このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

不育症について

ページ番号:502315363

更新日:2021年4月22日

不育症には治療法があります

 妊娠はするけれども、流産、死産や新生児死亡などを繰り返して結果的に子供を持てない場合、不育症と呼びます。
 習慣(あるいは反復)流産はほぼ同意語ですが、これらには妊娠22週以降の死産や生後1週間以内の新生児死亡は含まれません。不育症はより広い意味で用いられています。
 詳細については、リンク先をご参照ください。

不妊・不育にまつわる電話相談・面接相談

豊中市不育症治療費等助成制度

令和3年(2021年)4月1日以降に実施された検査・治療にかかった費用に対する助成制度です。
対象となる検査や治療の詳細は上記「不育症治療費等助成事業」のページをご覧ください。

お問合せ

健康医療部 母子保健課 中部母子保健係
〒560-0023 豊中市岡上の町2-1-15 すこやかプラザ1階 中部保健センター
電話:06-6858-2293
ファクス:06-6846-6080

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで