このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

5歳~11歳の接種について(1~3回目接種)

ページ番号:247694784

更新日:2022年10月6日

 
小児用ワクチン(コミナティ筋注 5~11歳用)を使用し、接種を実施しています。
※令和4年9月6日(火曜)から3回目接種が始まりました。2回目の接種から5カ月以上経過後に3回目接種を行うことができます。
対象の人には10月3日(月曜)に接種券を送付しました。
 
 接種は強制ではありません。
 ・同封の説明書や、関連リンクの情報もご確認いただき、接種についてご検討ください。
 ・接種の有無で差別的な言動をするなどといったことがないよう、皆様のご理解とご協力をお願いします。
 

接種対象者

 5歳以上11歳以下の人
 
 ※予防接種上の年齢の考え方として、誕生日の前日(24時)に1歳年をとると考えます。
  12歳の誕生日の前々日までが『11歳以下』に該当します。
 ※小児用ワクチンでは、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。1回目の接種時に11歳だった人が
  2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも小児用ワクチンを使用します。

接種券の発送

 ※接種券と予診票は、12歳以上の人のものと同じものです。12歳の前日以降は12歳以上の人の接種券と予診票として利用できます。
 ※お送りした接種券に同封されている予診票の一部について、2枚目、3枚目に縦のラインが入っていることがあります。
  接種、手続等には影響なく、そのままご利用いただいて問題ございません。

初回接種(1・2回目接種)

平成29年(2017年)3月2日以前に生まれた人→令和4年2月25日に発送

平成29年3月3日以降に生まれた人→5歳の誕生日の翌月上旬に発送

 転入や紛失などで豊中市の接種券がない場合の発行手続きは、こちらをご覧ください。

追加接種(3回目接種)

2回目の接種から5か月が経過している人へ10月3日(月曜)に発送しました。
それ以降については、2回目接種から5カ月経過後順次発送していきます。

 2回目接種後に豊中市に転入された方や接種券を紛失・破損などで接種券の再発行が必要な方はこちらから
 >>新型コロナワクチン追加接種(3回目接種)用の接種券発行申込(豊中市電子申込システム)

【添付書類】1・2回目の接種を証明するものの写し(接種済証、接種記録書、接種済証明書、予診票の写しなど)

 ※添付されていない場合は、3回目接種券の発行に時間がかかることがあります。

接種場所・予約方法

 市内の小児用ワクチン取扱医療機関で接種します。
 予約は、医療機関へ直接申し込んでください。
 医療機関の一覧は新型コロナワクチン接種取扱医療機関よりご確認ください。

注意事項

 ・接種間隔は次のとおりです。
  <初回接種(1・2回目接種)>3週間以上の間隔を空けて2回接種
  <追加接種(3回目接種)>2回目の接種から5カ月以上経過後に接種
 ・小児用ワクチンは12歳の誕生日の前々日まで接種できます。12歳の誕生日が近い場合は、1回目接種日を調整し、
  可能な限り1・2回目で同じワクチンを接種できるようお願いします。
 ・接種の際は、保護者による予診票への署名と、接種場所への同伴が必要です。
 

関連リンク(接種を検討される際にご参照ください)

 ■5~11歳の子どもへの接種(小児接種)についてのお知らせ(厚生労働省ホームページ)
  基本情報や参考となるリーフレットなどが掲載されています。
 
 ■小児接種(5~11歳)に関するQ&A(厚生労働省ホームページ)
  接種の意義効果副反応などの情報が掲載されています。
 
 ■新型コロナウイルス関連情報(日本小児科学会ホームページ)
  新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高い疾患の一覧等が掲載されています。
 
 

お問合せ

とよなかワクチンダイヤル
電話:06-6151-2511(土曜・日曜日、祝・休日、年末年始を除く9時~18時)

本文ここまで