このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 人権・文化・スポーツ
  • まちづくり・環境
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

訪問看護基本利用料助成制度

更新日:2017年1月1日

助成制度の目的

 この制度は、身体障害者及び知的障害者で居宅において療養が必要な人が、指定訪問看護を受けた場合に、基本利用料の一部を助成することにより、在宅医療の推進と福祉の増進を図ることを目的としています。

対象となる人

 市内に住所があり、健康保険に加入している人で、つぎのいずれかに該当する人

※介護保険を使って訪問看護を利用している人は助成の対象外です。
 

  1. 身体障害者手帳1級または2級を所持している人
  2. 療育手帳の判定でA(重度)の人
  3. 療育手帳の判定でB1(中度)と身体障害者手帳を併せて所持している人
  4. 4歳児未満で訪問看護指示書における「装着・使用医療機器等」欄のいずれかの医療機器等を装着・使用し、医師の診断を受けて訪問看護による指導管理が必要な乳幼児

 上記にかかわらず、つぎのいずれかに該当する場合は対象となりません。
 ア. 本人所得が、障害者医療の所得制限を超えている場合
 イ. 生活保護法による保護、中国残留邦人等の国の支援給付、児童福祉法に基づく措置など、他の制度により医療費の支給を受けている場合
 ウ. イのほか、公費負担制度などにより訪問看護基本利用料の助成と同様の措置を受けることができる場合
  
  

助成の内容

 訪問看護ステーション利用時の基本利用料の自己負担が、訪問看護ステーションごとに1日500円、月最大2日1,000円となります。
 複数の訪問看護ステーションを利用される場合は、ステーションごとに月最大2日1,000円となります。
 また、ひと月に3か所以上の訪問看護ステーションを利用した場合で、一部自己負担金の合計が2,500円を超えた場合には、超えた分を市役所に請求できますのでお申込みください。

申込方法

各訪問看護ステーションと市が契約して事業を実施しています。
事前に訪問看護基本利用料助成資格認定の申込みが必要です。
利用している訪問看護ステーション、または保険給付課にご相談ください。

受付場所

保険給付課(第二庁舎2階)

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

保険給付課 給付係
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所 第2庁舎2階
電話:06-6858-2295~2298
ファクス:06-6858-4325

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市役所

 〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号 
市へのお問合せは総合コールセンターへ 電話:06-6858-5050
市役所のご案内
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る