このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

介護保険事業者へのお知らせ

更新日:2018年9月6日

≪ページ内リンク≫

1.全サービス共通のお知らせ

(1)台風21号による被害に伴う高齢者等への配慮のお願いについて

 豊中市では9月4日の台風21号により甚大な被害を受け、市内各所で建物被害や停電が発生しており、日常生活に支障をきたしている世帯も多数あります。
 つきましては、介護事業者様におかれましては、ご利用者や地域の高齢者の方々の熱中症や停電復旧時の火災、冷蔵庫内の食品の劣化による食中毒等の衛生面等にご配慮をいただきますよう、よろしくお願いいたします。
 なお、停電中の食品の取り扱いについては下記、豊中市保健所からの注意喚起をご参照ください。

(2)レジオネラ症防止対策の徹底について

 昨年度(2017年度)、特別養護老人ホームにおいて家庭等で使用される卓上用または床置き式の加湿器内の汚染水のエアロゾル(目に見えない細かな水滴)を吸入したこと等が原因とされるレジオネラ症の感染事例が報告されました。これを踏まえ、今般、下記添付中、別紙1の平成30年(2018年)8月3日付け厚生労働省告示第297号により、レジオネラ症を予防するために必要な措置に関する技術上の指針の一部が改正されました。
 つきましては、下記通知をご覧いただき、加湿器における衛生上の措置及び維持管理上の措置について、ご留意いただきますようお願いいたします。

(3)熱中症予防の普及啓発・注意喚起について

 連日、記録的な猛暑になっており、熱中症による健康被害が発生しています。
 このため、厚生労働省では、熱中症予防を広く国民に呼びかけることを目的として、下記のとおりリーフレットを作成しています。各事業所におかれましては、本リーフレットを活用いただき、こまめな水分・塩分の補給、扇風機やエアコンの利用等の熱中症の予防法について、利用者に呼びかけていただきますようお願いいたします。
 特に、熱中症への注意が必要な高齢者に対しては、周囲の方々が協力して注意深く見守る等重点的な呼びかけをお願いいたします。
 なお、日本救急医学会作成の「熱中症診療ガイドライン2015」について、厚生労働省ホームページ熱中症関連情報のページからダウンロードしていただけますので、併せて活用いただきますようお願いいたします。(参考に、下記に添付しています。)

(4)平成30年(2018年)7月豪雨に伴う介護サービスの取扱い等について

 このたび、平成30年(2018年)7月豪雨の被害に対し、厚生労働省より、介護サービスの取扱い等に関する通知が発出されました。
 つきましては、下記の通知をご覧いただき、必要に応じてご対応いただきますようお願いいたします。(最終更新年月日:平成30年(2018年)7月17日)

(5)梅雨期及び台風期における防災態勢の強化について

 このたび中央防災会議会長(内閣総理大臣)より、「梅雨期及び台風期における防災態勢の強化について」が発出されました。
 つきましては、梅雨期及び台風期を迎えるにあたり、人命の保護を第一義とし、介護保険施設等における防災態勢の一層の強化をお願いいたします。

(6)介護保険施設等における防火安全体制の徹底について

 介護保険施設等における安全管理については、常日頃から十分な防火安全体制の整備等に努めていただいているところですが、北海道札幌市の自立支援関連施設における火災により、多数の人的被害が発生しました。
 この度、平成30年(2018年)2月2日付で厚生労働省より「避難等に当たって配慮を要する者が入所する社会福祉施設等における防火安全体制等の周知徹底について」の通知が発出され、当市においても平成30年(2018年)2月2日付で市内介護保険施設等管理者様宛に通知を発出させていただきました。当該通知の内容をご確認いただき、防火安全体制の徹底をお願いします。

(7)腸管出血性大腸菌による食中毒等に係る感染予防対策の啓発等について

 平成29年(2017年)8月の腸管出血性大腸菌O157の患者数は、例年より多くなっていることから、厚生労働省より、各都道府県等の民生主管部局あて「腸管出血性大腸菌による食中毒等のに係る感染予防対策の啓発等について」が発出されたところです。
 介護保険施設等における衛生管理については、食中毒の発生防止等に努めていただいているところですが、いま一度「『大量調理施設衛生管理マニュアル』の改正について」や厚生労働省HP上の「予防のための対策」等を参考に、食中毒予防対策の徹底を図っていただきますようお願いします。

◎参考

(8)各業における新規許可申請時における社会保険及び労働保険の適用状況の確認について

 このたび厚生労働省より、社会保険及び労働保険の未適用事業所の加入を促進するため、社会保険及び労働保険の適用の有無について確認し、加入状況が確認できなかった場合は、厚生労働省へ情報提供を行うよう協力依頼がありました。
 つきましては、当市におきましても平成29年9月1日指定予定として受付ける新規指定申請より標記確認を実施しますので、下記に添付している「社会保険及び労働保険への加入状況にかかる確認票」に必要事項を記載のうえ、申請書類と併せてご提出いただきますよう、お願いいたします。

◎参考(各業における新規許可申請時における社会保険及び労働保険の適用状況の確認について(協力依頼))

(9)社会福祉施設等における防犯に係る安全の確保について

 平成28年7月26日に神奈川県相模原市の障害者支援施設において、多数入所者が殺傷されるという痛ましい事件が発生しました。亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、被害にあわれたみなさまに心よりお見舞い申しあげます。
 さて、同年7月27日付で、市内介護保険施設等における入所者等の安全確保について通知し、より一層の安全管理の強化・徹底を図っていただきますようお願いしました。
 この度、新たに9月15日付で厚生労働省より「社会福祉施設等における防犯に係る安全の確保について」の通知が発出され、当市においても、9月16日付で市内介護保険施設等管理者様宛に下記通知を発出させていただきました。当該通知の内容をご確認いただき、引き続き、安全管理の強化・徹底を図っていただきますようお願いします。

◎参考

(10)個人情報の取扱いの徹底について

 国は個人情報の保護に関する法律及び行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の一部を改正する法律(平成27年法律第65号。以下「改正個人情報保護法等」という。)が全面施行されることに伴い、「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイダンス」を作成しました。 
 各事業者では、個人情報の取扱いマニュアルに沿った事業運営や個人情報に関する必要な研修を適切に行っていただいておりますが、本ガイダンス等をご覧いただくとともに、個人情報の適正な取扱いについて各事業者で徹底していただきますようお願いいたします。
 本ガイダンスは、改正個人情報保護法等の施行の日(平成29年5月30日)から適用されています。なお、これまでの「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン(厚生労働省、平成16年12月24日通知・平成22年9月最終改正)」は、平成29年5月29日をもって廃止されました。

(11)介護予防・日常生活支援総合事業について

(12)「介護給付費のお知らせ」の送付について

 介護保険制度に対するご理解を深めていただくとともに、サービスの種類や回数などを確認していただくために、年4回(5月・8月・11月・2月)「介護給付費のお知らせ」を、利用者様にお送りしています。
 各事業所様におかれましては、利用者様よりサービスについてお問い合わせがあった際には、ご対応をよろしくお願いいたします。

(13)被災状況報告について

 社会福祉施設等において、地震や風水害等の災害により物的・人的被害があった際には、事業者の皆様から当課へご報告いただいたうえで、当課から府に報告することとしています。
 社会福祉施設等で、地震や風水害により物的・人的被害を覚知した場合は、以下の「被災状況報告書」をダウンロードしていただき、当課へFAX等でその都度報告を行ってください。

(14)介護施設利用者の送迎時における交通事故防止について

 大阪府警本部から介護施設利用者の送迎中の交通事故防止への注意喚起に関する情報提供がありました。内容を確認いただき、送迎にあたっては安全運転をお願いします。
 また、市内における送迎中のマナーに関して市へ苦情等が寄せられていることから、送迎時には利用者への配慮に加え、周辺を交通する歩行者や自転車、自動車等への配慮もいただくようお願いします。

(15)社会福祉施設等における循環式浴槽の水質検査の実施確認等について

 レジオネラ症は、レジオネラ属菌による感染症で、特に高齢者や乳幼児、病気などにより抵抗力が低下している人に発症しやすい傾向があります。さらにその症状の一つであるレジオネラ肺炎は、急激に重症化することがあり、死亡例も発生しています。
 レジオネラ属菌は、循環式浴槽の入浴施設で発生しやすいため、とりわけ高齢者が入居や通所される施設では、その衛生管理を十分に行う必要があります。
 各施設等におかれましては、「レジオネラ症を予防するために必要な措置に関する技術上の指針(平成15年7月25日厚生労働省告示第264号)」に基づき、入浴設備の維持管理上に措置として、1年に1回以上、水質検査を行っていただき、当市は、当該水質検査の結果を報告いただくこととしております。
 入浴設備の衛生管理等について詳しくは、下記の「循環式浴槽におけるレジオネラ症防止対策マニュアル(平成27年3月31日)」をご覧ください。
 万一、水質検査でレジオネラ属菌が検出された場合や入居者等にレジオネラ症が発生した場合は、速やかに当課へご連絡いただき、指示に従っていただきますようお願いします。

(16)年金受給資格期間短縮に伴う対応について

 平成28年11月公布の「公的年金制度の財政基盤及び最低保証機能の強化等のための国民年金法の一部を改正する法律の一部を改正する法律」が平成29年8月1日に施行されました。
 改正法により、公的年金の受給資格期間が25年から10年に短縮されることになり、新たに約64万人の方が年金受給権を得ることになります。そのうち大半は65歳以上の方であり、その中には介護保険施設入所者等の介護保険サービスを利用されている方も含まれると考えられます。
 そこで、日本年金機構及び年金事務所から、平成29年7月上旬までに対象者の年金請求書を対象者の住所(自宅や介護保険施設等)へ順次発送されています。対象者の年金裁定請求手続きが確実に行われますよう、介護保険施設等においても対象者に対する必要な助言等を行っていただきますようご協力をお願いいたします。

(17)介護職の魅力を紹介するちらしを発行しました

豊中市の魅力を紹介するとともに、介護職の魅力を発信するためのちらしとして活用していただけるよう、大阪府域介護人材確保連絡会議において作成しました。市内の介護保険サービス事業者が、〈裏面〉をそれぞれ作成いただき、採用活動を行うときなどにご活用ください。

上の〈参考例〉は、大阪府域介護人材確保連絡会議に参加されている介護保険サービス事業者で勤務されている方を掲載しています。

  • 各事業者でちらしを作成される場合は、下の〈表面〉〈裏面〉をご活用ください。

2.居宅サービス(介護予防含む)関係

(1)居宅サービス等の指定に係るスケジュールについて

指定までの手続きの詳細については、下記をご覧ください。

(2)看護職員が行う指定居宅療養管理指導に係る経過措置期間終了に伴う利用者措置について

平成30年(2018年)10月1日以降、訪問看護事業所で居宅療養管理指導のサービス提供を行うことができなくなります。
詳細については下記ページをご覧ください。

(3)指定居宅介護支援事業所における特定事業所集中減算について(平成28年3月以降適用分)

(4)病院又は診療所におけるみなし通所リハビリテーション・介護予防通所リハビリテーション事業の届出について

(5)平成30年度事業所評価加算適合事業所の決定について

 介護予防通所介護及び介護予防通所リハビリテーションにおける平成30年度の事業所評価加算適合事業所が決定しました。
 適合事業所一覧については、下記大阪府福祉部高齢介護室介護事業者課居宅グループのホームページをご覧ください。

(6)ハンドル形電動車椅子を使用中の事故防止に向けた対応について

 ハンドル形電動車椅子は、主に歩行補助の必要性が高い高齢者の日常的な移動手段として使用されていますが、平成20年から平成26年までにハンドル形電動車椅子を使用中の死亡・重傷事故が51件(全国)発生しています。
 これを踏まえ、平成28年7月に、消費者安全調査委員会において、消費者安全法(平成21年6月5日法律第50号)第33条第1項の規定に基づく消費者安全確保の見地から、厚生労働大臣、国土交通大臣、経済産業大臣及び消費者庁長官に対し、ハンドル形電動車椅子の貸与時等に関するリスク低減策に関する意見具申がなされました。
 つきましては、下記のとおり事故等原因調査報告書【概要】(消費者安全調査委員会)を掲載いたしますので、ご確認をお願いします。

(7)福祉用具の全国平均貸与価格および貸与価格の上限の公表について

3.居宅介護支援関係

 平成30年(2018年)4月13日付で厚生労働省老健局振興課より事務連絡がありましたので掲載します。標記加算請求時の取扱いについてご留意ください。

(1)居宅介護支援費に係るターミナルケアマネジメント加算の取扱いについて

(2)居宅介護支援費における特定事業所加算の基準ついて

平成30年(2018年)6月14日付の居宅介護支援事業所及び地域包括支援センター宛通知を下記の通り掲載します。

(3)平成30年度(2018年度)年度)介護報酬改定に伴う一定回数以上の生活援助を位置づける居宅サービス計画の届出について

平成30年度(2018年度)年度)介護報酬改定に伴う一定回数以上の生活援助を位置づける居宅サービス計画の届出について、本通知をご確認のうえ届出していただきますようお願いします。

届出の際は、このチェックシートも合わせてご提出ください。

4.地域密着型サービス(介護予防含む)関係

(1)地域密着型サービスの指定について

当市で地域密着型サービス・地域密着型介護予防サービス事業所の開設をお考えの方は、こちらをご覧ください。

(2)業務管理体制の整備及び所管変更について

 平成30年(2018年)4月1日より、地域密着型サービス事業のみを1つの市町村で行っている場合は、介護保険法第115条の32に基づく介護サービス事業所の業務管理体制の整備に係る所管が市町村に変更されます。
 このことについて、大阪府より対象事業者様宛に、平成30年(2018年)6月29日付け通知文が発出されております。
 対象事業者様におかれましては、当市に所管変更の届出の提出が必要ですので、ご対応をお願いいたします。
 なお、業務管理体制の整備に関する事項を記載した届出書を当市に提出されていない事業者様におかれましては、速やかにご提出をお願いいたします。
 届出に必要な様式等は、以下よりダウンロードしてください。

※所管を変更する場合・・・記入要領2を参考に、第1号様式を使用してください。区分変更の理由には「介護保険法改正のため」と記載してください。
※新たに届け出る場合・・・記入要領1を参考に、第1号様式を使用してください。

(3)定期巡回・随時対応型訪問介護看護の普及促進について

 第7期豊中市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画では、在宅生活の継続を支援する有効なサービスの拡充を目的として、定期巡回・随時対応型訪問介護看護必要量の整備及び利用率向上を進めていきます。
 本市では、平成25年度(2013年度)から順次、サービス提供圏域の調整や利用者の利用意向等を鑑みて公募による指定を行ってきましたが、第7期豊中市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画期間中においては任意での指定申請を受け付けることとしました。

 地域密着型サービスは指定月が決められていますので、上記「(1)地域密着型サービスの指定について」を確認のうえ、スケジュールに沿ってご申請ください。

 申請に必要な様式等は以下よりダウンロードしてください。

(4)地域密着型サービス事業所の整備状況について

地域密着型サービス事業所の整備状況に関しては、下記のページをご覧ください。

(5)地域密着型サービス外部評価の実施回数の緩和に係る取扱いの変更について

 地域密着型サービスのうち認知症対応型共同生活介護事業者(介護予防を含む)については、年に1回以上外部評価を受け、その結果等を公表することが義務付けられていますが、大阪府地域密着型サービス外部評価実施要綱において、一定の要件(5年継続受審等)を満たす場合は外部評価の実施回数を2年に1回に緩和できる旨定めているところです。
 本件については、これまで実施回数の緩和が可能な事業所に対し、大阪府の決定を受けて本市から通知を行っていましたが、より適切な制度運用を図るため平成30年度から、実施回数の緩和を希望する事業所が申請する方法に改めることといたしました
 実施回数の緩和を希望する事業所は、申請書を下記大阪府ホームページからダウンロードしていただき、当課に提出してください。

【平成30年度申請期限】
 平成30年(2018年)6月29日(金曜)必着  ※今年度の申請は終了しました。

5.施設サービス関係

6.各種様式ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

健康福祉部 高齢施策課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第二庁舎3階
電話:06-6858-2837
ファクス:06-6858-3146

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ