このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 人権・文化・スポーツ
  • まちづくり・環境
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

ふるさと納税への返礼品を決定

更新日:2016年8月3日

武庫川女子大学がデザイン面で協力したオリジナル授産製品のブックカバーを10月に発送

豊中市は、ふるさと納税で寄付いただいた皆さんへの返礼品として、市内の授産施設で製作された授産製品を送ることを決定しました。送付する授産製品は、武庫川女子大学(西宮市)の学生が授産施設を見学したり、豊中市への寄附の状況を学んだりしながら検討したデザインとなっています。送付の対象は平成27年度(2015)に豊中市へ寄付した皆さんで、10月ごろに平成27年度の実績報告書と併せて送付する予定です。
市はふるさとを応援したい、貢献したいという思いを寄附の形で実現するというふるさと納税制度の趣旨から、高価な返礼品を設定せず寄付を呼び掛けてきました。ふるさと納税に関心が高まっている機会を活用し、市民の皆さんや市外居住者に豊中市の魅力を知っていただくとともに、まちづくりに寄付を通して応援していただいた皆さんへの感謝の気持ちをあらわすため、返礼品を設定しました。
返礼品は、高価なものではなく他市にはない豊中らしいものということで、授産製品を選択。連携協力に関する包括協定を締結している武庫川女子大学にデザイン面で協力してもらい、市内3か所の授産施設が協働して製作したブックカバーを送ることとなりました。このブックカバーは、みずほ・おおぞら園(島江町1丁目)のさをり織と佳処宮山事業所(春日町1丁目)の革のしおりを、第2工房「羅針盤」(原田元町2丁目)で縫製と裁断したもの。革のしおりには武庫川女子大学の学生が考えたオリジナルのロゴマークが刻印されています。
10月に平成27年度の寄付の使い道などを記載した報告書を送る予定です。平成28年度に寄付いただいた皆さんへ送る返礼品は、今後決定します。

豊中市のふるさと納税について、詳しくは次をご覧ください

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

政策企画部 広報広聴課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎3階
電話:06-6858-2028
ファクス:06-6842-2810

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市役所

 〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号 
市へのお問合せは総合コールセンターへ 電話:06-6858-5050
市役所のご案内
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る