このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

遅延損害金の徴収について

ページ番号:897009155

更新日:2022年3月3日

遅延損害金の徴収について

水道料金、学校給食費、市営住宅使用料などのように、市民の皆さんと市が結んだ契約や申込みにより発生することになる私債権につきましては、期限までにお支払いがない場合、「遅延損害金」を徴収することになります。

やむを得ない事情などにより、期限内に支払いが困難な方は、各債権の担当課へ早めにご相談ください。


遅延損害金の計算方法

(1)起算日から計算して年に満つる期間は、年利計算します。
(2)年に満たない期間は、日割計算します。
※ 1年に満たない期間が、閏年または閏年にかかる場合、その部分につき366日の日割とします。
(3)(1)と(2)を合算します。
※1円未満の端数については、各計算過程で切り捨てます。

【計算例】 元本10万円、年5%の場合の遅延損害金(※ H20は閏年)

   10万円×5%×1年=5,000円(円未満切捨て)
   10万円×5%×(152日/365日+46日/366日)=2,710円(円未満切捨て)
   合計 7,710円

お問合せ

財務部 債権管理課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎2階
電話:06-6858-2437
ファクス:06-6842-2797

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで