このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

協働の力で地域課題解決へ!アーバンイノベーション豊中

ページ番号:861975391

更新日:2022年1月17日

豊中市と民間事業者等が協働で課題解決をめざすプロジェクト

豊中市は、柔軟な発想と優れた技術力を持つ民間事業者等と協働して、地域課題の解決をめざすプロジェクト「Urban Innovation TOYONAKA(アーバンイノベーション豊中)」を実施しています。

新たなソリューションの開発・実証実験を通じて、市民サービスの向上と新たなビジネスの創出をめざします。

審査により選ばれた事業には市から上限30万円の補助金を交付します。また、今年度の開発・実証実験を通じて、効果を検証し、次年度以降の展開を検討します。

アーバンイノベーション豊中のリンク
↑アーバンイノベーション豊中のホームページ(外部ページ)リンク↑

実証実験

第3弾.早期の労働相談につながる新たな広報手段の開発

雇い止めやパワハラなどの労働トラブルを抱えながらも、従来の広報手段では相談につながりにくい若年層をターゲットに、TikTokによる動画配信を行います。
啓発動画は、これまで市に寄せられた労働相談の事例などを基にして、社長をはじめ20歳代社員が中心の株式会社ミギナナメウエが制作。ターゲット層と近い年代が制作した動画でTikTokでの啓発の有効性を検証します。

実証実験の概要

実施期間:令和4年(2022年)1月5日~1月31日
内容:TikTokを活用した啓発動画の配信・労働相談特設ページの開設

実証実験の概要

第2弾.プログラミング教育実証実験 特色ある教育カリキュラムに向けて

本市では令和5年(2023年)4月開講予定の小中一貫9年制の義務教育学校において、学力テストなどでは数値化されない「非認知能力(考える力、やりきる力など)」を育むカリキュラムの実施を検討しています。
本プロジェクトでは、公募の結果「プログラミング的思考で、目標に向けた過程を考え、行動する力をつける」という株式会社プロアシストの提案を採択しました。
実証実験の結果は、今後の同学校における教育カリキュラムの開発に活用します。

実証実験の概要

実施場所:島田小学校、野田小学校、庄内小学校
実施期間:令和3年(2021年)12月~令和4年(2022年)1月
内容:プログラミングを学ぶ体験授業(5・6年生各クラス2~3時間)

第1弾.子ども服リユース実証実験 「もったいない」の心で創る循環型社会の実現

本市ではごみ減量に向け、不要になった子ども服の回収ボックスをこども園に設置し、イベントで配布する取り組みを行っていましたが、コロナ禍でイベントが中止になり、在庫が過剰になる課題を抱えていました。
公募の結果、「人にも環境にもよい循環型ネットワークを市民自ら、生み出していきたい」という一般社団法人ソーシャルギルドの提案を採択しました。

実証実験では、身近で気軽な子ども服リユースの場を1ヶ月間設け、効果や運営手法について検証します。

実証実験の概要

実施場所:豊中市立eMIRAIE環境交流センター
(〒561-0881 大阪府豊中市中桜塚1丁目24番20号)
実証実験実施期間:令和3年(2021年)11月20日(土曜) 10:00 ~ 12月19日(日曜) 17:00まで(休館日を除く)
時間帯:開館時間に準じる※但し施設の利用状況などにより、臨時で変更となる場合あり
内容:子ども服のリユース(無償提供)実施とアンケート調査

審査結果

令和3年度(2021年度)は5案件であわせて31件の応募がありました。
審査の結果、5団体の採択が決定しました。

(1)避難に支援が必要な市民への迅速な情報発信と安否確認
 株式会社ウェザーニューズ

(2)小中一貫校開校に向け、非認知能力を育む教育カリキュラムの作成
 株式会社プロアシスト

(3)道路情報が詰まったGISデータをもっと活用し、安全安心なまちづくりに活かしたい!
 株式会社アーバンエックステクノロジーズ

(4)「もったいない」の心で創る循環型社会の実現
 一般社団法人ソーシャルギルド

(5)労働環境の改善から、QOL向上へ!早期相談につながる新たな広報手段の開発
 株式会社ミギナナメウエ

募集について

※募集は終了しました

1.募集期間 

令和3年(2021年)7月25日(日曜)まで

2.募集テーマ 

 (1)避難に支援が必要な市民への迅速な情報発信と安否確認
 (2)小中一貫校開校に向け、非認知能力を育む教育カリキュラムの作成
 (3)道路情報が詰まったGISデータをもっと活用し、安全安心なまちづくりに活かしたい!
 (4)「もったいない」の心で創る循環型社会の実現
 (5)労働環境の改善から、QOL向上へ!早期相談につながる新たな広報手段の開発

3.公募説明会(オンライン開催)

公募概要や、公開する課題について、オンラインで説明会を開催します。(事前申し込み制)

日時:令和3年(2021年)7月9日(金曜)15時~16時30分

申し込みはこちらのサイトよりお願いします↓
https://urban-innovation-japan.com/city/toyonaka-city/

補助金要綱等について

アーバンイノベーション豊中のリンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

都市経営部 創造改革課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎3階
電話:06-6858-2745
ファクス:06-6858-4111

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで