このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

認知症サポーター養成講座

尊厳をもって最後まで自分らしくありたい・・・。」

認知症は、誰にでも起こりうる脳の病気に起因するものです。
85歳以上では、4人に1人にその症状があるといわれ、超高齢社会を迎えるにあたって、今後 認知症高齢者数も急増することが予想されています。

認知症になっても安心して暮らせるまちは、「誰もが暮らしやすいまち」でもあります。

認知症の人やその家族を見守る「応援者」である「認知症サポーター」になって、福祉のまちづくりを一緒にすすめていきましょう。

認知症サポーターとは

認知症サポーターとは、認知症の人や家族を見守る「応援者」のことです。

認知症サポーター養成講座を受講していただくと、「認知症サポーター」になります。

何か特別なことをする役目があるのではなく、日常生活のなかでご自身のできる見守りや声掛けなどを、
出来る範囲で行ってください。

認知症サポーター養成講座では何を学ぶの

認知症の正しい理解、認知症の人の行動や心理、支援や対応する際の心配りなどを学習します。

おおむね60分から90分の所要時間で、スライド等を用いた講義とDVD視聴などですすめていきます。

養成講座で得た知識を、地域づくりや職場での仕事などでお役立てください。

認知症サポータ養成講座を受けたらどうなるの

認知症サポーターである証として、「認知症の人を支援します」という目印である「オレンジリング」を
進呈します。

養成講座で得た知識を生かして、日常生活の中で自身のできることを、出来る範囲で行ってください。

認知症サポーター養成講座の受講について

お問い合わせ先

高齢者支援課 地域支援係 (電話:06-6858-2866)

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ