このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

初回接種(1・2回目接種)

令和5年9月20日から、生後6か月以上の全ての方を対象としたオミクロン株対応1価ワクチン(XBB.1.5)による接種が行われています。 
従来型1価ワクチン及びオミクロン株対応2価ワクチンは、令和5年9月19日をもって接種が終了しました。
 
■小児の 初回接種については、 5歳~11歳の子どもへの初回接種(小児接種)について※をご覧ください。
※モデルナ社ワクチンの場合、6歳~11歳を小児に読み替えて下さい。 
 
■乳幼児の初回接種については、生後6か月~5歳の子どもへの初回接種(乳幼児接種)について※をご覧ください。
※ファイザー社ワクチンの場合は6か月~4歳を乳幼児に読み替えて下さい。 

接種期間

令和6年3月31日(日曜)まで

接種対象者

初回接種を受けていない12歳以上の方

使用するワクチン等

令和5年9月20日以降は、 初回接種に「オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチン」を使用します 。(※)
(※)ファイザー社ワクチンの場合、5~11歳のお子様へのワクチン接種については「小児接種」、生後6か月~4歳のお子様へのワクチン接種については「乳幼児接種」のページをご覧ください。モデルナ社ワクチンの場合、6~11歳を小児、6か月~5歳を乳幼児に読み替えて下さい。
 

【ファイザー社】新型コロナワクチン予防接種についての説明書

  • 原則20日(18日以上)の間隔をおいて2回目を接種します。

(1回目から3週間後の同じ曜日の日に、2回目を接種可能)

  • 初回接種が完了する前に令和5年9月20日を過ぎた場合など、異なるワクチンを接種する場合は27日以上の間隔をあける必要があります。

(1回目から4週間後の同じ曜日の日に、2回目を接種可能)

例)令和5年9月20日より前に、1回目として、ファイザー社の従来株対応1価ワクチンを接種

→ 令和5年9月20日を過ぎて、ファイザー社のオミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチンで2回目を接種する場合、1回目から4週間あけて接種

  • 1回目の接種から間隔が3週間(異なるワクチンを接種する場合は4週間)を超えた場合、1回目から受け直す必要はありません。できるだけ速やかに2回目の接種を受けていただくことをお勧めします。

 

【モデルナ社】新型コロナワクチン予防接種についての説明書

  • 原則27日(20日以上)の間隔をおいて2回目を接種します。

(1回目から4週間後の同じ曜日の日に、2回目を接種可能)

  • 原則として、他のワクチンと混同することなく、2回接種するよう注意してください。
  • 1回目の接種からの間隔が 4週間を超えた場合は、できるだけ速やかに 2回目の接種を受けてください。

 

【武田社】新型コロナワクチン予防接種についての説明書

武田社のワクチン(ノババックス):12歳以上 ⇒豊中市では取り扱いがありません。大阪府が設置する接種会場となります。 
開設日時や予約方法など詳しくは、下記リンクをご覧ください。

ノババックスの接種終了について

ノババックスでの初回及び追加接種は令和5年12月25日(月曜)をもって終了します。
接種を希望される方は早めのご予約をお願いいたします。
ノババックスでの初回接種を希望される方は、1回目の接種を令和5年12月4日(月曜)までに行ってください。   

 

インフルエンザワクチンと同時接種が可能

新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンは同時接種が可能です。
ただし、インフルエンザワクチン以外のワクチンは、新型コロナワクチンと同時に接種できません。
互いに、片方のワクチンを接種してから2週間後に接種できます。

接種券について

接種券の再発行や、転入に伴う接種券の発行をご希望の方は 接種券の再発行をご覧ください。

接種場所・予約方法

豊中市では個別医療機関で初回接種を実施しています。
予約については直接医療機関へご連絡ください。
取扱医療機関の一覧は、 「新型コロナワクチン接種取扱医療機関」のページからご確認ください。
 
※初回接種のワクチン・コンシェルジュは令和5年2月28日(火曜)で終了いたしました。
 
 

関連ページ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで