このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

東洋初と言われるロボットを製作した西村真琴の展示が始まる

更新日:2015年10月2日

 西村真琴は、北海道帝国大学教授時代にマリモの研究や保護活動を行うほか、昭和2年(1927)から豊中市に住み東洋初と言われるロボット「学天則」の制作を行いました。そんな西村真琴の業績などを紹介する展示が10月から中央公民館でスタート。展示では、業績を詳しく紹介するコーナーなどを設けています。
昭和20年代、豊中市の公民館館長や、豊中市議会議長を務めるなど、豊中市に深く関わった西村真琴。「人間の働きには、常に創作がなくてはならない」という理念で、広い領域で活躍した人でした。

お問合せ

政策企画部 広報広聴課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎3階
電話:06-6858-2028
ファクス:06-6842-2810

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ