第2火曜日、18時~20時。第4土曜日、13時~17時 電話相談のみ 
電話相談 【電話】6844‒9111

男女共同参画苦情処理相談窓口
【内容】性別によるハラスメントなどの不当な扱いほか 火曜日・土曜日、10時~16時 同窓口(すてっぷ内・玉井町)
【問い合わせ】同窓口 【電話】6840‒8055

税理士相談 ★
【内容】所得税、資産税など税務一般
【対象・定員】6人 月曜日、13時~16時 広聴係
【申し込み】相談日の前日(祝・休日の場合はその前の平日)9時から同係 【電話】6858‒2034

司法書士相談 ★
【内容】登記・相続・債務ほか
【対象・定員】6人 月曜日、13時~16時 広聴係
【申し込み】相談日の前日(祝・休日の場合はその前の平日)9時から同係 【電話】6858‒2034

行政書士相談 ★
【内容】契約書・遺言ほか
【対象・定員】6人 第3木曜日、13時~16時 広聴係
【申し込み】相談日の前日(祝・休日の場合はその前の平日)9時から同係 【電話】6858‒2034

土地家屋調査士相談 ★
【内容】表示登記・測量・境界ほか
【対象・定員】6人 第2木曜日、13時~16時 広聴係
【申し込み】相談日の前日(祝・休日の場合はその前の平日)9時から同係 【電話】6858‒2034

宅地建物取引士相談 ★
【内容】不動産の契約ほか
【対象・定員】6人 第1火曜日、13時~16時 広聴係
【申し込み】相談日の前日(祝・休日の場合はその前の平日)9時から同係 【電話】6858‒2034

民事調停手続き相談
【内容】金銭トラブルなどを話し合いで解決する手続きの相談
【対象・定員】4人 第3月曜日、13時~15時 広聴係
【問い合わせ】同係 【電話】6858‒2034

行政相談
【内容】国や市などの行政に関する苦情・意見・要望ほか ①第1火曜日②第3・4火曜日③第3火曜日。13時~15時 ①新千里出張所(新千里東町)②広聴係③庄内出張所(庄内幸町)
【問い合わせ】同係 【電話】6858‒2034

安否確認ホットライン
【内容】高齢者などの生活の異変に気付いた場合の連絡窓口 月曜日~金曜日、8時45分~17時15分。閉庁日・時間外は守衛室経由での対応 地域共生課
【問い合わせ】同課 【電話】6858‒3327

保護司による更生保護相談
【内容】非行や犯罪からの更生相談、更生保護活動の情報提供ほか 月曜日~金曜日、10時~16時 母子父子福祉センター(中桜塚)
【問い合わせ】豊中地区保護司会 【電話】6852‒5205

患者の声相談窓口
【内容】市内医療機関などでの医療に関する疑問や不安 月曜日~金曜日、9時~16時 保健所(中桜塚)
【問い合わせ】健康政策課 【電話】6152‒7312

こころの健康相談 ★
【内容】心の不調や精神疾患についての相談 月曜日~金曜日、9時~17時15分 保健所(中桜塚。電話相談可)
【申し込み】保健予防課 【電話】6152‒7315

心配ごと相談
【内容】日常生活に関する悩み 月曜日・木曜日、13時~15時30分 社会福祉協議会(すこやかプラザ内・岡上の町)
【問い合わせ】同協議会 【電話】6841‒9388

介護サービスの悩みごと相談
【内容】介護相談員による相談 金曜日、13時~15時30分 社会福祉協議会(すこやかプラザ内・岡上の町)
【問い合わせ】同協議会 【電話】6841‒9388

地域ITリーダーによる初心者向けパソコン相談
【内容】パソコン操作のほか、スマホ・タブレット・デジカメの相談も可
【対象・定員】②60歳以上の人 ①火曜日・木曜日・土曜日、13時30分~16時30分②第2・4金曜日、13時30分~16時30分③第1~4水曜日、13時~16時 ①エキスタとよなか(阪急豊中駅舎内)②原田介護予防センター(原田元町)③千里公民館(新千里東町)
【問い合わせ】①②情報政策課 【電話】6858‒2781③同公民館 【電話】6833‒8090

がん相談 ★
【内容】がんに関する相談 月曜日~金曜日、9時~16時30分 がん相談支援センター(市立豊中病院内・柴原町)
【申し込み】同病院 【電話】6843‒0101

花とみどりの相談
【内容】花とみどりに関する相談 火曜日・木曜日、13時~16時30分 花とみどりの相談所(曽根南町)
【問い合わせ】同所 【電話】6863‒8439

クロスワードパズル ほか(42ページ)

クロスワードパズル

タテのカギ
①早春に白色や紅色の花を咲かす。
②1月の次は。
③討○○。理○○。
④とびら。自動○○。
⑤シュー○○○○。○○○○チーズ。
⑦散水などに使う。
⑩マイナンバー=○○○番号。
⑪専門家などが分かりやすく説明。
⑬外国人のための○○○○相談(40ページ)。
⑭水族館で芸をする人気者。
⑯目的地へ行く途中である地点を通ること。
⑳ラッシュを避けて○○通勤。

ヨコのカギ
①とげに覆われた海産物。
③聞き手に伝わるように文章を読む。
⑥らっぱ形になった筒の拡声器。
⑧地中に住む黒くて小さい昆虫。
⑨○○リズム。○○アウト。
⑫マリンフード豊中スイミング○○○○○(37ページ)。
⑮くぼ地や地面を掘って水がたまった所。
⑰物事の大本。始め。
⑱○○○○式(43ページ)。
⑲マッチ1本○○のもと。
㉑草の上などに見られる水滴。
㉒食い違い。ずれ。「計画と○○が生じた」

□の5文字を並べ替えて言葉を作ってください。
今月号の中に出てくる言葉が答えです。

パズルの応募方法
・市在住・在勤・在学の正解者から抽選で10人に図書カード(500円分)を差し上げます。
・はがきに、パズルの解答、住所、名前、電話番号、今月号で印象に残った記事を3つ、好きな豊中の風景、広報誌のご感想があれば記入し、広報戦略課へ。
・市ホームページからも応募可。           
締め切り/2月15日(土曜日)。消印有効

応募の宛先 〒561- 8501 豊中市役所 広報戦略課

前回の答
前回の正解は、「シンシュン」。応募総数331通で323通が正解。正解者の中から抽選で10人に景品を送りました。

【今月の表紙】
千里中央バスターミナル(新千里東町)
 市内にある主要バス停留所の1つ。北大阪急行千里中央駅前にある各停留所からは、市内外に向かう多くの路線バスのほか、高速バスも発着します。
 周辺は、交通機関を利用する人や買い物客で一日中にぎわいます。

編集室から
◎特集1では市を取り巻く義務教育の“いま”についてご紹介。取材でいくつかの学校にお伺いしましたが、子どもたちの笑顔やそれを見守る先生方の温かい表情が印象的でした。掲載できたのは一部ですが、本市の教育の強みや取り組みを知っていただくきっかけになればうれしく思います。 (酒)
◎まちかどスケッチと豊中っ子で紹介した豊中かがやき大賞。ここ最近、全国優勝や世界大会での活躍など明るい知らせが続々と届き、まさに豊中かがやき大賞ラッシュと言っても過言ではないくらい。広報誌編集担当でも同賞贈呈を紹介するスペースを確保するのに、うれしい悲鳴を上げています。
 3月号では消防士と救急救命士の1日を紹介します。 (A)

人口と世帯数 〈1月1日現在・推計〉
男▶189,371人(+136人)女▶211,312人(+51人) 計▶400,683人(+187人)
世帯▶177,328(+173)
( )は前月の増減

パソコンやスマホ、タブレットでも! 広報とよなか デジタルブック
◦スマホ、タブレットでも読める
◦文字サイズを調整できる
◦音声読み上げもできる
◦多言語で読める【日本語、英語、中国語(簡体・繁体)、韓国・朝鮮語、ポルトガル語、タイ語】
デジタルブックアプリ
Catalog Pocket
→https://www.catapoke.com/

まちかどスケッチ「今後の活躍にも期待 さまざまな舞台で躍動する若者たち」ほか(43ページ)

まちかどスケッチ

今後の活躍にも期待
さまざまな舞台で躍動する若者たち
 国内外の大きな大会などで功績を挙げ、市民の皆さんに夢と明るい希望と感動を与えてくれた個人や団体に贈る豊中かがやき大賞。「第32回全日本マーチングコンテスト」で、2年連続となる金賞に輝いた箕面自由学園高校(宮山町)吹奏楽部の皆さんに同賞を贈呈しました。また、サッカー日本代表として「AFC U-16選手権マレーシア2018」に出場し優勝、FIFA U-17ワールドカップブラジル2019」でもベスト16に貢献、ガンバ大阪の2020年シーズン新加入選手である市出身の唐山翔自さんにも同賞を贈呈しました。
※今月号の「豊中っ子」コーナーで紹介している、第九中学校3年生・高木陸さんにも同賞を贈呈しています。(関連記事46・47ページ)

おめでとう 4,077人の新成人
人生の門出 心新たに
 1月13日に文化芸術センター(曽根東町)で成人式記念式典と記念行事を開催しました。振り袖やはかま、スーツなどに身を包んだ新成人の皆さん。旧友との久しぶりの再会で昔話に花を咲かせる姿も。地域のボランティアや高校生の皆さんによるお茶席、記念撮影コーナーなどのさまざまな催しで、晴れの日をお祝いしました。

安心とぬくもりと
地域の安全を守る明かり
 第九中学校(新千里南町)で、近隣通学路をイルミネーションで明るくする「防犯イルミネーション2019」が12月から2月末まで実施されています。同校正門から千里南町公園(新千里南町)までの約150メートルに、約6万個の明かりを設置。同校生徒や地域の皆さんがより安全に通行できるように、夕方から夜にかけて点灯しています。

特集2 ひゅうまん通信「外国人とともに」(44ページ、45ページ)

特集2

ひゅうまん通信
外国人とともに
 市内に住んでいる外国人の数は約6,000人。
経済のグローバル化などにより母国を離れ、日本で生活を送る外国人が増えています。
日本に住む外国人の暮らしから多様な社会を考えます。

4年間で約1.3倍に急増
 市内に住む外国人の数は、平成27年(2015)まで約5千人で推移していましたが、令和元年(2019)10月末時点で6千88人(下記参照)。近年急増している背景には、深刻な人手不足の状況があります。平成31年4月に施行された改正出入国管理法は、介護や外食業など特定産業分野で一定の専門性・技能を持っている外国人の受け入れを拡大するものです。
 令和元年10月末時点で、韓国・朝鮮籍の人が2千11人と市内で最も多く、次いで中国籍の人が千608人です。近年、ベトナムやインドネシア国籍の人が、特に増加しています。
 国籍やルーツに関係なく、全ての人が安心して暮らせるまちの実現のためには、外国人も日本人も同じ生活者であるという視点を持つことが大切です。また医療や防災など生命や財産に関わる情報が的確に伝わるとともに、日本語学習機会の充実や外国人にとって分かりやすい相談サービスなどが必要です。
(外国人市民数)
平成7年(1995)4,906人
平成12年(2000)4,810人
平成17年(2005)5,016人
平成22年(2010)4,651人
平成27年(2015)4,835人
令和元年(2019)6,088人
(国別外国人数と割合)令和元年10月31日時点
韓国・朝鮮2,011人(33%)
中国1,608人(26%)
ベトナム638人(10%)
フィリピン280人(5%)
インドネシア164人(3%)
その他1,387人(23%)

若者が集い日本語も学べる場を
ゴータム・シヴァ・クマルさん、17歳
 母国のネパールから日本に来たのは14歳の時。父親が仕事で先に日本へ渡り、それから母親も兄弟と日本へ。数年後、「仕事が落ち着いたので、日本で一緒に暮らしたい」と父から言われ、急きょ私も来日しました。日本語を話すことも書くこともできないまま中学校に転入。日本語を理解できなかったので、教室での授業にはあまり出ず、別室でネパール人の先生から個別に日本語を教わっていましたが、なかなかうまくなりませんでした。そんな私を心配した学校の先生に連れられて来たのが、とよなか国際交流センターでした。ここではボランティアから日本語を学ぶことができたので、学校と相談し中学3年生の5月から授業の代わりに通うように。若者を支援する事業にも参加し、ネパールやスコットランドなど外国にルーツを持つ同世代の人と一緒にご飯を作ったり、イベントを開いたりして交流することができました。やがて、高校受験を迎えましたが、日本人と同じ試験は難しく、時間の延長や辞書の持ち込みなどができる制度を利用して高校を受験しました。
 現在、昼はアルバイトをし、夜は桜塚高校の定時制に通っています。外国にルーツを持つ若者が集い日本語もきちんと学べる場がもっと広がればうれしい。高校を卒業しても、日本語を勉強して、将来はネパールに貢献できる仕事がしたいです。

〝外国人だから〟ではなく理解を深めるために
パラシオ・ジンキーさん、34歳
 日本に来て6年がたちました。13歳の子どもと一緒に住んでいますが、ぜんそくのある7歳の子どもは母国のフィリピンにいる両親に預けています。来日当初、ほとんど日本語を話すことができなかったので、日本語を学ぶ専門学校に通っていました。1年くらいが経過し、日本語を少し話せるようになったとき、友達の紹介でとよなか国際交流センターに来るように。ここでは日常生活や子どもの教育のことなどで困っていることを本音で話せたり、外国にルーツを持つさまざまな人と一緒にダンスをしたり、フィリピンの家庭料理・アドボを作って振る舞ったりと、安心できる場所です。
 今は介護施設で働きながら、介護士の資格を取るための勉強をしています。
 仕事では外国人との言葉の壁があるからでしょうか、従事する業務が限られているように感じます。仕事を覚えるためにも、さまざまな業務に関わりたいと思っていますので、言葉だけでは完全に伝え合うことが難しくても、動作や身ぶりを交えて伝えてくれればうれしいです。これからも仕事を通じて色んな人の役に立ちたいです。

とよなか国際交流センター
TOYONAKA INTERNATIONAL CENTER
 同センターは外国人市民の自立や社会参加に向けて、子どもから大人まで総合的な支援を行っています。ライフステージに沿った取り組みは日本人や外国人の多くのボランティアで支えられています。
 日本語交流活動、中国語や英語など11言語での相談サービス、子どもの学習支援、子育て中の外国人が参加できるイベントなどを実施。また、地域の人や学校と連携して国際理解のイベントなども随時開催しています。
 センター内には、誰でも多言語の新聞や雑誌、絵本などを閲覧できるコーナーもあります。
場所:玉井町1-1-1-601(「エトレ豊中」6階)
問い合わせ:【電話】6843-4343、【FAX】6843-4375
開館時間:9時~21時30分
休館日:毎週水曜日、年末年始
http://www.a-atoms.info/
写真キャプション:市立図書館と共催している外国人ママの居場所づくり「おやこでにほんご」の様子。日本人のママボランティアが中心となり、毎週活動しています
【問い合わせ】人権政策課 【電話】6858-2586

夢・きらめき 豊中っ子「「常にチャレンジャー (高木陸さん・水泳)」 (46ページ、47ページ) 

夢・きらめき 豊中っ子

常にチャレンジャー 高木陸さん

 3分53秒84。
 リオデジャネイロオリンピック競泳男子400メートル個人メドレー金メダリスト・萩野公介選手が持っていた、400メートル自由形の中学記録を10年ぶりに更新した高木陸さん(15歳、上新田)。
 初めてプールに入ったのは生後7カ月の時。スイミングスクールに通っていた姉と一緒に、母親に連れられて来たベビースイミングでした。「左足が、生まれつき内側に曲がる先天性内反足だと診断されたので、陸上より水中の方が運動しやすいかなと思いました」と話す母親の順子さん。よほど水の中が心地良かったのか、順子さんの手の中で浮いていたら、そのまま寝てしまったそうです。
 小さいころから泳ぐのが大好きで、スイミングスクールでは幼稚園児ながら小学生の高学年と同じクラスに。小学1年生の時には大会出場をめざすため、中学生も在籍する育成コースに進み、毎日練習していました。担当コーチの転勤がきっかけで、小学3年生の時に現在のライフスポーツKTV(夕日丘)に移籍。今も練習漬けの毎日で、土日は午前6時頃から泳いでいます。100メートルを1分程度で連続8本泳いだり、50メートルを30秒以内で泳ぎ切ったりするなど、厳しい練習メニューに取り組んでいます。
 「短い距離で力を出し切るより、持久力を生かす長距離が好きです」と話す高木さんが
400メートルに本格的に取り組むようになったのは中学1年生の時。全国中学校水泳競技大会の大阪府予選に200メートルと400メートル自由形で出場。自信があった200メートルでは、全国大会出場に必要な標準記録を上回ることができませんでした。一方、400メートルで標準記録を上回るのは難しいと思っていましたが、いざ出場すると、見事上回りました。「隣のレーンの選手が速かったので、付いていくのに必死だった」と振り返ります。出場選手の大半を中学3年生が占める全国大会で中学1年生ながら出場できる選手はわずか数人。400メートルなら全国で戦えるという自信につながる大きな分岐点でした。それからは、ますます練習に力が入るようになり、徐々に400メートルのタイムを縮めていきます。
 中学2年生の時に、大学生や社会人も出場する日本選手権水泳競技大会やジャパンオープンに出場。この大会で好タイムを記録したことから、18 歳以下が出場する国際大会であるジュニアパンパシフィック大会の日本代表選手に初めて選ばれました。この大会の400
メートル自由形で自己ベストを更新し、3分57秒83を記録。萩野公介選手が持っていた3分55秒10の中学記録の更新を狙えるタイムだったので、中学3年生で400メートル自由形の中学新記録樹立をめざそうと決意します。
 令和元年(2019)8月に全国中学校水泳競技大会や全国JOC ジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会の400 メートル自由形でそれぞれ優勝したものの、中学新記録を出すことはできませんでした。「気持ちばかりが先走っていました。良いタイムが出るときは、いつも楽しんで泳いでいたことを思い出しました」。そして9月に迎えた国民体育大会水泳競技大会。予選では体力を温存したまま、決勝進出を決めました。「決勝では楽しむだ
け。みんなが応援してくれている。力まずに」。そう胸に刻み、決勝戦がスタート。前半の
200メートルで時計を見ると、自己ベストを更新した全国中学校水泳競技大会と同じタイムにもかかわらず、疲れを感じていませんでした。300メートルのターンを迎え、残り100メートルを1分以内に泳げば―。そんな思いが頭をかすめ、最後の力で泳ぎ切りました。時計を見上げ、思わず二度見。大きな歓声が響き渡る中、自然と片腕を突き上げていました。
 「ずっと新記録を狙っていたので、うれしかったです。応援してくれたチームメート、コーチ、そして両親に感謝しています」。
 4月には東京オリンピックの日本代表選手選考会の大会を控えます。「選考会では決勝戦に残ることが目標です。次のオリンピック出場は難しいですが、令和6年のパリオリンピック出場をめざします」と力強く話してくれた高木さん。これからも挑戦者として、新たな目標に突き進みます。

写真キャプション:令和元年12月11日、長内繁樹市長から豊中かがやき大賞を贈呈
※他の受賞者をまちかどスケッチで紹介しています(関連記事43 ページ)

【奇数月は「リレーエッセー」、偶数月は「豊中っ子」を掲載します】

裏表紙「ファミマと一緒に子育て支援」

ファミマといっしょに
子育て支援
 市は地域全体で子どもの成長を支えられるよう、
さまざまな取り組みを公民連携して進めていきます。

とよなか子育て応援団
 ミルクのお湯の提供など子連れでの外出をサポートします。

こども110番の家
 子どもが駆け込める店舗として、旗やステッカーを掲げます。

ファミマこども食堂
 店内スペースで食事をしながら地域交流をすることができます。(2月以降実施予定)

ファミリーマートと子育ち・子育て支援の連携協定を締結
 市は、子育ち・子育て支援の充実のため株式会社ファミリーマートと1月9日に同協定を締結しました。
 同協定により、上記の取り組みを連携・協働して実施するほか、保育所整備時には同社から物件情報の提供を受けるなどします。
 市は、公民連携を活用しながら、全ての子どもが健やかに育ち、社会全体で子育て家庭を支え、子どもを愛情深く育むまちづくりを進めます。
 各店舗での取り組み内容は、子育ち・子育て応援ポータルサイト「とよふぁみ」をご覧ください。
【問い合わせ】こども政策課 【電話】6858・2315
「とみふぁみ」のマップページから利用できるサービスを確認できます。
https://toyonaka-city.mamafre.jp/map/


広報とよなか2月号
令和2年(2020)2月1日発行
発行:豊中市 〒561-8501 豊中市中桜塚3-1-1
       (開庁時間:平日9時~17時15分)
編集:都市経営部 広報戦略課

市への問い合わせは、総合コールセンターへ
※おかけ間違いのないよう、ご注意ください
専用電話:6858-5050 月曜~金曜日は8時~21時
土曜・日曜日、祝・休日、年末年始は9時~17時
専用 FAX:6858-8686 24時間受信
市役所へはバスか電車で 市役所の駐車場は有料です。駐車台数に限りがあるため、駐車待ちの時間が長くかかることがあります。

お問合せ

都市経営部 広報戦略課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎3階
電話:06-6858-2028
ファクス:06-6842-2810

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで