このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 人権・文化・スポーツ
  • まちづくり・環境
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

東日本大震災の被災地に豊中市内の高校生らによるボランティアバスが到着

更新日:2015年8月20日

 昨日19日、桜塚・桜塚定時制・千里青雲・刀根山・大商学園・箕面自由学園の各高校の生徒22人と教職員、豊中市や社会福祉協議会の職員の計36人を乗せたボランティアバスが岩手県大槌町などの被災地に向けて出発しました。このボランティアバスは、豊中市と同市社会福祉協議会が実施しているものです。生徒らは、今日20日に大槌町に到着すると防潮提の草刈りを行いました。そして、同県立大槌高校と交流。明日21日はまず釜石市で仮設住宅の住民に生活の様子などを聞きます。その後、陸前高田市に移動し、奇跡の一本松を訪れたり、同市の戸羽太市長から被災地の今について話を聞いたりする予定です。
昨日の出発式では、桜塚高校2年生の山口翔平さんが高校生を代表して、「現地で多くのことを学び、得たものは大阪に持ち帰って今後に生かしたい」と思いを語りました。今回のボランティア体験を糧に、これからの家庭や地域の防災活動に生かし、防災リーダーとなっていってほしいですね。

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

政策企画部 広報広聴課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎3階
電話:06-6858-2028
ファクス:06-6842-2810

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市役所

 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号 
市へのお問合せは総合コールセンターへ 電話:06-6858-5050
市役所のご案内
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る