このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 人権・文化・スポーツ
  • まちづくり・環境
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

故・南部陽一郎さんの理論をデザイン化した緞帳が、平成28年(2016)の秋にオープン予定の豊中市立文化芸術センターの大ホールに、故・南部陽一郎さんの理論をもとにデザインされた緞帳が掲げられます

更新日:2015年8月24日

 公共施設の緞帳のデザインは、その地出身の画家などに依頼されることが多いのですが、豊中市は日本での自宅が市内にあり、名誉市民でもある南部さんにデザインの監修を依頼。縦10メートル、横21メートルもある緞帳は、ノーベル賞受賞理由となった「自発的対称性の破れ」の理論を基に大阪大学クリエイティブユニットがデザイン化。ホールの客席壁面に整然と組まれる杉の木材が、緞帳では連動して倒れたり、色づいたりして、さまざまな模様や集落が自発的に生成されていく様子が描かれています。
来年の秋には、緞帳のデザインとマッチしたホールの雰囲気を感じながら、コンサートや演劇などを楽しむことができますね。

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

政策企画部 広報広聴課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎3階
電話:06-6858-2028
ファクス:06-6842-2810

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市役所

 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号 
市へのお問合せは総合コールセンターへ 電話:06-6858-5050
市役所のご案内
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る