このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

高齢受給者証について

更新日:2016年6月17日

70歳になる誕生月の翌月(1日生まれの方は誕生月)から75歳未満(75歳の誕生日の前日)の方に、加入している医療保険から交付されます。(一定の障害があると認定され、後期高齢者医療制度に加入している方は除きます。)

平成26年4月からの医療費の自己負担割合について

70歳になった翌月から75歳になるまでの国民健康保険の医療費の自己負担割合は、平成20年4月から2割負担とする制度に改正されていましたが、国の特例措置によって、平成26年3月までは1割負担にすることとなっていました。
これが平成26年4月2日以降に新たに70歳の誕生日を迎える人から順に本来の2割負担になります。昭和19年4月1日以前の誕生日の方は、1割負担のままとなります。

※ただし、現役並み所得者の医療費の自己負担割合は、70歳以降も3割です。

お医者さんにかかるとき

窓口には

国民健康保険被保険者証と高齢受給者証の両方を提出します。

医療費の自己負担割合は

平成26年4月1日以前に70歳の誕生日を迎えている方は1割または3割
平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方は2割または3割

自己負担割合の判定

1割もしくは2割負担の方(注)

  • 70歳以上の国保加入者全員の市民税課税標準額が145万円未満の世帯の70歳以上の国保加入者
  • 誕生日が昭和20年1月2日以降の国保加入者および同一世帯の70歳以上の国保加入者の「旧ただし書き所得」の合計が210万円以下の世帯の70歳以上の国保加入者

3割負担の方

70歳以上で市民税課税標準額が145万円以上の国保加入者及びその方と同一世帯の70歳以上の国保加入者

ただし、次のいずれかに該当する場合は、申請により1割もしくは2割負担(注)になります。

  • 70歳以上の国保加入者が世帯にお一人で、その方の年間収入額が383万円未満のとき
  • 70歳以上の国保加入者が世帯にお二人以上で、合計の年間収入額が520万円未満のとき
  • 70歳以上の国保加入者が世帯にお一人で、同一世帯に属する後期高齢者医療制度の加入者も含めた合計の年間収入額が520万円未満のとき

(注)平成26年4月1日以前に70歳の誕生日を迎えている方は1割負担
   平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方は2割負担     となります。

お問合せ

健康福祉部 保険資格課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第二庁舎2階
電話:06-6858-2301
ファクス:06-6858-4325

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ