このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

能勢騒動と野畑陣屋の出陣

ページ番号:942731703

更新日:2014年4月8日

「能勢騒動と野畑陣屋の出陣」の絵
絵 … 大沼きょう子

お話

むかし、むかし

 わしのおやじのじいさんの話やったと思う。

 あの大塩さまの大坂の乱(らん)がやっとおさまったら、こんどは能勢(のせ)で大塩さまに通じた山田屋大助が、百姓(ひゃくしょう)八百人をひきつれて一揆をおこしたそうだ。阿部藩(あべはん)の野畑陣屋(じんや)にも出陣(しゅつじん)の命が下ってな。

代官(だいかん)「春日神社までいって、かがり火たいて、ほら貝を吹(ふ)いとけ。」

じいさま「春日神社ゆうたら、すぐそこです。」

代官「 なに言うてる、相手は大塩さまの弟子の山田屋やぞ。手に持った小旗(こばた)で鉄砲の弾をたたき落とすらしい。お前らみたいな兵隊(へいたい)ばかりでかなうわけがないわい。」

と言うて、次の日もちょこっとだけ進んだだけだった。

けれど、山田屋大助が夕日に眼(め)がくらんで討ち取られたという知らせが入ると、太鼓(たいこ)を打ち鳴らして池田村まで駆(か)け足で行進していった。

 これを見た池田の人たち、「さすが、安部藩の勢いや。もうちょっと早く来てくれたら一揆(いっき)も簡単(かんたん)にかたづいたのになあ。」 と、感心しとっ たそうな。

語り(mp3データ)

語り手 … 豊中おはなしの会
※プレーヤーが表示されない場合は音源へのリンクをクリックしてみてください。

お問合せ

都市経営部 広報戦略課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎3階
電話:06-6858-2028
ファクス:06-6842-2810

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで