このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 人権・文化・スポーツ
  • まちづくり・環境
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

「救助隊員の甲子園」に向け、消防職員が訓練に励む

更新日:2014年7月17日

豊中市消防本部の消防救助技術特別訓練隊3チーム15人が、「救助隊員の甲子園」とも呼ばれる全国消防救助技術大会への出場をめざし、近畿地区予選に向けて豊中市消防訓練場(原田中1丁目)で訓練に励んでいます。

豊中市は数ある種目の中から引揚救助に2チーム10人、障害突破に1チーム5人で挑戦。

引揚救助とは、地下やマンホールなどでの災害を想定した訓練で、2人が空気呼吸器を着装して要救助者を捜索・搬送し、4人で協力して救出した後、ロープを使って脱出するものです。障害突破は、災害現場のさまざまな障害を想定した訓練で、一致協力して「乗り越える」「登る」「渡る」「降りる」「濃煙を通過する」の5つの障害を突破します。

訓練に参加した消防隊員は「全国大会への出場をめざし、ベストな状態で本番に臨みたいと思います。この訓練で得た技術を災害現場でしっかり生かせるよう、確実に習得していきたいです」と話していました。

暑い日が続く中、一生懸命訓練に励む消防職員の活動が安心して暮らせるまちづくりを支えているんですね。

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

政策企画部 広報広聴課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎3階
電話:06-6858-2028
ファクス:06-6842-2810

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市役所

 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号 
市へのお問合せは総合コールセンターへ 電話:06-6858-5050
市役所のご案内
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る